FC2ブログ
ぱにーニィ、不要不急の外出自粛により引き籠りの四月。
明け方、
待宵月の南東に


火星・土星・木星が右肩上がりに並んでいて


広壮なその姿は


神々しい反面、
ちょっと怖い様な気がいたしました。



4月になっても
日中の気温も8℃とかでまだまだ寒いので

未だにホッカイロにフリース着用です。


アパート『とおるちゃんとさとこの巣』の裏手の製紙工場は

この時期は毎年操業中断になりますが


隣のきのこの工場のにおいが
かなり厳しい時が度々あり


肺と喉が痛くて耐えられない時は

ぱにーニィんちに退避して
やりすごすさとこであります。




リバーサイドで餞別にいただいたお花たちが
二週間経ってもこんな感じで
20200415まだ元気


20200406お花


最近の切り花って、
ずいぶん日持ちするんですねえ。


出勤最後の日に

事務員さんが駐車場で
大きく手を振って全身使ってお別れを惜しんでくれてた姿は


まるで、怪我をした渡り鳥が元気になって「元気で暮らすんだよー」と海に返されるドキュメンタリー映画の1シーンのようでございましたよ。




リバーサイド卒業の翌日には、

電話番号を交換した看護師さんから早々と連絡をいただき


ワカメ採ってきたんだけど食べない?ですって!(゚∀゚)


もちろんいただきますともおー。
20200331採りたてワカメ


おうちまでの道順を聞いて、飛んで行きました。


勤務中にはなかなか雑談なんてできなかったから

これからは、お食事とかお茶とか気軽にしましょうって

あれこれお話できてうれしかったです(≧▽≦)


お湯にさっとくぐらせたワカメを、
蕪のお味噌汁(落とし玉子入り)に入れただけで、
さっとゆでて お味噌汁にIN

はああ、幸せ。

磯の香りに包まれてうっとりです。




一年三ヶ月の間、リバーサイドの誰にも怪我を負わすことなく任期満了し、
心底ほっとしたぱにーニィ、


今度は、

リバーサイドでのできごとを懐かしく回想し

喪失感にずっぽり浸っているようです。


仲良くなった介護福祉士さん達が
ぱにーニィのアパートに訪ねて来てくれたことがあって

ぱにーニィ狂喜。


スイーツ食べたり

近所の土手でささやかなお花見を楽しんだりしたそうですよ。


さとこもプリンもらった。えへへ。
遊びに来てくれた




さとこが訪問介護事業所ビタミングリーン(仮称)から帰ると


心配していたぱにーニィが「大丈夫だった?ごはんどうする?食べに来る?」って、


まるで下宿のおばちゃんちの離れに住んでいるような快適さのさとこであります。


左上から
ヤタラ漬け、買ったアラ炊き、ホルモン焼きそば、お味噌汁。
ヤタラ漬け、アラ炊き、ホルモン焼きそば、味噌汁


ほぼ毎日登場する、ぱにーニィん家のヤタラ漬けは

信州の方の郷土料理のやたら漬けとは違い、浅漬けです。

202004ヤタラ漬け

ベースになるキュウリ・ピーマン・茄子・塩昆布があれば

人参やブロッコリや、何を入れてもいいらしい。


夏になったら
ぱにーニィの実家の茗荷を採りに行って

どっさり入れるのがとっても楽しみ。


お野菜の香りで玄米の甘味が引き立つので、
のっけてザカザカいただきますよ。
玄米と浅漬け


もち麦ごはんに天カスと温泉卵をのっけたやつ。
20200422モチ麦リトル天ぷら丼

天カスについて
いつもお邪魔させていただくブロガーさんが、

「メインの食材と一緒に天ぷらになるはずだったのに、何の因果か本体から引き離され別々にはぐれてしまっただけでカスと言われる。
分離して一つの本体として成り立つべく、リトル天ぷらと呼んであげようと決めている。」っておっしゃるんです。


てなわけで、これは『リトル天ぷら丼』。

サクサク美味しいね、リトル天ぷら!


湯気のソフトフィルターでドリーミーな仕上がりに見える
赤板かまぼことモヤシのチリソース。
0419モヤシと赤板かまぼこチリ

里の大祭のおさがりの大量の赤板かまぼこをどう使おう、って考えた末、
こうなりました。


手綱にねじるなんて技が効いてます。


ぱにーニィ、いろんなこと思いつくなあ。


ワカメのおいしさが忘れられず、ボイルワカメも買ってきてました。
20200422ヤタラ漬け、ボイルワカメ、しいたけと人参と蕪の味噌汁

採れたて生ワカメの感動とは違いますが、

酢味噌、ポン酢でいただけば十分おいしいよね。


この日のお味噌汁の具は かぶ・人参・しいたけで


翌日は玉ねぎたっぷりのお味噌汁に落とし玉子。
と、メインは納豆炒り卵。
ヤタラ漬け、納豆炒り卵、玉ねぎの味噌汁


沖縄で買ってたアーサも
お味噌汁にして使い切りました。
海苔ゴハン、アラ煮付け、こてっちゃん、アーサ味噌汁、ヤタラ漬け、トマトサワー
(海苔ゴハン、アラ煮付け、こてっちゃんとモヤシ炒め、アーサ味噌汁、ヤタラ漬け、トマトサワー)


ヤタラ漬け、玄米、高菜と揚げの卵とじ、白蕪の味噌汁、トマトサワー、ジャガイモ煮。
やたらづけ、玄米、高菜卵とじ、蕪の味噌汁、トマトサワー、ジャガイモ煮

玄米と高菜卵とじはさとこ持参。ジャガイモ煮は里の母作。

さとこ、幼少の折には嫌いでしたが
かぶのお味噌汁って、ほんと、おいしいねえ。


袋入りの茹で蕎麦も常備していて
干した赤かぶのお汁の蕎麦。やっぱり落とし玉子入り。
干し赤カブ蕎麦

さとこが落とし玉子好きなので
何にでも入れてくれてます(・∀・)


はてるまの義母からタラの芽を大量にもらい
20200420タラの芽


定番の天ぷらではなく、あっさりした食べ方はないかなあって
薄く溶いた小麦粉をつけて焼いてみました。
焼いてみた

アツアツに塩を振りかけていただきます。


この食べ方好き!

次々焼いて、結局みんな食べちゃった(・∀・)




不要不急の外出を避け


ギターを出してみたり
ギター弾いてみたり


巨大に成長した座りだこを削ってみたり
美脚メンテナンス


有意義な生活を続けているように見えるぱにーニィですが


半月を過ぎる頃から
なんだか様子がおかしい。


やたらイライラして
同じことを繰り返し憤慨してるし

話し方がどもるようになった。


これって


自粛で制限された生活が続いているフラストレーションと

連日の報道で不安感をあおられることが原因の


コロナブルーってやつじゃないの?


今まで、さとこを連れていろんなところに出掛けていたのに

さとこが訪問介護事業所ビタミングリーン(仮称)に通い始めてしまったから


ぱにーニィはその間、誰とも会話することなく不安感にどっぷり埋もれて


このままでは


メンタル面の不健康が進展していくのみではありますまいか。




日光を浴びずに閉じこもっていてはイカンと思い

お散歩に誘い出しました。


外に誘い出す

なんだかんだごねて

なかなか引きずり出せなかったけど


一度体験してみたら存外に楽しかったらしく


さとこの勤務が終わり次第お散歩に出かけるのが日課になりました。


重かった足取りも

日に日に軽快になってきて


あれっ?
さとこ、腰痛が楽になったかも。


朝起きる時は腰痛でしばらく動けなくて、

くしゃみするときなんかも、覚悟を決めて衝撃に備えたりして

年のせいの腰痛だと思ってたけど


そういえば、背筋腹筋を鍛えることをすっかり忘れていましたのね。


さとこ、努力不足でした。


これから毎日歩こうね。


継続は力なり。




ところが、
お散歩始めてまもなく


今度はぱにーニィがおしりが痛いとか言い出すから

どした?と思ったら


ぱにーニィ、なんと、こんな錘を仕込んでお散歩に挑んでやがりました。
こんなもん撒いてやがる


薄氷のようにもろい腰を持っているくせに

これはいかんだろう。


外して歩いたほうがいいよと言っても聞き入れず

日に日に悪化する痛みをこらえながら


神社の階段を上り下りしたりを続けた結果


2か月目に入って間もなく、とうとう激痛で動けなくなって。


パナソニック エアーマッサージャー 骨盤おしりリフレで痛みの緩和を図る。
おしりフレ


あんまり効果なく、
続いてお灸をすえてみたら


一層悪化したようで


これは骨肉腫かもしれんと
這うようにかかりつけの整形外科さんへ行ったら


「ただの筋肉痛だね」って
痛み止めだけ処方してもらって生還しました。(・∀・)


ほんとに筋肉痛でこんなに痛いの?って不思議な気もしますが

とりあえず日にち薬のようでよかったです。


何事も


「ちょうどいい」を知らないぱにーニィ、


当分は引きこもりに拍車がかかりそうです。

関連記事
スポンサーサイト



[2020/05/20 04:17] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム |