FC2ブログ
さとこ、おさかなまみれ。
沖ギスの塩焼き。
170219キス塩焼き


さし鯖の塩焼き。
夫婦さば。


カサゴの塩焼き ちくわ添え。
竹輪とカサゴ


めざし。 リピ率高し。
190820めざし


カニカマ。
180812かにかま。

更に購入頻度高し。


ゲンゲの干物。
ギドとキムチ

噛み切れず奮闘してたら
ぱにーニィがハサミでちょきちょきしてくれました。


なんかのお魚の卵の煮つけ。 多分ブリかな?
蕪のヘタの味噌汁、蒸しネギ、たまご


またまた沖ギスの塩焼きと
お刺身の端っこは からし酢味噌和えで。
酢味噌和えとキス塩焼き


殻ごとエビとヘチマの味噌汁。
えびとヘチマの味噌汁


ハタハタの唐揚げ。
180729ハタハタの唐揚げ


イオンで買ったニシンの塩焼き。
骨切りしてありましたよ。
180328にしん


義父母と行った回転寿司に
生ニシンの握りがあったけど
にしんの握り

とってもこってりしてるから
さとこは焼いた方が断然好きですね。


カツオのタタキ。
160828かつお


そして
マンボウの切り売りのお刺身。
マンボウ解体2





なーんちゃって。


マンボウ、実は食べたんではなくて

見に行ってきましたの。


マンボウ博士・澤井悦郎先生のトークショー。
180407DSC_6213.jpg


このポスターが貼ってあったから

もう行きたくて行きたくて。


ぱにーニィに連れてきてもらいましたの。

180407DSC_6354.jpg


古い酒蔵を改修して利用されているんだそうですよ。


180427DSC_6323.jpg

そこらじゅう剥製だらけです。


ホホジロザメとか、クロマグロとか、シュモクザメとか

700種類、4000点ですって。


4-DSC_6325


天井に見えるとげとげは


ハリセンボン。
5-DSC_6324 とげとげ

ハリセンボンだけでも
千匹ぐらいいたりして。(≧▽≦)


日本一の巨大マンボウ、2.8m。
1-180407DSC_6319


正面から見る。
2-ばんざい。



わーい。なんだか幸せそう。
3-ばんざいマンボウとぱにーニィ


先ほどの生マンボウの写真は

マンボウ博士・澤井悦郎先生による
マンボウ解体ショーの様子でした。
マンボウ解体1


説明を聞きながら
こうやって触らせてもらえる。
180407DSC_6343


澤井悦郎先生のトークショーは
めちゃめちゃ面白かったです!


江戸時代の文献や絵画の展示もたくさんありました。


「其肉潔白ナリ油多味ヨシ」と記録が残っているけど

江戸時代はどうやって調理してたんかな。


とりあえず澤井悦郎先生著書をゲットしたので
マンボウのひみつ


読んでみたいと思います。


午前中のマンボウお肉試食会では
味噌煮と唐揚げを体験できたそうですよ。


マンボウグッズも沢山売ってましたが

選びきれなくて…涙。


次回こそは厳選してゲットしたいです!


まずは
回転寿司でマンボウを見たら

せっせと注文して
需要拡大に貢献しなくてはーッ。 ( ̄0 ̄)/ オゥッ!!



関連記事
スポンサーサイト



[2019/12/01 04:02] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |