デトックスバカンス
只今、自主的隔離状態でありんす。


遡ること3日前、2月28日の朝方から鼻水が出始め、

花粉かな?風邪かな?


他人との交流は、二日前の自治会の新年会ぐらいだし。


どうにも関節が痛いぞ。

こりゃまずいんでないか?
と思いつつも、その日ははてるま父受診と春の種買い付けの日だったので


とにかくマスクを手放さず、
手指消毒とうがいと水分補給を怠らず
常に飴ちゃんをなめながら事にあたりました。


外気0℃。
寒いっす。


またまた今回は大流血が重なり

気つけのカフェイン製剤を飲んでいるから
まー、出るわ出るわ。


フラフラと診察室に入り、先月の検査結果を聞きます。


胃カメラで荒れた部分が見つかり、組織を採取して培養してもらったのですが、

義父、この1カ月は
胃のことが心配で心配で

側頭葉てんかんの発作ゼロ。
背中とわき腹の激しい痛みゼロ。


はてるま父がトイレに行っている隙に、
義母がコッソリ 「どっかひとつ気になるところがあるほうが、じーさん、イタイイタイって騒がんでええなあ」


よかった。
義母にも対応にゆとりが出てきたみたい


感染症内科で腹部エコーの検査結果を聞く。

前回とおんなじで、
胆嚢の中が泥状のもので詰まっているけれど、
半年か一年に一度、変化が無いか確認すれば問題なし。


続いて消化器内科。

胃カメラの結果も、
先生「心配ないですね。わたしの診察はいったん終了ですが、また心配な時はいつでも山根先生から紹介してもらってください」


おー。
ありがとうございます、ありがとうございます。


大腸ファイバー検査は、無期延期ってことで、さらりとかわしてくださいました。


診察室から出た途端、
義父、わかりやすい満面の笑顔。

「わしはもうダメだと思っとった。命が伸びて安心した。助かったなあ。
まずはパンとコーヒーだ」


笑。

分かりやす過ぎる。


んでも、このあと軽く失敗がありまして、
さとこがウッカリ目をこすっていたもんで
義母 「花粉か?」
「ん、たぶん、洗えばよくなります」

はてるま父がいきなりハンカチを出して
苦汁の表情で「痒くてやれん」と激しく目をこすり始めた。


ありゃりゃー。
花粉症、うつっちゃったよ(笑)


ま、イタイよりはカユイほうがましかなー




さて、せっかくならとケーキ屋さんで喫茶タイム。

義父フルーツショート

義母モンブラン


ケーキと生クリームたっぷりのココアを飲み、
さらにお持ち帰りでタルト3個、ワッフル3個、わらびもち6個。

お祝いケーキ

よっぽど羽を伸ばしたかったようですよ。


買い出しと昼食を済ませて、まだまだ雪に埋もれたはてるま地区に着いた時には
さとこはそろそろカラータイマーが…


腰が砕けて歩けないので、
ところどころのコンビニで休みながら

17時には巣にたどり着きました。


実は、お昼に、めったに入らない回転ずしさんに入り
「まぐろのアラ汁324円」なんてメニューがあったから注文してみたら


\(◎o◎)/!
外国で食べる日本食って、こんなのでしょうか。
まぐろのアラ炊きが、味噌スープの中に入っておりました。


思わずウッてなったけど、
身を引き上げて別々にいただくことで粗相は回避。
おつゆも、唐辛子をしこたま入れたら
完食できました。


ちょっと、流石にダメージがのこり、
道々
こみあげてくるものもございましたが


まあ、体調悪かったしな。





巣に到着しても、ぐったりしてはいられません。


換気扇と空気清浄器をフル稼働させて
電気毛布と、
4年ぶりの敷き布団を引っ張り出して

準備万端。


玄関に荷物を投げ散らかして
服もうまく脱げずに団子状態で放置。


シャワー浴びたら
41℃のお湯がヒンヤリ肌寒い。


電気毛布に潜り込むけど、
やっぱり冷たい。

よく考えたら、
電気毛布は40℃でサーモスタットが働くから

熱発時には体温より低くて寒いんですよね。


ぱにーニィは高齢の方たちがお相手のお仕事だから、
とおるちゃんとさとこの巣への立ち入り禁止令を敷いて
ただひたすら眠りました。


そしたら、玄関に山ほど兵糧を運び入れてくれてあって

スープ、杏仁豆腐、納豆、パンへタ、甘いパン、ハムカツサンド
ヨーグルト、レトルト中身汁、スポーツドリンク6リットル。


こりゃー。

軽く2~3週間は立てこもれそうだ。



その日の晩。

もやしと卵のスープをいただく。
あったかくてほっとする。



二日目。

少し熱が下がる。
杏仁豆腐に夏みかんはちみつ漬けを混ぜていただく。

口の中の爛れが気になるから
ヨーチンでジュッって焼いたらすっきりするだろなと思いつつ、
引き出しを探す元気がまだない。


ハウスクリーニングのリーダーから、お仕事の問い合わせがあったけど
ぱにーニィは動けないし
さとこだけでは力が足りない部分があるだろうし、
せっかくのチャンスでしたが、無念…。



三日目。

やっと関節痛と頭痛が和らぎました
胃痛があって吐いたらマズイから、今日も外出は無理です。


気になるのははてるま父母。
「風邪ひいてませんか?」と尋ねたら
ふたりともぴんぴんしていた。
良かったー。


続いて、里の母。
今日は、里の関係の霊人さんの合同月命日だけど
「すんません、風邪うつすので行かれません」と母にメール。


母から返信。
「もうこれ以上のえらさはご不要です。
なんなら痛さだるさ小分けいたしますよ。
ご遠慮なく。」


わー。
めっちゃ機嫌悪いやん。

さとこ、たやすくやっつけられ、再びダウン。


それでも
突進歩行であちこちぶつかって這っていたのが、
1分・2分と長く座っていられるようになり


今日の午後には
巣箱の回りの荷物を仕分けしたり
ラスカリング(お洗濯)もできたり
流しに積んであった洗い物もでき


夢をみては起き
ごそごそして疲れてはまた眠り


玄関に投げ込んだ荷物や散らかした服も、トイレからもどるときに少しずつ片付け
こうやって
病床対応巣箱の写真もとったりする余裕もでき

療養タイプ巣箱

フリース2枚にエマージェンシーブランケット。
アツアツです♪


忙しい皆さんには申し訳ないけれど、
さとこ、この3日間、時間をプレゼントされた感じです。


頭が痛いから何もできない。
悪感が治まらないから、ちび電気ヒーターの温風を巣箱に送り込んで
ぬくぬく汗びっしょりこ。


どこにも出かけない。
なにもしない。

そんな自堕落を正当化できる至福の時間。


心と身体にたまったドロドロがすべて洗い流されるようです。
デトックスバカンス。


42℃ぐらいなら熱発してもいいから、
ときどきこんなのあるといいなあ。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/03/02 16:00] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |