FC2ブログ
安定した生活設計への遠い道シリーズ⑤ 家探しと、里の大祭を終えて考えたこと。
ってなわけで


家賃ひとり4万、合計が8万円を上限として

賃貸住宅を探しはじめたのが、

とおるちゃん9回目の命日の後。




さとこの町の近くに


間取り 4LDK  面積 127.00m²
敷金/礼金 無/1ヶ月

1階   リビングダイニングキッチン 10帖、 和室 8畳、 和室 6畳
2階  和室 8畳、 洋室 6帖

システムキッチン 、 給湯 、 バス・トイレ別 、 シャワー 、 温水洗浄便座 、 エアコン2台。

駐車場2台込み、3台目3000円。


なんてのがあった。


そしてなんと、1階と2階にトイレ・洗面台があるって。


おんなじもの食べてお腹が下っても
二人同時にトイレを使えるよ!


2階の二部屋を

ぱにーニィの部屋と、
とおるちゃんとさとこの部屋に。


1階は
来客用と、機材の出し入れが楽だから楽器部屋。


ハウスクリーニングの道具も整頓して置けるし

家周りに
換えタイヤ3台分に
自転車とスクーターも停められるよ!


これで賃料は 7.6万円。


「食器棚、収納棚つき、カーテンはプレゼント」となってます。


理想的なんじゃないの?
と、早速見に行きましたー。




そのおうちは
でっかいお屋敷をぐるりと囲む塀の中に建っていました。


そして、真横にある大家さんが住んでいるらしい母屋との距離
1メートル程度です。


想像するに
子供一家に二世帯住宅を建ててあげて
なんかの理由で使わなかった、ってとこでしょうか。


これでは
深夜に出入りしたり、機材を出し入れしてたら
苦情が来ちゃうなあ。


しかも
家の前の通りは

アスファルトがガタガタの道路で道端も狭く、
道路横の用水路にはガードレールがないから

軽自動車がすれ違うのにもドキドキ。


普通車を運転しているさとこの母なんか、
まず、来れないだろう。


借り手がいないのは
そういうことなのね。


とっても残念だけど、次を探す。




こちらは平屋です。


間取り 4LDK 面積 50.48m²
敷金/礼金 1ヶ月/1ヶ月

リビングダイニングキッチン 14帖 、洋室 6帖、 和室 8畳、 和室 6畳、 和室 4.5畳 。

システムキッチン。温水洗浄暖房便座。

駐車場3台込み。

緊急サポート550円/月・月額保証料:賃料総額の1パーセント・CATV


賃料 6.5万円 (管理費等:-)。


行ってみたら

庭と物置までついているし

ぱにーニィがお気に入りで日参している台湾料理屋さんまでは徒歩圏内。


ぱにーニィ、いたく気に入り、
これなら賃貸ではなく買いたいなあ、いくらだろう、とまで言い出す始末。


とりあえず、
いよいよの場合は共同生活の道も拓けていると確認できたので
さとこ、ちょっと安心いたしました。




そうするうちに、さとこの里である教会が大祭の時期となり

準備のため、兄が日曜日に帰省してくれました。


里までの帰り道途中でさとこを迎えに来てくれて
二人1台の車で一緒に里に向う。


聞けば、
兄、今日帰ること、母に告げてないそうですよ。


「前もって何日に帰るからっていうと、お母さんにもいろいろ都合があるのよっ、て怒るし。面倒くさいんや」なんだって。


里についてみたら、母は不在で鍵がかかっていたから
庭の草取りを始めました。


教会の庭では、母が小さな家庭菜園をやっていて

ナーベーラー(へちま)、ハンダマ(水前寺菜)、プチトマト、ナス、ピーマン、ニラ、アスパラガス、オクラなどが
買わずに手に入ります。


旬の味覚や薬味の
山椒、紫蘇、大葉、ローリエにも困りません。


柚子、スダチ、夏みかんなどの柑橘類も、
消費が追いつかないぐらいある。
1,柚子の収穫
(ぱにーニィが完全武装でトゲトゲだらけの柚子の収穫に挑んだときの写真)


改めて里の庭を見て

我が家って、宝の山だったんだなと今更気づきました。


母は、以前から、
庭付きの家じゃないと嫌だって常々言っていて

でも、ズボラなさとこは、
管理が大変だし虫がいるしで、面倒くさいと思っていたんだけど

食費も浮くし、

庭付きっていいなあと、
掃除をしながら考えた次第です。




さとこが生まれ育ったこの家は
名義がややこしい扱いになっていて

母が住まなくなったら更地にして明け渡さないといけないので

兄一家もさとこも、将来ここに住むわけにはいきません。


生まれた家が無くなることに対しての
寂しさをようやく感じるようになった

さとこ、54歳。


余談ですが
グーグルマップ上のさとこの里の家には
2014年の大祭直前に行方不明になってしまった里の老犬ちゃんたん(過去記事)が
今もまだ写っているんですよ。
Googleマップ上では今も生きている
(よちよちしか歩けず、目も見えず耳も聞こえないのに、柵から忽然と消えたちゃんたん)


この写真が更新されて
ちゃんたんの姿が消えてしまうと

寂しくなるなあ…。(。pω-。)




昼過ぎになって、
外出先から母が帰ってきました。


早速、兄は母から
「帰るなら帰るって言いなさい。お母さんにもいろいろ都合があるのよ」って怒られてた。


予め言っても、言わんでも、
結局どちらにしても怒られる。

長男は大変なんやなあ、兄ちゃん。


ちょっと前、母の誕生日に

母の壊れたままだったパソコンを、兄と共同出資でプレゼントした際

ぱにーニィが、セールの先着50名のオンライン限定クーポンをゲットしてくれて

ぱにーニィとさとこが購入の段取りをしたため


さとこを恐れている母から、「さとこに迷惑をかけるな」と激怒された兄。


以来、仲直りするタイミングが図れないまま、1カ月が経っていたらしい。


そんでも、母、
「あんたたちはお母さんの都合なんか考えず、ほんと勝手だわ」とプンプン怒りながらも泣いていたから

兄と会えてよかったようですよ。


その日の午後は
大広間のお掃除をし
1、椅子の準備

教会の将来についての家族会議で終わりました。




その後も、
さとこは

母が新しいパソコンに手こずっているので
ちょいちょい見に行ったり

せんねん灸をすえたり。


上機嫌で昼ご飯を作ってくれる母。
里めし。
(ちょっと高級げな食パンを買っていったら、こんなん作ってくれた。グラスの中身は甘酒のトマトジュース割り。)




大祭当日。


前夜、旧パソコンが起動せず、印刷物が間に合わないなどで

祭典直前まで大わらわだったりのハプニングもありましたが
無事に終了いたしました。


記録写真たち。

神殿お供え物と
2018秋季大祭1

1,2018秋季大祭2 3、2018秋季お花。

霊殿お供え物。
2、2018秋季あとはお魚だけ
(鮮魚をお供えするのは祭典直前なので撮り忘れました。)


受付。
2018秋季大祭4


全員で10数名の、こじんまりしたお祭りです。
1,2018秋季大祭3 1,2018秋季5


さとこ、今回はお直会にも参加いたしました。

自分で言うのもアレですが
大進歩だと思います。


ひとと交流できて
コソコソ隠れないですむと

お片付けも楽ですね。


次の春の大祭も
こんな感じで、うまく乗り切れますように。





この日はぱにーニィのお父さんの命日でもあるので

お父さんの大好きなハマチ(がなくてツバスでしたが)のお刺身を買って
ぱにーニィのアパートへ。
2018お父さん命日おそなえ

お刺身の雑な盛り付けはスルーしていただいて

この鯖の塩焼き弁当、
鯖の存在感がすごいでしょ?

甘塩で、焼きたてはすごくジューシーでした。


「誰のプロデュースだ?」って、ぱにーニィも狂喜してましたよ。


ぱにーニィが作った蕪とお揚げ入りの蕎麦も
とっても美味しいです。
1,蕪ダシ蕎麦



翌日、ぱにーニィと里のお片付けに向かい


その日の晩ご飯はおさがりの鯛。
1,おさがりでごはん2日目


その翌日はおさがりのイサキ。
1,おさがりでごはん3日目
骨が固いし小さいしで、ちょっと面倒だけど美味しいんだなあ。




母が里に住めなくなったら、

里の片付けでてんてこまいになるんだろうな。


はてるまの父母も

さとこだって
ぱにーニィだって

この先どうなっていくのか


そんなことを考えると


わざわざ自分から変化を選ばなくても


今あるものは大事にしたいなと
思うようになりましたよ。


大祭も、


後、何回できるのかなあ。

関連記事
スポンサーサイト



[2019/01/18 08:17] | ・明日のために、その壱。 | page top
| ホーム |