反映から妄想へ発展型のユメ、境目がないまま続々。
この頃、4時半すぎると明るくなってきますね。

5時前にはあるけあるけに出発しますが、
軽トラのライトで照らしながら、もう畑仕事されてます。


農家さん、大変だなあ。


朝もや


さとこ、最近のユメ。

気温の変化をリアルに肌で感じるのは
早朝のお散歩の影響でしょうか。




田んぼに回りを取り囲まれていて、あたりには誰も居ない。

泥水が悪意を持って迫ってくるのがわかるけど、気が付かないふりをして歩く。

いきなり黒い水に包まれた。

耳や鼻、口、体の皮膚を通して、血管や腸壁に冷たい泥が侵入してくるのを感じる。


泥が体の中に侵入するにつれ
冷たさが充ちる恐怖で目が覚めた。





うへー。気持ちわるっ。

早朝お散歩、精神的に良いのか悪いのか、ちょっとわからんくなってきたなあ。


この日の朝もや、すごかったです。

てくてく。


前日の夕方にも霧が出ていたんですけど、
まさか翌朝まで、そのままの状態が続いているとは。


桜並木

夫婦


また、
お使いで家電屋さんに行った日の夜のユメは、



駐車場に車を停め、カーステで映画を観ながらぱにーニィを待つ。

映画の中でも、駐車場の場面。
男の人が車に歩み寄り、中の人間を惨殺。
血と内臓が飛び散る。


画面から目をそらして外を見ると、
車窓の向こうに、同じ人影。


今のは映画じゃない。予知夢だ。

あひゃー。


待ち伏せされてる。
ぱにーニィ、帰ってきちゃ危険だ。


震える指でぱにーニィのケータイに電話したら
なんと、運転席で鳴っている。

ぱにーニィったら、こんなときケータイ忘れていっちゃだめじゃん!


何も知らずに足早に車に戻ってくるぱにーニィの背後で
殺人犯が振り上げる中華包丁が光った。


ぱにーニィ、逃げてーッ。

涙で声が詰まって、叫び声が届かない。

だから、中華包丁買っちゃダメって言ったのにーィ!




はあはあ。

涙まみれで目が覚めた。


やっぱ、刃物はぱにーニィには持たせられん。


セルボひとりぼっち

畠にぽつんと赤いセルボ。


以前、職場の傍にも、何年も白い軽バンが置いてあって、
暖かい日は窓を開けるのが嫌なぐらい、ものすごく臭ってたんだけど、

実は軽バンに入り込んで寝ていてそのまま亡くなった人の遺体のニオイだとわかり、
びっくりしたことあります。


また、ある日。

時々参加させてもらってる沖縄バンドのステージが終わり、
打ち上げにラーメン食べて解散した日。


元職場に再雇用されたユメです。

バンド仲間はもと職場同僚たちで、練習も元職場で行っているので、
きっとその影響にちがいない。




さとこは、夢の中では実に有能なキャリアウーマンであるらしい。


ピカピカのガラス張りのビルがさとこのオフィス。


各階には

 最上階が社長室&カットルーム&シアター
 4階は事務所
 3階は大小会議室で
 地下~2階はショップとテナント。


ビルの最上階、社長室に企画書を提出に行った。


養護学校に居たころから知っている子が就職していて、久しぶりの再会。


企画書を渡し、

へえ、君、秘書になれたの?
立派になっちゃって~、と小突くと

嬉しいような、でも、実は悩んでいるけど口にだせないってニュアンスの表情だ。

やっぱ、人それぞれ、苦労があるのかな。


さとこは、両手に大量の資料の束を抱えて非常階段へ。

5階から1階まで、踊り場から踊り場へ、軽々とジャンプを繰り返す。


風を切って爽快だが
急には止まれないので、飛び出し注意だ。


ショップ内で買い物中の、付き添いと一緒の老婦人や、車いすの男性の横を掠めるときには、
減速してふわりと通り過ぎる。


なんと、さとこ、重力も操作できるらしい。




目が覚めて、身体の重さにビックリ。

あらっ?こんなはずでは。


身体が重すぎて動けないので、再び目を閉じる。



池で立ち泳ぎをしているさとこ。


海水は自然に身体が浮くから楽だけど、
いつの間にか、真水でも泳げるようになったんだなあ。


リゾートホテルに滞在中。


ぱにーニィがわんこの散歩してくれているはずなんだけど、

もうチェックアウトで出発の時間なのに、どこへ行った?


足洗い場、テラス、隣接の病院と探し回る。


と、近くに、あれはブロガーさんのお家じゃないか。

「仕事で長期留守になりがちだから、間借りで住んだらいいよ。」


お茶をいただいていたら
白いハムスターがさとこによじ登ってきた。

ハーネスがついてない。

逃げたら大変だから抱き抱える。


わ。めちゃくちゃ重っ。

しかも、濡れているし、クニャンと掴みどころがないので難しい。


大変、職場の医療廃棄物の回収日なのに、管理帳に記載していないことを思い出した。

こりゃ始末書だ。


前の夢には、どうやったら戻れるかな。





持ちよりゴハンのあと、うたた寝していたらしい。

ぱにーニィに、「大変!職場のゴミ出し忘れた!」と叫んだら
「それ、ユメだから」と言われてビックリ。


白いハムスターだと思っていたものは、
さとこが熱っぽかったらしく、ぱにーニィがのせてくれていた氷枕だったことに、
しばらく経ってから気づきました。



朝もやの工場1

朝もやの工場2


ぱにーニィ、今日、ライブだよね?

10時からリハーサルなのに、時計を見たら16時!

ど、どうしよう!





…それも夢だった。

ユメと気づいても、当分ドキドキが収まらない。




ぐったり疲れて、パナソニックのリアルプロ『リアリー』に乗る。

久しぶりに、とおるちゃんの夢。

「嬉しいな。久しぶりだな。」って言ったら、
頭や耳をぐしゃぐしゃしてくれた。


残念。

目が覚めなければよかったのに。

空き家

径の向こうに


さとこととおるちゃんが大好きな、『シャラ(Shara)』の「Morning Dew朝露」を口ずさみながら、朝のお散歩にでかける。


大好きだけど、泣いちゃうから聴けないのよね。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/04/10 01:33] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
| ホーム |