キャラ。
先日、知恵熱?でダウンした時の事。


インフルエンザかもしれないと、外界との交流を遮断して安静に徹しておりましたが

更に、お蕎麦の差し入れが届き、
ぽっかぽかに温まって、
すっかり元気になったさとこ。


元気になると、今度は、ぱにーニィがどうしているか気になる。


逆さづりになって気絶しているんじゃないか

トイレで座ったまま気絶しているんじゃないか

お風呂で足を滑らせて気絶しているんじゃないか

しゃがんで冷蔵庫を覗いていて、上の冷凍室のドアに頭をぶつけて気絶しているんじゃないか


不安になりだすと落ち着かない、
安静4日目の明け方です。


シャワーを浴びて、落とせる限りのウイルスや菌を落とし
ぱにーニィんちへ向かう。


ごめんくださーい。


ベッドからごうごういびきが聞こえる。


良かった。
無事だね。


往復のたった800歩でくたびれ
更に爆眠。


ほんと、4日間、良く寝ました。





誰しも、「この本の登場人物わたしだ!」と思うこと、あるのでは。


さとこの場合は、これでした。
  ↓
まさに我が家

もー。

隠しカメラあるへん?って思うぐらい、
とおるちゃんとさとこにそっくしよ。

たまではなく日常だが


あとコカ・コーラのQooとかね。

まるで夫まるで妻

左はとおるちゃんだし、右はさとこ。


これ、さとこから着信があったときの、とおるちゃんのケータイの着信画面。
 ↓
夫の着信画面


先日発見したこの本、『もうぬげない』の主人公は
ぱにーニィそのものだ。↓
  
おっ。これは?

出版社からの紹介文は

「 ふくがぬげなくたって、なんとかなる!? 人生の悩みごとは、ヨシタケ流ユーモアでのりこえよう! ふくがひっかかってぬげなくなって、もうどれくらいたったのかしら。 このままずっとぬげなかったらどうしよう。 でも、なんとかなりそうな気もする・・・! さて、どうする?? ヨシタケシンスケ最新刊。 」


ぱにーニィ本人に見せたら
「実に強い同感をもって理解する」との意見表明であった。


てなわけで
それぞれが一冊ずつ買うことにして、レジに並ぶ。


ぱにーニィが晩ご飯を食べにフードコートに行くことにしたので、
じっくり眺めてみましょう。

フードコート貸し切りの贅沢
 (イオンの夜のフードコート、貸し切りで大好き!)


1ページ目から釘づけ

ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。

このままずっとぬげなかったらどうしよう。

このままおとなになるのかな。

ぬがないまま、工夫しながら生きる?

ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? 

あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて......


んで、やっぱり脱ごうと孤軍奮闘して
こんなこと。
  ↓
どうしてここまで似ているのか


改めて読んでも
激似。


いぶし銀を目前にした50代後半の男性が
これほどまでに似ているのはいかがなものかとも思うが


とりあえず、一冊はお母さんにお供えに決まりだ。


ぱにーニィのアパートのお母さんの写真に
「ハイ。あなたの息子さんの本、出てましたよ~」


ぱにーニィ 「いや、母はうちの息子はそんなじゃないって言うと思うよ」


いやいやいやいや。

いちばんよく分かっておられるでしょ。

だって、こんなポンコツなさとこに向かって
「あなたがついててくれるなら安心だわ」って言われくらいなんだよ!


そんなわけで、

ぱにーニィがこんななって困ってんじゃないかと心配になり

緊急事態

今日もヒタヒタと巡回に向かうさとこなのでありました。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/03/13 05:53] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム |