FC2ブログ
お裁縫のお時間
ぱにーニィがミシンを買った。


わたしは高校生のときに、母が誕生日プレゼントに買ってくれてはいたんだけど、家出しちゃった手前、里から持ち出すわけにはいかないから、直しは、リフォーム屋さんに出すか、手縫いでできる範囲だけ。

ヤッター。早速貸してもらう。

まずはとおるちゃんのフリースをさとこサイズに直します。

とおるちゃんの服の一枚一枚に思い出と歴史が詰まっているのに、捨てるなんて出来ないし、古着屋にも持って行きたくない。

かと言って、はてるま父や端井の義妹の夫にも甥のいじゃーくんにもデカすぎ。
とおるちゃんの友人だって、古着をもらっても困るだろうし…。


夏物は石垣の由布人センセーに送ったけど、それでも、まだまだ沢山ある。


よし。さとこが着よう。

パンツやTシャツは、そのままでも夏の部屋着に活用できた。

パジャマは、とおるちゃんのカルシウム入り猫ポットをくるんで、抱き枕代わりに抱えて寝てた。


今度はフリースだ!
袖を切ってゴムを入れる。
切り取った袖は、裏の胸ポッケにした。

ヤッター。
ブカブカだけど、着れるよ。


1万円の輸入ミシンは、さすがにブラザーやジャノメとは違って、使ってみるとあれこれと不都合だらけ。
セットの糸はすぐに切れるけど、とりあえず、ぱにーニィんちの開け放しのドアの仕切りカーテンは今のところはまだ、ほころび始めてはいないみたい。

ウィンドチャイム用の手下げ袋を作ったら、針は二本曲がり、一本は折れた。
押さえと針の位置が上手く噛み合わないみたい。

押さえが弛いから真っ直ぐ縫えない。
ジグザグ縫いをすると、心電図の波形のよう(笑)


こんだけ酷い縫い目なら、自分の分だって一目瞭然だから、これはこれで、アリかな?
関連記事
スポンサーサイト



[2014/02/04 19:28] | ・さとこーさとこ´ | page top
| ホーム |