チームらすからーずのDIY日記。③今度はもっと上手にできるかな

数日、雨が続いていましたが、今日は快晴。


瓦礫や割れた食器がガラガラ埋まっていた土地を掘り起こして、ぐったりだったぱにーニィの体力も、
若干回復したようです。


改めて、いくつかのハウジングセンターの波板を見て回りましたが、
3尺(910cm)と4尺(1220cm)はあっても、
旧トタンと同じ1070cmサイズは市販されていないことを確認しました。


切ったにしては断面が揃ってるし、むかしは、こんなサイズが定番だったのかなあ。

なんせ、82歳の先生の、お母さんの時代に作った塀だそうだから、
柱や横板の木材の質は、ハンパなく上等。


釘も曲がっちゃうぐらいだけど、何の木だろう。

タールでも塗ってあれば腐らなかったんだろうに、もったいないなあ。

裏側


税理士先生に改めて意向をお尋ねしてみたら、
高さが揃っていれば、色や材質は気にならないそうな。


こんな感じで

傾いたままびくともせず

「でも、先生、元の柱も、壊れていない部分も、それぞれが傾いてしまってるので、
低い方に合わせると、ここはどうしても6cmの差が出てしまうんです~(;´・ω・)」

税理士先生 「それなら、しかたないじゃろな」


良かった。
このまま作業を続けることになりました。


電源とって…


でけた。

完成!


裏側はこんな感じ。

裏側は


初めてにしちゃ、それなりにいい感じだと思うけどなあ。


残っている方の腐った主柱の下にも板セメントを敷き、これ以上沈まないように処置。


歪んだ木枠が調整できたので、
頑丈な蝶番を付け直した扉も、開閉がスムーズになったよーん。

ドアも付け直し


先生に見ていただいたら、
「おうおう、良んなった、良んなった」


笑。

直したわけではないけれど、
横の長さの割合が大きくなったから、パッと見の段差の不自然さが解消されたんだろう。

最初から、完成するまで見ていただかない方がよかったんかな。


とりあえず、満足していただけたようで、チームらすからーず、安堵です。





そして、その後も。


税理士先生からSOS受信。
「納戸のガラス戸が開かんのじゃ。いっぺん、見てくれんかの」

崩れおちてくる道具類とネズミちゃんの仕業の後を大掃除ののち、
モリブデン(超極圧潤滑剤)を塗布したら、カラカラ開いた。


税理士先生からSOS受信。
「なんと、押し入れの棚が落ちたんじゃが」

これまた荷物を取っ払って修復。


パンクした手押し車のタイヤ交換。
ホースの修理。


チームらすからーず、ほんとに、素人よろず屋だなあ(笑)


そして、今度は、税理士先生、
「庭木の剪定、シルバーさん断ったから。」


剪定!?


これまた未知の分野ですぞ。
「はーい、これからカットしますよ~。キレイになりましょうね」とか声掛けしたら、
植物たちも、ドキドキしないから
ダメージ少なくて枯れないんじゃないのかな。


さあ、YouTubeで剪定と消毒の動画を、片っ端から勉強です
関連記事
スポンサーサイト
[2016/05/28 00:50] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
チームらすからーずのDIY日記。②さあ、日曜大工を始めよう!
ハウジングセンター回りで、いくつかのパターンを考え、資材を写真に撮った。


税理士先生に、どの方法がお望みかを尋ねるが、「あんたたちに任せる」と、相談に乗ってくださらない。

ぱにーニィが、実際に見て判断していただこうと、ハウジングセンターに誘ったけど、車から降りられなかったらしい。


困ったなあ。


DIYは好きだけどへなちょこのさとこと、
解説とパソコンの頭脳派業務が得意分野のぱにーニィ。


この二人が初挑戦でできる範囲で、
道具類もわざわざ買い揃えなくてもよくて、
なるべく、残ってる部分との違和感を抑え、
なおかつ、倒れても危険が少ない塀を作る。


さあ、着工ですぞ!


作業中、ずっと側にいたすずめちゃん。

飛べないのかな

飛ぶ練習中に落っこったのかな。

猫さんに獲られなきゃいいけど。


先ずは、風でトタンが飛んでってしまった、200㎝のこの部分から修復しましょう。

この辺に柱を立てて…

横板貼って

応急処置で打ち付けていた古い波トタンをもう一度剥がし、
横板を渡して、
10年保証付きプラ波板に張り替える。


3分の1が完了しました。

飛んでったところはこのように

柱自体が傾いているんだけど、びくともしない頑丈なつくりなので、そのまま使用。



さて、のこり3分の2。
残っている柱から、隣家との壁までの距離、380㎝です。


束石を設置し、柱を立てましょう。


もとの柱は立派な15センチ角材だったけど、そんな大黒柱みたいなの、今時、いくらするかわかんないから、
6センチ角のラティス用柱をチョイス。


これなら、金具パーツが売っているから、束石にモルタルで固定することができる。

強度に関しては、本数を2本から5本に増やすことで対応することにした。


束石を入れるための50センチくらいの深さの穴を掘り、砂利を敷く。

砂利を詰めてゴンゴン 束石設置

セメントとモルタルとコンクリートの違いもわからなかったさとこ。

セメント+砂=モルタル
モルタル+砂利=コンクリート

だったんですね!

ヨシ、覚えたぞ。


初めてのコンクリ作りでーす。


水平器で調整しながら、束石をまっすぐに置き、
金具をはめた柱を立てて、束石の回りをコンクリで埋める。

柱と束石の隙間には、モルタルを塗り込めました。


これなら、たとえ大風が吹いても、
柱が折れるだけで重さはたいしたことないから、人が下敷きになる危険性は回避できるんじゃないか?


また腐って倒れないように、木材すべてに防腐剤を塗布。

防腐防虫剤塗って


L字の金具を探してきて、柱の一方に打ち付けて強度確保。


取り付けたあとになってから、他のハウジングセンターで、こんな目立たないパーツも発見したけど、
ドリルで穴を開けないといけないから、非力なさとこには使えません。

軽くて丈夫そうね

補強

仕柱用の杭もしっかり打ち込み、主柱に板で固定する。


コンクリが固まらないと次に進めないから、今日はここまでだね!


頸椎狭窄症と腰痛持ちぱにーニィ、
束石用の穴掘りと、仕柱用の杭打ち作業の連続で、
立っているのもやっとの状況。


税理士先生に、出来たとこまでの説明と、今後の計画と必要な材料を説明する。


ぱにーニィと先生、強度確認のために、柱を思いっきりゆっさゆっさ。

ありゃりゃ、せっかく固まりかけたセメントが…


まあ、また上から固め直せばいいからね!(笑)



へとへとになっての帰り道。
税理士先生から電話がかかった。


新しくつけたプラ波板は、以前のよりもサイズが短くて見劣りするから、
壊れて外した方の鉄の波トタンに貼り直してほしいとの要望。


あの強風で、駐車場に飛んでった、15センチ角材の柱さえなぎ倒した重たい波トタンのことですか?


鉄の柱と、ブロック基礎工事からしないと絶対無理だし、そんな道具も足場も技術もないですよ。


ぱにーニィ、ガックリ。
「相談しても、任せるの一言で、耳を貸してくれなかったのに、なんで今になって…。
それなら、お金がかかっても、大工さんに塀全部を作り直してもらったほうがよかったのかな」


絵面と価格に価値観を感じる、高度経済成長期を支えた世代だから、素人のDIY施工では満足されないのか!

とりあえず、ここまでやっちゃったんだもん。
進むしかない。


今夜のぱにーニィ、荒れておりますよ!

さとこもお付き合いいたしましょう。


今夜のアテ。

半額高菜のしめさば巻きずし。
高菜のしめさば巻き半額! 

ぱにーニィ特製叉焼とお吸い物。
小松菜のお澄ましと、煮豚試食会

シナチクとターサイときくらげともやし炒め。
スンシーとタ―菜ときくらげとまーみーなー


じゃんじゃん呑んで、荒れてやるゥ~!


関連記事
[2016/05/21 03:57] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
チームらすからーずのDIY日記。①
ゴールデンウイークのこと。

どえらい突風が吹きまくりました。


ぱにーニィと、イオン駐車場で久しぶりに車中練習していたら、
農作業しているご婦人が、畑で使うマルチにあおられて、転びそうになっていた。

危ないなあ。


そういうラスカル号も、もしかして片側の前足と後ろ足浮いてない?って感じでしたが。

車中練習の図


S県M市税理士事務所の駐車場、
車が止まっていないときを狙って除草剤を撒いてしまいたい。


翌日はお天気になったから、行ってみることにした。


この日も、高速道路は強風で50キロ制限。


S県M市税理士事務所に到着してみてビックリこ。

木の柱とトタンでできた塀が、壊れかけている。


風にあおられ、バタンバタンとすごい音だ。

ご近所さんが心配そうに出てきて見守っておられたが、ぱにーニィが来たので、安堵の表情。


なんと、トタンが一枚、引き剥がされて落ちていた。

と、隣の駐車場に車がいない日で良かったー


庭に出て来られた税理士先生に、「先生、こりゃあぶないですよ」と言っている後ろで、割れるような音。


振り向いたら、黄色の矢印の部分の塀が倒れたところだった。
 ↓
ぶっ飛んだ場所


裏口の扉も、蝶番が外れかけ、
これまた飛んでいく寸前。


どしぇー。

今日来て良かった。


こりゃ、除草どころではないぞ。

すでに、次の1枚がバタバタと激しく音を立て、はがれ始めている。


ぱにーニィが、大急ぎで、針金や釘を買いに行った。


倒れてない部分にありったけの廃材を打ち付けたり、ブロックや石を積んで応急処置。


腐って剥げて飛んでいきそうなところは、前もって解体しちゃいました。


扉も打ち付けて封鎖。
  ↓
残っている塀


さて、どうする?


業者に頼むと、全部作り直しになり、何十万もかかるだろう。


税理士先生、高齢だから、この先10年も住まれることは難しいだろうし、
子どもさんたちも独立しているから、空き家になるのは必至。


昨年、借家の塀を直してもらわれ、とてもいい仕上がりだから、そこが信頼できるけど、
税理士先生はその業者を覚えておられなかった。


てなわけで、
税理士先生 「あんたたち、直してくれんじゃろか」

ぱにーニィとさとこ 「日曜大工程度しかできませんけど、それでもいいのなら」


壊れた部分を塀の建て直しを請け負うことになった。


ハウスクリーニングチームらすからーず、どこへ向かっているのでしょう。


てか、出来るのか?

セメント基礎工事なんか、やったことないよー


帰り道、ハウジングセンターで資材の物色から始めます。


業務スーパーで三枚198円のナンを買いました。

スライスチーズとレトルトカレー。
チーズとカレーと

即席サラダと、昭和の香りの軽石ハンバーグ。

サラダとハンバーグと


準備万端!

さあ、パソコンに向かって、YouTubeで基礎知識充填です。


関連記事
[2016/05/19 04:14] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
ありがとうがいっぱいの結婚式。

甥っ子の結婚式当日。


さとこ、眠剤効かず、三時からおめめパッチリ。

憂鬱気分で身の置き所がない。


11時前にぱにーニィがやってきた。


泪目で濡れぞーきんと化しているさとこを見るなり、

「おいごさんの結婚式に行こう!
式には間に合わなくても、披露宴のお色直しに出てきなった時に会えるよ」


さとこ 「にゃっ!」


ダッシュで準備を始めて、12時、八代亜紀みたいな頭に変装して飛び出す。


ぱにーニィ、高速を飛ばす飛ばす。

ノンストップで、道を間違えることなくホテルに一直線に向かう。


信じられないことに、結婚式に間に合った 。

行くぜ!


100均で買ったロッテンマイヤーさんみたいな眼鏡を装着し、深呼吸。


ホテルの可愛いおねいさんに
「新郎の友人だけど、内緒でお二人の姿だけ見せてもらえませんか?とお願いする。


可愛いおねいさん、上司さんに相談してくださり、
「今、結婚式前で、皆さんこちらで待機なさってますから、一緒におられて、ついて入られたらダイジョブですよ」ととびきりの笑顔で快諾 。


ありがとう、可愛いおねいさん!

着飾った若者に混じり、
さとこにはあまりに不似合いな高級ロビーで、
暫く待つ。

里の母がぱにーニィとトイレの前でぶつかりかけたが、
全く気づかなかったらしい。


目が悪くて良かったわー(笑)


八代亜紀風のさとこと、
黒のかりゆしは着てくれているものの、
競馬新聞越しに周囲を観察しているぱにーニィ、

あまりにも異質な二人組(笑)


案内があったので、さとこは結婚式場へ。

ぱにーニィは、「パチンコ屋でも行ってみるかな」と、外へ。


みんなに混じり、うまいこと、友人席最後部に座りました。


それからは。
涙、涙の30分間でございますよ!


さとこのはじめての甥っ子が、こんな上品な美人をゲットするなんて、
兄ちゃん夫婦、どんな育て方をしたんだ?


神父さま登場で、すでにじょばばばーと感涙


新郎新婦入場で、当然のじょばばばー


新婦が傅いてベールを被る。

誓いの言葉。

讃美歌斉唱。

指輪の交換に、誓いのキス。

誓いのキス


じょばばばーの連続に、さとこ、フラフラっす。


新郎新婦退場の時、甥っ子がさとこに気づいてくれた。

しーっ。
このことは内緒だよ!


式の後、ガーデンテラスでフラワーシャワー。

純白が彩りに溢れて

しあわせになってね。


記念撮影になったので、電話を掛けるふりをして抜け出す。


手引きしてくれたおねいさんがニコニコ。
「感動でした?」

「ええ、もう、すっごく!」
あなたのおかげです、本当にありがとう。」


ほんとうに、ありがとう。

思いついて良かった。


外に出たら、ぱにーニィが待っていてくれた。


背中推してくれてありがとう。
連れてきてくれて、本当にありがとう!


後悔せずにすんで良かった。


ぱにーニィが種明かしをした。
「今日、あなたを連れてくることになるだろうと思って、夕べ、ルートチェックしておいたの」


どおりで、初めての道なのに、悩むことなく、ナビもなく、すいすいやって来たわけですね。


野生の血?渡り鳥の脳内方位磁石?と、
さとこは不思議でしかたなかったですが。


新郎は、兄に「さとちゃん来てくれはってたで」とソッコーで報告したらしく、
ホテルを出発したらすぐに、
兄から「お前、来てくれてたんやて?」とメールが来た。

え?知らないよー、と新郎新婦の写真を添付して返信する。


「ありがとな」

「こっちこそ、ありがとう。」


運転手さん、お礼はなにがいいですか?

ぱにーニィ 「ラーメン!」


てなわけで、帰り道、サービスエリアのかつ丼と尾道ラーメンセットを(笑)。

かつ丼 尾道ラーメンセット


やー。
それにしても、こんなに遠い道のりの日帰りは、
さとこ初体験です。


やっぱり、お泊りがいーなー。

それでも、22時には帰りつきました。


安心してふにゃふにゃになり、その後の記憶無し!


久々の爆眠でした。




翌日夜。

母と、母を送ってきた兄夫婦が、巣に寄ってくれた。


お土産に、高級感満載の牡蠣セットもらっちゃったよぉ~。

さっそく、焼き牡蠣 一夜干しをいただきました。

燻製


こちらは、旨味焼き牡蠣のオイル漬。

金の牡蠣

ウルイとうりずん豆のタジン鍋
高菜の煮びたし
レタスのお味噌汁、ウドの煮物、きゅうりの浅漬けとともに。

こんなパッケージ


しあわせは、海の香りがいたしますのね。
関連記事
[2016/05/15 05:02] | ・旅行小(プチ旅行)。 | page top
さとこにできるお仕事、なんでしょう。
こんなお仕事どうかなあ。

腰痛には厳しいかも

よさそう!


巣にポスティングされていたチラシを入念に読む。


毎日連続して出勤しなくていいし、短時間だし。

でも、お客様が居られるお部屋に入ることもあるのかなあ。
それは厳しいかも。


ぱにーニィに相談してみた。


「旅館はどうかなあ。
だって、あなた、貴重品がなくなったって話が出たら、
自分が犯人だって言うでしょ」

はっ!
あり得る…


それに、んな疑惑話がでただけで、
もうお勤めすること自体、無理かも。


初職場での『万札脱走事件』、ぱにーニィ覚えてたんだ。




OL時代、会計係をしていた時のこと。
5万円紛失事件というのがあった。


毎朝、開店前に、
隣の銀行から、その日に動く予定のお金をもらってきて、
全部数えて金額を照合する。


一千万円の束は、100万の束を5つで更に帯封し、
その500万の束二つを、もっとでっかい帯封してある。


一千万と500万は、銀行の厳重な帯封のそのまま使うけど、

それ以下のお支払いには、
束をほどいて、新たに数え直し、

自分の会社で百万円ずつの帯封を作っていた。


手作業で裏表二回数え、
更に
紙幣計数機を通してお札の向きを揃えるから、

合計三回数えてから、社名の入った帯封をし、封緘印と、結束担当者であるさとこのはんこと日付印を押す。


その日、セールスさんが訪問先から「帯封、95万円しかないけど、どういうこと?」と怒りの電話をかけてきた。


いったん払い戻したお金で、再度、買い契約が成立して、
買い代金を計算したら、5万円足りないことが判明したのだと言う。


ほんとに、どういうこと?
だって、あり得ない。


セールスさんが戻ってきた。
投げつけられた札束の帯封を見て、あっと思う。

これ、さとこのじゃない。


帯封は、貼り方に、個性が出る。
巻く位置、まきはじめる場所、糊付けの幅。帯紙の張り具合。


それは、先輩の作り方だった。


朝の忙しい時間、まだ開店しない間は、
精算係の数名の先輩方が手伝ってくださるのが
事務職員暗黙の慣例になっていたの。


でも、他部署の手伝いは、ほんとなら禁止されていて、
転勤して来ている総務課長も知らないこと。


手が遅いさとこを手伝おうと、先輩が気を回してくれたのが、
最悪の結果でバレてしまうことになる。


さとこは、その日の朝、自分の顧客様が来店され、1階に降りて窓口で対応していた。

戻ってみたら、予定外の出金要請があったようで、
帯封をし直したニュー札束が増えていたのです。


また助けてもらっちゃった。
先輩、すみません。


怒鳴るセールスさん。
「一体、何がどーなっとんねん」と困り果てる課長。

先輩は黙って下を向いて仕事してる。


今度は、さとこが先輩を助けなきゃ。
それに、会計はさとこ一人だから、当然、責任は自分にある。


課長に「自分がやりました」と言った。


さとこ、この前代未聞の事件の始末書を書き、
その日のうちに精算係に配置替えになった。



それはそれとして、5万円はどこへ行ったのか。


現金は、必ずその日のうちに合わせないといけない。

深夜まで、当日の伝票や紙幣計数機を見直す。

机の引き出しの中身もすべて出し、
帳簿に挟まってないか、1ページずつをめくる。


ゴミ箱、隙間。

思いつく限り。


原因がわからないまま、課長に「あんた、ええからもう今日は帰り」と言われる。

最後の施錠を確認してもらわないといけないので、
二人で会社を後にした。


そして翌日の夜。
事務員が全員帰ったあと、机を動かしてみた。


あーっ!
あったーッ!


なんと、あちこちの机の下の段ボール箱の中や机の脚の隙間から、合計5枚の1万円札。


なるほど。
謎が解けた。


10年以上働いている超ベテランの先輩方は、
流れ作業で何百万分かをまとめて紙幣計数機にかける。


この方法は、仕分け口のお金を早く取り出さないと、
ごく稀に、風圧でお札があふれて飛び出すから、

大金に慣れていないさとこは、
時間がかかるし、面倒だけど、必ず1回分の100万ずつしか通さない。


だって、計数中に何かの用事で席を離れたり、電話をとったりして、
もし紛失したら大事件だもん。


5枚の1万円札は、たぶん、大量の紙幣を計数しながら吹き飛ばされたと推測される。


先輩は、千手観音のように同時にいろんなことが行えるから、
計数しながら、清算処理にも関わり、紙幣計数機から目を離していたんだろう。


思い出した。


その先輩とは、退職後も年賀状のやり取りをしていましゅ。

たまに町で偶然出会ったりしてたけど、お元気かなあ。





ポスティングもやってたけど。

一度、宅地造成中の新築のお宅に、裏から庭に入っちゃったことで、激しくとがめられた。


斬新な造りで、玄関がわかんない。

まだ道がついてなかったし、庭に塀がないし、砂利だけだったから、
ポスト発見!と向かっていったら、すでに敷地内に侵入していたのよね。


おうちの方に謝ったけど、
そのあと、さらに会社にクレーム電話が入っていて、
かなりへこんだ。


付き添いしていたぱにーニィが、
「きちんと詫びたがな!
ワンが、半蔵と一緒に、軽トラで生ごみ持ってきて捨てちゃる!」
なんて憤っていたけれど(笑)。


さとこ、その直後に脱水で倒れて休職。
もう復帰する気力はない。


さとこにできるお仕事、なんでしょう
関連記事
[2016/05/09 03:57] | ・過去のあたす。 | page top
一日一回、流動食。
安酒が似合う女、さとこ。


自分のために、税抜き4桁のお酒を買うなんて、身の程知らずだと思っている。

酸味料さえ入ってなきゃいいのよ。

1000円以上するなら、
悩み抜いて、
2ℓか3ℓのパック酒を選ぶ。


里の教会には、
祭典や父の命日の度に、そこそこのお酒をお供えするけれど、

御神前6本、御霊前6本のお供えを、何年か後におさがりで頂戴するときには、
すでに古酒になっているし。


大体、鬱はお酒飲んじゃいけないんだよ!

でも、いろいろ検索するけど理由がわからない。


もともと、食べるのにカフェイン製剤を飲んで勢いをつけるよりは、お酒のほうがマシじゃないか、ってことで始めた晩酌。

呑まないと食べられないから、1日1食なんだけど。


試しに、やめてみました~


おお。
止めた途端に、食欲がガクンとなくなった。


お酒の力って、すごいんだねー





そんな時、グレープフルーツを1個戴いた。

困るなあ…。


だって、グレープフルーツってったら、
使い道は、これに限る。
『ぴんぐれ濁り酒』


濁り酒と、ピンクグレープフルーツをパルプごと半分絞ったのが、
マイブームのカクテルなのです。


ぱにーニィが、早速、濁り酒を買って来てくれた。
「いつもの北あきたがなかったから、ワンも呑んでみたくて、これ。」


なんだか高そうだなー。

早速、試飲。

どろりと甘くて粒がある。


ん?
これ、どぶろくじゃん!

「高かったでしょう」

「高いのかな?2000円ぐらい」


ぱにーニィったら、なんて本格的なものを買ってくるんだ。
ばかやろー


いそいそと準備♪

半分絞って 完成

やー。
美味しいね!


俄然元気になるさとこ。

だって、お米で、発酵飲料で、ビタミンCと食物繊維たっぷりだからね!


月曜日。
マーブル濁り酒


なぜか、ピンクグレープフルーツが売ってなくて、
八百屋の店員さんから「日本のグレープフルーツだよ」と勧められたおみかんを買ったけど、

残念。

苦みが足りない。


火曜日。
今夜も早速 火曜日のどぶちゃん

金曜日。
金曜日のどぶちゃん


くたくたの時には、納豆オムレツも美味しくいただき、
納豆オムレツ&どぶちゃん

直後、爆睡。


こんなして、毎日流動食だったのですが、
流動食作成中


やっとピングレが手に入り、
ワクワクのテイスティング。

ピングレ最高
ピングレどぶちゃん


あれ?
原液でいただくのと、あんまり変わらない。


『飛騨のどぶ』、濃厚過ぎて、
グレープフルーツの苦みが全く映えませんでした。


てえなわけで、
その後、いつもの980円の北あきたを探して購入。
愛飲の1本

やっぱ、これこれ。

さとこには、税抜き3ケタのお酒じゃなきゃ!
関連記事
[2016/05/08 04:18] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
甥の祝言の前夜、さとこは。
甥の結婚セレモニーはさとこは欠席ということで、
父親である兄とは話が終わっていた。


里の母も一切口にしなかったが、

春季大祭の手伝いで兄夫婦が帰省してくれたとき、
おもむろに母が切り出した。


「あんた、お母さんたちとは別行動でいいから、
ぱにーニィさんと一緒に来てくれない?

本当は二人とも出席してほしいけど、それはあんたたち、嫌でしょ。

お金はお母さんが出すから、どっかに二人で泊まって、
披露宴は欠席でも、結婚式だけ出るのはどうなの?

お母さん今回が最後かもしれんし、みんなで記念写真に写りたいに。
お母さんのためだと思って。」


母、涙目である。


はてな?

母が言うことが理解できない。

今度はいったい何を言い始めたのか。


さとこの頭の中は、疑問符の洪水。

わたしがあんなに悩んで苦しんだのは、
何が理由だった?


甥を祝福したい気持ちはもちろんあるから、
祝言のことが常に頭から離れなかった。


なんとか、さとこが無難に乗り切る方法はないのか。

ぱにーニィとぴよ子さんがいない場で、パニックが起きたらどうしよう。


とおるちゃんの七回忌法要の時は、
さとこの病気をはてるま一族は分かってくれているし、
パニックになっても、端井妹が助けてくれた。

和尚さんからは「しゃんとせんか」と喝を入れられたけどね。


でも、今回は晴れがましい席。
しかも、甥のお嫁さん親族とは初顔合わせ。


断じて粗相があってはならぬ!

ドン引きされてはならぬ!!


席数が決まってない結婚式だけに出席するというのは確かに名案だけど、


…それよりも、納得がいかないのは、
「お金はお母さんが出すから、どっかにぱにーニィさんと二人で泊まって」って?

下見で「ぱにーニィさんと二人で泊まりがけで広島に行くなんて、はてるまや端井に対して申し訳ない」んじゃなかったの?


さとこはもう、行動の判断がつかない。

出席しても欠席しても、水を差す結果になってしまった。


今後、何か起こった場合、
「あのとき私があんなことしたから…」と、自分を責めるだろう。


自分では怖くて決められない。

兄にSOS発信。


さとこ 「お兄ちゃんが決めてくれたら、できる方法を考えます

結婚式だけで、和装でなくてもいいなら、当日朝、さとこ号で自分の運転で行きます

それなら遅刻しても最後列に列席できるし、高速降りたところからホテルまではタクシーに乗れば大丈夫。」


兄から返信。

「あれだけブーイングしておきながら、
ぱにーニィさん送迎してもらえて、
母の言うことにお前が納得できないのは当然やろ。

でも実は、母も、お前がぱにーニィさんの助けなしに参加できないことはわかっている。

建前は建前として
言わざるを得ないだけのこと。

だから矛盾した言い方になる。

一人で運転して行くなんて、 そんな無理はさせたくないし、
やめとき。

もう、このことは考えんでええからな」


うん。


決めてもらって安心した。





それでも、出発予定だった祝言前日になると

目が覚めたとたんに憂鬱が襲ってくるので、
効いてる実感がないワイバックスと、モーズンを飲む。


やっぱり、甥夫婦の晴れ姿を一目みたい気持ちを捨てきれず、
式場をコッソリ覗けたらなと、ぱにーニィに日帰りドライブまで頼みかけてみたものの、

それでは、またややこしいやり取りに戻ってしまうので、
諦めきれないけど、やめました。


そうだ!
明日、広島ドライブでお金を使う代わりに、熊本に支援金を送ろう!

それだったら、自分の中でも納得がいくんじゃないか?


結婚式当日に入金できるのかな。


日本赤十字
熊本県
Yahoo!

どれにしよう。


ちょうど、自治会の班長さんが、赤十字募金と緑の羽根募金を集金に来られたので、
意見を聞いてみる。


「わたし、これ、役目だから仕方なくやってるけど、実際は如何なものかと思ってる。

町役場の義援金箱も、お勧めできない。

送りました、ってだけで内容の報告はないから、
途中でどうなってるかわからないもの。

お付き合い程度にしか届いてないと思うよ」


ぱにーニィも同意見。

「直接手渡すのでない限り、信用できる団体は無いよ。

都会の街頭募金も、学生がアルバイトでやとわれてる事が多いし、
お店のレジのは、ネコババされる場合があるし、全額寄付してたとしても、寄付する先の相手が被災者じゃないから。

自己満足でするのはかまわんけど、本当に支援する気持ちを生かすなら、違う形がいいと思う」


えー。
じゃ、どーすんのさ。


東北の時は、直後の、『支援物資を送ろう運動』のチェーンメールが来たから、
イオンに走って行って、
着るフリース毛布を、軽バンさとこ号に積めるだけ買った。

でも、あんときは、任侠さんのトラックチームが大活躍してくれたから、参加できただけのこと。


自衛隊さんに渡す?

半蔵さんと親しい、通信部の自衛隊さんなら、
どこに必要かがわかるかな。


ふるさと納税にして、送られてきた品物を甥に送るってのはどうだ?


とにかく、なにか行動しないと、
さとこ、叫びだしそうであります。
関連記事
[2016/05/07 05:57] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこの、眠っている間も眠い原因は、誰が忙しいからなの?
里の大祭の翌日は、
はてるま父のY病院通院に同席して、主治医に状況報告。

そして、翌日はS県M市税理士事務所の外仕事。


ぱにーニィが作ってくれたローストビーフ風牛たたきと、
筍の煮物、おつけもので、英気を養う。

ローストビーフ


久々に
アンゴスツラビターズと氷、ドライジン、ココナッツジュースでカクテル作りましたー。

自家製無農薬レモンをいただいてたから、
ライムがわりに絞る。


やっぱ、ライムがあるにこしたことないけど、美味しかったです。


予定が一段落したあと、ひたすら眠ったら、
夢の中でも車の中。





運転中。
眠くてたまらず、目が開かない。


とりあえず、どこかに停めないと。


お店の駐車場が見えたから、左折する。

目が開かないから、左右確認も後方目視もできてない。


歩行者とかバイクを巻き込んでないかな。


駐車場にバック駐車する。

後ろにおばあちゃんとかいるかも。


振り向いて後方確認しようとするけど、
まぶたは開かない。


バックミラー見えないし、シフトレバーも手探り。




目が覚めてからも、ハンドルの感触や、ブレーキを踏む足に力が入る。

事故起こしてなきゃいいけど。




明日は、義父が医療センター通院だから、
夕食を早めに摂りました。


教会からのおさがりのお野菜をぱにーニィと一緒にいただきます。

おさがりの南瓜とエリンギで


南瓜を炊く。

ラディッシュときゅうりも新鮮なうちに浅漬けに。

らっきょうの酢が残っていたから、大根と人参と竹輪の酢の物を作る。

エリンギは、ぱにーニィが、なすと一緒にオイスター炒めにしてくれました。

はてるまで採れたブロッコリの脇芽を茹でる。


今日も御馳走です。


ありがたく戴いている最中、里の母からメール。

「明日ははてるまに帰る?
鯛めしが夕方できます」

…夕方?
夕方って、もう18時になるけど、明日のことかな?


さとこ 「今日はもうゴハン終わりましたが、鯛めしは、はてるまへの御下がりなの?」

母 「鯛めしはあんた。
あした、はてるまに帰るって言ってたから、お直会渡さんといけんでしょう」


突然言われても…。


母 「じゃあお母さんがそこに持っていくわよ」

「雨の夜は危険だから、運転はしないで」

母 「ほんなら、取りに来なさい」

「もっと早く言ってくれたら、心構えができるのに。
突然だと、わたし、無理。」


ぱにーニィはビールを飲んだ。
さとこもへろへろ。


さとこ 「なら、タクシーで行きます」

母 「そんならもういいわ。
お母さんは、今日中に提出する書類を書くから、必ず郵便局本局に行かないといけないの。
お母さんは忙しいのよ」


話せば話すほど息苦しくなる。

忙しいんだから、じゃあ、それ以上用事を増やして、それにさとこを巻き込まないで。


沈んだ気分で横になり、次々に夢を見ながら朝を迎える。





Y病院前のバス停まで、はてるま父母を迎えに行く。

義母が 「いつも迷惑かけてすまんな。
さと、こんな大変なことなら、とおるが死んだ時に離婚(離縁?)したほうが良かったな。
帰ってもいいだぞ。」って言う。


だって、さとこはとおるちゃんと一緒のお墓に入りたかったんだもの。

お墓に入るの待たなくても、いつも一緒にいてくれるって、
今なら思えているけどね。


医療センター受診後、
はてるま母が、「バス停まで送ってもらったら、じーさんとわしはバスで帰れるから」と言った。


そりゃいいことだ。


公共機関を使って二人で外出する機会に馴れるのは、
義父母にとって、とても望ましい。


Y病院のバス停は、行きつけのショッパーズオカダの向かい側。

時間があれば、軽く買い物もできるし。


10時のバスに乗り、
郡内の薬局でお薬を受け取って、そのあとは目の前の診療所に待機しているタクシーで家まで帰る。


グッドアイデアです!


それなら、さとこも、S県M市税理士事務所の外仕事にも行けるから、
早速、ぱにーニィに連絡。


まことにスムーズな進行でした。

…ここまではね。


義父母を送った直後、里の母から電話。

「あんた今、どこ?
お直会を届けに行く。
今、着くから待ってて」と。


なんで、今、そんなこと言うかな…


母が、もう1分前に連絡くれたら、
義父母を引き留めておいて、一緒に帰っても良かったのですが、

たった今、ぱにーニィにお仕事に行こうと言ったばかり。


慌ててぱにーニィにもう一度電話したら、
先生に伺う約束をしてくれた直後でした。


そして、バスは、義父母を乗せて発進。


まもなく、ショッパーズオカダに母がやってきた。


鯛めしその他の御下がりを受け取る。

お直会は湿気を吸うお菓子だったので、
さとこが持っていると、「届けなきゃ」、と落ち着かないから、
母がまた持って帰ることになった。


たった今バスが出たと言うと、
「お母さん忙しいんだから、電話なんかかけられんでしょうが」


さとこ、振り回されて精神的にクタクタ。

母の思い付きの行動に翻弄される日々、かなり堪えるのでございます。





翌日のとおるちゃんの月命日には、何も作らず、鯛めしをお供えできました。

大祭おさがり鯛めし

ごめんね。
さとこはサボらせてください。
関連記事
[2016/05/06 05:42] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
地球外生命体。
二枚目だと思われていたぱにーニィ。


お母様の他界、
申告、
さとこ飛び降り未遂
と、ココロ安らぐ暇のない人生に、
一気に老け込んだらしい。(本人談)


首を吊る。

非日常的な日常


千年灸にチューブのおろしにんにくを追加して、
お手軽格安なところで効能アップを図る。

おろしにんにくがジューシー


髪を染めなくなったこともあるのでしょうが、
お客様に「別人みたい」と言われて、


こんなん買いましたー。



フェイシャルフィットネス PAO(パオ)
鍛えた顔は、若々しい。




顔の筋肉は、皮膚(表皮、真皮、皮下組織)を支える土台となっているため、筋肉が衰えると、皮膚がそのまま垂れ下がり、たるみの原因となります。

顔の筋肉の弛緩による、老け顔問題に悩むぱにーニィの救世主。


口にくわえて共振運動を利用したスウィング運動により、小さな力で大きな負荷をかけます。


前歯が差し歯のさとこには使えません


PAO運動のベストパフォーマンス。

引き締めなきゃ! 地球外生命体


いい被写体だなあ(笑)

何か、別の生き物みたいなんすけど。


本人は、クリフ・リチャードを目指すそうです。


あなたも始めませんか?

家庭に爆笑の渦を。

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)。
関連記事
[2016/05/05 19:26] | ・主な登場人物紹介 | page top
どなたを主治医とお呼びすれば。⑤
はてるま父母夫婦をみていて
さとこが連想するのは、
モグラ叩きと、かるたとり大会。


義父が口を開くと、義母がすかさず覆い被せてパコーンと遮る。


夫 「薬を…」
妻 「薬なんか効かん効かん!」

「この痛いのが…」
「死ぬまで痛い痛いって騒ぐだわ」

「お前は…」
「わしの言うことを聞かん者に、何を言ったって無駄無駄」


上の句を読み上げと同時にパシッと札を取られる、百人一首ですにゃ。


んで、口を封じられた義父が
「ほんならわしが死んだらいいだか!」とカッターや包丁を持って飛び出すという流れとなる。


とことん仲の悪いくせに、なぜずっと連れ添っていられるのか、
とっても不思議です。


とおるちゃんが家族の中心だった、はてるまのお家。

とおるちゃんが死んじゃってから一気に解体しちゃって、


『はてるま vs 端井 罵り倒し合戦』

『義母 刃物振り回し 家出もの』

『義父爆発 狂言自殺騒動』

などの演目が目白押し。


それでも、今はマシになった。


孫たちが社会人になって、
甥の初孫ができたり、
姪も独立して自分の会社を立ち上げたりして、
長女の端井夫婦のほうに、気持ちにも生活にもゆとりができたため、

端井とはてるま間の人間関係が円満になったからね。


義妹が、自分たちの買い物ついでに、
父母用の定番食品とか、とおるちゃんのお供えとかを買ってきてくれるようになったのが
何よりありがたい。


不仲だった頃には、行事の相談も喧嘩腰で、
頼みごとなんかもっての他だったし、

買い物に連れてってもらうなんてあり得ない。


機嫌がいいときでも、前払いでないと引き受けてもらえなかったと聞いている(笑)。


やっぱし、近くに住んでいると、父母が年をとりつつあるのが
わかるんだろうな。


義父母は恋愛結婚。
でも、全く趣味に共通点がないから、一緒に楽しむことがない。


カメラや音楽鑑賞が趣味の義父は、単独でおでかけすることはないから、
夫婦が一緒にできるのは、
ご近所さんの病気の話題とテレビだけ。


さとこがこの中に馴染むのは、超厳しいですぞ。


ストレス解消にどちらかを連れ出すと、
お互いへのストレスをさとこにぶちまける。


二人を仲良くさせようと食事会をすれば、聞いてくれる相手ができて、
さらに激しいバトルへと展開する。


もー。
とおるちゃん、なんで死んじゃったんだよう
はてるまのヨメは、さとこじゃ役不足だよ。






さてさて、医療センターへの通院が始まり、初診の日。


前夜、端井と義母で相談してもらって、

「とにかく原因追求をしたい
可能性のある場所や考えられる事の検査全てお願いしたいのですが…と言うしかない」
という話になった。


それでも医師が必要ないというなら、
また次の病院を探すか、
もう仕方ないと諦めるか。


義妹、エンドレスなやり取りに
精神的にお疲れなのであります。


医療センターの総合診療は、
山根ドクターにお世話になった。


山根ドクター、火野病院の稲生先生からの情報と触診で、

「お腹の痛みと腰の痛みは別々のものでしょう。

腸の動きが良すぎますね。

腸音は、時々ゴロゴロいうのが普通ですが、
はてるまさんの場合は、常に動いていて、ビックリです。

お腹が動きすぎると、痛みは出ますからね~。」


そして、あちこちの病院からの処方薬に目を通し、

「お薬、飲みすぎですね。
僕が減らしたら怒られるかな?」

義母とさとこ 「怒られません!怒られません!」


だって、駆け込んできて相談する患者がいたら、
病院としては、お薬を処方するしか手がないんだもん。

そりゃ、増えて当然。


山根ドクター 「Y病院のお腹の薬を一年以上飲み続けておられるので、
パントシン(腸管の動きを活性化するお薬)と
ビオフェルミン(腸に乳酸菌を補い腸内細菌を追い出して、腸のゴロゴロが改善するお薬)を中止します。

診療所でもらっておられるチアトン(胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬)もやめましょう。

代わりに、このお薬を飲んでください。
すごく効くはずですよ!」


って、ブスコパンが頓服で出ました。


ブスコパンは、チアトンとほとんどおんなじ作用だけど、
チアトンが、効果の発現まで3~4時間かかるのが、
ブスコパンは1時間ほどですぐ効いて、そのかわり、すぐ効果が切れるらしい。


効いた実感があるかもね。

さとこは飲んじゃいけません。
抗うつ作用があるからね(笑)


次の受診は一週間後と決まった。


はてるまに帰って、3人でお薬の整理をした。
飲んじゃいけないお薬を抜いて、端井に預ける。


医療センターは、はてるまのおうちから通うには不便だけど、
とおるちゃんとさとこの巣からは、車で数分。


このまま、継続して通院できたら、
いざ何かがあったときに、
その都度紹介状が要らなくて、いいんだけどなあ。


これに関しては、本人も妻も長女もヨメも同意見。
珍しいことですにゃ

関連記事
[2016/05/04 23:56] | ・お医者さまの管轄 | page top
どなたを主治医とお呼びすれば。④
消防士さんが水死体の確認をしている。


一人目は性別がわからない。


二人目は…胎児なのか、別な生き物なのか?

口の皮が延びて裂け、
新しい組織がカルスの培養をしているみたいに盛り上がっている。


「こうすると若返るのよ」
解剖技術者の女性が、遺体を足から二つに割いて
内臓を吸った。

学生同志が耳打ちしあってる。
『かわいそうに、またやられてるよ』







息苦しさで目が覚めた。


プラスチックケースに兄弟が押し込められて死亡に至ったニュースが頭から離れないからでしょうか。


透明なのに身動きができない狭い衣装ケースの中を想像する。

さとこの下敷きになっている誰かが、さとこの重みを受け止めきれず、衰弱していくのを見ているしかなかったとしたら。


さとこは、発狂して、その罪悪感から解放されるだろうか。

それとも、重荷を背負ったまま生き残り続けるんだろうか。


あるいは、この事件の親御さんのように、
軽い気持ちでやったことが、取り返しのつかない結果を招いてしまったら。


不安でじっとしていられないのに、疲労感で起き上がれない。

肺に空気が入ってこない。


シャワーを浴びながら、立ち上がることができない。


4月14日。
今日は、はてるま父の火野病院受診日。


重い気持ちで、はてるまの家へ向かう。
  ↓
関連記事こちら


端井義妹が、家族と看護師の目線から、稲生先生宛にお手紙を用意してくれているから、心強い。

今回は、はてるま母もついてきた。


前記事で端井と相談したように、
なんとか、整形外科も紹介してもらわなくては、と意気込むさとこ。(鼻息)


診察時。

脇腹と腰の痛みを問われ、
義父、いつも通り、Y病院から処方されている側頭葉てんかんの薬の副作用の記載通りの症状を訴える。

「ぼーっとして、なんにも集中できなくてえらくてかなわんですわ」


いつもいただくお薬の説明文、あっていいような悪いような…


稲生先生に、「家族の希望を、長女がまとめました」とお手紙を渡した。


ドクター、目を通してくださる。


「普通に歩けてますよね。
そして、立ち座りも問題ないなら、
整形の分野というよりも、原因自体がない可能性もあります。

整形を受診するにしても、まずは内科かな。

医療センターの総合診療を紹介しましょう。

長女さんのお手紙と、ここでの検査結果もつけましょうね。」

ってことになりました。


そして、なんと、いきなりの翌日8時40分に医療センターの予約が取れた。

早ッ!



はてるまの地区から医療センターへ直通のバスはない。

夫婦二人で、朝7時のバスで市内までバスで出て来てもらい、
さとこがバス停に迎えに行って、3人で向かうことに決定。


予定が決まって安心し、帰りに近所の食堂で昼食。


義父、いつも通り、カツカレーを注文し、「あー、うまい。」と完食した。


義父は、娘や嫁のさとこには、
「奥さんからこってりしたものばかり食べさせられ、
残すと怒られるし、
薬を飲まないといけないから
我慢して食べんと、仕方がない」と常々こぼしてはいるが、

実際のところ、
好物は天ぷらとカレーライス(笑)


そして、痛みから解放されるなら藁にもすがりたいのかと思いきや、

コルセットもストレッチ運動もお灸も、勧めても、
あれこれとできない理由を並べて、
その気になってくれないんだなあ。


義父を見ていて、さとことそっくりだと思う。


さとこも、怒られるのが怖くて、
どう言い訳したら自分に有利かを常に考えていた。


どんな理由なら、言いつけを忘れていても叩かれないか。
どんな理由なら、夕食を食べきるまで裸足で暗闇に放り出されないか。
どんな理由なら、「お父さんとお母さんのどっちの味方なの」という選択肢に答えられるか。


はてるまに帰ると、子供のころの自分を思い出す。

義父が二言めには口にする「わしなんか、おらんほうがいいだろう」に自分を重ねる。


巣への帰り道、運転しながらわんわん泣いた。


休憩しながら巣にたどり着いたら、
ぱにーニィが待ち受けていて、腰痛のツボにお灸をすえてくれた。


あー。
痛みが溶けるようだ。


いつの間にか眠ってた。


夜中に意識が戻り、パソコンを開いたら、トップページに大地震のニュース。

これは…夢じゃないんだね。
関連記事
[2016/05/03 04:04] | ・お医者さまの管轄 | page top
不安だー。 なんだかんだと不安だー。
短大の同級生が、お彼岸中日に亡くなった。


必ず一言書き添えてあるはずの、彼女からの今年の年賀状、
ただ、印刷の文字だけだったことが気になった。


でも、さとこ、電話は苦手でかけられないし…(涙)

電話の信号の内容を、頭の中でスムーズに言葉に変換できないのですにゃ。


ぱにーニィのお母さんが大変だった時期でもあり、
誰にも消息を尋ねず、それっきりにしてたのが、今更悔やまれます。


さとこ、自分が存在した記録を消し去りたくて、
日記・手帳・連絡先は全てシュレッダーをかけてしまったから、
とおるちゃんの告別式名簿だけしか残ってない。


かろうじて連絡が取れた仲間で、
初七日にお悔やみに伺い、
発病してからの8年間の壮絶な闘いをご家族から聞いた。


様々な治療。手術。願掛け。民間療法。


思いつく限りの手を尽くしたけど、

娘さんの成人式を終えた直後、容態が悪化。


帰らぬ人となった。



家族や恩師・上司に対しては、いつか何かあるかもという、漠然とした心構えみたいなもんがあるけれど、

その気になればいつでも会えるつもりの友人とかになると、
カウンターフックを喰らうぐらいダメージが強烈で、
しかも、なかなか立ち直れない。


音楽仲間、もと同僚、親しいけど遠距離の友人たち。
その中の誰一人欠けるのも、耐えられない。


重ねて、今度の大地震。


以来、更に輪をかけて不安が募る。


そして、寝ても覚めても心配なのは、
さとこの管理人であるぱにーニィのこと。

唯一の家族であるお兄さんもお忙しいから、交流は少ないようだし。


ぱにーニィ、常日頃から、大丈夫感がゼロに等しいからなあ。



ぱにーニィのアパートの駐車場に自動車がない。

ラーメン食べに行って、国道に飛び出したにゃんこを避けて事故起こしたんじゃないか?


S県M市税理士事務所からの帰り道、
トンネル事故か橋の落下に巻き込まれているかも。


夜中。
荒くれて呑みすぎてトイレで吐いて、
吐物が逆流して窒息してるかも。


嘔吐しすぎて、胃酸で食道癌になってるかも。


常に何かにつまづいている。

今だって、コードに足を引っかけて、
頭を強打して意識不明かも。


今日、顔色悪いんじゃないか?

ヘアカラー常用してるから、
いつの間にか肝臓癌になってたりして。


目が悪いから、
もらったニラやアサツキに水仙が混ざっているのを、残さず食べた後で、
食中毒になってる自分にさえ気づいてないかも。

この間も、「空き地にギボシが生えてたよ」って、見たことない植物を採取してきてたし。


スーパーカブに乗っていて、
職務質問されてたりして。

パトカーに閉じこめられたら、今頃、閉所恐怖症のパニックで、傷害事件起こしているかも。


自転車、前輪とハンドルが取れて、
下り坂で一輪車走行して泣いてるんじゃないか?(←これ、実際、さとこやったし)



さとこ、ぱにーニィのアパートを覗きに向かう。


眠りこけてたら安心だけど、

留守で、
メールに返信がなかったり、電話に出なかったりすると、
もう大変。


次々と不安が沸き上がる。


気持ちがいっぱいいっぱい。


今朝、鏡を見ながら歯磨きしてたら、
あ!眉毛に白髪を発見しました!!


さとこ、恐怖で一夜にして白髪になるタイプかも。
関連記事
[2016/05/02 03:37] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
旬の味は 愛情の味。
今年は、筍は、
イノシシがあらかた掘り尽くしちゃったんで、諦めていたけれど、
いただく機会が、最近けっこうあったりして。

茹でてそのまま


山椒の葉は、佃煮にしたり、生のまま冷凍して揉んでふりかけたり、
1年中 活躍します。


里の母から山椒と筍のちらし寿司。

木の芽と筍寿司

庭で採れたアスパラは、エリンギやマッシュルームと炒めものにしたり。

アスパラとコーンハッシュ


揚げ物はほとんど作らないけれど、
タラの芽、ぱにーニィが天かすを使って、天ぷらもどきを作ってくれました。

写し方へたくそだけど、美味しかったです!

タラノメ天ぷら風


ウドは、はてるまに嫁いでから調理法を教わりました。


酢水に晒して酢味噌は当然ながら、

うどのスライス

ぱにーニィが作ってくれたローストビーフ風の薄切りお肉で包むと、最高。

ウドとローストビーフのハーモニー

お味噌汁にも、いい香り。
あ?写真、逆さまですね。

うどと筍のお味噌汁


ふきのとう味噌ができたから、
玄米でなくて、久しぶりに白米炊きました(笑)

ふきのとう味噌と


ギボシは、義母は採らないので、
ぱにーニィが買ってきてくれて、
その美味しさにびっくりこ。

ぎぼしって、
葉っぱと白いとこ、味が全く違うのですね

モヤシとキクラゲと炒めたら台湾料理みたーい。

ギボシときくらげの炒め物


タジン鍋で蒸しただけでも、塩やポン酢や酢味噌でぴったし。

ウルイとギボシ


そして、ぱにーニィが、今、成作に夢中なのは、葉ワサビの酢漬け。

母の味を再現


お母さんが毎年沢山作っておられて、
辛みは消えても、何年も保存できる。


ぱにーニィもお兄さんも関心がなかったから、
ぜーんぶさとこに横流ししていただいておりましたんですが。


ぱにーニィが作ったのも美味しいんだけど、
どうやら日持ちがしないみたい。


「作り方、教えてもらっとけばよかったなあ。
そして、リウマチで変形した指で、一生懸命絞るの大変だったろうなって、
はじめて気付いたよ。」


美味しいってことに気づいてくれて、
お母さん、充分うれしいと思うよ
関連記事
[2016/05/01 19:55] | ・キヅキ | page top
| ホーム |