FC2ブログ
ぽんこ2、楽しかった思い出をいっぱい持って、リバーサイドを卒業しました。
高齢者施設リバーサイドでの写真の整理です。


お食事タイム。
配膳エプロンを着用するぱにーニィ。
20191211配膳エプロンで待機 ピンクのフリル

大きいサイズのも用意してあるのに
みっちみちなのを好む傾向にあります。



手作りおやつの日。
プリンの日

プッチンプリンがバナナやフルーツ缶や生クリームトッピングでゴージャスに変身したやつの
おすそ分けいただきました♡



リバーサイドのお昼休み。

メザシ、高菜漬けあんだんすー、麩と青菜のすまし汁

定番メニューはメザシですが

ぱにーニィがケンビキの歯痛で噛めない時期は
白菜や高菜漬けやお豆腐をおかずに。あんだんすー、高菜漬け、白菜漬け、豆腐&ふきのとうみそ


…たまにこんな日もある。(゚∀゚)
こういう日もある


お味噌汁のおすそ分けをいただいたら

センパイからの「ぽんこ氏達、汁だよ」の愛のメッセージ付き♡
赤板炒め、あんだんすー、甘辛ごぼう、キュウリ、梅ザーサイ、雑穀米、わさびふりかけとお味噌汁 センパイからの愛♡


給食の汁ものが余りすぎることが多くなってきていて、

このほど給食会議で見直しがあり、


適量が調整できて以降は

スタッフがおすそ分けをいただくほど沢山残っちゃうことは
なくなりましたよ。


普段の主食は
このサイズのタッパーのご飯をさとこが1個、ぱにーニィが2個ですが
玉ねぎ天、蕪漬け、かつお節&豆腐、白菜漬け、


脂質たんぱく質に乏しいおかずのときは、
ご飯サイズが一割増しになります。☟
大き目ご飯に喜 まぜごはんにリラクマのせ
混ぜご飯には
ぴよこさんからもらったリラックマチップを飾ったりしてね♪


米好きのぱにーニィ、
ごはんがでかいだけで笑顔なのでした~。
特盛に喜




令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、
令和2年4月16日まで延長となり


お客様の準備が整わなかったらどうしようとハラハラしましたが


ぱにーニィのお客様方は例年通りに3月15日までに手続きをしてくださり


16日、すべての確定申告を終えて
リバーサイドに出勤です。


帰りに
お疲れさま会という名目で

お気に入りの台湾料理屋さんに行きました。


ここは常日頃から

慇懃無礼とも取れるぐらい神経質に
徹底的な拭き掃除をされていて


この時期、一番安心して過ごせるお店なのです。


お気に入りのメニューはお酒セットとラーメンセット。
お酒セット&ラーメンセット

ぱにーニィのラーメンセットは
台湾ラーメンと天津飯とでっかい唐揚げ3個に杏仁豆腐。

さとこのお酒セットは
紹興酒、麻婆飯、大量の唐揚げ、餃子をチョイス。


さとこ、ここの麻婆飯を知って

麻婆豆腐って、なんておいしい食べ物なんだろう!って思うようになったのです。
一番好きな麻婆丼

一口ごとに「美味しいねえ!」がこぼれてしまいます。


…紹興酒なんですが、
なんでか、ぱにーニィでなくて
必ずさとこの前にまっすぐ運ばれてくるんですよね。


んで、時々、なみなみと入っていたりするんですよね。


なんでいただくのはさとこの方だってわかるんだろう…(@_@)


山積みの唐揚げは食べきれないのでお持ち帰りで、

翌日のお弁当や晩ごはんのメインディッシュとなります(゚∀゚)


中国からの従業員さんばかりのこのお店、

この感染騒ぎで閉店したらここの従業員さん達はどうなるのか、

とても心配です。




この時すでに

ウイルス感染の波がどんどん広がって
国内感染者が800名近くになり


ぱにーニィもさとこも

お仕事をあれこれ探すどころではなくなってきていたのでありますが


自分たちがリバーサイドの院内感染を引き起こす原因になるかもしれないという不安から


契約を更新するかどうか、

もう心は決まっていました。



契約更新はしない。



とりあえず今は リバーサイドを離れよう。



ぱにーニィとさとこの性格の違いも問題点でした。


トロいから一刻もはやく始めたくて
常にアイドリング状態でないと不安で落ち着かないさとこ。


一方、ぱにーニィは
始めたら終わるまで落ち着かないから、
全速前進、全力投球で終えてしまうまで休まない。


チームぽんこ2、二人のタイミングのずれが

お互いの更なる暴走を促し、


仕事終わりの帰路では
二人ともが半分眠りかけることもあるというありさまでございます。
322帰路にていただきます 新作ミスド
 (ミスドの差し入れ頂いたときは、車中ミスド晩ごはんでした~)


この流れを断ち切れない以上、

これからもこの調子で眩暈がするほど働き続けて
3年後にようやく時給が10円アップの800円になるっていうリバーサイドの体制には


心の拠り所がなくて燃え尽きてしまうだろう。


と思うのは わがままなんだろうかなあ。




あと数回の出勤日、
ぽんこ2の持ち場のフロアを悔いなくハイターで塗りつぶすつもりで


とにかくそこら中、納得がいくまで消毒し続けました。


今まで「ぽんこの二人が来た日はハイター臭くてかなわん!」とか密かに思われていたかもしれないけど


肺炎ウイルスのおかげで
今は堂々とハイター消毒しまくりです。


リバーサイドを一歩出てからも
自分が感染してウイルスを持ち込んではいけない、とピリピリしながらの徹底消毒の生活を送り


そうして迎えた

最後の出勤日、3月30日。




この日で退職するスタッフは全部で5名。


いつも通り出勤したら

餞別のお花やらお菓子やらを
ぽんこ2にまでいただいちゃって
最終日のごはんと、いただいたお花
 (お花をお供えしてもらったみたいになってるランチタイム)


夕方になったら院長先生が3階まで上がって来られて

「私、知らなかったんだよ!君たち今日で終わりなんだって?」って涙目。


惜しんでいただけて
チームぽんこ2、介護助手冥利に尽きますね!


私物を整理して1階に降りたら

今度は事務局長さんからまでも花束贈呈式が。
3月30日まさかのお花


巣に帰ったら故とおるちゃんに報告です。

20200330の報告



こうして

令和2年3月30日をもちまして


チームぽんこ2、解散となりました。


応援してくださった皆様
ありがとうございました!!(゚∀゚)

関連記事
スポンサーサイト



[2020/03/31 12:27] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
リバーサイドの契約、3月いっぱいです。その2。
20200305つくしんぼ

2月半ばのこと。


役場からの防災無線で、
町民ホール図書館の求人情報が流れました。


「4月からの採用、図書館司書補助、1名募集。
経験問わず。
希望者は役場まで。
2020年2月29日締め切り。」


思わず聞き入るさとこ。


ぱにーニィが「さとやん、受けてみなさいよ。どうせ落ちるんだから」って。


落ちるのわかっとるのに受けんわッヽ(`Д´)ノプンプン




さとこは


人生の構想を早くから練っていた兄と違って

高校生になっても、将来のことを真面目に考えてなかったんで

いつも母を心配させておりました。


海が好きで、水掻きとエラをつけた半魚人に改造してもらうのが夢だから
それまでは水族館で働きたいかな。


だから日本動植物専門学院っていう専門学校で勉強できるといいかな。


でもその学校って、遠い遠い北海道で
母のオッケーが出ないから無理だな。


まあ、無事入れたとしても
卒業後、近くに働き先なんかあるわけないしな。


だったら、

さとこ、読書好きだから

本に埋もれてお仕事できる図書館司書がいいへん?


ってなわけで

近くの短期女子大学に入れてもらって

夏期及び冬期講習で図書館司書の資格を取得したまではよかったんだけど


司書の募集がないうちに
コネで大手金融業への採用が決まってしまい


そのあとで、


まさかまさかの


図書館司書コースの教授から

ご自身が館長の市立児童文化センターの図書室に採用してあげようと言っていただいちゃって


母はそれはもう大喜びだったんだけど、


でも、どうやらそれは
お見合い込みの条件付きっぽいお話で


それに、
短大の総務課が採用内定者には別の推薦書は出さない方針とのことで、お流れに。


廃船でくつろぐ鳥さんとカメさん
 (ぱにーニィの顧客様んちの前の川。鳥さんとカメさんが廃船に上って日向ぼっこ中です。)


そして時は流れて


10代の頃には想像もしていなかった人生を


ふらふらと漂っているさとこであります。




さとこの住む町に2015年に町民ホールができて、


その時に図書館も新しくなって


いつかここにお勤めできたらいいなと思って

公民館活動の前後に立ち寄って、司書さんの日常業務を盗み見たりもしておりましたが


その公民館活動を脱退し、自治会も脱退し、

図書館の利用者カードすら作ってない今のさとこじゃ


採用資格以前に


町民としての姿勢で撥ねられますわな。




リバーサイド帰りに時々行っていた、690円で食べ放題のお店。

お気に入りのバイキングレストラン


トイレのドアにパートの募集要項が貼ってあり
いつも食い入るように眺めるさとこ。

こんな貼り紙が


これだったら、

時間が短いから、ハウスクリーニングとの掛け持ちも楽だし

通い慣れてるから、様子もメニューもわかってるし


近いから、さとこ、毎日でも自分で通えるへん?




さらに、
ポスティングされるフリーペーパーにも魅惑的な求人情報が溢れていて


源泉かけ流しの日帰り温泉施設のお掃除が、

なんと、時給900円だって!


これ、いいじゃん?
ねえねえ、ぱにーニィ。二人でできたら楽しいよねーっ(≧▽≦)




人手が足りない時だけ声がかかる白ねぎ社からも

退社予定の人がいるんで、その時は正規雇用で毎日来ないか、と言ってもらえてるんだけど


今、機械入替グレードアップ改革案の途中らしいし


その出費がかさむ時期に雇ってもらうのは気が引ける。


さとことぱにーニィ、

こんな感じで


方向性の定まらない浮き草人生でございます。




高齢者施設リバーサイドの業務は

ぱにーニィが確定申告で大忙しの2月15日から一ヶ月、
休みをいただいており

あすからリバーサイド勤務再開、という3月15日。


1ケ月間の変更点を確認しようと

申し送りノートを読みに行ったら


仲良しの介護士さんが
「今夜の夜勤中に、なかなか水分補給ができない高齢者さんと乾杯しようと思ってたけど、
さとこさん来てるから今やります!!」って


お酒大好きの入居者さまとの
『月桂冠大吟醸テイストノンアルコール』のテイスティング宴会に誘ってくれました。

20200315ノンアル呑み会1 20200315ノンアル呑み会2

だんはん、もひとついかがどす?
葉桜(:介護士さん)と乳母桜(:さとこ)が、今夜は帰しまへんえ~


てなかんじで、

ノンアルにもかかわらず、すっかり出来上がっていた3人。


高齢者さん、月桂冠大吟醸テイストノンアルコールを空っぽにされましたよ♪


チョー楽しかったす。(≧▽≦)




3月13日の風景。
20200313の山
 
20200313ブロッコリ畑

4月以降のリバーサイド契約更新をどうするか悩んでいるぱにーニィとさとこに

ぴよ子さんがメールで


『SMAPの中居くんが
ジャニーズ退社記者会見で、
「後悔するとわかっていてもやらないといけないことが人生1度や2度はある。その後悔を受け入れていく必要がある」みたいなコメントが素晴らしいと評価されていましたよ。』って。


契約、継続しても打ち切っても


とりあえず後悔はするんだろうなあ。


…その後悔を

受け入れられるかなあ。


たかがパートとは言え

人生のちょっとした切り替わりを


けっこう負担に感じるお年頃のさとこなのでありました。

関連記事
[2020/03/16 12:24] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
ぱにーニィ確定申告中につき、珍しいさとこ飯の写真。
1月9日。

故とおるちゃんに夢で会えました。(≧▽≦)


とおるちゃんは

6階建ての介護施設で

水色のジャージを着て
襟元に黄色いスポーツタオルを巻く、いつものスタイルで立ってました。


ヤッター。会えたー。


でも、

次の瞬間にはまた居なくなるんでしょう?


わかっているのに
それでも探してしまう。


こんなして

時々姿を見せてね。


それだけでさとこは
当分、幸せ気分でいられますから。(*'ω'*)





パルガントンのファンデーションを年末に使い切ったので

新年からは明色の新しいヤツにしてみました!
おニューファンデーション

きっと、ぱにーニィに「どぉ?」って尋ねても
「顔のテカり具合の変化なんかわからん」って言うんだろなって思ってたら


ライブ中、ステージでさとこの顔をまじまじと見て


「さとやん、ハナミズ出てるよ。鼻の下キラキラしてる。」って。


違わっ o(`ω´ )o=3




ぱにーニィが確定申告で忙しいシーズンに突入したので


2月15日から1カ月、

リバーサイドの業務は休ませてもらっています。


ぱにーニィ、S県H市の税理士さんに相談したら
「おー、うちのパソコン使え使え」って言っていただき


S県M市より更に遠いんだけど、

申告期間中、そこの事務員さんたちに混じって事務所に通わせていただけるようになりました。


空き家になってるS県M市税理士事務所に入らなくてもよくなって
本当に安心しましたよ。




その間

さとこは普段おろそかにしていることをやってしまいましょう。


祖母の命日に
里で母と丸一日一緒に過ごすとかね。
2020祖母命日お供え2020祖母命日記念撮影

母、段々足がヨボヨボして、疲れてしまって

今回のお供えは手作りが少なかったです。


自分ひとりではなかなか運動する意欲が出ないから

公民館活動の社交ダンスに参加したいって言ってました。


だもんで、お茶を飲みながら
通販の屋内用ダンス靴を探したりして。

2020祖母命日ティータイム

靴は無事購入できましたが


この感染症の影響じゃあ

いつ公民館に行ける日が来るかなあ。




祖母命日の翌日も、

母、「鍼灸師さんとこに行く」って言うから送迎に行きました。


予約時間ギリギリに準備ができて、15分の遅刻。


施術は1時間なんですが

終了時間に路地で待機してたら


なんと、肌着の上にブラウスを引っかけただけの

なんか事件に巻き込まれた?みたいな姿の母が小走りに出てきて


さとこ仰天しました。


次の予約の方が早くから来て待っておられて、
もたもた着替えるのが悪いから、だったそうですが


鍼をしてもらった後だから

身体がすっかり楽になって


まー。しゃべるしゃべる。


いつも、会い始めは弱弱しくていい感じなのに

時間が経つにつれハツラツ度と声の張りがエスカレートしてくる母。


連続で会うとなると

もう二日目はパワー全開で


元気になった母は


始末に負えません。


相づちをうつのにヘトヘトになっているさとこなのでありました。




そのほかは、


はてるまの家に帰って義父母を買い物に連れ出したりとか

コーキングのお仕事いただいたりとか


ぱにーニィのアパートでごそごそしたりとかしてました。


これ、ぱにーニィが引っ越してきてくれた時、なるべく安くあげようと作った急場しのぎの物置。
突っ張り棒交換

100均のネットとハンガーと突っ張り棒で作りました。


すぐに壊れると思ったのに、もう7年近く ずっと使ってくれていて

棚の支柱にしていた突っ張り棒のバネが効かなくなっていたから交換してみました。


あと、
何年か前に期限切れになって固まっていた調味料を処分したりとかね。

調味料お片付け


苦手なお料理もしています。


毎年この時期のぱにーニィはケンビキで歯の痛みがひどいんで

柔らかいおかずは何かなあって

ポテトサラダをチーズ焼きにしてみたりとか

南瓜やお茄子を炊いたり。
南瓜煮付け 揚げ焼きなす


大量の春雨の酢の物と モチ麦雑穀米。
もち麦雑穀米とはるさめ酢の物

白米・雑穀米なら5合、玄米なら3合をまとめて炊いて冷凍して、
毎食チンして使ってます。


これはだいぶん前の写真ですが
ネギ社の捨てるネギをみじん切りにして炒めたのを冷凍していて、
ネギ一杯入れて

これにトマトジュース入れて

カレーにして玄米にかける。
ネギカレー

おかずは、ぱにーニィがにら玉あんかけ作ってくれました。

にら玉あんかけとカレー


そしてご飯終わったら

ゴリゴリに凝っているぱにーニィの背中にお灸をすえる。

お灸


2月9日には
バンド仲間と新年会をして
2020ジュールクニチー

よくお邪魔させていただくみのじさん(blogコチラ→空を見る余裕 )のちくわの生姜詰めを登場させたりして


翌日のリバーサイドのお弁当はその残りで2次会でした。
肉みそ、人参しりしり、鶏むね肉、ぽてとサラダ、パパイヤイリチー、菜の花、ごぼう (2)
(肉みそ、人参しりしり、鶏むね肉、ポテトサラダ、パパイヤイリチー、菜の花の浅漬け、酢ごぼう)


残ったちくわは
春菊・春雨・お豆腐と煮て卵とじにしてみたり、
「詰める」という楽しさに目覚め、酢ごぼうも詰めて、ごぼう竹輪。
春菊とちくわと春雨の卵とじ ちくわのごぼう詰め


ちらし寿司もまじめに作ってみました。

仲良くしていただいている山口のブロガーさんからいただいた干しシイタケを煮て、

さとこにしては大変珍しいことに、計量カップできちんと計って合わせ酢作りました。
ちらし寿司米酢2、砂糖1、塩 

米酢2、砂糖1、塩少々。覚えておこっと。


生姜、ごぼう、ちくわを混ぜる

ちくわに詰めた残りの酢しょうがを酢飯に混ぜこんでみたら

さとこにしては極めて珍しいことに、すっごく美味しいちらし寿司になって


さとこ本人もぱにーニィもびっくり。


やればできるもんだなあ。

ま、山口のブロガーさんの干しシイタケの実力なんだろうけど。


ちらし寿司の人参とシイタケの煮たヤツが残ったから
和風オムレツ作ってみて(右側)
真ん中は、みのじさんのだんなさまがお得意という『塩昆布でキャベツベーコンサラダ(またまたみのじさんとこコチラ)』。

くぎ煮、カブ漬け2種、ベーコンキャベツ、肉みそ、くずれた和風オムレツ、味噌汁
 (蕪の浅漬け2種とお味噌汁はぱにーニィ作)


このキャベツをぱにーニィが熱狂的に喜び

一度に半玉平らげます。


挙句に、ベーコンが在庫切れでもおねだりが続く日々。
肉みそ生揚げ、焼き豚、塩昆布キャベツ、大根おろし (2)
 (ベーコン無しバージョンの塩昆布でキャベツサラダ。左は厚揚げ&肉みそ。手前はグレープフルーツ割の焼酎♡)


ぱにーニィ、単品まっしぐらなので

次のお気に入りが登場するまでその食材を買い続けるんですよ。


冷蔵庫が当分キャベツに占領されてました。(・∀・)




新年会の酢の物用に茹でたそうめん瓜。
これまたとんでもない量になってしまい

一度は冷凍したんですが、

いろいろ試してみようと思って


厚揚げと煮浸しにしてみたり(真ん中のやつ)
マカロニポテトサラダ、そうめん瓜煮物、白菜漬け


いろんな食材を合わせて炒めてみたり。
そうめん瓜、揚げ、玉ねぎ、椎茸、ハム、ニンジン、もやしを用意 そうめん瓜炒め

どちらもしゃきしゃき感があって

予想外に美味しかったデス。


蓮根の水煮も、カリフラワーとウインナと炒めて無事消費。
アボカドと茗荷を和えて花ガツオと醤油で食べたら美味しいと書いてあったから、新年会用に食材揃えたけど準備が間に合わなくて、
後日、ぱにーニィに届けたら好評でした。
レンコン、カリフラワー、ウインナー 茗荷、アボカド、花かつお


はてるま母が採ってくれたきのこは
はてるま母のきのこ 


お澄ましにしました。 左はパパイヤイリチーです。
きのこのおすましとパパイヤいりちー


以前は沖縄でしか食べられなかったパパイヤが
さとこ生息地のショッパーズオカダでも入荷されることが時々あって

需要があるよ!と知ってもらうために
1個400円以上するけど買ってます。
フンパツしてパパイヤ

白い樹液が皮膚につくとかぶれるから
流水の中で皮を剥いて、種をとって、スライサーで千切りに。

充分晒してから、軽く塩をして絞り


ベーコン入れて麺つゆで炒めます。
ベーコンとパパイヤのイリチー

噛み応えが最高なんです。


厚揚げとかモヤシも入れてみたり。
ベーコンと厚揚げと炒めて モヤシとパパイヤのイリチー


こんな感じで

最近のさとこ、


割とまじめに食に向き合って生きております。(・∀・)


関連記事
[2020/03/07 12:30] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
年の瀬のぱにーニィと、さとこがびっくりしたこと。
11月に入ってからの年の瀬の道路は
いたるところが工事中で


運転が苦手なさとこは
心臓が飛びだしそうであります。


「工事中につき右レーンに寄ってください」の立て看板で右車線の長蛇の列に混じっていたら

さとこが左折する交差点よりも向こうが工事中。


視界をふさいでいたトラックが左折して工事現場が見えた時には

さとこはもう車線変更ができない黄色車線にいるので


無駄に渋滞に混ざって通り過ぎ、
目的地まで大回りしたり。


「次の交差点より先、工事中につき右側に寄ってください」って書いてもらえると
助かるんだけどなー。


ある時は、

前方走行中の車が路肩に寄せてハザードを点滅させるから「先に行ってくれ」かと思って追い抜きかけたら

まさかの、いきなりバック。


左側の駐車スペースに入るつもりらしいです。


運転手さん、ハンドルを切りながら完全に入れきるまで
一切こちらを見ないので


一緒に乗っている義父や、運転したことない義母でさえも「うわあー!!」って


そんなこんなで
誰もが心に余裕がない年の瀬。


さとこ、大の苦手です。




ぱにーニィ、お兄さんからグローブをプレゼントされたそうで


ピカピカのグローブと硬球を車に積んでいて

暇を見つけては延々と球を受け止めてます。


誰も来ない橋の下にスーパーカブで出掛けて行って、
壁を相手にキャッチボールしたり。

キャッチボール1 キャッチボール2 キャッチボール3

グローブから伝わる振動の痛さが気持ちいいんだって。


運動する習慣ができたのはいいことですよね。




12月は


週2回のリバーサイド勤務の他に

ネギ社の仕事、コーキング、ハウスクリーニングと


休む間もなくお仕事が立て続けに入ってウホウホでした。


いつもこんなにお仕事あったら
沖縄旅行の費用、あっという間に貯まるんだけどなあ。


…まあ、県外に外出できる見通しは

今のところ、全く立ちませんけどね。



そう言えば、


ぱにーニィったら


ここんとこ一度も競馬が当たってなくて


「リバーサイドで働き出してからこんなことだよ。
やっぱり、ギャンブラーは定職なんかについちゃだめなんだよ!」


なんだって。( ̄ー ̄)




ぱにーニィ、12月は更に
年末調整のお仕事も入って来ます。


一昨年他界されたS県M市税理士先生の御家族と
ずっと連絡がとれないままで

事務所のパソコンやファックスやコピー機の移動手続きができないため


留守宅となっているS県M市税理士事務所に行かなくては
お仕事ができません。


駐車スペースが今はもうないので


駐車場の空きスペースに置いたぱにーニィ号をすぐに移動できるよう、

運転席で待機するのがさとこの役目です。


事務所の天井の電灯が切れているんだけど
無断で交換するわけにはいかず、

卓上スタンドライトで手元のみ照らす。


電気ストーブはあるけど、


火事が不安なあまり
今年も相変わらず、暖房なし。


コンセント抜いて帰れば大丈夫なんだけどなあ。


使い捨てカイロを渡してあるのに、毎回震えながら車に飛び込んできて
「あ、忘れてた」だって。


肺炎になっても知らんからね。(`へ´) =3


事務所を出てからは

お客様宅や外食や買い物で
三時間ぐらい事務所近隣を回りをうろうろして


出火がないのを確認してから、ようやく安心して帰るのが日課でございます。


確定申告シーズンを迎えるまでになんとか対策を練らないと、
これじゃあまずいよなあって


いろいろ思案しているようでございますよ。




お仕事が一段落すると モードTHE酒盛り。


精米歩合50%、日本酒度+5の純米吟醸『強力』を開封しました。


一升で3300円もする高級酒、
自分じゃ絶対買えません。
11月 山葵酢漬けと蕪汁 11月 蕪蕎麦とワサビ酢漬けと温泉卵

秘蔵の山葵の酢漬けと
蕪のすまし汁(左の写真)で乾杯しましたよ。


ぱにーニィの酢漬け、ぱにーニィのお母さんのとおんなじぐらいおいしいです。


そして、蕪のすまし汁と袋入りのゆで蕎麦(右の写真)の相性が

これまた すんばらしい。


蕪って、瑞々しいものよりもしなびているほうが、
更にいいおダシが出る気がする。


もー、日本酒が進み過ぎて困りますのよ✨


おかげですっかり中年太りのさとこです。




数年前までのさとこ、いつも大量流血で万年貧血気味だったのが、


閉経以来

子宮がごっそり引き抜かれるような腹痛&腰の鈍痛から解放されて


まるで生まれ変わったようなんですよ。


右下腹部で共存してきた、ダチョウの卵くらいの子宮筋腫のふくらみはなくなり、

代わりに、腰回り全体に
豊饒なぜい肉が、たゆんたゆんと揺れてます。


以前、腹部エコーで筋腫を指摘された時に
「閉経と共に萎縮する場合があるから手術をするしないは自由だよ」、と言われていたのが

お医者様の言葉通りになったようです。


3~4kgぐらいあるらしい筋腫がなくなっても体重が減らず

むしろ、見た目ずいぶん肉厚になったのは


身長が縮みつつあるためでしょうか。


骨粗しょう症予備軍ですね。


ちょっと運動せんと、マズいよな~。(ΦωΦ)




ある日のことです。


はてるま母から電話がありました。


「今な、おまえ宛の手紙を郵便屋さんが持って来とんなるだけど…
ちょっと変なだ。」


はて。
どう変なのでしょう。


とりあえず、はてるま母に受け取っておいてもらい

翌日、取りに行きました。


なるほど。
謎の宛先

宛先の名前はさとこなんだけど

住所は「さとこ県はてるま町」までで番地が無く


代わりに
隣のО県の地名らしきものが続けて書いてあります。


差出人は藤井○○○さん。


差出人住所は「温泉町」だけで
何丁目も番地も書いてない。


郵便屋さんが「どこかの施設のおばあさんかもしれませんなあ」と言われてたので

開封してみましたら


同姓同名の相手違いでございました。


さとこの住所がなんで書かれることになったのかは
さっぱり理由がわかりませんが


独居らしい藤井さん、

自分を顧みない親族に宛てて
1日もはやく会いに来て欲しいと 懇願と怨み言を綴っておられ


ご本人に送り返したいけど

住所がわからないのでどうしようもありません。


郵便局さんは当方では引き取れませんと言うし


本当の宛先らしい住所を検索してもわからないし


最初の数行に目を通しただけでも
思わず鳥肌が立つドロドロした内容っぽかったし


思い余って

藤井さん居住区域担当の地域包括支援センターに相談したけど

「そんなことで電話してくんな!」って感じだし(そらま、そうだけど…)


試しに


さとこの名前だけを差出人のところに書いて

番地がわからないまま、温泉町藤井様宛で投函してみました。




そしたらなんと。


宛先不明で

はてるまの家に返ってきましたです。


郵便屋さん、なんでさとこの住所がわかるの???(@_@;)


いやあ、もうビックリです。


さんざん悩んだあげく
藤井さんにお返しするのは諦めて


廃棄処分させていただきました。


それ以来、当分は

藤井さんのことが頭から離れませんでしたよ。


いつか、はてるま父母も里の母もいなくなって

子供がいないさとこは独居老人になるわけですが


さとこも


寂しさのあまり
恨みで心の中がいっぱいのおばあになるのかなあ。




カーステレオでラジオをつけたら


加山雄三の『夕日赤く』と『きみといつまでも』が流れてきてました。


故とおるちゃんの持ち曲だったから、
思わずスーパーの駐車場に入って最後まで聴きましたよ。


とおるちゃん、披露宴だか結婚祝賀会だかのときにも

このきみといつまでもを歌ったんです。


「死ぬまで 君を離さないよ。」ええ。その通りでしたとも。


「死んでも 君を離さないよ」だと

もっと良かったんだけど。


残念だなー。( ˘ω˘)




さて。
ぱにーニィが作るぱにめし&持ち寄りごはんコーナー。


ぱにーニィが餃子作ってくれました。

餃子1 

餃子2 餃子3

にんにくはさとこの胃には刺激が強すぎるので
代わりにニラがたっぷり。


すごーくおいしかったです。


福耳唐辛子、とっても好きだけどあまりに辛すぎて、
ぱにーニィのちゃんぽんめんにちょっとずつ載せていただいたら
よく合いました。
福耳、ちゃんぽん、白菜浅漬け

下に写ってる白菜漬けもぱにーニィ作なんですよ~。

1食あたり半玉、完食デス!


さとこも たまにはお料理します。
エノキと白菜と春雨と春菊の鍋と、パプリカとピーマン炒め。
エノキと春菊鍋とパプリカ炒め

料理って言ったって

鍋はちゃんこ鍋スープに具材切って突っ込むだけ。

パプリカは
切って炒めて塩振っただけなんですけど。


こちらはわりと家庭的に

ピーマンと茄子の炒め煮、お野菜と絹揚げのごった煮、炊き込みご飯、梨。
梨、ピーマンと茄子の炒め煮、高菜漬け、根菜煮物、かつお節と揚げの炊き込みご飯

サバ節とお揚げの炊き込みご飯は味が薄かったけど

ぱにーニィが漬けてくれた高菜漬けをザカザカ混ぜ込んでいただいたら


すごーくおいしくなりました。




とりあえず


今んとこ


寂しさのあまり
恨みと呪いにつぶされそうなおばあには


さとこはまだ

ならずに済みそうです。


関連記事
[2020/03/06 12:16] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
とおるちゃんの存在感と意思表示 
さとこの冬は

時にウツウツしながらも

慌ただしく過ぎました。


リバーサイドの年末最終の勤務の時に

スーツ姿の複数の来訪者にビビり、

隠れる場所を探しながらお仕事していたら

じわじわ包囲されてすっかり追い詰められてしまい


いえ、単に、法人上層部の方々が

スタッフひとりひとりに年末の挨拶に回っておられただけなのですけど


いつもと違う雰囲気にすっかりパニックになったさとこ、


夕方、見回りとポーチの中のお仕事小道具チェックを行った際に

指先代わりとして使っている小さなヘラを紛失していることに気づく。



万が一、高齢者さんが怪我をされたりしたらどうしよう?


血の気が引きました。


顔面蒼白のさとこを見て

部署スタッフの皆さんや看護士長さんまで探し回ってくださる大事になり

「そんなもんじゃ怪我はせんから」と言っていただいたものの


結局、現在に至るまでも事件は起こっていないので
きっとゴミと一緒に捨てたのならいいのですが


職場にない道具を持ち込まないと
他人と同様に働けない自分のふがいなさに


居り場がない気持ちの
お正月休みでございました。




さらにブルーな気持ちを後押ししていたのが

ぱにーニィとさとこがお世話になってる方の
還暦祝いイベント。


招待していただいた そのお祝いの日が近づくにつれ

人生に前向きで華やかに活躍する人たちの中に混じるのが場違いで気が重く


実際、当日もさとこは足が震えて
はた目から見ても痛々しいほどだったそうで


そうはいっても
総合的には大感動の一日であり
祝賀会
(人生の集大成のような還暦ライブ)


今も思い出すと 
素晴らしい催しだったなと心が熱くなりはするのですが




そしてまた
心の隅でいつも不安なのが


秋ぐらいから
故とおるちゃんの気配が


さとこにだけではなく、とおるちゃん家のはてるまにも、全くないこと。


今までは、

とおるちゃんの妹、端井の家の飼い犬が、
散歩中にとおるちゃんにちょっかい出されて 見えない何かにぶつかったり
床の間の方を凝視して低く唸っていたり


さとこ外出時には
車から出ると必ず雨が止んだり

ウトウトしている耳元にタバコの香りがしたりと


いろんな場面で
とおるちゃんがウロチョロしている気配があったのです。


ただ、
姪の端井ティーダちゃんが仕事で国内外を飛び回るようになってからは
彼女について行っているようで


さとこ外出時にも雨が降りしきるままとなり、


そんでも、

はてるまの家で
端井一家も集まってごはんを食べるときには

とおるちゃんが仏壇から台所にやってくるらしく必ず廊下のセンサー灯がつく、といった

我が家では当たり前になっていた とおるちゃんの気配が


はてるま母までが「とおる、この頃居らんがどうしたかな」って言う始末。


さとこ、すっかり怠けて とおるちゃん中心の生活ができてないから
愛想つかされたのかな?(。pω-。)




気配がないと言えば


深夜、ぱにーニィどうしてるかなと巡回に行くと

ベッドが空っぽ。


ぱにーニィの愛車ラスカル2号は駐車場にあるのに変だなと思って探すと

ラスカル2号と
(ぱにーニィとラスカル2号)


ぱにーニィ、灯りもつけないトイレの便座に腰掛けたまま
微動だにせず

息をしている気配が無いほどに泥眠していて


ぱにーニィ今度こそ死んでる、と背筋に冷たいものが走る


そんな日々であります。




とおるちゃんの事故があった10年前、さとこは


自分が死んだら処分してほしいと
日記を入れた紙袋を友人ぴよ子さんに預かってもらっておりました。


それが、この間の10年目の命日のあと、

ぴよ子さんが「そろそろ返しても大丈夫だと思う」と
持って来てくれたのです。


開く勇気がなくてそのままにしていたんだけど

調べたいことがでてきたので


ぴよ子さんから返ってきた日記を
思い切って開いてみましたよ




見開きに

「わたしたちの前に立ちはだかる壁は
二人で打ち砕き
扉は二人でゆっくりと開きましょう
そして、感謝と笑いの中で生きてゆきましょう。」

と書き記した
結婚が決まった年からの走り書きの日記です。


今ではすっかり忘れているお店や出来事が書きなぐってあって


さとこの里の母猛反対から結婚にこぎつけるまでの
とおるちゃんの奇跡の行動の日々に
胸がいっぱいになります。


また

引っ越しの時には
半蔵さんととおるちゃんの幼馴染の高橋君が
さとこの嫁入り道具の階段箪笥を運んでくれたんだなあとか


次のページには
「今日は初めてめぐみちゃんが来てくれた♬」って

めぐみちゃんってだれだっけ?


自分で書いておきながら全く思い出せないなんてね(´・_・`)。



さとこ、はてるまのお家に嫁入りした途端に
買って袋に入れたまま忘れてる雑誌みたいに放置されちゃって

とおるちゃんとの会話とふたりの時間が一切なくなってしまった孤独に耐え切れず

おねがいです離婚してくださいと切り出したこと(※8月23日だったから8月23日事件)を思い出して

しみじみ涙ぐむと


翌年の同じ日には
「タイムトンネルを通って今のこの幸せを去年の今日のわたしに知らせてあげたい」という一文がありました。


そう書いている18年前のさとこに

今のさとこをどう説明したらいいだろう。


調べたいことは結局探し出せなかったけど

とおるちゃんとさとこの歴史が
しっかりそこにありましたよ。




雇用促進住宅を出て今のとおるちゃんとさとこの巣で暮らし始めて12年目の今年、
2020年1月に入り。

うふあがり不動産のアパート群の火災報知器の交換時期がやってきました。


交換指定日が
丁度、とおるちゃんの月命日だったから


リバーサイドのお仕事が終わり次第
小雨の降る中すっとんで帰ると


ほどなく
うふあがり不動産ケアパートナーズの中原さんが来られて

火災報知機の交換は数分で終わりました。


作業が面白くて
側にへばり付いて見てたら

中原さんのインパクトドライバー、ライトがついている!


薄暗い場所でも手元が見えやすいし
ネジの影も出来ないんだって。


いいなあ~。


まあ、さとこにはそう必要ないんですけどね。




作業が終わったことをぱにーニィに電話すると

愛車ラスカル2号で迎えに来てくれました。


月命日お食事会に出発なんです。


ぱにーニィ 「とおるは何が食べたいだ?」

とりあえず行ってみたらわかるへんかな?
雨がザーッと降ったら嫌だってことだろうし。


てなことで、とりあえず走り出します。


ぱにーニィには珍しく 「スシローかな?」って


えっ。実はさとこの頭にも
今それが浮かんだの。

きっと、この間、はてるま父母と行ったら超満員で入れなかったから
とおるちゃん残念がってるのではないでしょうか。

そんならスシローさんにレッツラゴーですな。


ところがその日も待合席にギッシリの人たちで

残念だけど諦めようって


ぱにーニィが再び「うどんの文吉かな?蕎麦もあるし」って

言ってるそばから
雨がすこし強くなったように思いますが


とりあえず入ってみるか、と、文吉さんの駐車場に止まり
雨の中へと出ますと

ぱにーニィの愛車ラスカル2号、何度やってもキーレスエントリーが利かずロックができません。


ぱにーニィ 「電池がないのかな。…まさか、とおるの仕業かな」


とおるちゃんお寿司がいいなら、カッパ寿司さんはどうかなということになり

ラスカル2号にふたたび乗り込んで向かいます。


カッパさんは空いていたので

ラスカル2号から降りますと

今度はあっさりロックできました。


なーんだ。
やっぱりとおるちゃん、お寿司が食べたかったんだね。


さあ、じゃんじゃん頼むよっ
2020年1月の月命日

食べながら「うそぉ」を繰り返しつぶやくぱにーニィなのでありました。




そんなわけで


2月の月命日も

2020年2月の月命日1
(半蔵さん彼女ちゃんとぴよ子さんからもらった、とおるちゃん好みのスイーツお供え)


再挑戦のスシローさんは相変わらず満席で
カッパさんへ、という流れ。
2020年2月の月命日2 2020年2月の月命日3
(カッパさんはかんぴょう巻きがあっていいですね。あと、スイーツも豊富だし♡)


3月はどうなるかな。



何にせよ

とおるちゃん、やっぱり時々はさとこの傍に帰ってくる気があるようで


さとこ、安心いたしました(゚∀゚)

関連記事
[2020/03/01 07:22] | ・とおるちゃん命日とムヌチねーねーのお話 | page top
| ホーム |