お餅つきも 無事 終わり。
昨日は寒かったけど、雪にならなかった。


里の母が、「雪だったら、デイサービスのボランティアに送ってくれん?」と言っていたが
「この様子なら、ひとりで大丈夫ー」とのこと。

路面が乾いていて、橋が凍る心配もなさそうだし、
様子を見よう。


ここんとこ、いよいよ苦しくてやりきれなかったから、最終兵器レメロンに手を出して、
前日の記憶が殆どない日なんかが、けっこうあったりして。


この間も、音信不通のさとこを心配して、
ぱにーニィがS県M市税理士事務所から音速で(←ウソです)やってきた。

湯船で水没しながら爆睡中だったけど、
生きていたらしい(笑)


今朝方も、さとこ、皆さんのblogを訪問しながら、
「はて。 読んだことある…」

そういえば、夕方すでに訪問し終わった記憶が、蘇った。


今日は餅つき。

二時間ほど仮眠して、4時、活動開始。


姪のてぃーだちゃんに渡す玄米を炊いて5時過ぎに出発したが、
大型トラックの行列にビビりながら はてるまに着いたら、
餅つきは、既に1クール終わってた。


くそぅ。
また遅刻だぜ。


次のお米を蒸す間に、ぜんざいを食べる。

端井義妹も、出勤前に飛び込んできて、
美味しく平らげてから元気に出発した。


今年は4℃と暖かい。

雪も凍結も無くて一安心。


はてるま母が蒸し、

そろそろいくぞ だいぶ使ったなあ

はてるま母の姉がちぎり、
はてるま父が餅切り機を回し、

にょーんと出てきたお餅をさとこが切り、
姪のてぃーだちゃんが丸める。

お鏡餅は3軒分。

あっつっつ 鏡餅

縁側に並べる

お楽しみのおやつ。
つく前のおこわに、ゆかりをかけて食べる。

蒸したお米をつまみ食い


餅切り機から引っ張り出した最後のおもちも、つまみ食い。

ぜんざいの小豆と、とろけるチーズを載っけて、トースターで焼いてみました。

おもちにあずきとチーズ載せて 怪しげな物体

ちょっと冷めかけたぐらいが、チーズが香ばしくて美味しい。


毎年恒例で仏壇に飾る、てぃーだちゃん作の干支もち。

只今作成中


去年の未さんなんか、お盆になっても、全くかびなかったから不思議。

とおるちゃんがすごく気に入って大事にしてたのかな。

あたしが来年の主役ですのよ おさるちゃんでけた

お申さんが両手で持っているのは、美柑か柿のつもり。

食紅や紅ショウガがなくて、ほっぺやおしりを染められなかった。
実物はもっと可愛いんだけど、白いから、凹凸が上手く撮せないなあ。

お尻カワイイ

お尻のカーブとしっぽこもキュートです。


9時半には、片付けも全て終了。


このあと二時間のティータイムのほうが、さとこは苦手ですにゃ。

カフェイン製剤+珈琲は、消耗が早いっすから…


作業終了と同時に、雨が本降りになりました。

午後から予定があるから、
義母の姉夫婦が帰ったのに続いて、さとこも出発。


咳をすると腰にヒビクので、ずっと浅い息で我慢してましたが、
さ、これからゴンゴン出せるよーん。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/12/29 11:22] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
待ち焦がれていた冬至を、忘れてたなんてーっ!?
12月22日。


流血の目眩と吐き気で絶不調のはずなのに、久しぶりに窓から差し込む日射しに、それだけで安心する。


お日さまってスゴいね!


いつも電灯をつけっぱなしで寝て、目覚め早々から憂鬱にめり込まないように気を使ってはいるけれど、お日さまの威力は、比較にならない。


珍しく、お昼ご飯なんかも食べちゃったりして。

昼食のオートミール

オートミールです。


牛乳1パックが飲みきれないから、残った500ccで、インスタントカスタードクリーム作りました。


夜になって、ぱにーニィが税理士事務所のお仕事から戻り、「お酒いただいたよー」の連絡。


「わあい。」
早速、見に行く。

灘のお酒と島根のお酒


「先生が南瓜の煮物を二つ買いなって、ワンにも一つ持って帰れって」

あだっ?
シマッタ


今日が冬至だってことに、初めて気付いた。

そーいやー、ニュース画面にお猿さんが柚子湯に入ってる写真が出てたわ。


あぎじゃっ。
トゥンジーじゅーしぃーお供えし忘れた!

トゥンジーじゅーしぃーは、冬至に炊くじゅーしぃー(炊き込みご飯)のこと。


沖縄では、冬至に、じゅーしぃーをご先祖様にお供えし、
家族みんなの健康を願いながらいただく。

里芋がとろりと美味しい、ちんぬくじゅーしぃーを作って、沖縄ごっこするつもりだったのに。


そのせいでしょうか、夜から風邪症状。

咽頭痛、若干の寒気と頭痛。


葛根湯を飲む。

南瓜を頂く。


ぱにーニィがお父さんにお供えしていたアップルパイのパンを軽くあぶって、カスタードクリームをドペン!と載せる。

ぱにーニィ 「きゃーっ

最近ブームの猫おやつ、『チャオちゅ~る』をもらった猫さんみたいになっている。

りんごジャムパンとカスタード すごく気に入ったらしい。

振り向いたらこんなこと。

「美味しい顔ってどんな顔~♪」ってCMが、昔、なかった?


「ワン、前世は犬だったんだから、やっぱ舐めないと完成じゃないよね!」

…好きにおし(笑)


さとこも、こころなしか、ハイテンション。

だって、明日から夏に向かうんだよ!


夏が待ちきれないヒトがもう一人。
   ↓
12月の空き地にひまわり

近所の空き地で、寝ぼけたヒマワリが咲いてました。



関連記事
[2015/12/23 13:04] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
422kmの徘徊未遂  後半。

お日様を浴びて、暴走モードが切り替わったさとこ。


ぱにーニィに、仏舎利塔を見せたい。

ナビを見ながら姫路の名古山霊苑に向かう。


このへん、わんこもにゃーさんも居ないけど、こんな見慣れない柄の山羊さんが多いなあ。

ひーじゃー1 ひーじゃー2 ひーじゃー3

ひーじゃーって、白だと思ってたけど、このヒトたち、外人さんかな?


とっぷりと日が暮れた姫路市内に入る。

仏舎利塔、高い山の上だと思っていたら、姫路城のほんの近くだった。


婚約者に連れてきてもらったのが初めてで、「なんて素敵なデートコースを知っている紳士なんだ!」と感激したら、
その次の美術館デートで、絵画を傘の先で指したのを見て、腰が抜けた。

…このヒトとやっていくのは無理かも。

それだけではないけど、結局、破談になりました(笑)


その後、ここには、里の母と、そしてとおるちゃんとも来た。

二人とも、荘厳さに圧倒されていた。

ぱにーニィにも、あの感動を教えたい。


あ、ライトアップされてる。
キレイ。

お邪魔します
何々?


仏舎利塔入口。

入場口


仏舎利殿の中は天蓋に鳳凰の絵が見事。

そして、モスクみたいに、モザイク仕上げで、釈尊一代図画が、壁面ぐるりに描かれてあったはず。

仏舎利を納めた厨子は、それはもう絢爛豪華で、それでいて壮厳で、時間の流れが止まっているような、幽玄の気に満ちているの。


残念ながら、もう閉館で、中には入れない。

さとこは、4回目だけど、いつも、中だけで時間をとってしまうから、お外はゆっくり見たことがない。


階段あるから、上っていいのかな。

階段を上る
こんな高いところはじめて


中央大塔の正面にある 香炉堂を、上から見るのも初めて。

正面を見ると


周囲を散策します。


仏舎利塔の背面にある石仏堂 。

石仏堂 後ろの筋は光?傷?


ぱにーニィ、感激して写しまくっている。


回りは霊園なんだけどな。
真っ暗だから、墓地だって気づいてないみたい。


無縁塔や陸軍墓地方面と思われる辺りは、全て、綺麗なブルーの光だけでした。

周囲1 周囲2 周囲3 
キレイなんだけどね。周囲4

御池も

みなさん、写りたかったのかな?


加西で、神戸行きを中止したのは、丁度、ぱにーニィにお仕事の電話が入ったからなんだけど、さとこはずっと仏舎利塔を見せたいと思っていたから、なんだか、引き寄せられた気がします。


仏教美術館もあるし、また、こんどこそゆっくり訪れましょうね。


巣には、深夜到着しました。


さとこの爆発は、比較的小規模のまま沈静したようです。
関連記事
[2015/12/21 14:51] | ・パニック事件簿(古い順) | page top
422kmの徘徊未遂  前半。
三時。
ぱっちりこと目が開く。


ごそごそすると響いてご近所さんに迷惑だから、じっとしている。


こっそり外に出ると、そんな時に限って、
早朝勤務の方々のヘッドライトに次々照らし出されて「お前は完全に包囲されている」状態になったり、

新聞屋さんの前の暗闇にザンバラ髪で浮かび上がったりと、かなり高い確率で、不利な状況に。


慌てて巣内に戻って、パソコンを開く。

今日のニュースをみて、更にやりきれない気持ちになる。

「インドネシア フェリー沈没、70人以上が不明」
「京都 排水溝のふた落とされる 1カ月間に35カ所」
「特集 子供と貧困」


腰痛で、だんだん座っていられなくなるから、5時に横になる。


7時。
まだ真っ暗。


巣中の電灯をつけていても、陰湿で重たい空気に押し潰される。

砂に埋まっているようで、身体が全くうごかない。


さっきまでめちゃくちゃ忙しかったってことは、少し眠って夢をみていたってことだね。


時計に目をやると、9時。

掃き出し窓までようやく匍匐前進してカーテンを開けたら、向こうの空は真っ黒だった。


しとしと雨。

服が湿気を吸って重い。


シャワーを浴びてたら吐いた。
吐くと、ぐんにゃり疲れるよね。


だけど、それでもじっとしていられない。


お店の正面には、しめ縄が山積みのワゴン。
クリスマスソングと歳末売り出しの活気に溢れた、途切れることないアナウンス。

うわー。師走だよ―。


17時には辺りは真っ暗で、道路にテールランプの赤が果てしなく連なってる。


ここはさとこがいられる場所じゃないっ。

透明なプラスチックのケースに入れて、路上で車の風圧にあっちこっち転がらされている気持ちになる。


お店も道路もこの町も、
居り場が無くて。

とりあえず行かなくちゃ。

どこか知らないところへ。


ぐずぐず泣きながら車中泊グッズや峠の雪かきスコップを積み込んでいたら、ぱにーニィがやってきた。


見つかっちゃった。

スゲーな。
あと数秒後には、もぬけの殻のはずだったのに。


寝ぐせ頭のまんまのぱにーニィ、多分、「整形に行ってくる」とか「ごはん食べに行くけど買い物ある?」とかで寄ってくれたんだろうけど、
状況が呑み込めないまま、さとこ号に乗り込む。


さとこも黙ったまま、ぱにーニィを積み込んで走り出す。

とにかく一分でも早く逃げ出したい。


走りながら説明する。


「この頃ホームシック(うちなんちゅでもないくせに)で、沖縄の空気を吸いたくて、酸欠。

12月20日の神戸発 20200円のツアーで、那覇に行きたかった。

19日の夜行バスなら三宮に4時に着くから、那覇のホテルに二泊潜伏して、22日の16時に那覇を出発すれば、また夜行バスで帰って23日明け方には着く。
1~2日、一人で潜伏するだけなら、荷物もお金もそんなには要らない。

で、この間、さとこ一人で行っていいか聞きかけたけど、ぱにーニィ、過剰に心配して激しく爪を噛み出したから、やめた。

でも、居場所がないの。」


お日さまをみたい。

ぱにーニィ、お天気情報をみる。
「きょうは、どこも晴れマークがないよ」

とにかく、沖縄に1kmでも近づきたい。


さとこ「神戸空港に向かってみます」


どうせ、たとえ無事に着いても、すぐに日が沈むだろうけど。
空港に入って、沖縄便に乗るつもりになってみよう。


それから空港を探検してもいいし、駐車場さえ確保できれば、カプセルホテルでも泊まれるかも。


高速を降り損なったら、そのまま更に遠くへ。
ナビさえあればどうにでもなる。


車中泊できるように、エマージェンシーブランケットや水やタオル・使い捨てカイロは常備してる。


でも、なんの心の準備もしていないぱにーニィを浚ってきたから、いつもの野良猫旅はマズイなあ。


そんなことを考えながら、とおるちゃんの写真を握りしめて、さとこ、アクセルべたふみで、走る、走る。

ぱにーニィ、助手席で硬直。


雲が薄くなり、晴れ間が見えた。

日射しが車内に射し込む。

これよ。
身体中で深呼吸。


15時半。
加西SAについたから、ぱにーニィ、ごはん食べないと。

やっとごはん
オリジナル海苔

ラーメンに、こんなん載ってる。
ブランド海苔ですかい?


神戸に近いから、肉まんを売っていて、さとこ、早速お味見。

残念ながら、フカフカタイプの皮だったけど、おいしかったです。


さとこ、食べ物が胃に入ったことで、がっくり気力が途切れた。


と、ぱにーニィに税理士先生から電話が入った。

明日はS県M市税理士事務所のお仕事だそうだ。
今夜中に帰らないと。

Uターンしよう。

  
こっからは姫路が近いな。

ぱにーニィ、昔の職場の本社が姫路だったけど、さとこが大好きな、姫路城近くの仏舎利塔には行ったことないそうだ。


せっかくなら、ぱにーニィに見せたいな。


運転をバトンタッチ。
市内に入ろう。

泣きながら逃避行の思いつきの予定が、長距離ドライブに変わった。


さあ、これからは、寄り道しながらゆっくり帰路に着こうか。
関連記事
[2015/12/20 13:02] | ・パニック事件簿(古い順) | page top
お日さまが 足りない。
一日中、雨。

今年最後の、美らかーぎードクター受診日です。


玄関にはリースとサンタさんたち。

心療内科も12月 めりくり

毎年のことながら、ハロウィンが終わってクリスマスソングがかかり始めた途端に、強烈にブルーになる。


カー子たちも、15時半になると次々と巣に帰って行く。

1時間もしないうちに、直ぐに暗くなるなあ。


こんなんで、いちいち憂鬱気分に押しつぶされてたら、
もし白夜の町に住んでたら、さとこ、どーなってんだろ。


気忙しい街の風景。
しなくちゃいけない年越し準備。


結婚してからは、里の行事とはてるま行事の板挟みになるのを避けて、年末年始の出勤を希望してたけど、今となっては、それも出来ず。


何度も大きく息を吸う。

沖縄行って、一旦、リセットしたいなあ。


那覇空港に着いて、飛行場の地を踏んで、深呼吸して、折り返し帰るだけでもいいの。


とおるちゃんが死んでからしばらくは、思い付いたら、その日のうちに、3ヶ月先のスーパー先得を直ぐに押さえておいて、いつもの仕事カバンだけで1~2泊して帰ってた。


今はそんな贅沢は出来ないし、もっと安い方法を知っちゃったから、何とかセーブできている。


退職してからは、泣きながら走っていたら山口に着いたり。

誰も知り合いがいないところに行きたくて、思い付きで四国まで走ったり。


ホテルは、着いた場所のローソンでタウン誌みて探してたけど、
途中から、ぱにーニィが遠隔操作で格安ホテルを検索してくれていた(笑)


荒んだ野良猫だったさとこですが、最近は、少し落ち着きました。

こんな気持ち


それにしても、この頭痛と頭重感はやりきれにゃい。


一時は減らしていた抗鬱剤もMAX量に戻したし、抗不安剤も最近は多飲傾向。

依存症にはなりたくないけど、飲まずにいられない。


外出したついでじゃないと、なかなか勇気が出ないから、1日で色んなことを済ませたいさとこだが、
ノーミソの受容範囲が知れているので、些細なことでパニックになるのよね。


今日の目標。

・ 心療内科受診と、薬局での処方。
・ 二つの薬局がポイントサービスデーだから、買い出し。
・ 郵便局の払い込み。
・ 農協で遺族年金出金。
・ 自動車屋さんにワイパー買いに行って、交換してもらう。
・ 宅配業者さんとこへ荷物の受け取りに行く。
・ 里の母のリモコンを注文したのが届いたから、家電量販店に取りに行って、里に届ける。
・ お世話になっているシショーや、公民館活動のセンパイへの、ささやかなクリスマスプレゼントを物色。


半蔵自動車でワイパー交換中、わんこにおもちゃをねだられる。

あのおもちゃ、とってくれない?


半蔵さんわんこからマッサージチェアだとおもわれているぱにーニィ。

わんこがひざに乗って背を向けると、無意識に揉んでいるの(笑)

ここをもむとふあ~


日が暮れると、さとこはバッテリー使用モードに切り替わるので、途中で気力が途切れた。


運転して貰っていてさえ、いちんちに全部をこなせないなんて。

…溜息。


巣に帰ったら、公民館活動のセンパイから、お庭の薔薇のお花が届いてた。

とおるちゃん、薔薇好きだけど、白は初めてだね。

早速、飾らせていただく。

白薔薇


身体がガチガチに凝るので、ぱにーニィんちで葛根湯を与えてもらい、そのまま気を失った。



夢の中で、小笠原諸島に新種のイグアナを発見、保護した。

あたりはエメラルド色の海。

楽園だーッ。


電気カーペットの上では、こんな幸せな夢がみられるらしい。
関連記事
[2015/12/19 19:14] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
おいしく頂ける幸せ。
食事に困らないのは、ほんとうにありがたいことだ。


さとこがいつも買う食材は、

太もやし 一袋 17円。
袋そば      15円。
千切りキャベツ 一袋 68円。
木綿豆腐。 おひとりさま三個までは、一丁28円。
納豆3パック入り 47円。
竹輪四本入り一袋 65円。
ヨーグルト1パック  128円。


常備品がこれだけあれば、あとはほぼ、こと足りる。


冷凍庫には常におにぎりが するる弁当

玄米はいつも3合半炊いて、まとめて冷凍してるから、めざしやするる(きびなご)を載せただけの、懐かしの昭和弁当再現は、楽勝。


食べるほど忘れてゆく茗荷味噌汁

冷凍庫には、洗ってパックした茗荷や、レンチンして一回分ずつタッパーに入れたナーベーラー(へちま)もぎっちり詰まってるから、お味噌汁の具に困ることもない。


ハンダマやナーベーラー、一昨年ぐらいまでは、手に入ったら狂喜するあこがれのお野菜だったのに、いい時代になったなあ(笑)


お野菜も、里・はてるま・友人の皆さんからいただき、皮もしっぽも無駄なく活用する。

きくらげたっぷり じゃがたま明太チーズ

とおるちゃんによくおねだりされていた、寒天根菜スープ。
最近は、ぱにーニィが、さとこ仕様できくらげ増量バージョンを与えてくれる。

仕込んで保温カバーに入れてお仕事にでかけると、夜、勝手に美味しく完成してくれている、賢いヒト。


ぱにーニィ、「芋とかぼちゃは嫌いだ」とか言ってた割に、煮つけやきんぴらにして持っていくと、フツーに食べてくれるし。

メークインを玉ねぎと炒めて明太子チーズ焼きにしたら、にゃあにゃあ言っていた。

なんだ。
問題ないじゃん。


キャベツももらったから、卵とじにしましょね。

卵とじ


こっちは昨日のおそば。

おろしそば


そして、こっちが、今夜のおそば。

湿布と納豆蕎麦


しょげているときに、あっと言う間に作って出してもらえるおそばの方が、
打ち立てを待っていただくより、涙が出るほどおいしいこともあるのよ。


ドラッグストアの28円豆腐、今時のお豆腐には珍しく、どっしりと重くてお気に入り。

葉ワサビ酢漬け奴
お豆腐のチーズ焼き

奴が一番好きだけど、チーズをのっけてオーブントースターで焼いてもらったの、美味しかったです。


林檎と梨は、とおるちゃんの好物だったから、大抵、どっちかをお供えしているんだけど、
サラダや胡麻和えなんかに少しずつ入れて、いっこに1週間くらいかかって、ようやく消費できる。

庶民の友、魚肉ソーセージサラダ 賛否両論りんごサラダ


キャベツと林檎の胡麻和えには、竹輪のポイント高いです。

ちくわ重宝 ねぎちくわマヨ焼き

大量の白ねぎを戴いた時も、竹輪とマヨ焼きが大ヒット。


さとこ、マヨネーズは来客用に買っているぐらいで、自分ではほとんど使わないのですが、最近、美味しいもんだなと気づきました。


林檎つかって大失敗だったのは、ハンダマのピーナッツ和え。

ハンダマとりんごは合わない


これは、一口食べて「どうしよう…」と思いました。

チーズをダイスカットして加えたら、そこそこ無難になり、一安心。


やー。
あせったあせった。


食材がなかなか減らないので、ほぼ毎日、変化の少ない食生活ではございますが、
柿だけは別。

でっかい富有柿

ぱにーニィんちに持っていくと、剥いた端から消えていきます。


ぱにーニィ、柿だけは、「待て」ができないみたいですね。
関連記事
[2015/12/18 19:11] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
好きです、くるくるずし。
海に近い埋立地の、お気に入りの、回転寿司。


ポイントカードが新しい方式に切り替わるそうで、ぱにーニィに、割り引き券付手続きご案内葉書が届いた。

ぱにーニィ、お得意様なのか?


期限切れにならないうちに出かけましょう。


このお店は、地物を捌くから、、アラ汁が美味しいの。

しかも、平日は95円なのでございますよ。

95円

まずは、1杯ずつ。
ともすれば3杯いただいちゃったりなんかする、私たち、要注意客でございます。


あっ。
今日は、里芋団子汁なんてのもあるね。

珍しいから、いただいてみましょう。
190円。

里芋団子汁

美味しい美味しい。
でも、やっぱ、アラ汁が一番だーね。


てなわけで、結局は追加注文。

アラ汁ばい貝

でも、ちゃんと、お寿司もいただいておりますよ。


ぱにーニィは梅貝が大好き。

とおるちゃんが大好きな、えんがわやサーモンも注文してくれます。

「おら、とおる、食えよ。143円だぞ。」


さとこは、月見とモサエビが好きなのですが、無いことが多いです。

確実なのは、納豆。そして生ハム。


一皿ずつ頼んで、納豆軍艦に生ハムをアレンジ~。

納豆と生ハム 

 生ハムに載っていたオニオンスライスとマヨネーズは、お刺身をたべちゃったあとのシャリのネタとか、細巻(中巻きサイズなんだけど)に添えてオリジナルめにゅーに。


「寿司職人をナメとんのか!」と思われるでしょうが、これがなかなかベストマッチなのでございますよ。

コチ あんきも

コチも、あん肝も、生わさび巻なども、120円。


海風が寒いから、おうどんも欲しいよね。

おろしうどん、286円也。

おろしうどん お椀は重ねなくていいの!

ぱにーニィ、お寿司のお皿は重ねるけど、お椀は積み上げなくてもいいの!


この間見つけた、回転寿司のてぃさーじ。


魚偏がお魚で可愛いでしょ。

回転ずしティサージ カズノコとか巻いた海苔が肉球マークで留めてあるんすよ。

魚辺がかわいい


こっちは、もとサーファーのぱにーニィにぴったしのてぃさーじ見つけたから、お土産に買ったやつ。

わんこがサーフボード持ってるのは、売ってるの見たことないんだもん。

サーファーねこさん


そんで、これは、さとこがいっとう大事にしてる、夫婦船てぃさーじ。

世間の荒波


とおるちゃんは一足先に降りちゃったけど、これからも、お寿司、一緒に食べようね。
関連記事
[2015/12/14 21:30] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
レッツエンジョイ排泄ライフ。
どなたかのブログに、ケールに若返り作用があると出ていた。


てことは、腸も活発になるへんか?


便秘がちなさとこ、1週間~10日排便がないのはザラで、小学校の検便は、いつも提出が最後になった。

まじめだったので、道端で発見したわんこの落とし物をラッピングして提出するような荒技はできない。


二十代の頃は、ほっぺた中がニキビで膿んで、顔を洗うのも沁みるほどだった。 

漢方の先生を頼って、処方を受けた途端、水のような排便で強烈に回復したが、それでは仕事に差し支えるので、中断。


以来、にがりやヨーグルト、プルーン、ファイバー、朝の冷たい牛乳とバナナ、業務スーパーの保存料たっぷり食パンなど、いろんな食事療法を実践したけど、どれも、続けているうちに体が順応しちゃって、効き目がなくなった。


無事に産み落とすと、とおるちゃんにも、「さとこ、出ました!」と報告。

 「はむちゃん、やったがなー」と褒めてもらえるぐらい、さとこの便通はきわめて稀で、大変におめでたいことだったのでございます。


早速ケールを買ってきました。

中国製。1000円ちょっと。
通販なら、700円しない。


なにが入っているんだろう(笑)

運命の出会い まーぜまぜ。


夕食前にケールの粉末を入れたヨーグルトを食べ始めて3週間。

なんと、開始翌日から、毎日お通じがございます!


こんなに自然なのって、社会人人生で初めてじゃないか?


しかも、ケールって全然不味くなんかないじゃーん。

…と思ってたけど、それは間違いだった。


ヨーグルトを買いそびれたある日、「おいしいからこのままでいいや」と、粉末をそのまま口に含んでみた。

おっとォ!これは。


さとこ、ほぼ何に対しても寛容な舌を持ってると自負していたが、口の中いっぱいに広がる、ダシ入りのお線香の灰のような食感に、思わずたじろぐ。


大量のお水と共に、ようやく嚥下したあと痛感した。

「…これは、続けられない。 」


やっぱ、ヨーグルトの必要性は絶対です。

しかも、こんなマズい上に、便通に効果が無い。


単品ではなく、ヨーグルトの乳酸菌と同時に摂取することで、初めてさとこの腸の運動を助けてくれるんだってことがわかりました。


腸内環境が整ったことで、むくむくと肥え始めたさとこ。
どうやら、栄養素の吸収率もupしたようでございます。


さて、ぱにーニィ。

ぱにーニィは、さとこよりもいっそう深刻。
こちらはさとこと反対で、毎日便通があるのが通常。


憩室と痔のせいで、時々潜血があるし、食べてる量のわりに便が出にくかったり、若干細めだったりすると、「大腸癌かも!内視鏡検査をしてもらわないと!」とパニック状態でトイレを出たり入ったり。


逆立ちしてガスを抜いたり、握りこぶしで無理やり押し出したりと、必死の形相だ。

はてるま父もとおるちゃんも、腸には驚くほどの神経を使い、サプリメントや薬に頼ってた。


男の人は、そんだけ不安感が強いのかな?


さて、ぱにーニィ、最近、洋式トイレでは全身全霊を込めて力むことができなくなったらしい。


便座を上げて便器にしゃがむには小さすぎて、前のめりに落っこちそう。

反対を向くと便座からお尻がはみ出る。

はみでたお尻の下にバケツ置いて、終わったら後で水洗に捨てるとか、どう?


ぱにーニィ 「それじゃ、トイレのしつけができたネコさんじゃん!」


3年前、さとこが脱水でガリガリになって便座にすっぽりハマっちゃったときは、100均のウレタンで上乗せ便座を作ってもらったけど、逆のパターンだなあ。

水没防止おまる


そこで、さとこ、考えました。


ぱにーニィを呼んでくる。

「これならどぉ?

頑張る。

洗車用の脚立を置いてみました!

ひと昔前の外便所、こんなだったじゃん。

ノスタルジックでしょ。


ぱにーニィ、厭々試す。
「やっぱり、ネコさんみたいだよ」


翌日。

あっさり撤去されておりました。


ちっ。残念。

今度は、猫砂買ってきてみようかな
関連記事
[2015/12/13 21:32] | ・俺奇行 (ぱにーニィ珠玉の自薦集) | page top
時にはご褒美。
ハウスクリーニングお仕事です。


ぱにーニィは、S県M市税理士事務所のお仕事なので、さとこ一人でごそごそ。


ぱにーニィ、一日のお仕事を終えてアパートに到着した途端、再び税理士先生からお電話。

「元帳の出力どうだっけ」


エンジン切らず、再び往復3時間かけて税理士事務所に向かう。


しょっちゅうやっている簡単な作業なんだけど、サポートサービスに電話で聞いて貰っても、先生、指示通りにできないから、ぱにーニィが行くほうが早い。


もー。M市に引越したほうがいいへんか?


そんなわけで、翌日も、何時からハウスクリーニング始めるか、さとこが様子を見に行くと、こんなことになっている。

意識不明 現場の様子


現場に向かったら、里の母から「野菜を届ける。もうすぐ」とメールあり、ぱにーニィにまかせて、慌てて巣に戻った。


30分ほど待つ。


来ないなあ。


再びメールがあった。 「あと一時間くらいかな」


早く言ってよ

「ベランダに置いといてほしいです」と返信し、現場に取って返す。


電話があり、結局、母が来てくれたのは二時間後。

現場が近いと知って、どんなところか覗きに来た。


「あら、ステキなとこだねえ。お母さん住みたいなあ。でも、人が死んでないとこじゃないとダメだけんなあ。」


母、以前は、「あんた、和風建築で広くて庭園があるところをお母さんに建ててよ」なんて暴言を吐いていたが、それでも、少し譲歩したらしい。

でも、人が死んでないおうちなんて、あるわけないでしょ。 
昔からその土地に住んでる人だって、たくさんおられるんだから。

第一、自分だって、夫が死んだ家に住んでんじゃんよ!


里の母、無縁仏さんに頼られるタイプなので、相談に乗ってあげられない仏さまとか、前の居住者と同居は困るんだそうな。

そんなん、体験してみんとわからんわ!


「ちょっと、あんた、時間ある? お母さんが頑張って書いた文章、これこれ、見てよ見てよ!」


だからさ。見てあげたくても、お仕事中です!


これから、そのレポートを、S県M市の放送大学に提出に行くらしい。

夕方から雨になるけど、ダイジョブかな?


この頃、16時には日が暮れるから、何にしても、今日、ワックスまで仕上げるのは無理になった。


それでも、先日、こんなご褒美が。


公民館活動の打ち上げのあと、シショーを迎えに来てくれたぱにーニィ。

シショー 「ぱにちゃん、なんか食べなさいよ」

シショーの次男さんが板前さんをやっている、駅前の居酒屋さんに連れて行っていただいた。


旬のお魚に、地物のお野菜。

カウンター席からは、鮮やかな手つきでお料理する板前さんの姿が眺められて、ワクワク。

できたてのお料理は、掘り返しベラを使ってひょいって出されるのを受け取ります。
「おお~。お見事!」

つき出し

突き出しのニナと厚焼き玉子。

厚焼きの、全く見えない隠し包丁にびっくりこ。

隠し包丁にびっくり


さとこの好物、モサエビ。

モサエビお刺身ホタテの炉端

ジューシーなホタテ。

生ガキ、ミルキーだ~。

牡蠣の炉端


このブログに、こんな品のいいお料理の写真、珍しくない?(笑)

お店からのサービス。
握り&ケロ。

お店からのサービス、ケロ。

可愛すぎて食べられないよーぅ。


このあと、持ち帰りの握りをつくっていただきました。

テレビで、千鳥足のおじさんが小指を立ててぶら下げている、例の寿司折です! 

さとこ、こんなん、初めて持ったよ


ぱにーニィ、やっぱ、S県M市に引っ越さず、こっちにいたほうが、だんぜんいいや(笑)
関連記事
[2015/12/12 21:29] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
壁なんかないのに、あると思っちゃう。不思議だな、人間って。
今日は、はてるま父受診日。


検査で朝食抜きだから、ドーナッツを買って、病院で義父母と合流した。


先生 「調子はどうですか」

義父 「あちこち悪くて、週に何回も病院通いですわ」

義母 「おじーさん 先生は、あんたのことを訊いておられるの。
近所のフジハラさんには、違う先生がおられるから、今、言わなくていいの」


…てな具合(笑)。


検査途中で診察に呼び出されたもんで、かなりドキドキしたのか、心電図がやり直しになった。


義父 「血管に血が無くて何度もしなった。貧血だけんな。不整脈があるらしい」

さとこ 「ほんなら、あちこち刺されちゃったの?大変でしたね。」

義父 「いや、一回で済んだけどな。心電図はな、3回も。」


慣れた検査にでさえ、理解力が低下している。

複雑部分発作のお薬、嫌っていたのに、なぜか脇腹痛にも効くと思い始め、「追加で二週間分ください」なんて言っていた。


この1ヶ月で、発作は五回。


買い物中の発作は2回目で、
締め付け感があるのか、上着やズボンのベルトを外しはじめたり、ポケットから薬を出してごそごそするので、
義母は買い物どころではなかったらしい。

本人はケロリとしているし、数秒のことだから、危険はなかったが、
知り合いだらけの近所のスーパーで発作が起きたとなると、世間の目が気になる義母としては一大事。


義母 「じーさん、この頃、全然昼寝をせんようになってな、わしが横になりゃ一緒に寝とるが、さあ用事をはじめると、自分もごそごそ始めるだで、疲れが取れんだな。」


水神さんのヘイハギや、かまどの神様のケジョウなどの部落一斉行事。

雪が降る前に畑の始末。

入院している独居の友人のおうちの管理。


正月準備も、いつもなら姉妹で一緒に行っているのに、今年は義母姉は喪中だから関われない。


ウラジロやフクラシ、松などを、山に入って採ってくる。

しめ縄を編む。


師走は、しないといけないことが山積みだから、自由がきかなくてほとほと弱っているようだ。


サメやマグロとおなじで、立ち止まると死んじゃう義母にとって、
ゴロゴロ横になっても、休むというより、イライラの原因にしかならない。


「バスがあるだけん、親戚のおじさんでも訪ねてくれりゃええだがなあ」


今年のお風呂改築で、焚き口がなくなってボイラーだけに変わったから、
何年間も、毎日、午後2時にはお風呂を焚き始め、ぐつぐつと熱湯を沸かしていた日課がなくなり、はてるま父、毎日、時間がたっぷりあるの。


バス停はすぐ近く。

JR駅までは、往復とも歩くにはやや遠いが、都会に住む人からしたら、当たり前の徒歩圏内だろう。

高齢者日常生活交通確保支援事業のタクシーの半額券だって、申請してから、1回も使っていない。


映画、音楽、写真展、買い物に喫茶店。
さとこが誘えば、はてるま父、よろこんで出かけるんだけど、それよりも、『好きなことに対して、自分が自由な位置にいる』ってことに気づいてほしい。

だから、ポスティングされる市内のタウン誌や、さとこの町の町報は、全部義父に持って帰る。


「車で外出できんのは、わしの人生終わりだ」では意味がないのよ。


そんでも、昨日、端井夫婦が、イルミネーションを見に、はてるま父母を連れて行ってくれた。

「オメーやちゃ、ええなあ。ばーさんは連れてってごさんだか」と義母がすねたら、早速、翌日お出かけできたらしい(笑)


義父も珍しく、防犯(学童のお迎え)を休んで、植物園のお食事処で夕飯を食べ、家族で、イルミネーション点灯式と花火を楽しんだそうな。


端井妹が写真を見せてくれた。

義父母のくそまじめな表情がたくさん撮れている。(笑)


良かったなー


今日もブランチを外食でと思ってたけど、義父、病院前のスーパーで買ったアツアツの焼き安納芋とドーナツを食べて、ご機嫌。

お弁当、勤務休みの端井妹の分と、とおるちゃんお供えと、たくさん買って帰りました。


午後からは、義父は、ご近所さんと連れだって防災センターの会議に出かけた。


さとこは、義母とお歳暮を厳選して、イオンに注文しに早めに降りる。


とおるちゃんが死んじゃって6年。

じわりじわりと変化がある。


悪くも、
また、良くも。
関連記事
[2015/12/09 09:30] | ・お医者さまの管轄 | page top
夜明けの贅沢は、早起きのご褒美? それとも夢の夜勤のお手当?
4時半。
外に出てみた。


わォ!おとめ座に、華奢な三日月が浮いている。


金星と火星と、月のお舟と、スピカが縦一列に並んで見事。


なんて贅沢なお空でしょう。


…てことは?
さっきまでの世界が夢なのかな?


さっきまでのさとこ、すごーく働いてなかったっけ?


  
 ↓


バイクで走り、明け方、街に着いた。


24時間営業の健康増進センターに立ち寄る。


10時にフロントが開いたら、近くにホテルが無いか聞いてみよう。

雪が積もり始めた。
早く落ち着く場所を見つけないと、今夜はバイクでの野宿は無理だ。


フロントで、「どっか温泉ないですか」と相談するが、濃い顔立ちのフロントマンばかりで日本語が通じない。


困ったなと思いながら、他を当たる前に、せっかくだから施設内を見学した。


タワーの中央がエレベーターで、その周囲を螺旋状のビロード敷きのゆるい階段が取り巻き、段の縁は七色のライトで彩られている。

壁のくぼみには、小川や黒曜石や南洋の植物で小さいお庭が。


各階は高級感溢れるレストラン。
カクテルバー、イタリアン、フランス料理、串揚げ、しゃぶしゃぶ、鰻。


螺旋のスロープを一階まで降りると、そこはステーキハウスだった。

暗めのガラス越しに、スーツ姿の紳士と目が合い、なんとなく気まずい。


用があるふりをしてエレベーターに乗った。

と、スゴいスピードで動いたと思ったら、さとこは自動的に高速船の中に収容されていて、びっくり。


操舵室に入ると、後ろ姿に見覚えがある。
元職場の運転手さん、船長さんだったのか。


波ひとつない、銀色の海を、どこかに向かってる。


すみません、間違って乗っちゃった。
往復チケット、ここでも買えますかね。


運転手さん 「おー、はてるまか。元気だったか?今、支店長を迎えに行くとこだから。隠れて乗っとれや」


島に着いた。


あら、見覚えがある景色。

確か、この先にグループホームと、目印の漁協があるはず…、と砂利道を辿る。


あった!
ここ、確か、勤めてた気がする。

何年ぶり?


陶芸の作業所や、デイサービスもできている。

喫茶店まで併設じゃーん。
入ってみよう。


知ってる顔なんだけど、みんな能面のように表情なく座っている。

生きてるの?


一人のスタッフが、首だけくるり回し、「頑張ってますよー」と笑いを貼りつけている。

よかった。魂全部は抜けてないらしい。


早く船に戻ろう。
置いていかれたら困る。


三叉路で悩んだ。

小さい島だから、どこを通っても、最終的には船着き場にたどり着くはずだけど、
なぜか足が一歩も前に出ない。





汗だくで目が覚めた。

確か雪が降り始めてたのに、やけに暑いなあ。


氷水を飲んで再度目を閉じる。





今日から、以前勤めていた職場関連の支援施設に入居が決定した。


園内を見て回る。

4年振りだっけ?
前に勤めてた時と、ずいぶん変わったなあ。


あ、仲良しのハラちゃんの姿。

さとこに気づいて、駆け寄ってくれた。


「さとこちゃーん。元気しとった?」


あっはっはー。お世話になります。
おや。なんかの活動?


「音響の技術指導だに」


すごっ。今の社会復帰支援って、そこまでやってんの?
わたしも習いたい。
ミキサー買いたいけど、まずは使い方に慣れんと。


「ここの機材、当分使わないから貸したげるよ。
持ってって、使いない、使いない。
無駄にならんでいいわ」


マジっすか。
早速借りて帰って、勉強するわー。


映画研究会の担当スタッフとご利用者がチラシを持って回ってる。


はてるまさんもぜひ、と勧められ、会場に入ったものの、
だめじゃん。
戦争もののオムニバスだよ。


ケータイで呼び出されたふりをして、会釈してその場を抜け出す。


食堂に行くと、片付け途中なのにスタッフが誰もいない。

朝食で使ったタオルやエプロン、洗濯機回しとかないと、お昼までに乾かんへん?


床にひっくり返った残飯を拭き集めて、汚れたタオルを下洗い。

レンタルの分らしいのと、ご利用者の自前っぽい柄物を仕分けする。


100人分の湯呑みは、ハイターに浸けてから洗うのかな?


この残飯のざるに落ちてる入れ歯、誰のだ?


コップに溶けかけの錠剤がへばりついてる。

糖尿病のひとのじゃないといいけれど。
看護婦さんに報告しなきゃ。


見覚えあるスタッフがやってきた。
「あ、はてるまさーん、ありがと、助かるわ。早番が全員インフルエンザで休んじゃって、バタバタだに。」

あのころと今とでは、やり方、だいぶ変わってるだろうから、それは違うよ、って教えて下さいねー。


あ!いま、玄関に独りで向かわれたの、ご利用者じゃないですか?


足にギプスをしたおばあさんが全力で車いすを漕いでいる後ろ姿を、スタッフが悲鳴をあげながら追いかける。


トイレのナースコールが2つ点灯してるけど、とりあえず、さとこが声かけていいんだろうか。


早く日勤さん出勤してこないかな。
入居したものの、あれこれ気になって落ち着かない。




気が付いたら真っ暗。

手を伸ばしたらドアにぶつかった。

ありゃ?ここ、とおるちゃんとさとこの巣だ。

いつ帰ったんだっけ。


昼前になったら、ぱにーニィにミキサー持って行こう。

ありゃ?
ミキサー、…どこだ?


ぱにーニィに電話する。
借りて帰ったミキサー知りませんか?


寝ぼけ声で「それも夢だから。」の即答が返ってきた。


ぱにーニィ、すごい!

自分がまだ夢の中なのに、さとこが夢の話してるって、よく理解できるなあ



関連記事
[2015/12/02 23:15] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
ああ、腰砕け♡
この足つぼマッサージ機。

ツボ押し器


いぼいぼが突き刺さり、さとこ、へっぴり腰。

「あだだだだ」


さとこが直立どころか、体重すら支えられないのに、
ぱにーニィの足の裏は火渡りできるぐらい分厚いようだ。

あまりの痛さに  楽勝さ


ベッドの踏み台に使っているくらいだから、こんな技も、へのかっぱ。
    ↓
Ⅿですか?


そこへ、新しい健康器具が仲間入りした。

その名も、パナソニックのエアーマッサージャー、『骨盤おしりリフレ EW-NA75』号。


さとこが、家電量販店でうっとりと締め付けられていたヤツです。


「どれどれ? そんなにイイの?」

ぱにーニィ、早速、試す。

ふむふむなるほど

「あー。こりゃ、
…わおーん( ̄▽ ̄)」

ああー♡

恍惚の時間です。


でしょでしょーッ

さとこ、今まで、帯を巻きつけて締めあげてみたり、中山さん(中山式快癒器)でぐりぐりして、下半身のしびれを紛らせていたけど、これは言うことなし!


あふうー。 ( ˘ω˘)

はにょぉぉぉ。(゚∀゚)


ぎゅーって締めあげてくれるのに、お腹を圧迫しないのがいい。


「1日1回、10分だよ」


すぐ終わっちゃうけど、それ以上すると、どんなことになるのかは、10分間施行の後でさえ、一目瞭然。

ぱにーニィ 「抗えない魔力がある!このピンクのヒトは人間をダメにするよ。」


『骨盤おしりリフレ EW-NA75号』 を外した途端の脱力で、腑抜けと化したさとこ。
ずるずると這って、そのまま電気カーペットで気を失うパターンに、生活が変化しつつあります。


ぱにーニィん家を訪問したら、もしかしたら、大小2本の棒が転がっている現場を、見学できるかもしれませんよ。
関連記事
[2015/12/01 15:03] | ・明日のために、その壱。 | page top
| ホーム |