FC2ブログ
今日も元気でお迎え待ち。
昨年11月のこと。


義父の通院&買い物日デーで
はてるまのおうちに義父母を送った帰り、

とおるちゃんによく連れていってもらった山道を
回り道してみました。

201811回り道1

201811ススキまだ


雨上がりの曇り空だから

気分の高揚にイマイチ欠けますが


12月にはこの道、冬季通行止めになっちゃうから、その前に。

201811ススキまだ2

ススキの見頃にはまだ早かったみたいで残念。




ウツウツ絶頂期だったころには
死に場所と決めて心の拠り所にしていた、

標高900mの絶景の高台に行ってみたんですが


あの頃は、
夜中でも草っぱらをがさがさかき分けて進んでいましたのに


平常心になった今は、

なんだか怖いかも。


しかも、最寄りの駐車場が


ややっ。

このように人気のない場所なのに工事中である。
えっ。遊歩道整備!?

『遊歩道整備工事』ですと。


さとこが自力で行ける、星にいちばん近い場所で


日没後は車も通らない、


お気に入りのスポットでしたが


こうやってどんどん開発されて

レジャーとかデートの名所になっていくのですね~





義母が育てたパクチーを
この日貰って帰り

201810月のパクチー


ぱにーニィがトムヤム風ウインナスープを作ってくれて

ワサワサ入れたら

あまりにもおいしかったものだから

ぱにーニィ作酸っぱいスープにベストマッチング


翌日、ぱにーニィの運転で
はてるま母にまたおねだりしに行って


そのあと、ススキ見に再挑戦デス。

20181117-2


今度はコースを変えて

とおるちゃんお気に入りのキャンプ場方面へ。

20181117-4キャンプ場


とおるちゃん生前には


ここに一緒にテント張って


バーベキューしたり

クマ避けの手持ち花火をしたり

たき火に枯れ枝をくべて、燃えさかる炎を見つめたり。


楽しかったなあー、あの頃!


キャンプ場隅にあるトイレには電灯が無いから

さとこがシッコする間、とおるちゃんがついてきて
窓の外から懐中電灯で間接照明してくれてましたよ。


とおるちゃん、とーっても優しいのです。




このキャンプ場、どうやらずっと先まで道が続いていて

ぱにーニィが「どうなっているのか、行けるところまで行ってみようよ」って


そしたら


おおーっ。


こーんな広々。
20181117ススキ-3


とおるちゃん、もしかすると、ここもお気に入りのツーリングコースだったかもですよ。

20181117-1.jpg

20181117-5


ぱにーニィ、すてきなところに連れてきてくれて

どうもありがとうね。


来年、

夕陽に透ける金色のススキを見に

また、来れるといいなあ。







そして


先だっての、1月の半ばのこと。


さとこ、去年夏まで通っていた公民館活動グループのセンパイの
お葬式に参列しました。


小柄なセンパイ、

背筋がピンと伸びてカッコよくて、

品が良くて


集まりがある時には
手づくりのスイーツを差し入れてくださったり


88歳でグループ内最年長だなんて思えませんでした。


満州から引き揚げて来られたため、

お洒落な感じの大陸の歌がお得意でしたのよ。


さとこが入部した直後から、ご主人の介護のため活動を休止されていたけど、


2年前にご主人が亡くなられ、

閉じこもってないで外に出た方がいいよ、とみんなから誘われて

公民館グループに復帰されてました。


さとこと隣り合わせになったとき、

「あなた、初めてお会いした頃から比べて、ずいぶん明るくなられたわよ」と喜んでくださった穏やかな声が


今も耳に残ってます。




センパイが旅立たれたのは

普段、離れて暮らす家族が全員揃っての
ご主人の三回忌法要終了直後のことだったんですって。


息子さんたちの住む関東に
墓地を購入済みなんだけど、

センパイ、ご主人と離れたくなくて、

ずっと遺骨と二人暮らしでした。


でも、三回忌が終わったら納骨すると話が決まっていて


法要が終わり、

お客様を見送った家族が室内に戻ったら


そこにセンパイが横たわり

もう、心臓は停止していたそうです。



センパイ、その前日まで

生涯学習の教室に参加したり

ゲートボールで遠征したり


意欲的にハツラツと日々を送っておられました。



センパイが急逝された日は

奇しくも、ぱにーニィのお母さんの命日なので


さとこはこれからもずっと

センパイを忘れることはないんだろうなあ。




息子さんが喪主挨拶で


「母は父の遺骨と別れるのが辛くて、

父も母を置いていくのが忍びなくて、連れていったのでしょう。

二人一緒に納骨してやることができます。

これからもずっとおしどり夫婦でいてくれます」


って、
むせび泣きながら。


さとこにとって、
毎日願い続けた夫婦の絆のかたち、
そのまんまですね。


息子さん達とてもお辛いだろうのに、

こんな不謹慎なこと思ってごめんなさい。


でも、別れは必ず来るんだもの。


センパイが一人の時に倒れたりして
息子さん達、慌てて駆けつけて事故でもあったら大変だし


センパイにとって、安心できる旅立ちだったのではないのかな。




さとこととおるちゃんの場合、


あの事故の日は、とおるちゃんはお休みで
さとこを送ってくれて


お仕事終わったら迎えに来てくれる約束をしていて


だから今も


いつ来てくれるかなーって

待ち遠しいんだけど


なんせ、さとこ、ドラッグストアの血管年齢無料測定したら、
ほれ。
 ↓
10歳も?

どんな衝撃にも耐えられそうに
噛みごたえのある血管で

血管年齢が実年齢より10歳若いって診断結果で


お迎え、いったい、いつの事やら。
(それより脈拍38って数字の方にびっくり。ゾウじゃあるまいし。)


ついでにぱにーニィの血管年齢も測ってみたら


あっ。
さとこより5歳老けてやがりますよ。
年齢相応


ぱにーニィ、お料理好きのくせに

「三食ともラーメンライスとマヨネーズでもいいよ!」なんて
不健康極まりない暴言吐いてるからなあ。


さとこより早死にされても困るので

今日の持ち寄りごはん、お野菜増し増し。
201811ご長寿ごはん2 201811ご長寿ごはん1


どっかのスーパーのお野菜コーナーの標語に

【野菜食べ 未来の健康 つかみとれ】

っていうのがあったからね!


こんなして

『健康寿命=寿命』をゴールに掲げて


今日も楽しく元気に
とおるちゃんのお迎え待ってる


さとこなのであります。





関連記事
スポンサーサイト



[2019/02/26 20:31] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |