FC2ブログ
通勤路のあんなこと、こんなこと。
通勤途中の車窓の風景。

橋の上から鳥さん。
橋の上から


ハウスクリーニングで
窓の桟を洗う手を止めると

雲一つない空。
現場の窓から


夕空には
ヒコーキ雲がいっぱい。
龍の一家

このあともどんどん増えるんで
まるで龍の一族が会合でもしているみたいでしたよ。




ネギ社からの帰り道、

突然の通り雨で虹が。


海から出現した荘厳な姿を写したかったけど

埋立地の建物に阻まれてしまっているうちに消えちゃった。

虹を逃がした


なんだかものすごく寂しくなって泣きそうになったら

虹の代わりに
黄金色のお空。
16時51分の夕日

夕陽をクレーンで吊り上げようとしてみたんだけど。




19時7分。

満月が海から上がってきました。
19時7分。海から昇る月




リバーサイドに通うようになったら


新雪の中のピンとはりつめた空気の中を走る。
181227の7時37分

181229の7時37分ー2


空の色が刻一刻と変化します。
190104の7時18分


対岸町の雪の銀杏並木。

あれは故とおるちゃんのお気に入り。
181229の7時57分


実はリバーサイドは

はてるまのおうちからは
たったの1,2km。


10年前、福祉施設ができると聞いたとき

とおるちゃん喜んで
「はむちき(さとこのこと)、今の職場を辞めて一緒にリバーサイドに行こうや」って言ってた。


さとこはその時の職場に恩を感じていたから
辞めるつもりなんか全然なくて


そして、街を離れて
はてるま父母と同居しながらの会社勤めなんて

要領が悪いさとこには
絶対務まらないと思っていたし。



もしも


ふたりでリバーサイドにお勤めしてたら


あの事故は起こらなくて


とおるちゃんは今も

さとこの隣に居てくれたに違いない。


あ、

いや、


出来そこないのヨメで

離婚されていたかもしれないね




月命日には

お仕事帰りにお墓にも立ち寄って


お参りしてから帰りましたよ。


とおるちゃん、はてるまのお家にいつでも帰れて

あの時望んだとおりになりました。




とおるちゃんが突っ込んだ事故多発地点のあのカーブには
あのカーブ


その後
ガードレールと『右方向屈曲注意』の道路標識が設置され
ガードレールと標識できたよ

死亡事故の起こらない、安全な道路になりましたよ。


とおるちゃんのおかげだよね。

良かったんだよね。


ピンクに輝くヒコーキ雲を眺めながら帰りましょう。
ピンクの飛行機雲




2月2日の朝、6時21分。
ぱにーニィを起こしに行く前の暖機運転中に見上げた空には


お月様と金星と木星がお話しているみたいでした。
1922暖気中の空


とおるちゃん、一緒に見てるかな。


さあ、


今日もお仕事に行こう。
関連記事
スポンサーサイト



[2019/02/10 06:17] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
| ホーム |