4月9日。 宮島の厳島神社で浜下りをしました。
浜下り。

旧暦3月3日に行われる伝統行事で、女性が、手足を海水に浸して身を清めて健康を祈願します。


沖縄本島ではハマウリって言ったり、八重山ではサニズ。


毎年、旧暦の3月3日は、干満の差が1年間で最も大きい大潮なんですって。


ぽんこつさとこ、古代の自然崇拝の対象だったという厳島(宮島)で、脳みそジャブジャブするためにやってまいりました!

すがすがしく生まれ変わらなければ(笑)

見えた(゚∀゚)


ぱにーニィ、フェリーで渡る時点で、
「えっ。宮島って、島だったのォ?」

笑。


着いた時には、潮が引き始めていました。

いつ頃、干潮かなあ。


観光客いっぱいだし、
G7がらみのおまわりさんもワンサカだから、
今、飛び込んだら、不審者だよね。

着いた時には

歩いていけるかな


でも、あっちゅー間に、こんなことに。

みるみるうちに


もしかして、干満の度合い、4メートル近く違うんだろうか?

わーい。

初めて大鳥居まで近づくことができました。


ってか、大鳥居より沖まで出て、鳥居越しに厳島神社を拝観できるなんて、すっごい贅沢ではないですか!

ノーミソじゃぶじゃぶ記念


浜にはたくさんの生き物たち。

さとこ、穴の中のお魚さんと見つめあう図。

注視


上空警備も怠らない。
日本警察さん、お疲れ様であります。(`・ω・´)ゞ

上空からも警備


観光してるフリして、
おまわりさんと一緒に写りこむ(笑)

ついて歩く


お店に迷惑になるから、つっかけや足の砂を、川で洗い流しましょう。

おばあさんは川へ足を洗いに


どっか階段なかったっけ?

ドッコイショ


おっと、兄からメールで、結婚式日程の返事が届きました。

「母は、車もバスも 嫌がっていて、
お前が特急が駄目なら、普通列車から新幹線に乗り換えるのが良いと思っている。

でも、そもそも、母と二人の長旅の上の結婚式出席は
無理じゃないか?

俺らが前日中に迎えに行くので、
広島近くで泊まりというのはいかが?
ホテルはもう押さえてある。 」


ありがたい。
兄一家、大回りで大変だけど、それが最善策と思われます。


母、なんで一言も言ってくれなかったんだろう。
さとこ、ぱにーニィにお願いして、わざわざ下見に来る必要なかったかもね。


すっかり安心し、観光気分全開。


兄へのお返事は後にして、
宮島水族館に入りましょう。


『深海タッチ!』コーナーで、
半冷凍状態で展示してあるリュウグウノツカイさんにお触りさせてもらえました。

全長3メートルくらいかね?
リュウグウノツカイにもタッチ


さほど美味しくなさげなダイオウイカさんの冷凍標本とか、
大好きなダイオウグソクムシたんにも会えて、
さとこ、メロメロ。


ぱにーニィは、宮島自体に初渡島だったので、何から何まで珍しく、
スマホでビデオ撮りまくり。

ずっと元気がなかったぱにーニィ、久しぶりにはじけてました。


やっぱ、来て良かったな。


この時までは、幸せ気分だったんです。
束の間の。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/15 00:08] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
| ホーム |