7回目の命日。 さとこは多分、第四次変革期に入っています。 
夕焼けがとてもきれいだった秋の日の夕暮に
とおるちゃんが姿を消して、

七年が過ぎました。


さとこ、未亡人歴7年。

ベテラン度に比例して、
ポンコツ度も相変わらず、日々加速中。


こんなワタシですが、
よろしくお願いいたします。



カーステで、とおるちゃんの歌声を大音響でかけながら、ベーベー泣く。

ふと、「声、若いなあ」と思う。


さとこが年をとったのですね。



とおるちゃんの『月命日』は、

毎月決まった日に、一緒においしいものを食べよう!っていう特別感をもつ、

言うなれば
日常の一部ですが、


『祥月命日』が近づくにつれ、

心にさざ波が立ち始めます。


とおるちゃんが、さとこを残して
自分だけ次のステップに進んでしまった日であり、


さとこの未来や目標が
消え去った瞬間ですから。





『さとこ第一次変革期。』


又の名を
『アドヒアランス(病気を理解して、治療を継続しようとする意志)ゼロ期』 とも。


死ぬ気満々で、
抗うつ薬を処方されても
飲む気なんか、更々無く、

お仕事辞めて、
残りの人生は、一分一秒でもとおるちゃんから目を離すまいと決めて、

同時に、身の回りの整理に懸命だったのに。





『さとこ第二次変革期。』
完全に燃え尽きていた時期。


オリオン座流星群が降り注ぐ日に
迎えに来てくれるよう、
毎日、とおるちゃんへのメールもお祈りも欠かさずに…


志、半ばにして
その三か年計画を断念し、

生き続ける意味を失って、


身が引きちぎれるような一秒一秒を乗り切るだけの毎日を、
たくさんのひとに迷惑をかけながら、
これからも繰り返すしかないのだと
諦めた時期。


カッティングしてみて
ぽたぽたと血が滴るのを見て、

良かった、時間は進んでいるんだと
実感を得ることで
僅かに安心する日々でした。





『さとこ第三次変革期』


この先、果てのない毎日、
自分のことは自分でしなくてはと、

真面目に服薬して
干からびた青菜状態で過ごす、

機動力ゼロの
抜け殻さとこ。


『さとこ-さとこ’(さとこハイフンさとこダッシュ)期』 として、

身体も心も
存在感無くフワフワと


気づくと知らないうちにどんどん時間が流れていて、
ウラシマタロウ状態。


新しいことはなにも始められない
ただ、時間の積み重ねでしたが。





7回目のとおるちゃんの命日をやり過ごした、
さとこのなま(今)は。


いろんな出会いや新しい出来事に対して、

対応力というか
抵抗力というか

踏ん張って受け止める強さが
できてきたんじゃないのかな。


頑張っていれば、
きっと命日に迎えに来てくれる。


今年こそ。

今年こそ。


1年に1回だけのそんな唯一の望みも、

身体とともに老化してきました。



「楽しい」と感じている自分に気づいても、罪悪感を持たなくなってきた。


ガラス瓶のするどい欠片でできたような
山ほどの後悔も、

風や雨に晒されて、
少しずつ角が丸くなった。


憂鬱の波が突然襲って来るけど
それは一時的なことで

滑らかな絹のように穏やかの状態のときだって
この先あるだろうって
見通しを想像できる。


呼吸が
自然体でできる。


疲労感が自分でわかる。


お腹が空いて
食べて美味しいと思う。

涙が出るほどに。



明日の朝が来なければいいと
あんなに毎日思っていたのに、

何時間も眠れていた自分に気づく。


こわいこと、
苦手なもの、

沢山増えた。



ある意味

とおるちゃんを見つめるだけで

外界の時間の流れと隔絶した世界に住んでいて

全くなにも感じなかったさとこの生活が、
自分主体になってきた、

そんなところなのでは。


小さい時から
苦手なものはいっぱいあったけど、
とおるちゃんに見損なわれたくなくて
なんでも積極的に関わろうとしていた。


カラ元気を止めて、

元の身長のさとこに
戻っただけのこと。


翌週や、来月の予定を入れる事にも、
気持ちが慣れてきました。


毎日がイッパイイッパイで、
とおるちゃんのことを最優先に考えられない日が増えていても

「今日は勘弁ね」って
軽く謝れる。



昨年、7回忌を終えてから、

何となく
はてるまの長男の嫁としてがんばらなくてはという気張りも
燃え尽きた。






今年の命日。


はてるま父母とお墓参りをし、

さとこが突発的になんかやらかさないように、見張りにやってきてくれたぱにーニィと
2台で連なって巣に戻り


夜、
オリオン座流星群が見られない代わりに

ぱにーニィと
半蔵さんと半蔵さんのカノジョちゃんと

プラネタリウムに行きました。


いちばん悲しい日のいちばんやりきれない時間を
7年前のあの病院の
隣の公園にあるプラネタリウムで


いちばん哀しい曲を聴いて過ごしました。



━ 星めぐりの歌 ━

   宮澤賢治全集 第六巻


あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。



『別れの悲しみは、必ずときが癒してくれます。
時は死んでいった愛する人の魂であるのかもしれません。』


この言葉を、

静かに

静かに

受け止められるようになってきました。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/10/25 06:49] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
一生住みたいホテル。
(平成28年9月某日の沖縄滞在記)

今回は初めてのホテルですのよ。


那覇市前島にある、ホテル ピースランド 那覇。

ホテル着きました

チェックインまで持ちこたえていたかのように激しく降り始めた雨。

とおるちゃん&菩薩さま、いつもありがとー!


さて、シングルは、窓が無い部屋もあるそうで、
閉所恐怖症のぱにーニィのために、事前に窓つき部屋の指定が可能かを問い合わせておりまして、

なんとっ。

「シングルのお部屋が満室でしたので、同額でツインのお部屋をご用意いたしました。
シングル以外は、どのお部屋にも窓はございますから大丈夫ですよ」との、
夢のようなご回答。


はい、ごめんくださいよー。

入室して、その広大さにびっくりー。

広々

いつも、両手に荷物持ってたら、ドアからベッドまでカニさん歩きっていう幅が定番なのに、
何ですか、この広さ。


しかも、電子レンジある。
冷蔵庫は、冷凍室と2ドアタイプ。

なんと、冷凍庫付き冷蔵庫に電子レンジ

お風呂も、浴槽広々。
リンスインシャンプーじゃなくて、シャンプーとリンス別だし。

湯当たりしたら、洗い場に4人は寝られるへん?

ゆったりバスルーム

トイレは広い洗面所の隣です。

バストイレ別はありがたい

スキューバの方々は、ベランダにも、道具が干せますね。

ベランダの向こうは雨の町

コーフンしながら、ぱにーニィのお部屋チェックに向かう。

お隣同士

なんとこちらも。

違うとこっていえば、サイドテーブルの位置と、
冷蔵庫の容量ぐらいでした。

ぱにーニィの部屋

こっち、さとこのお部屋。

さとこの部屋


なんて快適なんだ!

板張りのフロアに、ふわっふわのソファとテーブル。

広々ビジネス机。


わーん。ここにずっと住む―!


ってなわけにもいかないので、
さあ、そろそろお出掛けしますかね。
関連記事
[2016/10/07 00:44] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
新しいお仕事?
台風16号の時。
さとこ地域、直撃コースと聞き、心配になって、ネギ社に問い合わせてみた。


夏ネギ畑が一区切りついたらしく、会社は休業中。

良かった。

あとは畑に被害が出ないことを祈るのみ です。

台風くるとは思えないような3

台風くるとは思えないような2

台風くるとは思えないような1





話はさらに遡り、

去る2013年の春、
実家母が網膜動脈瘤破裂による失明の危機で入院しておりました。

母と老犬ちゃんたんの介護ができるアパートを、さとこが必死で探すのに協力してくれた不動産屋さんがおられたのですが。


さとこがぱにーニィと『チームらすからーず』を組んで、うふあがり不動産のハウスクリーニングを始めたときも、「ウチでもやりませんか?」って気にかけてくれて。

でも、うふあがり不動産から支給されている薬品とかもあったから、流用はまずいからお断りするしかなかったんだけど。


ただ、元会社が手を引いた時に、物品は買い取ったし、薬品類も正式に購入したから、
チームらすからーず、
今は、フリーの身っちゃフリーなのかもしれませんね。




先日、久しぶりに不動産屋さんの彼から連絡を頂きました。

「わー♪お元気でした?」


彼、ふっくんは、取引先の工務店から引き抜かれ、当時の不動産屋を辞めているらしい。

そっからのお仕事の依頼だった。


「さとこさんとぱにーニィさん、まだハウスクリーニングやっとられます?
僕んとこの工事の仕上げをお願いできませんか」


えっ?♡


・一ヶ月に5件程度。

・新築又はリフォーム後の清掃だから、
一軒まるごとだけど、汚れを落とすよりも、拭き上げが主。

・例えば、三階の天窓みたいに、手が届かないところはその都度相談させてもらえる。

・この仕事はペアでなくても個人作業でもいいらしい。


さとこ、できるかなあ。


1日待ってもらい、ぱにーニィと相談することに。


冷静なぱにーニィ、難色を示した。

「それって、すべて新品でしょう。
ワン、迂闊だから、何かを傷つけたり破損したりが、いつか、必ずおきると思う。
せっかくだけど、ワンには無理だよ」


そーだよなー。
養生を外してからの作業になるんだもんね。


うっかりよろめいて、まっさらな壁に脚立をぶつけちゃいましたとか。

階段からモップをガランガラン落として、ピカピカの床に凹みができたりとか。




今までやっている、退去後のハウスクリーニングなら、劣化の破損は当然あるから、修理や交換をすれば済むけど、
新品を傷つけてしまったら…。


誰が入られるかわからないアパートと違って、
施工主さんが楽しみに待っておられる物件だもの。

高収入だから、生活も安泰だけど、
それだけ失敗は許されないってこと。


さとこだってそのプレッシャーには耐えられないし、
いざというときに、二人体制でぱにーニィに助けてもらえない。


悩み抜いた結果、お断りしました。

でも、チームらすからーずにお仕事を、って思っていただけたことが、すっごく嬉しかったですね!

ふっくん、本当にありがとうございます!

関連記事
[2016/10/05 01:18] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
沖縄着いたら、まずは台湾精進料理。
(平成28年9月某日の沖縄滞在記)

那覇着きましたー。

那覇空港到着


明け方、とんかつ定食を食べたぱにーニィ、
沖縄の空気に触れて、一気に空腹になったようでございます。


沖縄到着初ゴハンは、
公設市場を抜けた先、那覇市壺屋の一角にある『金壺食堂』へ。

台湾の精進料理が、朝8時から夕方まで、いつでもバイキングでいただけますのよ。


必ず行くと決めている、さとこのお気に入り。

てか、さとこ、金壺食堂中毒なのです。


ほら。
こんなして、入りきらないほど盛りつけちゃう。

金壺バイキング


なくなると作りたてが追加されるお惣菜。

おかゆに滋養スープ。


これでなんと600円。

金壺1
金壺2
金壺3

『自助餐(ジージューツァン)』という、台湾ではポピュラーなビュッフェスタイルだそうで、自分で好きなだけ盛りつけます。


ぱにーニィも夢中。

夢中。

6月に来て、そしてまた今回も。

そしてまた

さとこはお粥ですが、ぱにーニィは、スープとごはんが止まらない(笑)
お粥

スンシーにわかめ和え物
お豆腐青菜に
セロリ炒め

お料理だと、写真おっきくなっちゃうなあ。


優しいお味のお料理が、身体に染み渡る感じっていうんですかね。

ここのドアを開けただけで、ああ、帰ってきたなあって、懐かしさがこみあげる。


沖縄に住んだら、毎日来ちゃうかもよーッ
関連記事
[2016/10/03 03:58] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
寝つきの良い人々。
先日から家族になったクロエ。

パソコン中はお膝の上です。

クロエこんにちは


ぱにーニィ、ネギ仕事と税務仕事とライブが立て込んで、けっこうイッパイイッパイだったけど、

おうちごはんとデトックス効果で、徐々に復活してきました。


100均で買った足裏樹液シートを愛用しているのです。

これ貼ると、安眠&朝、お酒が残らないらしい。

でとくす中

おー。
良く寝てるわ。


あ…。
落ちた。

あ、落ちた
こんななっても寝てるもんね。


足の裏が、ベッタベタになるんだそうな。

さとこが肩こりひどくて貼ってもらった時には、何にも出なかったんですけどね。


ぱにーニィ、起床時には四つ足歩行。

いろんなもんにつかまりながらトイレに行き、歯磨きが終わったころには二足歩行になっている。


つまり、毎朝、こんな感じで進化の過程を繰り返しているわけですにゃ。
  ↓
ヒトの進化


ベッドで寝ると腰が固まるらしく、
床で寝たら進化した状態で起きられることに、最近気付いた。


てなわけで、さとこがお気に入りの流し台下の巣を奪われちゃった(ま、もともとぱにーニィんちなんですけどね。)


でも、肝心なことを忘れてる。

この場所は、冷蔵庫開ける係がいるから、冷気が降りて来て快適なのよね。

自分が寝てどーすんの。


ぱにーニィ 「し、しまったー。





ところで、ぱにーニィは、最近、魔法をひとつ覚えた。


呪文の名前は「らりほーま。」
ドラゴンクエストシリーズに登場するそうで、強い催眠効果があるらしい。


これをかけられると、一瞬にして正体不明に寝ちゃうさとこ。

かけられている立場としては、何が起こっているのか全然わかりませんが、
おかげで、ここんとこ眠剤要らずです。


てか、何かのお仕事の最中だろうが食べてる最中だろうが、瞬時に気を失っちゃうので、困る!


お夕飯のお片付けが終わった途端、んごー。


それでも、ちゃっかりクロエは放さないらしい。

いつでも一緒

安眠アイテム

さとこ、もしかして。
…ブランケット症候群かも。
関連記事
[2016/10/01 03:58] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |