ゆし豆腐について熱く語るの巻。
ぱにーニィがヒコーキ克服して、一緒に沖縄行けるようになってからというもの
食べられる郷土料理の種類と量が格段に増えました。


必ずいただくもの、ゆし豆腐。

ゆし豆腐100円

沖縄ではほとんどのスーパーマーケットや食堂で販売されていて、
全く珍しいものではないけれど

カルシウムの粉末と化したとおるちゃんと生身さとこだけでは
絶対食べきれなくて、欲しくても買えなかったのです。


こんなして、ビニール袋に入れて売られている。

アツアツを購入しましょうね


ゆし豆腐は、沖縄の郷土料理のひとつで、
豆乳に海水やにがりを入れただけで枠に入れて固める前の、やわらかいふわふわ状態のお豆腐。


本土の汲み豆腐とかおぼろ豆腐に似ていますが
お水を捨てて豆腐そのものを食べるおぼろ豆腐と違って、
ゆし豆腐は、お汁も美味しくいただきます。


豆乳とおぼろ豆腐の組み合わさった、濃厚な汁物って感じです。


入荷時間の案内


大豆の風味とほんのり塩味で、
できたてのアチコーコー(熱々)のものが最高に美味しく、
さとこ、病みつきなのです!


よほどタイミングがよくないとアチコーコーにはお目にかかれませんが、

スーパーでは、大抵、こんなして入荷時間が書いてあるから、チェックしておけばオッケー。


パンの焼きたてとおんなじ感じですね。


とは言え、これを買うということになると、
炎天下の暑い中、肩にずっしり食い込む重さのカイロを持ち運ぶことになるわけで

…ちょっとMなひと向けですね!

ってわけで、いつもぱにーニィが持ってくれる 

2016年6月ゆし豆腐

この出来立てゆし豆腐は、県外では手に入りません。

1972年の本土復帰以降、食品衛生法により豆腐を水にさらして販売する事が義務付けられたからです。


でも、沖縄県内に関しては、
食文化の維持などを理由とした陳情の結果、
温かい豆腐をそのまま販売する特例が許可されているのだそう。


こんなパック入りのも出てますが、
これは日持ちするように冷ましてあるので、
  ↓
ミーバイの高さにびっくり
  
やっぱり、沖縄に来たからには、
県外では入手できないビニール袋入りをいただきたいわけであります。


てか、この写真左下のミーバイの煮つけ、
お惣菜にこの1180円のお値段は、高すぎだへん?


反省してます。

もう買いません。


ゆし豆腐開けました


初めのころは、ビニール袋から湯呑みにどぼどぼ移しておっとっとだったけど

ぱにーニィが、コンビニのボックスに入った氷を買ってくれて
氷は袋に移し替えて
空き容器をゆし豆腐用に。


これ、ナイスアイデアでした。


お陰で、美味しいお汁を、こぼすことなくすべていただけます。

てか、これでも半分ずつしか入らないんですけどね。

お部屋ごはんにゆし豆腐は不可欠

お豆腐やさんによって、かたまり具合や豆乳の色がちがうの、わかります?


ホテルお部屋ごはんでこんなに食べているにも拘わらず、
やっぱり食堂でも注文してしまう、ゆし豆腐。


すばとゆし豆腐

だってこれ、サイドメニューで100円なんだもん。


そのままで塩味が丁度いいのですが、
おしょうゆをかけていただくほか、
食堂では、おみそ汁などの具になってたり、沖縄そばにのっかってたり。


ゆし豆腐そば

これ、ゆし豆腐そばです。


こうなると、
そばがメインなのか
ゆし豆腐がメインなのか


沖縄県民でないさとこには
ちょっちゅ、わかりかねますね~
関連記事
[2017/03/12 19:31] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
さとこです。セロトニン補給、始めました。
里に向かう軽バンさとこ号の中で
『ファムレウタ(子守り唄)』を練習してみた。

夏川りみさんもテレビで歌っておられたらしいメジャーどころ(YouTubeで観ました)、さとこにしては珍しい選曲です。


♫シュラヨイシュラヨ にごたくとぅ(願ったことが)♫
の、
「にご…」と歌いかけて


にご?
にごはとおるちゃんだよ!


さとこは亡夫とおるちゃんを
にゃーごのすけ転じて、
「にごのすけ」→「にごのす」→「にごの」→「にご」と呼んでいたのです。


にごのー。

うわーん。


さとこ、本日も絶好調のあんぽんたんぶりです。





あるけあるけを始めたので、
段落ごとに、さとこの町の朝の風景を挟んでみました。

6時46分


昨日、ぱにーニィから聞いた。

半蔵さんちのワンコハウス、わんこが中に入れないようにペシャンと畳んで潰してあるのはなぜか。


訪問者が、椅子と勘違いしてワンコハウスに腰掛けたことがあるそうな。


しかも、二人。


もしも。

半蔵わんこさんが中で丸くなっているときだったら。

半蔵わんこさん

想像すると
震えがとまらない。


くるくる寿司でそのあまりに衝撃的な事件を聞き
べーと泣いたら
ぱにーニィが 「別れ話してるみたいだからヤメテ。」 と言った。


とおるちゃん、熟年離婚も経験せずだったね。


にごのー。

うわーん。


飛行機雲とおつきさまと
 (右上、ヒコーキ雲の下の か細い三日月がすてきでしたのよ)


基本、すべてから目を背けていたい、
役立たずのさとこですが。


今ある自分の生は、過去のどんな罪の上に成り立っているのか

はるか過去から現在まで
さとこが存在することで
どれだけのものを苦しめたのか


知るべきなんじゃないかと思いつくと、
息苦しくてじっとしていられない。


新聞とってない。
テレビは買ってないし
カーラジオも滅多につけない。

その好条件ですら こんなていたらく。
 

刺激が大きい事件はぱにーニィが振るい分けて
さとこの目につかないようにするんだけど、

パソコンのYahoo!トップページから
理不尽な悲しみで満ちていて
先に行けず、閉じてしまうことがよくある。


報復の報復。

不穏な情勢。

不条理なニュースや事件があまりに多すぎる。


人生に何の意義も見いだせない人間存在の絶望的状況の哲学って言ったの、カミュだったっけ?


悲しみや憎しみや怒りが矢じりとなって迫ってくるようで


目で拾うだけでも辛いのに
言葉に出すとその重さに参ってしまって
受け止められなくて、さとこ、あっけなく自滅であります。


はああ。
ミジンコだった時代に帰りたいよ。


強風でピント合わず
 (スゴイ風で、スマホ飛ぶかと思いました)


大河ドラマを観るのをやめた。


今シリーズの大河ドラマ『おんな城主 直虎』、
歴史をおぼえようと思って、毎週見せてもらいに行ってたけど


裏切りや人質の数の積み重ね

謀や悪意や殺戮ばかり


戦国時代だから当たり前なんだけど、
45分間、タイムスリップして見学したあとのやりきれなさ。


みずどりさん驚かせ
 (畑で寝ていた水鳥さんをビビらせてしまいました。ごめんごめん。)


心にゆとりがあると楽しめるヒーロー物やアニメや時代劇も、


怒りをバネにパワーを増幅させ
闘いの勝利を喜び合うことの虚無感。

敵側の立場ならどうなのか。

不幸にもその場に居合わせてしまった生き物たちの命の重みは?


読み返したい本がたくさんだけど、


例えばモンゴメリ全集。

つじつまの合わない愛情に溢れてるこのシリーズ、
ストーリーを思い出して、涙が溢れてぼやけて読めない。


ほのぼのと幸せにあふれた童話集たち。

こんなふうに、人生がうれしい発見だけで満ちていたら
宇宙はどんなに幸福だろう。


そんな本に夢中だった頃の
いろんな記憶が急に甦って

感情のコントロールが効かず、


うわーん。

にごのー。


これがまた、流血が重なったりすると、
ホルモンバランスガッタガタなのか
輪をかけて取り乱すのよね。


残され月と用水路
 (工場の真上に高く昇ったお月さま)


日中晴れていると、セロトニンを吸収しなくちゃと気が焦って

歩きたい。
歩けるかも。


花粉スプレーして
リュック背負って玄関開けて


目の前を車が通り、
すぐに回れ右して中に入る。


だめだ、こんなんじゃ。


夕方、のぞきにき来てくれたぱにーニィに「どこにお出かけ?」と聞かれた。
鍵穴にかぎ差したそのまんま、1日忘れておりましたです。


すぐに夜明け


2月の半ばから
早朝のお散歩を思いつき、

明るくなる六時半から始めましたが


歩いている人とあちこちですれ違い、チョーびびり


最近は、
6時40分になると、出勤の車が続々通るのがわかり

6時半に帰巣を目指しています。


6時53分

日に日に夜明けが早くなって
5時半出発を勘案中。


今、もう、夕食終わるとそのまま丸くなっちゃって

だんだん昼夜逆転しそうです。
関連記事
[2017/03/09 04:00] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
強制新年会。
先日。


大好きなパニ友さんが一人旅を決行しておられる、丁度同じ頃
さとこは、新年会を決行していました。


大雪のために日にちがずれ込み、
生身9名(身なしのとおるちゃんもメンバーですから)のはずが、
生身5名でこじんまりと。


っていっても、さとこが一回に作る量は同じだから

おむすび二種&佃煮
おむすび隊佃煮


『肉でまき』はおくちうむさんとこからパクってくるのですが、
ちょっと中身を増やしたり、テキトーにガーリックチーズ振ったら
意に反してインパクトの無いお味に…

ネギまきは、炊いたらしんなりしてお花みたいになりましたね。

おくちうむさん肉でまきねぎくるりんこ

おくちうむさん、お料理苦手なさとこのために、細かい調味料の記載も、ぜひよろしくお願いします!

ぐるぐる隊

手あたり次第具が入ってるたきこみごはんと、とおるちゃん大好物の蒸し鶏さん。

炊き込みごはん蒸し鶏さん

ぱにーニィの冷蔵庫からぺちってきたユリ根を茹でて。

甘ーい雪の下ホーレン草が1束98円だったので、
高野豆腐と卵の炒り煮にしましたー。

ユリ根胡麻和え高野&ホーレン

あとは、
筑前煮とか漬物とかサラダとかフルーツとかお菓子とか。

カラオケボックス持ち込み


メインは、お気に入り台湾料理屋さんに注文した、揚げたての唐揚げです!

カリカリジューシーで最高なのです。


もー、これで一気にグレードアップよ


元々、お料理が好きでも得意でもないさとこ、
こうやって、年に2回程度、
ゴーインに友人達に食べてもらっているのですが、


とおるちゃん他界後から丸7年が経過し、

今回を最後にするのが
世の為人の為ではないのかなと


とおるちゃんの遺影に「きみはどー思うよ?」と話しかけつつ
思案中の今日この頃です。


関連記事
[2017/03/04 10:05] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
犯人はどっちだ
3月3日。


ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。


昨日は38度台を維持していましたが、
さとこ、本日は午後から平熱になりました。


なんだったのかなー、41,7℃。

そのあとも、もっと上がったのかな。


お気に入りのブロガーさんとこの記事を拝読してましたら


人間の体の左右はアンバランスで
その差がある程度以上になると
風邪をひくんだと。

風邪をひくことでそのアンバランスが治るから、
『体の歪みを治す方法』として風邪を活用するってことが
書いてありました。

ほお、地震みたいだね。


タイムリーな話題。

まさにこれじゃないか?


しまった。

左腋窩でしか計測してなかったけど、
右側は何度だったんだろう。


そんなことを巣箱の中で考えつつ、
お気に入りの回転ずしの体験記でも。





『明日からきっと使える!接客10大用語』っていう各国の会話集がレジに置いてある、
お気に入りのくるくるさん。(関連記事→95円の幸せ。


ぱにーニィとさとこ、日参しているわけでもないのになぜか面が割れていて、
ちょっと行くのを自粛していたのですが。


何か月か間隔が開いても常連客扱いになっちゃってるのは
二人のうちどっちが原因なのか、

今日こそは確かめるのっ!


まずはさとこがひとり、先に入店しまーす。


いつものおねいさん 「いらっしゃいませ~。お一人さまですかァ」


「2人です」と、指で示してボックス席に案内していただいた後に、ぱにーニィが時間差で続くと

満面の笑みの店長さんが
「いつもありがとうございます
割り箸、今お持ちしますね」


歴然じゃん!


ぱにーニィ、ショックを隠し切れず
「覚えられちゃったのはワンのせい?」


まーね。
顔濃いのに日本語ペラペラだし。



そして、大抵、入口を背面にして、顔を上げないさとこと違い


ぱにーニィが無邪気にどんぶりに顔全部を埋めていたり

ぱにーニィがワサビに悶絶して激しくジタバタしていたり

ぱにーニィがタッチパネルでロシア語やフランス語を見て
日本語ページに戻れなくて慌てふためいていたり

そーゆーしぐさのひとつひとつが、すべて丸見えなのさ。


「エエッ!ワンの行動が、分析しつくされているの!?」


あたぼーよ。
だって、ホラ。目立つから。


ぱにーニィとさとこの一番の目的はアラ汁であって、

沖縄の居酒屋さんで「これ、厨房に持ってって見せていいですか」と食べた後の骨が見世物になったことはあるけれど

この港町じゃフツーだろうと思うのに
「いつもキレイに食べていただいて…」なんて恥ずかしいこと言われてしまい


席に着いてタッチパネルのアラ汁が売切れ表示になっていると、

「あっ、猫が困るあのお客さん方が来たよ!」と先回りされたかな、なーんて
懐疑的になってしまう。

本店


くるくるさん、商売繁盛なのでうれしいのですが、

お目当てのアラ汁がないことが、最近、けっこうあって

いちど、経験としてセットメニュー試してみました。

セットメニュー初挑戦

1000円だったか、1200円でしたでしょうか。


カニさん丸っぽ一枚、カニ汁、握りもカニ4種に
まぐろさんのいい部分らしい厚い身のとこ。

小鉢の生サクラエビとか生若芽の三種盛りが
これだけで熱燗いけちゃう感じでしたが。


でも、やっぱり普段注文する、近海のお魚がいいかなあ。


駅前観光タワー支店のほうもね。

アラ汁がなくて、アラ炊きを注文してみたことが。
  ↓
アラ煮

駅前店

これは、当然、フツーにおいしいです。

でも、居酒屋さんでもいただけるから
やっぱ、お寿司屋さんなら断然アラ汁だよな…。


そんなこんなでおいしく頂戴していたら
どこからともなく、不思議な音色が…


耳を澄ませる。

これ、たしか以前にもきいたような。

低いブーンという音に時々抑揚がついて
ん?と聞き直すともう聴こえない。


読経?
呪文?

カウンター席の外人さんあたりから流れて来るけど、
食前の祈りかしら?


大きくなったり途切れたり。


カニを完食したぱにーニィが、手を洗いにトイレに立った。

そして、ややコーフンして帰ってきた。


ねこばす氏が「店長さんの方から聞こえるよ!」


そうだったのー!


ブーンは店長さんの鼻歌なのでした。

店長さん、いいことあったのかな





後日の訪問も、ぱにーニィはマスクして入店したり、下を向いたりと工夫を凝らしていますが、


努力の甲斐なく、
割りばしの準備は副店長にまで引き継がれ


今では、
カウンター席ですかボックス席ですかも聞かれず

ボックス席に割りばしをそろえて置かれ

ワサビのびんが満杯で(一度お代わりしちゃったから)…


こんなされてまで、
安っいお皿数枚で終わるの、ほんと恥ずかしい


店長さんといえば、
あいかわらずいつも嬉しそうです。

よく、隣の通路で踊るようにお片付けされてるから
お話ししたい気もするけど、

完全に顔なじみになっちゃうと恥ずかしいから、
知らんふりしています。


てなわけで、どっかから鼻歌が聞こえる回転ずしさんに
今日もやっぱり行かなくちゃって気持ちに
なっちゃうのでした。
関連記事
[2017/03/03 07:54] | ・未分類 | page top
デトックスバカンス
只今、自主的隔離状態でありんす。


遡ること3日前、2月28日の朝方から鼻水が出始め、

花粉かな?風邪かな?


他人との交流は、二日前の自治会の新年会ぐらいだし。


どうにも関節が痛いぞ。

こりゃまずいんでないか?
と思いつつも、その日ははてるま父受診と春の種買い付けの日だったので


とにかくマスクを手放さず、
手指消毒とうがいと水分補給を怠らず
常に飴ちゃんをなめながら事にあたりました。


外気0℃。
寒いっす。


またまた今回は大流血が重なり

気つけのカフェイン製剤を飲んでいるから
まー、出るわ出るわ。


フラフラと診察室に入り、先月の検査結果を聞きます。


胃カメラで荒れた部分が見つかり、組織を採取して培養してもらったのですが、

義父、この1カ月は
胃のことが心配で心配で

側頭葉てんかんの発作ゼロ。
背中とわき腹の激しい痛みゼロ。


はてるま父がトイレに行っている隙に、
義母がコッソリ 「どっかひとつ気になるところがあるほうが、じーさん、イタイイタイって騒がんでええなあ」


よかった。
義母にも対応にゆとりが出てきたみたい


感染症内科で腹部エコーの検査結果を聞く。

前回とおんなじで、
胆嚢の中が泥状のもので詰まっているけれど、
半年か一年に一度、変化が無いか確認すれば問題なし。


続いて消化器内科。

胃カメラの結果も、
先生「心配ないですね。わたしの診察はいったん終了ですが、また心配な時はいつでも山根先生から紹介してもらってください」


おー。
ありがとうございます、ありがとうございます。


大腸ファイバー検査は、無期延期ってことで、さらりとかわしてくださいました。


診察室から出た途端、
義父、わかりやすい満面の笑顔。

「わしはもうダメだと思っとった。命が伸びて安心した。助かったなあ。
まずはパンとコーヒーだ」


笑。

分かりやす過ぎる。


んでも、このあと軽く失敗がありまして、
さとこがウッカリ目をこすっていたもんで
義母 「花粉か?」
「ん、たぶん、洗えばよくなります」

はてるま父がいきなりハンカチを出して
苦汁の表情で「痒くてやれん」と激しく目をこすり始めた。


ありゃりゃー。
花粉症、うつっちゃったよ(笑)


ま、イタイよりはカユイほうがましかなー




さて、せっかくならとケーキ屋さんで喫茶タイム。

義父フルーツショート

義母モンブラン


ケーキと生クリームたっぷりのココアを飲み、
さらにお持ち帰りでタルト3個、ワッフル3個、わらびもち6個。

お祝いケーキ

よっぽど羽を伸ばしたかったようですよ。


買い出しと昼食を済ませて、まだまだ雪に埋もれたはてるま地区に着いた時には
さとこはそろそろカラータイマーが…


腰が砕けて歩けないので、
ところどころのコンビニで休みながら

17時には巣にたどり着きました。


実は、お昼に、めったに入らない回転ずしさんに入り
「まぐろのアラ汁324円」なんてメニューがあったから注文してみたら


\(◎o◎)/!
外国で食べる日本食って、こんなのでしょうか。
まぐろのアラ炊きが、味噌スープの中に入っておりました。


思わずウッてなったけど、
身を引き上げて別々にいただくことで粗相は回避。
おつゆも、唐辛子をしこたま入れたら
完食できました。


ちょっと、流石にダメージがのこり、
道々
こみあげてくるものもございましたが


まあ、体調悪かったしな。





巣に到着しても、ぐったりしてはいられません。


換気扇と空気清浄器をフル稼働させて
電気毛布と、
4年ぶりの敷き布団を引っ張り出して

準備万端。


玄関に荷物を投げ散らかして
服もうまく脱げずに団子状態で放置。


シャワー浴びたら
41℃のお湯がヒンヤリ肌寒い。


電気毛布に潜り込むけど、
やっぱり冷たい。

よく考えたら、
電気毛布は40℃でサーモスタットが働くから

熱発時には体温より低くて寒いんですよね。


ぱにーニィは高齢の方たちがお相手のお仕事だから、
とおるちゃんとさとこの巣への立ち入り禁止令を敷いて
ただひたすら眠りました。


そしたら、玄関に山ほど兵糧を運び入れてくれてあって

スープ、杏仁豆腐、納豆、パンへタ、甘いパン、ハムカツサンド
ヨーグルト、レトルト中身汁、スポーツドリンク6リットル。


こりゃー。

軽く2~3週間は立てこもれそうだ。



その日の晩。

もやしと卵のスープをいただく。
あったかくてほっとする。



二日目。

少し熱が下がる。
杏仁豆腐に夏みかんはちみつ漬けを混ぜていただく。

口の中の爛れが気になるから
ヨーチンでジュッって焼いたらすっきりするだろなと思いつつ、
引き出しを探す元気がまだない。


ハウスクリーニングのリーダーから、お仕事の問い合わせがあったけど
ぱにーニィは動けないし
さとこだけでは力が足りない部分があるだろうし、
せっかくのチャンスでしたが、無念…。



三日目。

やっと関節痛と頭痛が和らぎました
胃痛があって吐いたらマズイから、今日も外出は無理です。


気になるのははてるま父母。
「風邪ひいてませんか?」と尋ねたら
ふたりともぴんぴんしていた。
良かったー。


続いて、里の母。
今日は、里の関係の霊人さんの合同月命日だけど
「すんません、風邪うつすので行かれません」と母にメール。


母から返信。
「もうこれ以上のえらさはご不要です。
なんなら痛さだるさ小分けいたしますよ。
ご遠慮なく。」


わー。
めっちゃ機嫌悪いやん。

さとこ、たやすくやっつけられ、再びダウン。


それでも
突進歩行であちこちぶつかって這っていたのが、
1分・2分と長く座っていられるようになり


今日の午後には
巣箱の回りの荷物を仕分けしたり
ラスカリング(お洗濯)もできたり
流しに積んであった洗い物もでき


夢をみては起き
ごそごそして疲れてはまた眠り


玄関に投げ込んだ荷物や散らかした服も、トイレからもどるときに少しずつ片付け
こうやって
病床対応巣箱の写真もとったりする余裕もでき

療養タイプ巣箱

フリース2枚にエマージェンシーブランケット。
アツアツです♪


忙しい皆さんには申し訳ないけれど、
さとこ、この3日間、時間をプレゼントされた感じです。


頭が痛いから何もできない。
悪感が治まらないから、ちび電気ヒーターの温風を巣箱に送り込んで
ぬくぬく汗びっしょりこ。


どこにも出かけない。
なにもしない。

そんな自堕落を正当化できる至福の時間。


心と身体にたまったドロドロがすべて洗い流されるようです。
デトックスバカンス。


42℃ぐらいなら熱発してもいいから、
ときどきこんなのあるといいなあ。
関連記事
[2017/03/02 16:00] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
「お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しい」
バレンタインデーは祖母の命日でして。


駐車場は凍っているけど、大雪のピークも過ぎたし、
里に行くつもりで朝から準備していたところ、
里の母から連絡あり。


「小道が雪でふさがれているから、
あちこち渋滞しとるだと。
雪かきはお母さんはしないから、心配しなくて大丈夫。
どうせこの雪ではお墓には行かれないし、
あんた、そこでおばばに御祈念しなさい」だそうで。


へーへー。
ほんなら、翌月の月命日に一緒にお参りするだわねってことにして

巣のとおるちゃんの住処で、
お灯明とお抹茶をお供えしますた。


中津川市の伝統菓子、からすみを切る。
からすみ切って祖母命日

からすみは富士山のかたちに米粉を練り上げ蒸したお菓子で、
毎年、はてるまの親戚が送ってきてくださるのです。
今日のはヨモギ入り。

亡夫が写らないように桜の蝋燭


ほ。
落ち着いた。


と思ったら、それからしばらくして
またまた母から
「カレーと五目ごはん出来た。
お下がりを取りにおいで」だなんて

意味わからんわっ


さとこは、一回アイドリングが切れてしまうとお出掛けモードの電源がオフになるので、
却下です。


里の母の発言にはいつも振り回されがちですが、


そんでも、時々かわいいことを言ってくる。


「夢です。
さとこが炬燵の中から手のひらサイズの子猫を出してくれました!
おばばの家だったよー!
抱っこ抱っこして見せ見せしたよ


そらァ、エカッタね。


返信する。


「そげかね。
手のひらサイズの仔猫なら、踏まんように気をつけて。
寒いけん、また炬燵に戻してあげてね」


そんなやり取りをしていると、
すぐに、「○○を作ったから取りにおいで」の展開となる。


量的に極めて多いのは、

寿司飯と具が1:1割合のちらし寿司と
  ↓
ちらし寿司はゴハンと具が1:1


いっぺんにまとめて作る、肉まんです。


さとこは、包子も饅頭も、
ふわふわの皮でなくて、にっしり噛みごたえがあるのが好み。


さとこ地方に40年~30年ぐらい前にあった中華料理店のどっしりした肉まんが忘れられなくて、
近年、手に入る方法がわからないので
母製をもらうのです。


こんなふうに、うっかりしぼんでしまった肉まんでも、
ふかふかより美味しいと思っちゃうのですね。

膨らまなかった肉まんセット


さて、いざと連絡すると、どこにいるんだか音信不通。


とりあえず里へ向かう。


母、外出中のようですね。
入り口に置いてある包子を見つけて、「これ?」と写メを送ると

途中まで帰ったところで「そりゃちがう」と電話があり、
慌てて返却しようとUターン。


ただでさえ車の往来が激しい道路に面している上、
15時を回ると、ランドセルに背負われた学童たちが通学路ではしゃぎ始める。


ひいい。
コワイっす。


包子の箱を所定の位置に戻して、急いで帰路につくと
母から「帰ったよー」ののんびりメールが。


わああ。


またまた居り返す。


そんなして、命をかけて(←大げさ)もらって帰った本日の包子、

肉まんと長命草肉まん。
肉まん長命草肉まん

あと、柚子煮あん入り。
そんで、長命草入り生地の饅頭を、いくつか。
長命草ゆずあんまんマントウ


味見に一個ずついただきましたら

肉あんは白ネギとしょうががたっぷりで
シャクシャクの歯ごたえ。


長命草パウダーは苦辛いから、
塩味のあんより甘いあんの方が合うなあ。


いつもなら美味しい、にっしり包子なんだけど、

本日は、
ハードな肩こりが原因か、
ケンビキの歯の痛みで口が開かず、噛めません。


上顎裏や唇の口内炎に
柚子の酸味とねっとりがチョー滲みてむせび泣く。


非常食用に冷凍保存いたしましょーね。


里の母に「ンマイでー」とメールしたら

「ヨカッタヨカッタ」と上機嫌。


お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しいって、
どなたかのblogに書いてあって
小さい時、いつも母の様子をうかがっていたことを思い出したけど


大人になった今でも
ほんとにその通りだわ、と思います。
関連記事
[2017/02/20 03:56] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにーニィ、初めて服を着せられた猫さんのようになる。
さとこは、日照時間が少ないと、根腐れした植木みたいになります。


不定愁訴が多くなって、


読みたい本はいっぱいあっても涙が溢れてピントが合わず挫折したり
雨を見るだけで不安だったり
玄関から顔すら出せなかったり。


抗うつ剤に頼りたいなと思うけど、
そんなん思えているってことは
まだ重症じゃない証拠だへん?


カフェイン製剤を飲んでも
一時ほど過敏にならずにすんでいる。


このまま冬を乗りきれそうですね!


沖縄や山口や広島みたいなところに一時避難して
お日様を浴び放題に浴びて生き返って巣に戻ると、
戻った途端にひたすら雨の日々だったりして


そのギャップにやっつけられつつも、
いつもお日さまに焦がれているさとこなのでした。





目下、問題なのは、ぱにーニィの方。


確定申告で忙しいので、
さとこ、自宅待機の日は炊き出しのオバサンやってます。

やわらか定食1
 (里の母から酢締めのコノシロもらったから、帰りに業務スーパーでちらし寿司買いました)


ぱにーニィ、口の中が痛いから、
最近は玄米を中断して、
電子レンジ用の1合炊きで白米を炊いちゃったりなんかして。

ゴボウサラダ、カツオ佃煮、明太とろろ
 (ゴボウサラダ、明太とろろ。蕪のお味噌汁はぱにーニィ作。いただき物の鰹節の佃煮が、めちゃめちゃ美味しくて)


暗ーい表情でゴハン挑みつつ、「歯が弱ると、生物としてもうだめだな!」


さとこ以上に悲観的性格のぱにーニィなのでした。





なぜか蕪ばかり買って来るから、毎日が蕪料理。

お味噌汁、浅漬け、酢の物。
納豆にも刻み蕪です。

蕪セット
 (他は、スモークチキンと、お歳暮ハムと、玉ねぎのアチャール。ピクルスとマヨネーズでドレッシング作成中) 



2月に入って、抜いた左奥3本の義歯がとうとうできまして。


さて装着の日。


義歯デビューのぱにーニィに、スマートな義歯装着ライフでいぶし銀の魅力を醸し出せるよう、プチアドバイスです。


さとこ 
「脱着はトイレでね。
考え方の基本は、ブラジャーと一緒だと思えばいいよ」


ぱにーニィ 
「わかった!基本はブラジャーだね!」


テンペ、うど、百合根
 (菜花と豆腐のお味噌汁、ユリ根の胡麻和え、夏みかん、はてるま母作のうど煮物、19円コロッケ、テンペとスモークチキン残り、海藻ミックス佃煮)



歯医者さんから戻ってきたけど、装着心地が悪く、痛くて気になるらしい。


慣れるまでは痛いもんだけど、
合わなくて当たるなら、直してもらわないとね。


最新式で保険対象外の『バルプラスト義歯』っていうそうで
床がやわらかくて薄くて、 お口の複雑な動きにピッタりフィットするはずなんだけど
予想に反して、結構硬いなあ…。


ぱにーニィの体の一部として仲間入りしたこのパーツ、『ギッシー』と名付けました。


名前つけたら愛情湧くへん?


ところが、当たった部分が痛すぎて、ぱにーニィ挙動不審。


完全に固まって
ときどきそろりそろりと這うように動く。


まるで
初めて服を着せられた猫さんか、
ハーネスをつけられ生まれて初めて家の外を知った猫さんみたい。


それなのに、確かめようとギリギリ噛みしめるから、すっかりお口の中がただれちゃって


以後、傷が治ればギッシーつけて
  ↓
歯医者さんで削ってもらって
  ↓
また傷がついて
  ↓
治ればギッシーつけて
  ↓
また歯医者さんでみてもらって


結局、ギッシー、なかなか体の一部になれません。


んだのに、こんな固いもんばっかり買って来やがって
  ↓
骨せんべい


何考えてんだか、よく分かりませんって言ったら
「あっ。考えてなかった」って。


右でばっかり噛むから
今度は右の奥歯にばかり負担が掛かって
右側も痛いぱにーニィ。


今日も、
暗ーい表情でゴハン挑みつつ、「歯が弱ると、生物としてもうだめだな!」


言ってすぐに忘れて繰り返すおじーさんみたいに、
1日に何回か耳にする定番口癖が増えました。

関連記事
[2017/02/19 01:16] | ・主な登場人物紹介 | page top
沖縄ちゃんぽんがある大衆食堂が好きです。
初めて知ったのは、とおるちゃんと通っていたS県の沖縄料理店ですが、
以来、沖縄滞在中、一度は注文せずにいられない、
沖縄ちゃんぽん。


沖縄でちゃんぽんというと、
野菜炒めを卵でとじたおかずがオン・ザ・ライスで登場する、丼的なメニューです。


キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・青ネギ・にらなどのたっぷりお野菜と
豚肉やコーンビーフハッシュ(ダイスカットのポテト入りのコンビーフ)やポーク(ランチョンミート)・かまぼこなどを炒めて
卵でとじる。


観光客が長崎ちゃんぽんと間違えて注文し、麺が入っていないことで肩をおとす方が多いそうで、
店員さんから「ごはんだけど大丈夫?」と聞かれることもあります。



こちら、泊港にある、ぱにーニィお気に入りの船員会館。
  ↓
船員会館1

1階にある食堂、『いかり屋』さん、
平日のお昼は、
海で働くオトコのためのがっつり食べ放題格安ビュッフェに参加できますのよ。

船員会館2海の男と一緒にお昼ご飯


ぱにーニィのお父さんは外国航路の船乗りさんだったから、
家族が揃えるのは、いろんな港の船員会館。

懐かしい思い出がたくさんあるのでしょうね。


レストラン『いかり屋』さんのちゃんぽんは、こんなです。

船員会館ちゃんぽん

ポークともやしとキャベツたっぷり。
確か、『選べるそば定食』880円だったかな?


たっぷりお野菜のいろんな歯ごたえが病み付きなのでした。





続いて、
那覇市牧志にある、『食堂花笠 2号店』。

食堂花笠

『花笠食堂』ってお店もあちこちにあって、
食堂花笠と花笠食堂はどうやら別のお店のようで、メニューが違います。


食堂花笠入ります

こちらは、出てくるお茶が砂糖入りのアイスティーでびっくり。
残さずいただかなくちゃ、と焦った、青い時代もありましたねえ…。


ちゃんぽん、600円、これです。
汗だくの体が欲しがる味くーたー(シッカリ味)な1品でございます。

食堂花笠ちゃんぽん


歩き回ってぐったりだったのが、
さあ、次はどこに行こうかなと思えてくるから不思議。





そして向かうのは、
食堂花笠さんからも近い、那覇市第一牧志公設市場。


国際通りから市場本通りを曲がった奥にあります。


アジアンチックな雰囲気全開の市場周辺は、心地良いゴチャゴチャ感に溢れていて、
居るだけでコーフンしちゃうさとこであります。


公設市場の中。
 ↓
公設市場

1階は精肉部、鮮魚部、生鮮部でして

定番の観光地ではありますが、
人が多いのがドキドキなさとこは、一人では入れません

お刺身チョイス

この日は、夜はホテルのお部屋ゴハンにしようって言って、
こんなして、お好みの鮮魚を選んでお刺身盛り合わせを買ったにもかかわらず、

2階の食堂に行ってしまいました。

わははは。


だって、お食事4回(4泊5日の滞在中、外食は1日1回として)では、体験してみたいお店をまわりきれないんだもん。


公設市場2階で

お2階には10店舗以上の食堂があり、食事時はかなりの混雑具合ですが、
空いているお店を狙えばとっても静か。


1階で販売している鮮魚を持って行くと、
調理代500円でお好みの方法で調理してくれる提携店と、

1階と提携してなくて、正規のメニューだけの店舗とがあるので、
そういうところは空いているようですね。


なんてお店かわからず、お値段も忘れましたが、
こちらのちゃんぽん、びっくり!

公設市場ちゃんぽん

ポークが入っているのに、さらに三枚肉がどーんと載っている!


しかも、路地で買ったお惣菜やおにぎりの袋を椅子に置いていたら、
わざわざ、「メニューから注文したら、そのへんで買ったものも開いて食べたらいいよー」だって!


び、びっくりです。





リピートしたいところばかりだけど
初めてのお店で発見や出会いがあるかもしれないし、


そして初めてのお店では、必ずメニューに『ちゃんぽん』の字を探してしまうさとこなのでした。


食堂なら、どこに入っても、ほぼあるんだけどね、
ちゃんぽん!
関連記事
[2017/02/18 04:09] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
たまコッコに熱くなったさとこのその後。
ぱにーニィのアパートには駐輪場がないから、
とおるちゃんとさとこの巣の駐輪場にスクーターを置いているのですが、


おっ。
ご近所の白にゃーさん、お出かけですかい?

あら、白にゃーさん


サドルの上が暖かいから座ってるんだと思ったら、
ハンドルの上ですね。

ハンドルに乗って

あっちきょろきょろ。

あっちきょろきょろ

こっちきょろきょろ。

こっちきょろきょろ

ぱにーニィんちのトイレ、最近、ちょいと居心地が悪い。

アロエも冬ごもり

玄関に並んでいたアロエやガジュマルやハンダマが雪で凍らないように、
トイレにかくまってあるのです。


なんかね、生きものだし、見られてる気がするでしょう?

ガジュマルなんかまだ赤ちゃんだけど、キジムナー(ガジュマルの精)とか隠れていそうだし。





スシローさんのだっこずしガチャその後ですが、

県内に3軒あるスシローさん、ぱにーニィが制覇しに連れてってくれました。


高速道路ができて、県内の移動がとっても便利になりましたね。

1時間走って中部地方のスシローさんへ。
すでに無し。


更に1時間走って東部のスシローさんにも。
すでに無し。


最後にさとこ地方に戻り、補充はないかと期待を込めましたが、
すでに違うガチャが入ってました。


ぴよ子さん似のたまコッコ入手ならず、断腸の思いであります。

あっ仲間が増えている!

ぴよ子さん、力及ばずごめんなさい。


でも、冬の海を眺めながらのドライブを久々に楽しみましたよ。

冬の海見ながら


滅多に足を延ばす機会がないので、寄り道もしながら、のんびりゆっくり。


てか、さとこ、耐久力がついたのか、半日以上、車に乗れていた!

腰痛がひどくないのは、
びんづる尊様の聖布のおかげか、
各所でマーキング(しっこ)を済ませたせいか。


うれしい前進です。


そして、たまコッコは手に入りませんでしたが、
近くのイオンで素敵な置物を見つけちゃったのです。


憧れの晩年

向かって左から
さとこ、ぱにーニィ、とおるちゃん、ぴよ子さん。


とおるちゃん生きてたら、こんな風に縁側で
みんなでのんびりゆったり
理想形。


たまコッコより、もっと幸せなものが手に入ったかも。
関連記事
[2017/02/17 04:03] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
コウモリさんが住んでいる。
先日の大雪からでしょうか、
スーパーに、スパイクやかんじきまで売っています。

雪国グッズコーナー


この度の大雪に際しましては、早め早めに対応しておりまして

さとこ、常にアイドリング状態。


前回、溶けて凍った雪を割るのが大変だったのを教訓に、

チョット積もって小降りになれば、すぐに除雪しての繰り返し。


夜も、シッカリかいてさっさと寝て
5時になるのを待って、ひと除雪。

出勤の人が出てきたら、シャーっと玄関に逃げ帰って
鍵穴から様子をみて
おそるおそる出てって、またまた除雪。


早めの対応

固まる前にせっせとかく


捨て場まで運ぶのが面倒だけど、新雪は軽くて楽ですにゃ。


中山間地のはてるまの部落は、
3時に来てくれる除雪車だけでは間に合わなくて、30分でみるみる道がなくなってしまうらしい。


以前、はてるま父母用にこんなん買いましょうかと提案したのですが、
雪が重すぎてモーターが焼き付いたり、石が詰まって壊れるから、
はてるま地区には不向きなんだそうで。
  ↓
ひとつほしいんだけどなあ


まあ、もともと、隣県に続く林道はこんなして冬場は閉鎖されるし、

冬季閉鎖中

ドライブコースの名水工場はでっかいつららのビブラホンあるし。

名水工場のつららと夫


雪かきのあとはね、くたびれて寝ちゃいますの。


雪に閉ざされて外出する必要がないとわかっていると、
安心しきって、とことん眠れる単純思考のさとこ。


ほんとうに、寝溜めできるほど寝た。


ま、寝れば寝ただけ夢をみるんですけどね。

ゆめ記事の下書きが3本立て×30ぐらい溜まっていて、
記事管理の画面が混雑して、うざったくてしようがない。


目が覚めると
とおるちゃんにちょっと真面目にお供えしたり

いちごもらった


ぱにーニィを 剪定 散髪したり

YouTubeの投稿に挑戦したり。


普段、後回しにしていることを、ぽちぽちとやってます。






ここんとこ、日に日におでぶになるさとこ。


最近、こんな感じに むっちむちのまーるまる なのです。
  ↓
いもいも。
このヒトは可愛いからいいけど。


ポスティングをやめたのと、年をとったからとで
ずいぶん肥えました。


あ。
そういえば、テレビの回転台に乗ってのツイスト般若心経の日課も、いつの間にか忘れてたわ。


とおるちゃんのお供えおさがりも、最近は、「カロリー全部抜かれて栄養価もゼロ」になってない気がするなあ。


トイレとか、ズボンの上げ降ろしが一大事でしてね。


体育座りができず、ころりと転がったり

起き上がるときには、
「の゛の゛の゛の゛の゛~」と、うめき声をあげながらジタバタしたり。


それと、膝がね、キヨン!ってなったり、
正座してると、くるぶしが痛いんですよ。重すぎて。


どげんかせんといかん。


んで、ぱにーニィんちに、また新たなグッズが仲間入りしてまして。
命名、『虎の穴』。

名前は『虎の穴』 ツイスト~

これ、逆立ち好きのぱにーニィが、「これならずっと逆さまになっていられる♡」って、欲しくて欲しくてお取り寄せ。


足首をホールドしてぶら下がると、全身の骨の隙間に風が通る感じにグーンと伸びて、
これがまことによろしいのです。


しかも、頭皮が熱くなって、
底部毛根鞘細胞に血が送り込まれてる気がするわ~(単に血が上っているだけ)。


ハンモックみたいでリラックス

背もたれがメッシュなので、夏でも涼しいし、
カーブと硬さがなんとも寝心地よろし。

ぎっこんばったん あー。酔った酔った


ゆりかごと違い、一人で揺らして遊べますわよ。

腹筋鍛えます

目指せジャッキーチェンの『酔拳』だぜ。


さとこも試したけど
これ、目を閉じたら秒殺で酔う。

振り子式の特急列車にソックリです。


目を開けたままで一日ゆる腹筋100回。
シックスパック、カモンオーライです。

sixpack[1]
 (Quality Of Life Hacks 人生の質を上げるメディアさんからお借りしました)


そんで、腰痛にはやっぱり断然いいらしくって、
ぱにーニィ、リアリーと虎の穴が来てからというもの、
一回も整形外科に行っていない。


一番良かったことは、
もっともリラックスできる姿勢が見つかったこと。

コウモリさん飼われました?


ぱにーニィ、もしかして、前世にコウモリさんだったこと、ない?

関連記事
[2017/02/16 04:08] | ・主な登場人物紹介 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>