FC2ブログ
春の多忙シーズン突入。
日曜日、曇天だったから、雨が降るのを期待して、母実家の跡地へ除草剤を撒きに行った。
ふーちーばーがみっしり茂ってる。惜しいな―。
でも、今の時期に枯らしておかないと、蛙さん達の楽園になってから追い出すのは、しのびないからね。


月曜日は、生協が届いたので、はてるま母が注文した食品と、おやつにピザの差し入れを届けに向かった。

帰ってみたら、義父が薬局に行きたくてウズウズしていた。
義父、どっか不調だとたちまちお薬に依存しないと、寝ても覚めてもいられないの。

「さとこさんは、いっつもいいタイミングで帰ってくるなぁ」
「ほんとにね~」

義父、端井の夫にも発信をしたんだけど、仕事中だから、当然とりあってもらえなかったらしい。
軽バンさとこ号、隣町の薬局までひとっ走り。


スクールバスの時間まで待てば乗せて貰えるけど、帰りのバスを待つと二時間かかっちゃう。
その間に知人を訪問すれば時間潰しはできるけど、体調が悪いときには、早く帰って休みたいもんね。

さとこの方は、この頃、連日外出しても、以前に比べるとダメージがちっとばかし少ないような…


そして、火曜日からは、春季大祭に向けて教会のお掃除~。

お供えのお神酒を買って向かう。


う~む
毎度ながら、来てみたものの、何処から手を付けていいのか。

母も、荷物の置き場をどうするか思案中だから先に進まない。

とりあえず、しばらく前から行方不明という、掃除機の吸い口を探し出すところから開始した。
薄暗い台所で無事に発見。


掃除中、自衛隊機の訓練飛行と大型トラックが通る度の轟音にドキドキ。
奥の部屋に逃げ込みたいけど、座る場所もないから、見ただけでよけいにパニくっちゃう。


母、「学院にシンガーソングライター科ができるに。14時から一時間なんだけど、行ってみていい?」と言うから乗せて行く。

作詞作曲科ってこと?
「日本語ならそうだけど」
ふーん。


眼鏡の紐を買って渡したら、遠近二つの眼鏡とも首から下げていた。
活用してくれて何よりです。

窓からマクドナルドの看板を眺めて『mc』の部分を「本当の英語じゃないから読めない」としきりに気にし始めた。

「英語だよ。ようわからんけど、どなるどさんの息子とか言う意味があるんと違うん?」

もしかして、中国語だけでなく英語も習い始めたのかな?
とりあえず、眼鏡かけるとちゃんと見えているようで良かった。



母を待つ間に、学院近くのドラッグストアで、予定していた買い物も済ませる。

一時間後に母と合流。

どうだった?

「今日が最初だからよくわかんない。作曲の方法や、曲に合う歌詞の書き方やバランスとか習うの。
国語みたいなもんかと思ったら違うらしいわ。
先生は、吉田拓郎さんとかと同じ事務所の有名な人みたい。松江出身で、こっちに帰ってきたんだって」

なんて名前の先生なの?

「自己紹介聞こえんだった」

…。
母、授業はちゃんと聞こえているのか?



帰りに港町の巨大スーパーを経由して、お供えを買う。

里に戻り、御用を再開しながら、
母「先生方には盛り合わせをお出しするかね」

てことは…。
「ほんなら、わたし、ご大祭当日も居ったがいいね」

「そげに、出れん状態なら別だけど、出れるんだから。お祭だのに…」


涙がこぼれた。黙々と御用に専念する。
胃痛と吐き気。
足が硬直。

かしこさんから電話がかかり、母は長話に突入したので、その間あちこち磨いていたら、力尽きた。
既に心臓がドキドキしてるし、流血量が増えるから、今日はこれ以上カフェイン製剤は飲みたくない。


居り場がなくて、立ったままゆらゆら揺れていたら、ようやく電話を終えた母が「今日はもう帰んない。どうせ、あんた晩御飯食べんのでしょ」

すたこらと失礼する。19時半。

月蝕、夕方見れるといいなと思ってたけど、外に出てみたら、既にまんまるお月様が高くのぼりはじめていた。

しまった、昨日の火星とのランデブーも見損ねた。


関連記事
スポンサーサイト



[2014/04/16 12:18] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
| ホーム |