湯原温泉へ家族旅行に行けちゃった!後半。
今回の旅行、はてるまにはナイショなんですよ。

里の母が
「あちらさんにわざわざ話す必要ないでしょう」


そりゃまそうですが。

「お兄さんたち、今度はいつ帰って来なる?」とか
「お母さんはどうしとりなさる?」とかしょっちゅう様子を聞かれるのに、

触れないようしたり口を濁したりが大変なんだよ!


黙っていると
あとでなんかのきっかけで話題になって

「なんで言わんの」って軽く責められるしさあ。


ヨメって、日本全国、こんなもんなんかな?



さて、消灯後、合宿部屋でおとなしくしていたさとこですが、

普段からお布団とは無縁だし、

廊下側のかどっこに居させてもらっても息苦しかったりするもんで


母がトイレに起きたのを機に
深夜のお風呂に出掛けました。


誰も居なーい。

花泉ホームページ5
(こちらも旅館の公式ホームページから)


涼みながら
あっちポチャリ、こっちポチャリと水遊びしてたら
程なく、母もやってきて

声を潜めて再び撮影会。


中庭にはハラハラと夜桜が舞い散り、
まことに結構な風情にございます。


連れてきてもらえて、ほんと、良かったね、母。





花泉あさごはん

さて、朝ご飯も、こんなにゴージャスでございます。

焼き物

湯豆腐

この、お味噌汁がね、半端ない量と具材の数でして⤵
  
お味噌汁、一人一釜

お味噌汁だけで、さとこ1日3食間に合いますし、

一人分のおかずで1週間暮らせるぐらいある。


兄なんか、ご飯3杯ぐらいお代わりしてたん違うかな。


贅沢の極みにございます。




食後は売店でお土産物色。


温泉街のあちこちで見かける、
この鯉のぼりならぬハンザキのぼりが

さとこ、とっても欲しかったのですが

はんざきのぼり

カラフルハンザキちゃん


旅館の売店のおじさんに尋ねましたら
「あれは観光協会から配布されたもので」

残念!

代わりに、ハンザキ手拭い買いました。

はんざき ティサージ

はんざきはオオサンショウウオのことです。


チェックアウトまでは、
ちょっと温くなったショートケーキを
みんなで回し食べするティータイム。


ひとさじ掬っては次のヒトへ。

テレビのターンテーブル持って来ればよかったわ。


今回、甥1号と久々に話ができたのが
とてもうれしかったですね。


甥1号・2号とも、
とても穏かでゆったりした口調。


さとこの精神状態がよろしくない時期が続いていたころに
甥1号は独立して、その後、結婚して

兄たちとは活動圏が違うために、一緒に帰省することも難しくなってました。


たまに里に帰ってきても、
集まれば、おばあちゃんの将来の生活の問題が優先になってしまうから、
あんまり会話する機会がなかったけど、

こんなふうに、
障りのない話題や冗談を交わしながら、
お互いの居場所を確認する何気なさが

とても居心地いい。





チェックアウトしたあとは、
はんざきセンターへ向かいます。

はんざきセンター


ジオラマや化石のレプリカなんかもありました。


特別天然記念物「オオサンショウウオ」、体が半分にさけても(はんざきになっても)生きていると伝えられることから、ハンザキって呼び名がついてますが
ねちょねちょしてカワイイです。


生体・液浸標本・骨格標本を存分に眺め、

木彫りの動物たちがたくさんいるお庭も散策。


あいにくの雨風で肌寒い朝でしたが

みみずくさんとカタツムリさん

ミミズクさんの後頭部にくっついてるカタツムリさんは
生き生きしてますね。


川の中の露天風呂『砂湯』に向かう頃になると、日が射してきましたよ。


こんな看板が、駐車場や道路のあちこちにあるから、甥2号、記念撮影。
  ↓
楽園の看板

よほどパラダイス気分になれる場所らしい。


河原の無料駐車場車を停め、
ダムへと向かうと、

ありましたありました。

昔も今も変わらない風景。
  ↓
湯原温泉砂湯ホームページより
(砂湯のホームページ画像でありまして、さとこ盗撮ではございません)


川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから、砂噴き湯(砂湯)と呼ばれるこの露天風呂、

地元住民により日々管理され、しかも無料開放という町の取り組みに感服です。


母、初めて来たらしく、これまた大はしゃぎ。


花びらのようにピンクに染まった全裸のおじさんたちがお湯と戯れる新緑の旭川を背景に
さとこに向かい、「あんた、ちょっとそこ立って」


嫌だわよ!

母が小躍りしながらスマホを向けるのを押さえるのに、必死のさとこです。


母 「こんな距離なんだから、写ってもなにがなんだかわかんないわよう」


ダメダメダメダメ!

なんぼ関係ない場所を撮っていても
たまたま手が当たるってことだってあるんだから。


旅館にあった『 砂湯の湯浴み指南』に目を通してないのか!?

「あの場所で携帯を操作すること自体が疑いを招きます。李下に冠を正さずとご承知下さい。」
って書いてあったでしょ!
 

代わりに、無邪気過ぎる母で遊んでみることにした。


さとこ 「母、その看板と一緒に写りたい?」

母、ウキウキした足取りでフレームに収まる。
 「ここ?ここでいいの~?♫」

無垢な心


…母よ。
そこに立つことにためらいはないのか?


あー。

はてるま父にも
この写真見せたいっ。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/06/28 04:12] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
| ホーム |