FC2ブログ
お薬に悩むはてるま父母と、停電のこと。
はてるま父の通院記録、9月。


脳神経内科と内科、月2回の通院が
同行する義母の負担になっているため

1日に二軒ハシゴしてみることになりました。




待ち合わせ場所のバス停に7時50分にバスがやってきて、
降りてきた義父母と合流し


軽バンさとこ号に乗り換えて、
内科のM医院には8時30分着。


空いている時間なので、


診察していただいて

隣の薬局でお薬受け取って


9時20分にはもう出発できちゃいます。




脳神経内科Y病院には
9時40分に着きました。


今回はお薬について相談したくて

さとこも一緒に診察室に入ります。


義父が処方を受けているお薬は、
どれもが丸くて白い錠剤。


台所に貼ったカレンダー式のウォールポケットに1週間分入れるんだけど


義父、自分のこだわりで

お薬をまずは別の空き瓶に入れ替え

さらにまたそれを《朝》とか《昼》とか印刷してある使用済みの袋に入れ直して

その中の整腸剤は自分で数を調整します。


手からこぼして足元に錠剤を落としているのが義母の逆鱗に触れ

頻繁に勃発する家庭内紛争の火種のひとつになっておるのです。


そんなら

脳神経内科Y病院の処方の整腸剤を

1包化から外して、ヒートで出してもらうか

または、脳神経内科Y病院からは止めて、内科のM医院から出してもらったらいいへん?




脳神経内科Y病院はいつもたくさんの患者さんが来られるので
けっこう待ちます。


義父はリラックスしてますが、

待つのが苦手な義母の方がイライラして辛そうでしたよ。


やっぱり次月の通院は、1日1か所にしましょうね。


とりあえず、
落ちている薬が側頭葉てんかんの発作を抑える薬でないことが
義母にもわかればいいので


台所に貼っておきました。
  ↓
お薬をのもう






翌10月、


義父は、義母と二人で脳神経内科Y病院へ行き、

整腸剤をヒートで出してもらったのですが


帰宅するなり
ヒートを全部プチプチ開けて、空き瓶に入れ替えてしまったそうで


制止しようとする義母と、またもバトル。


ありゃりゃ(゚∀゚)


まあ、今のところ、側頭葉てんかん発作は起きてないんだし


大事なお薬は飲めてるだろうってことで

このまま様子見ですね。




M医院受診は15日。


あっという間に診察が終わるので

いつものケーキ屋の10時開店が待てず


9時半に開店する別のお店を開拓しました~。
201910通院日

社長の応接室みたいな、高級感あふれるケーキ屋さんでしたな!




義父、夏以降、少しやつれていたので


前回、お医者さまから「たんぱく質とってね。赤身のお肉とか」って言われたら

以来、「牛肉が食べたい」と毎日リクエストがあるそうで


その日も、お昼は回転ずしに行ったのに

大好きな海老よりも

カルビとかローストビーフとか歯ごたえがある握りのお皿に手を伸ばして苦戦してました。


カツオやマグロやブリや、サバもアジも
赤身だよって勧めたんだけどな~。




その前夜のこと、


さとこはリバーサイドから帰って

翌日の義父通院に備えて早めに就寝してたら


防災無線がピピピピピピと鳴って目が覚めました。


寝ていたつもりはなかったけど
ついさっきまで山積みのゴタゴタで途方に呉れていたため


それは夢だったようで、さとこ、ひと安心。


リモコンに手を延ばすけど、電灯が点かない。


電池切れかなと思ったら、急に明るくなった。


なんだ。停電だったのか。


でも点いたのは一瞬で

そのあと再び真っ暗に。



風雨に煽られながら玄関から様子を見ると

雨雲に遠くの光が反射してぽうっと明るい。


国道の街灯らしき明かりも見えたから

広域の停電ではないのかな。


それにしても空気が重いなあ。


暗いのはいいけど
扇風機と空気清浄機が止まって空気が動かないのがやりきれん。


さとこ、空気が流動していないと息苦しくて

扇風機や空気清浄機を
1年じゅう回しておるのです。




台所の椅子を三つ並べて

誕生日にもらった筒状毛布に潜って
ウツボかうなぎみたいに寝ておりましたら

明け方復旧しました。


3時間ぐらい停電だったみたいです。


パソコン立ち上げて、停電のお知らせを確認。


【台風19号による強風で巻き上げられた海水の塩分が電気設備に付着し、
雨によってショートする塩害が原因とみられています。

14日未明には、
日本海沿岸の地域で、広い範囲にわたって「電線から火花が出ている」という通報が相次ぎました。
調べたところ、電柱や鉄塔の周辺など、市内の電気設備の少なくとも20か所で火花が出て電線が焼ける被害が確認されたということです。】


だって!


いろんな現象があるもんですなあ。

関連記事
スポンサーサイト



[2020/02/07 14:29] | ・お医者さまの管轄 | page top
| ホーム |