FC2ブログ
切り貼り細工みたいな1日
はてるま父、綜合病院での内科受診の日。

二時に目が覚めてからは、寝過ごさないように、とおるちゃんのお古パンツで、スカートでも縫うとするか。

朝~


5000円ポッキリのミシン、相変わらずのお仕事拒否のため、ミシン糸二巻き目、針五本を折ったところで夜明けを迎えた。

上下の針が合わさるためのプレートの穴の位置がギリギリで、針先を掠めるので、針が直ぐに曲がっちゃうのよね。


修理と縫い直しの繰り返しを諦めて、入浴。

酔ってもないのにお風呂で久々に大量嘔吐。


キンチョーでしょうか。

内容物があらかた出た割には、最近、体重は増加の一方。

流血がないと、体調がこうも違うものなんだろうか。

沖縄滞在中に流血予定で、かさばるリハパンを多量に持って行ったのに、結局、次にリハパンのお世話になったのは、2ヶ月半以上後だった。


や~。やっぱ、日に日に歳をとる実感が得られますな!

脱毛は加速するし白髪は増えるし。


ぱにーニィが「ケイ素が流行りらしいで!」と取り寄せてくれたから、理由も分からず飲み始めて三日目でーす。


7時半、端井から「はてるま出発」メールが届き、準備したらちょうど8時に病院で合流できた。


腹部単純CTを撮ってもらうが、昨年8月と変化無し。

でも、このままでは不安が取り除かれたことにはならないから、入院での内視鏡検査を頼み込んだ。


精神疾患があるから、付き添いの条件付でOK。

やった!


初日の6月3日は、端井夫が仕事だから、さとこが付き添う。
4日の検査には、義妹にも居てほしいし、さとこも同席したい。

はてるま母は関わらないほうが無難だろう。


待っている間、義妹とさとこは義父の付き添い。
義母の相手は端井夫がコンパニオンを務めてくれた。

人数がいると、役割分担ができて、なにかと心強い。


あ!水曜日なのに公民館活動忘れてた。

入院日も同じ水曜日だから、慌てて先生にお断りの連絡を入れる。


病院が終わり、義父母と端井夫妻と5人で回転寿司を食べて帰る。

義父、いつも通り食思良好。
全く痛みなし!


はてるまに帰り、入院書類の準備をする。

端井は買い物経由なので、さとこが一足先に義父母を連れて帰る。
義母、じっとしていない性分なので、端井の買い物中が待てないし、足首がパンパンに腫れていても、山菜採りや畑仕事を絶対止めないのよね。

さとこ、はてるまに帰る予定ではなかったから、さとこ号の空腹カラータイマーが点滅していて、いつ止まるかと内心ハラハラ。


はてるま母が、いそいそと、旅行の日程表を持ってきた。
義父入院前日の『農協年金友の会日帰り旅行』。

「じーさんは行かんとや。わしらだけだが、じーさんを留守番させて大丈夫かな」と、さとこと二人だけでも行きたい気満々だったが、買い物から戻ってきた義妹が「何、たわけたこと言っとるだ!三人とも、キャンセルキャンセル!」と助け舟。

さとこ、生き延びました。


段取りを決めての帰り道、気が緩んださとこ、危うく大惨事を招きかけた。


片道通行の工事現場。
前の車に続いてぼんやり発進したら、ちらっと赤信号と「のこり二分」の表示が見え、我に返った。

顔面蒼白。


しまった!後続車はいないけど、引き返せない。

予想に違わず、反対車線は大渋滞。
ミラーもたたみ、空き地に入ったから通過スペースはあるけど、普通車がぎりぎりすり抜けていき、怖くて居場所がない。


巣に帰りついて、精神安定剤を乱用した。


あ!しまった!
今夜、ライブに誘われていたんだ!


慌ててシャワーを浴び、洗濯機を回す。


運転できないから、またもカフェイン製剤で相殺してバスに乗る。

帰りは徒歩だから、二時間近くかかった。


帰って洗濯機を開けたら大量のティッシュ。
どうやら洗面台から落ちたらしい。


ティッシュでよかった。地道に振れば取れるもん。
『激おちくん』だったらえらいことだった。



関連記事
スポンサーサイト



[2015/05/29 05:50] | ・お医者さまの管轄 | page top
| ホーム |