お野菜ふんだん、白ネギ簡単メニュー な日々。

白ネギ社からもらえる規格外おネギや、

ぱにーニィが実家から持って帰ってきた、若干しなびてしまった頂き物や、

教会のお下がりに、

はてるま母の無農薬野菜。


さとこ、四季を通じて大量のお野菜に囲まれ、不自由のない生活を送っています。


白ネギ、知人に配っても100本ぐらいは残しておいて

無くなるまで毎日白ネギィ~


焼くだけで十分美味しい白ネギ。

焼きネギねぎとえのき味噌汁

焼きネギには熱燗ですね。

お味噌汁は、味噌の麹が好きだから、濾さずに。
底のつぶつぶに満足感を覚えるさとこ。


炒めるのなら、
単品でも、動物性タンパク質と合わせても。

焼いただけでも豚さんと合わせても


根っこを切ってあるので、新しいうちにガンガン使っちゃいます。


ぱにーニィが命名した『ねぎぼなーら』、チョー簡単。
  ↓
ねぎぼなーら

お母さんに買ってあげていたレトルトカルボナーラソースを、焼いた白ネギ・マカロニ・その他にかけて、
チーズ載っけて焼くだけメニュー。

残ったソースに玄米入れて、ドリアにも。


お豆腐は、ドラッグストアでおひとりさま3個まで24円の木綿豆腐と決めている。

半丁200円ぐらいの高価な手作り豆腐を買わなくても、昭和のお豆腐のように食べごたえがあるのよね。

定番の白ネギと豆腐の煮物夜食

残ったお豆腐の水切りをして置いておくと、
ちゃーんとぱにーニィが夜食に使ってます。

白ネギ輪切りと納豆とウインナーと豆腐の炒り玉子。
アツアツがチョー美味しい。


豆腐後入れ鍋
  ↑
ぱにーニィ、汁物に豆腐が入るのは嫌いなので、お鍋にはお豆腐は後入れです。


もずくとネギの水炊き
  ↑
もずくと白ネギと豚さん薄切りのお鍋。


大量カキネギ汁
  ↑
牡蠣と白蕪とネギのお味噌汁が暴力的に多量なのは、
ぱにーニィが「米&汁物に溺れたい♡」のヒトだから。


お豆腐のストックが切れていれば、
スンシー(シナチク)炒め定食。
  ↓
スンシー炒め定食+升酒

玄米、ぴんたろう(頂き物の高級魚詰め合わせ)、納豆サラダ。


翌日は、白ネギと麩の卵とじ丼。
  ↓
白ネギと麩の卵とじ丼定食+アルミカップ

じゃがいもと竹輪のきんぴら、ケールヨーグルト。
教会からお下がりの日本酒は、古酒になっております!

ぱにーニィが、水ナスの浅漬け作ってくれましたー。
ミョウバン入ってないから鮮やかな色は出ませんが、裂いて食べる食感が最高。


ネギとチラガーのチャンプルー
  ↑
チラガーチャンプルー、三色人参や胡瓜・りんごを包んだナン、豆カレー。

チラガー(豚さんのお顔の燻製)は刻んで冷凍していて、
軟骨コリコリな部分と、肉厚モッチモチの部分を使い分けてます。
例の24円の木綿豆腐は、塩豆腐にすると、チャンプルーにしても崩れません。


あるときは、お揚げと麩とえのきとで煮びたし定食。
  ↓
煮びたしとヤガラの塩焼き定食

玄米には、はてるま母のふきのとう味噌。
ぱにーニィが、ヤガラをくれたので塩焼きにしましたー。


薄揚げで巻いてぐつぐつ
  ↑
はてるま母から習った薄揚げで太ネギ一本巻き。
巻いてから切ってぐつぐつ。
冷めても美味しいおつまみになります。

白ネギ信太風
  ↑
巻かないバージョンの卵とじ。
信太風とでも言いましょか。


最近は、寒くてトマトが消費できないので
白かぶや白ネギ、しめじと合わせてチャウダーに。

翌日は、蕪の葉と白菜も足しました。

ねぎチャウダー赤ワインとネギチャウダーと塩パンネギとトマトのチャウダー

塩パンはおいしいけどバター臭が強くて、ワインは赤との方が好きですね。


ゆでた落花生とパクチーサラダ

頂いた落花生を茹でて。

パクチー好きのさとこのために、はてるま母がせっせと作ってくれて今年も豊作のパクチーは、
ツナと一緒に紫蘇ドレッシングが最高。
ぱにーニィんちの仏壇からのおさがりのみかん、とっても甘くてサラダにはもったいなかったな。


ネギグラタン
  ↑
ネギグラタンと、さとこには珍しく、切り身のお魚。
ぱにーニィがえのきのかき玉汁を作ってくれましたー。


あっ。
ヌタの写真がないなあ。


そんでも使い切れない分は、
みじん切りをひたすら炒めて冷凍。

大量の人参と牛スジ肉が手に入ったらカレーを作りましょう。


ご近所同士で食材を分かち合うから、
エンゲル係数は低く、

2世帯とも子ども居ないから、
エンジェル係数はゼロ!


ライフプランはなくても、生活に困らない身の丈の幸せです。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/01/20 01:20] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
| ホーム |