FC2ブログ
ねぎ社の2019年と、おうちごはんのこと。
ぱにーニィがつくる おうちごはん。


蒸しムール貝、内子たっぷり親ガニのお汁。
ムール貝 親ガニの味噌汁 


となれば、

ぱにーニィお気に入りの
蓬莱酒造さんのお酒を開けましょう。
20191219.jpg


近所の魚屋さんで
ゲンゲの干物がたったの200円。
大黒物産でモサエビの唐揚げも380円。
ゲンゲ干物200円、吸い物、モサエビ唐揚げ380円、南瓜、豆腐


キャベツと人参の味噌汁の底には
落とし玉子を忍ばせてくれてあります。
キャベツと人参と落とし玉子


焼きそばに入れるモヤシを買いに行ったら、
半額オードブルまで買い物カゴに入れてしまった日の夕食。
12月15日モヤシ焼きそば


さとこ、粉末ソースで味付けした焼きそばが大好きなんで
故とおるちゃんの月命日にもぱにーニィが作って
お供えしてくれました。
2019,12月月命日。キャベツ、焼きそば、コンソメスープ、サンドイッチ、とりさん


クリスマスイブは、

時季外れだけど 沢山いただいたピーマンと茄子を炒めて
とおるちゃんの好きなラム肉と白ワインでお祝い。
ピーマンと茄子 クリスマスイブのラム焼肉






ぱにーニィとさとこ、ねぎ社でのお仕事は
工場内での選別と出荷だけでしたが


12月には
畑でのお仕事依頼がありました。


トンネルマルチ支柱立て作業にSOS出動です。


温室で種から育てた可愛いネギの赤ちゃん株が畑デビューしたので
この子たちのおうちをつくるのです。
ネギの赤ちゃんのおうちを作ります


メンバーは
20代の農業青年兄弟と、ぱにーニィ、さとこの4人。


180cmぐらいのブルーの支柱を軽トラで大量に運んで来て

ぱにーニィとさとこは

株から8~9cm離れた横に50cmぐらいの間隔で
30㎝ぐらいの深さにひたすらに突き刺していきます。
2、差し終わると


そうすると、農業青年兄弟がその反対側を畝の向こう側に差し込んでアーチが完成。

20代の二人は作業ロボット並みの高速で作業を進めていきます。
3、反対側を差し込む


でけた。
4、完成。

2日間でおよそ7ヘクタールぐらいできたかな?

ブルーのかすみがかかったようでキレイですね。


翌週、このアーチにビニールを被せてトンネルを完成させるんだそうですが

ぱにーニィとさとこはリバーサイド勤務と重なって参加できず。


あ~残念だ残念だ(◞‸◟)


どうか
この子たちがすくすく育ちますように。
20191228




実はねぎ社は
この一年にずいぶんいろんな出来事がありました。


社長さんの共同経営者が畑で倒れているのを発見され入院、
身体に麻痺が残り、
もう農作業はできないので退職されました。


秋には
台風直撃で

畑が半壊滅的被害を受けたため


ぐしゃぐしゃになったネギを処分するところから再出発で

ようやく、細々と出荷できるようになってきたところ。


機械化が進む話や、体制の見直しがあり

臨時社員であるぱにーニィとさとこはその間仕事の依頼がなかったので


数ヵ月ぶりの出勤でございました。


社長さんは
「片道20kmは遠すぎる。近くに安い家を手配するから正社員になってよ」、
と言ってくださいますが


さすがにそんなご厚意に甘えるわけには…(;´・ω・)


でも、楽しいから、

身体が動くうちに
ここでもっと働けるといいなあとは思います。







小ぶりのスイカみたいにズッシリなカリフラワー買いました。
約20cmサイズ200円

カリフラワーってスーパーではすごく高いのに、
規格よりでっかくなると商品にならないそうで、これで200円。


蒸し野菜にしたら最高です。

1週間ぐらいかかって食べ尽くしました。


塩やマヨネーズもいいけど
ふきのとうみそにも合います。
蒸しカリフラワーとふきのとうみそ


芽キャベツも、さとこ、小さい時に炒めたの食べさせられて苦くて大嫌いだったですが
大人になった今、こんなに甘くておいしいと感じるとは!
紫キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー


里の母から
蕪の糠漬け、タイ兜酒蒸し、庭で採れたブロッコリ、里芋、黒い煮しめが届きました。
蕪の糠漬け、タイ兜酒蒸し、ブロッコリ&カリフラワー、里芋、味噌汁、黒い煮しめ

こんにゃくと大根としいたけが入った煮しめが真黒なんは、
ゴボウのアクを抜いてないからですが


見た目とギャップあり
薄味で美味しかったので

またもらいに行きました。


ケールと芽キャベツを掛け合わせたプチヴェール。
プチヴェール 温野菜

一昨年作ってもらって、

レンチンしただけでも
すごく美味しかったんだけど

昨年は台風続きで
苗を植える8月には手に入りませんでした。


今年は、苗、予約できるか
早めに聞いてみようと思います。




寒いし、
お野菜をたっぷり消費したいしで

鍋も多いですね。


煮込みうどん状態の鍋。
鍋でうどん


はてるま母のパクチーは
年2回採れるので

2019、12のパクチー


ラム肉に付け合わせたり
サラダにしたりもするけれど
2日。ラム肉。


やっぱ、ほぼ鍋。
クシティ鍋


お代わり自由の追いパクチー、茎が甘くて、
振り向くとぱにーニィがつまみ食いしてあらかた減っている。(ΦωΦ)
パクチーお代わり自由 高菜漬け&とろろ

高菜漬けはぱにーニィ作。

はてるま母の山芋をとろろにして巻いて食べると
ごはんが足りません。


この煮物はさとこの里の母作。
大根、ジャガイモ、ニンジン、牛肉、卵の煮物

牛シチュー肉、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、大根に玉子まで入って、おいしかったです。


ぱにーニィは歯が痛くてシチュー肉に挫折していたので

さとこが完食いたしました。


ぱにーニィお得意のチリソースシリーズ、鶏の胸肉。
鶏むねチリソース、パクチー鍋香茸ごはんもでした
セロリやパクチーと一緒にパクパクいただきます。


ちくわにもチリソースが合うってこと、
さとこ、初めて知って以来、お気に入りの一つです。
焼いて衣つけて ちくわチリソース

この日は、ちくわ&鶏むねチリソースとトムヤムクンを与えてもらいました~。


ちくわぱんも大好き。
いっぱい買ってきてくれたので
差し入れちくわぱん

リバーサイドのお昼ご飯に持っていきましたー(゚∀゚)


温まるものって言ったら
あとは、お蕎麦ですよね。
20200106にしん昆布巻きそばとおこわ かやくごはんと蕎麦

ニシンの昆布巻蕎麦と、
…右は、磯海苔とネギと蕪の葉かな?




今年の1月7日は 仕事お休みだったから
朝、七草粥をお供えしました。
2020年七草粥1


今年はこんなんを買って、
大根、蕪、人参、白菜、セロリを追加。
大根、蕪、人参、白菜、セロリとこれ 2020年七草粥4

12時になって
ぱにーニィからも「今起きました」の連絡があったから

とおるちゃんとさとこの巣に誘って
一緒に七草粥ブランチです。


もうすっかり冷めて雑炊状態になってたけど、
美味しかったそうで よかったわ。




節分には
里の節分祭にお供えする巻きずしを母が作るんだけど
去年の節分
(去年の細巻と中巻き)


今年は、リバーサイド勤務で参列できなくて

お寿司を今日中に渡したいって言うもんだから


貰いに行ったら


こんなんだった。
天ぷら、鬼ちらし、酢ジメ、昆布煮しめ、炒りマメ、高菜巻き

鬼の顔寿司です。


玉子焼きの中がちらし寿司で
酢〆の魚を混ぜながらいただくんだそうです。


角は赤天。
もしゃもしゃの髪とひげは2色の蕎麦でわざわざゴマ塩にしたそうです。
髪はそば2色、角は赤かまぼこ

はやく見せて褒めてもらいたくて
どうしても当日中に渡したかったらしい。


容赦なくかぶりついて
おいしくいただきました。


要り豆も年齢の数を食べ

また一年、無病息災で過ごせそうです。


多分、新型コロナにも感染しないんじゃないかな。

関連記事
スポンサーサイト



[2020/02/29 12:23] | ・チームらすからーず、ねぎの皮も剥きます | page top
はてるま母 胃カメラ検査後半。そしてギプス生活のはてるま父。
11月4日。

さとこが里で大祭の準備をしていたら


義母から電話があり 
「来週火曜日の内科通院を 1日繰り上げて月曜日にして欲しい」って。


さとこ 「いいっすけど、なんで?」

義母 「じーさん、転んで手が腫れとるだ。火曜日は診療所に整形の先生が来るで、そっちに連れて行かかと思って」


さとこ 「9日も先じゃなくて、明日にでも近くの総合病院で診てもらってくださいっ」



義母、あの総合病院は長いこと待たされるから嫌だと 行くのを渋り


結局、

翌日は、診療所のかかりつけ医さんのところへ 行ったようでございます。




その夜、義妹の端井からの連絡で


はてるま父は 診療所では対応できず 総合病院の整形へ回され

右手首骨折の処置を受けたとのことでした。


聞けば、

右手を打撲したのは、

4日前の早朝。


その日の午後から
手首に次第に腫れと痛みがでてきていたらしい。


端井 「骨がずれていたので引っ張って直してもらったけど、
完全には戻らんみたい。

現時点での問題点は
立ち上がり時のバランスが取れないこと、外出ができないこと、衣服の脱着ができないこと、風呂に入れないこと。

困ったなあ。
介護認定が下りれば デイでお風呂に入れてもらえるんだけど。」


とりあえず、腕のシーネが通る上着が早急に必要というので


とおるちゃんの2Lサイズ上着を準備したり


里の大祭中にも抜け出して

袖口が緩めのタイプの上着や
着脱が楽なジャージのズボンを買いに行き


翌朝、リバーサイド出勤前に はてるまのお家に投げ込みましたよ。




さとこ、翌日がお休みなので

様子を確認しに はてるまに帰ってみましたら


義父、痛み止めが効いて 落ち着いていました。


シーネで固定されている右手の指先は全部出ていて

左手を補助するぐらいには 使える状態。


フォークやトングを使用し、左手での食事もできている。


衣類は、

裁縫上手の仲良しさんが駆けつけ

袖口を切り取ってから、ファスナーをつけて、
ゆったり袖に改造してくれていて


素晴らしいアイデアに 大拍手。



身体のバランスもぜんぜん問題なく、


購買車がやって来た時には

自分で靴を履いて 外に出て買い物もできました。



いやあ、素晴らしいね、義父!



お風呂はさすがにひとりでは無理で

腕にビニール袋を被せて、義母が介助しているそうです。


看護士をしている端井が入浴介助を申し出ていて

義父もそうしてもらいたいんだけど、


なぜか、義母が自分の手も痛いのにもかかわらず、

わしじゃないと出来んと言って 譲らないのだそうです。




でも、義母のストレス溜まりっぷりは相当なもので


「朝イチで診療所に行ったのに
そこから総合病院に回されて、
そのあと、また4時間も待たされた。

丸1日 何も用事ができんで堪えた。

だけん、わしゃあの病院は好かんだ」と、

怒り心頭。


お昼ご飯を食べながらも

義父への日ごろの不満を放出し続けるのでございます。



さと、まあ聞いてごせ。


じーさんはな、とにかく風呂が長い。

服をあちこちに隠してしまって、肝心な時には着ていく服がない。

ジュースを買うはいいが、空きビンが出ない。いったいどこに捨てているのか。
あちこちに投げているんじゃないか。

どこかに落ちていたら それはじーさんだ。



そんでも おとーさん、手の骨折で済んで良かったへん?打ったのが頭とか目だったら大変だったもん、と言いかける
さとこを遮り、

ぷんすかと湯気を立てる義母。


「とにかく、こげーに、手がかかる人間は、他におらん」



義父はこれじゃあゴハンが喉を通らなくて痩せるわけだし、


義母は毎日こんなに不満なら そりゃ血圧も上がるわなと


さとこ、コッソリ思う次第でございます。


義母 「当分は たき火も無理だが、
何を燃やすか目が離せんから、その点では安心だ。
なんせ、家の権利書まで燃やそうとしたこともあるからな。」


以前、
たまたま義母が通りかかって 
ゴミのたき火にくべてあるのに飛びついて火をもみ消したので生き延びたという
はてるまのお家の権利書は

確かに、焼け焦げた袋に入っていて


その表にでっかい字で

「絶対焼くな!捨てるな!」


って書いてあります。


ま 義父、
怒られるのはそりゃー仕方ないわな (ΦωΦ)




義母、
先日は測定器を1日装着して生活し、

24時間の血圧を測ったんだそうです。


こんなもんつけられて 畑仕事の邪魔だし、第一、寝られるもんかッと
ここでもまたご立腹。


義母、心房細動があるんだそうで、

今までの血圧の薬に加えて
最近は血液サラサラ薬も飲むようになってますの。




これはリバーサイド出勤時の夜明けです。
朝日1


日が昇るのを見ながら通勤できるなんてお得でしょ?
朝日3


義父の右手は
シーネ固定からギプスに代わり、


その後、順調に回復。


雪かきができないから

この冬は雪が無くて 本当によかったです。


手が不自由でも混乱はなく
こたつでゆっくり過ごしていました。


回転ずしでも

持参したトングを渡すと
それで上手に挟んで食べたりして

左手中心の生活にそこそこ慣れてきたみたいです。




そうこうするうちに、クリスマスがやってきました。


はてるま母の胃カメラ検診、再再再チャレンジでございます。


今回の胃カメラ検査は

気持ちが落ち着くように麻酔を使うということだったので


さとこ、一緒に行きますからねと言うと

義母、意外にあっさり承諾してくれました。




診療所の中はいつも患者さんがいっぱい。


世間話と噂の情報交換の場でもあります。


プライバシーが無縁な田舎の昭和がまだ生きていて

ここに通院するのはちっと勇気が要りそうで


さとこなら無理だなあ。




9時50分、義母は処置室に呼ばれて
頭がぼーっとする点滴を開始。


でも、退屈みたいで
点滴をゴロゴロ引っ張りながらトイレへ行ったりしてます。


11時45分に、内視鏡室へ案内されました。


さとこがドアから一番近い椅子で張り込みしてたら


やってきたお医者さんがさとこを見下ろし
「はてるまさんのお嫁さん?
だったら 入んない入んない」 と言ってくださり

さとこ、まさかの 父兄参観でございます。


内視鏡検査は
12時5分から開始し、

15分ほどで終了。


開始前、数字を1から数えさせて麻酔の効きを確認するんだけど


義母、ハキハキ数えるスピードがまったく変わらない?


検査終了後も、


結果説明を待つ間、

膝に注射してもらったりしつつ、しばらくベッドで休むんですが


看護婦さんが持ってきてくれた車いすを断って

自分でちゃっちゃと靴を履いて スタスタ歩くし


…麻酔
効いてないんじゃないか?


義母、検査中のこともしっかり覚えているようでしたし
「そんなもん全然効いとらん。いつもと一緒だ」なんて言ってました。


故とおるちゃんも
昔、盲腸の手術中 痛くて死にそうだったって言ってたから

親子で麻酔が効かない体質なのかな。




検査結果は

さとこの覚え書きのために詳しく記させていただきます。


「問題の腺腫は キサントーマの右側にある。

今回見てみて 
前回よりも色と境界がぼんやりしていて
目立たなくなっている。


ガンだと白く病変するので
ガンの可能性は低いようだ。


はてるまさんは以前ピロリ除菌をしている。

除菌したあとを 細胞が覆ってしまうので
その下の層にガンができる可能性はあるが

そういうガンは進行が遅く
1年後の検診で気づくとしても、それからの対処で十分間に合う。


はてるまさんは心房細動があるから
血が固まりにくくなるお薬を飲んでいるし


手術をするリスクとメリットを考えると

今 切らんでもいいかな。


毎年胃カメラ飲んで経過観察しましょう。」


てなことで。


義母、入院しなくてよくなりました。



やったねー、義母。


よかったねー、義母。


今度こそ、
とおるちゃん、義母を守ってくれてありがとう!ですよ。



そして
心房細動の
24時間血圧測定の検査結果も良好だったそうで

特に生活の制限はなかったです。




全てが終わると14時。


お天気上々で気持ちがいいです。


はてるま母の表情も柔らかく
ニコニコと最高の笑顔。


年末ぎりぎりになって
ようやく、
家族に平安が戻ってきたねえ、とおるちゃん。






義妹の端井が、
義母へのクリスマスプレゼントに
洋服や帽子を持ってやってきました。


サイズが合わなかったりデザインが気に入らなけければ返品交換するつもりで
数種類買ってきていたんだけど


義母が羽織ってみているそばで

さとこがふと振り向くと


義父が瞬殺の早業で商品タグを切っておりました。


「これで返せんやになってしまったな。」
端井が残念そうにつぶやきます。


こうやって
義母が着ないのにもかかわらず返品不能となった衣類は

もれなくさとこに回ってくる、というパターンでございます。


さとこ、将来の服の心配も
しなくてよさそうですね。


関連記事
[2020/02/27 18:23] | ・お医者さまの管轄 | page top
10月、とおるちゃんの10回目の命日と、はてるま母胃カメラ検査前半。
毎年、オリオン座流星群の極大日が過ぎるとすぐに

とおるちゃんの命日です。


10年目になろうとする2019年の10月の夜、

雨雲が薄く被った向こうに

三日月や明るい星々は見えたけど


空を見上げたまま星が流れるのを待つには

さとこ、視力も腰も衰えてしまっていて


早い時間に諦めました。


あの年の流星群、
とおるちゃんが見に行こうと誘ってくれたのに

翌日の仕事が気になって断ってしまったこと


今もずっと後悔しています。


10年かあ。


悲しみでとっくに死んでると思ったのに


まさか今も のうのうと元気に暮らしているとは

我ながらビックリですね。




衣替えの度に、
以前のズボンを広げてみるのですが

穿けないヤツがいっぱいあります。


ウエストが入らんというならまだしも


膝とふくらはぎが入らんって

どういうことだ?


「未来をかんがえると太る」って
なにかで読んだけど


翌年のカレンダーやスケジュール帳を予約したり

来週や来月の予定を入れることが
普通にできるようになった、今のさとこ、


鏡の向こうの自分を見る度に まったくその通りだなと思います。




はてるま母、

6月の胃カメラ検査で
胃体部早期胃ガンの疑いもある腺腫が見つかり


7月に再検査の予定が
血圧が高すぎて延期になり


再挑戦で
とおるちゃんの命日の9時から予約してありました(→胃カメラ検査、前回の記事)。


先月の診療所受診で

主治医から、
腺腫を切除する手術の入院日の確認があり

以来、義母は「ガンじゃないんだから入院も手術もせん!」と荒れていたので


検査の送迎と付き添いを申し出たけど


「姉さん(とおるちゃんの伯母)と一緒だから大丈夫だ。来んでいい」と拒否されてしまいましてね。


朝、はてるまの家に着いて
義父とソワソワしながら義母の帰りを待ってたら


お昼過ぎてから

伯母ん家のお嫁ちゃんの運転で義母が送ってもらって帰ってきましたよ。


義母、車を降りるなり 「胃カメラはやめた。」


さとこ 思わず 「えっ?」


義母、拒絶感を全身にみなぎらせ

「だって、検査に失敗しても責任はとらん、なんて書類に名前を書かせるだぞ。
それに、入院せんなんて自分は聞いてない、ってがみがみ言う医者は好かん。
だから やめたった。」


どうやら、ただでさえ不安なところへ怒り心頭で血圧が跳ね上がり

またしても検査できなかったようでございます。


いや~。
でも義母、インフルエンザのワクチン接種でも、同意書は必ず必要なんだよ。


主治医から

12月25日に再挑戦だ、
今度こそ絶対胃カメラ飲んで
正月明けに入院だ、と

念押しされてきたんだそうです。




近所に一軒だけあるお食事処で
義父母と3人で遅い昼食を食べ


その足でスーパーに向かって買物も済ませ


3人でとおるちゃんのお墓にお参りして。


義母、「とおる、お前が守ってくれたおかげで胃カメラを飲まずにすみました。ありがとう」って拝んでます。

2019年10回目

久しぶりにストレリチア(極楽鳥花)を買いました。


とおるちゃん、お願いだからこの極楽鳥に乗ってさとこを連れて行ってくださいと
見つけるたびに買って立てていたお花です。


タバコと、とおるちゃんの好きなメイプルシロップたっぷりのホットケーキをお供えする。
たばことホットケーキ


どなたかがコーヒーをお供えしてくれてました。
どなたかがコーヒーを


10年経っても命日を覚えていてお参りしてくれる友人がいる。

とおるちゃん、きみはなんて幸せなんだろうねえ。




義母も胃カメラ騒ぎで疲れているようなので

いつもより早めに
はてるまを出発しました。


この道、

とおるちゃんに乗せてもらって通ったのと同じぐらいの年数を

さとこは自分で運転して
はてるまへ往復していることになります。


対岸のイチョウが色づいていくのを見るのは苦しいです。
イチョウ並木


はてるまのおうちにも植えたいって
とおるちゃん、繰返し言ってたからね


今年は
あの年よりも日没が早い気がしますね。


とおるちゃんが望んだように

ふたりで高齢者施設リバーサイドに転職して

はてるまのおうちで同居生活をしていたら

あの事故はなかったんでしょう。

あのカーブ




とおるちゃんとさとこの巣、
換気扇が壊れて修理待ち。


おうちごはんが作れないから

結婚前によく行っていたレストランに
ぱにーニィが連れてってくれました。


そうなんですが。

さとこ、…不思議に記憶が曖昧なんですよね。


だって


朝起きたら
テーブルの上にお肉がある。('ω')


何が何やらわからんので
ぱにーニィが来るのを待って聞いてみました。


夕べ、さとこはドライカレーと焼酎お湯割り、ぱにーニィはラーメン定食を注文したんだそうな。


ほんとだ。
写真がある(゜o゜)
ドライカレー

たぶん麦お湯割


ぱにーニィ、ラーメン定食って
もしかして、サービス弁当の味噌汁代わりにラーメンを頼んだのか?
ごはんの大盛りぶりもアッパレ。
お弁当から溢れんばかりのごはん


さとこは、
「あの頃はサンドイッチとか、かき氷ミルク増量とか、キノコサラダとかをよく注文していた」とか
よくしゃべり、

お店を出た後もハシゴすると騒いだとかで


ケンタッキーフライドチキンを買い与えてなだめたんだそうです。


さては…とおるちゃん?


ヒョーイだね!ヒョーイだよね!!
とおるちゃん


ぱにーニィが

「とにかく今日ははてるまの家から無事に帰ってくれてよかったよ。

だってアナタ、
以前は 命日の度に

切ったり飲んだり 呑んだり切ったり 切ったり飲んだり 呑んだり切ったり
それはそれは大変だったからね!」

ですって。(゚∀゚)

 (注:切るはカミソリ、飲むは眠剤、呑むはアルコール度数60度の花酒)




ぴよ子さんからも
毎年、とおるちゃん宛のメッセージが届きます。


 『10年だねぇ。
 10年かぁ。
 早くて長かった10年だよねぇ。
 色んな事が変わって、平成が令和になったりして
 さとこさんもぱにーニィさんもバンドの仲間たちや友人たちも私も、少しずつ変化あって、
 当たり前なんだけどもね。

 変わらんのは1つだけ。
 これからもずっと
 さとこさんとはてるま家、さとこさん生家の家族と、みんなを見守ってください。そんだけ。

 できれば明日か明後日か、今月中には巣に伺おうと思っています。

 ほんでは、またね😄✋

 あ、最近はさとこさんの夢には出演してんの?
 ご無沙汰なら、今日は出演してんもいいんでない😄
 じゃぁね~(*´∀`*)ノ』


ぴよ子さん、とおるちゃんとさとこの一生の友達です!!(*'ω'*)




義母の胃カメラについては後半に続きますのよ…

関連記事
[2020/02/12 14:58] | ・とおるちゃん命日とムヌチねーねーのお話 | page top
お薬に悩むはてるま父母と、停電のこと。
はてるま父の通院記録、9月。


脳神経内科と内科、月2回の通院が
同行する義母の負担になっているため

1日に二軒ハシゴしてみることになりました。




待ち合わせ場所のバス停に7時50分にバスがやってきて、
降りてきた義父母と合流し


軽バンさとこ号に乗り換えて、
内科のM医院には8時30分着。


空いている時間なので、


診察していただいて

隣の薬局でお薬受け取って


9時20分にはもう出発できちゃいます。




脳神経内科Y病院には
9時40分に着きました。


今回はお薬について相談したくて

さとこも一緒に診察室に入ります。


義父が処方を受けているお薬は、
どれもが丸くて白い錠剤。


台所に貼ったカレンダー式のウォールポケットに1週間分入れるんだけど


義父、自分のこだわりで

お薬をまずは別の空き瓶に入れ替え

さらにまたそれを《朝》とか《昼》とか印刷してある使用済みの袋に入れ直して

その中の整腸剤は自分で数を調整します。


手からこぼして足元に錠剤を落としているのが義母の逆鱗に触れ

頻繁に勃発する家庭内紛争の火種のひとつになっておるのです。


そんなら

脳神経内科Y病院の処方の整腸剤を

1包化から外して、ヒートで出してもらうか

または、脳神経内科Y病院からは止めて、内科のM医院から出してもらったらいいへん?




脳神経内科Y病院はいつもたくさんの患者さんが来られるので
けっこう待ちます。


義父はリラックスしてますが、

待つのが苦手な義母の方がイライラして辛そうでしたよ。


やっぱり次月の通院は、1日1か所にしましょうね。


とりあえず、
落ちている薬が側頭葉てんかんの発作を抑える薬でないことが
義母にもわかればいいので


台所に貼っておきました。
  ↓
お薬をのもう






翌10月、


義父は、義母と二人で脳神経内科Y病院へ行き、

整腸剤をヒートで出してもらったのですが


帰宅するなり
ヒートを全部プチプチ開けて、空き瓶に入れ替えてしまったそうで


制止しようとする義母と、またもバトル。


ありゃりゃ(゚∀゚)


まあ、今のところ、側頭葉てんかん発作は起きてないんだし


大事なお薬は飲めてるだろうってことで

このまま様子見ですね。




M医院受診は15日。


あっという間に診察が終わるので

いつものケーキ屋の10時開店が待てず


9時半に開店する別のお店を開拓しました~。
201910通院日

社長の応接室みたいな、高級感あふれるケーキ屋さんでしたな!




義父、夏以降、少しやつれていたので


前回、お医者さまから「たんぱく質とってね。赤身のお肉とか」って言われたら

以来、「牛肉が食べたい」と毎日リクエストがあるそうで


その日も、お昼は回転ずしに行ったのに

大好きな海老よりも

カルビとかローストビーフとか歯ごたえがある握りのお皿に手を伸ばして苦戦してました。


カツオやマグロやブリや、サバもアジも
赤身だよって勧めたんだけどな~。




その前夜のこと、


さとこはリバーサイドから帰って

翌日の義父通院に備えて早めに就寝してたら


防災無線がピピピピピピと鳴って目が覚めました。


寝ていたつもりはなかったけど
ついさっきまで山積みのゴタゴタで途方に呉れていたため


それは夢だったようで、さとこ、ひと安心。


リモコンに手を延ばすけど、電灯が点かない。


電池切れかなと思ったら、急に明るくなった。


なんだ。停電だったのか。


でも点いたのは一瞬で

そのあと再び真っ暗に。



風雨に煽られながら玄関から様子を見ると

雨雲に遠くの光が反射してぽうっと明るい。


国道の街灯らしき明かりも見えたから

広域の停電ではないのかな。


それにしても空気が重いなあ。


暗いのはいいけど
扇風機と空気清浄機が止まって空気が動かないのがやりきれん。


さとこ、空気が流動していないと息苦しくて

扇風機や空気清浄機を
1年じゅう回しておるのです。




台所の椅子を三つ並べて

誕生日にもらった筒状毛布に潜って
ウツボかうなぎみたいに寝ておりましたら

明け方復旧しました。


3時間ぐらい停電だったみたいです。


パソコン立ち上げて、停電のお知らせを確認。


【台風19号による強風で巻き上げられた海水の塩分が電気設備に付着し、
雨によってショートする塩害が原因とみられています。

14日未明には、
日本海沿岸の地域で、広い範囲にわたって「電線から火花が出ている」という通報が相次ぎました。
調べたところ、電柱や鉄塔の周辺など、市内の電気設備の少なくとも20か所で火花が出て電線が焼ける被害が確認されたということです。】


だって!


いろんな現象があるもんですなあ。

関連記事
[2020/02/07 14:29] | ・お医者さまの管轄 | page top
リバーサイドの契約、3月いっぱいです。
 2018年12月から高齢者施設リバーサイドでの就労を開始した『チームぽんこ2』、
なんだかんだで一年三カ月が経とうとしています。


畑違いの仕事が嫌で嫌でたまらなかったぱにーニィも

ぱにーニィ。 そっくし。
(ガチャガチャで発見した、ぱにーニィそっくりのわんこ)

3匹買った
(あまりに似ているので、三種類揃えました)


リバーサイド内に親しいスタッフや高齢者さまが増え

居心地が良いのに気づいてからは


結構、楽しそうに通勤するようになってます。



 今まで唱歌をほとんど知らなかったぱにーニィなのに、

高齢者さまの歌の伴奏ができるようになったりして


お互いに良い影響を与え合っているんじゃないかと思いますね。

クリスマス会の準備
(クリスマス会の練習風景)



 ぽんこ2、10月に昇給があり、
時給780円から790円になったので

ヤッターッ!と喜んだら


10月から全国47都道府県で最低賃金の引き上げが実施されたのが理由でした。

全国最低賃金マップ


ぽんこ2は、週2日間の出勤ですから


(10円×8時間)×9日間 = 1カ月 最大720円アップ、でございますね。✨




 チームぽんこ2、入社して暫くは


『高齢者さまが、安心して快適に意欲的に過ごしていただけるような清潔な空間作りへの取り組み』を行動規範に掲げて

業務に勤しんでおりました。


半年ほど経過すると業務手順も固まって

スムーズに進行するようになり、


お仕事は次第に広範囲に。


 今は、朝ごはんのあとのお片付けから始まり、

日常必要物品の補充や、

フロア内のごみや汚物を集めたり、

シーツ交換と居室清掃と消毒、ベッドメイキング、

ポータブルトイレ掃除、

レクリエーション参加、

外部清掃業者さんお休みの日のトイレ掃除、

階段&エレベーター掃除、

昼食及び夕食の配膳


てな内容です。


また、

スタッフさんが手薄な時間帯には

高齢者さんとお話したり歌ったり一緒にお茶を飲んだり

ご一緒にできる作業、
例えば、テーブル拭き、物品補充、洗濯物干し、コップ洗い、お茶準備などを

間に挟んだりしています。




 カンファレンスや記録に携わらない位置にいるメリットを活かした、
ぽんこ2だからこその可能なペース配分で


配属フロア全域をなわばりに、
自由なお仕事をさせてもらえてます。


 インフルエンザのシーズン到来で
感染対策の施設内消毒回数が倍になってからは

座る暇が無いままに夕食配膳時間がやってくる、この頃。


さとこ、

リバーサイドに1台だけしかないエレベーターで
2階フロアに物品を運びながら壁を眺めていて

「2階さんのエレベーターにも、3階のとおんなじポスター貼ってあるんだ~」と思った己の間抜けさに気づいた時、


最近少し疲れてるかもと感じましたね。
(エレベーターのかご室は どの階に停まっても当然同じかご内ですから)




 ドラッグストア内特設コーナーで
健康度チェックを実施いたしましたよ。


ぱにーニィの診断結果。
  ↓
191207ぱにーニィ1191207ぱにーニィ2

さとこの診断結果。
  ↓
191207さとこ1191207さとこ2

精神的ストレス、振り切ってますね~(゚∀゚)




 精神的ストレスを強く感じたと言えば、

リバーサイド全体の敬老会です。


チームぽんこ2は音響係と演奏を引き受けたのですが


アトラクション進行中、司会担当のスタッフさんが
「着替えてくるから、ぽんこさん、場をつないでおいてね」と
さとこにマイクを渡して消えてしまったのには仰天しました。


ご家族、町長さん、県会議員さんなどの来賓もおられるのに


どんなゲストが出演されるかも

他部署スタッフの顔と名前すら知らないさとこに???


しかも、壁に貼ってある式次第と実際の進行は違っているという過酷な状況で


いくらなんでもそれはないだろう、と思いましたね。




 それにしても


高齢者施設って

どこもこんなに人員配置が不足しているんですか?


昼間なのに、
まるで夜勤帯みたいにシーンとしてるなあと感じるときがある。


見守りのスタッフさんがいないので
この場を離れていいのか不安で


そんな時はぱにーニィと相談して

誰かが来るまで、どちらかが残るようにしている。


と言っても、なにができるってわけでもないんだけど。




 リバーサイド始業時間は8時半だけど

さとこは4時~5時に起きて
6時45分に巣を出発。


ぱにーニィのアパートに行ってぱにーニィを起こし

27kmの道のりを走行、
到着すると8時です。

2020年1月月命日の通勤風景1


水墨画のような風景を眺めながら通勤できるのは贅沢ですよね。

2020年1月月命日の通勤風景2




 そうこうしているうちに


契約期間が終了する3月末が近づき

今後どうするか、

考える時期がやってきました。


帰宅時の工場に満月
(故とおるちゃんとさとこの巣の隣の工場に、まんまるお月様が昇ってきました。)


ぽんこ2は非常勤専従の介護助手。


臨時職員扱いで

3年居たら昇級。

時給が10円アップになるそうです。


ぱにーニィ 「せめて、雇用保険がかけてもらえてるとありがたいんだけどなあ」




 さとことぱにーニィに声をかけてくださったH井看護士長さんの顏が立つように


試行錯誤しながら

できることをやってきたつもりですが


上層部の方々からは
会社の体制に必要だと思われているのかなあ。




 契約を更新するか

更新せずに3月で契約を終了してもらうか


ぽんこ2、悩んでいます。




関連記事
[2020/02/06 09:26] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
| ホーム |