FC2ブログ
とおるちゃんの父母。
はてるま父通院=ケーキとコーヒーの日。


お馴染みのウエイトレスさんができちゃったぐらい、ケーキ屋さんに通うのを楽しみにしている、はてるま父母。


義父はイチゴが好きだから、赤い色のケーキでコーヒー。

時々ココアを選ぶパターンだけど

ベリー好き


義母は、想像力が豊かで、
説明を読んで、変わったやつを選ぶタイプ。

あわあわ ぐるぐる


さとこは、義父母に分けやすいもの。

ウエイトレスさんが「いろんなのがちょっとずつのもありますよ」って、
そりゃいいや。じゃ、それを。

10月店内セット


いつもきれいにお花が飾ってあるから、記念撮影いたしましょうね。

義父クールに 遺影にするって 

義母は「わしの遺影はこれがええ」って言ってました。




10月の内科通院で、
待合室で、はてるま父、側頭葉てんかんの複雑部分発作がありました。


いつも1分弱なのに
今日のは長かったわ~


立ち上がって、かばんをあちこちの席に置いては持ち、持ってはまた置き

話しかけても聞こえていない


義母と二人で椅子に座るよう促すけど
「座る」の意味がわからない


義母がさとこを指して「じーさん、これは誰だ」

義父、ようやく言葉が出た
「わからん…」って


義母のショックぶりったらなかったです
泣きそうになって 「姉さんとこのおっつぁんとおんなじだがな~」


伯母の夫、転倒骨折して生まれて初めての入院で
環境の変化についていけず、

認知症状が現れて
娘や嫁の顔がわからなくなっちゃって


現在デイサービス利用しながらの在宅介護中です。


さとことしては、忘れられるぐらいどうってこともないのですが

はてるま母にとっては、なさけなくて面目が無くてってトホホな感じのようです。


義父自身のペース配分で過ごすことが発作の軽減になると
義母は頭ではわかっていても

夫婦のペースがあまりにも違いすぎるので
お互いに我慢がならんのですね。


そんでも、発作が収まってから
義父の行動にアレコレと口を挟むこともなく、

義父のほうも過剰に反発することもなく


美味しいコーヒータイムを楽しみました。




義父は、新しいことは、楽しくても緊張するタイプなので
ほぼ毎月、同じケーキ屋さん。


7月の通院のときはすごかった!


はてるま母、宇治抹茶のかき氷+ケーキ。

宇治抹茶 かき氷+。 


はてるま父、『大きなショートケーキ』。

苺好き


さとこは、とおるちゃんが好きなマンゴーのかき氷にしましたが
半分以上、義父母に手伝ってもらいました

マンゴー 


んで、このすぐ後に、回転寿司にも行ったという


お買い物を済ませた後の時には

義父母には先に回転寿司店内に入ってもらって

さとこは車内の山盛りの荷物を整頓して(しっかりカフェイン製剤も追加服用して)から後を追うんだけど


そんな時、
義父は、自分の分だけのお茶とお箸を用意して
回ってるお皿をとって食べ始めてます

めっちゃスムーズ!(笑)


義母の食欲はいつも揺るぎないし、
ガリガリに痩せている義父がたくさん食べてくれるのはうれしいですね。




9月の受診のときは

前日が落雷で市内が停電していたため
ケーキ屋さんも被害に遭って
かき氷やアイスクリームの機械が停止した状態。


んで、パフェにチャレンジするつもりでハイテンションだった義母、
無念のハートのケーキとアイスココア。

アイスココア


さとこはかぼちゃプリン。

9月かぼちゃプリン


イチゴが載った義父のショートケーキは、
さとこが周囲のフィルムを外すのが待てずにスプーンで潰しちゃったから
わけがわからんことに写ってました


この日のはてるま父は
「胃カメラをとってもらわんといけん」と言っていて

胃カメラ、今年の2月に受けたばっかりで
あまりの苦しさに、後日頼んでいた大腸ファイバーをキャンセルしたのですが

そんなこと言い出す原因が、またなんかあったかな


話を聞いていたら
どうやら義父の知り合いが胃ガンで亡くなったらしい


んで、自分も胃ガンじゃないかと心配になったらしい


診察時に、主治医が「2月の結果は大丈夫だったけど、一年に1度してもいいかなあ。」と言われたから
来年、雪が解けてからお願いしようね。




医療センター通院後、すぐ近くの薬局に処方箋を送るようになってから

時間調整がとっても楽になりました


はてるま父馴染みの地元の薬局は
ファックスで処方箋を送っても薬の数が足りなくて、
後日また取りに行ったりしないといけなかったので。


こっちの薬局になってから
ジェネリックに変えてもらったんだけど


義父母は
「街はええなあ。やっぱり都会だわ。薬の支払いが、うち等んとこの半額以下だぞ」


いままでの薬局では、もしかすると義父がジェネリックを断っていたのでしょう


後発薬は、新薬の特許期間満了後に別のメーカーさんが同じ有効成分で作ってるから安いんだよと何度か説明するんだけど

まあ、気に入ってくれているんだから
なんにせよメデタシです


薬をもらい終わっても、まだ9時半ぐらい。


冷凍のお肉やお魚や
週2回来てくれる購買車では定価でしか買えない食品も

どっさり仕入れます。


義父、寒がりなのにお洒落さんで薄着だから
生鮮品コーナーは居場所が無くて
女子チームのお買い物からは脱落。


大抵、自販機でコーヒー飲んだり
お小遣いでドリンク栄養剤を内緒で買ったりしています。


帰る道々、義父母が不安げに「マイナンバーの申請の督促が来ただどうすりゃええだ」って

ええっそりゃなんだと思ってたら


日本年金機構からの
「平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」および「個人番号申出書(平成29年分扶養親族等について)」の書類だった。


今まで葉書だったのが、
マイナンバーを記入するためにこんな書式になったんかな


年寄り世帯にこんなん送っても
わからん人いっぱいいると思うけど


それにしても
ちっちゃい字でぎっしり説明が書いてあるけど読めんがな。


さとこも、これからは老眼鏡持参で帰らんといかんね




採れたてのお野菜さんをいっぱい持たされる。

いっぱい持って帰れよ~


しょうが、キャベツ、ユリ根、春菊、ハンダマ、パクチー

しょうが、ゆりね、キャベツ、春菊、ハンダマ、パクチー


小指以外は曲げ伸ばしが大変な、義母の痛い手。

義母の手


この手で剥いた栗を「栗ご飯にせえ」って持たせてくれても
もったいなくて食べられんわ


里の母に持たせる香茸も
たくさん預かりました


今年の山のきのこのシーズンはこれで終わりみたいで

この時期に治療とか手術とかしてもらえばいいのに

「わしはじっとしとるぐらいなら死んだ方がましだ」って


悪くなる一方より
数日おとなしくしていたら
もっと楽になるかもしれないのに


とおるちゃんだったら「ばーちゃん!さっさとお医者に診てもらえ!わしが引きずっていっちゃらか」みたいに、
ガンガン勧めてくれるんだけど

看護婦している娘、端井の言うことも
ぜーんぜん聞かない義母。


ほんと、困ったちゃんですのよ
関連記事
スポンサーサイト
[2017/10/27 04:51] | ・お医者さまの管轄 | page top
| ホーム |