FC2ブログ
ちょっと困ったこと。
先日、「『ハナミズキ』がすきだから」とリクエストされた。
きれいなフレーズだし、弾けんこともなさげだし、みんな知ってるから、確かに好きな人は多いけど…。


でも、2001年の9・11アメリカ同時多発テロ事件 のことは、まだ記憶に鮮明すぎて、鎮魂歌としてこころの安らぎに到達するのには、さとこにはまだまだ遠い話です

「 君と好きな人が100年続きますように 」は、きっと、無念の死を遂げた多くの方からの家族へのメッセージなのでしょう?
傍にいて守ってあげることは出来ないけど、自分が大切にしている人たちは、自分との別れを乗り越えてしっかり生きてほしい。
そして、テロの応酬という、果てしない波が止まりますように。


「どうぞゆきなさい お先にゆきなさい」
「待たなくてもいいよ 知らなくてもいいよ」
死んだ子供に向かって、「パパやママを待たずに、先に天国へ行きなさい。いつかきっとそこで再会できるんだから。」


ずっと、そんな意味の歌詞だと思っていたさとこ。
残念だけど、これはちょいと、厳しいっす。


あの事件のちょうどその時間、わたしはグループホームの夜勤の見回りをしていて、ご利用者がつけっぱなしのまま寝ちゃったテレビを消そうとしていて、立ちつくしたまま動けなくなりました。

その後も、降り注ぐガラスや人々の映像、特集番組の消防士さんたちのインタビュー。


消防士さんの映画『バックドラフト』も怖くて見れなくなりました。

ハナミズキ。
圧縮された苦しみがのし掛かって、息が詰まる曲。
耳にする度に逃げ出したくなる。


『夫婦船』も『つんだら節』も『軍人節』も、大好きなのに歌えないさとこ。
『童神』と『涙そーそー』は、毎日練習してやっと慣れたってくらいでしょうか。


心が軟弱すぎるさとこ。
まず自分に打ち勝つには…。 出家か?(笑)

関連記事
スポンサーサイト



[2014/01/09 17:18] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |