沖縄ちゃんぽんがある大衆食堂が好きです。
初めて知ったのは、とおるちゃんと通っていたS県の沖縄料理店ですが、
以来、沖縄滞在中、一度は注文せずにいられない、
沖縄ちゃんぽん。


沖縄でちゃんぽんというと、
野菜炒めを卵でとじたおかずがオン・ザ・ライスで登場する、丼的なメニューです。


キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・青ネギ・にらなどのたっぷりお野菜と
豚肉やコーンビーフハッシュ(ダイスカットのポテト入りのコンビーフ)やポーク(ランチョンミート)・かまぼこなどを炒めて
卵でとじる。


観光客が長崎ちゃんぽんと間違えて注文し、麺が入っていないことで肩をおとす方が多いそうで、
店員さんから「ごはんだけど大丈夫?」と聞かれることもあります。



こちら、泊港にある、ぱにーニィお気に入りの船員会館。
  ↓
船員会館1

1階にある食堂、『いかり屋』さん、
平日のお昼は、
海で働くオトコのためのがっつり食べ放題格安ビュッフェに参加できますのよ。

船員会館2海の男と一緒にお昼ご飯


ぱにーニィのお父さんは外国航路の船乗りさんだったから、
家族が揃えるのは、いろんな港の船員会館。

懐かしい思い出がたくさんあるのでしょうね。


レストラン『いかり屋』さんのちゃんぽんは、こんなです。

船員会館ちゃんぽん

ポークともやしとキャベツたっぷり。
確か、『選べるそば定食』880円だったかな?


たっぷりお野菜のいろんな歯ごたえが病み付きなのでした。





続いて、
那覇市牧志にある、『食堂花笠 2号店』。

食堂花笠

『花笠食堂』ってお店もあちこちにあって、
食堂花笠と花笠食堂はどうやら別のお店のようで、メニューが違います。


食堂花笠入ります

こちらは、出てくるお茶が砂糖入りのアイスティーでびっくり。
残さずいただかなくちゃ、と焦った、青い時代もありましたねえ…。


ちゃんぽん、600円、これです。
汗だくの体が欲しがる味くーたー(シッカリ味)な1品でございます。

食堂花笠ちゃんぽん


歩き回ってぐったりだったのが、
さあ、次はどこに行こうかなと思えてくるから不思議。





そして向かうのは、
食堂花笠さんからも近い、那覇市第一牧志公設市場。


国際通りから市場本通りを曲がった奥にあります。


アジアンチックな雰囲気全開の市場周辺は、心地良いゴチャゴチャ感に溢れていて、
居るだけでコーフンしちゃうさとこであります。


公設市場の中。
 ↓
公設市場

1階は精肉部、鮮魚部、生鮮部でして

定番の観光地ではありますが、
人が多いのがドキドキなさとこは、一人では入れません

お刺身チョイス

この日は、夜はホテルのお部屋ゴハンにしようって言って、
こんなして、お好みの鮮魚を選んでお刺身盛り合わせを買ったにもかかわらず、

2階の食堂に行ってしまいました。

わははは。


だって、お食事4回(4泊5日の滞在中、外食は1日1回として)では、体験してみたいお店をまわりきれないんだもん。


公設市場2階で

お2階には10店舗以上の食堂があり、食事時はかなりの混雑具合ですが、
空いているお店を狙えばとっても静か。


1階で販売している鮮魚を持って行くと、
調理代500円でお好みの方法で調理してくれる提携店と、

1階と提携してなくて、正規のメニューだけの店舗とがあるので、
そういうところは空いているようですね。


なんてお店かわからず、お値段も忘れましたが、
こちらのちゃんぽん、びっくり!

公設市場ちゃんぽん

ポークが入っているのに、さらに三枚肉がどーんと載っている!


しかも、路地で買ったお惣菜やおにぎりの袋を椅子に置いていたら、
わざわざ、「メニューから注文したら、そのへんで買ったものも開いて食べたらいいよー」だって!


び、びっくりです。





リピートしたいところばかりだけど
初めてのお店で発見や出会いがあるかもしれないし、


そして初めてのお店では、必ずメニューに『ちゃんぽん』の字を探してしまうさとこなのでした。


食堂なら、どこに入っても、ほぼあるんだけどね、
ちゃんぽん!
関連記事
スポンサーサイト
[2017/02/18 04:09] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
| ホーム |