湯原温泉へ家族旅行に行けちゃった!前半。
大型連休のときのこと。


里の母が兄一家から湯原温泉(ゆばらおんせん)一泊旅行に誘われ、
母、さとこに「あんたも来ん?」というので、
思い切って参加させてもらうことにした。


一年前の甥1号の結婚式のとき

大都会広島市に行くことが不安なあまり、
前日からの宿泊列席を断ったこと、

後悔の欠片が心の隅に転がっている。


兄夫婦はさとこがパニックになる因子について
よく理解してくれているので
今回ついていくのはチャンスかも。


兄 「母とお前と3人一緒に
いつまで出かけられるか、わからんしなあ」

うん。
さとこも、そんな機会はもうないと思ってたけどね、兄ちゃん。


湯原温泉は、岡山県の閑静な渓谷の落ち着いた湯街の風情だから

ぱにー二ィもパソコンでいろいろ調べて
「ここなら大丈夫だろう。」


岡山県真庭市湯原温泉。


とおるちゃんと結婚した翌年の平成15年頃、

とおるちゃん一家が岐阜に帰郷する途中、
全員で泊まったことがある。


自分の存在の記録を消したくて日記を全部捨てちゃったから、
記憶がごっちゃごちゃだけど

次に、とおるちゃんと二人で来たのは、
平成18年だったかな。


湯原温泉は、
ダムの真下にあって、
台風とかの影響を受けやすい土地。


こん時は
大雨に伴う湯原ダムの緊急放流があった後だったから

露天風呂が冠水し、
脱衣所の小屋も流され
河原の露天風呂は岩がごろごろの泥水状態になっていて

ショックだった。


泉源も水没してしまい
観光協会や商工会・旅館組合などの関係者さんやたくさんの住民が、復旧作業に当たったそうだ。


今はどうなっているのかな。





出発当日。


京都に住む兄一家がお昼に帰ってきて

里の母を乗せて
父と祖母のお墓参りをして
さとこを拾ってくれる流れ。


13時出発ぐらいになるのかな?

さとこは、
ケーキを買って、巣で待機です。


里の母、午前中は連合会の教会に行くって聞いてましたが
15時近くなってもまだ帰ってこない。


しかも、45リットルだか70リットルだかのごみ袋一杯の筍がどーんと届いたということで、
急遽、あく抜き作業が必要になったため
出発時間はさらにずれ込み

温泉旅館『松の家 花泉』に到着したのは
18時半でございました。


こちら、

17種類のお風呂があり
源泉かけ流し以外は
24時間入り放題という、スバラシイ旅館。


さとこが今回の家族旅行に行かれるかもと思ったのは
これが決め手になったから。

もしパニックになっても
どっか、落ち着くまで水没していられる場所があるに違いない。


ネギ社での出荷のお仕事を始めてからは、カッティングはきっぱり卒業したから
体のあちこちにこさえていた縞模様も
もうほとんどわからないはず。

「入れ墨の方ご遠慮ください」の看板だって、平気だもーん。
エッヘン。





大浴場は22時に男女入替となるから
まずは、夕食前に露天風呂へ、ということになった。


男子チームは『花くらべ』と、源泉かけ流しの『露隠』、

女子チームは『露くらべ』です。


義姉は関節リウマチだから、歩くの大変だし

足元不安定で目が悪いくせにやたらテンション高い母は、
さとこが見守っていないと
湯船にぽっかり浮かんで旅館さんに迷惑をかけることになりかねない。


てなわけで、
さとこ、久々に、共同浴場入ります!


松の家花泉さんの公式ホームページからお借りした
『露くらべ』の写真たち。

花泉ホームページ1

花泉ホームページ2

花泉ホームページ4


他にも、一人用の釜風呂と桶風呂がございます。


女子風呂は、なんと、他には誰もおられず
母・義姉・さとこ3人の貸し切り状態。


案の定、大はしゃぎの母、「ちょっとー。素敵ねえ。お母さん、カメラ持ってきちゃいけん?」


ほんなら、よその人が居られん今のうちに急げ急げ、てなわけで、

母のスマホを持ってきて

母が湯船でミズスマシになっている写真を撮りまくる。


由美かおるモードに突入中の母の、
特選入浴シーン写真集、
帰ってから作って参加者全員に配ろうかな




さて、撮影は順調に終わり
満足した怪しい3人グループは、男子チームと無事に合流。


兄と甥1号はとっくに上がり
甥2号が部屋の鍵を持って待っててくれてました。


そこら中にかわいいものが飾ってあるので
母はあっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ。


エレベーターホールの石庭のうさぎさんも、連れて帰りたいサイズです。

エレベーターホール

みんなでお食事処に向かうと
仕切られて個室になった一角に案内してもらえました。


本日のお夕食は
厳選黒毛和牛ステーキ+すき焼き+ローストビーフ会席でございます。


さとこブログにこんなゴージャスなお料理が登場することは滅多にないので
でっか写真で
ガンガン記録するの巻。

先附

お造り

すき焼き

ローストビーフ

しんじょ

和牛ステーキ

メイン

デザート


さとこがいただけない分は
働き盛りのみんながキレイに完食してくれました。


大満足!
持ってきたケーキが入る余裕は全くありません!





14帖のお部屋に帰ってみると
お布団ぎっしりの合宿みたいな風景になってました。


宗教画の天使みたいに、左右対称の姿で轟沈している兄夫婦。お疲れちゃん。
 ↓
お疲れさんな兄夫婦


死体化している兄。

死んだように寝る


そんでも、
22時を回ると蘇って

男女入替になったお風呂に
元気に出かけていきました。


源泉かけ流しの『露隠』のホームページ画像がこちら。

花泉ホームページ源泉かけ流し
  
このモデルさんは、さとこの母ではありませんから。↑





車の音も人の話し声もほとんど聞こえない。

虫さんとカジカガエルとせせらぎの音楽だけ。


いいところです。


みんな、さとこが音に弱いことを知っているので
テレビもつけずにいてくれているけれど
観たい番組あったんじゃないのかな。

ありがとうね。


後半に続きます。

関連記事
[2017/06/25 03:53] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
ヤス伯父さん、ありがとうございました。
はてるま父の従兄、『ヤス伯父さん』95歳が亡くなった。


とおるちゃんが死んだとき、
ヤス伯父さんは

七日法要の席でも
四十九日の席でも

おうちにお邪魔した時も

さとこに向かって


「とおるはもう居らんし
あんたらには子供も居らん

こっから先、すべてあんたの人生だ

はてるまの家に縛られることはない

あんたの気持ちは
誰が反対しても
わしが守るから

さとこさんの好きなようにしなさいよ」


田舎の古い考え方の中には珍しく
伯父さんが繰り返しそんなことを言ってくださるもんで、


さとこの里の母側は大賛成し

多数派のはてるま側の人々は

「もー、おじさんったら酔いに任せて余計なことを言う」と
若干困った表情だったと記憶している。


当のさとこは

とおるちゃんの側にすぐに連れてってもらわなくちゃと焦っていて
それどころではなく


四十九日に
とおるちゃんが一人じゃぶじゃぶと三途の川を渡ってしまってからは

後追い3年計画の準備に忙しく


「はい、わたしはとおるさんのお墓に入りたいんです♡」と
ヤンワリかわすだけだったけど


とても感謝している。


何となく
いざとなればヤス伯父さんがいてくれる、みたいな
心の拠り所になっていたからね。


ヤス伯父さんのおうちは、はてるま父の薬を受け取る薬局のすぐ近くにあるから

お元気かなあといつも思いながら

はてるま父母と行くには話題がマズいし
ほかに訪ねる理由もなく。


日本酒が大好きで

宴会となれば
みんなが帰ったあとも一番最後まで呑んでいて
奥さんを困らせていた。


大戦中は
通信部に配属され

特攻機の出動を見守っていたことや
シベリアに抑留されていた時のことや


「わしは、死んでいったあいつらの分、100歳まで生きる」が口癖だった
伯父さんのお話が聞けないのは
かなり残念。


亡くなる日と、その前日の危篤の日、
はてるまの廊下のセンサーライトがずっと点いたり消えたり騒がしかったそうで


とおるちゃんが知らせたのか
伯父さん来てたのか


とおるちゃん、ヤス伯父さんと久々にお話できるよ。





訃報を受けてから

はてるま母はすぐに式典の準備や打ち合わせのお手伝いに行っていたけれど


さとこ、とおるちゃん以来、葬送の場は苦手で
取り乱したり
過呼吸になったり


でも、さすがに今回は避けられない。


かなり不安だったけど

出棺前のお別れのとき
伯母さんが

「おじいさん、いっつも財布はどこだーって騒いでたから、
はい、これ持って行きなさい」とか
「いつもより男前に仕上がっちょりますけん、
顔見てやってくださいよ」とか

真顔で言うもんだから

気持ちが和んだ。


伯父さんのおうちは、黄檗宗。


さとこは黄檗宗と全く接点がなかったのですが

初めて聴きましたが
まるで歌のようなお経です。


住職さんから、戒名の説明を聞く。


『永』は、長寿を全うされた方にしか授けられない尊い字でございます

翁や媼は、よいお年寄りさんにしか与えられない字でございます

『信』は、いつも自分の信じた道を進んでこられた方だから
これからも、信念を持って歩まれますように


ああ。とっても覚えやすい。


戒名は、仏教の戒律を授けた時に与える名前で仏の弟子になった事を示し、
もともとは生前に授かるものらしい。


さとこは
早く戒名を作ってもらって、
位牌と戒名板のとおるちゃんの隣に並びたいんだけど、

方丈さんから「まだ先でいいんじゃないか」と言われて延ばし延ばしに。


たしかに、仏教に帰依した人の証としてってことになると

お酒をよく飲み、おネギやニラをぱくぱ頂いて心乱れている不逞の輩さとこなんかには
ちょっと無理かなあ。


とおるちゃんも、戒名で呼んであげたことないけど、

ほんとは戒名の方が
修行気分がアップしていいのかもしれませんね。





別れの儀が終了した時にも

「今から、当主と住職は一緒にお茶をいただきますが
これは、かつて土葬だった時代には
死者の枕元に膳を供え、死者の霊がめしの中に宿り復活することを念じて共に頂いていたことの名残なのですよ

そして、
この枕元の一膳飯は、中身のご飯を取り出してお棺の中に一緒に入れて
お弁当にして持たせてあげましょう」


参列のみんなにも、
湯呑みのお茶がお盆から手渡された。

伯父さんの霊が復活しますように。


とおるちゃんの時、

里の母が部屋の隅にさとこを呼んで
「ちょっと、さとこ、茶托をつけないなんて非常識ですよ。なんで用意しないの」

そんなこと今言われても、とパニックになったさとこでしたが

こちらでも茶托がなかったので
この地方の葬送セレモニーには必要ないことがわかり

7年8カ月が経とうとしている今、ようやく安心した次第です。




ヤス伯父さん、ずっと在宅生活で

体調が悪くなって手術を受けて
成功はしたけど
その後、容態が悪化したって

95歳の体力でも手術を受けるってすごいけど
なんの手術?と思いながら

出棺に同行する。


火葬場は


…やっぱりつらいね。


でも、そのあとの葬儀式・告別式と初七日の時にも

心がホッとするお話を聴きました。


「死んだからといっても
今までと変わりません

台所の窓から覗いている親と一緒なのです

みんな、元気でたのしくやっておるかなと、
側で見守ってくださるのです。」


「これから四十九日までの、七日ごとに手を合わせますが
初七日は、ご家族の負担を減らすために、葬儀に続けて本日執り行いました。

これからの七週間、
わざわざ決まった場所で拝む必要はありません。

どこにいても故人を思い出して

みなさま、よい七週間を過ごされますように。」


ああ、すがすがしいですね。




なんと、義母、さとこまで七日法要の席の人数に入れており、
初めて自己紹介する人もいるような場に混じってしまった居心地悪さを感じつつ。


ヤス伯父さんの7人の子供が一堂に会するのは
十何年ぶりだそうで

ちょっとしたパーティーの盛り上がりでした。


ヤスおじさん、みんなが賑やかにしてるの
嬉しかったんじゃないのかなあ。


喪主の長男さんが
遺影に日本酒をなみなみと注いだコップを「ほい、じいさん、シッカリ飲みなさいよ」って。


喪主さんってほんと、大変だと思う。


長男を早くに亡くしたはてるま父母、もちろん傷心だけど

お母さん大好きのとおるちゃんの立場にしてみれば

お母さんを見送るという辛さを乗り越えなくてもよくてラッキーだったんじゃないかと思いたい。


残された方が
本人より辛いことが多いからね。


それにしても、
黄檗宗、いいなあ。


はてるまの家の曹洞宗は、
「死んだら無になる」と言われちゃって

どこに救いを求めたらいいの?って感じだし


沖縄の先祖崇拝の宗教観が一番近いかなと
今まで思っていたけれど、

さとこにしっくり合う気がする黄檗宗、
ちょっといろいろ知りたくなってまいりました。


ありがとうございます、ヤス伯父さん。

関連記事
[2017/06/16 04:22] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
この頃、ビックリ多し!
ある日のさとこです。


さっき起きて時計を見て
「おっ。そろそろ5時か」と思って、あるけあるけの準備をはじめたら

あらっ。
もう9時になった!?

び、ビックリ。


実は

5時前と思ったのは、まだ、夜11時25分の勘違いで、

誤→5時前。誤 正 →5時前。正 (2)


9時前と思ったのは、11時45分の読み違えだったのでした。

誤→9時前。誤 正→9時前。正 (2)




また、ある日は、

父と祖母のお墓でご祈念していたら、

今まで、50年間暗記していた詞が、
どうしても途中から思い出せなくなり、

中断して帰宅。


そして、二十歳で金融機関に入社して以来、
30年以上、無意識にできていた、紙幣数えの手さばきも

突然できなくなっていて、


指をどう使って挟むかとか、
お札を広げる時の流れとコツが
全く思い出せない。


こりゃ、認知症外来に行かないといけないんじゃないか?


ぱにー二ィに相談したら、

「そりゃ、お兄さんに相談しなさい。でも、とりあえずは毎日おさらいすることだな。」


とおるちゃんが死んじゃってからは、
般若心経を覚えて毎朝唱えていたのですが、

般若心経は一旦やめて、
小さい時から馴れ親しんでいる拝詞のほうを、
車中とか朝勤行のときに読み上げるようにしました。


紙幣数えについても

さとこのお財布には、数えないといけないほどの札束は常駐していないので

ぱにー二ィが毎日スロットや競馬で稼いできては、
さとこんとこに持ってきて、
繰り返し数えさせる。


こうかな?
いや、こうだったか?

上下・表裏を替えながら、何度も練習です。


そうこうするうち、
数日後、また、技術習得の記憶回路が繋がったように
急に手が思い出しました。


さとこの頭ン中、
なんだか、
「ニューロンネットワークの情報伝達、電気工事中ですよ~」みたいになっとったんかな。

シナプス
(これはKOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイトから拝借しましたです ↑)


やー。
焦った焦った。


時計の針の読み方も、おさらいしなくっちゃ。





ハウスクリーニングが仕上がったので、

公民館活動の印刷物配りをして回ったら、
引き換えに、
嬉しいいただきものが。


会長さんの畑で穫れた新玉ねぎと、

なんと、シショーお手製の、出来立ての筍の煮しめ。
しかも、最も美味しいと言われる、穂先の部分ばっかり。

筍旨煮

わーい。ご褒美だあ。


早速、その足で、
○○ドナルドの税込み100円バーガーを購入しに
ドライブスルーに連れてってもらいました。


会長さんちの新玉ねぎをスライスし、

セロリ・きゅうり・ハンダマ・トマト・レタスも。

挟むお野菜をあれこれ並べて、
自分好みにカスタマイズいたしましょう。

筍・新玉パーティー

レリッシュの瓶詰も開封して

100円バーガー、お野菜盛り盛りバーガーにグレードアップです。


シショーの筍、
もしかして、
今まで食べた中でダントツの一位じゃないかっていうぐらい
美味しかったです。



「初物七十五日」って、初物を食べると寿命が75日のびるというけれど、
さとこの場合、
脳ミソの寿命がついていかないので

あんまり初物いただきすぎないように、気をつけなくてはいけませんね。

関連記事
[2017/06/07 22:52] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこよりもメカに対応できる頼もしい義母です。
だいたい、3時半頃に目が覚めるさとこ。


パソコン開いたりして静かにしていると、
5時15分に、お隣のお宅の目覚ましが鳴ります。


なんかの音楽みたいで
「タン タン タタタッ タン タタッ タタン ♫」っていうリズムの振動を繰り返してる。


タン タン タタタッ タン タタッ タタン ♫ が5回ぐらいで止まるので、
さとこも、それを合図にラスカリング(お洗濯)やゴトゴト物音を立てる行動を開始します。


二重サッシの窓を閉めていると、工場の機械音はほとんど聞こえないけれど、
アパート内の物音には効果ないから、
生活音や音楽鑑賞や楽器は自粛しないとね。




相変わらず、パソコンにやっつけられている日々です。


Yahoo!ニュースを開こうとしたらそのまま固まったり


画像データを整理中に、
クリックしたとたんに消えちゃって、勝手にゴミ箱に入ってるのは何でだ?


ブログ訪問で
「fc2.com に戻ることができませんでした。」が頻繁だし

シフトキーを押しながらランキングボタンをまとめてクリックするとかなりの確率でフリーズしたり、

グルグルマークが出て「fc2は応答してません」がしょっちゅう出るし、

固まったまま、待てども「寝てんのか?」状態だから、訪問あきらめて強制終了したり


右上の×マークの反応が遅くて、バックしすぎて、入力しかけのコメントが消えて挫折する日々。

カナ変換ができなくなったり

今日、初めての訪問なのに、「パチ済みです」になっちゃうのは、何でだろう?




そして、とおるちゃん用のケータイとして持っているスマホにしても。


さとこの寝ぼけた指先ではタッチパネルは扱いにくいから、

しょっちゅう行方不明になるさとこのケータイを呼び出すためにダイヤルするか、

写真を撮るぐらいしか使わないのですが、


すぐに本体が熱くなって、
自動で「操作終了」とかにもなっちゃうし、

先日、ブログに初めて写真をupできた!と思ったら、
今度は、カメラモードにする表示が、いなくなっちゃいました。


auショップさん、SОSです。


カメラマークは非表示になってたのをどっかから掘り起こしてもらって

本体が熱くなるのは、「Wifiがない場所でアプリを使うと、電池をいっぱい使って知恵熱が出ちゃうのかも」って。


で、インストール必要ってやつが130個だか溜まっていたそうで、
ダカスカやってもらいました。
  
「Wifiがなかったら、ひと月に二回ぐらいショップに来て、まとめて更新したらいいですよって。

そーかー。
知らん事ばっかりです。


またある日は。


パソコンへのケーブルを使った映像データ転送が突然できなくなって、

修理に出してもいいけど、データのバックアップがとれているかの確認方法がないって言われ(たいして大事なもんはないんだけど)、

「これ、もう3年使っておられるから寿命ですよ。
修理より買い替え時期ですね」って。


えっ。
こんな何万もするもの、みんな、そんなに早く買い替えるん?


でも、翌週、突然直りました。


なんでかわからんけど、良かった良かった。




そして、
寿命といえば、はてるま母が使っている『簡単ケータイ』。

だいぶんオンボロになったから、
誕生日プレゼントとして、買い替えることにしました。


注文してから2か月近く経った頃、auさんから「届きました!」とお知らせがあったから

義母と二人でお出かけです。


義母の今までの簡単ケータイは、240×320ピクセルの写真しか開けなくて、
メールに添付する都度のサイズ調整が面倒くさかったけど、

今度のは、撮影したそのまんまの480×800ピクセルで送れるらしいから、
さとことしても楽しみですよ。




孫のてぃーだちゃんが出勤前におばあちゃんをのせて出てきてくれるってんで、
はてるま父受診時に待ち合わせる、いつものバス停で待機。


普段、義父が一緒のときには、発作が起きないかと気を使って、
なかなかお化粧品とか選べないから

auショップ開店までの待ち時間に、
隣接のドラッグストアで、義母に似合う色の口紅を選んじゃったりしてね。


そして、新機種への交換手続きが完了したのですが

ちょっと困ったことに。


今までの機種のボタン1ポチ操作、(例えばマナーモードにするとか)に
「OKですか?」の確認画面が出るようになっていて、
ひとつひとつに『決定』を押さないと完了しなくなったため

何年も無意識にできていた義母、大パニック。


注文時の説明の時点では、操作ボタンが今までと変わることは了承していたが、
そんな話も忘れてしまうぐらいオロオロしている。


自在に扱えていたいCメールの存在もなくなっていて、
これにはさとこも慌て、再度ショップ内に飛び込んだ。


店員さん「今はどの機種もSMSになってるんですよ~」


…SMSって何だ?

試しに、さとこのケータイからCメールを送信してみたら、
漫画の吹き出しのやり取りみたいな画面が出た。


これ、スマホの画面で見たことあるわ。


簡単ケータイ、『ケータイ』って名前なのに
最近のは、中身はもうコンピュータなんですかね。


はてるま母が泣きそうになっている。

さとこも泣きたいです。


えらいことになりました。


義母 「簡単だなんて、全然簡単じゃねーがな!
わしは今までのがいい!
さと、もとにやつに戻してもらおう」


でも、お義母さん、今までのケータイはもう修理してもらえないし、
いつか交換するなら
1日でも早い方が慣れやすいでしょう?となだめる。


がっくり気落ちしている義母と、とりあえず回転寿司で昼食です。





はてるま母の両手の指、ぷっくり膨らんでいて、
どんどん動かなくなってきているのが気になります。


ケーキ食べるのにフォーク持つのは両手だし、
箸が持ち上がらず、コップに当たって倒れそうになったり。


ブラウスのボタンは、はてるま父に留めてもらっているそうな。


はてるま母の手は 白蝋病だとばかり思っていたけど、
『手腕の過剰な振動ばく露による疾病』ってやつを調べたら、
白蝋病だけではなかった。

綜合的に、『手腕振動症候群(HAVS)と手根管症候群』って言うらしい。


難しくて、ちょっと覚えられんな。


義母 「近所の○○さんも同じだけど、医者からこりゃ治らんって言われたげな。
手術なんて、わしは、ぜってー、嫌、だ!」
と言い切る。


内視鏡術とかもあるみたいだけど、
かかりつけのお医者さまは、紹介してくれないのかなあ。


お昼時の回転寿司は、2人だとカウンター席だから、
グツグツ焼けているホタテのバター焼き、もしもこぼしても、
とっさに対応できないなあと思って、ハラハラしましたよ。


このあとのお買い物でも、
財布のチャックが締められないから、
さとこにお財布管理当番がまわってきます。


さとこも、自分のお財布がスムーズに扱えないヨメなので、
お買い物って、けっこう大仕事だったりします。





さて、はてるまに帰って、
早速おニュー携帯の説明書を読む。


最近の説明書の字、ありんこの頭みたいに小さいね。
老眼のさとこには読めんわ!

今度、老眼鏡買って、はてるまにもひとつ置いておこう。


旧ケータイのSDカードに入れた写真データも移したいけど
非力なさとこ、新ケータイのふたを開けられません。


カッターとかでこじ開けると壊れそうだから、断念しました。

義妹一家の誰かにやってもらってね。


とりあえず、一通りの設定を終えた後、

SMSは使いにくそうなので、
この機会に、義母にe-mailの打ち方を特訓。


新規作成は無理としても、
返信だったらなんとかできそうです。


義母、その夜、取り扱いの復習していたらしく、
空メールがきたり着信があったりしていたのですが




なんと。
翌日の早朝。

「おはようございます昨日はありがとうなんとか使えるかな」


おおおお!?

負けず嫌いのはてるま母、わずか一晩にして、スゴすぎる進歩です。


仰天して電話したら、
珍しく弱々しい声が返ってきた。


夕べは、遅くなってから疲れ切って寝たんだけど
気になって3時に目が覚めて
そのあと、ひたすらe-mailの練習をしたそうです。


とりあえず、ひとつ解決しました。


それにしても、
75歳の意欲、素晴らしいです!

関連記事
[2017/05/24 03:02] | ・主な登場人物紹介 | page top
苦悩するひと、ぱにーニィ。
同じような生活を送っているつもりでも、けっこう毎日いろんなことが違うので、
あっという間に日々が過ぎていきます。


ぱにーニィ、お手伝いしているS県M市税理士事務所のことが、
いつも、心配の種。


税理士先生の本家が空家になっているんだけど、
そこのお庭の木々の枝切りを依頼されたことがあります。


引き受ける前に、様子を確認に行ってみたら、

本家1

四方が隣家やマンションや駐車場に面していて、
それぞれに大木がせり出している。

本家2

本家3


根が、周囲の敷地にも侵入して張ってるだろうし、

重機も人数も要るね。


ご近所さんに作業の日を予告して、
車を移動してもらったり

マンション敷地とかにも入らせてもらわないと


こりゃ、素人が手を出すもんじゃないでしょう。

本家4


しかも、このおうち、
税理士先生ったら、自分の持ち物でもないのに、何十年も固定資産税を払い続け。

取得時効成立して所有権があるにも関わらず、自分のものにはしたくないんだとか。


専門の庭師さんに依頼するよう、本家の方と相談してほしいって言ったんだけど、
翌日にはそのこと忘れてて、
「あんたら、ちょっと頼めんかなあ」と。


すみません、先生。

そんな困難事例には関われません。


レンゲ畑


さて、本業の税務のお仕事の方は。


今年の確定申告も、決算や月々の管理も、
高齢の税理士先生はほとんど関与されないので

個人のお客様は、ぱにーニィが顧問をしています。


税理士先生は顧客への費用の請求しないままだったりするのが、
今回はぱにー二ィが請求書も書いたそうで、
ちゃんと、税理士事務所への支払いもいただけそうですよ。


先方さんだって
請求書が来なかったら、年間の予算に税理士報酬を組みこめなくて、
不都合なんじゃないかと思いますが。




お客様が伝票を持ってこられたと連絡があったら、すぐに入力に行かないと
日にちが開くと行方不明になってしまう。


ぱにーニィが完成させた書類も、
受け取ったまま手続きを忘れて
再度確認をお願いしないと、それっきりになっちゃう。


先方さんも先生の変化に気づいておられて、
ぱにー二ィと直接相談したりができているのですが、

問題なのは、法人のお客様のお仕事です。


法人税は、
事業所と接点を持たないぱにーニィにはタッチできない部分があって責任が持てないから

「ワンは法人のお客様の申告はできませんので、断ってください」ってお願いするんだけど、

税理士先生、「石にかじりついても、せにゃならんのじゃ」の一点張り。


でも、ご自分では、
パソコンプログラムへのログインもできなくなっていて

「パスワードはpani○○○○です」って繰り返し電話口で説明しても、
虚しく時間が経つだけだったり

プログラム担当の会社にお願いしてリモート操作してもらったり

ぱにーニィが、ただプリントアウトだけのために高速飛ばして事務所に向かうこともある。


ぱにーニィ、「先生、ワンがいなかったら、仕事減らしていく気持ちになりなるかな」って、

月末の忙しい時分ですが、
沖縄旅行を決意しました。


5月末の沖縄については
また後日のご報告で…。


国道にオアシス

ケヤキ通りの新緑がきれいです。

国道の中央分離帯にケヤキが植えられていて、その緑のトンネルの間に川が流れています。


信号で停止したときにちらっと見えて、

交通量多いから、徒歩で見に行く勇気がないけど、
以前から気になっているスポットです。


さて、気晴らしに、いつものラーメン屋『RR亭』さんに向かいましょう。


ぱにー二ィ、この2月に義歯デビュー(ギッシーようこそ)し、
このパーツを『ギッシー』と名付けましたが、


「歯が弱ると、生物としてもうだめだな!」と肩を落とすぱにー二ィに、「義歯なんてブラジャーとおんなじだよ」と言ったのが気に入ったらしく

『ブラ』に改名。


ブラがフィットするまで、何度も歯医者さんに通って微調整してもらったから
歯茎に当たってただれることはなくなったようです。


歯がないと顔の筋肉が緩んでくるそうで、
毎日1回は装着しているけど

かみしめるには痛いから、
食べるときは外している。


外食前には車内でブラを脱ぎます。


さとこがウッカリ視線をそらさないでいると

ぱにー二ィ 「見ないでよ!失礼ね!ヽ(`Д´)ノ」


シツレイしました。


ぱにー二ィはラーメンと揚げ物のセット。

さとこは「旨辛麺の背脂なし」がマイブームで、

辛さが病みつきなので、
大抵のラーメンは半分が限度なのに、
麺をほぼ飲み切っちゃう(丸のみってやつ)おいしさ。

トッピングあれこれ

スープも単独で飲んじゃうのがもったいないので、
トッピングのメンマ・ワンタンやご飯にかけていただくのがうれしい。


以前は、ラーメン数口とお酒でしたが

梅と白鹿

ぱにー二ィにつられて
さとこ、食みが良くなりましたね。

関連記事
[2017/05/22 05:02] | ・主な登場人物紹介 | page top
2017年のツワブキ狩り
つつじと藤と新緑の季節。

お花見してないから、
これ、何年か前のぱにーニィんちお隣の、お寺の藤棚の写真でも。
 ↓
満開の藤


日が長くなって、さとこ、車が少ない早朝に活動できてます。


だいたい3時ぐらいに起きるから
夕食終わったとたん、ぐーすか寝ちゃうんですが…。




六時半、朝もやの中を、
愛しの寺尾聡さまをカーステでガンガン鳴らしながら、朝のドライブ。


焼骨カルシウムとおるちゃんを連れて野良猫徘徊してた頃を
思い出しますなあ。


ぴよ子さん出勤前に、おうちにお届け物に行くつもりが

あらっ。
ナビ子には裏切られて、バイパスから降り損ね、
ぴよ子さんちを右手に見ながら行き過ぎてしまいました。


軽バンさとこ号のナビゲーションシステムは、新し目の道は入ってないので、
よく、こんなして遠くに連れ去られます…


バイパスに乗せられる意味ないじゃんと思いつつ大回りして、
この勢いで、ちょっくら里の母宅へ向かいましょう。




相変わらず、電話が通じない母、
生きてるかー?


里に到着したら、びっくりされました。
「あっちゃ、あんた。」

母、生きてましたね。


聞けば、これから、連合会のA教会の春季大祭に行くそうで
そんなら、さとこが送迎いたしましょう。


海沿いの古い町にあるA教会までは、国道を一時間半ぐらい。


お天気が良く、気持ちいいです。


母が 「あっちゃ!しまった。いつも大祭の帰りにツワブキ狩りして帰るのに、今日はなんも持ってきてないわ」と言うので、

母を送り届けた後は、
近くのガソリンスタンドさんで100均の場所を聞き、隣町までお買い物。


手袋・靴下・園芸鋏・クロックスサンダルなどを買いそろえた後は、
漁港で三線練習です。

練習ポイント


風がない、静かな海を独り占め。

漁港にて

あ、カモメさんいました。


淡い紫のお花。

ムラサキハナナかなあ。ダイコンかなあ。

大根っぽいお花


1サイクル練習して休憩してたら、
母から連絡があったので、


帰り道、神社がある小さな山の公園に行きました。


ツワブキいっぱい生えてます。

ツワブキ狩り1 葉っぱはリリース

かさばるから、葉っぱはその場で切って土に返す。


なんでこんな穴場的場所を知ってんだ?と思ったら、
幼稚園勤務だった頃に、園児たちを連れてちょくちょく来ていたらしい。


夢中でツワブキを採る86歳。

ツワブキ狩り2

おーい。
蛇が出るぞー。


買い物袋に2袋ほど収穫して満足したようですよ。




てなわけで、
いつもの持ち寄りゴハン食卓に
ツワブキの煮物増えてます。


さつま揚げと豆腐以外は野生

里の母作 わけぎのヌタ、きゃらぶき。

義母作 蕗と筍の煮物、大根と昆布の煮物

ぱにー二ィ作 納豆と魚肉ソーセージのお焼き、卵かけごはん、大根おろし、コシアブラとタラの芽の揚げ焼き


こんなにおかずあるから、
さとこは、切り昆布の炒め煮作って、
あとは写真撮るだけ。


ちょっと家族サービスっぽいことをしてみちゃっただけで
楽チンしてごちそう山盛りの
ラッキーな一日でした。


…早起きは三文の徳( *´艸`)

関連記事
[2017/05/21 04:05] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
対にゃん歓喜症。
やっと冬物衣料の入れ替えに手をつけました。


仕事が変わって出番がなくなった服でも、

「これはとおるちゃんがお気に入りだった」とか、
「これ、一緒に選んで買った」とか
「これ着て一緒にあそこに行った」とか思い出して捨てないから、

いつまでたっても服が減らないんだよ!


そのうえ、
さとこの上着は子供服150cmなのに、
とおるちゃんのでっかい2L着ているから

一人暮らしとは思えないかさばりかた。


もともとの自分の服、衣装ケース一個までに減らすのが目標ですが。


故とおるちゃんがお気に入りだった、さとこの冬パジャマもしまいましょう。

にゃーさん4匹ついて、首回りと袖口がヒョウ柄なんです。
 ↓
お気に入りのパジャマ

あの世で着られるように、
さとこが死んだらお棺に入れてもらおーっと。




近所のコンビニのごみ箱付近に常駐しているにゃーさんは、
みんなからゴハンをもらい慣れているらしく、
駐車場に車が停まると、窓のそばにやってくる。


きっと、「今日もあのこが僕を待ってくれている」と思っている固定利用客が
たくさんいるんじゃないのかな。


ぱにー二ィもそのひとりで、
競馬新聞買うのも、公共料金支払うのも、
必ずそのコンビニです。


「みんなからゴハンもらっているにしても、毛玉対応のカリカリあげるのはワンだけだはず」って
わざわざ回り道してまでせっせと通っているらしい。


コンビニの従業員さんも、ごみを捨てに出てきて声をかけているから、
賞味期限が過ぎた人間のお弁当とか、もらっているのかも。


かりかり。 ん?

この耳折れにゃーさんがいちばん人懐っこくて

他に、
耳折れにゃーさんがゴハンをもらうと出てくる、臆病なガングロにゃーさんと、
耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんのゴハンを横取りする、近所の飼い猫らしい与太者にゃーさんがいるので、

耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんがゴハンを食べ終わるまで、
与太者にゃーさんを遠ざけるのがけっこう忙しい。




こちらは、ぱにー二ィが通う税理士事務所にやってくるにゃーさんで、
顔見知りのぱにー二ィは、わりと近くまで来させてくれるらしい。
 ↓
顔見知りにゃーさん


この日は、ぱにー二ィも知らないお友だちが一緒に来てました。

お友達が一緒


お友だち、恥ずかしがりやさんみたいで、
目が合っただけで隠れちゃいましたね!

定位置


写真撮りながら夢中で話しかけてたら、

ぱにー二ィが
「さとやん、人間にはあんなにおどおどして挙動不審になる対人恐怖症のくせに、
ネコと見れば貼りついて、
対にゃん歓喜症だなあ」って。


にゃるほど、うまい表現だなあと思いましたにゃ。

関連記事
[2017/05/20 23:04] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこおばぁの5月の食卓。
松の花粉の時期。


10代の頃は鼻詰まりと目のカユカユにやっつけられて大変だったと記憶してますが、
今年は、水たまりの黄色を見て、そんな時期かと気づくぐらい、
症状がありません。


年取って、免疫落ちたかな?
年取るって、結構いいことあるもんだな。


あるけあるけを始めて1カ月過ぎたあたりから膝が痛くなってきたのと、
7時前にはお仕事に出かけるから
早朝のお散歩、今はしていないけど

朝は四時半には明るくなるし、夕方七時の日没まで
おひさまをいっぱい浴びて

ここんとこ、セロトニンの合成が順調にできているんではないかと思ったりしてます。





ネギ社での会話で、
今年はお野菜の出来があんまりよくないって聞きました。


ネギボウズちゃん、日に日にとんでもないことになっていき、
今日出勤してみたら
工場の中のネギ束、ずらりとねぎぼの花盛り。

なんと9割も廃棄処分でした。
軽トラ荷台に15杯分ですって。


でも、育ちすぎるのはおネギだけの問題ではなく、

人参もちっちゃいうちに葉っぱがボーボーに伸びたり
玉ねぎも、玉は小粒で幹がぶっとくてリーキみたいになったり。

「野菜なんか、とてもじゃないが作っておられん」と。


暑いのや日照り続きが関係しているの?

農家さんって大変なんだなあ。




こんなときでも、
変わらず旬の食材を頂けることに感謝ですね。


ふきのとう。たけのこ。山椒。フキ。菜の花。
 
たけのこごはんと山椒の佃煮

筍とスナップエンドウとわらび


ついこの間まで、高菜にハマっていたぱにーニィ。

高菜シーズンが終わってがっくりきていたけど、
今度はスナップエンドウの虜になって

お買い物の度に買ってくる。

菜の花、ふきのとう味噌、わらび、たけのこの木の芽和え


山の幸は、冷蔵庫や冷凍庫に入りきらないほどもらえるから、
買ったことがないですよ。

蕨に蕗に

分葱の根っこのオリーブオイル炒め
  ↑
この紫のラッキョウみたいなの、里の母が「ワケギの根っこだけをオリーブオイルで炒め焼きにした」と。

いや、これがなかなかよろしくて、
何も味つけなくても、風味だけでパクパク。




お野菜だけではなく
お魚もね。


またボッカメバルをお裾分けしていただいて。

美味しいあとは、楽しく遊ぶ。


胸ヒレが、いい感じの眉毛になりますのね。


村山元総理、お久しぶりです。
81代


橋下前大阪市長、いかがお過ごしでしょうか?
橋下さん似


兄似
あ、みなさん、どうもこんにちは。
さとこの兄です。

兄、昔はこんなして眉毛つながってたけど、
最近は左右一本ずつになってます。


小さいときは「食べ物で遊んじゃダメ!」って怒られるけど
大人になると怒られない。


さとこ、大人の食卓(?)を満喫しております。

関連記事
[2017/05/19 07:16] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
おネギのお仕事のこと。 さとこの義父母お誕生会のこと。
チームらすからーずの季節労働先、白ネギ社、
夏季繁忙期に入りました。


これから9月まで
フレッシュなネギのしぶきを浴びて
規格外で廃棄の運命のおネギを救出しては、毎日食卓に登場させて。


からだの外から中から、おネギとスキンシップし放題。


顔を洗っても洗っても、毛穴がおネギなフレグランスですよ!


ネギのトロトロがこぼれて
床も作業台もズボンもびっしょびしょ。

『ねぎ美容液』とか作れたらいいのにィ


さとこ 「このトロトロ、顔に塗ったら美人になりますかね?」

会社の先輩 「…わたしは皮膚弱いから痒くなるけどね」


ダメじゃん。


ねぎぼうずが出ちゃって、
つんと尖がった先っぽは、ねぎぼか葉っぱかどっちかなと思っていると、
半日でこんなににょっきり。
一日でこんなに伸びる  ねぎぼ。 

ぷっくりなったものがいっぱいあって、なんと、収穫したうちの七割は廃棄なんですよ!

軽トラに何杯も


はー。勿体無い
はー。勿体無い

ねぎぼ可愛いのに。


ねぎぼ、お花屋さんで生け花用とかに出荷できないの?

ねぎぼのお花畑を作って観光地にするとか
種を採るとか
ネギ汁防犯スプレーとか、いいへん?


なんていろいろ妄想しながらお仕事シテマス。





さてさて。

さとこが嫁入りしているはてるまのおうちは、
ワイワイ賑やかなことが大好きです。

義妹の端井なんか、「毎日お祝いでもいいよーん」と言っているぞ。


3月、最終日曜日には、はてるま・端井『家族3・4月誕生グループ』の合同お誕生会が開催されました。

主役は、はてるま父母・とおるちゃんの妹(端井)、とおるちゃんの甥のお嫁ちゃん。


さとこも誘ってもらったけど、
外せない予定を先に入れてしまっていたので、
申し訳ないけど欠席です。


主役それぞれにケーキがあって、
これが義父母の。
  ↓
義父母お誕生日ケーキh29

ひゃーい。
おいしそうじゃないですか!


楽しかったみたいで、良かった良かった。





この二日後がはてるま父の受診日だったから
さとこと義父母3人で、二回目の前祝いをいたしました。


いつものケーキ屋さんにて。

お誕生日のケーキ

はてるま父母、ケーキ全く飽きないみたいで
イチゴのタルト、ワッフル、メロンのタルト、フルーツタルト食べた後、
お持ち帰りのケーキも買ってました。


そしていつもの回転寿司では。

義父、まぐろ七貫を完食!

まぐろ七貫盛り

義父食べっぷりよろし。 うなぎ

ほかにも、うなぎとか、サーモンとか、大好きなエビちゃんをパクパク。


義父、ガリガリになってるから
こんなに食みがいいと、はてるま母もうれしそうです。


義母は、おさかな自体の味はそんなに好きではなくて
えんがわ、だし巻き、つぶ貝。
あと、お肉とか天ぷらが載ったやつをチョイス。
エンガワ 天ぷらにおいなりさんに


みんないっぱいいただきましたー。


美味しくいただけるのは健康な証拠。

ふたりとも、いつまでも元気でいてくれますように。


関連記事
[2017/05/18 23:32] | ・チームらすからーず、ねぎの皮も剥きます | page top
パソコン訓練中。『おそうじごはん』
チームらすからーず、ハウスクリーニングのお仕事入ってます。


ぱにーニィがもやし(まーみーなー)とカップ焼きそば買ってきてくれて
「まーみーなーそば、やってみせろよ!」って。

だもんで、お仕事中なのにリッチに焼きそば大盛りです。


そばともやしとかカップラーメン 


換気扇の脂汚れ用に、常に電気ポットで熱を沸かしているので
お湯には不自由していません。


もやし一袋入りそば


焼きそばの上にまーみーなー一袋を載せて
ふたで押さえつける。

でけた。


顔はヤメテ女優なんだから

ぱにーニィが「写すのはヤメテ!肖像権があるのよ」って感じになってますね~


調理中も完成品も絵柄がおんなじなので、
写真撮らなかったけど完食です。

できれば、追加で粉末ソースも欲しかった。


パソコン不調で、
ただいま、ぱにーニィが旅行用に準備した小型機種訓練中につき
本日はこのへんで…
関連記事
[2017/04/20 05:36] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>