湯原温泉へ家族旅行に行けちゃった!前半。
大型連休のときのこと。


里の母が兄一家から湯原温泉(ゆばらおんせん)一泊旅行に誘われ、
母、さとこに「あんたも来ん?」というので、
思い切って参加させてもらうことにした。


一年前の甥1号の結婚式のとき

大都会広島市に行くことが不安なあまり、
前日からの宿泊列席を断ったこと、

後悔の欠片が心の隅に転がっている。


兄夫婦はさとこがパニックになる因子について
よく理解してくれているので
今回ついていくのはチャンスかも。


兄 「母とお前と3人一緒に
いつまで出かけられるか、わからんしなあ」

うん。
さとこも、そんな機会はもうないと思ってたけどね、兄ちゃん。


湯原温泉は、岡山県の閑静な渓谷の落ち着いた湯街の風情だから

ぱにー二ィもパソコンでいろいろ調べて
「ここなら大丈夫だろう。」


岡山県真庭市湯原温泉。


とおるちゃんと結婚した翌年の平成15年頃、

とおるちゃん一家が岐阜に帰郷する途中、
全員で泊まったことがある。


自分の存在の記録を消したくて日記を全部捨てちゃったから、
記憶がごっちゃごちゃだけど

次に、とおるちゃんと二人で来たのは、
平成18年だったかな。


湯原温泉は、
ダムの真下にあって、
台風とかの影響を受けやすい土地。


こん時は
大雨に伴う湯原ダムの緊急放流があった後だったから

露天風呂が冠水し、
脱衣所の小屋も流され
河原の露天風呂は岩がごろごろの泥水状態になっていて

ショックだった。


泉源も水没してしまい
観光協会や商工会・旅館組合などの関係者さんやたくさんの住民が、復旧作業に当たったそうだ。


今はどうなっているのかな。





出発当日。


京都に住む兄一家がお昼に帰ってきて

里の母を乗せて
父と祖母のお墓参りをして
さとこを拾ってくれる流れ。


13時出発ぐらいになるのかな?

さとこは、
ケーキを買って、巣で待機です。


里の母、午前中は連合会の教会に行くって聞いてましたが
15時近くなってもまだ帰ってこない。


しかも、45リットルだか70リットルだかのごみ袋一杯の筍がどーんと届いたということで、
急遽、あく抜き作業が必要になったため
出発時間はさらにずれ込み

温泉旅館『松の家 花泉』に到着したのは
18時半でございました。


こちら、

17種類のお風呂があり
源泉かけ流し以外は
24時間入り放題という、スバラシイ旅館。


さとこが今回の家族旅行に行かれるかもと思ったのは
これが決め手になったから。

もしパニックになっても
どっか、落ち着くまで水没していられる場所があるに違いない。


ネギ社での出荷のお仕事を始めてからは、カッティングはきっぱり卒業したから
体のあちこちにこさえていた縞模様も
もうほとんどわからないはず。

「入れ墨の方ご遠慮ください」の看板だって、平気だもーん。
エッヘン。





大浴場は22時に男女入替となるから
まずは、夕食前に露天風呂へ、ということになった。


男子チームは『花くらべ』と、源泉かけ流しの『露隠』、

女子チームは『露くらべ』です。


義姉は関節リウマチだから、歩くの大変だし

足元不安定で目が悪いくせにやたらテンション高い母は、
さとこが見守っていないと
湯船にぽっかり浮かんで旅館さんに迷惑をかけることになりかねない。


てなわけで、
さとこ、久々に、共同浴場入ります!


松の家花泉さんの公式ホームページからお借りした
『露くらべ』の写真たち。

花泉ホームページ1

花泉ホームページ2

花泉ホームページ4


他にも、一人用の釜風呂と桶風呂がございます。


女子風呂は、なんと、他には誰もおられず
母・義姉・さとこ3人の貸し切り状態。


案の定、大はしゃぎの母、「ちょっとー。素敵ねえ。お母さん、カメラ持ってきちゃいけん?」


ほんなら、よその人が居られん今のうちに急げ急げ、てなわけで、

母のスマホを持ってきて

母が湯船でミズスマシになっている写真を撮りまくる。


由美かおるモードに突入中の母の、
特選入浴シーン写真集、
帰ってから作って参加者全員に配ろうかな




さて、撮影は順調に終わり
満足した怪しい3人グループは、男子チームと無事に合流。


兄と甥1号はとっくに上がり
甥2号が部屋の鍵を持って待っててくれてました。


そこら中にかわいいものが飾ってあるので
母はあっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ。


エレベーターホールの石庭のうさぎさんも、連れて帰りたいサイズです。

エレベーターホール

みんなでお食事処に向かうと
仕切られて個室になった一角に案内してもらえました。


本日のお夕食は
厳選黒毛和牛ステーキ+すき焼き+ローストビーフ会席でございます。


さとこブログにこんなゴージャスなお料理が登場することは滅多にないので
でっか写真で
ガンガン記録するの巻。

先附

お造り

すき焼き

ローストビーフ

しんじょ

和牛ステーキ

メイン

デザート


さとこがいただけない分は
働き盛りのみんながキレイに完食してくれました。


大満足!
持ってきたケーキが入る余裕は全くありません!





14帖のお部屋に帰ってみると
お布団ぎっしりの合宿みたいな風景になってました。


宗教画の天使みたいに、左右対称の姿で轟沈している兄夫婦。お疲れちゃん。
 ↓
お疲れさんな兄夫婦


死体化している兄。

死んだように寝る


そんでも、
22時を回ると蘇って

男女入替になったお風呂に
元気に出かけていきました。


源泉かけ流しの『露隠』のホームページ画像がこちら。

花泉ホームページ源泉かけ流し
  
このモデルさんは、さとこの母ではありませんから。↑





車の音も人の話し声もほとんど聞こえない。

虫さんとカジカガエルとせせらぎの音楽だけ。


いいところです。


みんな、さとこが音に弱いことを知っているので
テレビもつけずにいてくれているけれど
観たい番組あったんじゃないのかな。

ありがとうね。


後半に続きます。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/06/25 03:53] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
| ホーム |