FC2ブログ
安定した生活設計への遠い道シリーズ① 1カ月6000円浮かす。
とおるちゃん、11月の月命日は。


とおるちゃんの大好きなみかんゼリーをお供えして
2018年11月月命日1


お昼ごはんは
ぱにーニィが、中華焼きそばと茄子の炒め物を作ってくれました。
2018年11月月命日2 2018年11月月命日3 


ジャスコ立体駐車場から見下ろす、さとこの町。
不思議なお天気2


お空はすっかり冬色になって
不思議なお天気1


カラスさん、ゴハンが乏しい季節の到来です。
寒そうなカラスさん


ジャスコの駐車場で練習した後、食料品コーナーに行ったら
おいしそうなものがどっさりあったから


鮎の塩焼きとカジキしっぽの煮つけを買って

夜は、とおるちゃんとさとこの巣で
お家パーティーです。
トムヤムクン、鶏手羽元、あゆ、カジキしっぽ

さとこは鶏の手羽元を焼き、

はてるま母がくれたパクチーをたっぷり使って
ぱにーニィがトムヤムクンを作ってくれました。

トムヤムクンパーティー
(どんぶり一杯の追いパクチーあり)


ゴハンに困らない毎日。


幸せだよね、とおるちゃん。




とおるちゃんとさとこは

『とおるちゃんとさとこの巣』と勝手に名付けた新築アパートに

2008年の完成と同時に入居しました。


翌2009年、バイク事故でとおるちゃんの姿が消え


さとこは2012年までの人生計画を立てて

3年~5年程度は食べていける貯金を積み立てていましたが


あれから9年。


チームらすからーずの日雇いのお給料だけだと、

本当なら、さとこの資金はとっくに底をついているはずなんだけど、


とおるちゃんのお陰で遺族年金が入りますから


さとこは当面は
電気と水とゴハンに不自由しない生活をさせてもらえています。


とおるちゃん、死んでからもさとこを助けてくれて、ありがとうね。





そんなある日、

とおるちゃんとさとこの巣の反対側の角部屋、103号室が空室になりました。


さとこの母が借りるのにちょうどいいんじゃないかと思って入居物件詳細で検索したら

なんと41000円。

ええっ?

なんと、お家賃、41000円ですって。


全く同じ間取りで
さとこが払っている家賃は47000円。


103号室、経過年数が長くなって、6000円も安くなっているのか~


さとこの生活費のうちの引き落とし部分は

駐車場代、電気料金、電話料金、ガス料金、水道料金、保険料などを合わせると、

一年間でだいたい135万円ぐらいです。


さとこ、6000円×12カ月=年間72000円を余分に支払っているようで

このままの生活ではいけないと焦り

ちょっと追い詰められた気分になり始めたので


まずは、
毎月引き落としがある3つの保険のうちのひとつを解約しました。


65歳までに死んだら1200万円もらえるヤツですが、

さとこ、この分だと
なんだかもっと長生きしそうな気がして。



これで、毎月5774円が浮き、

解約金も10万弱戻ってきて

ちょっと安心ですね!


さあ、次はどうしましょう。
次回に続きます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


今年一年ありがとうございました。
   
  みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。



関連記事
スポンサーサイト



[2018/12/31 01:17] | ・明日のために、その壱。 | page top
| ホーム |