ネギと 海と へっぽこさとこ。
お盆に、里の母と兄夫妻がはてるまにお参りに行ってくれたんだけど、対抗意識を持っているらしい母と義母の間で、ちょっと騒動があったようだ。


義母が、「お母さん、うちではさとこは美味しい美味しいって、キレーイにさらえて食べますよ」

てなわけで、母、「あんた、はてるまでは沢山食べるんでしょ!うちでも食べなさいよ」と泣く。


だって。
はてるまに帰る時は、無事に会話できるようにカフェイン製剤飲んでんだもん。

勢いで食べるわよ。


里では、さとこも地が出せるから、「要らない!帰ってから食べる!」って言える。
つまり、服薬せずにすんでるってこと、どーして理解してもらえないのかな。

「アンタ、くすりなんかのむから頭がおかしくなるのよ」とか言うくせにィ。


里の母、消費が追いつかないぐらい次々おかずをくれるわけで。


はてるまからはお野菜はもらうけど、おかずはもらわない(味付けが濃いめで、ちょっとが美味しいので食べきれないのです)代わりに、うちで頑張って味見させてもらってるんじゃんよ。


さとこがはてるまに帰ったら、義母、勝ち誇ったように
「お母さんに自慢したった。さとはうちでは食べるのに、そちらでは食べられないんですかって。
お前を無理させたら里のお母さんに怒られるから、無理するなよ」


もー。
おかーさん、言ってる事めちゃくちゃなんですけど。

なんでそんな揉め事作るかなあ。


母、もうはてるまには二度と行かんと言っているし。

張り合うのに、さとこをダシに使わないでくれ~


さとこ、野ざらしになっていても見向きもされない、誰にも気に止められないところに行きたいっす。

ちっと、ほっといていただきたいわ。





ねぎんちゅになってからは、お料理する元気が無くても野菜ももらわなくなってたけど、

でも、ねぎ会社、一区切りつきました。


入院されていたレギュラーさんが復帰されるのです。


常時欠員らしいので、だいぶ引き留められたけど、
ぱにーニィが、「このひと、なんでも請け負ってやっちゃって倒れるから、あとがタイヘンなの!」


はい。
へっぽこですんません。

やっぱり、お仕事が最優先になってしまうもんね。


いったんリセットして、ライブの練習や、S県M市税理士事務所やぱにーニィの実家草取りとか、後回しにしていたことをまず、こなしていこうということになりました。


気になっていることが解決しないうちは、金魚鉢のキンギョみたいにあっぷあっぷで右往左往しているさとこですから。




そして、日曜日は海岸清掃でした。


防災無線で「7時からです」と案内があった。

いつも8時からなのに、今回早いなあ。


海岸までの町の送迎バスに乗ろうと6時半に出たのはいいけど、
誰もいなくて車ばっかりびゅんびゅん通るから、植木の陰に引っ込んでたら、
送迎バス、ブーンと行っちゃいました。


バスが停車したら、だいたいエンジンのアイドリング音で分かるはずなのに、
もしかすると、始発場所でみんなが乗って、その後は停車しなかったのかも。


さとこ号で行こうかな。
でも、今朝は寒くて、8時過ぎの解散までにトイレ行きたくなったら困るから、止めてもいいかな。

てか、すでに、しっこ行きたい気がする。


とりあえず向かったってことで自分を納得させ、巣に帰りました。





琉球新報に、
『石垣島と西表島の間にあるサンゴ礁「石西礁湖」で調査したところ、水温が6月から白化の危険が高まる30度を超える高温が続いている。
 サンゴの中で、高温やストレスに弱いサンゴの一種、ミドリイシに加え、ストレスに強いハマサンゴも一部白化している。すでに1割近くは死んでいる可能性があるという。
  海水の高温が続くのは、今年は台風が沖縄には来ないため。台風が来ると海水をかき混ぜてくれるので、海水温が下がる。』
と載っていたそうな。


Yahoo!ニュースにも、
『カブトガニが、国内有数の生息地の北九州市・曽根干潟で、今年1月以降、約500匹死んでいることが確認された。例年、年間に見つかる死骸の8倍を超え、専門家は猛暑による海水温の上昇などを原因の可能性として指摘する。』
とある。

台風、来ても来なくても困るんだなあ。


今年も、まだ一度も海に潜ってない。
とおるちゃんがいなくなって以降、ぱったりです。


むかしは、とおるちゃんもぱにーニィもさとこも、どうかすると11月の頭まで通ってた。

そろそろ終わり

底波のうねりにのって、叩きつけられて千切りにならないように、必ず身体を丸めて、足で岩を蹴りながら潜ってた。
波に揉まれるから、足ヒレは使わない。


細かい気泡だらけになって視界が悪くなったら、その年の海は終わりです。


ぱにーニィもさとこも、多分、もうそんなことができる体力ないよね、とおるちゃん。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/08/30 04:57] | ・キヅキ | page top
今年のお盆の日々。
今年のお盆もめっぽう暑かった。


汗が噴き出るから、一日に何度もシャワーを浴びる。
お水を自由にふんだんに使えることに感謝です。


ぱにーニィのお母さん、初盆。

さとこの短大のルームメイト、初盆。

同じなかよしグループの友人の旦那さん、初盆。


誰もお参りできないけど、ごめんなさい。





12日のねぎ仕事は夕方で終え、ぱにーニィは実家へ帰って行った。


夜には、東京に住む菜々子が帰って来るから、さとこは空港にお迎え。

会うの、3年ぶりかなあ。


菜々子のあまりの激ヤセぶりを見て腰が抜けそうだったけど、
仕事が忙しすぎて、正月の頃はそれより更に5キロ痩せていたそうで、
どんな状態になってたんだ?


菜々子は、脳梗塞のリハビリと越夏目的で入院したお母さんの今後の健康管理について、
兄弟3人で話しあうために帰ってきた。


みんな、そういう年齢になってきたんだなあ。





13日。


ぱにーニィがいないから、さとこは、みんなと同じ時間帯でねぎ仕事。


いつも通り、1時間強の通勤時間を見込んでいて、7時に出発したら、なんと、30分で会社に着いちゃった!


帰りに里に寄ったけど、母も、帰省している兄夫婦も外出中。

さとこはくたびれていて、みんなの帰宅を待てなかったので、
祖霊殿にお供えをして、祖母と父のお墓にお参りして帰りました。





そして、ねぎ仕事、15日はお休みィ。


規格外ネギを一抱えずつもらって帰るから菜々子と里の母に届けたけど、それでもまだ大量にあるよ。


玉ねぎ代わりに、カレーに入れることにしました。


① すりおろした生姜と砂糖を炒めてカラメルを作りまーす。

② 鍋いっぱいの刻んだネギが飴色になるまで炒めまーす。

③ ニンニクがなくて、ぱにーニィの冷蔵庫をあさったら、業務スーパーの安っい牛肉とガーリックパウダーを発見!

④ ③を炒めて、自治会長さんからいただいたニンジンを皮ごとでっかい乱切りにして、トマトジュースと①・②も一緒にぶち込みまーす。

⑤ 自治会長さんからいただいたカレールーと、ジャワカレー辛口を割り入れて、
保温カバーに入れたら、あとは勝手にできあがり~。


カラメルから作ったのって、もしかして、とおるちゃんいなくなって初めてじゃないかな?


大変。
そんなしてたら、昼前になっちゃったよーん。


兄夫婦、今日出発するそうで、会いに行きました。


兄が母にスマホを買ってあげていて、びっくりです!

さとこなんか、スマホはかろうじて写真撮るだけだからね。


指の腹で液晶を操作できないので、シャッターすら満足に押せませんの。


兄が、汗を滴らせながら、パンツいっちょで母のスマホの設定をしていると、

母、兄のギャランドゥに興味津々。

息子で遊ぶ母


兄 「もう!ちょっと!やーめーてー

母のこーいうとこ、さとこに遺伝していると思いますにゃ。


ぱにーニィのギャランドゥぶりがなかなかのもんだが、さとこの兄も、かなりイイ線いっている。

写真に撮るとふわふわ感がお伝えできなくて残念です。


そういえば、さとこの兄も、家で服着てるの、ほとんど見たことないなあ。


やっぱ、毛が密集してると、断熱材みたいに、服の中にあったかい空気が溜まりやすいのかな。





夕方からは、はてるまに帰りました。


お墓に行ったら、スッカリ帰り支度が終わってまして。

仏壇には心尽くしの本膳や赤飯が用意され、送りの準備万端。


若いうちに収穫してパリパリの歯ごたえにした瓜の奈良漬と茄子の粕漬を頂きながら、近況報告を受けます。

若いウリと白茄子粕漬


はてるま父に、今度一緒に行くベンチャーズのコンサートのチラシを渡しました。


義母がコッソリ、「さと、チケットは渡しちゃならんぞ!この間の発作の時には、千円札をキレイに小さく鋏で切っとったからな」

切れ端はみんなあったから、千円として使えたらしい。


ははは。

1万円でなくて良かったね~。


そして、怪我がなくて何よりでした。


怪我がないと言えば、
ぱにーニィんちにはスズメバチの巣ができていて、
お盆に殺生は如何なものかということで、なんと、お兄さんがホースの水で追い払ったらしい。


ぱにーニィが駆けつけた時には、お兄さんがパンツいっちょで片付けていて、
兄、タダモノではないと仰天したら、

お兄さん 「まさか。風呂に入ったところ」だったそうな。

そりゃ、そーだわな。


スズメバチの巣と、コロンコロンの蜂の子達は、防火用貯水池の鯉達のゴハンになりました。





はてるまの地域は、16日の午前0時に送りです。


義父は寝ちゃってるから、義母と二人で、端井宅前の用水路へ。


お線香、お花、ごちそうと。
とおるちゃん、お待ちかねのウチカビだよ。


端井妹も送りに参加することはないのですが、
端井の愛娘てぃーだちゃんが、気配に気づいてやってきた。


とおるちゃん、可愛い姪からのお小遣い、しっかり受け取って帰ってね~。


実家から一足先に帰ったぱにーニィからメール。
「ねぎ甘カレー、ごっついンマイです。甘辛くてグッドですで。」


ほっ。
そら、よかっただす。


いつもは牛スジ肉で作っていたから、柔らかくなるまでに何度も煮直していたけれど、業務スーパーの安っい牛肉、頼りになるなあ(笑)

ピンぼけカレー


大鍋に作ったカレー、ぱにーニィが、タッパーに分けて冷蔵してひとりでほぼ完食してくれましたが、
さとこが最後に食べたら、
お味見。

おや?にんじんさん硬くない?

ぱにーニィ 「はい。」


お肉柔らかくても、にんじんさん硬かったらだめじゃーん。

食べ切る前に言ってよね。

関連記事
[2016/08/24 04:54] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
やたらと注文が多いくせに、積極的にアピールする亡夫とおるちゃん。
熱帯夜、扇風機の熱風の中で見る夢は…






さとこは、中学・高校時代にチャリチャリ走っていた通学路に近い、古いアパートの2階にいる設定らしい。


とおるちゃんが、「アイス買ってきて」と言った。


アイスか。

この辺、徒歩圏内にはお店がないんだよね。


持って帰る間に溶けちゃうなあ。


まさか隣の電気屋にあったりして。
あったらいいな。


アパート1階の大家さんはスナック経営。

ダメもとで、ママさんに聞いてみたら、気軽に電話で問い合わせてくれた。


「ちょっとー。おひさー。げんきィ?たまには顔出しなさいよォ。

それでさ、オタク、アイスとか売ってないかしら。

あっ。そう?
うんうん、良かった、ありがとねー。」

チン。


アイスバーならいろいろあるとのことだった。


お店の女の子たちがおおはしゃぎ。
「行こう行こう」

アイスを買いに走る、頭にカーラーを巻いた後ろ姿が、12~13名。


あの小さいカウンターのスナックのどこにこんなスゴイ人数居たの?

てか、こんなに行ったら、アイス売切れだへん?









町の小さい電気屋にそんだけの人数が入れたのか、
どんなアイスがあったのか、
確認しないうちに目が覚めた。


とおるちゃんの「アイス買ってきて」の声が耳に残って気になるから、
ロッテリアのドライブスルーに行って、マジェラートマンゴー+フローズンミックスベリーってやつを買ってお供えでーす。

ねりねり。 ハイ、どんぞ。

350円だけど、こんなちっちゃいのかー。

アイス四つほしいって言ってたけど、いっこで勘弁ね。


あ!マジェラート、四種類あるの!(ΦωΦ)

…とおるちゃん、さては知っていたな。

一回に一個ね(汗)。






そして、お盆が近づいた、ある夜の夢は。





音楽仲間やツーリング仲間がたくさんいます。


みんなで事務室のコロ付きの回転いすに座っていて、
背もたれを持って正座してくるくる回ったり、シャアアアァって疾走したりしながらお喋りしてたら、

チュートリアルの徳井さんが、窓の向こうで拳を握って口をパクパク。


これ、防弾ガラスの防音で二枚重ねだから、ガンガン殴っても叫んでも無駄だよーん。


仲間に入りたかったのかな。

てか、徳井さん、どこかでお近づきになってましたっけ。


とおるちゃん、久しぶりにみんなと再会して楽しかったみたい。


前回の夢で会ったとき、自転車がパンクした話をしたもんで、
なんと、なんと今日は、「はむちきの自転車、修理してもらっといたぞ」って。


じーん。(´;ω;`)

死んでも妻思いの夫。


でも、支払い、どうしたのかな。

うちかび(沖縄の風習の、あの世で流通しているお金)、さとこの為に使い切っちゃったんじゃない?







目が覚めて、しばらく考える。

やっぱ、今のは、さりげない催促だよね。


沖縄行ったら、ウチカビ、またたっぷり仕入れてかなくちゃ。(←フツーに日用品コーナーに。どうかすると、コンビニでも売ってます。)


ねぎんちゅのお給料出たら、9月に沖縄行くから、
食材も使い切って、また買い出ししないとね。


ある日の夕食は、賞味期限間近でワゴンセールになっていたレトルト中味汁でした。

中味汁

ちょっぴりしか入ってないので、エノキで増量して、おろししょうがを加えまーす。

エノキ入れて


玄関栽培のハンダマと、はてるま母の作ったトマトで納豆和えも。

はんだまなっと


ごはんとは関係ないけど、
これ、昔、さとこの誕生日にとおるちゃんが描いてくれた、ケーキのプレート。
  ↓
夫手描きプレート


もったいなくて、しばらく冷凍保存してから食べました。


二度と描いてもらえないんだったら、ずっと残しておくんだったなあ
関連記事
[2016/08/20 01:13] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
お騒がせさとこ、お仕事、連続は二日間までが限度かと…。
8月の4日~6日に、初めて3日間連続でネギんちゅだったのですが、


二日目に、公民館活動でお世話になる自治会長さん夫妻から、「お魚あるから、お仕事前に取りにこれる?」と連絡をいただき、
ボッカちゃんをいただいたので、
外食せずに帰っておうちごはんです。


20時、お仕事終了。


とっぷりと日がくれた帰り道のヘッドライトと、追い越し車線をぶんぶん走る大型トラックの横風にやっつけられ、
帰宅時点で、さとこ、ボロ雑巾。


ボッカちゃんも箸をつけたけど、食べ終わった記憶無ーし!


ぱにーニィ 「やー。久々に寝食いを見たよ!
あなた、ゼンマイ仕掛けのオモチャみたいに、ひたすらワンのカレーばっかり食べてたよ!」


す、すんません。
全然覚えてにゃい…


そしてお休みだった8月7日。

三週間目にしてやっと寝放題できるぅ♡と思ったら、
里の母から電話。

「10時にイオンで待ち合わせなんだけど。あんた、おかずとりにきてくれる?」


イオンの日曜日の立体駐車場で身動きがとれず、
パニックになって泣いて帰った。


スリッパを跳ね飛ばして、玄関で抗不安剤のワイパックスとモーズン飲んだ直後から、夜まで爆睡。


ああ。
せっかくのお休みが、何もせずに終わっちまったよ…





そして…。
8月9日には最大のピンチが訪れたのでございます。


規格外のお葱を大量にいただいたので、
お裾分けする友人たちに連絡しなくちゃと考えていたら、さとこのスカスカな頭の中は、そんだけで容量オーバー。


帰りに回転寿司で晩ごはんして、冷や酒を若干嗜んで。

後は寝るだけだよーん。


ほろ酔いで帰って洗濯をしようとした時、一瞬で酔いが覚めたさとこ。


着替えた汗だくの服はどこだろう。


Tシャツと、
モンペと、
そして、ブラジャー。

ブラジャーは、ウィキペディアで検索すると、英語では brassiere。ケベック・フランス語ではbrassièreです。


それらは、きっと今頃、悪臭を放つすさまじい存在感で、ネギ工場の明るい電灯の下に鎮座しているに違いない。


さとこの血の気がひいた。


工場には、まだ二人の会社員さんが、出荷準備で残っているはず。

汗と泥とネギの皮にまみれたブラジャー(英: brassiere。ケベック・フランス語:brassière)を見て、腰を抜かしておられるんじゃなかろうか。


ぱにーニィ 「えーと。ワン等、明日は休みだから、取りにいかないとマズイよね。」

うん。
だって、明後日お仕事行って、もしも、ブラジャー(英: brassiere。ケベック・フランス語:brassière)がくっさいままで干してあったら、さとこ、生きていられません。


考える暇もなく、今帰った道を、再び引き返す。


40km×2往復。


当事者のさとこでさえヘトヘトなのに、巻き添えをくったぱにーニィは何と不運なことか。

酒気帯びのさとこに代わり、黙々と運転している。


わーん。
すんません。


気が遠くなるほど永遠と思われた道のりの果てに、工場に到着。


問題のブツは、さとこが突っ込んだ茶色のビニール袋ごと、使っていないカランにぶら下げてあった。


ひったくり持って叫ぶ。
「ありがとうございましたー!」


大した事件ではない体で、すたこらと走り去った。


…安堵。

いやいや、安堵ではないぞ。

明後日、どんな顔で出勤したらいいのかな。


てな調子で、どこまでもへっぽこな日々を送るさとこでございました。

関連記事
[2016/08/16 00:23] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
はてるま父のダブル受診と、お盆に向けてのカウントダウン。
7月末、はてるま父、ダブル受診。


脳神経内科Y病院で側頭葉てんかんの診察を受け、
終わったら、医療センターで過敏性腸症候群の診察のハシゴです。


側頭葉てんかん自体は、痛みのある病気ではないから、
義父にとって、抗てんかん薬エクセグランは必要性を感じないお薬。


前回、医療センターで、「Y病院の薬がエラくてかなわんです」と訴え、相談するように言われていたから、主治医に報告します。


「まだ増やせるぐらいだから、大丈夫。今の量で続けましょう」
と言われたとたん、
義父、今度は、
「医療センターから出される薬が、エラくてかなわんのですわ。」


笑。

女心と秋の空よりも変わり身が早いぞ。


なんか処方してもらいたいらしく
「血圧が低すぎてふらふらしてエライので、薬をもらえんでしょうか」


Y病院主治医 「どんな感じですか。スポンジの上を歩くみたい?医療センターに行かれるなら、そちらで聞かれてもいいかもしれませんね」


んで、医療センターでは、
「血圧が低くて、スポンジの上を歩いているみたいなんですわ」


義父、暗示にかかりやすいタイプです。


下剤のプルセニドを早々と飲み切ってしまった状況を説明する義母を一瞥し、
ハンカチで目をぬぐいながら、むせび泣く。
「叱られてばっかりです。結婚するまではこんな奥さんじゃなかったのに…」


先生・インターン学生2名・看護師さん2名と、義母・さとこの総勢7名が 「わっはっは!」

義父、ユーモアあるなあ(笑)


ガスコンを多めに処方してもらい、とりあえず納得。


腸の活動を抑制するお薬と活発にするお薬のシーソーゲームですよ。


さとこ、催眠術の勉強しようかなあ。

お薬に依存しなくなる術、なんちて。



売店のセブンイレブンで、とおるちゃんにこんなスイーツを買って帰りました。

あざらしスイーツ





そして、8月10日はお休み日。
今日を逃したらチャンスはないぞ!

さとこ、ふいに思い立って、はてるまに帰ることにしました。


お茶菓子を段ボール一箱。
はてるま父好物のたい焼き。
はてるま母も、たまには家事の手抜きができるように、お昼のお弁当。


食材なんかを1万円分買い物して帰ったら、
おこづかい1万円もらっちゃったよ~ん。

差し引きゼロ!


きゅうりの佃煮や、採れたてのトマトで昼食をいただきました。

収穫したてのあいこ

義父は、受診以来絶好調で、他家から外仕事を引き受けたりしていたらしいんだけど、
さとこが帰ると、「薬を追加してもらうから薬局に連れてってくれ」と支度を始めた。


おとーさん、お医者さんの処方箋がないと無理ですよ~(;^ω^)
今度の診察まで待ちましょうね。


ありゃりゃ~。
ガスコン、もう飲みきっちゃったのかな~。

やっぱ、さとこが帰らないほうがいいんでないの?


はてるまのお墓参りを済ませた帰り道。
もらったシブキを里に届け、
義母実家のお墓へも足を延ばしてみました。


あらっ。
隣の空き地の草が抜いてある。

あらっ。除草済。


空地の反対側にある墓地が除草したてだから、一緒に抜いてくださったのね。
ありがとうございます。


カビ取りハイターで、墓石の彫刻文字の苔を浮かして洗い流し、さっぱりこ。

さあ、これで、お盆に帰れない罪悪感も、若干薄れましたです


はてるまから、きゅうりの佃煮や、トマトや茗荷を
里からはモロヘイヤのお浸しとオクラと紫蘇をもらったから、

今夜は、ぱにーニィんちの半額かつおのタタキを解凍して、久々おうちゴハンです。

きゅうり佃煮・モロヘイヤ煮物・ネギ炒め

規格外ネギも、薬味と炒め物に。

柔らかくて甘くて美味しーい!


気になっていたことが解決すると、胸のつかえが取れて、久しぶりにリラックスですにゃ。

関連記事
[2016/08/13 05:01] | ・お医者さまの管轄 | page top
チームらすからーず、ネギのお仕事、ご紹介します。
ネギ社長から、さとこ、お盆は8月11日から毎日出勤してほしいと依頼されました。


一人入院、一人退職で、ぱにーニィとさとこにSOSの声がかかったわけですが、
ぱにーニィを含め、このお盆はなんと、三名のお宅が初盆らしい。


恒例の、義母の里のお墓掃除が11日か12日だけど、義母姉妹、行く足が確保できるかな?

聞いてみたら、「何とかなる」との返答でした。


さとこがお休みに行って事前のお掃除を済ませちゃえば、義母姉妹はゴミを持ち帰らなくていいから助かるかな。


お墓には除草剤を撒いてるから、草はほとんど生えないし、
花立ての枯れた花を捨てて、ハイターで苔をとるぐらいで、とっても楽ちん。


社長さんに、「出させていただきます」とお返事しました。


内心、「やったー」


お盆は、『とおるちゃんは死んだ』という現実を突きつけられる季節。


帰ってきてくれるのは嬉しいけど、いないことを思い知らされるのよね。


気持ちの持っていき場がなくて
ごろんごろんのたうち回りながら日々をやり過ごす苦しみはずいぶん和らいだのですが。


でも、やっぱ、こういう年中行事ごとは、帰省ラッシュや、里とはてるまの往復やらが追い打ちをかけて、ものすごく消耗する。


没6年目にして、今年のお盆は、とおるちゃんの死と正面から向き合わなくてすむわ。


ゴメンねとおるちゃん。
代わりに、ケンタッキーフライドチキン買ったげるから。






さて、ネギ社のお仕事、常勤先輩方は、ほぼ毎日やっておられるわけで。

熱風と砂埃とネギ臭にまみれる日々。
大変だろうなあ。


へっぽこなさとこたちには、連日は無理ですよ。


ぱにーニィが準備に入ったので、ちょっと『白ネギの調整』のお仕事をご紹介いたしましょう。


まず、ネギのサイズによって仕分けるシートを用意します。

各サイズ用のシートを準備


太いのがL。 315g以上で3本一組サイズ。
やや太めがL4。 300g以上で、4本一組サイズ。
Mは、5本~8本束にするやつ。
2cm以上曲がったものは、優品扱いでございます。


センサーにかざして、エアーガンでブシュッ!

センサーに当てて

皮が飛び散ります。
シャアアアアアアア!

目にも留まらぬ早業

分類して、各サイズのところに並べます。
スチャッ。

置く

根が腐っていないか、
5センチ以上の葉っぱが3枚揃っているか、
緑の部分が長すぎないか、
葉っぱがムシクイでないか
厳選。


こんな品質基準一覧を見ながら、チェックするのですよ。

品質確認


責任重大ですよ!
だって、一覧の下に、こんな一文が。

border=

『産地の評価はあなたの荷から!!』


ひいい。

チームらすからーず、評価を落とさないように、がんばりますぅ~。


ぱにーニィも仕事人の顔になってますよ!

きりり。

仕事人の顔
チェック!


そして、ぱにーニィ、
入念にチェックするあまり、1本ずつ匂って確かめております。

…野生?
関連記事
[2016/08/12 04:56] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
夏真っ只中を感じるおさかな、ダンダラちゃん。
夏休みに入ってからというもの、6時20分になると、ラジオ体操の出勤カードをぶらさげた子供ちゃんたちが大量に湧いて出る。


うわー。

歩けば当たるぐらい沢山いるね~(この表現は不適切ですが)。


7月13日からこっち、いろんなことが重なりすぎて
ほぼ1カ月、全く外出しない日がない状態が続いていた。


おまけに流血リハビリパンツ週間だから

リハビリパンツ+コルセットで、
もー。やりきれない。


ウエストからオムツかぶれで、ベルト締めるとヒリヒリするゥ!


ぱにーニィはその点、いいよな。


ぱにーニィも、尾っぽの上あたりが褥瘡みたいになってんですけど、

腰にじょくそう

アロエ軟膏塗って、上からティッシュをぺんって貼りつけて、ハイッ、出来上がり。

ティッシュのしっぽ出てます(笑)
  ↓
処置済み


ライブの日だって、暑いからって、パンツにアロハインしちゃって、
いーなー(笑)

ぱんついん


今月に入ってからは、今日が3回目のお休み日です。


1日おきにリセット日を作らないと、疲労で全身の筋肉が硬直していたさとこでしたが、
それなりに動けているよ。

強靭になったものでございます。




さて、5月あたりから出回り始めてるお魚、ダンダラちゃん。

赤ちゃんの時はツンツンつついたり齧ったり、いじわるで苦手だけど。


おっきいの一尾より
ちっちゃいの二尾のほうが、美味しい部分が二倍で
断然お得よね。


当然、塩焼きに。

だんだらちゃん

オーブントースターで、じーりじり。

贅沢に2ぴき


肝と卵と心臓だけは、お酒と塩でレンチンしてみました。

初だんだら


このくちばし!

すごいくちばしだなあ

文鳥みたいでチョー可愛くないっすか?


表情を変えてしばらく遊ぶ。


ダンダラ歌いまーす。

わーれはー うーみのーこー しーらなーみーのー♪

あーん 

そして満面の笑顔。

うふふ。


あたし、ヒレも美味しいのよ。
パリパリで、皮がねっとりむっちりしてね。


そして、こんなちびちびタイが入ってました。

イシダイのタイ 

いっちょまえな形です。

だんだらちゃんにも、ちびっこタイが


美味しく楽しく、完食。


ごちそうさまでした

関連記事
[2016/08/11 04:46] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
猫にはまたたび、さとこには。
ご近所の白にゃーさん。

24時間フレンドリー


深夜だろうが、明け方だろうが、24時間サポートのフレンドリーさですよ。

おはよ。朝のご挨拶


S県M市税理士事務所のご近所にゃーさんは、
目が合っただけですぐに逃走モードなので、
望遠盗撮です。

ご近所ねこさん


マタタビをすり込んだシャツとか着てたら、近づいてきてくれるのかな。


さて。

ヤク中さとこ、長い間封印していた禁断のお薬に手を出してしまいました。


そのお薬は、これ。
  ↓
頼りがいがある小瓶

キャップを外して深呼吸。

むふーう。

うっとり。

これ、とおるちゃんが管理してましたの。

「はむちき」と手招きされて、飛んでいくと、おもむろにキャップ開けて嗅がしてくれてましたが。


一度嗅いでしまうと、もうダメ。

エンドレスで何も手につかないのです。

正露丸、常習性があるよ!


こっちの、置き薬会社の正露丸は、ぱにーニィ秘蔵の逸品。

製造年月日の印字すら定かでない年代物で、
強烈な刺激臭が、さらに熟成されています。

熟成済み 嗅ぎ薬

こんなして、少量ずつ小瓶に入れたやつを、各カバンのポッケに1個ずつ。


きゅきゅっと開けて深呼吸して、
きゅきゅっと締めて
きゅきゅっと開けて深呼吸して、
きゅきゅっと締めて
きゅきゅっと開けて深呼吸して、
きゅきゅっと締めて。


「臭っ!誰か正露丸飲んだの!」って時、
あなたのお傍にさとこが紛れ込んでいると疑っていただいて、ほぼ間違いないと思います。
関連記事
[2016/08/10 04:40] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
壮大な妨害に、さとこビックリー。
広島に原爆が投下された日から71年目。

夢見が悪くて起き上がれず、黙祷に間に合わなかった。


先日、自治会の夏祭りに伺ったので、その記憶が鮮明だったためか、夕べのカラオケボックス強化練習のせいか…


カラオケボックスのお部屋の壁のしみが、ねこさんソックリに見えて、写メ、パチリ。

どうです?
  ↓
壁のシミが






今日は18時から湖畔で野外ライブ。

ぱにーニィとスケジュールが合わず、さとこ、ピンでの初ライブとなる。
わー。どうしよう。


会場となる芝生では、短編映画を鑑賞しながらバーベキューを楽しむイベントが行われていた。


残った食材を撤収しないといけないけど、こんなにたくさん、どうしよう。


キャベツが半玉。
お徳用粗挽きウインナー2kg。
しまった、千切りキャベツの出し忘れがどっさり。
もやしは…。腐っちゃう寸前じゃない?



ぱにーニィ 「きのう、税理士会で話題になってたらしいんだけど、
今日のライブ潰す計画があるみたい。
だいじょうぶ?」


そんなん、だいじょうぶなわけないじゃん。

でも、チケット売れちゃってるのに今更やめられない。


雫が顔に当たり、空を仰ぐ。

熱風が吹き荒れたあと、大粒の雨が降り始めた。


あっ。さとこの衣装のズボンがめった切りにされている。

困ったぞ。

着替えを買いに行くのが先か、
もやしを冷蔵庫にしまいに行くか。


そして、問題はそれだけじゃない。



曲目、何にしよう。


実は昨日準備しておいた楽譜と機材がごっそり見あたらないのよね。

ぱにーニィに持ってきてもらおうと電話しかけるんだけど、
次々用事が入って、時間は過ぎるばかり。



浴衣姿の若い女性が集まり始めた。


あれこれ悩むさとこのそばで、
里の母が

「あんた、いったいどうするつもり」

「みなさまをお待たせさせとったって、だめでしょうが」

「傘の準備もしてないの」

「あんた、椅子並べぐらい手伝ったら」


わたしだって困ってるんだよ。
もう!
ちょっと黙って考えさせてくれない?



耐えきれず、「2度と来ないで!」と悪態をついた。


ライブ会場が喫茶店にお引っ越しとなった。


お客様に軽食とフリードリンクが用意してもらえて、マスターの配慮に救われる。


リハーサルもできないまま、時計の針は、もう20時を指しているよ。


オープニングで謝罪。

お客様から「だいじょうぶ、まだ19時よ」の声。


なんだ、時計が1時間進めてあったのか。


1曲目を弾き始めた途端に、どこからかヤジが飛ぶ。

「引っ込めー!」
「間違ってるぞー!」


浴衣の女の子達が曲に合わせて大合唱でフォローしてくれ、なんとか一曲弾き終えた。



2曲目に入ったら、ヤジ部隊が楽器を出してきたよ。

ドラムスティックがへし折れんばかりのハードな演奏が始まった。

fullボリュームの轟音が突き刺さる。


ぱにーニィ 「ミッドレンジがMaxで針が振り切れてるよ」


ひいい。

なんも聞こえへーん。


なんぼさとこがヘタクソとは言え、この言動は、度を越しているんじゃないの。


自分の調弦が全くできないので、あっさり退く。
「みなさん、ごめんなさい。」


さとこ、完敗だ。


嘲りを背に、復路の水上バスに乗る。


悪意のまなざしを感じて振り返ると、
後方の水上バスに敵意むき出しの人たちがさとこの船を追い抜こうと、脱いだスリッパで全員で水をかいていた。


さとこに水しぶきを浴びせながら、あっと言う間に遠ざかる船影。


ここまで全力でいやがらせするなんて、すごいエネルギーだなあ。








そんなわけで、目が覚めた時には汗だく。

ある意味、爆発炎上よりもドキドキしました。


うわーん。

できることなら、今日のライブ、やめにしたい…
関連記事
[2016/08/08 04:59] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
初心を忘れた危機的状況のさとこ。
ありがたいことに、イベント続き。


元バンドで夏祭りに参加させていただいて、
楽しかったけど、長時間の音の渦に晒されたので、久々にダウン。


その翌日が、ぱにーニィがリーダーのバンドでのS県М市でのライブだった。


疲れが回復しないのか、朝からやけに気が遠くなるな~と思ったら、
52日ぶりの流血沙汰ですよ!


なんだよ~。
アガッタんじゃなかったのかよ~


最近、イジイジしちゃって、じっとしていることが出来ず、横になっていても車の中で座っていても、
ジタバタ、ジタバタ。

まるでキンチョールを浴びたゴキブリさん状態で、仰向けに丸まってぐるぐる回っている。
てっきり更年期障害かと思ってましただに。


さて、流血の中で終えたこの日のライブ、とっても楽しいイベントだったのですが、
ぴよ子さんが撮ってくれたビデオを見直して、大ショック。


さとこ、なんて薄っぺらいんだ。


へたくそなのはまだいいのよ。


調子が外れようが、
声が上ずろうが、

そんなことは日常茶飯事。


ところが。

心はどこへ行った?


「とりあえず歌っています」的な。
「じょーずに聴こえる唄い方、思案中です」的な。


…愕然。


カラオケ教室の長持ち唄の特訓で音域と声量が上がっちゃって、危うい感じがなくなったのかな。

パーカッションの風猫氏がいてくれることに安心しきっちゃって、ぽやーんとお気楽に歌っちゃってんのかな。


『風が生まれる島』の神人が、「さとねーねーの唄はへたくそでも、心を打つ」と言ってくれていたのに。(これって褒め言葉か?慰めか?


人頭税に戦争に震災。
つらさと哀しみが澱になって、掬っても掬っても泡がふつふつ沸いてくるような唄を目指していたのに。

歌詞がわかんなくてもニュアンスは伝わるような。


それなのに、
一曲ずつに向き合う姿勢を、いつの間にか忘れちゃったみたい。


スッカリ自己嫌悪…


来週もライブです。
早めに練り直さないと、このままでは、次、歌わしてもらう勇気ないよォ~(涙)


間に合うのか、さとこ。
関連記事
[2016/08/05 03:15] | ・キヅキ | page top
チームらすからーずの ねぎくさな日々。
さとこです。

完全防備


ネギ社、二日目でーす。


習ったのは
ネギの皮剥き作業と
選別・根切り作業。

準備開始


スタッフは、畑管理1名、選別・根切り作業2名、出荷1名、皮剥き作業が4名となりました。


でも、さとこはゴハン食べちゃうと気力が途切れるから、
みなさんのように8時~17時のパターンは無理。


てなわけで、ぱにーニィとさとこ、13時から17時までみなさんと皮剥き作業をし、
その後で、20時までは翌日用の選別・根切りをさせていただくパターンで。


センサーにネギを1本ずつ当てると、ぶしゅーっと3方向からのエアーガンで皮がはぎ取られ、
剥いた皮は、台の向こう側に設置したネットスタンドのネギネットに入る仕組みです。


昨日の今日でこれなら、筋がいいと褒めていただいちゃったよーん。

だってね。
これ、チョー面白いのです。


エアーに向かってネギをくるくる回すと、
チャウシンチーの映画『小林サッカー』でおなじみの、必殺シュートで服が吹き飛ぶのとそっくりに一瞬で皮が剥がれる。

あれ、CGかと思ったら現実にあるんだー。


エアーを当てる部位や方向をうまくコントロールしないと、
皮だけでなく、ネギ本体が壊滅的に粉砕しちゃうから、熟練のみなさんのようには迅速にいきませんが、
慣れてきて、少し安心。


そして、さとこ、この感覚、初めての気がしない。

生まれるずっと以前から知っていた気がするのです。


エアーガンの突風を浴びながら
モモンガだったに違いない前世に思いを馳せる


ネギをくるくる回しながら
リスだったに違いない前世に思いを馳せる


細かい泥で、鼻の穴真っ黒。
花粉用ダテ眼鏡の形に顔に黒いすじ。

ぱにーニィ 「小鼻がクッキリして漂流教室みたいで恐い…

マスク真っ黒けっけ


ははは。 

すんません。


見学に行った日から喉が痛くて熱っぽいのは、風邪じゃなくて泥が原因なのかな?

pm2.5とか、たっぷり混ざってんでしょうし。


さっ。
お掃除、お掃除。

終ったらお掃除ィ


あこがれだったファッショナブルなモンペスタイル、決まってますでしょ。

群馬のラテンバンドの某ギタリストブロガーさんとおんなじポーズだなあ。

親近感持っていいすか?(笑)


明日の朝一仕事用のネギを12~15巻き作ったところでお時間です。

今日はこんなもんかな


ぱにーニィ、エプロンとズボンを洗濯したら、一緒に洗ったタオルたちがねぎ臭で大変なことになったそうだ。

ぱにーニィ 「え?俺じゃないっすよー!濡れ衣っす!って感じだったよー。」


笑。


取りあえず、こんな感じで、新しいお仕事に挑んでまーす。
関連記事
[2016/08/01 08:17] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
| ホーム |