スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2016年のしーみー的イベント、そして、義父プチ家出するの巻。
今年の清明入りは、4月4日。


はてるま母と相談し、
グソーのとおるちゃんにうちかびを送るのは、
4月12日の義父受診日にしようと決めました。


診察後の義父の気分次第で、

外食して、お供えは買って帰るでもヨシ。

ごちそうを買って帰って、仏間でいただくもヨシ。


で、沖縄バンド仲間との清明ごっこは、今日、4月5日にしました。

12日にお重を準備しないなら、他の日にどんちゃん騒げばいいさ~


とおるちゃん、二回お楽しみがあるってことで。

皆さんへ一斉送信のお誘いメール、
もちろん、とおるちゃんのスマホにも送りましたし。


だから、今回のメニューは、奇数や定番料理にはこだわらず、お花見宴会気分で。


なーべーらー(へちま)の煮物。
ぱにーニィのお母さんが作ってくださっていた、とっておきの筍と蕗も。

煮しめ類


先日、里の母から大量に届いた長命草餅も、
おにぎりと一緒にお重に詰めたら、丁度良い感じじゃーん。

長命草餅も


会場のカラオケボックスへは、ぴよ子さんが送迎してくれるから、
ぱにーニィも桃ちゃんもさとこも、飲んだくれ放題ですぞ。


そして夕方になりました。

仕上げに、お刺身や、温かい肉料理を用意していたら…


おりょっ。
義母から電話あり。


嫌な予感。すぐにとる。


案の定、普段あまり見せない、かなり疲れた様子の義母の声。


「おこんばんは。お仕事どうだ?

ばーさんは元気だぞ。

だが、じーさんがどうにもならん。

ここ数日、いよいよ、脇腹が痛くて騒ぐもんで、
今日、隣町の診療所に独りで行かせただ。

じーさん本人の話では、
一診と二診を何度も回され、エコーとか、いろんな検査されて、
火野病院の紹介状もらってきたと。」


火野病院?
「あそこはヤブだから絶対行かん!」と嫌っていた火野病院に、なんでまた?


はてるま母 「さっぱりわからん。
じーさん、痛くて受診したくせに、何キロもの距離を徒歩で帰ってきて、
そのあと、わしが休めっていうのに聞かず、
防犯の見守りボランティアにも行った。

夕飯前に、また痛がり出して狂い回ったかと思えば、
ケロッとしてパクパク食べるし
そしたら、今度は、
風呂上がりに、ステテコ姿で廊下を這いずりまわって叫ぶだがな。」


義母が「じっとしとれ!」と叱ったので、
義父、「わしは死ぬ!」とカッターナイフを振り回した。


義母が端井の家に助けを求めにいく間に、

義父は匍匐前進で玄関を降り、
ズルズルと暗闇に消えたのだそうです。


はてるま母 「さとよ、いよいよかなわんぞ。
わしの方が気が変になるわ。」


とりあえず探さないと。
足元が悪い山中で、発作が起きて頭を打ちでもしたら、危険だ。


巣に迎えに来てくれる予定のぴよ子さんとぱにーニィに、料理を託すつもりだったが、

さとこ、パニクって、

せっかく盛り付けたお刺身はひっくり返すわ、
沖縄蒲鉾を渡し忘れるわ、
カットフルーツのタッパーは忘れるわ。

フルーツも


ぐすん。
散々ですにゃ。


出発間際、義母から連絡が入った。

「端井が、じーさん探さずに、自分から帰ってくるのを待とうって。
何かあったらその時だ。

いよいよ いけにゃあ、
明日、主治医に相談して入院させてもらうだ 。
さと、お前、仕事休めるか?」


翌日は、S県M市税理士事務所のトイレ掃除と除草予定だったから、
ぱにーニィに頼んで延期の連絡をしてもらった。


それでも、何かあったら はてるまに向かえるように、車2台で出発しようとしていたら、


義父、泥と草まみれで帰ってきたそうだ。


義母、申し訳なさそうな、でも、半分怒りながらも、安堵の声。 

「さと、心配かけたな。
じーさんは嘘つきでかなわんわ。
誰も探しに来んけん、
独りで心細くなって、わざと汚して帰ってきただわ。」


真相はどうであれ、無事で良かった。


20時、予定通り、宴会開始。

ぎっちり!


「泥だらけのじーさんはもう一度風呂に入って無事に寝ました」、と義母からメールが届いた。


ほ。安心した。


とおるちゃん、さとこ、明日に備えて、ガンガン呑むよ! 
 ↑
なんか間違ってる?(笑)



追記:
ややこしいので、 登場人物と さとことの関係説明文を書き足しました。
  ↓
本日の登場人物


・はてるま父母  
  さとこ嫁ぎ先の義父母。

・とおるちゃん   
  さとこの夫。バイク事故死。

・沖縄バンド仲間  
  とおるちゃんと一緒にやっていたバンド仲間。
  さとこは、3年計画で自殺するつもりだったので、脱退していたが、
  ぱにーニィに助けられてしまい、その後、ぱにーニィ・風猫氏と別バンド結成。
  自殺を諦めてからは、元バンドとの交流も復活した。

・ぱにーニィ  
  とおるちゃんとさとこの友人で、さとこの命の管理人。
  このブログの管理人。
  おとうさんが医療ミスで亡くなってから、担当医師を恨んでいるので、さとこは死ねなくなった次第。
  お母さんも、今年亡くなり、気分はひとりぼっち。

・里の母  
  さとこの実母。独居。

・ぴよ子さん  
  さとこととおるちゃんの同僚で友人。さとこのお守り。
  さとこは、ぱにーニィとぴよ子さんがいないと、社会生活の継続は困難。

・桃ちゃん  
  さとこととおるちゃんの友人。
  若年アルツのお父さんを看取り、今は、お母さんも認知症で入院中。

・端井  
  とおるちゃんの妹一家。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/06 01:41] | ・うちなんちゅ追分 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。