FC2ブログ
1カ月があっという間。
明け方、糸のようにか細い月に、金星が寄り添っていた。

宵の明星は生活の一部だったけど、眠らなくてもいい生活になって、新たに出逢う機会が増えたものもあることに気づく。


最近になってから、とおるちゃんと昔から親しかった友人とのメールが頻繁になった。
わたしの忘れていたとおるちゃん・全く知らなかったとおるちゃん、複雑に絡み合った人間模様。
少しずつ明らかになっているのか、逆に、混乱しちゃってんのか。

人生はこんなに複雑。
でも、朝が来ない日は一生のうち1日もないってことは、大事なことと、大事でないことの基準は何だろう。


さとこは、いつも不安で焦ってびくついて気をもんで、それがあたりまえだと思っていたけれど、レメロンを飲み出してからは、一人で買い物にも行けることもあるの。

不安な時や暴走しそうな時、落ち着こうと、とりあえず切ったり、お酒と適量以上の眠剤をあおったりはするけれど、短時間で乗り切る方法を自分で選択できるようになってきたのは、社会復帰に前向きな形と解釈していいんでないのかな?



今朝、台所の電灯をつけようとしたら紐が切れた。

もう二十年も使ってんだから、その間にはしょっちゅう切れてたんだけど、今回は、とうとうスイッチの根本がほころびて切れたみたい。
仕方ない。
全部分解してついでに掃除を済ませる。

紐は、ピンセットと針を使って小さい穴にようやく通せた。

良かった~。
まだ買い換えなくてすんだよーん。


毎日、はてるまから持ち帰ったとおるちゃんの写真の整理に追われる。

この四年間で発掘した写真を整理し、フィルムをCDに保存。
ようやく300本程度を処理し終えたら、先日、さらに段ボール3箱分を発見。

さとこと出会ってからは、ほぼわたしがカメラマンだったから、出会う以前のお宝写真がワサワサ出てくる。

撮影年がわからないから、どの彼女から順番に並べたら良いのかお手上げだし、当時の交友関係も入り組んでいて、なんだか今更聞くのも悪いし…。


テキトーな分類だけど、とおるちゃん許せ。
家族に見せて良いものと、見せたくないものをとりあえず仕分けするだけで精一杯です。
関連記事
スポンサーサイト



[2014/02/06 13:00] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |