FC2ブログ
今日は前向きなさとこなのです。
故とおるちゃんの物を無理に減らさなくてもいいのかもと思ったら、

新しくまた、とおるちゃんが喜びそうなものをゲットしちゃうようになりました。


とおるちゃんの大好きな3色団子を買いに行ったお店で


Qoo4本に一個、こんなマグカップがついてくるってキャンペーンを見つけたもんで
必要ないのにもらっちゃったよ。

夫が好きなものばかり


季節限定のQoo、もも味バージョン。

キャップと柄を見比べ、悩み抜いての4本を厳選。

桃の節句バージョン


かつて、Qooに夢中になっていた、団地住まいの頃には

全種類のボトルや、全種類の段ボール箱、
マークを切り取って送る全員プレゼントやら、オークション落札やら


2人の生活の中心にQooグッズの収集があって


もう、寝る場所もないぐらいになって

今の巣に引っ越すときに、段ボール十数個分とお別れしたんですよ。


キャンペーングッズ、生活に困ったら売ろうと思ってたけど、
一回、涙ながらに持ってってみたら

一山10円とかで、愕然としましたね。




今回の「桃の節Qooだよ!」キャンペーン、

4種類あったけど、1個だけ♪

クーカップ


ちょっと前のキャンペーンのお盆も

4種類あったけど、お供え用に2枚だけ♪

トレイ





合掌すると心が落ち着くってこと、

忘れてたけど、最近また思い出して

とおるちゃんに向かってお話するときは
意識して手を合わせるようにしています。


そして、また雨マジックが復活したので、
とおるちゃんを近くに感じられます。


雨マジックとは、

さとこに都合が悪い一時だけ雨が上がることに対し
ぱにーニィが名付けた現象のこと。


車のドアから玄関まで、
とおるちゃんのお供えを運ぶ一瞬とか

ライブの日、機材を搬入する間とか

旅行先での移動時とか

グソー(あの世)のお金を、お墓で燃やして送金するときとか。


故とおるちゃんが側に居てくれるって感じる瞬間ですね。

へへへ。




とおるちゃんが喜びそうなことを思いついて一旦始めると

継続しないと、とおるちゃんの心が離れてしまう気がして

決めごとが増える一方になっていたけど


お仕事とか音楽とかの予定が入って来たり

blogのいろんな方々の考え方や生き方に感化されるに伴い


規模縮小や、新しい発想への切り替えができるようになりました。




いい奥さんでなかったさとこ。


とおるちゃんと共に歩む人生が、いちばん大切と分っていながら


だんだん仕事でイッパイイッパイになって、
おそうじも料理もほったらかしだったことを


とおるちゃんの事故以来

刺すような苦しみで後悔し、


毎日が
切って、叩いて、喚いて、
薬とお酒に頼って気を失う日々。


とおるちゃんの思い出のいろんなことに執着して
ひとかけらも忘れまいと必死だった日々。


やー。あんなことこんなこと、あったねえ。


記憶が次第に曖昧に融け合い

気づいてみたら、だんだん『忘れていくことの恐怖』を忘れたみたいです。


そして

あきらめの緩やかな寂しさを 静かに受け止めている自分に気づきます。


ははあ。

これが
さとこには絶対に到達できないと思っていた

『キューブラー・ロス 喪失の5段階説』の5段階目、『受容』ってやつですね!(→悲嘆のケアのお話




巣にいるときは、
ただ、とおるちゃんの生身の姿が見えないだけで、一緒にいる気分になっていられるけど、


はてるまに帰れば、

年中行事の度に、
家族と顔を合わす度に、
知人と出会う度に、

とおるちゃんは故人であることを目の前に突き付けられて


でも、とおるちゃん七回忌法要が終わって

7年目の命日も過ぎたあたりから

すこしずつ己に変化が生じておる自覚がございます。


クラゲ イルカさん ペンギン 
(ぴよ子さんからの水族館お土産の塩ゼリー。
クラゲもイルカもペンギンも美味しかったデス。)





とおるちゃんとさとこの巣も、

仕事の道具が増えたために、
事務所兼倉庫になっちゃってるし


とおるちゃんが中心の一日ではなくなってきていること、後ろめたく思わなくても

とおるちゃんはきっと
変化を受け止めてくれているに違いない、なんてね。


おおっ。
自分に都合良く考えられるようになってきているでございますよ。




今 在るものを失うことに対する不安と恐怖が大きすぎて

出会った時点で、早くも別れを想像してしまう、
暴走飛躍型思考のさとこ。


次々に起こる悪い出来事は

さとこが負のオーラを撒き散らして、周囲を巻き込んでいるからに違いないって思って

人と関わること自体が恐くて


超能力者じゃあるまいし、
そんな影響力持ってるわけがないんですけどね。


不安や恐怖に支配される緩い波はあっても

振り返ってみると、

今日は昨日より大丈夫な気がするっ。




取り越し苦労をしようがしまいが
どうせ困った事態が起こるなら

なんやかんやと心配する必要はない 。


そして、ふっとね、

誰からも期待なんかされてないということに 気づけたのです。


とりあえず、今日だけ生きればいいやと割り切ったとたんに
炭酸水の泡がはじけるように

心の痛みが融けたのです。


期待に応えなくていいなら
できないことを克服する必要もない。


だったら、
できるようになったことを数えよう!


買い物ができなくて宅配ピザしか頼めなかった時期があったのに
今は、条件付きだけど一人でもお店に行ける。


自動ドアも怖い気持ちはあるけど
固まって動けなくなることはあんまりない。


ぐーすか寝れるし
ばかすか食べるし
グイグイ飲むし

テレビも見れる。

友人と会っておしゃべりも楽しめる。


えっへん。<(`^´)> って

鼻高々でぱにーニィにそう言ったら


ぱにーニィが 「油断させようったって、ワンは騙されないからね!」


さとこ、なんだかんだと騒動を起こしては
端から忘れてしまってるだけのようですね。


こりゃどうもすんません。
関連記事
スポンサーサイト
[2018/03/12 04:40] | ・キヅキ | page top
| ホーム |