FC2ブログ
とおるちゃん8回目の命日が過ぎました
秋、晴れた日は特に、夕刻がせまるにつれ、さとこ不安感MAXです。


息を吐くってどうするんだっけ。
目を閉じても開いても落ち着かなくて

居ても立っても居られない。


空気が澄んだ、幻想的な夕焼けの中。
事故発生推定時刻、17時18分。


職場のブラインドから差し込む夕日を覚えてます。


秋の日が暮れるのはあっという間で
病院に向かう道は渋滞で
車のテールランプの赤が並んでいました。


駆けつけて間もなく、18時33分に死亡宣告。


この町のアパート、今の『とおるちゃんとさとこの巣』に引っ越したのは
2008年の10月だったから

事故までの一年間だけを、生身のとおるちゃんと一緒に過ごしたことになるんだねえ。




夏ごろ、 「お連れ様はどちらですか?」という新聞記事をみつけました。
 ↓

 半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

 「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。
.



何回も読み直して
いっぱい泣いたけど

とっても幸せな気持ちになった。


さとこは
とおるちゃんを納骨する前に、遺骨をぽっちり分けてもらって
半分を細かい砂状にして沖縄の海へ流し

こっそり残した分をちっちゃなポーチにしまって、
職場とお風呂以外は
常に連れ歩いていた。


BEGINのコンサートでみんなが立って踊っていたら
スタッフの方にカメラと間違えられて危うく没収されそうになったこともあり、
そんときは友人たちが守ってくれたけど、
迷惑をかけてはまずいので、それ以来、コンサートには行くのはやめた。


社内旅行が海外に決まり、断れなくて参加に○をしたものの、
とおるちゃんのポーチが麻薬だと思われて空港でとりあげられるんじゃないかとか
ひったくりにあったらもう二度と巡り合えないんじゃないかとか
そんな不安で気が気ではなく
(義母は「位牌を連れていけ!」と言ったけど、いやいやそれは・笑)


結局、旅行日までに退職したので
その心配は解消された。


お出かけから帰ると「カルシウムとおるちゃんのモビルスーツ」と呼んでいたポーチから
猫のシュガーポットに移し、
寝るときにはとおるちゃんの寝巻に包んで抱きしめて眠るという溺愛ぶり。


すべてがカルシウムとおるちゃん中心の生活だったのですが
3年目の命日の前日に
さとこ、一歩前進したのですよ。




風が生まれる島のムヌチ(交信できる能力を持つ人)に相談したら
  ↓ 

「分骨は、最初はそれほど問題はないが、年数と共に痛みがでて苦しみに変わります。

毎日お水とお神酒をあげても、
あなたが連れて歩く間は、のどが渇き、力も弱る。

今までは楽しかったかもしれないが、
そろそろ落ち着きたいと本人が願っている。

分骨したままでも良いから、とおるさんも水子も一定の場所に安置し、動かしてはいけない。」

といわれましたの。


「死んだ人と生きている人は入り交じれない。
入り交じろうとすれば、生きている人は撹乱され、死んだ人にも悪影響が及ぶ。

グソー(来世)で落ち着いてもらう為に、現世の人には、冥福を祈り続ける使命が課せられている。

合掌は、左手に自分を守る神様・右手に先祖やとおるさん。
胸前で合掌するのは自分自身と三位一体になって幸せを祈るということです。

この世の人間が幸せなら、グソーの方も幸せ。」


そうかあ。
そういえば、とおるちゃんのこと、いつもなでなでしているけれど、
合掌なんてあんまりきっちりしていなかったなあ。


命日ごとにおさらいして
気持ちを新たにしなくてはね。


ほかにもいっぱい教えていただけたので
もし関心おありの方は
過去記事コチラです (→ムヌチねーねーのお話




さとこ、
骨に対しての若干過剰な執着が
もしかしてお仕事に生かせるといいなと思っている


若いころは
遺骨収集事業に参加したかったり、

病院の洗体のアルバイトをするつもりが
ちょっと遺体に対しての尊厳を欠いた内容を耳にしたので
さとこには無理と思ったり

退職したあとは湯かんサービスに再就職を狙っていたら、
そこの会社、もう無くなっちゃって


最近では遺品整理業員の募集を検索してみたり。


生きていた証としての肉体に、
できる限りの敬意をはらえるお仕事をしたいけど


今のハウスクリーニング&おねぎの出荷との兼任は
心情的にも無理なので


沖縄で暮らせるようになったら
そんなお仕事探したいななんて


まあ、家族も自分も高齢になりつつある今、
なんにも具体化してなどいないのですが


こんな感じで
今年もようやく


とおるちゃんの命日を乗り切りました。


さとこは相変わらず根暗でひ弱な精神で
前向きに活発に生きている家族の足を引っ張っていることが心苦しく

居る以上は関わらないといけないから
なんとかフェードアウトして存在を消せないかと悩むけど


ぱにーニイが
もう関わってしまっているものはリセットなんかできないよって


こうやって
一年をただ乗り切っているだけの毎日でも
いつかとおるちゃん迎えに来てくれるかなあ
関連記事
スポンサーサイト
[2017/10/25 00:55] | ・とおるちゃん命日とムヌチねーねーのお話 | page top
| ホーム |