FC2ブログ
2018年母の日、の3日後からの3日間。
さとこの町はあちこち赤いトラクターだらけ。
燃える男たち

トラクター2

耕した後にごちそうが掘り起こされるらしく、カラスやサギや、いろんなトリさんが
耕運機のうしろをついて歩いてますよ。


ゴハンが豊富な季節になってよかったね。


一方、
ヌートリアのぬーたんは、
田んぼに水が入ったあたりから見かけなくなりました。


田畑が慌ただしくなって
どっかに避難してるのかなあ。


駆除されちゃってなければいいけれど。


ヌートリア目線の高さだと
こんな風に見えるかな?
ヌートリア目線で工場見た


今年の母の日、5月13日は
さとこは県外に遠征中だったもので


帰ってきた翌日の16日になってから、
里の母にプレゼントを持っていきました。


まず、ケーキ。


いつも行くケーキ屋さんが定休日で

里の母が手土産によく買っているというケーキ屋さんへ。


厳選材料にこだわったっぽい、
高級げなやつを選んでみましたぞい。
品がいいケーキ3種


そして、
昨年の母の日に兄嫁がくれたブラウスに合わせて
ミンサー織り柄の、海の色のカバンをチョイス。


2018年母の日


兄嫁からもらったブラウス、
本人は似合わないと思っていたらしいが

そんなことないよ。


これですわ。
キメキメな母


翌日。

お寿司を半額で買ったから半分こにしようよって

ゴキゲンな母がとおるちゃんとさとこの巣にやってきて


あら、ブラウス、早速着てますよ。


やっぱり似合うじゃん。


さとこ、葬祭時の靴がボロボロで
ぱにーニィにオークションで1000円で落としたもらったんですが、


とっても残念なことに
一歩歩くとすっぽり脱げてしまうぐらいガッポガポ。

靴底3枚重ねしてキチキチなのに、
かかとはスポンと抜けるんです。


里の母に
試しに履いてみてもらったら

おお、ぴったりじゃん。


里の母 「んまああ。メイドインジャパンだって♪
あらっ。ちょっと、イタリー?」


靴底に書いてある文字を読んで
大喜びの様子でお持ち帰りとなりました。


気に入ってもらってエカッタエカッタ。




次の日、18日は
ぱにーニィが、海の近くのお客さん宅にお仕事に行くので


ドライブがてらついていって
駐車場で待つ間、楽器の自主練習してましたよ。


ここ、若いとき、休みの度に来ていた入江。
いつもの入り江

道々、水中眼鏡の曇り止めに使うヨモギをむしりながら歩いたので

磯の風景とヨモギの香りは
さとこの記憶の中で合体しています。


若い頃のさとこは

近隣の磯を制覇し、

愛読書『空撮〇〇の海釣り』の空撮写真の海岸線に
行った日付けと潜った範囲を書き加えることが生きがいだったから


あの半島のさきっぽも、

右側のこんもりした岬の奥側も

せっせと泳ぎに行きましたなあ。
寄り道2


もう、どこの海底がどんな様子だったのか

ごちゃ混ぜになって覚えていませんが


そして
たぶんもう、
体力的に、海難救助隊のお世話になってしまうと思うので

潜りに行くことはないのかもしれませんが

寄り道3


こうやって
いつまでも眺めていたいですね。

関連記事
スポンサーサイト
[2018/05/29 04:20] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |