FC2ブログ
自治会辞めました。
さとことぱにーニィは
2013年末から自治会に加入しています。


管理会社から
アパート住民は入る必要なしと言われていたんだけど


アパート100世帯に自治会の案内が送られて


そのとき、7世帯が加入しました。


でも
そのうち4世帯は

いつの間にか引っ越しちゃったそうで


役場勤務で実家が町内のH田さんを除いては


アパート住民は
ぱにーニィとさとこだけになりました。





自治会の話し合いや行事は大抵日曜日にあり


リバーサイドで働き出して
日曜日が出勤になってからは


さとこもぱにーニィも
全く参加できてません。


一斉清掃を欠席すると
協力費2000円を払わないといけないし、

地域の人との交流のせっかくの機会なので

なんとか参加したいんだけど


いつも
勤務希望が締め切られたあとに行事の案内が来る。


年間行事なんだから

1年分の開催日は年初に決めといて欲しいよなあ。




自治会の夏祭り。


久しぶりに日曜日がお休みだったので出かけました。

夏祭り2


毎年、焼きそば・フランクフルト・かき氷なんかの屋台を出すので

準備会議で
どの班がどの出店を担当するかを決めます。


さとこたちの班はビール担当らしい。


お手伝いできなかった代わりに
せっせと呑んで協力するぱにーニィです。




婦人部では、災害時用のストックのお米でカレーライスを作ります。

100円カレー

これがなんと100円。


甘口と辛口の二種類が用意されてました。


婦人部の活動も、

いつ、どんなかたちで決まるのか

さとこは知りません。


部長さんのおはなしでは


アパートはみんな同じでわかりにくくて

お誘い文書を投函しなくてごめんなさいね~

とのことでした。


お手伝いできなかった代わりに
せっせと食べて協力するぱにーニィとさとこです。

何杯目かのカレー


売れるペースが落ちると

売り子さんがお盆にのせて回って来られるので


7杯も買ってしまったわ。


4杯食べて

あとの3杯はさすがに持ち帰りましたよ(゚∀゚)




涼しい時間になると

夏祭り5


浴衣姿のかわいい子供たちが増えてきました。


盆踊りが始まり、さとこもぱにーニィも並びます。


夏祭り4


二重の円になった踊りの輪。


音楽が流れ、円が動き始めますが


スマホを構えるお母さんとポーズをとる子供たちで、

盆踊りの輪のあちこちが崩れています。


立ち止まって待ったり

避けたり

後ずさりしてくるのにぶつかったり。


お手本の先生を見ながら踊りたいけど

危なくてよそ見できません。




続いて

花火大会。


これがなかなかにスぺクタルです✨

点火1

点火2

点火3

夏祭り12

夏祭り13


危険と隣り合わせな打ち上げ花火の後は


子供たちの手持ち花火。


怖くて泣く子、振り回して大はしゃぎする子。

夏祭り14



お祭りのフィナーレ、万灯。

夏祭り15

夏祭16


声援や拍手はまばらで


花火や万灯を背景に

やっぱり我が子の写真撮影。


お祭りの楽しみ方も

なんだか変わってきているなあと感じましたよ。




さとこの自治会では
班長さんは2年任期です。


班長さんが変わるたび、

留守がちなさとことぱにーニィは電話番号を伝えて、

用事があるときに連絡を取ったりお家に伺ったりしていました。


自治会の名簿は、なぜか住所の書き写し間違いがあるようで


ぱにーニィもさとこも、

その都度

部屋番号や番地の訂正をお願いします。


そのせいか、

町報が配布されない月が数回あったため、


昨年度の班長のY根さんは特に気にかけてくださっていて


自ら届けてくださったり


日曜日の一斉清掃欠席の協力費や
集会の委任状を持って相談に行くと


環境衛生部や会計宛なのに気軽に預かってくださったり


そのまま話し込んだり


ずいぶん懇意にしていただいてました。




今年度は

年間行事予定表の各戸配布が廃止になったそうで


花壇の水遣りや集会所清掃の当番がいつなのか

案内が来ないままでした。


新班長のH川さんに電話番号をお知らせしたのですが

さとこ側には連絡先を教えていただけず


3月の役員交代時に集金に来られて以降は


接点がないままあっという間に半年が過ぎて




9月。


自治会だよりに

10月からは班がさらに細分化されて
組分け体制導入とありました。


防災訓練も組単位で実施されるようですね。


自治会費、班会費、共同募金等の集金がある月なので
早く払ってしまいたくて連絡を待つけど


なかなか来られません。


ある朝

7時にシャワーを浴びておりましたら、

チャイムが立て続けに押され


焦って出てみると誰もいない。


そしたら


今度は電話が鳴って


寝ぼけ声のぱにーニィから

「今、組長さんってひとが来られていて、あなたがいつもいないって」。


さっきのピンポンはそのひとだったのか、と電話を代わってもらったけど、


組長さんは自分は名乗られず、

さとこの連絡先だけ聞いて切ってしまわれました。


近々行われる防災訓練が垂直避難で

いつもの集合場所に避難せず


組長が組員の安否を電話確認しないといけないのだそうです。




ぱにーニィ「今の人、誰?」


いや、さとこに聞かれても。



自治会長さんに電話したら


ぱにーニィとさとこは同じ7組の組員で、

その人は7組組長のI倉さんだろう、とのことでした。




ぱにーニィがおもむろに口をひらきました。
「前々から考えていた。自治会を脱退しようと思う」


さとこもひとりで活動に参加する勇気はないので

一緒に辞めることにしました。


さとこの町では
昭和のままの古いしきたりやルールが今も生きていて


保険証が役場で手渡しだったり、


町指定のゴミ袋が
イオンやコンビニには取り扱ってなくて

公会堂や酒屋に買いに行かなくてはならなかったり、


防災無線の警報がけたたましく鳴り響き

ミサイル発射か?と身構えたら


「○○付近が火事です!」って


…それって、見に行けってことなの?


そんなふうに

現在の社会とはかけ離れていると感じることがよくあります。




歴代の班長さんたちはみんな揃って、

この町には新しい意見を言いにくい雰囲気があると

言っておられました。


班長さん以外にも
話しやすい方も何人か居られ


新年会などに参加できるのはうれしかったけど


町の重鎮さん方の中には
集まりの度に「アパートのもん等は…、」と言いかけて

さとことぱにーニィに気づいて言葉を濁す、ってことが何回かあったんで


いっそ、いない方が

みんな気兼ねなく発言できていいと思う次第です。




自治会長さんに脱退の意向を伝えたら


引き留められた上で「脱退を認めるか、みんなで検討します」と言われ、


その後は
なんの連絡もなかったけど


集金にも来られず

避難訓練の安否確認もありませんでしたので


さとことぱにーニィの自治会脱退は

スムーズに受理されたようでございます。


今頃、

だからアパートのもん等は、って言われてるかなあ。


でも、

きっと


ホッとしておられるんじゃないのかなあ。( ̄ー ̄)

関連記事
スポンサーサイト



[2020/01/15 09:29] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |