FC2ブログ
沖縄観光しましょーねー。⑨カウントダウンだなー。帰りたくないなー。
四日目。


『真言宗 金剛山遍照寺 かなさ』の墓地販売区画案内のコマーシャルを見ながらお出かけ準備。
誠小すてき


せいぐゎー(登川誠仁)先生にお会いできるとは、縁起がいいやっさ~(笑)


今回の旅行で入手できたらと思っていたものは
 ・貝殻でできたシーサー
 ・泡盛の銘柄がついたてぃさーじ。

これはさとこの請福のだけど、もうボロボロ。
透け透け状態

宮古島のシーサー工房で見つけてお土産に買ってから、そのあとも探すけど、ないんだよねー。


貝殻のシーサーは、手作り1点もののお店で、ぴったしなのを見つけました。

探していたのよ

サーフボードに乗って三線を弾いてる。

もとサーファーのぱにーニィにぴったしじゃーん


と、目についたシャツに、さとこ釘付け。
一目惚れだったけど

まさに さとこのことじゃん。

コーフンのあまり衝動買いしてから、「明日の朝には」と書き添えてあることに気がついた。


さとこは違う。
だって、日常的に記憶が無いのですから。


てなわけで、「明日の朝には」に赤糸で訂正の二本線を引いてみました。
あんまり目立たないけど、さりげなく自己主張。『常に』であってほしかった


あと、もうひとつ。

ミリタリーショップに出掛けました。

とおるちゃんの衣装の、海軍式典用の制服の海軍帽だけがなぜか行方不明なので、買い足したくて。

同じのを探しますが、残念。入荷ナシ。


清明祭用に、かねひででピーナツ餡のきな粉餅を探しますが、これまた、残念ながら見当たらず。
八重山だけのものなのでしょうか。


更に。
せっかくの訪沖記念に、銀行口座が作りたいぱにーニィ。


海邦銀行と琉球銀行をハシゴしたけど、どちらも開設ならず!

沖縄に所在地登録があるか、賃貸契約の証明がないと、ダメらしい。
振り込め詐欺予防の為と言われたです。


定期的に沖縄と地元を行き来できる、お仕事があればいいのになー。


古島の出雲大社分社にお詣りしました。

ぱにーニィ、真剣であります。

なんたって、明日はまた飛行機だもんね(笑)。


お昼を食べてお店を出たら、珍しく小雨がぱらついていた。

ぱにーニィが 「こりゃー。とおるは、ウチカビ送っていらんげなな」
雨 止んだ。

笑。


バスモノパスを買ったから、那覇空港から市内一周観光することにしました。

ばすものぱす初体験 万国対応


モノレール以外の鉄道が存在しない沖縄に、クルマなしの観光客にとって心強い味方、那覇市観光周遊バス「ゆいゆい号」。
バス満喫 バス満喫2

那覇市内に点在する4つのユネスコ世界遺産もラクラク巡ることができるようになりました。

運賃は1回の乗車につき230円ですが、乗りっぱなしで2時間だから、1日乗車券で軽くドライブ。


那覇市内4つのユネスコ世界遺産の3つは首里城公園エリアだからすでに制覇済ですが、識名園だけがちょっと遠い。
識名トンネル 見晴らし良好


識名霊園という観光スポット(?)墓地を抜け、識名園そばへ。
18世紀に造営された琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待などに利用されたとのこと。

また、改めてゆっくり訪れてみたいですね。


首里城周辺。
首里城 首里城通り過ぎ 龍譚

そして。

金城石畳
金城町石畳。

この石畳は琉球王国が繁栄していた16世紀に首里城から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路として整備されました。
太平洋戦争の戦火をまぬがれたおよそ300メートルの石畳が現存し、この周辺には赤瓦屋根の民家が立ち並んでいます。

この古き良き琉球の面影を残す一帯へは、西日がさす夕刻に訪問したいところです。
石畳の坂道に柔らかな陽射しが差し込み、何とも言えぬいい雰囲気が楽しめます。
また、遠く、東シナ海に沈む夕陽を望むことができます。


国際通りを抜けたゆいゆい号は「波の上ビーチ前」に停車します。
波之上
那覇市内では有数のビーチとして知られていますが、バス停のすぐそばには那覇港クルーズターミナルが。


波の上ビーチ前を出たゆいゆい号は那覇空港に戻ります。
一周2時間、ちょうどいいね!
途中下車しないで、ひたすら那覇の車窓風景をぼ~っと眺めているだけで、十分満足!


さあ、今夜はごちそう食べなきゃ。
ホテルで発送荷物を準備して、おいしいにおいを探しに出かけましょう。


関連記事
スポンサーサイト



[2015/05/24 18:40] | ・沖縄紀行(古い順) | page top
| ホーム |