FC2ブログ
さとこ、ドロ沼にてウゴウゴのたくる。
ぱにーニィのお部屋に洗濯物を届けに行ったら、不動産やさんとばったり遭遇。

ちょっとハウスクリーニングについて聞いてみた。

さとこ、お掃除なら誰にも会わずに黙々とできるし、お引っ越しのハウスクリーニングなら、家具がないから、ぶち壊す心配もないでしょ。
1~3月が忙しい時期らしいから、そんなときだけでも臨時でバイトできたらなあ。

少しでも収入があれば、家族も安心するだろうし、少しずつ体力つくかも。

趣味を再開する後ろめたさもなくなれば、習い事も始め易い。


ほんとうは、すべてから逃げ出して、いっそここから居なくなることができれば、一番問題ないんですけど、それには、心配してくださっている方々への裏切り行為になる。


兄から「トラウマの治療法で、EMDRていうの知ってるか?」とメールが来た。
眼球運動に関係する新しい治療法だとか。難しくて、ようわかりまへんでした。


私は、母に対する恐怖感が根底にあって、もとともとうつ病だったんとちがうかな。

とおるちゃんはそれに気づかなくて、ウッカリさとこと結婚してくれちゃったんじゃないの?

んで、とおるちゃんの事故がきっかけで発症したんじゃなくて、いままでさとこを押さえてくれていた『とおるちゃん錠』というお薬が切れたから、症状がドバーンと表出しただけではないかと思うようになりました。


だとしたら、とおるちゃんも、とおるちゃんの家族であるはてるまをも裏切った形で夫婦になってしまったから、もうはてるまの嫁の立場ではいられない。

とおるちゃんとおんなじお墓に入れてもらうのだけを支えに生きてきたけど、辞退しようかとはてるま父母に相談するつもり。
とおるちゃんとひとつになりたいけど、はてるまのヨメの役割を果たせてないさとこには資格がないんだもの。


はてるまに帰る度に、心配して下さる方々に「調子はどうなの?」と聞かれたり、里の母と出掛ければ「この子はビョーキでしてね」と紹介されたりの度に、申し訳なさで居場所がない。

わたしは、生きている以上、『困ったちゃん』でしかいられない。


早く全てから解放されて、無になってしまえるといいなあ。

関連記事
スポンサーサイト



[2013/10/17 15:29] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
| ホーム |