FC2ブログ
3月の風景やら 義父通院記録その他の覚え書き。
2020年2月18日

はてるま父、医療センターで胃カメラの日。


珍しく大雪が降りました。

気温が高いから
びしゃびしゃの雪です。


渋滞を見越して、

義父母と合流場所のバス停に
早めに向かいます。


義父母を乗せたバスも 案の定遅れて到着し

医療センターに着いた時には
締め切りの8:40を少し過ぎてたけど

受け付けてもらえました。


義父は胃カメラ検査を毎年1月か2月に受けていて
今年が6年目です。


悪天候と風邪やインフルエンザ蔓延のこの時期の病院行きは
なるべく避けたいところだけど


毎日多忙な義母が
畑の世話に追われない、この季節を希望するのです。


義母は膝が痛くて診察室や検査室の移動が大変だから、
1階ロビーで待機。

義父とさとこだけが2階と1階を行き来して検査を済ませました。


義父の検査結果は今年もどこも悪くなく

また一年、安心して暮らせますよ。


ピロリの再感染も無し。


よかったね、義父。




会計を済ませると12時。


昼食は屋根付き駐車場のあるイオンに決めました。


トイレ前にある200円の血管年齢測定マシンで
血管年齢を調べて遊びましたらば
血管年齢測定

高血圧のはてるま母を含め、
三人ともA判定が出ましたが


信頼できる数値なのかな~( ̄ー ̄)


あちこち買い物して
義父母を無事に送り届けたら、あっという間の17時。


帰り道の路面の凍結もなく

ほっとしました。






2月29日。

はてるま父、脳神経内科への定期受診。


世間は肺炎ウイルス感染対策の外出自粛ど真ん中なれど

診察なしで発作を抑えるお薬を貰うことはダメだそうで


こわごわ 
Y病院へ赴きました。


そしたらなんと、待合室の患者は義父だけでして


いつもならけっこう待つのに
あっという間に全行程終了。


お薬も、最大の30日分を出していただきましたよ。




義父は日頃から外出時にはマスクを常用しています。


義母は若いときの気管支炎以降、気管が過敏になっていて

湿度や気温の変化でしょっちゅう咳き込んでいるにも関わらず

今まではどこに行くにも頑なにマスクを拒否していました。


最近の義母は肺炎ウイルスのおかげで

マスク着用習慣がきっちり身につき

しかも、咳が出ると「咳してゴメン」と断るという、周囲への気遣いぶり。


思わぬ好影響に
大喜びのさとこであります。




この日は
義母の希望で、通院後のランチは蕎麦の『唐花紋』に行きました。


食材にこだわる唐花紋さんは、
おととしのお彼岸に行ったとき、義母の好みには合わなかったところで


それからも「あそこはイマひとつだったな」なんてときどき言ってるのに

そこにまた行こうって?


…だ、大丈夫かな…。(´・ω・`)




わしは何でもいい、という義父は
義母と同じ天ぷら蕎麦を注文しました。


待つのが苦手な義母は、厨房やあちこちの座席に視線を送りつつ


「わしらの方が早く入ったのに、
あとから来た衆に先に料理が出た。

じーさんが早く決めんからこんなことになる。

たったひとりで作っとんなるけん、
いつ来るかわからんぞ。

わしが厨房に行って手伝ったが早いだないか」って。



ひいい。


今日の義母、こええよー。



最近疲れが溜まっているからなのか、

ジリジリ、イライラ、落ち着かなくてずーっとお喋りし続けです。


こうなった義母の耳には、
気分転換に別な話題を振っても素通りなので


義父は「…別にいいがな。」と小さく呟き大人対応。


穏便に済ませたいさとこも
「おかーさんはいつもテキパキ忙しいもんね~」と適当に相槌を打ってやり過ごすだけです。




待ちに待った天ぷら蕎麦が到着し

箸をつけた義母、ん、と首をかしげる。


低い声で、でも、傍のテーブルを片付けている店員さんには聞こえるぐらいに


「味がない。水っぽい。
この前もだったが、今日はよけに不味いなあ」


そして箸を置いて店員さんを呼び止め、「醤油ください」って。


店員さんが厳選素材の自慢のかけつゆを追加で持ってきてくださったんだけど


再び味をみて首を振り「こんなもん、なんぼ入れたって薄まるだけだ。醤油じゃなけにゃ」

って、再度お醤油を催促。


困惑の表情で持って来てくださったお醤油をお蕎麦にかけて
「これで旨なった」って
ようやく落ち着いたわけですが

義母そりゃ高血圧になって当然ですわと、さとこは思いましたね。


居心地わるくて早く出たいんだけど

申し訳ないので
頑張っておつゆまで完食しましたよ。
20200229昼食
 (さとこのは山菜おろしそば。色は濃いけど、見た目よりは薄味です)


義父も、妻に「じーさんも醤油かけたほうがうまいぞ」と勧められてたけど遮り

えび天だけ食べて、お蕎麦にはほとんど手を付けずでした。


義父母がお店を出た後

ごめんなさい美味しかったんですけど、と断ってお支払いを済ませましたが


やっぱり、通い慣れてないお店は
なにか理由をつけて、避けた方が無難ですね、みんなの精神衛生上。


そのあと
種を買いに行った園芸店のトイレに貼ってあった、相田みつをさん。
トイレのあいだみつおさん

セトモノにならないように気をつけよう。






3月3日。

お彼岸前に、ぱにーニィの実家とお墓の様子を見に行きました。

20200303彼岸前

通り道でいつも見上げる、立派な岩がにょきにょき生えてる山。


なんて山なのかな。


いつもなら
このあと県境向こうのスーパーで買い物をして帰るんだけど、

時節柄、当分はとんぼ返りでしょうなあ。


さとこの町に戻っても
この辺は三密になる機会はあんまりありません。
20200303の風景2


ブロッコリーのお花畑が見頃でした。
20200303の風景3






3月9日。

はてるま父、内科受診日です。

内科は特に問題ないので2か月分のお薬をいただき、
しかも、次回受診に伺えない場合はお薬だけ出してくださるそうです。


ありがたい(・∀・)


これで当分安心です。


通院終了後、
開店と同時に入る、いつものケーキ屋さん。


食が細くなっている義父ですが、
赤くてキレイなケーキを選びました。
20200309義父の

コーヒーについてきたちっちゃなスイーツも完食でよかったです。


義母は、モンブランと、ソフトクリーム付きのコーヒーを注文したら
普通サイズのソフトがついてきた!
20200309義母の

もちろん義母も完食でございます。(゚∀゚)


こうやって義父母と過ごす度に
「ガソリン代だ」って言っておこづかいくれるのが心苦しいです。


さとこだけでなく、
甥や婿や孫や誰に送迎を頼んでも、必ずお小遣いあげる義母。


さとはウチの家族だけんな、とか言ってるわりにはよそよそしいよね。


気が引けるから

そのぶん、今まではそのお金で喜びそうなものを見つけて買って帰ってたんだけど


最近の義父、一層食が細くて、甘いものしか進んで食べてくれないし


一方 義母は
体重増加が、痛い膝に更に負担をかけるから


美味しいものばっかり買うのもまずいかなと悩んでます。


孫一家が突然帰ってくることが時々あるから

お土産に持たせる用の備蓄と思えばいいかのなあ。






3月12日。

里の母と、S県I市にある祖母実家のお墓掃除に行き


アイスが食べたいと言うのでオサレなアイスを買う。
20200312墓掃除


さとこの町のブロッコリはさらに成長しました。
20200313の風景


川土手も今が一番きれい。
2020328の風景2


時々寒い日があるので
山頂は融雪・冠雪を繰り返しております。
20200313の風景2


3月16日には 

明け方に激しい雷と突風と雪が降ってびっくりでございました。


この日、今年初めてツバメを見ましたよ。


リバーサイド通勤途中にトイレ休憩する道の駅では
19日にはもう卵を温めていて、

凍えちゃうんじゃないかと心配しました。






お彼岸は

17日と19日がリバーサイド勤務だから


3月18日に故とおるちゃんのお墓にお参りして


3月20日が
兄夫婦と母と4人で、父と祖母のお墓参り。


兄夫婦のお土産は蓬莱551のでっかい豚まん。
お土産は蓬莱の豚まん


と、それ以上にでっかい、まほろば大仏プリン。
まほろば大仏プリン


兄を乗せて遊べるぐらいでっかいので
兄が乗れるぐらいでかい 


それぞれがスプーンを握って
順繰りにひとさじずつすくっては、次の方どうぞ。
一口ずつ掬っては回す


551豚まんは 故とおるちゃんにお供えしましたよ。
20200320のお供え


帰り道、軽バンさとこ号のメーターがこんなことに。
20200320ー111111

222222になるとき、

世界はどんなになってるんかなあ。






3月28日。

はてるま父母のお誕生日が近づいていて

当日はさとこはリバーサイド勤務だから

ちょっと早めのお誕生会をしました。


予定では
義父母をお買い物に連れてって、外食する計画だったけど


時節柄、そうもいかなくなり

さとこが必要物品の買い出しをして、ランチとケーキを届けることに。


スーパーはお盆休みかゴールデンウィーク並みの人出で 

カートの2つの買い物かごいっぱいで清算を待つ家族連れがずらりと連なってます。



うわー。

さとこの町じゃないみたーい!



さとこ、車内の消毒、換気・手洗い・うがいは入念に行ってはいるものの

長時間一緒にいると、義父母に何かをうつしちゃう気がするんで


お昼を囲んだあとは
「さとこが出た後はしばらく換気してくださいね!」
と言い残して

はてるまの家を早々に出ました。

20200325ポプラ並木
 

はてるまからの帰り道の
誰もいない河川敷。

2020328-2.jpg

20200328の風景


来年の桜は


誰かと一緒に観られるかなあ。




関連記事
スポンサーサイト



[2020/04/09 11:39] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |