FC2ブログ
ぱにーニィ氏による餌付けの歴史
もともと料理好きだったぱにーニィ氏、とおるちゃん存命中から、スジ肉の煮込みや焼豚を差し入れしてもらってはいたけど、事故の後にさとこが食事が全く喉を通らなくなって、保険の手続きの時に届けてくれたのはサムゲタンでした。


さとこ在職中は、ケアマネの先輩方・ぴよ子さんや桃ちゃん・ハラ姐さん(年下だけど)などが心配して、カタクリや高カロリー栄養補助食品などを勧めてくれていましたが、退職してからも、固形物がなかなか喉を通らない。

でも、とおるちゃんに美味しいものを食べさせたいし…。


てなわけで、外食に誘ってもらい、ちょっとつまんだ後は、ぱにーニィにお任せ。


そのあと、卵焼きの差し入れが始まりました。
滋養重視期

激しい流血で腰を抜かしていたときの、『鉄分たっぷりレバーの甘酢あんかけ』のケイタリングを機に、時にはぴよ子さんや美童唄者を誘うなどするようになって、早二年。

給餌レパートリーは、ぱにーニィ氏のマイブームごとに
卵焼き期を封切りに、
→カルボナーラ期

エネルギー重視期栄養バランス重視期

→牛肉の時雨煮&牛丼期
→甘酢あんかけシリーズ期
→サンラータン&トムヤムクン期

バリエーションも広がり、巨大玉ねぎ丸ごと水没スープとか。
インパクト重視期安定及び定着重視期 揚げものアラカルト 納豆ゴーヤーオムレツ なーしびオリーブ油炒め

そして、
→もずくヒラヤーチー期
→手作り豆腐期 を経て、

モズクのヒラヤーチー風 手作り豆腐 ガーゼこし豆腐&フレンチトースト みんたま煮つけ

→現在、カマ塩焼き&アラ炊き期に差し掛かっております。

この先、どこへ向かおうとしているのか、ぱにーニィシェフ。


関連記事
スポンサーサイト



[2013/12/13 13:29] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム |