FC2ブログ
「なんでかな」なことがが多くて、ちょいと容量オーバーなさとこ。
桜を待ち焦がれていたと思えば
気づいたらいきなりの満開で

桜2

桜1

桜上桜下

桜3


…と思う間に散り

桜散る


今度はチューリップ

チューリップ2

チューリップ3


そして
田植え準備や畑が忙しい時期になり、

はてるま母は毎日くたくた。


働き手が足りないはてるま地区、
義父母77歳は若い方なので

あちこちから草刈りを頼まれたり

独居高齢者の見守りを任されたり

ふれあいまつりに出店するバザーの中心になって準備をしたり。


つい先日は、孫息子のいじゃー君一家がタイヤ交換に帰ってきて

3歳になったやんちゃざかりのひ孫がタタタタッと走り回るのに
大おばあちゃんの義母は追い付けなくて大変だったそうです。


その日、孫娘のてぃーだちゃんが引っ越しの日で、たまたま出発前だったので
支度を手伝ってもらって
なんとかお昼ご飯の遣り繰りが出来たそうだけど

おじいちゃんおばあちゃんの都合を確認せずに急に帰省するのって、
なんでなのか、不思議。


いじゃーくんが独身の頃はお祖母ちゃんも若かったし、
帰ってくるのはいじゃーくん1人だったから

いつ帰ってきても何とかなったけど、


今は、家族4人だから

突然だと買い物にも行けなくてゴハンの用意が大変だし、

かと言って、可愛い孫やひ孫には美味しいものを食べさせたいしで


はてるま母、大わらわ。


さとこも手伝えないから申し訳ないんですけどね。


いじゃー君にとって、
おばあちゃんは、共働きの両親に代わって自分と妹を育ててくれた
なんでもできちゃうカッコイイ存在。


きっと
今も変わらず『スーパーばあちゃん』なのかもしれません。





沖縄やらアジアやら飛び回ってバリバリお仕事している女社長、姪のてぃーだちゃんは

4月から1年間の予定で
関東にお引越ししました。


お引っ越し前の3月の終わりには、
4泊5日で沖縄旅行に行ったそうです。


はてるま母が
「てぃーだが沖縄に行っとる間、とおるは一緒について行っとったみたいだぞ。」って


はてるまのリビングでにぎやかにしていると、

誰もいないのに玄関前廊下のセンサーライトが灯るんで

仏間からの通り道なので、


そんなときは、とおるちゃんが入ってきたぞって合図だと思ってるんですが


てぃーだちゃん旅行中は一回もセンサーライトが反応せず

てぃーだちゃんが帰ってきたら、
また点いたり消えたりが始まって。


ね。
これ、絶対、とおるちゃんでしょう?



はてるま父も、以前から沖縄に行ってみたくて

戦没者遺族の会の沖縄旅行とかに応募したいってよく話してます。

「沖縄に行ってみたいが
婆さんは暑がりだから、行かんという。
さとこさん連れてってくれんかなあ」


さとこ、戦跡を巡るなんて絶対無理です。


きっと義父とふたりでダブルパニックになって
ケーサツとか病院とかに回収されそうじゃん。


ちょっと無理な相談だよなあ。




GW合間の平日にはてるま父の通院がありまして

その日の夕方には
関東から親戚が来ることになってました。


義父、内科は問題ないけど、
最近、自動症の発作が多くって

はてるま、夫婦ともがお疲れなんですね。


この日は待合時間中からいろんなことが重なって

さとこも軽パニ状態でした。


町の福祉保健課に人間ドックの申し込みをするのに、
連休だったから、
ぱにーニィと一緒に、当直の方に渡したのですが

「ドックの申し込み書、集団検診の箱に入れられても困ります。あなた、去年もやったのに覚えてないの?引き換えに受付票が出るんだから、それを受け取らないと」とお叱りの電話があり、

去年、初めてでぱにーニィが手続きしてくれたし、

今年の説明書には、提出の方法は書いてなかったと思う。


大きなため息とともに「受付票は、なんとか明日発送するようにしますから!」って
8月からのことなのに、なんでそんなに急ぐ必要があるのかな。


集団検診か人間ドック、
何度もお奨め電話や手紙が来るから仕方なく受けたけど、
来年からはもうやめよっと。


ガックリ落ち込んでいるところへ


はてるまの先々の日程が立て込んでいて、
6月受診のスケジュール調整がつかず

3人でカレンダーとにらめっこ。


結局、1日で二か所の病院を受診させてもらうことにできて
無事解決したけど


更に重ねて
里の母から電話があり

「はてるまへの届け物があるって言ったのに、なんで取りに来んの」って。


信者さんのお葬式や、さとこのネギ仕事や、知人の入院の見舞いやらで
日程が合わなかったからなのですが

それを言ったら

「なんでお母さんばかり責めるの」って


いやいや、全然責めてなんかないっすけど。


なのに、なんでそんなこと言うかな。



里の母、どうしても今日じゃないとだめだって言って、病院まで持ってきてくれちゃったもんだから


里の母が昨年買った新しい車、『アイサイトとアドバンストセーフティパッケージ装備インプレッサ』が、はてるま父母にばれてしまった…。


しかも、往来が激しい駐車場出入り口で
路肩に寄せずにど真ん中に停車して降りてくるので

さとこ、顔面蒼白。


義母が鋭い声で「さと、ありゃ、里のお母さんに似とるが?」って


そりゃね、いつかは見つかることだけど、

車を手放したことで、生活の質が著しく低下したと思っているはてるま父母にとって
自分たちよりも年上のおばあさんが最新式な車を買ったなんて大ショック。


2人とも顏がこわばっている。


でも、さとこが慌てて
「母、やっぱり目が見えにくいから危なくて、わたしは早くやめてくれたらなあって思ってるんですよ~」って言ったら
義父母、急に持ち直したです笑




路上で
2人の母のテンション高めのやりとりがあった後、


車のリアガラスから後方が見えないぐらいこんもり買い物をして


回転寿司で昼食を済ませて、はてるまへ。


義母、帰り道のさとこ号の中でも
ウトウトするようになりました。


以前の義母なら考えられないことですが

ほんとに疲れているんだね。


帰ってからはあんまりバタバタせず、


清明のお金を送るためにお墓にお参りしたり


夜の宴会の準備。


いつも手作り料理が自慢の義母だけど、

手の痛みも酷いみたいで

この日の晩ごはんは
ほとんど買ったものを用意しました。


清明も、大々的なことはせず、
美味しいものを買ってお供えして、
ウチカビを送るだけ。




義母、トイレのドアノブが回せなくて困っているらしいので

100均のドアノブグリップを探したけど売っていなくて
(こんなやつ ↓)
グリップ

販売終了なのかな


とりあえず、
100均の滑り止めシートを巻き付けて応急処置してみました。


「断然楽になった!」と喜んでもらえたのでよかったデス。




夕方、親戚が到着し、
端井の義妹夫婦も一緒に、賑やかにお食事をして


とおるちゃんとさとこの巣に戻ったのは、9時前。


今日は、お店のトイレが汚れていたのか、
軽バンさとこ号の座布団に汚物がべったり付着していたので

帰ってから車内をアルコールで除菌拭き掃除しないと
まだ休めません。


里に届けるようにって、山椒の佃煮とかを預かってきたけど
今日はちょっと無理。


イッパイイッパイだったので
リセットするためにぽっちりブラッディな縞模様を入れてしまいました。


晴れ晴れ!!

気合入れて
明日からまた頑張ります。

関連記事
スポンサーサイト
[2018/05/03 04:00] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |