お手軽な すばじょーぐー(沖縄そば上戸)なので。
沖縄そばは大好きですが、

どのお店で頂いても、
フツーに美味しいと思ってしまう。


やっぱ、沖縄の空気ですかね。


てなわけで、グルメ情報をめくってもさほどときめかない代わりに

「お値段以上」が大好きなぱにーニィとさとこにとって、
こういう貼り紙はたまりません。
 ↓
これはぜひいただかないと

沖縄すば、中は200円、小100円。
天ぷらは一個60円です。


おもろまちのこちらのお店、『卯家』さん。

卯屋さん

さとこ、「てんぷら」とか「さしみ」とか「弁当」って看板に
著しく反応してしまうので、

ぱにーニィにも、伝播させてしまった模様です。


カウンターのショーケースに、天ぷらとおいなりさん。

セメントの床に、
カウンターに椅子が少し。

多分、冷房無し。


ちっちゃな厨房に、やさしそうな年配の男性がちょこんとすわっておられる。


カウンターに貼ってあるこのうさぎさん、可愛いなあ。
お孫さんとかがつくったのかなあ。

妙にカワイイ


すば(小)を注文すると、
店主さんがアルミの片手鍋でおつゆを温め始めます。


これで360円。

卯家さんにて


懐かしい感じのすば。
いいなあ。


天ぷらのショーケースには、豆腐やポークやインゲンや玉子もあったけど、

おなかいっぱい (←実はさっきご飯たべた) だから、
おさかな、いか、ウインナー、サツマイモをひとつづつ。

天ぷらにはウスターソースと七味

ウスターソースと七味唐辛子が定番と教わり、
けっこうハマっています。


早速…

こちらのすば、20歳のときに初めて沖縄旅行で食べたのにソックリ。


麺がボソボソして、
スープはあっさりカツオと昆布で、
紅ショウガと小口ネギ。

これこそすばって感じがいいんだよね!


あっ。
かまぼこではなく、ポークが入ってる!

おいしーねー

完食。


おなか一杯なのに、窓枠に並んでいる常温のルートビアが欲しくて、
買っちゃいました。


おもろまちでお食事したら、沖縄県立博物館美術館へ向かうのがいつものパターンですが、

食べ過ぎで歩くと横腹痛い上に、
強い日差しは堪える。


自業自得ですにゃ(笑)。




そして、空いているとうれしい、夜のフードコート。


赤嶺のまんが倉庫で県産古本を大量確保した帰り、

肩にずっしり重い荷物をぶら下げて立ち寄るのには、
ゆいレールの小禄駅と直結のイオンモール 『イオン那覇店』がとてもありがたい。


しかも、広すぎず天井が高すぎず、
随所に柱もあって隠れられる、
さとこにはもってこいの居心地の良さ。


フードコートの『本家亀そば』さんが、最近のお気に入りなのです。

シャッターチャンス


この海老そば(小)は760円。
えびそば

海老ちゃんおっきいし、
お野菜いっぱいだし、
つるつる細麺でエスニックなお味が、
新鮮ですてき。


沖縄の大衆食堂の定番メニュー『Aランチ』好きのぱにーニィは、
AランチがあればどこでもAランチ。

Aランチすば付きです

Aランチ880円の構成は

でっかいとんかつ、ポーク玉子、チキン唐揚げ、エビフライ、メンチカツ。
ゴハンとマカロニサラダのワンプレート。


Aランチにはポタージュがついてるのをよく見ますが、
すばがついてるのがいいのよね。

しかも、きくらげ入りってのがたまりません。


さすが、おそば屋さんのAランチ!


てなわけで、
きっとまたイオン那覇店フードコートで同じメニューをいただくに違いない、
次回の沖縄。


いつ行けるかな~
関連記事
スポンサーサイト
[2016/11/28 03:53] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
| ホーム |