チームらすからーず、農業に従事する。
さとこ、小さい時からごく近年まで、ポッケの中にティッシュに包んだ煮干しが入っていがち。

ドライブに行くと、車中でスルメや貝ひもやメザシをあむあむ食べるから、
亡夫とおるちゃんから「オメエはねこ臭え!」と怒られていた。


ついたあだ名は
 
 ねこくさ さとこ。


でもね。

さとこは華麗なる転身をとげますの。


今日からわたしは

 ねぎくさ さとこ。


白ネギ会社のお仕事をすることになったのです。


経営者は、ぱにーニィが懇意にしているT・S税理士さん。

その昔、ぱにーニィに、「俺のツレがT大学の教授やってるから、お前、大学院に行って税理士の資格をとれ、俺が学費と生活費を出すから。」と勧めたんだけど、
ぱにーニィのお母さんが猛反対だったため、立ち消えとなった。


そのT・S税理士さん、夜逃げしてきた友人の為にネギ会社を設立して、今まで税理士事務所と二本立てで切り盛りしていたら、
過労で畑で倒れちゃったほどの多忙ぶりらしいのです。

更に先日、スタッフが二人抜けたとのことで、
ぱにーニィとさとこ、急きょ、ネギの調整及び出荷を覚えることになった次第。


素人なんでも屋さとこ、今度は、農業に従事しまーす!

それでは、行ってまいります~
関連記事
スポンサーサイト
[2016/07/20 10:33] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
お洒落の理由。
今日は、ライブです。


久しぶりにペディキュアをしましたのよ。

おほほほほ。


なんでかってーと。


S県M市税理士事務所の帰りに寄るラーメン屋、『RR亭』さんがね。

背脂でもネギでも、なんでもかんでもお好みで抜いてくれるけど、
妙に熱くって。


メニューの一角に、
こんなふうにね。
 ↓
これ、抜いてもいい

「情熱 抜けません」

…いやいや、そこを抜いて欲しかった


なんと、ラーメン屋さんなのに、駐車場に入ると、玄関前でお出迎えされるのですよ!


「いらっしゃいませー!」なんてドアに手をかけて待機されちゃって、小市民さとこは「た、たいへん!早く入らなきゃ、お仕事の手を止めてもらっている!」とビビる。


清算の際も、レジを挟んでお礼の述べ合いとなり、続いて、玄関から出てのお見送り。

各所配置の店員さん全員から、利用客の背中に向けて口々に感謝の言葉が浴びせられるというセレモニーも、同時に行われる。


さとこの場合、これが冷や汗ものでして。

「あ、いや、どーもどーも。こちらこそありがとうございました、どうぞ、お入りになって」なんて早口で口ごもりながら後退りしてたら、
駐車場の縁石に躓いて、

さとこと店員さん同時に 「アッ!」


てなわけで、血豆できた。

それが何か月も消えないから、塗りつぶしてみましたのー。

血豆


写真では反射してわかりにくいけど、
かなり厚塗りしても、乾くと黒地が出てくるな。

ペティギュア、いっそ、黒の方が良かったかな?


S県M市の『RR亭』さん、
明るくて頑張りやさんで可愛い店員さんばっかりだし、ラーメン美味しいし、梅干し「ご自由にお取りください」だから通ってるけど、

全力でサービスされることに慣れてないさとこにとっては、
ちっとばかし、居心地悪いのよね。

関連記事
[2016/07/17 04:34] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
今朝の夢は派手だったなあ。
公民館活動でお世話になる自治会長さん夫妻、
再婚してラブラブで、お金持ちさんで旅行好き。

苦労人だけど、夫婦で危機を乗り越えながら絆を深めてこられたそうな。


なにかとさとこを気にかけて、しょっちゅうお電話くださるのです。

初いちご

こんな手作りパンとか、採れたて苺やジャム、「あるから取りにおいで!」とか、
もらったばかりの新鮮なおさかなを横流ししてくださったり。

もっちり、いい香り

実食。


ダイスカットのチーズが入ったこれ、美味しかったね!


奥さんのふーママさんの口癖は。

「さとこ、お金はあるの?まだ若いんだから、定職につかなきゃ!
それか、お母さんや嫁ぎ先と距離を置いて、お金持ちと再婚して沖縄に行っちゃいなさいよ!
自分の幸せの為に、これからの人生を過ごすのよっ」


そこそこ幸せだと思うんだけどなあ、ワタシ。


んで、そんなアドバイスがミックスしたらしい、夕べの夢はってーと。
  ↓

  




港に向かってみんなが走っている。


空を見上げると、飛行挺がいくつも浮かんでいた。

変わったかたちだなあ。


一つ、また一つとドッキングして、巨大な龍の形に変わった。

体をくねらせ火を吐く。


地上は炎で舐め尽くされ、陽炎が立ちのぼる。


誰もいない。
みんな、一瞬で蒸発しちゃったのかな。






場面転換し、
広大な敷地を持つ材木工場。


山林地帯の斜面に、デッカイ純和風旅館ができている。


庭の日本庭園には掛け流しの露天風呂。

木の香りのお部屋や廊下からの眺望は見事だけど、
摩天楼のように高すぎて、突風にあおられ、
柱にしがみついていないと、びゅーんと吹き飛ばされる。


あ。
話し声が急に途絶えた。

きっと、誰か飛んでったね。


ここの掃き出し口、開閉自由にしてあっていいの?



とおるちゃんと泊まったことがある(らしい)この旅館、さっきの夢で、全焼したはずなのに、ちゃんと復活しているよ。

さすが大手の材木屋さんは、仕事が違うなあ。


どんどん拡張して、通りかかる度にログハウスなんかも増えていたけど、
道路から死角だから、知ってるひとしか知らない穴場なの。


当然、ぱにーニィも知らなかった。

道路に面したところに二軒増築されて、ようやく気付いたらしい。


一人用のコンパクタイプが 『瞑想庵』、
二人用のスイートなタイプは 『オシドリ夫婦の夢の茶室』。


…うーん。

このネーミング、
社長の感性がよくわからんなあ。






ぱにーニィとさとこは、高齢の男性の生活支援をしている設定らしい。


奥さんと、娘3人、孫息子が4人いるそうだけど、
若い人たちは独立し、奥さんと二人暮らし。


買い物同行や、ゴミを捨てたり、
安否確認や健康管理ってとこでしょうか。


ご飯のとき、ご主人、お酒のお相手にってさとこを誘うけど、
歯止めが効かなくて飲み過ぎちゃうから、長女さんは飲ませたくない口ぶり。

晩酌はお断りしようと決めた。


開き戸の中に、奥さん手づくりの梅酒の一升瓶が、ズラリと並ぶ。

平成2年から毎年一本ずつ。
26年物とかあるよ。


これ、寝かせておいたら、お宝だへん?


長女さんは、各界に名だたる女社長で、この地位を一代で築きあげた。

大豪邸に住んでいて、
「うちで働かない?」


なんと、おうちのエントランスに
 レーシングカーのエンジン無塵ウォッシュルーム
 美容サプリ展示販売ブース
 エステルーム
 銀行の出張所
が完備されていて、
ロビーには、たくさんのお客様。


息子4人も著名な方ばかり。

レーサー。 医師。 騎手。 銀行取締役社長で能楽師。


広大な敷地には、サーキットと馬場がある。


さとこが宅配カーでケータリングに向かうと、

芝生のガーデンテラスで、レースクイーンやモデルさん、上品な和装美人がお世話係をしていた。


末っ子の能楽師が優雅なしぐさでシャンパンを開ける。

「さとこさんも一緒にどう?」

いえいえ、勤務中ですから。


おひょー。
さすが、住む世界、違うわ。





目が覚めたら、肩がパキパキ。

よっぽど緊張してお仕事していたらしい。


しばらく思案する。
あのお仕事、さとこ、何日耐えられたかな。


続きが見てみたいさとこでありました。
関連記事
[2016/07/16 04:47] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
最近、嬉しいことありました。
ライブが近づいたので、マイクに慣れる練習に、カラオケボックスに行きました~。


あ!
時々見かけるカワイイヒトだ!

国道沿いの歩道を走っておられるので、いつも目で探していたのですが、今日こそ捕まえるっ。


先回りしてカラオケボックスの駐車場で待機。


オネガイシマース。
ファンなんです!写真撮らせてください!

飼い主さん、笑いながら駐車場に入って下さいました。


このヒト。
大好きなの。

ラスカルのリュック

いつもこのスタイルで走っているのよね。

背中のラスカルがぴょんぴょん弾んで、それはそれは可愛いのです。

間近で写真撮影♡


ありがとー。

見えなくなるまで連写しました(笑)

尻尾こくるりん。


カラオケボックス、フリータイム800円。
日中は500円ですが。


一通り練習し、ちょっとカラオケ物色したりなんかして。


あ。
雅楽戦隊ホワイトストーンズのテーマ曲まであるよ!

ご当地ヒーロー

北海道札幌市白石区だけの平和を守る、北海道テレビ放送のローカルヒーロー。

地理の勉強

わたしも好き

アイラブ白石

スカパーで再放送を発見して、とおるちゃんとハマっていたのよね。


テレビ見る余裕なくて、スカパーも停止しちゃってるけど、
最近、パソコンがフリーズしがちで、Yahoo!ニュースが開けないから、
ちょっとスカパー再開してみたいなあと、時々思ったりするさとこでありました。
関連記事
[2016/07/14 23:14] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ノーミソ沸騰の7月は、こんな感じ。
連日、あまりに暑くて、息ができない感じです。

さとこ、ちょーブルーであります。


疲れのせいか年のせいか、益々混乱が激しくなって、
物の置き場を一瞬で見失う。


だいぶんのポンコツぶりですにゃ。


防災無線で、町役場の宿直を募集しているのを知った。


歩いて通勤できるくらい近いし、申し込んでみたかったけど、

大事な電話を、間違って伝言したらどうしようとか、
施錠を突破されて個人情報が盗まれちゃったらどうしようとか、

いろいろ想像を膨らませちゃって、応募する勇気が出ない。



さてと。
ぱにーニィはどうしてるかな。


暑いから、こんなことです。

暑いので①

枕だっこ。
まるでラッコ。


相変わらず人間離れしてるなあ。


お掃除に行くと、大抵こんな感じで窓全開で寝ておいでますの。

暑いので②

なんか、つま先が可愛いよね。


掃き出し口に簾は吊るしてあるけど、夜通し電灯つけっぱなしで屋内の方が明るいから、
ご近所さんから丸見えですよ(笑)


一方、さとこは、

外で涼みたい
ドアを開けて空気を入れたい

と思っても、


子供ちゃんがいる一戸建てのおうちの前では、みんな花火やバーベキューやプール遊び。


パパたちは玄関でたばこを吸い、
さとこより若そうなおばあちゃんが、お孫ちゃんと庭で遊んでる。


わんこお散歩のご主人さまたちが、引きずられるように走ってる。


田んぼの農道のあちこちに、ノルディックウォーカー。


15時を過ぎると、ライダーキッズがわらわら登場しますし。


この町、こんな田舎なのに、
とにかく人の往来が多いのです。


さとこ、怖くてだめだよーん。


玄関から道路のごみボックスまでの200メートルを往復するにも、油汗でつゆだく。


夜も、皆さん帰ってこられる時間はまちまちで、
遭遇しちゃうと、ひとりになるまでごみ置き場の裏にしゃがんで待つか、巣にUターン。


徹底した不審者ぶりですよね(笑)



そんなこんなで、
最近お気に入りの場所は。
  ↓
クールポイント

ここ『ぱにーニィんちのシンク下』がさとこの別荘ですの。

とおるちゃんのぱんつ姿で台所に転がっているさとこも、
当然、ご近所さんからは丸見えであります(笑)


ぱにーニィが冷蔵庫を開ける度、冷気が下りてきて気持ちいい。

ぱにーニィが洗い物をする度、雨が降ってきて水しぶきが気持ちいい。

時々踏まれると、ケンビキのツボが気持ちよくて恍惚。



ただね。


一度涼みに来ると、今度は帰るのが難しいのよね。


ぱにーニィのアパート群、7棟もあるから、夜通し、車の出入りが多い。


車中でアイドリングしている人もたくさんおられて、さとこ、タイミングが計れず、玄関からまた這い戻って二度寝。


3時半~4時には新聞やさんが次々やってくる。

5時前には続々出勤していく働き者さんばかりでやけに賑わってるし。


道路は、農家の軽トラや自転車で、夜明けから銀座通りの呈。


30キロ制限なのに、みんなガンガン飛ばすしさあ。


わー。
こわいよこわいよっ。


道路への一歩が踏み出せず、くじけてぱにーニィんちに逃げ帰るか、
うまく道路に出られても、
走っているうちに自分でさらに怖くなって、涙目の全力疾走で巣までなんとかたどり着くかは、
その日その日が勝負です。


巣のドアに飛び込んで、深呼吸。


さとこには、この町は活気がありすぎる。


ここがとおるちゃんとの想い出の場所でなければ、もっとひっそりと暮らせる場所を考えるのですが。


関連記事
[2016/07/13 02:48] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ストレスの解消方法が、上手な人とそうでない人と。
6月の終わりのある日のこと。

はてるま父、医療センター受診です。


いつも待ち合わせするバス停で、義父母の到着を待ちながら、さとこ号の窓を拭き拭き。


PM2.5なんかな。
すぐにネバネバになっちゃうのよね。

きれい好きな義父が気持ちいい状態にしておかないと。


今日はいいお天気だけど、
バスから降りてきたはてるま父母は、
…あらら?

やけに疲れているぞ。


義母は連日の草刈り疲れだそうな。

義父はストレスで一層ガリガリになっている。


一週間前が脳神経内科Y病院の受診だったんだけど、
義父、「下剤がないから苦しくて死にそうですわ」と主治医に食い下がり、
せっかく中止になっていたプルセニドと、マグミットを処方してもらった。

ドクターも、目の前で夫婦げんかが勃発すれば、取りあえず処方してくださるしかないもんね


当然、腸の活動が活発になり、せっかく影を潜めていた脇腹痛が再発。


「病院に連れてってごせーっ!」も復活した。


「だけん、下剤は飲んだらいけんって言われたでしょうが!」と叱りつける義母と、
毎日、相当やり合っているみたい。


前回の受診時に説明された内容をおぼえてなくて、

義父 「おまえらがしゃしゃり出るから、わしには何の説明もない。」

義母 「わしは聞いとらん!おじーさんが説明してもらったがな!
さとよ、毎日これだぞ。助けてごせ~」


あはは~。


スマホで『過敏性腸症候群』を検索して見せながら、義父に自分の病気を納得してもらう。


義父、そうか!とうなづきながら、
「さとこさんよ、毎日叱られてみ。
えらいぞ。
薬はな、内科より精神科が必要だわ」

さとこ、思わず、クスッ。


義父、よく分かってんじゃん。


さとこ 「うん。だから、お義父さん、楽しいことを自分から見つけて、ストレス発散しないと」
義父 「いやあ、無理だなあ。近所のもんがうるさくて。」


公共交通機関の便も、身体的にも(発作は別として)、
自由に活動するには何の支障もないんだけど、
「田舎は不便で、ご近所の目も気になって、何も楽しいことがない」と思い込むことで、
愚痴を言うことを正当化したいのかな。


とおるちゃんなら、「じーちゃん、そんなことでどーするだ。しゃんしゃん外に出るだがな!」とか言って、ガンガン怒って引っ張り出してくれるんだろうになあ。


ベンチャーズファンの義父。

今度の公演、チケット買うから二人で行きましょうね。



さて、はてるま父、医療センターの受付機の扱いも、少し慣れてきて、
ゆっくりなら自分で手続きができる。


ま、隣で義母が「さっさとしまって。歩きながらでもできるでしょうが!」と考える間無しに急かすので、
すぐ混乱しちゃうんだけどね。


山根先生受診中も、
腹立ち紛れに日々の状態を報告した義母が退室すると、
「あんなふうに優しい奥さんなんで…」
と解説してた。(笑)


Y病院から処方してもらったプルセニドとマグミットについては、
調整しながら飲むのはいいということになった。


義父、続けて、「複雑部分発作のエクセグランを服用すると、頭がぼーっとしてエライ」と訴える。


エクセグラン錠の副作用の項目に書いてある、
「眠気やふらつき、けん怠感、無気力、判断力低下、食欲不振」。

義父は、お薬の説明書を胸ポッケに入れて毎日読んでいて、
自分には全部該当すると思っているのです。


他のお薬たち(下剤・眠剤・頭痛薬)は、全部自分が希望して処方してもらってるから、
当然、副作用なんか関係なし(笑)


山根先生 「今度のY病院受診時に一度相談してみて」

はーい。
まあ、今のMAX量になってから長いし、新薬が出ているのかもしれないしなあ。


とりあえず、医療センターからは、今まで同様のブスコパンと、頓服のガスコンが処方された。


はてるま父の目に、勝利の炎が宿っているぞ。
「さとこさん、ほらな。ばーさんはガミガミ言うが、下剤は飲んでもいいんだ。」


うーん。かなり曲解してはいるけれど。

義父母それぞれが、ドクターにある程度思いをぶつけられたので、
二人とも急に元気になりましたー。


清算後、売店に入ってみる。

医療センターの売店が、セブンイレブンに替わってから初めてのご利用でございまーす。


セブンイレブン初体験の義父母、品揃えが珍しいから大喜び。


3人で頭を突き合わせて悩みながら、初めてのコーヒードリップにも挑戦しました。


コーヒーブレイクのあとは、業務スーパーへ。

畑で飲む缶コーヒーや冷凍のお肉など、1か月分を大量買いです。


はてるま父も、自分が好きな野菜ジュースやふりかけやガムを選んで、ショッピングバスケットの中へ。


義父、寒がりのくせにお洒落さんなんで、薄着で生鮮食品コーナーに長く居られませんの。

義母にホカホカ焼き芋を買ってもらって、「おー。ええなあ」(笑)



さあ、お昼ご飯はどうするの?

近くのスシローに決めました。


えび好きの義父、エビメニューが多いスシローなら、混乱がなく安心。


アツアツの揚げ物も、回転寿司ならでは。

シャチホコ食べました。

しゃちほこ。

えびの開きの天ぷらです。


隣町の薬局で院外処方を受け取ってから、はてるまに帰還。


端井夫が、ワンコのお散歩中。

おねえちゃんとボク


左の女の子、内股で可愛いけど、関節が変形しているそうです。


後で買った右の男の子は、イワクつきでしてね。


端井夫の夢にとおるちゃんが出没し
「これからおまえん家に世話になるからよろしく」と言った日に出会って、
一目惚れで連れ帰ったワンコ。


だもんで、はてるまと端井では、
この子には、とおるちゃんが憑依して(笑)いると思ってる。


さとこは、「柴犬にしてはすんごい熱烈に愛情表現してくれるワンコだなー」と思っていたけど、
それはさとこにだけで、飼い主にもほかの人にもそんなしぐさはみせないらしい。

そんなことから、『右のワンコ=とおるちゃん説』は、すっかり定着しているのでありました。


二匹とも、何もない空間に向かって話しかけたりしてるから、とおるちゃんが見えているらしい。

いーなー。

さとこも見たいよーん。


端井夫、10年働いた職場を退職し、
来月から、町内の会社に雇用されたそうな。

今まで6時出勤のハードな時間割だったのが、
8時出勤に変わるから、ちょっと楽になるのかな。


さとこと同様、鬱病の端井夫。

ちゃんと上手に病気と向き合って、
もと会社の有休はすべて消化し、リフレッシュして再就職に挑む。


さとこも見習わなきゃね。
関連記事
[2016/07/10 02:49] | ・お医者さまの管轄 | page top
お片付けができる良い子になりましょう。
塀を修理する際にぱにーニィが購入した電気ドリルを借りて、
エアコン室外機の上に荷物がおけるよう、ベランダに棚を作りました。


木材とねじくぎで作れば、不要になったときに解体が簡単だから、
捨てても惜しくない、安くて丈夫な松の材木をチョイス。


ハウスクリーニングの予備品や園芸用品、自転車メンテナンス道具などを置く場所ができて、
とおるちゃんとさとこの巣は、若干広くなったです。


ボンベイサファイアの空き瓶もしまえる!

空き瓶キレイ

キレイなブルーで、四角くて使い勝手がいいから、捨てるに忍びないボンベイサファイアの空き瓶。


溜まる一方なんですよね。


棚には、雨対策で屋根はつけたけど、
風通しを良くしたいから、板で囲うかわりに遮光ネットをカーテンがわりに。


日影ができて、裏の田んぼからあまがえるちゃんが遊びにきてくれるようになりましたの。

棚の上に


可愛ーい。

ようこそ、かえるちゃん!


ぱにーニィのアパートも、徐々に荷物が増えて、窓を開けたくてもたどり着けない状態になってたので、
同じ棚をこさえました。


ご実家が留守宅になってしまったから、
ドロボーさんに荒らされないために、大事なものはアパートに持ってきているのです。

あんぷ置き場

なんと、シリアルナンバーが手書きという、
お宝マチレスのアンプも、すっきり収納。


おおっ。
久々に、ぱにーニィんちの床が見えるよーん。


ぱにーニィ、「目でみようとするんじゃない。心で見るんだよ」

いやいや。
そう言われてもね。
心で掃除機はかけられませんから。
関連記事
[2016/07/08 05:25] | ・明日のために、その壱。 | page top
虫さんとバイバイ。そして植物たちと過ごす日々。
S県M市税理士事務所のお庭。

四季を通してお花が咲く。


今は紫陽花がきれいね

きれいな紫陽花さん


春からこっち、けっこう続けて庭仕事に通わせていただいている。


ぐんぐん伸びちゃう草達と追いかけっこですよ。

ようやく土が見えた

せっせと草取りしてるけど、 どうせまたシルバーさんが来ちゃうのかなあと思ってたら、
今年は、先生、「してくれる人がいるから」なんて、
剪定まで断ってしまわれた。


それ、さとこのことですか。

ははは。

笑うしかない。


去年、かなり激しめに刈り取られちゃったお庭の木々。


立派だった楓の木なんか、枯れて丸坊主。


ツツジもお花三個しかつかなかったし、
名前がわからん庭木たちは、枝だけがひょろ~っと伸びて、虫の息。

ヒヤヒヤしてたけど、ようやく新芽が出始めた時にはホッとした。


ぱにーニィ 「シルバーさんが来られても枯れちゃうんだから、さとやんでも大丈夫なんだないの?」


設計士をやっておられる友人、 あぱなすくまつぎーさんから、
「枝切りは斜めに切らず枝と切り口が90゜になるようにすべき」 との鉄則を拝聴したので、
さとこ、庭木さん達のカットに初挑戦です


まずは、虫さんとバイバイしないとね。

お庭中、かいがらむしさんとてんとう虫さんが爆発的に発生してるのですよ。

かいがらむしさん てんとうむしさん


はてるま母に相談すると、『スミチオン』って薬剤が間違いないとのこと。

乳剤を購入し、除草のあと散布した。


そして、次に伺ったときに、初めての剪定実践。

当日、写真を撮り忘れたから、
その1週間後がこれ。
  ↓
玄関前 道の横

よかった。
枯れてない(笑)


こんなことしている間に、
あっ。
裏庭がボーボーな状態に。

うっそう。


せっせ。せっせ。

大体広く浅く

廃材と草で可燃ごみの山。

先生、持てるかな

廃材は、ゴミ焼却場に持って行ったのですが、
ゴミの持ち主である税理士先生が同行してくださらず、引き受けてもらえなかったのです。


ゴミは、焼いてしまったらもう取り返しがつかないので、たとえ車内でも、本人が必ず同行して承認しないと、受け付けられないそうな。

確かにもっともだ。


でも、問い合わせした時点で言い添えて欲しかったなあ。


てなわけで、税理士先生はひとりでふうふう言いながら、可燃ごみの日に出されたそうです。


さとことしては、刈った草は干からびるまで置いといて、次に訪問した時に袋詰めしたいのですが、
税理士先生は、その日のうちに片付かないと落ち着けないようなのです。

照りつける日差しでしんなりさせて泥をふるっても、どうしてもこんななっちゃうのよね。

おいしそーな草ばっかりなんだけど。


抜いた雑草に食欲を誘発される草食系女子さとこの、近況報告でございました。




関連記事
[2016/07/05 23:15] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
| ホーム |