冬支度。
ぱにーニィんちの台所に、電気カーペットを敷いた。


ぱにーニィ、うっとりと棒になる。

棒になる。


そろそろタイヤも換えんとね。

端井夫とはてるま父が、「今年はスタッドレスタイヤ替えた方がええぞ」と言うので、去年まで履いていたのをはてるまのお家に取りに行き、半蔵さんに新しいのを買って着けてもらった。


半蔵さん、今日は、みんなからタイヤ交換を依頼されていて、大忙し。


低血糖で意識不明になるヒマもないようだ(笑)。

遊んでもらえず、お仕事を見守るわんこ。

わんこ見る わんこ淋しい


さとこは、激しい流血中にて、頭痛で意識モーロー。

足元がふわふわして、世界が遠くにある感じ。

座った途端に眠りこける。


ぱにーニィが「さとやん、造血しないと」と、久しぶりに鶏レバーの甘酢餡かけディナーを作ってくれた。

レバー甘酢
造血定食

コールラビと豆と雑穀のクリーム煮。
コールラビとウインナのチーズ焼き。
はてるま母の黒豆。

豆と雑穀 チーズ焼き くず黒豆

赤ワインにばっちりィ。


翌日。
はてるまでも初雪が降ったそうな。


いよいよ冬が来ましたね、とおるちゃん。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/11/28 15:55] | ・明日のために、その壱。 | page top
あこがれの肉まんを求めて。
S県M市の百貨店で、横浜中華街物産展が最終日。


店員さんからのアピール度が熱烈だから、沖縄物産展以外は行きたくないんだけど、どうしても欲しいものがある。


それは、もちもちと弾力がある、ニシッとした噛みごたえの皮の饅頭です。


昔、地元にユウホウという高級中華料理店さんがあって、一回で一個は食べきれない、窒息しそうに密度が高い肉まんを作ってました。


親教会の集まりとかの特別な時にしか目にすることはなかったから、小さい頃には、そんなに思い入れはなかったんだろうけど、大人になってからは、それが、さとこの記憶にある最高峰の肉まん。


あと、丸めて切って蒸した、何も入ってないけどかすかに甘い花巻とかが大好き。

里の母が神戸に行ったときに、冷凍の花巻をお土産に買ってきてくれて、食感の良さに感激したものでございます。


ふんわり皮の肉まんは、さとこのイメージの中では中華まんとうじゃないのーッ。


催物場のエスカレーターの柱の陰から狙いを定め、足早に一店舗ずつ肉まんをハシゴする。


蒸して売っているのは4店舗。

イートインで実食します。


残念。
どれもふんわりでした。

一時、ミスタードーナッツで売っていた肉まんが、一番近かったかなあ


肉まんと花巻はあきらめて、とおるちゃんにお供えを買って帰りましょうか。


どこの店舗も、「最終日だから3パック1000円にしとくよ!」とか、「サービスするよ!」の声が飛び交う。

次々と差し出される試食が怖いので、ぱにーニィの背中にピッタリ張り付いて回る。


焼売の4種類詰め合わせと、半蔵さんから頼まれた餃子を買いました。


練習の後、試食会です。

4色シュウマイ 練習後の夕飯

メインは横浜中華街の焼売四種類セット。

玄米
2色ピーマン素焼き
リンゴと白菜と大根のサラダ
春菊と椎茸と竹輪の卵とじ
17円なのにダントツ美味しい木綿豆腐


熱燗が恋しい季節になりましたにゃ。
関連記事
[2015/11/25 07:13] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
冬が来る前に、5年前のぴよ子さんの思いやりを振り返る 。
とおるちゃんの、六年と一回目の月命日。


さとこ、まさか今まで生きていようとは想像もしておりませんでしたが。


雪が降ると閉ざされてしまう、山のスカイライン。

夕日に銀色に輝くふわふわのススキを見にドライブするのがお決まりでしたが、この頃ずっと雨続き。


天候はイマイチでも、とおるちゃんがツーリングしたくてうずうずしてるだろうから、ぱにーニィがススキを見に連れてってくれました。


まずは、はてるまのおうちから、わりと近い丘陵地帯。

ポイントをさがす ススキの丘 もやの中の杉林


ここは、なんだか北海道みたいな景色だし、春には野焼きもあって、お気に入りの場所。


途中の道の駅で、炭火焼のヤマメの塩焼きを食べる。

今年最後のヤマメかな?

内臓が出してあって、残念。 
今の季節は、冷凍物なんだね。

でも、じゅうぶん美味しかったです。


遊び仲間や親戚で、よく出掛けた遊園地。

もうすぐ冬季休業?
最後の紅葉

最後に行ったのは、とおるちゃんとはてるま母と3人で。 

とおるちゃんが、ちっちゃな瓶の桃色の濁り酒を買ってくれて、とてもうれしかったな。


さらに車を進めて、キャンプ場が併設された、名水の源泉へ。

登山姿の家族連れがたくさん。


16時半にはもう日没ですが、今日は温かいから、キャンプにはちょうど良いでしょう。

16時半には日没 足よりデッカイ

こんなでっかい落ち葉がありましたー。


見上げると、すっかり枯れ枝。

さとこの抜け毛もずいぶん増えたけど、そういう季節なのでしょうか。

冬枯れの空 

このまま抜け続けたら、スキンヘッドを考えています。
落書きもできるしね(笑)。


以前はからたちの生垣に覆われて、うっそうと佇まいの良かった源泉。

バキュームポンプで大量に汲み上げていく業者が増えて、取水禁止になりました。

残念なことです。

落ち葉に覆われた源泉 でーじ冷たい 

清水が流れ出る川では遊んでもいいんですが、身を切る程の冷たさです。


そして、本日の最終目的地は、とおるちゃんとベントラーごっこして宇宙との交信を試みた、山中の原っぱ。


標高870mの県境の絶景スポットで、北側は山並みが広がり、南側は緑の高原地帯と、おもちゃのような町並みが一望できる。

ぐるりを見晴らす


展望台の駐車場に車を止めて、遊歩道に分け入る。

お日様は沈んでも、お月様が照らしてくれるススキの道を、リュックを揺らしながら走ります。

ススキの中を ひたすら歩く 


蜘蛛の巣を払いながら終点につくと、そこは円形の小さな広場。

ここまで来る人はほとんどいない。
さとこが一番ほっとする場所です。


風の音と、鳥のさえずりしか聞こえない。

静寂。  演歌ジャケットに

実は、この場所が、さとこが「うっかり!」を装おって凍死しようと計画していたポイント。


街灯なんかないし、夜は車は通らないけど、展望台からはわりと近いから、
朝、さとこ号が乗り捨ててあるのが売店のおっちゃんか観光客に発見されれば、
わざわざ捜索隊が出動しなくてもアッサリ見つけてもらえる。


オリオン座流星群を見に来て、呑みすぎて急性アルコール中毒で寝込み、そのまま凍死か、野の動物や虫さんのゴハンになるというストーリーでした。

さとこ、食物連鎖の一環になるのが夢だったからね。


そして、とおるちゃんの事故の前日、「はむちゃん、流星群観に行こうよ!」とおねだりされたのに、翌日のカンファレンスの準備が気になって、「ごめん、ふたご座の時に連れてって」と断ってしまったのが、心臓をえぐるように辛いから、迎えに来てもらうのは、流星雨の下で、と決めていたのです。


この計画に向けて、一年間、ひたすら準備に専念しました。


もちろん、何事も無いように日常生活を続けながら。


義父入院中、仕事帰りに毎日の通院。
時間休を駆使し、うつになった義母の話し相手。

9月末に、退職願いを出し、年末で退職決定。

11月の全国大会論文作成。
12月の施設内研究発表論文作成。
仕事の個人情報始末。
引き継ぎ書類の整理。

バンド脱退。
とおるちゃん遺品の形見分け。
さとこ所持品廃棄。
重要書類の整理。
カードなどの面倒な契約は全て解約。
エンディングノートの作成。
日記シュレッダーかけ。


寝なくても全然平気でした。
寝るのが怖かったから。


ところが。
念願の当日。

事故現場で事故の瞬間を過ごし、最後に目に焼き付けてから、目的地に向かう17時55分。

ぴよ子さんからとおるちゃんのケータイへ、メールが届きました。



「一年経ちましたね。
わたしたちにとっては、あっと言う間、さとこさんにとっては、とても長い一年だったと思うけど、一年経ったね。

ご存じのとおり、この一年いろんなことがあり、あたしゃ、一年に2回も沖縄に行かせてもらったよ。
おまけに、バンドの人たちとも、ぐっと仲良しになれたよ。

今更なんだけど、ホント、声かけてくれた時には行かずにごめんなさい。
今頃参加で、いろんな機会を与えてくれてありがとう。

さとこさん、この一年めちゃめちゃ、頑張ってたよね。
だから、そろそろ自由にしてもいいんじゃないかなとも思う。
だけど、やっぱり、1分でも1時間でも長く一緒に遊んだりお話したりしたいのよ。

でな、お願いだけど、大丈夫だと思うけど、もし、さとこさんが無茶なことしそうになったら、守ってあげてほしいの。
さとこさんは怒ると思うけど、さとこさんを守れるの、あんたしかいないんだからね。

ただ、あんたの判断で、早くさとこさんに会いたいと思ったら、それは夫婦のことだから我慢するよ。

でもって、将来わたしが行った時には、また二人のペットとして遊んでね。

じゃあ頼んだよ。お願いしますね。

あと、今年はオリオン座流星群は曇りで見えないんだけど、さとこさんのことはもう怒ってないよね。」




…泣いたね。


こうして、一回目の計画は、あっけなくポシャりました。


だって、巨乳好きのとおるちゃん、ぴよ子さんからこんなメールが来たら、ホイホイついて行っちまって、さとこは、曇り空を見上げながら、「とおるちゃん遅いなあ」なんて待ちぼうけ食らうのが関の山。


感の鋭い親友を持つのも、嬉しいような、困るような…。

ま、2年越し・3年越しのB・C計画もあったから、「なんのなんの!」とさらに闘志を燃やすさとこではございましたが。


にやり( ̄ー ̄)。



関連記事
[2015/11/24 15:55] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにそにっく2号機は、『ピンポイント専科サトコ』。
朝から腰痛で、弱った。

いや、痛いのはお腹かな?
臀部なのか?
やっぱ、腰かも。

どこを中心に痛いのか、わけがわからない。


ここんとこ、半月ほど連続で毎日車に乗ってるからかな。

この間から、車内ではバンテリンの加圧式腰痛ベルトを締めることにしたけれど。


とおるちゃんが買った、巣用の富士医療機マッサージチェアはほぼ健在だけど、体のサイズが合わないから、腰には届かない。


マッサージチェアとともに今の巣に引っ越したのは、2008年の10月。

幅が広くてドアから入らないから、裏のベランダの掃き出し窓から入れてもらったんだけど、当時の裏の空き地は、今は立派な耕作地。


出すには、分解するしかないかなあ。


足がしびれて歩けないので、暖房便座に挟まる。


は~。( ˘ω˘)
温い。


洋式トイレで良かったー。


座り直したり、歩いたり、さらしで絞り上げたり。


今日は、半蔵さんとこで練習です。


行き掛けに、ぱにーニィが、「リアルプロ(パナソニックの高級マッサージチェア)乗りに行かーん?」と、里の母の「阿油味に行かーん?」を真似る。

背に腹は変えられない。

思い切ってついていく。


さとこ、リアルプロ初体験です。


揉み玉四個に足のエアー。

上半身・足裏を温めながらほぐす、ダブル温感マッサージ。
上半身・足裏・手のひらを深く細かくほぐす、トリプル揉ねつ。
首すじまわり・肩甲骨まわり・骨盤まわり・脚まわりを温めながら、じんわりのばすストレッチ。

最近のあんま機


ふおおお(゚∀゚)


ぱにそにっくぱにーニィが、三人がかりでマッサージしてくれているみたーい。

まさにハーレムですよ!

さすが、ぱにそにっく氏イチオシの『パナソニック』なだけはある。


軽くなった身体で半蔵自動車に行ってみたら、半蔵さんは爆睡中だった。

血糖値が上がって意識を失っているようだ。

あの、起きるんでも少し静かに

添い寝していた半蔵さんのわんこが、「あの、主人が起きるんで、も少し、音控えてもらえませんか」とか言いに来たから、命に別条はないだろう。


練習終わってから半蔵さんが気が付いたから、今度はさとこが肘鉄マッサージ。


半蔵さん 「鬼殺しって焼酎を飲んだら、スゲーうまくて、でも、そのあと全身が腫れて具合が悪くなっただ。あー、そこ、気持ちええなあ。」

ぱにーニィ 「ツボをギリギリかすめる、さとやんのイライラマッサージでさえ気持ちいいなんて、よっぽど餓えとるだなあ」


帰り道、車に乗るとやっぱり腰が痛いから、別の家電量販店へ向かう。

じっと座っていられないから、ただマッサージするだけの固定チェアは使えないけど、リアルプロは、骨盤を圧迫したり座面が左右に傾くので、とてもいい。

かなりいい。

ダントツいい。


ひどい肩こりで、ここんとこずっと腕と歯が痛いのが続いてるぱにーニィ、半額で24万になったパナソニックリアルプロが欲しくてたまらない。

「アパートの玄関からは入らんし、置くとこないのが諦める救いだね。」


そして、さとこがいちばん夢中になったのは、
同じくパナソニックの
『骨盤用エアーマッサージャーPanasonic 骨盤おしりリフレ』。


ピンクの骨盤矯正ベルトが、骨盤を締めあげてくれる。

さとこ、うっとり


これ使いながら、洗い物とか、ハウスクリーニングやったら、かなり楽だへん?

みるみる鈍痛が治まったし。


そして、「ここまでマッサージの才能がないのも珍しい」とぱにーニィにお墨付きを貰っていたさとこですが、半蔵さんに効果があったことに気をよくして、ひじ・脛を駆使して、只今『ぱにそにっく2号機・ピンポイント専科』として修行中。


ものになるのか?さとこ!

汚名返上か?さとこ!
関連記事
[2015/11/19 07:18] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
お誕生会は、何回やってもいいんだもん。
今日は、とおるちゃんのお誕生日だけど、演奏依頼をいただいていた。


企業からの依頼なので、なんと、ギャラが発生しました。


封筒触ると厚みがある。
なんかの間違いじゃない?


気が大きくなり、帰りに、閉店前のイオンで、ごちそうをしこたま買い込んで、お誕生会です。


ドイツでは、故人のお誕生日にお墓参りするらしい。

ベルリンに住むブロガーさんの記事で知った。


とおるちゃんとさとこ、夕方のラジオ番組『地球ラジオ』で、世界各国在住の方々がいろんな習慣をレポートされるの聞くのが楽しみだったけど、
今は聞けないかわりに、blog記事がさとこの情報源です。


あ、ブロガーさんと言えば…

さとこ 「いつも突っ込み入れてくださる関西のブロガーさんね、この間お誕生日だったんだよー」

ぱにーニィ 「そりゃお祝いしないと!本人不在で」


…マインドがさとこに似てきたなあ(笑)


もちろん、菩薩さま&とおるちゃんは、出席しているに決まってますしね。


もし今日お誕生会ができなかったときの為に、昨日、前夜祭をしたんだけど、
そんとき、7回忌法要の時と同じく、さとこ右隣、冷蔵庫前のとおるちゃんの席に、あったかいかたまりがありました。


ぱにーニもィ、さとこの右肩横に手を延ばして、「…認めるの嫌だけど、ここが、温い。」って確認。


探せば、ちゃんとそばにいるのがうれしいねえ。


とおるちゃん、はてるまの家では出没回数が多くて、しょっちゅう仏間から出入りしてるみたいで、端井が来て賑やかにお茶を飲み始めると、早速、廊下のセンサーライトが灯る。


義父母も端井も、それがうれしくてしょうがない。

義母 「さと!またな、とおるがな、化けて出たぞ」


…お義母さん、その表現はいかがなものかと思います


で、深夜のパーティは、こんな感じでしたー。

はっぴばーすでー

半額握りセット。

半額握り!

ぱにーニィからプレゼントのケンタ。

ケンタ6ピースパック! スイーツ4種盛り!

半額スイーツは、

フルーツロール
ガトーフリュイ
宇治抹茶ときなこの和風パフェ
ブルーベリーチーズケーキ

だって、二人分だし(笑)


おめでとう!いただきます!

今夜も、さとこの右隣はあったかい。


菩薩さま&とおるちゃん、修行が進んでエネルギー量増えたのかな?


ところで、ギャラの方は。

やっぱり何かの間違いだといけないので、開封せずに神棚に預ける。


さとこ 「領収書が送ってくるまで、金額訂正あるかもしんないから、開けるの待つね」
ぱにーニィ 「うん、それがいいよ」


気が大きくなったのもつかの間、すぐに弱腰になる、ぱにーニィとさとこでございました。
関連記事
[2015/11/18 07:14] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
わりと前向きな、最近のさとこの日常。
公民館活動の日。


先輩方、全員ご参加でうれしい。

忘年会・新年会の日程が決まり、会計係のさとこ、お店の予約も済ませて一安心すますた。


カラオケの時間が終わった後に、長持ち唄個人指導です。


習い始めて1年半。 

シショーのお話では、やっと曲全体の流れがわかってきたらしい。


そうっすか?
さとこには、何が変わってきているのか、ぜんぜんわかりませんけど。


今日は、1番ごとに3回ある、『はあァァァァ~』の特訓です。


シショー 「これからどんどん直すよ。はぁ~だけで1年かかるからね。はいッ、ゆっくり、のこぎりバイブ5回」


ひぃぃぃぃ。

延々と「はあーあァあァあァあァあ」を繰り返す。


頷かれたり、首を振られたり。


うーん。
難解過ぎてさっぱり解らん。


シショー 「あなたとぱにちゃん(ぱにーニィのこと)達と、今度の、町のふれあいイベントのバンド演奏には出ないの?」

防災無線で、そんな募集やってたなあ。
でも、バタバタしてて、それどころじゃなかった。


「練習してないし、日が無いから無理ですよぅ」

「出なさいよー。わたしが聞いてみる」


シショー、すたすたと事務所に向かい、受付のおねーさんに「ふれあい事業の申し込みはまだできるの?」


おねーさん、「10月末で締め切って、もうプログラム刷っちゃったんです。」


ほ、良かった。


終わって、ぱにーニィと合流。

ぱにーニィのお母さんが退院される前に、ご実家の冷蔵庫と電気毛布を買うのです。


家電量販店に行く。


お母さん、さとこより背が低いから、今までの冷蔵庫だと、上の物が取れない。

小さめを選ぶつもりが、10万以上の商品にしか10年保証がつかないそうで、結局、今までと同じサイズの5ドアタイプに落ち着いた。

明日運んでくれるそうだから、戸締り確認要員として、ついて行こっと。


玄米を炊いて、里の母に届けに向かう。

電話に出ないと思ったら、母、脚立に乗って、ゆず収穫中。


わああ。
止めてくれー。

「さとこが採るから!」

ぱにーニィ 「あなた危ないから、ワンが!」

母 「ぱにーニィさんに頼みます」


母もぱにーニィもサンダル履き。

払った枝の棘が底に刺さり放題なのに、全く気付いていない(汗)
踏み抜いたら破傷風だよ。


この3人の中で、いちばん危なくないのは誰よ?

ぱにーニィ、ゆずに棘があるのも知らないんだから、ダメダメ!


ぱにーニィ 「あっ。…痛い」

ね。(苦笑)


目を突かなくて良かったよ。

早速、とげぬきを買わないと。


ひとしきり収穫し終える。

母 「ありがと、ありがと。 
ね、ラーメン食べに行かん?」


母、ゴメン。
さっき、家電量販店行く前に、ナン食べ放題のアジアンレストランで我を失ってきたばかり。


前回、10%引きチケットをもらったからそれを使ったら、「コレ、次ニ使テクダサイ。ナマステー。」

二人、レジで思わず 「またすぐ来ないと!ナマステー」

…笑われて出てきたところでございます。


そして、みぃちゃんは、毎日来てくれているらしい。

ごはんくださーい あぐあぐ

母、うれしくて、イソイソとご飯を用意する。

心なしか、おでぶになった気がするなあ。


母と別れて巣に戻り、慢性疲労のぱにーニィにお灸をすえる。

おおー。いいねえ

ぱにーニィ 「おー。効くねえ」


とりあえず、平穏に過ごしています。
関連記事
[2015/11/12 07:21] | ・明日のために、その壱。 | page top
お宝発見か?
愛飲している与那国島国泉泡盛酒造のどなん花酒(はなさき 60度)が空っぽになったから、次のを開けようかなと詰口日付を見たら、13年。


三年から古酒になるって言うし、これはこのままとっておいて、新しいの買おうかな。


60度~花酒最高度数65度は、泡盛の基準を超えているけど、与那国島の特産品として、特別に製造・販売が許可されている特別なお酒だそうだ。

国泉泡盛「どなん」と、入波平酒造「舞富名」と、崎元酒造所「与那国」。


崎元酒造所さんのホームページ見たら、
   ↓


『島の文化として亡くなった人を火葬せず埋葬する際に花酒を2本(1.8L)を一緒に墓の中に入れ7年後の洗骨の儀式の時に遺骨を取り出し、
墓の中に入れた花酒で遺骨を清め、
最後に花酒を掛けて火を付け燃やし遺灰にして再び墓の中に入れます。

残りの1本は集まった人たちで故人を偲びながら7年古酒となった花酒を飲んだり、
酒の飲めない人は故人が7年間大事に育てた薬として体の悪い部分に花酒を塗り、
マッサージしながら悪い部分を故人に治してもらうという風習などから、
与那国島の生活には欠かせないお酒として大切に守られてきました。』



じーん。

やっぱ、買お。(笑)


さとこが20代の頃、とおるちゃんたちとよく集合場所にしていた酒屋さんに向かう。


えーと。ハナサキ…
三本ありました。

二本は、さとこが備蓄しているのと同じ13年だけど、
おや?
これは日にちがついてないよ。


箱にバーコードがついてないし、なんと、電話番号の市外局番が、桁ずらし変更前の5桁。
   
こっちね。
一目瞭然

もしかして、掘り出し物だへん?


帰って早速調べる。


ごーやーどっとネット沖縄辞典を検索。
  ↓


『2002年12月には、NTT以外の電話会社が格安サービスで進出しやすくするため、満杯となっている市内局番を2桁化し、市外局番を「0980」とし末尾の8を市内局番の頭とした。

これにより町内の市内局番は「84」または「85」となった。

またかつて市外局番として使われていた9から始まる2桁の市内局番も今後使われる可能性が出てきた(今のところ割り当てられていない)。

これと同時に宮古地区も「09807」だった市外局番を「0980」とした。』




2002年。平成14年。


ってことは、少なく見積もっても、13年は経っている?


どなん花酒60度は、1972年の本土復帰を記念して造られたお酒。

泡盛の一番絞りともいえる原酒で、琉球王朝時代には、王様へ献上されていた大変貴重なものですよ。


うっひゃー

このまま持ってたら、ものすごい価値がつく?


いつ聞いても『品切れ・入荷待ち』のこんなんも持ってるよ。

まいふなもあるよ まいふなアップ


『琉球泡盛酒の大きな魅力は、貯蔵期間が長いほど熟成し上質になり高級なお酒として珍重されていくことです。
沖縄県では、甕やビンに入れて熟成させます。
年月を重ねるほど、こくや独特の香気が出てうまくなるので香りも甘くなり、口に含んだときの舌触りもまろやかになります。

かつては琉球王朝時代に200年物や300年物が存在したとされますが、それらは沖縄戦により全て失われてしまいました。

古酒は現在でも希少で珍重されており、琉球泡盛古酒の長期熟成古酒の35年以上の年月をかけ熟成させたものは現存するものが少なく、世界的にも貴重なお酒になります。』



そーなんですね!


ヤフオクとかに出したら、沖縄におうちが買えたりして。

早速チェック。


入波平酒造さんの南どなん20年秘蔵酒が、57475円。
本島の恩納酒造所さんでも、泡盛秘蔵古酒 萬座2003年40度の一升瓶が、75600円。
よなぐに60度 約35年の古酒は、一升瓶250000円ーっ!?


我慢して開封せずにいたら、先々、まさか、沖縄の地元スーパーのサンエーやユニオンで、毎日、半額でオカズが買えるとか。

もしかして、沖縄のヒーロー『龍神マブヤー』ショーをタクシーで見に行ける身分になっちゃうわけ?


と果てしなく妄想をめぐらすわりに、発想がショボい。


と、とにかく、まずは古物商の許可もらいにケーサツ行かなきゃ!


すでに浮足立っているさとこでありました。


関連記事
[2015/11/09 20:01] | ・明日のために、その壱。 | page top
秋の大祭と、お父さん命日のぱにーニィの過ごし方。
大祭当日。

5時半になってから、突如、倦怠感が訪れる。


拒否反応ですかね。

気は焦るが、横になって、明るくなるの待つ。


7時。
さとこ、漸く再起動。


大慌てで準備をし、教会へ向かう。

金曜日だから、車の交通量多くてドキドキ。


着いたら8時半だった。

教会長も、夕べは遅くまで信者さんがお参りに来られていたとのことで、予定がずれ込み、夜通し準備をして眠っていない様子。

手伝えなくてごめんね。

全体


お魚も、活きが良いのがお供えできました。

抱き合わせで

神殿2 神殿

霊神殿前には庭のお花をお供え。

お花オッケー 祖霊殿


玄関には、ジュズダマと松ぼっくりを飾る。

生花のかわりに  巨大まつぼっくりと珠数玉

でっかい松ぼっくりだなあ。
大王松かなんかでしょうか。


今回は、祭司と信者さんが一緒にお直会なので、先生方に別料理をご用意する必要が無く、普段は台所番のさとこ、十何年ぶりかに祭典に列席できた。


んが。
背後では、高速道路みたいにびゅんびゅん車が往来し、頭上には航空機や自衛隊機がぶんぶん飛んでいる。


さとこ、びびりまくり、怖くて最後列でだだ泣き(笑)

涙とハナミズにまみれたティッシュの塊が、膝の上でだんだん大きく成長していく。


それでも、信者さんに両側を挟んでいただいて、三人並んで、玉串も奉納した。


祭司の先生方、すっかりご高齢になられたなあ。

祭典中の写真なんて今まで撮ってないから、記念にパチリ。

全体的に高齢化

祭司が四名、信者さんは十数名と、こじんまりしたお祭り。


兄と同い年のこの教会、掘っ立て小屋から始まり、昔は、100名くらい信者さんが来られていたから、増築するまでは、年に2度、大祭の度に、家中のタンスや布団なんかを、外のムシロの上に運び出していた。

お直会も、外にゴザをしいて、テーブルを並べてたなあ。

今思えば、懐かしい。


祭典の後は、教会長の説話。


毎日ちっちゃい幸せが沢山あることに気づきましょう。


自分でトイレに行けることがありがたい。

右折レーンで困っている時に、対向車がライトを消して「どうぞ」と合図してくれることがありがたい。


それでも、テレビのニュースを見ながら食事していると、痛ましい事件ばかりで、胸につかえて食べられなくなる。

おいしいコロッケのはずなのに、作ってくださった方や命への感謝を感じられなくなっちゃう。


なーんだ。
母、さとこと同じじゃん。


よく訪問させていただくblogに、

「親に似ていると思うときがありますか」という記事がありましたが、
ほんと、母とさとこ、今考えていることや行動がシンクロします。


それぞれが、同じ日に同じおかずを作っていたり、

お互いが知らずに別々に京都に行っていて、さとこが市営バスの中から、四条河原町を歩いている母の姿を見つけて、バスから降りて肩をたたいたら腰を抜かされたり、

さとこ、バスに乗り遅れて「こんなとき母に偶然会ったりするんだよな」と吹雪の中を歩いていたら、
母も母で「まさか、こんなところを案外にさとこが歩いとったりして…。あっちゃ、ほんとに居るがね!」と見つけてくれて、拾って帰ってもらったり。


やー。
ほんと、繋がってるねー。


説話が終わり、全員一緒にお直会の最中、一人の信者さんが、突然、体調不良になられた。


お直会終了後、母と二人で、かかりつけ医さんへ通院同行する。

その方、若い時は強く我を通すボス的存在の方だったけど、すっかり年老いて、心が脆くなっちゃったの。


注射一本で目力が戻ったから、お家に送りとどけた。


教会に戻り、潔癖症の母が見たら卒倒するような、壁や床が大惨事になっちゃったトイレを、そそくさとハイターで大掃除する。

もし、ノロウイルスだったらマズイからね。


気が張っていた母もさすがにぐったりノビていた。

とにかく無事に終わりました。



一方、ぱにーニィは。
今日は、13時からお母さんの入院先病院でカンファレンス。


お父さんの命日なのに、お母さん、入院中で帰れないし、さとこ、せめて一緒にお墓参りしたかったけど残念です。


ぱにーニィ、ひとりだと自分家なのに入れないんだよね。
強迫神経症だから、戸締まりやお線香が気になって、出発できなくなる(笑)。


カンファレンス後、お父さんが亡くなった時刻まで、お墓で過ごしてあげたそうだ。


今夜は、お祭のお直会をぱにーニィんちで。

カッコイイ!

船乗り姿のお父さんの写真にお供えして、さあ、静かに楽しく暴食しましょうか。

お弁当  煮物


せっかく、お下がりの鯛を塩焼きにしたのに、オーブントースターから出すとき失敗しちゃった。

シーラカンス

…シーラカンス?(笑)

関連記事
[2015/11/08 20:09] | ・キヅキ | page top
セロトニン欠乏に効果的なのは、デプロメールよりも猫さんかもよ。
ここ1週間、ハウスクリーニングをキャンセルし、秋季ご大祭に向けての準備に専念していたさとこ。


朝が来ると、超ブルーで動けまへん。


夏は、カーテンも窓も全開で寝てたから、否応なしに太陽が起こしてくれていたけど、この時期、さすがに冷えるから、自分で採光しないとね。


光がないと液晶画面にゼロが出ない電卓みたいに、身体を起こせなくなるから、なるべく電灯をつけっぱなしで寝ている。
明け方にカーテン開けて消灯するんだけど、元々は真っ暗が好きだからなあ。


それでも、この1年で、めきめきと体力がついたように思う。


最近、体重が増えて、自分の服がキツキツ。

ま、とおるちゃんの服があるからいいんだけどね。


体力がつくと 、いろんなことに気づく。

寒い。暑い。お腹が減った。眠い。


そして、「もしかして、なんとかなるかもしれない」というお気楽気分が瞬間的に訪れるようになった。


肉付きが良くなったさとこと反対に、日に日にシャープになる美らかーぎードクターに減薬を切り出してみる。

美らかーぎードクターは自転車を始められたので、引き締まって一層美しくなったようだ。


「セロトニンの分泌は日照時間に比例するから、この時期にデプロメールを減らすのは好ましくないわね。
春になってから始めましょう」
とのことだった。



毎日連続で外出するのが苦痛なのは、相変わらず。

大祭と施設訪問が終わったら、眠剤飲んで丸1日寝てやるー。


里の母が心配して「車が増えるから明るいうちに帰りなさいよ」と言ってくれるから、教会の御用自体は短時間なんだけど、往復路の運転でぐったりする上に、教会内が薄暗いから、気持ちが滅入るんだよね。


15時を回ると、小学校の下校時間と航空自衛隊の飛行訓練と大型車両の走行がトリプルで激しくなる時間帯になり、例のノイズキャンセリングイヤホンが大活躍。

だけど、やっぱり連続使用は1時間程度。


そーだよね。
あんまり聞こえないだけで、騒音を打ち消す逆位相の波は出てんだもん。


そして、マスクと帽子をつけると安心するのに似ていて、逆に、今度はイヤホンに頼りすぎるようになるのではと心配しちゃう。


刺激を減らすことより、刺激のダメージを小さくする方法を考えないとなあ。



癒しもあるよ。

最近、母お気に入りの猫のにゃーんさんの訪問はすっかり途絶えたが、代わりに、みぃちゃんが来てくれる。


この辺、御近所の自動車修理工場さんが猫さんを大量飼いしてるので、ねこさんが恋しくなると会いに行けるからラッキー。

にゃーんさんもみぃちゃんも、そのお家の猫グループらしい。


みぃちゃんはまだ小柄で若くて。
もし、どなたか ごめんください
掃除した台所にあがっては母にまぶりついておねだりする。

「わかったわね、わかったわね」

母が鰹節をあげると、ふんッと鼻息でそこら中に飛び散らして食べるらしい。


「掃除してもきりがないに」

カリカリにしたら?

「カリカリ持ってないもん。」


この、ブルマーを穿いているようなお尻が、まことにいい。

また来ます

母の車の上も、みぃちゃんのお散歩コースになっているようだ。

みーちゃんたら


S県M市税理士事務所のお隣のねこさんとは、なかなかこの距離を縮められないんですけどね。

にゃーさん発見


このにゃーさんの柄が楽しめるくらい、近づいてみたいものですにゃ。


関連記事
[2015/11/07 18:27] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ぱにーニィにも、ぱにーニィが居ればなあ。
ぱにーニィ、心配事、右肩上がり。


先日、税理のお仕事で独居のお年寄りのお宅を訪問したら、まさに電話口で、銀行と口座名を知らない相手に伝えている最中だった。

その人、数ヶ月前にも銀行員の手を振り払ってキャッシュコーナーから振り込め詐欺に送金したばかりなのに、そのこと自体を忘れてる。


ぱにーニィ、警察と銀行に連絡し、さらに電話をナンバーディスプレイ表示にして、「今度は銀行かなんかを名乗ってかけてくるから、電話番号を聞いて折り返しかけるからと言って必ず切るようにしてくださいよ」と念押しをして帰ってきた。


今日は今日で、S県M市税理士先生宅の受話器が上がりっぱなしで、何時間も音信不通。
何かあったのでは、と気が気でない。


夕方、やっと先生のほうからかかってきたけど、そのあとも受話器上がりっぱなしのままだった。


先生からの用件は、「19時からのテレビ番組を録画したいけどやり方がわからないし、ビデオテープがない」


電話で説明しようにも、説明書が探せないから、日暮れの渋滞の国道を税理士事務所に向かう。

先生、名画のDVD全集も何シリーズも買ってるけど、未開封のままなんだけどな。
今回も、録画したのを観ることはきっとないよね。


それでも、行ったことで、受話器を下ろせたし、顔をみて安心できたから、今夜は寝られるだろう。



先日は、里の母とさとこ、ぱにーニィの運転で、教会本部参拝に連れて行ってもらった。


巣を8時に出発し、22時着巣。

母から、「高速道路は、路面のタイヤの音が怖いから、下道を片道四時間かけて行ってほしい」といわれたが、さとこの体調は片道二時間が限界。

ただでさえ大流血でリハビリパンツ中なので、トイレがない旧道だと、お手上げ状態です。

ぱにーニィにとっても、初めての道だし、人や自転車がいない高速道路でないと、精神的にかなり堪える。


母を説得し、高速道路を行くことになった。


最低速度で走ってもらって、急ぐ車には道を譲りながら、各パーキングでトイレ休憩。


結局、高速でも片道4時間半(笑)。


帰り道、さとこは気が遠くなりそうだったが、母はなぜか超元気。

出発前に43kgあったさとこの体重、翌朝、40、5kgになってたから、母、エネルギー吸ってんのかな(笑)?


サービスエリアでの昼食時と、帰りのマンモスショッピングセンターで、早速、ぼーずのノイズキャンセリングイヤホンを使用した。

静寂にほっとしたのもつかの間、
ボリボリ、ボリボリ…。
自分の食べる音がチョーやかましいっす。


これ、食べるときには不向きかも。(笑)



ぱにーニィのお母さんの退院に向けてのリハビリやカンファレンスも始まった。


壊れた冷蔵庫の中身のお片付けに、壊れた電気コタツのヒーター交換に、これまた入院中のお兄さんの保険手続き代行や郵便物受け取り。


実家、お兄さんち、S県の事務所…

「今日は、何も予定はないよ!」って言ってるそばから電話がかかり、結局、毎日どこかをハシゴで遠出してる。


お酒を飲んだら記憶がないのは当たり前。

酔っ払いさんが「ひっくひっく」ってしゃっくりするの、ドリフかウッチャンナンチャンのウッチャンだけかと思ってたら、ぱにーニィ、素でなってる。

これって、お笑いじゃなくてホントになるんだね!


さとこ、びっくりこ。


そして、腰と膝の痛みで、最近のぱにーニィ、立ち上がるときに「あ゛あ゛あ゛ー」って言う癖がついた。


やー。
初老感がいい味出してるね(笑)


マッサージの才能は自称『パニソニック(←パナソニックの高級マッサージ機、リアルプロをもじっています)』ってくらい開花してるのに、残念ながら、その技術は本人には使えない。


さとこが真似っこ指圧しても
「そこまで才能がないのは珍しい。
あー。
ワンにワンが居ればなあ」


ごめんなさいよっ
(♯`∧´)ぷんすかぷんッ

関連記事
[2015/11/06 19:58] | ・主な登場人物紹介 | page top
111 と 7777
ぱにーニィのお誕生日、11月1日。


ぴよ子さんのお仕事の調整ができた時に、一緒にお食事会をする計画だけど、やっぱ、当日は当日でこじんまりお祝いを。

だって、さとこ、ぱにーニィに介護されて生きておるわけですからね(笑)。


パイが好きなぱにーニィ。

以前、お肉屋さんのお惣菜でタンシチューのパイ包みがベラボーに美味しくて、それを注文に行ったけど、もう作っていないとか(涙)。


このへんのケーキ屋さんのスイーツは、パイと名前がついていても、なぜかタルト生地のものがほとんど。

明日のために下見だけして、せっかくだから、スーパーのスイーツコーナーのアップルパイを買いました。


まずは、前夜祭だーい!

前夜祭


そして11月1日。

ぱにーニィ、お誕生日おめでとう!
いつもそばにいてくれてありがとう!


一緒にケーキ屋さんに行く途中、先日できたばかりで気になっていたアジアンダイニングのお店に入ってみることにした。

わーい。
レオマワールドに来たみたーい。


メニューは、インド、ネパール、タイ、ベトナム、韓国…。

すごーくそそられる 


だって、ナンとごはんが食べ放題なんだよ!

さとこ、ナンが大好きだけど、ぱにーニィは焼きたてのナンを食べたことが無い。


店内にはインド映画の映像が流れていて、さとこの居心地、二重丸。


カタコト日本語のネパール人っぽい店員さんに、身振りとメニュー指さし確認と単語で、ランチセットを二種類頼みましたー。


タンドリーチキン、サラダ、シシケバブ、トムヤムクンがついてくる。

ソフトドリンクは、ラッシーとマンゴーラッシーを注文。

サイドメニュー


で、チーズナンセットのカレーは、シーフードとほうれん草。

とろーりチーズナン

ランチセットのプレーンナンは、このでっかさ!
カレーは、チキンと野菜。

お代わり自由


カレー単品だと18種類はあるから、制覇してみたいなあ(笑)


ぱにーニィ、ナンに夢中。
「こんなにおいしいものだったなんて!」

熱狂的に食べている。


店員さんが
「ナン、オカワリ?」

こ、このサイズ、オカワリ!?

自制心がはじけ飛んだ。

二人 「ナマステー。 オネガイシマース。」


すごーく美味しかったとアピールするために、カレーのひとすくいだって残したくないもんね。


お隣のテーブル席の人は単品を並べて食べきれなかったらしくて、ドギーバッグを頼んでた。
テイクアウトもできるようです。


ナンも8種類、スープも4種類、知らない名前のメニューがたくさん。

就労ビザが切れて閉店になるまでに、せっせと通わなきゃ!


手を合わせ、ナマステを連呼しながら前屈姿勢でお店を出る。


さとこ 「で、パイは?」

ぱにーニィ 「お願いだから…日を改めて。」



そして、11月3日にもうひとつお祝いが!
さとこのカウンターが、7777になりました。
  ↓
151103_2118~03


お越しくださった皆さま、ありがとうございます!

ぱにーニィの『変態が常態である生き様』に、好感を持ってくださったのでしょうか…。


早速、ぴよ子さんからいただいていたスイーツと、358円のスパークリングワインで乾杯だー。
さらにデザート さとこにお似合いの最安値


これ、カジノだったら、コインじゃらじゃら出てくるのかな?(ワクワク)
関連記事
[2015/11/04 08:22] | ・キヅキ | page top
| ホーム |