HK社の工事現場 盗撮日記、1月23日から1カ月間の中間報告。
とおるちゃんとさとこの巣の隣、HK社の工事現場。

1月23日3

右半分のビニールハウス棟が、着々と出来上がりつつあります。

1月23日2

雪の間は作業も中断してましたけど

1月26日

融けたら、もんのすごい速さで進み始めてますっ

1月30日


この日、1月31日は皆既月食で


月夜の工事現場を眺めたくて

月の出の17時過ぎから
ちょこちょこ出たり入ったりしてみましたが


厚い雲に遮られて
とうとう観られませんでした。




ここんとこ
ぱにーニィは確定申告のお仕事で
毎日遅くまで S県M市通い。


昨年11月15日に緊急入院された税理士先生は

今は、往復1時間以上かかる療養型の病院に移って
リハビリに励んでおられます。


インフルエンザ時期で、家族以外は面会禁止だから
さとこの存在は、
先生の記憶からは消し去られちゃってるんだろうなあ。


ぱにーニィが面会に行っても、

話は合わせておられるけど、怪しい時もあるんだって。


税理士事務所の今後については
息子さんが決められることなので


ぱにーニィは
事務所が開店休業なることも視野に入れながらお仕事中。


本当は
今回から手を離してしまいたい気持ちがあったんだけど


今までのお客様の大半は
このままぱにーニィに継続してほしいみたいで


押し切られた形で
お仕事受けてるみたいです。


でも、今年はいいこともあるみたい。


量が多くて
不備が多くて
まとめて締め切り直前に届く、みたいな

無茶ぶりなお仕事なのに無報酬などという

心が折れるようなお仕事がけっこうあったりして


それは、税理士先生が催促や請求をされないのも理由のひとつなんだけど


今回はぱにーニィが直接顧客さんとやりとりできるから

仕事もスムーズらしい。


3月15日の締め切りまで
あと何件かな。

早い段階で目途が立つといいねえ。





2月3日の工事現場。


今日は窓の目の前にダンプやブルドーザが居て

さとこは ひょおおおお\(◎ω◎)/てなって
毛布に丸まっていたのですが


お昼休憩もなしで1時過ぎまでガリガリやってるなと思ってたら

あらっ。急に静かになって。


なんだなんだ。


覗いてみたらなんと

突然、アスファルト舗装が出現していてビックリ。

2月3日

ほんの半日でできちゃうんですねー




最後のビニールハウスも、

2月16日

2月17日

もうすぐ外壁が完成しますよ。

2月17日2


2月21日。

6棟全部完成して安心したら


おおっとォ
今度は目の前が駐車場になってしまったので

2月21日


これからも もうしばらく

コソコソ盗撮する日々が続きそうですね。


この日は
霧雨が降ったり止んだりで


里山の温泉施設での知人のライブを観に行く予定でしたが

ぱにーニィの帰りが間に合わなくて

さとこが代表で運転して出掛けてまいりました。


ライブが終わって外に出てみたら、

予想外に暴風とみぞれが土砂降りで


街灯も民家もないので、全く道が見えない状態。


こんなときはっ
故とおるちゃん頼みです。


昨秋、沖縄に行ったときなんか、

ぱにーニィが、眼鏡を落したことに気づいて


その日はいろんなところに行った後で
どこで落としたか探しようがないけど

「とおる、無理だと思うが見つけてくれ~」って言いながらホテルの玄関を出たら

目の前の縁石の上に 「ホラよっ」 て置いてあって

それはもうビックリだったのです


そして今日も。
「とおるちゃん、今日、ぱにーニィ居なくて運転怖いからよろしくね」って言って5分も経たないうちに

みぞれがパタッと止んで


同時に、
さとこ号の中にカレーの匂いが。


とおるちゃん、カレー食べたいのかなと思いながら

ぱにーニィんちに報告によったら


なんと。カレー食べてるじゃないですか。


とおるちゃん、ぱにーニィのカレーをつまみ食いしてる最中に
さとこの救助に駆けつけてくれたん?


てことで、
翌々日の月命日お食事会は
ゆっくりカレーを食べてもらうことに決定した次第でございます。

 ビーフカレー唐揚げトッピングときのこサラダ


以上、
HK社工事現場と、ぱにーニィと、さとこ(と、とおるちゃん)の

1か月間の近況報告でした~。
関連記事
[2018/02/24 04:56] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
チームらすからーずのお仕事はhappy。
荒れた天候の日が続いてましたが

ハウスクリーニングのお仕事が始まる日は暖かくて


軽バンさとこ号のフロントガラスの雪、水飴みたいになってました。

ぐにゃーん1 ぐにゃーん2


今回いただいた物件は、

築 6年の 2階建の2階。
2LDK。 56.17㎡。

浴室乾燥機有、 追い焚き機能付バス。
エアコン1機有。 フローリング。
駐車場・物置き有、
の至れり尽くせりさでございます。


そして、何といっても最高なのは
ぱにーニィんちのお向かいのアパートだという好条件


とおるちゃんとさとこの巣からの通勤時間、2分ぐらいですのよ。


汚れがけっこう激しいからって
5日間も作業期間をいただいて、

超ラッキーです!


さとこはとっても要領が悪いってことを
さとこのボス、御賀茂リーダーは心得ていて

入居日が迫ってない、時間がかかってもいい物件の方を回してくださるのです。


おお、なるほど~

壁紙、ほぼ全滅だったようで
ほとんど張り替えてありますね。

クロスゴミ1 クロスゴミ2

内装ゴミはいくら出てもいいけど、さとこよりデッカイ塊にされると困ります。


不動産建物管理さんが回収するのが楽なように

まずは外の物置きをお掃除して
大型ごみを運び込んでおきましょう。


モスラの幼虫みたいなヤツは、ひとりで抱えて階段を下ろせないので
ぱにーニィに頼んで、運ぶの手伝ってもらいました。


ぱにーニィ、税務のお仕事が多忙なんだけど

休みの日に、エアコンと窓掃除をしに覗いてくれるのですよ。


なぜって
二重サッシの窓が重すぎて
へっぽこなさとこでは上げ下ろしが大変だから。


そして、エアコン室内機は、

雑な性格のさとこが力任せに扱って

並んでいる薄い金属の板の熱交換器をつぶしたり
ルーバーをはめ込むときにへし折ったりしそうだから。


ほんと、助けてもらってすんません。




内装業者さんが入ったときは
気をつけないと

こんな風にカッターの刃がその辺に捨ててあることがあります。

カッター刃
 (とりあえず拾って集めたところ)

いつだったかは見落として、スリッパの底を刺し抜いたことがあったから
以来、内装ゴミは入念チェック!!


ハウスクリーニングを始めたころのチームらすからーずは
軽バンさとこ号にぎゅうぎゅうに掃除道具を積んでたけど、

さとこ一人分の道具で良くなったこともあり、

少しずつ不要なものを整理して、開始時の半分ぐらいまで減らせてます。


浴室天井や浴室乾燥機のカビ取りに愛用していた 蓄圧式の噴霧器、
実のところ、1物件に1回しか使わないわりに、もの凄ーくかさばるので
  ↓
手動式噴霧器

今は100円ショップの水鉄砲に切り替えてます ✨(・ω・)

200円の秘密兵器

これ、なかなかのお役立ちグッズですのよ。
 

霧状になったハイターを吸わなくて済むし、
乏しい頭髪資源への不要なダメージが回避できるっ♪




こちらに住んでおられた方、脂料理をよくされていたようですね。

蛍光灯も建具もパネルもギットギトですから。


20日の締め切りまで、思う存分
ふき取り作業に没頭できます。


これ、さとこの必携アイテム。
  ↓
相棒七つ道具

マイクロファイバーのタオルやスポンジ研磨パッドと併用で
いろんな場面にフル活用です。


黄色いスクレーパーは
粘着物や、キッチンのパネルにはね飛んで固まってる脂をとるのに使います。


焼き鳥を食べ終わった後の竹串は
程よいシナリが、いろんな細い隙間に届いて重宝。

キッチンのレンジフードドラムの脂も こんなふうに簡単にこそぎとれて
チョー面白い!!

ドラム 竹串


もんじゃヘラとキリ、そしてスポンジ研磨パッド粒度600の 三人衆。
もんじゃヘラ キリ スポンジ研磨パッド

水回りのカルキ汚れ落しは、このヒトたち無くしては進みませんです。




浴室の、皮脂や垢と石鹸カスが付着して固まったやつを落とすのが果てしない作業で

指がつったり腱鞘炎になったりだったのですが


ボスから、このスクレーパーの活用法を教わってからは、
疲れ知らずになりましたっ

ナルビー3枚刃 湯垢を削る

頑固な垢も、かつお節みたいに面白いように削れるざます。


カッターよりも薄くてしなる刃で、
ボスでさえ、あっと言う間に手が切れちゃったってことがあるそうなので

うかつなぱにーニィ、当然取り扱い厳禁ですからねっ ヽ(`ω´*)ノ


ウロコ汚れの凸凹も、これで均すだけでかなりの時短になり
あとは酸性洗剤でこするだけ。(注:鏡にはスクレーパーは使用できません)


上の赤枠の部分が汚れが落とせた箇所。
水を弾いておりませんでしょ。

水をはじかない

はー。気持ちいい。


平らで広い箇所は3枚刃のスクレーパーを使用し

刃を寝かして使うと、浴槽の塗装まで剥がしてしまうので
なるべく直角に近づけ、滑らすようにこすります。


洗面台の水栓取り付け部分周辺とかの
キリやもんじゃヘラが入らない狭い部分には

この1枚刃タイプを使いますのよ。 → ナルビー1枚刃




さとこが一番苦手なのは
トイレの天井埋込タイプの換気扇です。

トイレ


取り外すのは簡単なんだけど、

問題は、掃除の後に、もう一度はめ込む時。


便器が邪魔で脚立が近くに置けず

背が低いさとこは、ダクトのネジ穴が、ぎりぎり指先が届くか届かないかって距離なのです。

部品を支える手と、ドライバーを回す手の他に
あともう一本手があると、ネジを固定できるのになあ。


…タコに生まれたかった。


もしくは、こんな柔らかい身体とかに。
ビールマンスピン


何度もネジを落としては捜しながら、
つま先立ちで、うまくネジが入る瞬間を狙う。

もっとも時間を要する、汗だく作業ですのよ。



そんでも
締め切りの2月20日よりだいぶん早く

17日の午前中で仕上げのワックスがけまで全て完了したので


午後からは、オリンピック中継のネット配信のフィギュアスケートを楽しみました。


お仕事に行ってても
実は、フィギュア男子とかの時間帯は
作業を中断して、お向かいのぱにーニィのアパートに行って応援してましたの ✨o(≧ω≦)o✨


いやー。
もう。


羽生さんのフリースケーティング演技は
平安時代の牛若丸か陰陽師みたいに気品があるし

フェルナンデスさんのショートプログラムのモダンタイムスは
チャップリンの切なくて愛情にあふれた眼差しがダブって見えるようだし


感激でしたね!!


こんな風に、自由気ままにお仕事ができてるさとこ、
ほんと、贅沢な人生だと思います。




浴室。 
浴室 ウロコで真っ白だった鏡も蘇りました。


キッチン。 

パネル部分の脂の固着には手間取りましたが、とりあえず満足な出来に完成。

キッチン

蛇口のシャワーフィルターは、ボスが最終確認に来た時に新しいのを取り付けてくれるので
外したままにしておきます。


シンク。
シンク仕上げ


ワックスかける前の状態のフロア。
フロア

2LDK、56.17㎡のフロア、ドア、階段などの至る所に内装の水糊がこびりついていて
拭き掃除に手間取りましたが

多分、見落としは無いと思う。




ハウスクリーニングのお仕事って
いろんなお部屋を見られるのがとってもワクワク。


今回もステキなお部屋でしたね!


でも、何といってもお薦めポイントは、
窓の外のこの景色。

ベランダからの景色

霊峰大神岳(おおみをのたけ)をひとり占め。


さっき、家賃を確認しようと、うふあがり不動産のホームページで空室情報をさがしたら

もう契約済みになってました!!


さとこ作業中、可愛い女の子が下見に来られたんですよ。

あの娘が借りたのかなあ。


キレイで気持ちいいって
思ってくれるといいなあ
関連記事
[2018/02/21 04:03] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
ぴよ子さんに会えたっ(≧◇≦)
とおるちゃんとさとこの巣の 隣の工事現場。

巣の南側1


とおるちゃんとさとこの巣の 隣の工事現場の朝。

巣の南側2


とおるちゃんとさとこの巣の 隣の工事現場に雪。

巣の南側3


夜中に昇った三日月の光が
ドアの明かり取りのすりガラスから差し込み

それはそれはきれいだった日に見た夢は。





さとこは、皿うどんみたいなのを注文して
そうだ、ぴよ子さんにも食べさせたいと思って

ホカホカ湯気が立つ出来立てのやつを新幹線の座席に置いたら

動き出してみたら
なんとそれは反対方面行き


こぼれる前に回収しようと
やってきたバスにとりあえず乗って追いかけたら


つり革を持って窓の外の海を眺めるうちに

どっかの島に着いちゃった


バス停に「石垣島」って書いてあるけどこんなだったかな?
 (いいえ、ぜんぜん違います)


向こうの島にいるらしいぱにーニイと合流するまで
しばらくブラブラ


波に浸食された奇岩だらけで
平地も緑もない島ですよ


岩の洞窟にガラスをはめた水族館に入ると
湿度でムッとしている。


色とりどりのおさかなが天井いっぱいに泳ぎ回り

若い女の子の観光客が結構いて
エサをやってます


スマホで写真撮ってたら、
見慣れた後ろ姿を見つけた


それは、つば広の帽子を被ったぴよ子さんでした。


わー ぴよ子さんっ

わたし、来る予定じゃなかったこんなところで
偶然会えるなんて

夢みたいなことが現実に起こるのねってはしゃいだら



なーんだ
やっぱり夢じゃんね( ̄▽ ̄)


でも、夢でも会えて良かったです



宮原さん

フィギュアスケート女子シングル選手、宮原さんを観ていて
とてつもなく胸が熱くなるのは

素晴らしい演技だからはもちろんなんだけど


大切な友人、ぴよ子さんに似てる気がするから。


これに関してはぱにーニィも同意見でして


ぴよ子さんはどう思うかなあ。


これまたそっくりっ!って即買いした、ファイルのキイロイトリさんは

本人認定済みのそっくりさなんですけどね

ぴよ子さんにソックリなキイロイトリさん

眉間にシワを寄せてぐずるさとこを起こしたり

散らかしっぱなしのとおるちゃんを怒ったりしながら

楽しそうに一生懸命働いている姿が
ぴよ子さんそのまんまなのですのよ




もうちょっと前のさとこは

他人様に迷惑かけてばかりの自分が嫌で嫌で

とおるちゃんは明るい人が好きなのに
自分はこんなにウツウツ陰気で
こんな嫁をもらったとおるちゃんに申し訳ないって


壁に頭ゴンゴン、
とおるちゃんの遺骨を抱きしめて
もがき苦しむ日々を送っており


そんなダメダメちゃんなさとこを
10歳近くも若いぴよ子さんがふんわりと支えてくれていて

いつも力をもらって頼っていたのですが


実はなんと
とおるちゃんと結婚する前から
すでに助けてもらっていたらしい。


とおるちゃん、結婚式の少し前に

「はむちき(さとこのこと)とホントに結婚していいんだろうか?」って
ぴよ子さんに電話してきたことがあったそうなのです。


ぴよ子さんはきっと

ええっ! エエ年したオッサンがマリッジブルーかいや!とか思ったにちがいないが
そんなことはおくびにも出さず


「音楽も車も、人間ばなれした生活時間も、いつも一緒にいてくれてるの、さとこさん以外に誰かおるかや?」って言ってくれて


ほんならやっぱり結婚するかってことになったそうな!!


おおお。

ぴよ子さん居なかったら
さとこ、とおるちゃんのお嫁さんになれてなかったかもしれないんだー ((((;゚Д゚)))))))


…てか、
とおるちゃん、友人みんなに そんな相談してたらどうしよう。




とおるちゃんがコンパクトサイズになっちゃって


さとこははてるまの長男の嫁らしく、とおるちゃんに代わって家族を守らなきゃと焦ってもがいて


はてるま父母・義妹の端井夫妻・里の母や兄夫妻それぞれが病気を抱えているのに
無能なさとこは全然力になれなくて


「夫も子供もおらんのに はてるまに居座ってお荷物になっている嫁」でいるのが苦しくて

早くとおるちゃんの傍に行きたくて気が狂いそうで


里関係との付き合いと、はてるまの親戚付き合いの板挟みを
どんな優先順位にすればいいのかわからなくて


おまけに、祝日や土日の混雑に自分自身が対応できずパニックになって、
さらに周囲に迷惑をかけちゃうしで。


そんな時に
母が網膜動脈瘤破裂の緊急手術で入院しちゃって

人込みや運転に恐怖して泣きながら、里のわんこの世話と病院に通っていて


他の人なら普通に対応できちゃうようなことでも

苦痛で 重荷で

息ができなかった。


外が怖くて足がすくんでいるのを
いつもぱにーニィとぴよ子さんとでガードしてくれていたのだけれど


そんな迷惑かけてまで
さとこが生きなくてはならない理由ってなんだって考えて


・はてるまの長男の嫁として、祖先供養・親戚や近所付き合いを引き継ぐべき立場
・里の教会と教会長である母を支える、教会の娘としての立場
・母方の祖先を、母と一緒に祭っていくべき立場
・とおるちゃんが石垣島のユタを通じて言った「音楽を続けなさい」という言葉を守って、
大切な友人達との関係をとおるちゃん生前と変わらず継続していきたい気持ち。

この4つが重大な要素かなって。


これをやり繰りしていくにはどうしたらいいのか

ウツウツと無駄に悩んで血みどろ切りまくりで

ぱにーニィを巻き込んでの泥沼な日々だったのですが


ぴよ子さんは

「はてるま家の中で行動しても外で行動しても、とおるさんの嫁ということに変わりはない。
周りがなんて言おうと とおるさんの嫁を続けてほしいなぁ

実家にしても、生活の内側に入って支援できなくても、
母は母の人生を生きてもらえばいいと思うなぁ

だから逆に言えば
さとこさんはさとこさんの人生を生きればよいのですよ。

遅蒔きながらの独立宣言デスネ!」
って


諭すでもなく
激励するでもなく

ゆったり包んでくれて


そうこうするうちに
いろんなことの流れが変わってきて


8年かけて少しずつ、
私らしく。

多分、今、それができていると思うですよ。


ありがとうね、ぴよ子さん。




2月14日、
お仕事を切り上げて、ぱにーニィとライブに行った帰り

右車線斜め前をぴよ子さん号が走っているのを見かけて。


手を振りたかったけど、
交差点の矢印式信号機の右折で一足先に曲がって行っちゃいました。


もう夜の10時半だよ。

相変わらず忙しいんだね。


いままでお仕事かな? 
お疲れ様。



去年、9月の終わりに ぴよ子さんの義妹さんが亡くなって

ぴよ子さんは
三人の姪のお母さん代わりになりました。


さとこはぴよ子さん離れをしようと決めたので (*`ω´)ゞ


会えなくても我慢我慢。


でも、渡したいものがあったのに残念だったわーってメール送ったら

ぴよ子さん翌日がお休みで


なんとっ会いに来てくれました


嬉しくて 懐かしくて

涙が止まらない



そして
渡したかったものの中で、一番はコレ

ぱにーニイがS県のイオンで一目ぼれ即買いした
キイロイトリさん
ぴよ子さん正面ぴよ子さん斜めぴよ子さん後ろ姿


去年、ぱにーニイとさとこのライブに
お茶会帰りの着物姿で駆けつけてくれたぴよ子さんにソックリだっ
ぴよ子さんと記念写真


入手した時には
元旦までに渡したいと思ってたんだけど

義妹さんのことがあったから渡せなくて


でも
気づいたら
明日は旧正月。


ちゃーんとお正月に間に合うように渡せました


ラッキー♪

関連記事
[2018/02/20 04:01] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
母が埋まった件と、水道の蛇口交換に手こずった件。
ぱにーニィより少し遅れてインフルエンザの流行に乗ったさとこですが

12日にはめでたく隔離解除となり
マスク武装にて、義父の通院送迎を行っておりました。


つい昨日までは、いわゆる『里雪』で

市内の積雪量は40cmぐらいあっても
中山間地のはてるまは、たった2cmほどでしたが


けっこう積もってますね。

国道までの町道


9時には診察終わったけれど


まだまだ積もりそうだから

義父母にはケーキタイムも回転寿司も自粛してもらって


食料品をしこたま買い込んで
はてるま地区まで送り届け


ハウスクリーニングのお仕事もあるしで

さとこは折り返しスタコラと帰ります。


踏切


国道に出ると、向こうから除雪車。

向こうから除雪車

朝はツルツルだったけど
気温が上がってホッとしました。

橋を渡る

12時にはもう、とおるちゃんとさとこの巣に帰還しちゃいましたよ。




はてるま父母はたくましく生きていて、何かにと対応力に優れているから安心なのですが


心配なのはさとこの里の母。


さとこが里に行くと、
いつもなんだかんだと困ってます。


この間、どこかのネコさんが倉庫でお亡くなりになってたばっかりだけど


それ以前にも

目の前の道路で轢かれたネコさんを
誰かが里の敷地に安置していたり


買ってきたばかりのかまぼこを
イタチに持っていかれたり


洗濯物を洗ったら
洗濯ネットの中に潰れたムカデがいて

気絶しそうになりながら
ヒラヒラになったムカデの皮を捨て

気絶しそうになりながら
ムカデゼリーがまんべんなく行き渡った、干したばかりの洗濯物を
再度洗い直し


そんな感じで
毎日、何かしら一大事な出来事が起こっているらしいです。




そしたら、この間は
兄から

「そっちもえらい雪積もったみたいやな。
母、小屋の雪が隣の敷地に落ちないよう下から雪下ろししてたら、
残りの雪が全部ずり落ちてきて胸まで埋もれてしまったらしいわ。」
ってメールが


ひいい。
なんてこった。


ぱにーニィも
「そりゃ大変だ。眠ったら死ぬぞって励ましに行かないと!」って


…そうね。


慌てて掘り出しに向かおうと思ったら
それ、2月9日の話だったそうです。


隣の家の敷地内に雪が落ちると迷惑になると思い
天気もいいしで、
スコップでちょいちょいと突いてみたらしい。


途端に雪ずりで

お隣のブロック塀と小屋との間の隙間に
一瞬にして肩まで埋まってしまった母。


幸い、斜めに埋もれて左手が出ていたから
一時間かけて脱出したのだそうな。


「お母さんビックリ。
知らんかったわー。雪って怖いね」
だって


9日って確か、強烈に冷え込んだ日で
明け方は、このへんじゃ珍しい、マイナス6℃を記録し

さとこは、寒くて布団乾燥機ガンガンにかけてましたよ。


公民館活動も
メンバーの半数は雪に閉ざされてお休みだったし


はてるま母の親戚関係の告別式だったけど、
はてるまからは、ぶっちぎり元気な義母が、ひとり代表で出席して


インフルエンザのさとこは、告別式も公民館活動もお休みでした。



…そんな日に。

母よ、よくぞ生き延びた。



14日が祖母の祥月命日で
さとこはハウスクリーニングでお参りできなかったから

翌15日にのぞいてみたら

母、ヨタヨタしてたけど、ちゃんと足ありましたわ。





さて、里はあちこちガタがきているのですが


台所の水道も
蛇口のパイプ先端の吐出口が折れていて

手を怪我しないように、ホースをつけてたんだけど
どうやら水圧がかかって本体の付け根から激しく水漏れするらしく

ホース、外してあって危ないなあと。


パイプだけなら簡単に交換出来るつもりが
思いがけず手間取りましてね


一般の家庭の水栓はこの規格なんですが

水栓サイズ

里のは、どうやら違うみたい。


市販の16ミリの蛇口だと、微妙に大きくて合わず

旧パイプを外して、近くのKホームセンターに持ってって
「これとおんなじのをクダサイ」とお願いしたら


Kホームセンター店員さんが
「このネジの外径は17ミリで、うちじゃ扱ってないですね」って。


カクダイさんのわかりやすい説明


仕方なく
パイプパッキンとパイプリングだけでも交換して水漏れを解消しようとしたら
これまたホームセンターにはサイズが無く

てか、そーゆー問題ではなく

里の台所の蛇口、根元が腐って割れてそこから水が溢れておりました。


写真撮り忘れたんで、よそさまの写真に落書きしましたが

赤い斜線の部分が腐食して欠落、
矢印の部分が亀裂が入っている箇所です。
  ↓
蛇口破損個所


水栓本体ごと交換できればいいのですが


取り付けネジの溝間が固着していて
ハンマーでガンガン殴っても

モンキーレンチを駆使しても

母やさとこの力ごときではびくともせず


ヘタに壊して
接続しているガス給湯器のパイプまで破損させてはイカンですし。

びくともせず


この水栓取外しレンチってのあるといいみたいだけど ↓

わざわざ買うのもね~。

こんなん欲しい


やっぱり、パイプのみ交換するしかないかってことで

水道屋さんとか他のホームセンターを回って
17ミリの本体に16ミリの蛇口をつけられるパイプアダプターってもんを見つけたんですが
  ↓
パイプアダプター


…なんと、それでも合わないって
どーゆーことでありんしょう


改めて、アダプターを購入したNホームセンターさんに調べてもらったら


元の蛇口、
外径は16ミリだけど、フクロナットの外ネジ外径が一般的な26ではなく、
22ミリが使用されているということが判明したです。


(スミマセン、次回交換するときの覚え書きとして
つまらんほどに詳しく書き記しております!)


そして、22ミリのナットなるものが
これまた市販されていないそうで


購入した16ミリの蛇口のナットと入れ替え
合いそうなパッキンをあれこれ試行錯誤でとりあえず交換するのに、

なんと
4回も里に通うことになったさとこでありました。


やー。
どうしようかと思った。


とりあえずは使えるようになって良かったです。




それはそうと、

里に通う度に、祖母の祥月命日のお供えお下がりとか
あれこれたくさんもらったんですが

祖母お下がり
 (その一部。そら豆ごはん、もやしの白和え、高菜の炒め煮、大根葉の酢味噌和え、半熟むきたまご、うさぎりんご、サラダが詰まった野焼き。
 でっかい養殖ヒラメのアラが1匹380円だったので、白子は煮付けて、大鍋でアラ汁作っちゃいました♪)


驚いたことに、
いつもの「今、テーブルに並べる状態のお皿のおかず」ではなくて
なんか、みんな、蓋つきの入れ物に入っているんですけど!


母、いったいどうした?


まるで、このブログでこの間さとこが愚痴ったの読んでるような…


んなわけないですね( ̄▽ ̄)


とりあえず、すべてメデタシです。
関連記事
[2018/02/19 23:53] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
2月9日、インフルエンザ罹患中の巻。
世間はインフルエンザ蔓延中らしい。


確定申告シーズンを控えたぱにーニィは
体調管理に余念が無く

手洗い・うがい等の予防や、マスク着用は万全。


お天気が大荒れだったこともあって

1月のとおるちゃんの月命日は
外出せずに、おうちパーティーでした。


とおるちゃんが大好きなケンタッキー・フライド・チキンを買ってきてもらったのですが

ケンタお供え


それ以外にも

ぱにーニィお気に入りの台湾料理屋さんの
炒飯と餃子がドーンと2人前ずつやってきて。

更に台湾料理テイクアウト

とおるちゃん、こんなに栄養つけてどーするよ。




そのお下がりをモリモリ完食したはずなのに


しっかり熱発してしまったぱにーニィ。


2月5日、医療センターに連れてったら
インフルエンザB型の診断でした。


こりゃ、さとこも多分感染してるだろうなと身構えてたら
案の定、2日ほど遅れて発熱し、

ふたりとも
おとなしく外出禁止中でございます。




不調なのは人間だけではございませんで

さとこのケータイも熱っぽいのか
ここんとこ、誤作動が多いです。


朝、開いてみたら、落としてもいないのに液晶に亀裂が入ってるし


2月5日の万歩計なんか
いきなりこんな数字だし
  ↓
57000歩?

57,108歩って。

有り得んでしょう、フツー。 こんな数字。


このケータイがお釈迦になったら困るなあ




さて、インフルの症状は比較的軽いのですが

雪かきをする体力がなくて


窓の外から聞こえるザッザッと雪をすくう音を聞きながら

参加できず申し訳ない気持ちで
ウトウトしておりましたです。


巣の前1


綿帽子被ってお行儀よく並ぶブロッコリ達と
ブロッコリの親玉みたいな木。

大ブロッコリと小ブロッコリ1


こんな日こそ、パソコンに集中できると思ったのに
10分も向かわないうちに寝落ちしてしまって


諦めて

電気代節約のため
ぱにーニィんちに保護されて隔離生活です。


食材もイオン飲料も
備蓄がふんだんなので

安心して完全引きこもりで回復に努めておりますのよ!


発熱前に、たまたまDVDを借りてくれていて

観ては興奮し
興奮して疲れ
疲れては眠りを繰り返し

ズートピア シング アングリーバード


返却した後は

ギャオ動画で大好きなネコのミヌースや
駆け込み女と駆け出し男を観せてもらったり(ミヌースは5回目)

ネコのミヌース駆け込み女と駆け出し男


寝たり起きたりの
贅沢な隔離生活でございました。


家主ぱにーニィも


パナソニックリアルプロ『リアリー』に抱かれて布団乾燥機『ボンバーガール』を抱くというハーレム状態だったり

さとこが持ち込んだnew布団乾燥機でとことん干からびてみたり
(注:湿度が40%を下回るとウイルスが浮遊しやすくなるので真似をしてはいけません)

リアリー&ボンバーガール 乾燥してみたり


頸椎ヘルニアを改善すべく首を吊ってみたり

解熱後はギターなんかもつま弾いちゃったりなんかして。

首吊ってみたり ギター弾いてみたり


インフルエンザウイルスって、
変異のサイクルとスピードに免疫が追い付かなくて

一度経験した同じタイプでも、再感染しちゃうこともあるんですってね。


10日からは隔離が解除になるので

不眠不休の確定申告に備えて

全身全霊で挑むべくアイドリング中のぱにーニィ。


免疫力を高めて
3月15日までをしっかり乗り切りましょうッ! ( ̄0 ̄)/ オゥッ!!
関連記事
[2018/02/10 07:12] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
雪の日の里の母と さとこと はてるま父母。
1月の半ば以降、次々と訪れる寒波


1月24日(旧暦12月8日)のムーチーの日もとっても寒く

「今年もムーチーできてるよ!」と沖縄料理店さんからお誘いいただいているにもかかわらず

なかなか伺うことができないままです。


ムーチー。


内地のお餅は米を蒸してから成型するのに対して、
沖縄のお餅(ムーチー)は成型してからクバの葉や月桃の葉に包んで蒸します。

ムーチーむき身


腐りにくいようにとの南国の知恵らしいのですが、

たしかに、さとこ、沖縄のホテルでムーチーを一週間近く常温で放置しておりましたが、
腐ったりカビが生えたりすることは全くありませんでした。


沖縄でも、ムーチーの日(旧暦の12月8日)を過ぎた頃から、寒さが厳しくなり、

この時期をムーチービーサー(鬼餅寒)と呼ぶそうですのよ。




数日前、里の母から野焼きをとりに来いと言われていたので
1月30日に、これから行きますと連絡したら

「わーん良かった。あんた、来るなら助けてくれる?倉庫で猫が死んどるにー」って泣きそうな様子。


倉庫に入ってみたら
石臼の陰に
白茶ブチの大人ネコさんの亡骸が横たわってました。


さとこの里付近は、

野良とか、いろんなおうちで違う名前で呼ばれているネコさんとかが
けっこう自由に歩いていて

動物大好きな里の母は、片っ端から呼びつけてご飯をやりたがるのですが


その遺体は見慣れないヒトだったらしい。


口元には赤い泡の跡があり

病気だったのか、まさか毒餌でも盛られたのか…。


さとこ、小さい時は、道路で轢かれているネコさんとかイヌさんのお墓を
防砂林のなかにいっぱい作っていたけど


この白茶ブチさんは、もしかして飼い主さんが探されてるといけないから


すっかり固くなった体を段ボールに移し、
市役所に連絡して迎えに来てもらいましたです。


寒いせいか、遺体の損傷はそれほど進んでいなくてホッとしました。


天国であたたかく暮らせますように。




2月3日の節分祭の日も

風が強くて

節分祭


軽バンさとこ号を久々に洗車してひかぴかに磨き上げた

翌日の立春には


ボタン雪が降ってきたと思ったら

降ってきた降ってきた


一気に、もう何も見えませーんってかんじになり

フロントガラスから1


あちこちで救急車のサイレン鳴りまくりなので

おとなしく引きこもります


大荒れの日だと
スーパーもお客さん少ないから
早めに安売りらしく


ちょっと前に ぱにーニィが買ってきてくれた半額握りなんか

9貫で300円弱

三口に分けて食べる、仰天のネタのでかさ


一個食べちゃってから写真撮ってないの思い出したんですけど

ちょっと奥さん、これが9貫で300円しませんのよ




さとこは、こんな幸せな冬ごもりですが

雪の季節の中山間地、はてるまの家あたりは大変です。


はてるま母は、毎日ひたすらせっせと雪かき


自分ち周辺だけでなく

高齢者独居さんのおうちも


車が敷地内に入って方向転換できるスペースを確保し

郵便屋さんが玄関のポストまでたどり着けるように


休むことなく飛び回って雪かきです


氷点下には慣れているはずの地区なのに

今年は特別寒いんですかね

あちこちの部落が断水で大変らしいんですよ


はてるま父母の仲良しの独居Kさんちも、
娘さんちに泊りがけの通院で市内に出ておられる留守の間に
水道管が破裂していて


雪かきに行って、じゃーじゃーと溢れる水を発見したはてるま母は、
近所の何でも屋さんに応急処置の手配をしたりと大忙し。


kさん、しばらくは水道管が直せないし、畑もお休みだから

帰ってくるのやめて、
このまま当分、市街の娘さんとこで暮らすそうな


雪かきしてない家には誰もいないだろうと、空き巣に狙われやすいので

留守宅ではあっても、ひたすらせっせと雪かきです。


はてるま父の方も、

自宅の雪かきは奥さんにお任せですが
よそのお宅の雪かきには燃えるタイプ。


ふたりとも、ほんと、すごいわ。


さとこがお金持ちなら小型除雪車を買ってあげたいところだけど…。

代わりに、段ボールにいろんなお菓子持って帰るぐらいでかんべんしてね。




はてるま父母の、こんなときの元気の素は栄養ドリンクでして。


義母は、少量でよく効く、とっておきのアリナミンⅤ。


義父の方は、とおるちゃんが生身だった頃からすでに
ドリンク剤に過剰依存していて

1日3本とか5本という単位で、
あればあっただけ飲んでしまうので


さとこは、買って帰ったら
こっそり義母に渡して管理してもらいます。


端井の義妹夫婦も、「ばーちゃん、いつも雪かきありがとう」って、
よく買って義父母二人にプレゼントしてくれるんですが


先日、空前にして絶後な大事件がありましたんですよ。


雪かきでへとへとにくたびれた義母が、自分へのご褒美にとっておきのドリンクを飲もうとしたところ


あらっ。

1本もない。

犯人は、夫、はてるま父でした。


端井夫がくれたリポビタンD、2ケースのうち、

義父は1ケースを自分用にもらっていたのですが、


それはすぐにすべて飲んでしまい
こたつの中に空き瓶ゴロゴロ


続いて、妻の分の1ケースにも手を出し

ご丁寧にも
飲んだ空瓶はまたきっちりと蓋を閉めて箱に返していたのでございます


義母が痺れて痛い手でようやく開けたら、
どれも空っぽなんですよ。


はてるま母、怒り心頭に発する
ごもっともでございます


義父のドリンク剤は
空き瓶に水入れて置いておくだけでもいいんじゃないかと

さとこは内心思っているんですけどね( ̄ー ̄)


立春ですが
我が家の中はブリザード


一日も早く
雪解けが訪れますように。

関連記事
[2018/02/04 23:39] | ・主な登場人物紹介 | page top
里の母のごはんに思う。
岩合さんの写真展に行って、
故とおるちゃんそっくりのファイル見つけましたっ

岩合さんのにゃーさんファイル

あごのぷっくり感と丸い指こが、亡夫と同系列ですわ




今日のおかずはキャベツとお揚げの卵とじの予定でしたが

里の母から差し入れが届いて、一気に品数が増えましたのよ。

赤貝と茶わん蒸しとお芋

お正月に義姉が炊いてくれた赤貝がとても美味しかったと言ったもんで、
早速こんなことです。


寿司屋の湯のみの特大茶碗蒸しは、冷凍の銀杏を使い切る目的なので
1つあたりに15個ぐらいは入っています。

…半分でお腹いっぱい。




里の母、こうして、さとこが好きなものを届けくれてますが

小さいときは、こんなわがままは通りませんでしたね。


残さず食べるまで、家に入れてもらえなかったことがしょっちゅうでした。


井戸のモーターの音に紛れて、背中の闇の向こうから何かが迫ってきているような気がして

怖くて台所のすりガラスの向こうに人が動く気配から目を離さなかったこととか、

足の裏にべったりくっついている濡れた黒い砂の感触とか


今も思い出してゾワゾワします。


さとこは好き嫌いが多い子供で

食感や匂いで気持ち悪くなっては、簡単にオエーってなっておりました。


苦手なものは

 いつも飲まされていた、すり下ろしたニンニクを蜂蜜にまぜたやつ

 白ネギのとろとろの部分

 トマトの種の部分のぷるぷる

 人参の皮と葉っぱの臭い

 玉ねぎの根っこが生えている茎の部分

 生のかぼちゃの種の匂い

 蕪、芽キャベツ、クワイ、数の子などの苦みがあるもの

 イワシとコノシロは小骨が多いから生食は酢ジメでないとダメ
 
 ほうれん草も歯の裏がざらざらして嫌だし

 シイタケのぐにぐにした感触とか

 鶏肉の皮の羽のむしり残しは、つまんで引っこ抜いてたら「神経質だ」って

 イワシのつみれは、しっぽや背骨やヒレが突き出していて喉に刺さるから崩したら怒られた


給食でもトマトが食べられなくて

掃除の時間まで残されて
机を全部教室の後ろ側に片付けられた間に挟まって座り
床の濡れた雑巾の臭いの中で
涙にまみれてゲーゲー言いながらちょっとずつかじっていたことを思い出します。


大人になったさとこが、こんなに何でも食べれるようになるの知ってたら

母も担任の先生も、あんなに苦労しなかったんじゃないのかなあ。




里の母は、インパクトが強いものを、とてつもない量を与えてくれるのが欠点です。


さとこの顔ぐらいある、まん丸くてずっしりと重い『ばくだん』。
中のゆで玉子も、2Lサイズです。

8等分して3回に分けて食べたけど、
これが三個もあって…。


甘くて濃い味付けなので少しなら美味しいけど
三個全部無くなるまでに、ずいぶんかかりました。

ばくだん


「一生のうち一回ぐらい高級ハム食べてみなさい」ってくれた、
にまんにせんえんもする、ハイリホーなはむ。

ボンレスと戯れる

一切れでいいのに、こんなにもらっちゃって


ざっくり切って、贅沢にかぶりつく。
ハイリホーのハムステーキハイリホーのハムステーキ実食

お洒落でなくてすんません。

最後の端キレも豪勢にサイコロステーキにしました~

ハイリホーなサイコロステーキ


お弁当屋さんで間違って作られたらしい沢庵の中巻きを発見して
最高に幸せな気持ちで食べたって話したら

さらにでっかい沢庵太巻きを作ってくれましたよ。

沢庵太巻き

ぱにーニィは沢庵ダメだから、これはすべてさとこのおなかに。


鶏胸肉ハムをひとかじりしてしまってから、気づいて写真撮りました。




食べ物を人にあげるときって、

こぼれたりしないように密閉できる入れ物で、
更に入念にポリ袋に入れるとかの対策をとるのが一般的じゃないかと思うのですが

里の母の場合は、ちょっとちがう


以前、大祭のおさがりのハマチをはてるまの家に届けるようにと持たされた時は

氷が融けた水がトロ箱の水抜き穴から出て

シートに生臭さが滲みこんで
吐きそうだし情けないしで


しかも、はてるま母は山育ちで大きな魚なんか捌かないから
こんなものどうせえっちゅうだと絶句


知り合いの旅館に持って行って
捌いてもらうかわりに四分の一身だけもらって

残りはアラごと全て贈呈して帰ってきたですよ。




とおるちゃんとさとこの巣に
石垣の友人、由布人センセーが泊まりに来たとき。


自立歩行ができない巨漢の由布人センセーの介護&看護の数日は
まるで夢の中の出来事のように、非現実的に強烈な記憶ですが。


なんか協力しようかと申し出てくれた母に、「山椒とシメサバが入ったちらし寿司だけお願い」、と頼んでの歓迎会のはずが、

由布人センセーも大量の食材を持って来てくれて


全く食べられないさとこも含めて
由布人センセー・普久真さん・ぱにーニィ・ぴよ子さんでの5人のメニューは


・わらびとシメ鯖とゴーヤーのマヨネーズ和え

・炭焼き鶏皮と新玉ねぎの炒めもの

・なーべーらー んぶしー

・スーナ(ツノマタという海藻)と島ラッキョウのサラダ

・沖縄天ぷら(カジキ、白子、島ラッキョウ)

・わらびの味噌汁

・あじの刺身

の7種類の料理が並んでいるところに


母お気に入りの皿に、美しく飾りつけをしたちらし寿司だけでなく

煮もの・サラダ各6人前(とおるちゃんのお供え含む)が四つの餅箱に入って用意されていて


テーブルに載らず、
冷蔵庫にも入らず
歩く場所も無くで


サラダも
ドレッシングがかかり、銘々に少量を大皿に盛り付けた完成形で届くので、
その時に必ず食べないと味も色も悪くなっちゃうから、さらに困る。


そんなわけで
母に何かをもらうときには
相当の覚悟が要るわけでございます


受け取るときにもね

里の母 「これ、大切な器だから割りなんなよ」

って、そんなもんに入れてくれんでよっ ムキーッ! o(`ω´ )o


そして、
何ヶ月も経ってから突然「あのお皿、あんたに持たせてから返してもらってないよ」だなんて
言われたりもするけど

そんな貴重品、預かるのも持つのも嫌だから
とっくに返しとるわ!


そういうわけで、食器を見るだけで不安になるさとこは、
なるべくプラスチックしか使わないことにしていますのよ。




先日、里を覗いたら「あらあんた、ちょうどいいところに来たわ、お母さん大失敗したに」って


NHKの『あさイチ』の「ポリ袋で簡単!おうち肉まん」を真似て作ったはいいが
分量を増やしすぎてポリ袋では材料が混ざらず
カッチカチのタネになってしまったらしいです。


水餃子みたいに茹でたらどうよ、と薦めて
茹で団子をもらって帰りましたよ。

茹で饅頭

普通に蒸したやつも、
見かけは鬼饅頭みたいだけど

どちらもモチモチして美味しく


問題は、

大量過ぎて
食べ終わったあと、真っすぐ身体が起こせないぐらい苦しかったことです。

鬼饅頭




こんな感じで、里の母には翻弄されまくりなのですが


母、すでに82歳。


このやりとりが、いつかはなくなると思うとね…


さとこは、母より長生きしない計画だったから

避けて通れる問題だったはずなのですが

今はもうそんな甘いことも言っておれず


将来の別れを受け止める覚悟ができるかどうか


難しいところでございます。
関連記事
[2018/01/27 04:07] | ・過去のあたす。 | page top
ネギ社に通う、ある雪の日のこと。
ぱにーニィんちのたまのじょうが、寒そうにしています。

雪の中のたまのじょう


今年初の冷え込みで
久々に軒下の太いつららを見た、その日の朝は

ぱにーニィの愛車らすかる2号のドアが凍りついて


とりあえず前方ドアだけ解凍して出発したら

走ってる最中に、暖房で後部ドアも解け始め

半ドアになって、警告音がポーンポーンって鳴り続け。


ルームランプは点くしで


やー焦りました。


ねぎ社に行く日の、いつもの時間割は


6時半にとおるちゃんとさとこの巣を出て、
ぱにーニィを起こしに行って二人で出発
 ↓
7時に24時間スーパートでトイレ休憩+お昼ごはん買い物、7時15分発
 ↓
7時半着、8時仕事開始

なんですが


今日は、到着が8時始業ギリギリでした。


手洗い場の蛇口が凍りついて水が出なくて

外にあるトイレ、水道管が破裂してたらどーしよーとドキドキしましたよ。


使えたので一安心です。




どっしり濡れて重いネギの包みを運ぶ、力仕事の根切り作業は
こんな日でもけっこう暑い。


対して、
パイプ椅子に座っての皮剥き作業は
足がジンジン冷えます。


さとこは背中にホッカイロ一枚ですが

先輩方は
背中・腰・お尻・足と、五枚も貼ってるんだって。


皆さん、足元に一人用電気ヒーターを買っておられるけど

さとこは腰痛防止に頻繁に立ったり座ったりするので

かえって邪魔になるし、今んとこ使ってません。


いつも、おネギは、専用の収穫機で収穫してくるのですが

こんな雪の畑には機械が入れないから


社長と畑担当さんが手作業で抜いているそうな。


お野菜が高い今の時期
おネギも高額取引できているみたいで

社長さん、苦労が報われてよかったですね。


わが社のおネギは京都方面に出荷されているんですよ。


取り引き先の契約会社が
いつもは、こうやって集荷して行かれるんだけど
出荷

この日は、雪のため
さとこたちが退社するまで、
とうとう集荷トラックが来ませんでした。


工場の中は、二日分の出荷待ちのおネギに侵略されたみたいになって

手荷物を置く場所もありませんでしたです。




1日のお仕事が終わり、

ネギ社からは
まっすぐ帰っても一時間15分くらいかかります。


帰ったら、そのままお風呂場に直行して
ネギのとろとろまみれの作業着一式を下洗い。


洗濯機2回分をラスカリングして


洗濯物は浴室乾燥機でがんがん乾かして
翌朝、またそれを着て出発。


先輩社員さんたちは工場のご近所さんばかりで、

作業着は毎日洗わずに、自分の席に置いて帰っておられるけど


欠員補助のさとことぱにーニィは不規則出勤だから

やっぱり毎日持って帰らないとね。




翌日が休みでない限り
外食して帰るのが日課。


根性無しのさとこは
お風呂ん中でウトウトしてしまって
晩御飯つくる前に、くたびれて寝ちゃうです。


帰りの車ん中で、すでに半分寝かけてますしね。


ある日、里の母から、
「麩の煮しめとおから要る?」とメールがあったから

砂だらけの姿で里に寄りました。


母から渡されたのは 大きいお盆。


お盆の上には

煮汁のかかった煮魚のお皿や

葉っぱをあしらった炊きたてご飯のおにぎりの大皿

重たくて厚くて倒れやすい2人分のガラスの器に、酢の物とヨーグルトが


今、テーブルに並べる状態で並んでおりました。


里の母、

盛り付けの完成品を見せたいらしく

蓋つきの密閉の入れ物とかを使わないのです。


ちょいと待ってくださいよ。

これ、どうやって車に載せるの。これじゃブレーキも踏めんですが。


ラップをもらって 1個ずつ蓋をするけど

持ち上げるときにくっつき合って傾いてこぼれたり

砂だらけの車内にはまっすぐ置けるスペースもないし

身動きするたびに体から細かい砂が落ちる。


今日食べるのは無理だよって言うと
「頼むから食べてよ~」って涙ぐむ。

さとこだって、途方に暮れて泣きたい気分ですよ。


タッパーないの?って聞くけど、

里のタッパーたち、蓋がばらばらになっていて相手を探せないらしく

結局は何に入れても蓋無しなんですよね。

持って帰るのに困った母ごはん
もらって帰った、蓋のないごはんたち。休みの前日までお預けでした。




規格外のおネギを、帰り道の知人宅に配りながら帰ってくるのですが

それでも残るから


今日もおネギ、明日もおネギ。

フライパンすき焼き味うどんネギシチュー

たまにおネギ無し、

明太かずのこのっけピザ

そしてまたおネギ。

焼いただけネギ


簡単メニューとお総菜ばかりで


たまーに、こんなふうにがっつりお肉いただきたいときは。
  ↓
ギャートルズ
 (はじめ人間ギャートルズのマンモスのお肉、あこがれです)


ぱにーニィが作ってくれる、これ。

塩豚

塩漬けして2週間ほど熟成させた豚さんを

焼き目をつけて紅茶で煮込む。


原始人ほど歯が丈夫ではないので
薄切りでいただきましたが、

きっとマンモスのお肉とおんなじぐらいおいしいと思ってます

さあ、スタミナつけて
寒さ知らずですよ。
関連記事
[2018/01/25 04:46] | ・弥生さんがすぐに探したい記事のためのカテゴリ | page top
ぱにーニィとさとこ それぞれの最近の日常と、最近のお買い物。
1月20日1

鉄骨が組まれて
立派なハウスが出来つつある、とおるちゃんとさとこの巣の窓の向こう側。


働くおじさんがいっぱいです。

1月20日3


さとこがビビりまくってるんじゃないかと
ぱにーニィが心配して様子を見に来てくれるのですが


入ってくるなり

「ズボンにオートオープナーがついていて困るよ~」って。


ぱにーニィのズボンのチャック、開きたがりやさんなのです。

お仕事行ってるときもお買い物のときもラーメン食べたり歯医者さんで治療受けたりしてる間も。


さとこと一緒にお出かけしているときも
「はっ。また開いてるよ!誰が下ろしたんだろう」なんてことが1日に何度もあったりして


いやー。

トイレに行って、しっこが済んだあと、

プラバックルだけカチッと留めてから、

そのあと、チャックをジーッて上げるの忘れているだけでしょう?


そうだっ!


ぱにーニィでなくて、チャッキーって名前にしたらどうだ?


チャッキーて呼ばれる度に、

「あ、そうだチャック開いてないか確かめなきゃ。呼んでくれてありがとう」

ってことになるへん?


でも、
歩いているうちに
チャックのスライダーが少しずつ下がってくることはあるから

いつでも全開オッケーなように

パンツの穿き忘れには気を付けようよね。




気を付けるといえば


健康オタクなぱにーニィのアパートに、
新兵器が導入されていて。


これ、 ドン・キホーテで1,000円で購入した ロング足つぼマット。

虎の穴新兵器

先に行くほどツボ押しが大きくなる足つぼマットで、

でも、手前のツボ押しも十分な殺傷能力があると思うけど。


設置されて数か月経ちますが

ぱにーニィ、そのこと忘れて
いまだに、ウッカリ踏んでは「おうっ」ってなってます。


健康になる前に捻挫しないように

気を付けようね。




一方、運動不足のさとこも、健康生活、思いつきました。


ぱにーニィのアパートで荷物置き台になっていた
これを借りてきましたのよ。

腹筋マシン ワンダフルシェイプスマート。

訪問必須アイテム


ブログさんを訪問させていただくのに

グルグルマークが表示されている間の待ち時間を利用して

腹筋背筋エクササイズ。


腹筋が割れるほど使ってはいませんが
腰痛が改善された気がします。

背もたれがあるから首が疲れなくていいっすね。


丁度よい高さなので、
寝るときには枕に変身!


座椅子、枕、楽々腹筋、
今ではさとこの必須アイテムです。


2,000円はお得なお買い物でしたね~




必須アイテムと言えばもうひとつ、
暖房器具。


ぱにーニィんちの高速暖房ボンバーガール(布団乾燥機)が高性能なので

さとこも真似して買ってみました。


中古屋さんで1,900円。


ぱにーニィのボンバーガールみたいに
情熱的な熱風ではなく

ほんわか乾いた温風です。


最近のやつは、
ハンガーに吊るしたままの洗濯物を中に入れて乾かせるように

ファスナーつきのエアマットなんですね。


部屋全体を温めるのにはイマイチでしたが

ぱにーニィ、大喜びでもぐる図。

よいしょっと


ぱにーニィ、落ち着く形を見つける図。

完成品


ぱにーニにも巣箱ができたかな。


さとこ、いいお買い物ができたようです。


干からびないようにね、ぱにーニィ。




いいお買い物と言えば

ぱにーニィからの今日の差し入れ、


大量のパンみみと白ワイン。

ぱんみみとワイン


わーいパンみみ大好き。

こんだけで100円だって。


そして、大黒物産で売っているこのお安いワイン(380円って聞いたかな)、

開栓したてより
1日ぐらい置いた方がとんがりが取れて

さとこ好みのお味になります。


そして、冷蔵庫で冷やすより
寒い室内での常温の方が

さとこ好みのお味な気がします。


ってことで、最近、結構愛飲していますのよ。


そして、お安いワインには
清貧なおかずがよく似合う。


こんな感じで
ぱにーニィのアパートで一緒に食卓を囲むことが多いです。

まーみーないりちー チクチリ

こまめな性格のぱにーニィは、
魚肉ハンバーグのソースもオリジナル配合のやつを作ったり

4本58円のちくわも、チリソースで立派なメインディッシュに。


根菜キクラゲスープ

さとこの定番だった根菜寒天スープですが

今ではぱにーニィがさらに改良を加え
白キクラゲ・黒キクラゲ食べ放題。


大根、ニンジン、ゴボウ、玉ねぎ、白キクラゲ・黒キクラゲ、棒寒天。

動物性たんぱく具材ゼロですが、味覇(ウェイパー)とお塩とお野菜の旨味だけで十分美味しい。


こんなずさんな盛り付けですんません。
唐揚げチリと

おネギ仕事帰りに買った半額お総菜の唐揚げがイマイチだったから

これも唐揚げチリとして生まれ変わり

美味しくいただきましたー。


お安い食卓が似合うさとこで、本当によかった。


お安い食卓に同調できるぱにーニィが友人で、本当によかった。




美味しくご飯いただいて、

会話が一段落して席を立ったぱにーニィ、
トイレへと消えましたが

すぐに戻ってきました。


「しまったー
しっこに行ってくるよと言いながら歯を磨いてしまった」


だそうで
歯ブラシくわえてますよ。


こんな感じで

今日も平和でありがたいです。

関連記事
[2018/01/24 03:12] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
義父、12月の受診と1月の検査。
この冬は、1月に入ってから、ようやく雪景色になりました。

初積雪
(↑ これは初雪の日の写真デス)


今日は、医療センターで
はてるま父、過敏性腸症候群の診察の日。


年に1度の内視鏡検査も受けます。


義父母を迎えにバス停へ行ったら
義母、疲れ切った表情してますね~。


はてるま父、検査が近づき不安になったのか

七草の日あたりから急に

「痛い痛い」が始まったそうで


精神外科から『痛み止め』というお薬が処方になってはいるけれど

効くのが待てずに
「診療所へ行って診てもらう」の一点張りで


その日はさとこはお休みで初詣に行っていて

義母が「さと、今日も仕事か」と電話してきたのは


本当は「さとこ、帰ってきて、じーさんに言って聞かせてやってごせ」とか言いたかったんだな、多分。


すぐに帰れる距離ではなかったから、
こちらからも「どうかしましたか」と聞かなかったが

今思えば、悪いことをしました。


はてるま父、
いつものように娘の端井宅に助けを求めに行き

義妹から「大丈夫だ!死なん!」と突っぱねられたそうな。


…まあね。
たしかにその通りだからなあ。




先月、12月の受診日は、まことに順調でしたのよ。


この日は氷点下1℃だったけど
風が強くて、体感温度はもっと低い気がしました。


雪道対策で、いつもより30分前に出発したら

凍結して渋滞中。


スピード出して事故になるよりも

トロトロ動かないぐらいの方が、断然いいです。


寒風の中、
工事関係者みたいなヘルメット姿の方々が
橋の横断歩道で黄色い旗を持って立っておられました。

交通安全県民運動ってやつの一環ですかね。


すごいなあ。
頭が下がります。


義父、診察は全く問題なく

病院の後は、
お歳暮を申し込みにイオンへ行きました。


コーヒータイムもイオン内で。

いつものケーキ屋さんでなく
スタバ初挑戦です。


さとこ、事前の練習なしでいきなりスタバ入ったので

商品の受け取り方がわからず
かなり緊張しております。


義父は、ココアと赤いなんかがのったケーキ。
さとこは、義父用にイチゴのケーキと、なんかの飲み物。

義父のココアさとこのなんか

義母は、抹茶オーレかなんかとチーズケーキ。
義母の抹茶おーれ


とりあえず、
おいしく、粗相もなく、 過ごせたのではないかなと思います。


次回はもうちょっとゆっくりメニューを選べるように

おさらいしておこう。


『火曜市の日』だからドキドキでしたが

悪天候のせいか
店内は意外にがらーんと人通りが少なく


何かと混乱しがちな義父とさとこでも
ゆったり過ごせて

買い出しもお昼ご飯も、イオンで済ませましたのよ。


いいなあ、イオン。

便利で助かるなあ。




で、1月の通院に戻りますと。


いつも、左わき腹を痛がっている義父ですが

今日は、左右両方の骨盤あたりが痛いんだそうですの。


二日前には、
はてるま地区、自治会の新年会があって

婦人連は、料理の準備で早くから集合。


義父は義母より遅れて公民館へ行ったものの


わしはすごく痛いのを我慢していますという表情を見て

みんなが口々に、はてるまさん大丈夫?と心配してくれる。


そうすっと、
今度は、ほんとうに大丈夫じゃないに違いない気がし始める義父。


義母がたまりかねて「痛いなら早めに帰って休んだら」と言ったもんで

ほんなら帰りゃいいだなと
怒って帰ってしまったそうな。


そういう日々の不満を
義母がさとこに愚痴りたい気持ちもよくわかる。


義父の方も、さとこに

「90%、胃が…あれだな」

会話が途切れると苦悶の表情になり
「胃は間違いなく99、9%、…あれだ」


そうですか
あれですね


どこがどう不調なのか
さっぱりわからない


診察の際、「半年前から痛かったのをいままで我慢しておったです」
というので

主治医先生、困ってしまって


腸内ガス駆除剤のガスコンを
自己管理で調整するよう指示があった。


義父、ヒートのお薬をもらうと

その日のうちに錠剤をヒートから出して
キャベジンの空き瓶に全部移して

しょっちゅう出して蓋を開けては またしまう みたいなことを繰り返しているから


本人以外は

いったい何回飲んだのか
白の錠剤が何種類かあるのを間違えてないかとか

確認の仕様がない


家族が管理したいけど
断固拒否の義父。


「そんならわしが死んだらええだか」って、すぐ極論に発展しちゃうから

今ではもう、義母も義妹一家も、諦めている。


腸内環境の薬だけのうちは、
多少 多く飲んでも、まあ、命に別状ないからね。




はてるま父の自己診断では、99、9パーセントダメだったはずの胃カメラの結果は、

0.01%の可能性で
全く問題なしでした~。


ピロリ菌も、除去して以降は
再感染していない。


回転ずしに行って

夕べから絶食だったから
食欲ばっちり。


脇腹に手をあてて 苦渋の表情ながら

海老や鶏唐揚げやホタテバターなど
次々自分で手を伸ばして食べてます。


まあ安心していいんじゃないのかな、義父。




はてるまの父母どっちもが
相手への不満を他人には話せないから

さとこにしゃべりたくてうずうずしている。


はてるまからの帰り道、

「77歳の妻が、夫と口論になり、カッとなって79歳の夫を殺人」って

カーラジオのニュースを聞いて不安になった。


うちはダイジョブかな

これからは、ちょこちょこ安否確認の電話してみよっと。
関連記事
[2018/01/17 04:26] | ・お医者さまの管轄 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>