FC2ブログ
さとこは湯船で丸くなる。
今年最後の美らかーぎードクターの診察。

レメロンを二錠にした途端に眠気がなくなって、再び早朝活動が回復できたことを報告。
ドクター、「教科書通りでしたね~」とびっくりこ。

体重が増えたことを誉めてもらえました。

硬直が極端に減ったせいかな。

四年前は、ウエスト67cmだったから、ガボガボになったお仕事ズボンはすべて直しに出し、ジーンズはフリマやオフハウスへ。
それでも痩せ続け、54cmのズボンに買い替えて落ち着いた矢先に、今度は、見る見るうちにぱっつんぱっつんでございますよ

伸縮自在な私の身体。

でも、なぜか、湯船にパンが沈んでいたことは報告しそびれた(笑)。

どうやら、さとこ、寝ながら且つ入浴しながら且つ食事までしておるようでございます。


兄がEMDR治療を受けさせたがっているが、やはり近隣に病院がないことと、自分のもともとの性格や家庭環境がベースにあるかも、とも話しました。

EMDR治療についてはクローズアップ現代で取り上げられたらしいけど、さとこはテレビを地デジ化していないから、内容はわからない。

でも、治療を受けた人の中には、
「最後の治療のときに、パンドラの箱の中にこれまでの苦痛だった記憶をすべて入れて鍵をしめて、二度と蓋をあけてはいけないと医師にいわれ、その後とても快適に生活できるようになりました。
けれども、子どもの発達について気がかりがあり、児童精神科に行った際、子どもの乳幼児だったころの記憶がすべて思い出せなくなっていました。自分が母親であるにもかかわらず、子どものことを覚えていないことに責任を感じて、ずっと考えるようになったのですが、次第に思い出すようになると同時に、パンドラの箱に封じ込めたはずの記憶も徐々に思い出すようになってしまいました。
記憶がよみがえってからは、ゆるやかにフラッシュバックすることもあります。
ちょっとしたことがきっかけで記憶に繋がってしまい、辛さの後に鬱がでてしまいます。」
とのコメントもあった。

ただでさえ、記憶があやふやなことが不安やパニックの原因になっているさとこ、ちょっと心配ではあります。
美らかーぎードクターも「効果は期待できたとしても、後戻りがありますよ」と言っておられたし…


翌日。

路上も軽バンさとこ号もまっしろけ。
よく積もりました。

元旦祭に向けて、何十年も使っているおんぼろレザーの冷たいソファを、ぬくぬく仕様にするためにシマムラへ。
ぬくぬく仕様
三年前の大雪で破れたままだった長靴も買い換えました。

今日は雪が多いせいか、家族連れはほとんどなく、雨の日と違って路上にテールランプやネオンの反射がないし、歩行者や自転車も少ないから、運転も買い物も楽ちん。


いざとなったら(?)とおるちゃんから、雪道でもスピンしないようにサイドブレーキドリフト走法も習ってるしね(笑)

はっさ!
さとこ号はFRじゃないし、サイドブレーキが足で踏むタイプだから、活用できんへん?
関連記事
スポンサーサイト



[2013/12/29 07:54] | ・さとこーさとこ´ | page top
| ホーム |