FC2ブログ
2018年の結婚記念日
とおるちゃんとさとこの
16回目の結婚記念日前夜のことです。


地ビールフェスタに出演させていただく為のバンド練習が終わったら
ぱにーニィに迎えに来てもらって

その足で高速を飛ばし
出雲に向かいました。


とおるちゃんもお気に入りの、出雲郷土料理&沖縄料理の居酒屋さんで
お祝いすることに決めたのです。


その居酒屋さん、
土曜日は間違いなく満員なのですが

21時を回ってから到着することになるので
予約なしで大丈夫のはず。


金星が三日月を追っかけて一緒に沈もうとしてますよ。
沈むお月様と金星


さとこ、以前は月に寄り添う星をみると
「うわーん あれはとおるちゃんとさとこです」とか言ってべーべー泣きながら暗闇を走って
溝に突っ込んだりもしましたが。




三日月がオレンジ色になって稜線に消える頃、
出雲市に到着しました。


目的地の居酒屋さんは、
出雲駅前交差点を渡ってすぐ、の立地。


ちょうど混雑のピークが過ぎて、皆さんパラパラと席を立つ時間で

予約なしでも無事に入れましたよ!


よかったね、とおるちゃん。


まずは、スルル(キビナゴ)の唐揚げをダブルで。
スルル唐揚げ

衣にまぶしてある青のりが、スルル特有のくさみと苦みにバッチリ合って
箸が止まりません。


スズキの昆布締めと共に
出雲の日本酒飲み比べ三種 。

ビギナー向けの出雲富士、天穏、十旭です。
スズキ昆布締め地酒お味見セット

地酒、これで600円はお安いですよね。

どれもスッキリ。
十旭日は酸味が効いてます。


豚足おでんは
写真撮る前に夢中でいただいちゃいましたが

この唐揚げの豚足も大好き。
豚足唐揚げ

骨まで食べられるから
すぐにおなかいっぱいになるのが困るんだな~


とおるちゃん用に頼んだキレイなお酒、なんて名前か忘れました・汗。
利き酒セットの次はコレ


これは島豆腐の厚揚げ。
お店で揚げたてです。
島豆腐の厚揚げ


ゴーヤーチャンプルー。
ゴーヤーチャンプルー

とおるちゃん、どーよ。
大満足だったでしょ?




さて、今夜の宿泊先は

出雲駅南出口からほぼ直結のスー○ーホテルさんを予約しましたよ。


一泊だし
荷物も車に積んでおけばいいから

節約のため
お部屋はぱにーニィと相部屋です。


6,000円(税込・サービス料込)× 2名のところ

じゃらんポイント3400ポイントを利用したので
一人4,300円のニコニコ価格。


『ロフトベッド付★スーパールームプラン★2段ベッド』ってプランで

じゃらんさんの解説によると
「自慢のスーパールーム利用
ダブルベッド(1500×2000)とロフトタイプシングルベッドが 上下に組み合わさった2段ベッド風のお部屋です」
だって。


どんなお部屋だろうかとワクワクしてましたら


わーい!

こんなのでした~
童心に帰る二段ベッド
(とおるちゃんの遺骨を入れていた青いポーチには、今はちっちゃい写真とお守りを入れてます)


さとこ、実家の部屋もロフトベッドだったのです。

童心に返りますなあ。


ロフトから入り口を見下ろしたところ
玄関見下ろす


ロフトからテレビも楽しむことができますのよ
上階からもテレビ観られます


分厚い低反発マットレスが固いので
ベッドが苦手なさとこでも寝心地グッドです!!


デスクもこーんなに広々
テーブル広々


ただ問題なのは
やたら鏡があって

部屋中が写ってしまいます。
デカすぎる鏡


隠れるところがないから
ぱにーニィが寝ている間とか、コンビニに行っている隙にシャワーと着替えとお化粧を済ませなくてはならず、

ちょいとビクビクいたしました。


お風呂はユニットバスだけど広々と使い勝手が良く。


浴槽の一角がゴム栓置き場になっていて
「こんなん初めて見たよ!」って、ぱにーニィが興奮してましたよ。
初めて見たゴム栓置きスペース


さとこは、
ピカピカの蛇口が鏡の代わりになって便利なことに感動。
鏡にもなる水栓


ユニット式のバストイレは落ち着かないから

さとこはトイレは主に一階の共有スペースのを使わせていただいてました。


もうひとつ驚いたことに

最近は、USB充電端子を壁にいきなり差し込めるのねっ
変換せず直接


しかも
ケータイの充電器を持って来なくても
マルチ携帯充電器という、全機種対応なこーんな優れものが用意してあるって
最近の充電器


スー○ーホテルさんって、設備すごいんですね~


デザート好きのとおるちゃんのために
コンビニでこんなアイスを買ったのですが
デザート買ったけど

さとこはもうお腹がいっぱい過ぎて
美味しさがイマイチわからんかったです。




パソコンを開いてブログさん訪問を試みたものの、
照明が暗いので目が疲れちゃって断念。


翌朝もね、
ぱにーニィ起きるまでカーテン締めてて
薄暗いから眉毛がどこにあるかわかりませんで

明るいところで自分の顔見たら
きっと味付け海苔を2枚貼ったようになっていたに違いない…・


海苔と言えば、
1階のロビーで無料のバイキング朝食(和洋食)&カップドリンクをいただき

お腹が空く間がございませんね。


出発の段になってもビックリ

なんと、チェックアウト不要なんですって


いろんなことが初体験で
面白かったです~。




さあ、結婚記念日のドライブです。


ぱにーニィが
まず、島根県出雲市の南部、神戸川上流の立久恵峡に行ってみる?って
連れてってくれました。
立久恵峡ウィキより


絶景を眺めながらの露天風呂があるらしく、野趣に富んだ風情の看板が。
立久恵峡

こんなことなら、
お湯に浮かべるお盆と盃とか用意してくるんだったな~


お風呂はまたのお楽しみにとっておいて


進路を島根県 雲南市へ。

峯寺というお寺に連れて行ってもらいました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『出雲國神仏霊場』第十七番札所の真言宗峯寺を
さとこが初めて訪れましたのは

実は2011年の結婚記念日でございます。


ふもとの広場に車を置いて、
とおるちゃんの遺骨を入れた青いポーチに話しかけつつ

人気のない急な上り坂をテクテクと登りました。


参拝を済ませ、
仁王像、本堂、庭園などを拝観したのち

お稲荷さんを探していたのですが


どこにあるのか全く分からず

参道をウロウロ。


そんなとき、どこからか一匹のわんこさんが現れたので

「すみません、お稲荷さんはどこでしょう」と聞いてみたら


そのわんこさん、先に立って歩き始め
ついてきなさい、と、さとこを振り返るのです。
案内してくれたわんこさん


促されるままに後を追いますと

上り坂をぐるりと回った所に観音堂があり

右手を見ると、
あら、赤い鳥居が続く階段が。


鳥居の先にお稲荷さんがありました。
峯寺稲荷


小祠の後方には御霊木。
スダジイ
(『巨樹と花のページ』さんから画像拝借)


幹周/9. 00m、樹高/20mのこの立派な巨木、
推定樹齢/1000年だそうです。


神使の狐さんにお願いして、写真を撮らせていただきました。
お稲荷さん1 お稲荷さん2


表情が豊かで、すごくかわいいでしょう?
お稲荷さん3 お稲荷さん4


さとこが稲荷神社にお参りしている間、
わんこさんはじっと道路に座っていましたが


さとこが戻ってみると、もう姿がありませんでした。


帰りに、
もう一度峯寺の本堂に寄ったら

庫裏の玄関にさっきのわんこさんが
峯寺わんこさん


わんこさん、こちらにお住まいでしたか~
峯寺のわんこさん2


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

このわんこさんにもう一度会いたいと思いつつ7年が経ってしまい

元気な姿を確認できるといいなあ、
ぱにーニィに紹介したいなあ、と
思ったのですが

峯寺お稲荷さん

残念なことに、会うことはありませんでした。


もう仏さまのおそばに行ってしまったかな


あの時は、大変お世話になりましたね。

本当にありがとうございました。




この後、ぱにーニィにお仕事の電話が入り

ドライブは終了して地元に帰ったのですが、


ぱにーニィのお仕事の後、
お気に入りの回転寿司さんで夕食です。


大好きなアラ汁を注文しましたら


あらっ。
アラではなく、初めて見るお魚が、ぶつ切りでゴロゴロ入ってます。
ダツぶつ切りがゴロゴロ


お魚自体の味はさっぱりしてますね。


こりはなんですかと店長さんに聞いてみましたら

ダツが沢山捕れてさばききれないので、お味噌汁にしたんだとか。


てなわけで
ダツの握り、ダツの唐揚げ、ダツ入りアラ汁と

ダツいただきまくりです。


ダツでお腹がいっぱいになったけど
とおるちゃんの大好きなウニを最後にひとつ。
ウニ。


ごちそうさまでした。
蕪の葉っぱの浅漬けも美味しかったデス


夜には、
幸せな結婚記念旅行の締めくくりに
ぴよ子さんから「結婚記念日おめでとう!」メールも届き


すてきな、すてきな、二日間でした


来年の結婚記念日は
どんな思い出がつくれるか、


楽しみだね、とおるちゃん。


関連記事
スポンサーサイト
[2018/08/04 04:22] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
| ホーム |