スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しい」
バレンタインデーは祖母の命日でして。


駐車場は凍っているけど、大雪のピークも過ぎたし、
里に行くつもりで朝から準備していたところ、
里の母から連絡あり。


「小道が雪でふさがれているから、
あちこち渋滞しとるだと。
雪かきはお母さんはしないから、心配しなくて大丈夫。
どうせこの雪ではお墓には行かれないし、
あんた、そこでおばばに御祈念しなさい」だそうで。


へーへー。
ほんなら、翌月の月命日に一緒にお参りするだわねってことにして

巣のとおるちゃんの住処で、
お灯明とお抹茶をお供えしますた。


中津川市の伝統菓子、からすみを切る。
からすみ切って祖母命日

からすみは富士山のかたちに米粉を練り上げ蒸したお菓子で、
毎年、はてるまの親戚が送ってきてくださるのです。
今日のはヨモギ入り。

亡夫が写らないように桜の蝋燭


ほ。
落ち着いた。


と思ったら、それからしばらくして
またまた母から
「カレーと五目ごはん出来た。
お下がりを取りにおいで」だなんて

意味わからんわっ


さとこは、一回アイドリングが切れてしまうとお出掛けモードの電源がオフになるので、
却下です。


里の母の発言にはいつも振り回されがちですが、


そんでも、時々かわいいことを言ってくる。


「夢です。
さとこが炬燵の中から手のひらサイズの子猫を出してくれました!
おばばの家だったよー!
抱っこ抱っこして見せ見せしたよ


そらァ、エカッタね。


返信する。


「そげかね。
手のひらサイズの仔猫なら、踏まんように気をつけて。
寒いけん、また炬燵に戻してあげてね」


そんなやり取りをしていると、
すぐに、「○○を作ったから取りにおいで」の展開となる。


量的に極めて多いのは、

寿司飯と具が1:1割合のちらし寿司と
  ↓
ちらし寿司はゴハンと具が1:1


いっぺんにまとめて作る、肉まんです。


さとこは、包子も饅頭も、
ふわふわの皮でなくて、にっしり噛みごたえがあるのが好み。


さとこ地方に40年~30年ぐらい前にあった中華料理店のどっしりした肉まんが忘れられなくて、
近年、手に入る方法がわからないので
母製をもらうのです。


こんなふうに、うっかりしぼんでしまった肉まんでも、
ふかふかより美味しいと思っちゃうのですね。

膨らまなかった肉まんセット


さて、いざと連絡すると、どこにいるんだか音信不通。


とりあえず里へ向かう。


母、外出中のようですね。
入り口に置いてある包子を見つけて、「これ?」と写メを送ると

途中まで帰ったところで「そりゃちがう」と電話があり、
慌てて返却しようとUターン。


ただでさえ車の往来が激しい道路に面している上、
15時を回ると、ランドセルに背負われた学童たちが通学路ではしゃぎ始める。


ひいい。
コワイっす。


包子の箱を所定の位置に戻して、急いで帰路につくと
母から「帰ったよー」ののんびりメールが。


わああ。


またまた居り返す。


そんなして、命をかけて(←大げさ)もらって帰った本日の包子、

肉まんと長命草肉まん。
肉まん長命草肉まん

あと、柚子煮あん入り。
そんで、長命草入り生地の饅頭を、いくつか。
長命草ゆずあんまんマントウ


味見に一個ずついただきましたら

肉あんは白ネギとしょうががたっぷりで
シャクシャクの歯ごたえ。


長命草パウダーは苦辛いから、
塩味のあんより甘いあんの方が合うなあ。


いつもなら美味しい、にっしり包子なんだけど、

本日は、
ハードな肩こりが原因か、
ケンビキの歯の痛みで口が開かず、噛めません。


上顎裏や唇の口内炎に
柚子の酸味とねっとりがチョー滲みてむせび泣く。


非常食用に冷凍保存いたしましょーね。


里の母に「ンマイでー」とメールしたら

「ヨカッタヨカッタ」と上機嫌。


お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しいって、
どなたかのblogに書いてあって
小さい時、いつも母の様子をうかがっていたことを思い出したけど


大人になった今でも
ほんとにその通りだわ、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/02/20 03:56] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。