わしは孤独だ。
はてるま父の通院は
毎月、脳神経外科が1回、内科が一回。


2週間ごとに1回市街に出てくる今のペースが、ちょうどいいと思う。


前回、主治医から
「今まで出したお薬、整理するから残りを持ってきてね」と言われていたので
前日、義父母両方に「準備をお忘れなく」のメールを送る。

義父、あちこちに隠しているお薬、ちゃんと集められるかな。

夫婦喧嘩になるかもしれないけど、
さとこがそばに居られないから

なんでも2人でしてもらうしかない。




脳神経外科の通院は外せないけど、

内科の方は病気を治すための通院というよりも、
安心するために行っているような状態ですね。


下剤と整腸剤を多用して、

その結果、腸が活発になってさしこみが起こるから、
今度は妻のロキソニンテープを勝手に貼る

といった繰り返しの義父。


それでも、毎回丁寧に説明してくださって
「悪いところはないからもう来なくていいよ」と言わない優しい先生で良かったデス。


義父が持って来てみせてくれた残薬、痛み止めのガスコン錠は、
8回分残ってました。

へえ、けっこう我慢してるんだなあ。


以前は、待ったなしで飲み切って
転げ回って「病院へ連れてってごせー」なんてことが頻繁にあったのですが。


「すごいね、義父。良かった良かった。」
と褒める横で

義母 「じーさんのイタイイタイは一生治りゃせん」とぴしり。


あやー。
一瞬で叩きのめされる、はてるま父なのでした。




はてるま父、ご近所さんから雪かきや庭木の手入れを頼まれては
いただいたお礼を、地道にヘソクリしているのですが、

先日、義母が畑に出ている隙に
さとこに2万円くれました。


義父のお小遣いの使い道って、
缶コーヒーと、購買車のカップラーメンと、写真の月刊誌ぐらいだから、
溜まったのが見つかっちゃって
かっこつけなのか、義母にごっそりあげたりしている。


この2万は、さとこがしっかり預かったから、
いつか、義父が欲しいもの買うときに使おうね。




アカバスモモ1

はてるま地区のアカバスモモの大木、見事に満開です。

アカバスモモ2


昔からカメラが趣味で、賞をもらったりもしていた義父。

こんなんでも写したらいいのに、と思うんだけど
なかなか そうもいかないらしい。


でっかいカメラをぶら下げていると、
ご近所さんから「息子の生命保険が下りたおかげで高級なやつが買えて良かったな」と言われるんだそうな。


以前からの旧式のカメラなんだけど、
詳しくない人の目には、なんでもよさそうに映るからね。


会話が始まって数分後には、
決まってこの話題になる。


映画音楽やベンチャーズを聴いていると
「なんだそりゃ」と顔をしかめられ

小学生の防犯送迎のボランティアをしていると
「そんなことタダでするわけない。実のところ、なんぼか手当をもらっとるんだろう」と言われ

見回りの駐在さんと情報交換しているのを見られて
「何を悪いことしただ?」と尋ねられる。


さとこさん、これが田舎ってもんだ。


田舎は暮らしにくい。

田舎は嫌だ。


奥さんも娘も、うるさいばかりでつまらん。

奥さんには姉という相談役がいるが
わしには誰もいない。

わしは孤独だ。


社会的には孤立していないんだけど、
自分から孤独を拾い集めてしまうタイプなんですよね。




はてるま父母は誕生日が同じ夫婦で

今年は

義父は満年齢で喜寿、
義母は数え年で喜寿。


さとこは、前日にお祝いに帰るつもりだったけど、
義母が「今度の通院日の4月3日でいいぞ」って言ってくれたから、

お祝いがだいぶん先になってしまいましたね。


今日、火曜日のケーキは、どーんとでっかいヤツをいきましょうっ。


誕生日当日の金曜日は、とおるちゃんの妹の端井一家から誕生祝いをしてもらい、


日曜日には孫のいじゃー君一家もタイヤ交換しにやってきて
またお祝いしてもらって


今日は3回目のお誕生祝いですのよ。


はてるま父、甥一家が来ている時に自動症の発作が起きて

自分のお皿のイチゴショートを手で握りつぶしたらしいです。


義父、しばらくして気づいてビックリ

義母に「じーさんがしたんでしょうが」って言われても

わしゃ知らんぞって


まあ、そんなやりとりのあと、美味しくいただいちゃったからいいんですけど

熱いカップラーメンとかじゃなくてよかったよ。


ホントは一泊旅行とか連れて行ってあげたい。

でも、
トイレやお風呂での義父の発作が心配だから

そんなときに対応してくれる男性が一緒じゃないと、
ちょっと無理だなあ。




義父お気に入りのケーキ屋さんは、年中お花がいっぱい。

あちこちにクリスマスローズ

義父が写しました義父にスマホを渡して撮って貰った写真。


今日は夫婦揃ってフルーツタルトとグリーンティーフロートです。

仲良く同じセット


義母お誕生日おめでとう 義父お誕生日おめでとう


さとこは、二口ぐらいいただいた後で義父母に分けやすいように
でっかいイチゴタルト。

イチゴタルト


義母ったら、今回もまたさとこの里の母に電話で
「さとこはわたしらと居るときは大きいケーキもペロッと全部食べるんですよ」なんて嘘ついたらしい。

母をからかうの、ほんと、やめてほしいんっすけど。




更に、今日は義妹のお誕生日でもあるので、
バースデープレートとろうそくをつけた小ぶりのホールケーキも買いました。


ちょっとグレードのお高げなお寿司やらなんやらを買って、

夜勤明けで寝ている義妹宅にケーキとお寿司を届けて


義父母とさとこは
とおるちゃんの居る仏間で、何次会めかのお誕生会です。


ふたりとも、いつでも沢山食べれる元気なお年寄りさんになってね。




山桜があちこちに散らばっている、はてるまの部落の回りのお山。

山桜


はてるまのおうちのすぐ川向こうでは
平成30年完成予定の道路工事が行われているのですが

トンネル工事


義母が
「さと、そろそろハッパだぞ。ビックリすんなよ」って

合図と秒読みアナウンスのあと


ドーン って

ひゃああああ((((;´・ω・`)))


教えてもらってなかったら
絶対地震だと思うわ、これ。


いやもう、こんなおっきな音が
一日3回するんだそうで


はてるまのおうちは工事現場よりも高いから
よく響くんだそうです。


トンネル工事3


いやー、義父、こんな経験してるなんて

十分刺激的だと思うけどなあ、田舎。




はてるま母手作りのふきのとう味噌をもらったから
その足で里の母に届けた、

帰り道の風景。

さくららら1

さくららら3

さくららら4

誰もすれ違わない、静かな夕暮れでした。

関連記事
[2018/04/04 04:48] | ・主な登場人物紹介 | page top
さとこの周りの人々の3月は。
例の「暑ーい!寒ーい!」のホットフラッシュ、
一過性のものなのか、
ここ数日は収まっております。


半蔵さんが今月いっぱいで今のお店を引き上げるんだそうで
毎日、荷物の移動で大わらわです。


お邪魔する度にガラーンと広々してきて

とおるちゃんとの思い出の場所が
またひとつ減っちゃうと思うと、
なんか、たまらない。

お引っ越しご本人の寂しさとは比較にならないんでしょうけれど。




ぱにーニィのお仕事が一段落してひと安心ですが
今後、税理のお仕事どうなるんだろう。


S県M市税理士先生のお宅のパソコンのシステムサポート期間がそろそろ終了で、
更新しても無駄になるから、

今後は、ネギ社社長がやってる税理士事務所とかに移行になるのかなあ。


S県M市税理士先生はと言いますと、
リハビリ病院を退院し、そのまま住宅型有料老人ホームに入居されました。


お住まいが決まってひと安心。


と思ったら。


面会に行ったら、お部屋がもぬけの殻で。


わずか2週間足らずで
なんと、また入院されたらしい。


ぱにーニィから様子を聞くに、
脳梗塞っぽいですよ。


対処が早かったから命に係る状態ではなさそうですが

おうちに独り居られるときでなくて良かったと、

つくづく思うぱにーニィとさとこでありました。




ぱにーニィ、お客様からチョコレートをもらう。

チョコレートとか


ぱにーニィ、お客様から十割蕎麦をもらう。

短そば 釜揚げ
その日にいただかないと、溶けて短くなっちゃいますのね。
溺れているみたいに見えますが、美味しかったデス。



ぱにーニィ、お客様からお魚をもらう。

お魚3種


このお魚がまた、すごい量で

保冷ボックスの中には、
アジ6匹、ホウボウ3匹、ツバス1匹が
しっぽをピン!と正した姿で入ってました。


あじくん6匹
あじくん、全員塩焼き。


ホウボウなんて、買ったことないから、
どうやっていただきましょうか。


ぱにーニィのリクエスト、やっぱり塩焼き。

ホウボウ塩焼き


さとこ希望で、1匹はマース煮に。

ホウボウまーす煮

ホウボウを焼いてから、
泡盛と塩と、野菜室にあったいろいろを入れて蒸し煮にしました。


さとこは疲れていて眠りながら作ったみたいで
記憶が定かでないんですが(写真を見てなんとなく思い出した次第であります)


ぱにーニィの話では塩焼きもマース煮も、すごくおいしかったらしく、
良かったデス。



さて、ツバスは。


当然お刺身ですが、
ごめんなさい、あまりにも無残な切り方で

お刺身というにはおこがましい、『生ツバスの切り身』というお料理になりました。

ツバス切り身

いいもん!こんな姿でも美味しかったんだもん!ヽ(`Д´)ノ


アラはアラ汁にするつもりで厚めに身を残してましたが、

気が変わって、
皮と一緒に、オーブントースターでさっくり焼きました。


食べられそうな内臓はレンジで煮付けに。

ツバスあら塩焼き キモ煮付け


副菜も海の幸です。


めかぶはさっと茹でて酢味噌和え。
アカモクは生醤油でゴハンにかけて。

メカブは酢味噌で アカモク


キャベツと春菊のしおっぺ炒め。

副菜のキャベツしおっぺ炒め

ぱにーニィ、この『しおっぺ炒め』も大好きで、

枕ぐらいのサイズの業務用しおっぺを買ってきやがりましたよ。


なんぼなんでも買いすぎだろう。




独居と言えば、さとこの里の母。
こちらはどうしているかと申しますと。


お彼岸に会ったとき、教会と住まいを繋ぐ渡り廊下から落ちたと言っていました。


なんで落ちたん?と聞くと

「わからん。年寄りは足がクタクタするけんな~」だって。


その段差からは、もう3回以上落っこちてるんで、

兄もさとこも、なんとかしたいんだけど


母は、「いつまでこの家に居られるかわからんのに、直しても無駄」と乗り気でない。

出入りの大工さんに相談しても、
直す方法がないと断られたんだそうな。


里の母の夢は、

トイレがウオッシュレットになってて

グランドピアノがあって

でっかい石がある日本庭園なお庭の
おうちに住むこと。


申し訳ないが

どうあがいても
その夢、さとこにはかなえてあげること、できません。


すまんね。

関連記事
[2018/03/27 04:01] | ・主な登場人物紹介 | page top
さとこは今、燃えている。そして、写真一挙放出。
その日はとつぜんやってきました。


「暑ーっ!」

さとこ、背中にストーブを背負っているように熱くなってフリースを脱いだ。


ふう。


その数分後、

さ、寒いよー。ガタガタぶるぶる。


さっき脱いだフリースを着込んで
急いでヒーターをつける。


ホッとしてウトウト眠くなったら、また汗が噴き出てきて
慌てて裏返しに脱ごうとするので

袖が手首で引っかかってもがくうちに
頭と首と背中を汗が流れる。


目まぐるしく訪れる暑さと寒さ、

これって、例のヤツ

 『✨更年期障害✨』 でしょう?


手足の指先は冷たいのに
首と背中が火で炙られているよう。


真冬のいでたちのぱにーニィの隣で

薄手のTシャツ一枚で震えながら
首筋に張り付く髪の毛を手拭いでぬぐっているさとこであります。


一日に何回も着替えるので
洗濯物が、スポーツの部活動やってる男子生徒のご家庭みたいな量にふくれあがっております。


背中が焼けるようでブラジャーもつけられませんよ!


いつだったか、
エステ店のきれいなおねいさんが、

「胸がないからって安心しちゃだめなんです。
無くても垂れるから、きちんとブラジャーはつけないと」、って話しておられたけど。


えー。

ないものを更になくするなんて

神様はどこまで残酷なのかしら。




髪もね、
いよいよ細くなってまいりました。


沖縄物産展で「髪にハリと潤いを与えます」って勧められた、もずくと月桃のヘアローションを使ってみたら

すべすべになりすぎて

髪を束ねてもすぐにほどけて不便なので、使うのをやめた。


これは剛毛で悩んでいる人対応の製品だわ。


こんなに貧相な髪なのに、
頭からも汗の粒がにじみ出て

抜け落ちていく一層のわびしさを噛みしめております。





ぱにーニィも、税理士のネギ社社長も

確定申告締め切り間近でめちゃめちゃ忙しいので
3月はおネギの仕事まで回せないようです。


以下、老化の一途をたどるさとこの
お彼岸までのスケジュール覚え書き。


さとこは、目も悪くなって

カレンダーの日にちを読み間違えて
3月3日の旧十六日祭(ジュールクニチー)を3月2日だと思って

終わってから気づいて大失敗。


ジュールクニチーは沖縄ではグソーのお正月なんです。
じゅーるくにちー


1日早かったけど
はてるまの仏壇にごちそうをたくさんお供えし

2018年じゅーるくにちー

2018年じゅーるくにちー記念撮影

義父母、姪のてぃーだちゃんとも一緒に食事して

お墓に行って、とおるちゃんにお金を沢山送りました。
送金タイムお金を送る母


3月2日の夜は沖縄バンド仲間と新年会。

2018年新年会しゅわしゅわな日本酒

楽しい時間が過ごせました。



3月3日。

自治会の年度末打ち上げ。
自治会お食事会自治会お食事会2

ジュールクニチー、今日だってわかってたら出席できなかったから
間違えてよかったってことにしておいてね、とおるちゃん。



3月4日。

お世話になっている沖縄料理店で
『三線の日イベント』のライブに参加させていただきました。

三線の日ライブ沖縄料理店集い

一致団結



3月11日。
黙祷

東北震災復興支援チャリティーLIVEに行きました。
チャリティーライブ


ぱにーニィは、バンド活動の中で震災の歌を歌っているので
出演するよう誘っていただいたのですが

忙しすぎて練習できないから

当日、売り上げ協力としての参加。
復興支援ライブドリンク売り上げの一部が支援金へ


一人1000円の募金、LIVEでの売り上げ金・ドリンク売上げの一部を支援金として
東北へ届けている、10年計画のライブなんだそうです。


主催者さんは
「自分は、難しい事や暗くなる事、真面目な活動は苦手なので
自分なりのやり方ですが、
みんなで集まり思い出し、もう一度考え、
後は楽しんだ分を届けさせて下さい」だって。

こういう考え、良いと思う。



3月13日。

はてるま父の通院+はてるまの買い出し日。


今の時期はお野菜あんまりないんだけど、
今年最後になるプチヴェールをいっぱい収穫しましたです。

育て上手な義母

ケールと芽キャベツの交配種、プチヴェール。

昨年、初めて苗が発売されたので
予約して購入しました。


義母、初めてのお野菜でも、育てるの上手だな~。

プチヴェ―ル収穫切った上にどんどんできてくる

葉っぱを摘み取ると、どんどん育って上に芽がまたついてくるみたいですね。


3月14日。

里の母にお彼岸の予定を聞きついでに様子を見に行きました。

プチヴェールもお裾分け。
プチヴェール

これ、甘くてほの苦くて、母も大喜び。


苗は里にも持って行っていたのですが、

はてるまの黒土と違い、
里の砂地では、全く違う植物のようにしか育たなかったようですね。



翌3月15日。

母と二人で、S県I市にある祖母実家のお墓掃除に行ってまいりました。


天候が悪化する予報だったけど
お掃除の間は雨はほとんど降らないから、
いつも安心してお参りできます。


ぱにーニィは怒涛の確定申告が終わりましたよ。

ステーキで慰労会。

お疲れさまのステーキ

スイドウシの冷凍はこれで最後。
春菊の太い部分と白菜の煮びたし。
副菜の煮びたし温野菜
プチヴェールは、レンチンしただけの温野菜がいちばん美味しいです。


ぱにーニィ、ほんと、お疲れさま!!



3月17日。

義母のお姉さんの御主人がデイサービスで留守になる日だったので、

彼岸の入りには一日早いけど
はてるま母姉妹の実家のお墓掃除&お彼岸準備の日となりました。



3月18日。

空き家になっているぱにーニィんちへ。

草がまだ育ちきっていないうちに、除草剤を撒きに行きました。


今年は、いつも以上猪が多いみたいで、あちこちに柵が。


ぱにーニィが
「あれは、猪が川に落ちないように壁を作ってあげているの?」なんて
たわけたことを申しておりましたが。

猪対策


檻も方々に設置してありました。

あんなに丸見えなのに捕まるんだねえ。
いたるところに設置猪の罠


帰り道で立ち寄ったショッピングセンターのイベントブースで
こんなん発見しましたよ!

瓦そば

山口在住のブロガーさんのソウルフード、瓦そばです!


マズそうに写してしまってごめんなさい。


食べてみたいけど高いよなーと遠目に眺めていたら、

1000円の瓦そば、三つ残っていたのが800円になっていて

買い物を終えて

まだあったら買おうと心に決めてブースに向かったら

なななんと、
残りはふたつ、しかも500円になっている。

小走りに直進し、即買いしましたっ


帰って、早速試食会。


レンジで温めます。


炒めた茶そばの上に載っている、レモンともみじおろしを、別添えのおつゆに混ぜます。

んで、お蕎麦とトッピングを混ぜ合わせて
おつゆにつけていただくのですが


甘辛く炒めた牛肉がバッチシでした!


ラーメンと天下一品が違うように
蕎麦と瓦そばも全くの別物でした。


瓦そば、さとこ、好きです!!


そして、3月21日。
お彼岸中日。

里の教会にて霊祭と信奉者総会に参加いたしましたが
あまりの大荒れで、父と祖母のお墓参りは断念。

お天気いい日に行くからごめんなさいね。


夕方は、
イベント出演にむけて、沖縄バンドの練習。

れんしゅー1れんしゅー2


こんな感じで、
震えながら燃えるおばァ、さとこの

3月前半は終わりました。

関連記事
[2018/03/22 23:49] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
蕪の事とか、風の事とか。
最近のごはん。


九州の地鶏さんぶつ切りが半額だったから

豪勢に地鶏ステーキ。

バルサミコ酢をかけるつもりでしたが
塩コショウだけで十分美味しゅうございました。

九州の地鶏さん半額 


お盆用のアスターの種を買いに行った園芸店のワゴンで
一束98円の春菊を発見。

はてるま母が採ってきてくれたスイドウシ(アミタケ)と一緒に
お味噌汁にしていただきましょう。

スイドウシと春菊のお味噌汁


ぱにーニィは、蕪が大好きで

葉っぱの部分を煮びたしにして持っていくと、大喜びなさいます。

蕪の葉煮びたし 


蕪、丸い根の部分も新鮮であるに越したことはないのでしょうが


実は最近、

しなびた蕪に美味しさを見出しまして。

蕪のおつゆ 干し蕪のお味噌汁

しわしわになってしまって捨てるつもりだった蕪を、試しにお味噌汁にしてみたら、

甘味ととろみが増していて、
実に美味しいのです。


ぱにーニィったら、わざわざまとめ買いしてベランダに干してるらしいですよ。


もしかして、干し大根みたいに
栄養価もアップしてるのかな。


あと、意外にヒットだったのが
蕪入り蕎麦。

蕪蕎麦

薄味のそばつゆで蕪を煮て、蕎麦を入れるだけですが

カブ出汁最高!


この組み合わせ、
さとこ、マイブームです。✨




少し前、3月1日のことですが。


この日は、玄関のドアを開けたら閉まらないぐらいのモーレツな西風で

暴風とトラクター


おとなりの工事現場のクレーンのワイヤーロープがゆっさゆっさ。

車ごと転倒しちゃうんじゃないか?ゆらゆら。


翌日がはてるまに帰る予定日なので、
買い出しに行かなくちゃと


途中、実母の様子を見に里に寄ったら

「これから市役所に出かけるにー」などとのたまう、脳天気な母。


いやいや。


ドアが開いた勢いで、転んだらどうする。

突風で突然ドアが閉まり、指や首が吹っ飛んだらどうする。

走行中、風に煽られた自転車や歩行者が倒れ込んできたらどうする。

駐車場で、隣の車なり人なりを、母号のドアが直撃したらどうする。

駐車場と市役所を往復する間に転倒してパンツが見えてしまったらどうする。


発生しうる交通災害事例をあれこれ挙げて
頼むから今日はやめてくれと引き留めるさとこに対し


あら、そげなかね~、なんて

里の母、至ってノンビリ口調。


馬耳東風とは こういう状態を言うのでしょうか。


無駄な説得は切り上げて、
さとこはさっさと目的のお店に向ったものの。


走行中は、

砂つぶがアラレみたいに打ち付けるわ、

風に煽られてハンドルを取られるわ


やっと駐車場に着いても

今度は車のドアが開かなくて


ようやく歩き出しては
またしゃがんで突風をやり過ごすわで


さとこが買物してる間に
軽バンさとこ号、どっか転がっていっちゃうんじゃないか?


飛来物でフロントガラスが割れるってことも考えられるし。


そう思ったちょうどその時、

駐輪場のスクーターが倒れて、


前カゴに入っていた手袋やタオルが
次々に空高く舞い上がって視界から消えた。


え、え、えらいこっちゃ。 (゚△゚;ノ)ノ


ヘルメットも転がリ始め、次第に回転速度が増していく。


風に足を掬われそうになりながら追っかけて捕獲し、

倒れたスクーターのハンドルの下に挟み込んだ。


スクーターの持ち主さん、早く戻って来ーい。




もう立ってなんかいられません。


風が弱まるスキを狙って、軽バンさとこ号に退散です。


買い出しは諦めました。

風に負けたさとこ。


ホントはね、海沿いのこのお店までわざわざやってきたのは、

太巻き こんな太巻きが売っているから。


でっかくて甘い玉子焼きと、しょっぱいしそ昆布がちょこっと入って
米粒量を卵量が上回っております。


美味しそうなのかまずそうなのか、判断に悩むバランスの悪さが
インパクト大で

すごーく美味しいわけではないのに
発見すると買わずにいられない魔力があるんですのよ。


今度食べられるの、いつかなあ。




さとこは無事に
とおるちゃんとさとこの巣に生還。


里の母大丈夫かなとメール打ちかけてたら、
母の方から着信がありましたよ。


おー、母。
生きておったか。


里の母 「ちょっとォ、あんた、無事に帰った?んまー、スゴイ風ってほんとだったねえ」


でしょでしょ~。


市役所での用事を済ませ、これから帰るそうな。


HK社工事現場のクレーン車も、作業を中止したのか、
ブームを畳んで地面に寝かせてありましたよ。




この日は
沖縄では地震、


日本各地で4月・5月並の最高気温、


北日本は大雪や猛吹雪で

北海道なんか、生命が危険にさらされるほどだったそうですね。


危険を乗り越えられた皆さま、ご無事で何よりでございます。(*・`ω´・)ゞ

関連記事
[2018/03/13 04:42] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
今日は前向きなさとこなのです。
故とおるちゃんの物を無理に減らさなくてもいいのかもと思ったら、

新しくまた、とおるちゃんが喜びそうなものをゲットしちゃうようになりました。


とおるちゃんの大好きな3色団子を買いに行ったお店で


Qoo4本に一個、こんなマグカップがついてくるってキャンペーンを見つけたもんで
必要ないのにもらっちゃったよ。

夫が好きなものばかり


季節限定のQoo、もも味バージョン。

キャップと柄を見比べ、悩み抜いての4本を厳選。

桃の節句バージョン


かつて、Qooに夢中になっていた、団地住まいの頃には

全種類のボトルや、全種類の段ボール箱、
マークを切り取って送る全員プレゼントやら、オークション落札やら


2人の生活の中心にQooグッズの収集があって


もう、寝る場所もないぐらいになって

今の巣に引っ越すときに、段ボール十数個分とお別れしたんですよ。


キャンペーングッズ、生活に困ったら売ろうと思ってたけど、
一回、涙ながらに持ってってみたら

一山10円とかで、愕然としましたね。




今回の「桃の節Qooだよ!」キャンペーン、

4種類あったけど、1個だけ♪

クーカップ


ちょっと前のキャンペーンのお盆も

4種類あったけど、お供え用に2枚だけ♪

トレイ





合掌すると心が落ち着くってこと、

忘れてたけど、最近また思い出して

とおるちゃんに向かってお話するときは
意識して手を合わせるようにしています。


そして、また雨マジックが復活したので、
とおるちゃんを近くに感じられます。


雨マジックとは、

さとこに都合が悪い一時だけ雨が上がることに対し
ぱにーニィが名付けた現象のこと。


車のドアから玄関まで、
とおるちゃんのお供えを運ぶ一瞬とか

ライブの日、機材を搬入する間とか

旅行先での移動時とか

グソー(あの世)のお金を、お墓で燃やして送金するときとか。


故とおるちゃんが側に居てくれるって感じる瞬間ですね。

へへへ。




とおるちゃんが喜びそうなことを思いついて一旦始めると

継続しないと、とおるちゃんの心が離れてしまう気がして

決めごとが増える一方になっていたけど


お仕事とか音楽とかの予定が入って来たり

blogのいろんな方々の考え方や生き方に感化されるに伴い


規模縮小や、新しい発想への切り替えができるようになりました。




いい奥さんでなかったさとこ。


とおるちゃんと共に歩む人生が、いちばん大切と分っていながら


だんだん仕事でイッパイイッパイになって、
おそうじも料理もほったらかしだったことを


とおるちゃんの事故以来

刺すような苦しみで後悔し、


毎日が
切って、叩いて、喚いて、
薬とお酒に頼って気を失う日々。


とおるちゃんの思い出のいろんなことに執着して
ひとかけらも忘れまいと必死だった日々。


やー。あんなことこんなこと、あったねえ。


記憶が次第に曖昧に融け合い

気づいてみたら、だんだん『忘れていくことの恐怖』を忘れたみたいです。


そして

あきらめの緩やかな寂しさを 静かに受け止めている自分に気づきます。


ははあ。

これが
さとこには絶対に到達できないと思っていた

『キューブラー・ロス 喪失の5段階説』の5段階目、『受容』ってやつですね!(→悲嘆のケアのお話




巣にいるときは、
ただ、とおるちゃんの生身の姿が見えないだけで、一緒にいる気分になっていられるけど、


はてるまに帰れば、

年中行事の度に、
家族と顔を合わす度に、
知人と出会う度に、

とおるちゃんは故人であることを目の前に突き付けられて


でも、とおるちゃん七回忌法要が終わって

7年目の命日も過ぎたあたりから

すこしずつ己に変化が生じておる自覚がございます。


クラゲ イルカさん ペンギン 
(ぴよ子さんからの水族館お土産の塩ゼリー。
クラゲもイルカもペンギンも美味しかったデス。)





とおるちゃんとさとこの巣も、

仕事の道具が増えたために、
事務所兼倉庫になっちゃってるし


とおるちゃんが中心の一日ではなくなってきていること、後ろめたく思わなくても

とおるちゃんはきっと
変化を受け止めてくれているに違いない、なんてね。


おおっ。
自分に都合良く考えられるようになってきているでございますよ。




今 在るものを失うことに対する不安と恐怖が大きすぎて

出会った時点で、早くも別れを想像してしまう、
暴走飛躍型思考のさとこ。


次々に起こる悪い出来事は

さとこが負のオーラを撒き散らして、周囲を巻き込んでいるからに違いないって思って

人と関わること自体が恐くて


超能力者じゃあるまいし、
そんな影響力持ってるわけがないんですけどね。


不安や恐怖に支配される緩い波はあっても

振り返ってみると、

今日は昨日より大丈夫な気がするっ。




取り越し苦労をしようがしまいが
どうせ困った事態が起こるなら

なんやかんやと心配する必要はない 。


そして、ふっとね、

誰からも期待なんかされてないということに 気づけたのです。


とりあえず、今日だけ生きればいいやと割り切ったとたんに
炭酸水の泡がはじけるように

心の痛みが融けたのです。


期待に応えなくていいなら
できないことを克服する必要もない。


だったら、
できるようになったことを数えよう!


買い物ができなくて宅配ピザしか頼めなかった時期があったのに
今は、条件付きだけど一人でもお店に行ける。


自動ドアも怖い気持ちはあるけど
固まって動けなくなることはあんまりない。


ぐーすか寝れるし
ばかすか食べるし
グイグイ飲むし

テレビも見れる。

友人と会っておしゃべりも楽しめる。


えっへん。<(`^´)> って

鼻高々でぱにーニィにそう言ったら


ぱにーニィが 「油断させようったって、ワンは騙されないからね!」


さとこ、なんだかんだと騒動を起こしては
端から忘れてしまってるだけのようですね。


こりゃどうもすんません。
関連記事
[2018/03/12 04:40] | ・キヅキ | page top
処分の必要性。
久しぶりに空気が澄んでいて
さとこ号、窓を開けて走りました。

曲弦式6連ワーレントラス橋


とおるちゃんとさとこの巣は
三棟20軒、『うふあがり不動産』が管理するアパートです。

巣

築9年。

新築で入居し
一年後にとおるちゃん他界。


シュノーケリンググッズが仲良く干されていたベランダには

代わりに
ハンダマやらモロヘイヤやらのお野菜のプランターと鉢が並ぶようになり

ハンダマの赤ちゃん ハンダマ大収穫
(挿し木でどんどん増えてくれた、頑張り屋さんなハンダマ)


ハウスクリーニング用品と、農作業関係品は
ワイドストッカーに収納して

駐車スペース奥にひとつと、
ベランダ横の、エアコン室外機と壁の凹みに2段を置いていました。


さとこ死後、家族に迷惑がかからないようにと

かつて、自分の荷物を減らそうと一旦は整理していたのですが

お仕事が多分野になっちゃって、
必要な道具がどんどん増える一方なのです。




とおるちゃんとさとこの巣の隣の、HK社の工事が始まってまもなくの、ある日。

3月5日

3月1日

ハウスクリーニングのボスからお電話があり

「はてるまさんとこのアパート、不燃物がいっぱい置いてあるのご存じですか?

苦情が出て、
共用部分に置いてあるものにはすべて
1カ月以内に撤去を要請の付箋が貼られました。

はてるまさんのワイドストッカーにも貼ってあるはずなんで
申し訳ないけど、よろしくお願いします」


ほんとだ。貼ってある。


そーなのかー。




確かに、うちのアパート、最近、目に余る状態でした。


駐車場には、中にごみが詰めてある、パンクした車が置きっぱなしだし

錆びたバーベキューセットとか
でっかい造花の観賞植物がフェンスの下に植木鉢ごと寝かせてあったり


引っ越す際に放棄されたものなのか、置いてあるだけなのかわからん雑多な品々が
敷地のあちこちに転がっているのです。


建物管理会社のお掃除スタッフも、個人の所有物には触れないし

たぶん、住民さんから出たらしい苦情を機として、
一掃しようと思ったらしい。


それにしても、駐車場は個々で借りているのに
駐車スペースのタイヤ止めより奥側に
タイヤとか置くのもダメだとは、知らんかったです。




アパート敷地の一番奥に
半畳スペースのロッカーが並んでるけど


反対がわ端っこに住んでいるさとこがたどり着くには
二棟11軒の玄関前を通らなければならず


砂利が敷き詰めてあって

ロッカーのすぐ隣は端っこのお宅のトイレかお風呂っぽいから
足音にビックリされるだろうし

開け閉めの度にスチールがべこんべこん鳴ってご近所迷惑そうで
頻繁に活用はできませんが


そこにもイロイロ入れてます。


コレクターとおるちゃんが集めまくった使えるものや新品は、
早いうちに友人や家族に引き取ってもらったけど


使い道がなさそうなオンボロも
さとこにとってはとおるちゃんの大切な思い出。

捨てられずにしまい込んであるもの、無数です。


 夏用タイヤやオイル缶、いくつものコンテナに使いかけのカー用品。

 水タンクやクーラーボックスなどのかさばる災害時用グッズ。

 ショベル類、高枝切りハサミ、雪かきスコップ。

 腐食してジッパーが開かない釣り道具やアウトドア用品。




まずはベランダの温室を解体し
植物たちは、さとこの里の庭にゴッソリお引越し。


配達員さんの目印にしていた玄関先のグリーンも撤去しました。


続いて

ワイドストッカー3個分の仕事道具を
ベランダと屋内に運び入れるために

とおるちゃんの思い出を
思い切って整理しましたよ。


 とおるちゃんが大好きなブルーのガラス瓶どっさり。
 
 旅行した時の記念の日付がついている品。

 結婚祝い・誕生日なんかにいただいたものの、空き箱やリボンや包装紙。

 とおるちゃんが浜辺で昼寝するのに持っていってた、折り畳みサマーベッド。

 とおるちゃんが使っていた、車3台分+バイク+自転車のメンテナンス品。




とおるちゃんが生きている時

さとこはとおるちゃんの一部で
二人でひとつなんだと思ってました。


そして今は
とおるちゃんはさとこの周りに満ちているに違いなくて

ってことは
思い出の品なんてなくたっていいはずなんです。


そんな風に思い込もうとしてみても

8年経っても、やっぱりいまだにひとつだって捨てたくなんかない、
未練タラタラのさとこなのでした。


でも、いまの時代、
特殊清掃業者さんのサービスが普及して

遺品の処分も全部お任せできるから


ってことは
委託の費用だけ残しておけば

とおるちゃんとの思い出、無理に片付けなくても
さとこが死ぬまで持っててもいいのかも!なーんて思いついたら


なんて素敵


ふっと気が楽になりました。


特殊清掃費用をガッツリ稼ぐために
一生懸命働きますから

大家さん、さとこ関係者の方々、安心してね♪




お片づけして
大幅に置き場が変わったので


何を処分したのか
どこに何をしまったのか、
もともと何を持っているのか


片っ端から忘れているさとこ。


今日も引き出しを開けて

おおっ
とおるちゃん、こんなものが入ってるよ!


てな繰り返しで

毎日が驚きと興奮の連続であります。
関連記事
[2018/03/10 04:25] | ・明日のために、その壱。 | page top
告別式に挑んだときのこと。
もうすぐお彼岸が来ます。

秋のお彼岸からこっち、
いくつも別れがあり


さとこの雇用主様の奥様であり、とおるちゃんの雇用主であるK理事長も
昨年11月、身罷られてしまいました。


雇用主さまご夫妻には
言い尽くせぬ恩があるさとこ。




とおるちゃんの事故後まもなくのことです。

深夜、ほろ酔いで足取りもおぼつかない状態で帰宅される雇用主さまと、偶然すれ違ったところ

暗闇のなかのさとこの顔をみて

「おお、はてるまか。
わしゃ、お前の為ならなんでもやっちゃるぞ。遠慮なく言ってこいよ」とおっしゃったのです。


自分とこの従業員、700人もいるのに、
ひとりずつの顔と名前を覚えておられるなんて。


そして、奥様のK理事長は、

とおるちゃんの通夜と告別式だけでなく

初盆にまで、はてるまの墓にお花を手向けにきてくださいました。


スタッフの初盆に直々に足を運ぶ大会社の社長がいるでしょうか。
しかも、こんな山奥まで、はるばる!


さとこは、この情に厚い方々の下で働かせていただけたことを、どれだけ誇りに思っていることか。

とおるちゃんも幸せだと思うなあ。




2013年に雇用主さまが亡くなられたときは
訃報を聞いてご自宅前まで飛んでったものの、

どうしていいやら途方に暮れてウロウロしてたら


ご家族に見つかってどーぞ入って入って、って言っていただいちゃって

安らかなお顔とお別れすることができたけど


このたびのK理事長の場合は
さとこ、退職してから七年も経つし


納棺からお通夜までの間には
ご挨拶する時間がいただけたんだろうと思うのですが

出棺の時も、
法人を一巡されるので
お見送りに参加できるかもと思うのですが


すっごく悩んだ挙句、諦めました。


おネギの出荷がピークで、先輩方は過労で満身創痍。

さとこなんかが二日間連休をもらうわけにはいかない。


告別式の日だけ、半日お休みをもらえないかお願いしたら

社長さんが
「早朝5時から12時まではどう?」って丸1日の勤務にして下さって。

すっごくラッキー(゚∀゚)


フレックスタイム制にもできるなんて
なんて恵まれたお仕事環境なんでしょう。


告別式は14時からだったから
帰ってお風呂に入る時間もありましたよ。




K理事長は社葬なので
かなり大きなお式になるはずで

案の定、葬祭会館から少し離れた造成地に
臨時駐車場が準備してありました。


一旦そこに入って様子を伺っていると

どうやらシャトルバスが送迎してくれるみたいです。


でも、BMとかアウディとかハスラーとか
そんな高級っぽい車がじゃんじゃん押し寄せてきて

みるみるうちに臨時駐車場はいっぱい。


もしかして、お医者さんとか議員さんとかばっかりじゃないんですか?


軽バンさとこ号はいかにも場違いなのですが
奥に停めちゃったもんだから閉じ込められて


でも、お偉いさんばっかりのマイクロバスなんか
恐れ多くて乗れないし


葬祭会館までの国道も、駐車場に入ろうとする車が数珠つなぎ状態で

とってもじゃないけど足がすくんで歩けない。


ぱにーニィ、ぱにーニィ、SOS!SOS!


下手の車道に出て、信号機の生け垣に隠れてたら

ぱにーニィのラスカル2号が、すぐに拾いに来てくれました。


お昼ご飯を食べに行こうとして、
ちょうど近くを走っていてくれた模様です。


ぱにーニィ、ほんとにありがとーっ




会館付近の交差点も
交通整理のスタッフが沢山おられるけど、


丁度、バイパスからの降り口の複雑な側道と交差する地点でもあるため

付近は、全く車が動かない状態。


通行の邪魔にならないところで降ろしてもらって
無事に告別式に間に合いましたよ。


会場の外にはテントが張ってあり
参列カードを事前に書くコーナーが、六つぐらい作ってありました。


館内の受付も いくつも準備してある上に
念入りな配慮で、まったく混雑はなく

穏やかで静かな時間。


お手伝いに来ている職員の顔ぶれはずいぶん変わったようだけど

7年前から変わらない、懐かしい方々とも再会でき


いろいろな思い出がよみがえります。


さとこが心を病んでいることを知っている同僚が
ずっと隣にいさせてくれたので

式典の間中、写真コーナーの側に立って、
いろんな写真をゆっくり堪能することができましたよ。




告別式開始後も、やってくる参列者は後を絶たず

多分、1,000人はいないだろうけど

席が足りないどころか
式場に入りきれず、外に立っておられる方もあったのではないかな。


この分だと
車が停められなくて、たどり着けなかった人もいるに違いない。


さとこは
ぱにーニィが居てくれて、ホントに恵まれていましたね


喪主さんが挨拶の中で
「後ろで長時間立っておられる方々にも申し訳ありません」と

気が動転しているのが当たり前なのに、
さすが、上に立つ立場の人ってすごいなあと感心する。


さとこ、同い年なのにこんなことで情けない・泣


喪主さんの機転で
ご焼香は、後方、立っている人から順にということになって

さとこも、列に加わります。


会場の外に出ると
お花を受け取るテントが準備されていて

そばに臨時駐車場行きのマイクロバスが待機している。


おおっ!なんてタイミング


即座に始発のマイクロバスに乗り込み

次々に帰ってこられる人たちの津波に呑まれるまえに

間一髪で臨時駐車場から脱出できましたよ


混乱の中にあって

さとこは、全ての段取りが出来ていたようにスムーズに
お別れをすることができました




故雇用主さまの月命日の28日など、
思い出すとふらりとお墓参りすることにしているのですが


今度のお彼岸には
もうご夫妻仲良く、一緒に過ごしておられるのですね。


改めて、ゆっくりお礼を申し上げに伺いたいと思います。
関連記事
[2018/03/07 04:33] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
夢のような夢。もういっぺん見たいです。
雪ブロッコリ

雪が解けたあとのブロッコリー畑。
ブロッコリー終わり

半蔵さんが知り合いの中華料理屋に行こうというので

ぱにーニィと3人で出掛けた。


軍艦島みたいな鉄筋鉄骨コンクリート造りの高層アパートの一階にあるらしい。


お風呂場は別棟で共同。

配管がむき出しの個室がいくつかあり、
浴槽とドアのない、シャワーだけのブースもあった。


使用中にぶら下げる木の札の紐が細かくほぐれて
ちぎれそうになっているのが気になる。


トイレは見当たらないので、共同ではなさそうだ。


階段で、子供たちがしゃがんでチョークで落書きしたりよじ登ったりして遊んでる。


さとこたちの背中に、住人らしきおじいさんが 「ここは あんたら生きたもんが来るとこじゃない」 と言葉を投げた。


そっかぁ

ここは死んでる人達専用のアパートなんだね



***********************


中華料理屋さんは営業時間外だった。


裏口を探すが、

同じ玄関が並んでいるので
捜すのに手間取った。


半蔵さんが見つけ、さとこも続いて入る。


店内は薄暗い。

まずトイレをお借りしますね。


手を洗って出たら
半蔵さんとぱにーニィが
マスターとしゃべりながら注文を待ってくれていた。


半蔵さん 「ここの野菜ラーメンがな、野菜がいっぱい入っとってスッゲーうめえだじぇ」

じゃあさとこはそれにして、
食べきれないから半分手伝ってもらおうかな


マスターはヤクザさんで、半蔵さんの古くからの友人らしい。


奥の事務所に案内してもらうと

そこでは若い衆たちが共同生活をしながら規律を学んでいた。


ハキハキと礼儀正しく挨拶され
麦茶まで勧められて恐縮するさとこ。


たくさんのモップ類、コロコロカーペット、粗品用のティッシュボックスなどが積み重ねてあり
伝票が貼ってあった。


死んでからもリース業をされているらしい。


若い衆の一人が
覚えたてのリース品使用方法の裏技を手ほどきしてくれた。


へええなるほどスゴいですねと感心すると 子供のように誇らしげな表情


みんな純朴なひとたちばかりなんだなあ





おや?
奥にいるのは矢沢栄吉さんじゃないか。


矢沢さんも知り合いなのか。


応接セットに座って何やら準備に余念がない矢沢さん。


今夜は、みんなでライブするらしく
音源に合わせて音採りを始めてる


邪魔しないように眺めながら料理に手を伸ばしていると


死んでいたとおるちゃんが突然蘇った。


わあ夢みたーい


にごくん(とおるちゃんのあだ名)!お話しできる?なんか食べてみる?


ぱにーニィも勧める 「とおる、それ、スッゴい美味いんだぜ」


さとこのお箸でもいい?


とおるちゃんは、まだ血の気が通ってないから、青黒く透明感の無い顏をしている。


体の扱いに慣れなくて
手足を不自然にバタバタ振り回してたけど

少しずつ、自分の思うように関節も動かせるようになってきた。


お箸を上下逆さまに持ってるから持ち直させたら、

さとこを見て少しムッとした顔をしたけど

すぐにチャーハンに集中し、口に運ぼうとする


何年も胃袋に食べ物が入ってないんだから
ゆっくりゆっくりね


あ、こっちの素うどんのほうが、消化が良くていいんじゃないかな


疲れすぎないようにしてね

もうどこへも行かないでね


ぱにーニィや半蔵さん達がゆっくりお話しできるように
さとこ号でちょっと休んでいようか


とおるちゃんを支えながら駐車場にいくと

クマバチとスズメバチの群れが空中戦を展開中


さて困ったぞ
ハチさん達に気づかれないように
さとこ号までたどり着く方法、ないかなあ





場面は変わり。



でっかいお屋敷の管理を任されたさとこ。


屋敷中の様子がまだわからないうちに、とおるちゃんがグソー(あの世)から帰ってきた。


やったあ
ナイスタイミング

とおるちゃんも、こんなすてきなお屋敷で過ごせてうれしいでしょう


祖母とさとこのために里の母が買ってくれていた、ブルーベリーの濃縮健康ドリンクをとおるちゃんに飲ませたら、
えらく気に入ったみたいだから、2本とも渡す。


きみ、それ、グソー(あの世)に持ってっていいから毎日飲みなさいね。
それと、もう1本は、おばばに渡してくれる?


帰ってきてくれてありがとうね

今、お風呂のお湯を溜めるから、ゆっくりしなさい。


イヤ実はまだ使い方がわからんのだけどね

えっと、どうするんだっけ。


ボイラーの給水バルブを開け、湯張りのスイッチを入れる。


浴室は2つ。

大浴場のほうは、なんと大理石ですよ


滝のように広い打たせ湯と、岩に挟まれた細長くて浅い水路まである。


奥の壁全体がガラス貼りで、

キラキラ光るお湯が夕焼けで染まった。


ここのおうち、すごいねー。

ゆっくり帰ってこられるときは、お風呂、一緒に入ろうね。


で、今度はいつ帰れるの?




ここで目が覚めちゃったです。


うーん残念すぎる。

関連記事
[2018/03/01 04:36] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
初人間ドッグの結果と 最近の食卓。
ぱにーニィは、連日、確定申告のお仕事で


朝はすき屋で牛丼を食べてから出勤し

そのあとは、夜帰るまで、何も口にする暇がないらしいです。


お野菜が高いので、冷蔵庫スッキリ。

代わりに
冷凍庫の備蓄やレトルト調味料が
どんどん消費されつつあります。


さとこはゴハンを炊く係ですが

ぱにーニィは、麦ごはんのめかぶ梅しそまぜごはんが最近のマイブーム。

おネギと糸こんにゃくと揚げのすきやき風煮も、毎日でもいいらしい。

めかぶ麦ごはん 揚げと糸こんにゃくの日々


半蔵さんからいただいた信州土産のおやき。

半分を大事に残していたけど、
とうとう食卓へ。

お焼きパーティー

真ん中の丼は、黒麻婆豆腐の素と春雨です。


ぱにーニィは、食べたいと思ったら、即座に同じものを大量にストックする習慣。

そしてそのあと買ったことキレイサッパリ忘れてる。

穴掘っておもちゃを埋めるわんこタイプですね。


マーボー豆腐の素、各種取り揃えございますよ。


白マーボ。
メインの食材はやっぱり大量のおネギ。

マーボー豆腐に南瓜


マーボー春雨の素ってやつ
初めて使ってみましたが
味も色も、マーボー豆腐の素とはぜんぜん違うのね。

マーボー春雨ともやし シイタケステーキ 

お客様ん家に伺ったら
その場でホイホイ収穫してくださったというシイタケ。

めちゃめちゃ美味しかったです。


お肉と一緒にオーブントースターで焼いたのですが
「わたしこそが椎茸でございます」的な王者の存在感で、感動の香りと ぷりっぷり歯ごたえ。


ぱにーニィのお母さんが炊いた胡瓜の佃煮は
これで最後。
長い間楽しませていただきました。
納豆と湯葉と

大豆製品は、豆腐・揚げ・納豆・蒸し大豆を常備してますが

この日は、贅沢なことに半額の生湯葉が手に入り。

湯葉のお刺身

湯葉のお刺身、おいしおしたどすえ。




昨年12月、
ぱにーニィもさとこも
生まれて初めての人間ドッグを受けまして。


診察やレントゲン受けるのに何を着て行ったらいいのかとか

病院で手順間違えて迷子になったらどうしようとか

ビクビクしながら行きました。


何十人もの申込者がガウン姿で行ったり来たり。


受付が終わって更衣室で着替えた時点で

ぱにーニィとは待合室も離れ離れ。


泣きたいぐらい心細かったけど

段取りよく説明してくださる看護婦さんたちのおかげで
無事に終了しました。ホッ


さとこは大腸内視鏡検査は選択していませんでしたが

待合室でポスター見てたら

検査中に大腸ポリープが発見された場合は、
形態・大きさによってはそのまま手術しちゃうこともできるんですね。


ポスターのこのポリープの絵がカワイイので
とっちゃうのがかわいそうな気持ちになりました。

ポリープちゃん




さて、1カ月後に報告書が届きましたら

さとこ、チョー優秀な成績。
  ↓
優秀


腹囲71。

便潜血なし。

尿検査の蛋白陰性・糖濃度正常。
eGFR値正常。

腫瘍マーカー異常なし。

コレステロールは善玉多め、悪玉少なめ。

白血球数、基準値を下回るが問題なし。

胸部x-P異常なし。

心電図、ほぼ問題無し。


ダチョウの卵くらいの筋腫があるのが腹部エコーでバレたけど

もう若くないんだし、
ひどい貧血がないなら、受診や手術は本人次第ですって。


まあ、
筋腫取ればこのポッコリお腹も少しは凹むかもしれないけど


シートベルトしたりうつ伏せになると圧痛があるぐらいで

腰痛も生理痛も大量出血も
一時のもんだし

圧迫されて、便秘と頻尿で困ってるぐらいかなあ。


心配性のぱにーニィは全身麻酔はヤメテ~って泣きそうな顏になるし、

閉経すれば縮むから

生まれることがない赤ちゃんみたいなもんだと考えれば
愛着も湧いちゃって。


てなわけで

B判定項目も
「所見を認めますが一年後の再検査でよいと考えます」の指導コメントだけであります。


かつて、オブラートに塩化ナトリウムを包んで飲むなんて自暴自棄なこともしてたわりには

腎臓も心臓も強靭にできているようですね。


痛いのや苦しいのは
心のありようが大きいってことが

よっくわかりました。




一方、ぱにーニィは


腹囲81。

尿の糖濃度、陽性。

胆嚢にポリープあり。

肝臓に水が溜まってますよ。


さとこ同様、1年後の再検査でいいそうだけど、
それまでに生活改善しませんとっ。


さとこより早く死なれちゃ困るからね。


ある日のごはん、豚さんブロックの紅茶煮。

煮豚

コラッ。マヨネーズごはんなんか食べてる場合じゃないでしょう。
コラッ




ビックリだったのは
人間ドッグの日のお昼ごはんですよ。


1000円分のお食事券がついていて
診察終了後、提携したお食事処に行って、ランチをいただくのですが


こんな豪勢なの いただいてよろしいので?
人間ドッグごはん

しかも、ゴハンお代わり自由。


こんななら
毎年受けてもいいんじゃないか、人間ドッグ。




さとこは、あまりに物忘れがひどいので

脳の萎縮があるにちがいないと、
頭部CTをオプションでお願いしたのですが(MRIが満員で)

結果は…正常でした。


えーっ?

さとこ、このノーミソの状態で正常なの?

誠に残念であります。


仕方ないから
ガンバリマス

頑張って、毎日これ噛むことにします。

関連記事
[2018/02/25 14:22] | ・明日のために、その壱。 | page top
HK社の工事現場 盗撮日記、1月23日から1カ月間の中間報告。
とおるちゃんとさとこの巣の隣、HK社の工事現場。

1月23日3

右半分のビニールハウス棟が、着々と出来上がりつつあります。

1月23日2

雪の間は作業も中断してましたけど

1月26日

融けたら、もんのすごい速さで進み始めてますっ

1月30日


この日、1月31日は皆既月食で


月夜の工事現場を眺めたくて

月の出の17時過ぎから
ちょこちょこ出たり入ったりしてみましたが


厚い雲に遮られて
とうとう観られませんでした。




ここんとこ
ぱにーニィは確定申告のお仕事で
毎日遅くまで S県M市通い。


昨年11月15日に緊急入院された税理士先生は

今は、往復1時間以上かかる療養型の病院に移って
リハビリに励んでおられます。


インフルエンザ時期で、家族以外は面会禁止だから
さとこの存在は、
先生の記憶からは消し去られちゃってるんだろうなあ。


ぱにーニィが面会に行っても、

話は合わせておられるけど、怪しい時もあるんだって。


税理士事務所の今後については
息子さんが決められることなので


ぱにーニィは
事務所が開店休業なることも視野に入れながらお仕事中。


本当は
今回から手を離してしまいたい気持ちがあったんだけど


今までのお客様の大半は
このままぱにーニィに継続してほしいみたいで


押し切られた形で
お仕事受けてるみたいです。


でも、今年はいいこともあるみたい。


量が多くて
不備が多くて
まとめて締め切り直前に届く、みたいな

無茶ぶりなお仕事なのに無報酬などという

心が折れるようなお仕事がけっこうあったりして


それは、税理士先生が催促や請求をされないのも理由のひとつなんだけど


今回はぱにーニィが直接顧客さんとやりとりできるから

仕事もスムーズらしい。


3月15日の締め切りまで
あと何件かな。

早い段階で目途が立つといいねえ。





2月3日の工事現場。


今日は窓の目の前にダンプやブルドーザが居て

さとこは ひょおおおお\(◎ω◎)/てなって
毛布に丸まっていたのですが


お昼休憩もなしで1時過ぎまでガリガリやってるなと思ってたら

あらっ。急に静かになって。


なんだなんだ。


覗いてみたらなんと

突然、アスファルト舗装が出現していてビックリ。

2月3日

ほんの半日でできちゃうんですねー




最後のビニールハウスも、

2月16日

2月17日

もうすぐ外壁が完成しますよ。

2月17日2


2月21日。

6棟全部完成して安心したら


おおっとォ
今度は目の前が駐車場になってしまったので

2月21日


これからも もうしばらく

コソコソ盗撮する日々が続きそうですね。


この日は
霧雨が降ったり止んだりで


里山の温泉施設での知人のライブを観に行く予定でしたが

ぱにーニィの帰りが間に合わなくて

さとこが代表で運転して出掛けてまいりました。


ライブが終わって外に出てみたら、

予想外に暴風とみぞれが土砂降りで


街灯も民家もないので、全く道が見えない状態。


こんなときはっ
故とおるちゃん頼みです。


昨秋、沖縄に行ったときなんか、

ぱにーニィが、眼鏡を落したことに気づいて


その日はいろんなところに行った後で
どこで落としたか探しようがないけど

「とおる、無理だと思うが見つけてくれ~」って言いながらホテルの玄関を出たら

目の前の縁石の上に 「ホラよっ」 て置いてあって

それはもうビックリだったのです


そして今日も。
「とおるちゃん、今日、ぱにーニィ居なくて運転怖いからよろしくね」って言って5分も経たないうちに

みぞれがパタッと止んで


同時に、
さとこ号の中にカレーの匂いが。


とおるちゃん、カレー食べたいのかなと思いながら

ぱにーニィんちに報告によったら


なんと。カレー食べてるじゃないですか。


とおるちゃん、ぱにーニィのカレーをつまみ食いしてる最中に
さとこの救助に駆けつけてくれたん?


てことで、
翌々日の月命日お食事会は
ゆっくりカレーを食べてもらうことに決定した次第でございます。

 ビーフカレー唐揚げトッピングときのこサラダ


以上、
HK社工事現場と、ぱにーニィと、さとこ(と、とおるちゃん)の

1か月間の近況報告でした~。
関連記事
[2018/02/24 04:56] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>