FC2ブログ
告別式に挑んだときのこと。
もうすぐお彼岸が来ます。

秋のお彼岸からこっち、
いくつも別れがあり


さとこの雇用主様の奥様であり、とおるちゃんの雇用主であるK理事長も
昨年11月、身罷られてしまいました。


雇用主さまご夫妻には
言い尽くせぬ恩があるさとこ。




とおるちゃんの事故後まもなくのことです。

深夜、ほろ酔いで足取りもおぼつかない状態で帰宅される雇用主さまと、偶然すれ違ったところ

暗闇のなかのさとこの顔をみて

「おお、はてるまか。
わしゃ、お前の為ならなんでもやっちゃるぞ。遠慮なく言ってこいよ」とおっしゃったのです。


自分とこの従業員、700人もいるのに、
ひとりずつの顔と名前を覚えておられるなんて。


そして、奥様のK理事長は、

とおるちゃんの通夜と告別式だけでなく

初盆にまで、はてるまの墓にお花を手向けにきてくださいました。


スタッフの初盆に直々に足を運ぶ大会社の社長がいるでしょうか。
しかも、こんな山奥まで、はるばる!


さとこは、この情に厚い方々の下で働かせていただけたことを、どれだけ誇りに思っていることか。

とおるちゃんも幸せだと思うなあ。




2013年に雇用主さまが亡くなられたときは
訃報を聞いてご自宅前まで飛んでったものの、

どうしていいやら途方に暮れてウロウロしてたら


ご家族に見つかってどーぞ入って入って、って言っていただいちゃって

安らかなお顔とお別れすることができたけど


このたびのK理事長の場合は
さとこ、退職してから七年も経つし


納棺からお通夜までの間には
ご挨拶する時間がいただけたんだろうと思うのですが

出棺の時も、
法人を一巡されるので
お見送りに参加できるかもと思うのですが


すっごく悩んだ挙句、諦めました。


おネギの出荷がピークで、先輩方は過労で満身創痍。

さとこなんかが二日間連休をもらうわけにはいかない。


告別式の日だけ、半日お休みをもらえないかお願いしたら

社長さんが
「早朝5時から12時まではどう?」って丸1日の勤務にして下さって。

すっごくラッキー(゚∀゚)


フレックスタイム制にもできるなんて
なんて恵まれたお仕事環境なんでしょう。


告別式は14時からだったから
帰ってお風呂に入る時間もありましたよ。




K理事長は社葬なので
かなり大きなお式になるはずで

案の定、葬祭会館から少し離れた造成地に
臨時駐車場が準備してありました。


一旦そこに入って様子を伺っていると

どうやらシャトルバスが送迎してくれるみたいです。


でも、BMとかアウディとかハスラーとか
そんな高級っぽい車がじゃんじゃん押し寄せてきて

みるみるうちに臨時駐車場はいっぱい。


もしかして、お医者さんとか議員さんとかばっかりじゃないんですか?


軽バンさとこ号はいかにも場違いなのですが
奥に停めちゃったもんだから閉じ込められて


でも、お偉いさんばっかりのマイクロバスなんか
恐れ多くて乗れないし


葬祭会館までの国道も、駐車場に入ろうとする車が数珠つなぎ状態で

とってもじゃないけど足がすくんで歩けない。


ぱにーニィ、ぱにーニィ、SOS!SOS!


下手の車道に出て、信号機の生け垣に隠れてたら

ぱにーニィのラスカル2号が、すぐに拾いに来てくれました。


お昼ご飯を食べに行こうとして、
ちょうど近くを走っていてくれた模様です。


ぱにーニィ、ほんとにありがとーっ




会館付近の交差点も
交通整理のスタッフが沢山おられるけど、


丁度、バイパスからの降り口の複雑な側道と交差する地点でもあるため

付近は、全く車が動かない状態。


通行の邪魔にならないところで降ろしてもらって
無事に告別式に間に合いましたよ。


会場の外にはテントが張ってあり
参列カードを事前に書くコーナーが、六つぐらい作ってありました。


館内の受付も いくつも準備してある上に
念入りな配慮で、まったく混雑はなく

穏やかで静かな時間。


お手伝いに来ている職員の顔ぶれはずいぶん変わったようだけど

7年前から変わらない、懐かしい方々とも再会でき


いろいろな思い出がよみがえります。


さとこが心を病んでいることを知っている同僚が
ずっと隣にいさせてくれたので

式典の間中、写真コーナーの側に立って、
いろんな写真をゆっくり堪能することができましたよ。




告別式開始後も、やってくる参列者は後を絶たず

多分、1,000人はいないだろうけど

席が足りないどころか
式場に入りきれず、外に立っておられる方もあったのではないかな。


この分だと
車が停められなくて、たどり着けなかった人もいるに違いない。


さとこは
ぱにーニィが居てくれて、ホントに恵まれていましたね


喪主さんが挨拶の中で
「後ろで長時間立っておられる方々にも申し訳ありません」と

気が動転しているのが当たり前なのに、
さすが、上に立つ立場の人ってすごいなあと感心する。


さとこ、同い年なのにこんなことで情けない・泣


喪主さんの機転で
ご焼香は、後方、立っている人から順にということになって

さとこも、列に加わります。


会場の外に出ると
お花を受け取るテントが準備されていて

そばに臨時駐車場行きのマイクロバスが待機している。


おおっ!なんてタイミング


即座に始発のマイクロバスに乗り込み

次々に帰ってこられる人たちの津波に呑まれるまえに

間一髪で臨時駐車場から脱出できましたよ


混乱の中にあって

さとこは、全ての段取りが出来ていたようにスムーズに
お別れをすることができました




故雇用主さまの月命日の28日など、
思い出すとふらりとお墓参りすることにしているのですが


今度のお彼岸には
もうご夫妻仲良く、一緒に過ごしておられるのですね。


改めて、ゆっくりお礼を申し上げに伺いたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[2018/03/07 04:33] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |