ありがとうがいっぱいの結婚式。

甥っ子の結婚式当日。


さとこ、眠剤効かず、三時からおめめパッチリ。

憂鬱気分で身の置き所がない。


11時前にぱにーニィがやってきた。


泪目で濡れぞーきんと化しているさとこを見るなり、

「おいごさんの結婚式に行こう!
式には間に合わなくても、披露宴のお色直しに出てきなった時に会えるよ」


さとこ 「にゃっ!」


ダッシュで準備を始めて、12時、八代亜紀みたいな頭に変装して飛び出す。


ぱにーニィ、高速を飛ばす飛ばす。

ノンストップで、道を間違えることなくホテルに一直線に向かう。


信じられないことに、結婚式に間に合った 。

行くぜ!


100均で買ったロッテンマイヤーさんみたいな眼鏡を装着し、深呼吸。


ホテルの可愛いおねいさんに
「新郎の友人だけど、内緒でお二人の姿だけ見せてもらえませんか?とお願いする。


可愛いおねいさん、上司さんに相談してくださり、
「今、結婚式前で、皆さんこちらで待機なさってますから、一緒におられて、ついて入られたらダイジョブですよ」ととびきりの笑顔で快諾 。


ありがとう、可愛いおねいさん!

着飾った若者に混じり、
さとこにはあまりに不似合いな高級ロビーで、
暫く待つ。

里の母がぱにーニィとトイレの前でぶつかりかけたが、
全く気づかなかったらしい。


目が悪くて良かったわー(笑)


八代亜紀風のさとこと、
黒のかりゆしは着てくれているものの、
競馬新聞越しに周囲を観察しているぱにーニィ、

あまりにも異質な二人組(笑)


案内があったので、さとこは結婚式場へ。

ぱにーニィは、「パチンコ屋でも行ってみるかな」と、外へ。


みんなに混じり、うまいこと、友人席最後部に座りました。


それからは。
涙、涙の30分間でございますよ!


さとこのはじめての甥っ子が、こんな上品な美人をゲットするなんて、
兄ちゃん夫婦、どんな育て方をしたんだ?


神父さま登場で、すでにじょばばばーと感涙


新郎新婦入場で、当然のじょばばばー


新婦が傅いてベールを被る。

誓いの言葉。

讃美歌斉唱。

指輪の交換に、誓いのキス。

誓いのキス


じょばばばーの連続に、さとこ、フラフラっす。


新郎新婦退場の時、甥っ子がさとこに気づいてくれた。

しーっ。
このことは内緒だよ!


式の後、ガーデンテラスでフラワーシャワー。

純白が彩りに溢れて

しあわせになってね。


記念撮影になったので、電話を掛けるふりをして抜け出す。


手引きしてくれたおねいさんがニコニコ。
「感動でした?」

「ええ、もう、すっごく!」
あなたのおかげです、本当にありがとう。」


ほんとうに、ありがとう。

思いついて良かった。


外に出たら、ぱにーニィが待っていてくれた。


背中推してくれてありがとう。
連れてきてくれて、本当にありがとう!


後悔せずにすんで良かった。


ぱにーニィが種明かしをした。
「今日、あなたを連れてくることになるだろうと思って、夕べ、ルートチェックしておいたの」


どおりで、初めての道なのに、悩むことなく、ナビもなく、すいすいやって来たわけですね。


野生の血?渡り鳥の脳内方位磁石?と、
さとこは不思議でしかたなかったですが。


新郎は、兄に「さとちゃん来てくれはってたで」とソッコーで報告したらしく、
ホテルを出発したらすぐに、
兄から「お前、来てくれてたんやて?」とメールが来た。

え?知らないよー、と新郎新婦の写真を添付して返信する。


「ありがとな」

「こっちこそ、ありがとう。」


運転手さん、お礼はなにがいいですか?

ぱにーニィ 「ラーメン!」


てなわけで、帰り道、サービスエリアのかつ丼と尾道ラーメンセットを(笑)。

かつ丼 尾道ラーメンセット


やー。
それにしても、こんなに遠い道のりの日帰りは、
さとこ初体験です。


やっぱり、お泊りがいーなー。

それでも、22時には帰りつきました。


安心してふにゃふにゃになり、その後の記憶無し!


久々の爆眠でした。




翌日夜。

母と、母を送ってきた兄夫婦が、巣に寄ってくれた。


お土産に、高級感満載の牡蠣セットもらっちゃったよぉ~。

さっそく、焼き牡蠣 一夜干しをいただきました。

燻製


こちらは、旨味焼き牡蠣のオイル漬。

金の牡蠣

ウルイとうりずん豆のタジン鍋
高菜の煮びたし
レタスのお味噌汁、ウドの煮物、きゅうりの浅漬けとともに。

こんなパッケージ


しあわせは、海の香りがいたしますのね。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/05/15 05:02] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
| ホーム |