エスタロンなしでライブに挑む 。
ライブ前夜の練習中、腹痛と吐き気。

下肢に何かが貼りついているような違和感を覚え、何度も足をガシガシこすっていたけど、夕方からは、浮腫んでパンパンになった。


大流血がはじまりましたー。


およよ~。


こりゃ、本番は、下腹に力を入れる度にドローリだなあ。


この間なんか、血みどろ事件が2ヶ月以上無くて、「おっ。ついに上がったか?」と感無量になっていたら、64日ぶりに流血してビックリしたこともある。

リハビリパンツ代が浮くなあと思ったら、ぬか喜びでしたにゃ。


池上永一さんが、テンペストで初潮を「薄い卵の殻が割れたような違和感」と表現してたけど、男の人なのに、巧い例えを思いつかれたもんだ。

熱帯夜が続く八月、リハパン穿いたら、モッコモコの、汗だっくだくになるなあ。


…ぐったり。


翌日のライブ。

セッティング 楽器たち

満席。

おありがとうございます。


おいしいお料理。

沖縄風アレンジ


信頼できる音響さん。

頼もしい半蔵音響さん


奥の座のハイテンションな一族さまご一行、「この間沖縄行ってきましたーッ」っとノリノリ。


右手のテーブルの初老のご婦人と息子さん、「上甑島出身です。」

島津藩ですかい!


こしき島列島は琉球諸島から天草・長崎・朝鮮半島・日本海に向かう船の通り道にあり、琉球とのつながりも深いんだよね。


うちなんちゅ比率も高く、リクエストなど頂いたりで、さとこ ビビる。


初めから知っていたら仰け反るその環境に、なんと、さとこ、初めて、カフェイン製剤『エスタロン錠』を与薬せずに臨んだ。

「花」かな?



指笛 ぴうィッ。

どろっ

あっ。


お囃子。

ッはッはッはッは。

ぴゅっぴゅっぴゅっぴゅっ。


おげげげげ~。

この状態でエスタロンまで飲んだら、『大失血 → 意識不明街道 まっしぐら!』だもん(笑)。


でも、終了後の体重なんと40,3kg(誤差500gですが)

ライブ後に40kg以上残っていたの、何年ぶりでしょう。


やっぱ、いつの間にか、じわじわ体力ついてんだな~


楽しかったデス。

フィナーレ


そして、クーラー前の涼しい場所を一人占めのとおるちゃん。

クーラーで涼む菩薩様&とおるちゃん

お客様に、ちゃんと冷風届いたのかな…。



関連記事
スポンサーサイト
[2015/08/26 23:14] | ・うちなんちゅ追分 | page top
おっさんとわんこ、支えあいの毎日。

あたし、今日くたくたなの

半蔵自動車のNOVAちゃん、今日は抜歯手術でした。


ここんとこ、半蔵さん、超ユウウツ。


昨日なんて、沖縄バンドの練習にお店借りるお願いしてたの、ケロリと忘れて出掛けてるぐらい、上の空。


練習はカラオケボックスに変更し、解散後、ぱにーニィとさとこ、再び半蔵自動車に向かう。


お。帰ってる帰ってる。
生きてたね。


NOVAちゃん、いつも通り、
キャーッ (o≧∇≦)oo(≧∇≦o) って 
盛大に迎えてくれたものの、
直ぐに丸くなる。

余程疲れているみたい。


この日、動物病院へ手術前の検査に行ったんだけど、NOVAちゃん、市内に入った途端に助手席でプルプル、ブルブル。


手術は全身麻酔だから、半蔵さん心配で心配で、NOVAちゃん、ご主人の不安感をいち早く察知したのですね。


飼い主本人も、腕の痛みと痺れが治らないから、「ワシに何かあったらNOVAが大変だっ」てんで、自分も時間外緊急扱いで病院駆け込んだりして。

普段は、痛くても苦しくても、あれこれ理由つけて病院行きたがらないくせにさ。


「異常ナシ」でビタミン剤と痛み止だけを出されて、触診すらないんじゃ意味ないので、半蔵さん、食い下がって、とりあえずMRIを予約した。


愛だね~。


そして今日。

早めに出発し、「朝のさんぽは気持ちえーなー、NOVA。」とかなんとかだまくらかしながら病院へ。


初めは主人を信頼しきって上機嫌だったNOVAちゃん、動物病院が近づくと、
プルプルプルプル…。


9時から手術開始。


半蔵さん、ついているわけにもいかず、お店に帰ってひたすら気を揉む。

揉んで揉んで、16時。

病院から「意識が戻りましたよ~。」と連絡があった。

「麻酔が完全に醒める19時に迎えに来て」とのこと。

早く会わせてごさんかな

歯周病で、なんと、歯を五本も抜いた!

NOVAちゃんは、シュナウザーでも歯周病にかかりやすい個体らしいから、これからは、毎日二人で仲良く歯磨きだね。


お迎えの車で待機していたぱにーニィとさとこを見るなり、大憤慨で訴える。

「わうわうわうわう!
あうあう!
わうわうわうわーう!」


ぱにーニィ「そっかそっか、そんなことされたか。そりゃー大変だったなあ、ヨシヨシ」

「わうわうわーう」


お水が飲みたくてたまらないのに、今夜12時までは禁止だって。


半蔵さんに、「寝とれ!」と指示され、しょんぼり横になる。

痛かったか?

「おめぇ、健気だなあ。かわいさーになあ。」

愛しくてたまらない半蔵さん。


さあ、さとこたちは失礼して、二人きり(?)にして思いきり甘えさせてあげましょね。


何はともあれ、無事で良かった。
関連記事
[2015/08/19 23:17] | ・お医者さまの管轄 | page top
危うく 大惨事。
送りが終り、巣に降りた深夜、差し入れの鯛をつつく。

胡椒が利いてスパイシーな酒蒸し。


おいしいな。
ほっとする。


わーい。でっかい鯛のタイだー。

でっかいタイノタイ

母にごちそうさまを言ったら、
「お姉ちゃんが骨載せてたでしょ。それも鯛のタイじゃないの?」

あ、ここにいたの!


あ!ほんとだ。
こんなかたちでくっついていたのかー。

ハイターで生臭さを消し、コレクションに加える。(笑)


翌朝、母からこんなメールが届き、夢から引きずり戻された。

  
なんと驚き!

仏壇が。
たぶんローソクの火。
敷きがみ、箱、梨が焦げまくっていました。
気をつけて。」

もう、ほんと、さとこビビるから、文字の色を変えるなんてワザ、止めてほしいわ(汗)


台所食器棚のガラス戸開きに、仏教徒の大叔母達の仏壇と、神道の祖母が奉ってある。

家族が集う場にお祀りするのが一番だからってことで。

今回、そこのお灯明が燃えたらしい。


塗りの段が汚れないようにと、黒い色画用紙が敷いてあったが、えらくふわふわと埃が溜まったなと思ったら、敷き紙やお札類が燃えた灰だった。

お供えの梨の皮が一部焦げ、花瓶の榊も枯れ葉に。

燃えた線香の箱 枯れた榊 焼き梨

線香の箱の角が燃えていて、よく線香に燃え移らなかったものだ、と鳥肌が立った。

気をつけてじゃないわっ(怒)


その日のうちに100均で、厚いアルミの板と単4電池仕様のろうそく型ライトを買って持って行き、ローソク撤去。
100均買占め これで安心

母方は、全員が信仰中心生活の家系だから、煙草も吸わないのに、火を使う機会がやたら多い。


夫と息子が戦死した大叔母の家も、祖母の実家も、焼失したから、よくよく気をつけてと言っているのに…。


母、「んまー、火事になったかもしらんのに。神様が守って下さっただなあ。
びっくりよ。お母さん、目が見えんから、こんなことになったの知らなくて」


だから。
見えなくても知らなくても、火は勝手に燃え広がるの。
お陰じゃなくて、奇跡だわ!(激怒)


「だってね、小さいローソクなんだよー」


ローソクの火が何度になると思ってんだよッ。
芯の青いあたりはせいぜい300度だけど、黄色いとこは1400度だよっ!


「あっちゃ。ほんとかね。
あら、あんたが来るだったら、豆ご飯でも炊いたのに。」


お願いだから、火を扱うのはやめてくれー。


ふう。


さとこに平安が訪れるのは、…いつ?
関連記事
[2015/08/18 23:16] | ・パニック事件簿(古い順) | page top
どんなに後悔しても日々は取り戻せない。
盆送り。
戦没者を追悼し平和を祈念する日。

沖縄戦終結の日は9月7日だけどね。


ルソンで戦死されたお祖父さんも、仏壇でくつろいで下さったでしょうか。


佛教では「普通お盆は1日から24日を指し、送る期間は、16日から24日まで」らしいのに、なんで、こんなバタバタ短縮なのかな。


方丈さんが読経にきてくださり、報恩する棚経(たなぎょう)参りも、毎年8月10日なのが今年は方丈さんの御都合でライブの8日と重なり、帰れなかった。


はてるまの地区、ものすごいかっちり予定が決まってる。


13日にお墓の花立て、迎え火。


14日が初盆さんのお宅参りで、朝7時から。みんなが数件ずつ声を掛け合って固まり、じゅんぐりにご焼香する。

その前後にお墓の留守参り。
どのお墓も、みんなが次々やってきて、パンやおはぎや果物や駄菓子・お米などがてんこ盛り。

この日だけは、カー子も飽食なので、お墓は大喜びのアリさんたちで真っ黒になる。


お寺の御礼参りは14日と15日。


毎年、15日から送る気満々で、16日の深夜0時に盛大に送り返しちゃうんだけど、あんまし早過ぎるへん?

23日は月命日なんだしさ、それまで、ゆっくりのんびりしたらいいじゃん。


沖縄行って、きっとあちこちで早めのエイサーあるから、いっぺん、それ観てからでも遅くないへん?


ぶつぶつとおるちゃんに話しかけながら、はてるまへの道を急ぐ。


昨日てぃーだちゃんが、続いて、今日はいじゃーくんが一人帰ってきたから、孫が揃って、じーちゃんばーちゃん上機嫌。

13日に食べたお寿司の盛り合わせをもう一度買い、今日は仏間で賑やかに昼食会をやり直す。


あれ?
今まで気が付かなかったけど、これ、クバの木?

クバ?

義母に聞いたら、「そりゃ芭蕉だ。あちこちににょきにょき生えとるぞ」

あ、ほんとだ。畑や山のいたるところに青々と茂ってる。

こんな雪の多い中山間地なのに、南国っぽいじゃーん。


精霊馬が帰り支度のために向きを変えている。

去年から、牛さん馬さんを作るのは義父の仕事。


きゅうりは足の速い馬さん。

グソーから少しでもお家に到着するように。

ナスは歩みの遅い牛さん。

グソーへ帰るのが少しでも遅くなるように。そして、たくさんのお土産を積んでも大丈夫なように、がっちりした足をつける。


スーパーマーケットでスクラッチカードを7枚もらったから、くじ運がいい義母に渡した。

仲良し写真撮れた

一枚目で最高額の500円が出たのに、義母、ぜんぶこすっちゃって、悔しくてしかたがない。

「じーさん!わしが擦るのをそばで見ちょったくせに、なんで止めんだ!」

一同、「じーちゃんを責めるのは間違っているぞ、ばーちゃん!」

義父、今日は味方がたくさんいるのでにこにこ。(笑)


それでも、義母、残りもすべて50円、100円、200円と合計1050円ゲットした。

さとこだったら、ほぼハズレだろうに。

義母、さすが。


義父には、とおるちゃんの古いノートパソコンをセットして、2階で一人DVDを楽しめるようにした。

でも、問題は、義父がまだパソコンを扱えないこと。


ぱにーニィ 「最初の壁は、机が足りないことだよな。」

爆笑。
そうそう、その通り。

マウスに慣れるまで、テーブル、何メートルあっても足りないもんね。


午後ははてるま3人はお寺にお礼参りに行き、てぃーだちゃんは川に泳ぎに。
いじゃーくんは久々の車いじりでのんびり。


お寺から戻ると、孫たちに持たせるお野菜の収穫。

ブルーベリもー白桃も、大豊作。

ブルーベリー山盛り 白桃あまーい

トマトは、いじゃーくんはもっちりした黄色が好き。
アイコは風猫さんちの娘さんの好物だから、さとこも貰っていこう。

いじゃー君の大好物 

ハンダマも日陰ではよく茂ってる。
やっぱ、肥料は油カスが一番みたい。

はんだま元気 はんだまと白瓜

縞瓜は塩漬けにして奈良漬の準備。
白ゴーヤーとあばさーゴーヤーは、ワタが苦くなくてびっくりです。

奈良漬作るか 丸かじりはちょっと…


続いて、明日朝一で立て替えるアスターや女郎花を準備します。

アスター畑


うちの部落、13~15日は花だけ、16日に花の木や渋木も立てると決まっていて、じぶんのところだけ間違うと大変だから、家庭内で夫婦喧嘩をするぐらいややこしい。


訪問したお宅で出されたフルーツが多すぎて食べられないとか、あるいは、お茶も出なかったとか、下げ提灯が邪魔なぐらい大きいとか、反対に、提灯が貧相だけど、親戚は何を考えている、だとか、牛さん馬さんの飾りつけがわかってないとか。
部落じゅうがそんな共通の話題で炎上する。


さとこ、ぜったい務まりません。

お墓もリニューアル

「さとに心配させんように、お墓はブロック塀してもらったからな。
砂が流れんでええぞ。
花の木も榊もマサキもシブキも、みんなお墓の周りに植えてあるから、それをちょんちょん切ったらいいだぞ。」


送り団子をつくりながら、そんなお話、寂しいよ…。


0時の送りまで時間がたっぷりあるから、はてるま母を夕方の半額セールに連れていくことになった。

普段、夜の外出なんか、滅多にしないから、義母、ワクワクしている。

早めにお墓を整えてそのまま出発、と思ったら来客。

お客様が帰られたら、続いて、いじゃー君が「ばーちゃん、晩御飯ある?」

お嫁ちゃんと子供が里帰りし、アパートが不在になったので、ゆっくり帰ることに決めたらしい。


そして、さとこ号の前にあったいじゃーくんの車が出発するのと入れ替わりに、端井妹が帰ってきた。


滅多に会わないから、職場の愚痴を聞く。

「あたし、もっと資格が欲しいんだ。
ケアマネージャーは、お兄が猛反対したからやめたけど。
ケアマネには絶対なるなよ。24時間やすみなしだぞって。」


ごめんねとおるちゃん

ほんとにごめん

ほったらかしでごめん

寂しがらせてごめん

容量オーバーなの分かってて、さとこが悪あがきしていたせいで、きみとの生活をおろそかにしてしまった。

また一緒に暮らせるようになって償えるのはいつかな。

このまま連れてってくれないかな。


結局、スーパーに着いたら20時だった。
当然、お惣菜はすべて空っぽ。


幸い、ちょうど盆踊りの花火が見れ、義母の失望感が若干和らぐ。

たーまやー


続いてもう1件回ったけど、やっぱり何も残ってない。
残念。

「あっ、さと!お前の好きな鯛のお頭が半額だッ」

「キャーッ。すてきィ。おかーさん、さとこ欲しーい」

「ヨシヨシ」

とりあえず、成果はありました。(;^ω^)


そんなこんなで、あっという間の深夜0時。


名残り惜しいけど、お見送りです。

川にお土産をたくさん並べ、かびじん3万グヮンとお線香とオガラを焚いて送りました。
送り火


うちかび、送るのやめたら、一緒に連れてってくれる?とおるちゃん。
関連記事
[2015/08/16 23:14] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
2015年のお盆が始まりました。
8月14日。
あっさりへこたれました。


一日中、ひたすら寝た。


母から「どうしとる?」メールが届いたが、その返事を打ちながら、また寝た。


ゆうべ、里帰りしているぱにーニィのアパートにウクレレを取りに行って、冷蔵庫に玉子焼きを発見し、また酔っ払って焼いたんだなと回収したのを、食べて、更に寝る。


夕方、ようやく意識がハッキリした。


はて。
なんだったんだろ?


盆入り夕方、はてるまからお野菜をしこたま貰い、更に「お土産を見繕って」とお金を渡されたが、お店で物色しても思うものが見つからない。

母に電話したら、「お野菜は取りに行くので持って来ずに巣で待ってなさい。それ以外は何も要らないからお風呂に入らせて」とのこと。


はーい。ありがとね。

19時に巣にたどり着き、お風呂準備。


でも、さとこ、兄夫婦と母が21時頃にお風呂入りに来てくれた時には、既にバッテリーが切れていたらしい。


3人は、さとこを見るなり、「お前疲れとるから、はてるまのお野菜もらうだけで帰るわ」

お野菜やブルーベリーを受け取り、鯛の頭の酒蒸しを差し入れしてくれただけで帰っちゃった。


へ?
そうなの?

さとこ、そんなにふらふらに見えたかな?


首を傾げつつ、ぱにーニィが前日深夜に届けてくれた手作り豆腐を食べ始めたら、いつの間にか椅子から落ちていた。


あ、なるほど~。
納得。


その日は、恒例の、はてるま母姉妹とのお墓掃除でした。


叔母の息子のりやんさんは、ウツで何年も無職だったけど、自動車整備の仕事についてから、ずっと継続できている。


久しぶりに会ったら、いつもの軽口だけど表情が暗い。

ウツ、再発したらしい。


暑い時期に毎日外で整備なんて、無理し過ぎなんじゃないのかな。


いつものスーパーの喫茶コーナーでケーキセットを食べてから解散。


このお店のポイントカードが電子マネー方式に替わったので、さとこ、ここだけはお財布要らず。

イオンもそうすればいいんだけど、「ワオン!」の声が苦手だから出来ないんだよね。


店は、大勢のお客さんと店内放送で活気に溢れている。

日常の買い出し・お盆のお供え・お昼のごちそう・お寺のお礼の品などを山積みで購入。


さとこ、両方の足の裏がつって、うまく歩けない。

運転大丈夫かな。

不安は口に出さないに越したことはない。


スーパー2件目に至っては、レジは長蛇の列。


秋の彼岸もシルバーウィークで5連休だから、混雑するんだろーなー。

せっかく福祉施設でのライブの依頼を頂いたんだけど、遠方だから、連休中の移動は自信がないさとこ、お断わりするしかない。


はてるまに帰る道々、話題は義父のこと。


義父、先日、バスに乗って診療所に独りで行き、食前薬を貰った。

帰りのバスは一時間後。
タクシーも四人待ち。


診療所近くの知人宅に行ったら、在宅だったから、送って貰って帰ってきたそうな。


さとこと孫達と甥ののりやんさんが足になれない分、知人が送迎を申し出てくれて、ありがたい。


「診療所のT先生にガンガン怒られたらしいが、じーさん、それは黙っとる。
それからは、食事のきっちり一時間前に食前薬を飲み、痛いって言わなくなった。
とりあえず今は、ホッとしとる」と嬉しそうな義母。


「おかーさん、こっちからは何にも尋ねんようにしましょうね。
それでもまた痛くなったら、マッサージに行きましょう。
おとーさんには、おかーさん以外にも、痛いって話せる相手が必要ですもん。
気持ちが身体を左右するからね。
癌だって、笑ったら治るっていうぐらいだし」


義母 「そうだな。それもいいなあ」

ヤッタ!
義母さえ納得すれば、こっちのもんだぜ。


昼食は握り寿司。
義父、すっかり痩せて、全ての骨が浮き出して見えるから、好きなものをしっかり食べてもらいたい。

義母も、大好物のウニをオプションでトッピングし、上機嫌。


お盆だから、テレビでは幽霊話特集。

コメンテーターの稲川淳二さんと森公美子さんには全く悪意はないんだけど、さとこ、その声のトーンとスタジオ内の悲鳴にやられ、やっぱりワイパックスを飲んでしまった。


義父がチャンネルを変えると、更に畳み掛けるように天津港爆発のニュース。


衝撃波でからだが燃え上がる。

繰り返し写し出される衝撃的な映像に、居り場のないさとこ。


親戚の初盆参りに行くために外出し、ほっとした。


一日中、雨が降っては、止み。


お墓参りと迎え火はちゃんと晴れていてウレシイ。
一族で過ごす連休の始まりです。


とおるちゃん、待ってたよ。
お帰りなさい!


さとこは、順調な日々を過ごしています。

関連記事
[2015/08/16 15:49] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこ、妄想しまくり。
立秋から、明け方が急に涼しくなった。


夜明けもずいぶん遅くなってきたなあ。

久しぶりの恵みの雨。
こんな日に塩撒いたら、塩害効果抜群だろーなー.。


はてるま母実家のお墓掃除が明日にずれ込んだから、今日は兄夫婦と母と揃って祖母実家お墓掃除。


迎えに来てくれた3人の憔悴ぶりに、さとこどぅまんぎる。

夕べなにがあった?
さとこのことで夜通し話したりとか、してたんだろうか。

母と義姉がぐったりと眠り、兄も眠気覚ましに、イカの姿フライ カライーカをかみ砕きながらの運転。


 「んで、お前、ヘッドホン、まだ買えてないんか」

そうなの。
ノイズキャンセリングのイヤホンが欲しいんだけど、近隣の家電屋さんで取り扱ってない。

そして、家電屋さん、さとこ、かなり苦手。

大手の楽器屋さんならと島村楽器も考えているが、これまた苦手なイオンの中。

なかなか、じっくり検討する心の余裕がない。


お墓参りを済ませたら、丁度お昼。

母はお気に入りのめし屋さん『橋本』に行きたいのを、兄と義姉がコンビニのイートインにしてくれた。


母と二人のときは遅い時間だからよく立ち寄るけど、12時台の橋本は、窓から中を見るだけでも、トラック運ちゃん・工場関係者・家族連れで満席だからね。


橋本が却下となり、後部シートの母、うつむいて足で助手席の下をゲシゲシ蹴っている。


ごめんね、母。(苦笑)

今度、空いた時間帯の時に一緒に入ろうね。


夜も、 ぱにーニィに乗っけて貰って、一緒に夕御飯を食べる約束をしている。


母は、「阿油味に始まって阿油味に終わる」と言ってるくらい『阿油味』のラーメンと唐揚げが食べたいんだけど、「さとこが行けるとこでいいよ」と苦渋の決断にて、ごくごく近所の『網師平』に。


網師平、チェーン焼き肉屋と回転寿司経営の本店だから、お肉もお魚も食べられるのです。

特別美味しいってわけではないのですが、店員さんがすごく丁寧。


肌と髪のロースト加減から、店員さんの大半がサーファーさんと推察される。

その為に、BGMはスカとかレゲエでのんびりしてるし、テレビは音無しで波乗りのシーンか株価情報。


韓国の家具に、ポリネシアの島々を連想させる民芸品が飾ってある。

席は衝立で仕切ってあるから安心。


しかも、トイレからはわんこの小屋が見られる。
網戸越しにわんこ2匹


さとこにとって言うことナシ(笑)


兄夫婦、意外なことに網師平は一度しか来ていないらしく、母・ぱにーニィ・さとこの三種類の定食の品数を見てビックリ。

「定食、すごいんやなあ」

気に入ってくれたらいいなー。


網師平で夕食の後、教会でお茶タイム。
紅芋ロール


母が教会で過ごすようになり、襖を開け放って明るく涼しくなったから、教会はずいぶん居心地がよくなった。

お風呂と台所は家のを使うにしても、ぐったりやる気がでなくて放置されているさとこの巣より、よっぽど片付いている。


blogでさとこの様子は熟知している兄、ぱにーニィからも情報提供を受ける。

はてるま父母とのストレス改善策を考じてくれようとするが、残念、母が来たから中断。

でも、沢山お話ができて良かった。

ぱにーニィ 「やー。お兄さんも、お姉さんも、さすが、話がおもしろいねー。楽しかったよ」


免許の話になり、さとこ、自分に栄養士の資格があるのは知っていたが、母から「あっちゃ、あんた、図書館司書も持っとるよ」と言われビックリこ。

そーだったの?
単位はとったけど、教職の実習に行かなかったから、資格はないと思っちょりました。

ま、今更、使い道はないけどね。


古物商とれば、沖縄アンテナショップ作って販売もできるし、栄養士の資格があるってことは、食品衛生責任者になれるから、取り扱ってる商品でぱにーニィが飲食コーナー作れるね。

さとこ、奥で下ごしらえや洗い物なら出来る。
調理師免許はなくてもいいんだよね。

防火管理者は、消防署の講習会を受講すれば取れるんでしょ。


そしたらさ、そしたらさ、毎月沖縄に買い出しに行けるじゃーん。


遺族年金とハウスクリーニングのチームらすからーずでは生計が成り立たないから、むくむくと別の妄想が膨らみかけているさとこでした。
関連記事
[2015/08/14 15:48] | ・キヅキ | page top
ウツウツ。ウツウツ。
お盆が近づいてゆううつで動けませーん。


とおるちゃんが帰ってくる (ま、お盆だけに限らないからね) ウレシイ時期ではありますし、お墓はもともと好きなんだけど、家族との会話とか人の多いところの出入りとかの、いろんな刺激に長時間さらされるのが苦痛なのですね。

それに、やっぱり、とおるちゃんが生きてないという事実を、突きつけられるってことですから。


はてるま母と日程相談の会話をして、電話を切ったあと、ぐったりこ。

普段のCメールやりとりでは文字数が書ききれないから、電話すると止まらないんだよね。


「じーさんには、ほんに堪える。
畑から帰るのを待ち構えとって、わしの顔を見ると、痛い痛い ばっかりだ。

食事の前には必ず。それが毎日だぞ。


もう、わしもかなわんで、暑いけど家に居られんけん、畑の日陰に逃げとる。

こっちが気違いになるわ。

じーさん、入院させてもらえんかなあ。」


義父は、とにかく、話を聞いてくれて、同意をして慰めてくれる相手が欲しいんだよ。


さとこ 「もともとの腰痛があるからよけい痛いかも。整形で診てもらいましょうよ。
それか、マッサージに通えば、お義父さん気が紛れるよ」


義母、悲鳴に近い溜息。 「そんなもん、効くもんかね。
盆が終わったら他の病院で検査してもらわんと。
入院だわ。
こっちの身がもたん」


さとこが義父を連れ出して、二人でJR構内のテモミジョーズを体験しようかとも考えた。

でも、ぱにーニィが、
「それはどうかな。

はてるまのお母さん、不満をいいたいからわざとその状態に持ち込む性格なんでしょう。

そんなもんで治ることでわしらを困らせたのか、と余計にお父さんにダメージを与えるんじゃないの?

お父さんも、自分で街まで出てこないし、さとやんがお膳立てしても継続はしないなら、関わらないほうがいいよ。

これ以上あなたの負担が増えたら、また追いつめられて、何をしでかすやら」


あ、すんまへん。
いつも、そのとばっちりを全身で受け止めて満身創痍になっているのが ぱにーニィ…。


でも、今、この瞬間にも、夫婦で言い争ってると思うと、胃が痛いじゃん。

そばに居なくても、頭から離れることはないんだもん。


さとこが大嫌いなのは、
年末年始。ゴールデンウィーク。
お盆は大嫌いだけど大好きでもある。


わりと静かだったお彼岸までが、今年はシルバーウィークなんて大連休になっちゃって、行事でがんじからめのさとこは行き場がないです。



関連記事
[2015/08/11 15:47] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
また一つ、夏の行事が終わりました。

ぐんにゃりしていて、ぱにーニィん宅で寝込んじゃった。




山積みの死体に閉じ込められて息ができない。
足掛かりを探して抜け出そうとするけど、どうやっても踏ん張れない。




「夢をみている?」

実際にも余程ジタバタ騒いでいたらしく、寝室のぱにーニィが起こしに来てくれた。


引っこ抜いてくれてありがとう。

扇風機の風に当たり、深呼吸。


シャワーを借り、洗濯機を回す。


昨日の商店街ライブの汗だく洗濯物が山盛りだけど、深夜には巣では洗濯できないからね。


12時過ぎに集合し、23時前にお片付け終了。

音響さん長時間ありがとう

さとこは役に立たないので、ぱにーニィが二人分働いてくれた。



七月の野外ライブでやった曲とほぼ同じ。

七月同様、硬直して騒動を起こさないように、トップバッターにしていただけた。

何とか無事に


リベンジとまではいかないまでも、ちっとはマシだったと思いたい。


だってー。

他所のユニットみんな、場慣れしてるし、スゴウマなんだもーん。


出番が終わってしまえば、泡を噴こうが棒になろうがどうでもいいので、気楽になって、あとの11バンド最後まで聴けた。(笑)


そして、今回初めて気付いたこと。

他所さまは、ほとんど楽器を持ち替えない!
曲によってちんだみを替えない!

そーかー。


さとこ、もともとは筝グループだったから、曲によって調弦変えたり筝を替えたり、演奏しながら変調するのがフツーだと思ってたけど、洋楽にはそれがないんですね!


ギターも、カポつければいいわけだし。

どおりで進行がスムーズなわけだ。


あ、でも、フォルクローレのじみぃさんとこも、みんなボンボや笛は持ち変えてる!


何がどう違うのかなー。
あ、シールドがないからスムーズなのか。


せめて売り上げに協力し、商店街の活性化を推進しましょう。


屋台のオムソバやイカスティック揚げ、コロッケ、バーベキュー串、半蔵さんにもらったフランクフルトなどを買い込み、とおるちゃんにうさぎて、ウサンデー&打ち上げでーす。

寝ながら打ち上げぱにーニィ、食べながら椅子からおっこちそうになっている。

猛暑の中、一日中だもんね。


ごめんね。ありがとう。
関連記事
[2015/08/10 15:46] | ・キヅキ | page top
さとこ、信条に反することには甘んじられませぬ。
8月6日 8時15分。

黙祷。
今日は熱いお茶じゃなくて氷水をお供えしました。

きっと、一番欲しいものだったにちがいないもの。


熱中症警報でてます。

式典とか、高齢の方々、大丈夫かな?


更に熱帯地方と化している京都盆地の兄から、「母が3、4日前に軽い熱中症らしき状態になったらしい。」と聞いた。


ベッドにムカデが七匹出て、寝室に入れず、椅子に45センチ幅の板を渡して寝ていたので、先日、兄がスノコベッドを買ってくれて、やっと寝返りがうてるようになったと言っていたが。


母、電話に出ないから、メールを打つ。

「35℃超えるというから、首に濡らしたタオル巻いて。
水分こまめにとって
出来ればネットカフェや図書館へ行ってください。
さとこ」


ぱにーニィと税理士先生宅に伺う前に、高速を通らず、里を経由してもらった。

外から入ると涼しい気がするけど、室温自体は高いんだろうな。


母は、シャワーを浴び、扇風機にあたっていた。

良かった良かった。

スポーツドリンクを渡し、出発。


税理士先生も電話がずっと話し中。

受話器が外れたままみたいで、安否が心配です。


二日前にも、税理士先生宅前の道に、塩と塩水を撒きに行った。

道の除草は、こまめにしないと、ご近所さんからの苦情が厳しいらしい。

塩なら、お散歩のワンコやにゃーさんには無毒だし、土壌の塩害で雑草が枯れるのではと、試してみたのです。


先生、たったそれだけで、さとこにバイト代を払おうとされるから、そんなん困る。頂けません!


んじゃ、お昼ご飯をご一緒するってことで、スカイラークへ。

それなら、先生独りで食べるより楽しいし、経費で落とせるからいいや。


ところが、帰りがけに、ホイッと2000円渡された。


これはぱにーニィも予想外。

「押し問答は嫌だから、さとこ、このお金は前払いと解釈し、正当な働きはさせていただくであります!」


てなわけで、今日もぱにーニィについてきたさとこ。


どうなってるかな~?
全く雨が降らないもんで、顆粒の塩と、葉っぱに塩水が蒸発してそのまま残ってた。

薄い小さい葉っぱはパリパリスナックみたいに枯れてたから、効果はあるみたいだけど、なんせ乾燥し過ぎている。


今日は、先生に内緒でコソコソと草を抜いてから、再度塩水を撒いた。

噴霧器では、撒いた端から蒸発して役に立たないし、根を抜いた後じゃないと、砂利に遮られて浸透しない。

雨が欲しいなあ。


ぱにーニィと先生が昼食や買い物にお出かけなので、しゃーっと片付けて同行する。
「おー、見違えたなー」

「ん?何のことかな?」 さとこ ニヤリ。


さとこにお金渡し過ぎると、どんな仕返しが来るか、これでお分かりでしょ。

ホーッホッホッホ(高笑い)。




関連記事
[2015/08/07 19:15] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
これ以上 依存的人間にはなりたくないもんね。
夜通し苦しんだ。


拷問を受ける。
押さえつけられ、竹槍で子宮の赤ちゃんを掻き出された。

背中も顔も、血と汗と肉片でぬるぬる滑る。




ステンレスの台から髪の毛をわしづかみで引きずりおとされて目が覚めた。

真っ暗な中で、女の人達の絶叫やすすり泣き、泣き続ける女の子の声が耳に残ってる。


起き上がって水を飲んだら、下腹部をえぐられた痛みの余韻を思い出し、嘔吐。

蒸し暑いから、汗だくなのを血だと思ったのかな。


『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』の、アメリカ軍の取り調べ証拠写真の記事がショッキング過ぎたに違いない。


水稲農薬散布があったから、かえるちゃんたちに影響がないか心配だったけど、良かった。
ちゃんとげこげこ聞こえてる。

イオン駐車場での車中練習から帰るときの農道でも、あちこちでぴょこたん跳ねてるから、ぱにーニィも気をつけてジグザグ運転。


さとこ、巣にたどり着いた途端に力尽き、そして夜中に目が覚めて、のそのそと活動を開始する。


さっき、初めて軽トラ運転して、鋭角の下り坂をハンドル切り損ねて、採石場から転落したけど、夢かー。


水風呂に浸かる元気もなく、汗だくでだらりんと過ごす。


3時半。工場の列車が動き始める。

4時半。蝉が鳴き始める。

5時。カラスが起きる。

スズメたちもさえずり始める。


この時間になってから、さとこ、急に電池切れ。


夏休みのこの時期、叫びながらパタパタと窓の横を駆け抜けるこどもちゃんたちに、ビクビク。


効かないけど、とりあえず何か飲まなきゃ、とワイパックスを飲んでたら、なんと、依存症になる薬だと先日になって知った。


さとこ 「効いた気が全くしませんが、効いてるんですね~」

美らかーぎードクター 「そうなのよ。あんまり安易に飲むのは勧められないなあ」


まじっすか。


「あら、でも、ワイパックスはもうなくなったでしょう?」


えへへ。
それが、しこたま残ってるんだな~。( ̄ー ̄)


就前と頓服で処方されていた時にはセーブしてなるべく飲まず、溜まってから安心して飲み始める、アリさんタイプのさとこ。

やっかいな患者だなと自分でも思います。


美らかーぎードクター、ごめんなさーい。


関連記事
[2015/08/06 19:16] | ・お医者さまの管轄 | page top
練習のシメの一杯。
そろそろ練習の時間かな?


ぱにーニィから「仕事から帰りました」と連絡があれば、イオン駐車場 車中練習の合図。


嫁ぎ先で採れたお豆を煮たので、タッパーに入れて、玄米のお粥と一緒にぱにーニィのアパートへ持っていく。


ぱにーニィ 「帰りに業務スーパーに寄ったら、ちょうど、やまとみじゅんが並び始めて、買っちゃいました」

てなわけで、今日は、とれとれイワシの塩焼きパーティーです。
いわしは庶民の味方 大根がないと不安

大根おろしも毎日欠かせないメニュー。


はてるまに帰れば新鮮なお野菜をばんないもらえるんだけど、保存食も回転させなきゃね。


電磁調理器の上に育ててあるとうみょう。

電磁調理器で栽培

そのままお鍋にインしてお味噌汁出来上がり~.。


イワシがあれば

あとは、白ネギの酢漬けとか、若いトマトとセロリの浅漬けとか。


日本酒なのに琥珀色。

日本酒の古酒

里の教会のお下がりのお酒。
お!古酒か?

…苦いです(笑)。


常備食は、
お豆腐、29円。
もやし、27円。


今年は山椒もたくさん摘んだから、はてるま母に佃煮にしてもらってるし、残りは生のまま冷凍して、ちらし寿司やシメサバに揉んでふり掛けると、一年中採れたての香り。


ぱにーニィのお母さんからは、冷凍3点詰め合わせ『蕗の炒め煮・筍の煮しめ・蕗の薹味噌』や葉ワサビの酢漬けの瓶がゴロンゴロンいただける。


あと、税理士先生から、さとこには不似合いな高級かまぼこおすそ分けとかね。


なんか、お酒のアテばっかしなんですけど…

関連記事
[2015/08/04 03:53] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
芸を磨けと言われても。あたしゃウツですし。
7月12日、野外ライブに、突然声をかけていただいた。


3名のうちで唯一冷静な、パーカッション風猫氏がスケジュール調整ならず。

練習不足。

さとこのお守りのぴよこさんも確保できない。

しかも明日から沖縄旅行なんすよ。


てなわけで、しっちゃかめっちゃかにテンパり、散々な出来に落ち込んださとこでした。
主催者さんから、「DVDができたよー」と連絡いただいたけど、もらいに行く勇気が無いざます。


そして、昨日は地区の夏祭。
こちらは3月から予定が入っていたのですが。

…大失態でございました。


前日、半蔵自動車で風猫氏と初めての練習をし、パーカッションが活きる曲&メジャーどころで選曲し、ひと安心。


…と思ったら、本番準備に出発前、発熱と下痢でダウンの連絡があり、突然のキャンセル!


更に、昨日の練習で落っことしていた爪を受け取りに半蔵自動車に行ったら、半蔵さんまで左手が腫れて痙攣している!


わーん。
みんな、どうしちゃったのさー(涙)


土曜日に開いている病院を検索し、風猫氏が行っているはずの内科へ。

あれ?風猫氏、居ないねー。


半蔵さんは頸椎の凝りが原因だったらしく、お薬もらって終わりでした。

みんな、無理し過ぎなんだよう!
自分だけの身体じゃないんだから、大事にしてよね!


会場に向かう道々、選曲を練り直し、現地で練習してみる。


屋台の食券をもらって鮎天丼や焼きそばを美味しくいただいてメデタシのはずが、今回の依頼人である公民館活動の先生から、ポケットマネーと思われるギャラが!

先生 「美しくやってチョーダイ」

なぜ、そんな不可能な要望を…

ギャランティが発生した時点で、さとこ、更にパニックに。


音響も、楽器は持ち込みアンプ、唄は祭実行員会のカラオケ機械のワイヤレスマイクと聞いていたら、マイクはスタンドホルダーが合わず、二人でひとつを使う。


しまったー。
一人で唄う曲を選ぶべきだった。


祭は15時から始まっていて、司会者さんが一日中ハイテンポなダジャレで盛り上げ続け。

グループホームの入居者さんも招待されていましたが、高齢者の方々も、あのペースに対応できる人たちばかりなんだーとビックリです。


さとこは目がぐーるぐる。


三線もウクレレも、風でスタンドごと倒れちゃうから事前に準備ができない。


音出しを確認したかったけど、盆踊りが先に始まり、慌ててステージからいったんはけて踊りの輪に加わる。
仕事を終えたぴよ子さんが駆けつけてくれた。

た、助かった。


盆踊り終了後、ステージで参加者に記念品のサランラップが配られ、楽器に興味津々のこどもちゃんたちの質問攻めの返事を選んでたら、ぱにーニィの段取りの指示が全く頭に入らない。


さとこ、足の震えが止まらないまま本番開始。正面のぴよ子さんをガン見する(笑)。


アンプの出力がカラオケスピーカーに負けて、ぱにーニィのウクレレは聞こえてないみたいだね。



とりあえず、持ち時間を乗り切った。

子供たちに光る腕輪が配られ、ステージ上ではしゃぐ子達がシールドに引っかかって怪我するんじゃないか、とヒヤヒヤ。


お片付け終了後、怒られに行った。
ぴよ子さんは、高校時代、先生のカワイイ教え子だったから、このコが一緒なら、ちっとマシかも。


それでもガンガンダメ出しを受けた。


今までで一番ひどかった。

やりたい曲をやりゃーいいじゃん。
あんたらの特徴を出さんと、つまらんもんやったって意味がない。

それと、機材の出力は、屋内用×三倍で用意しなさい。
あんたにはダメだししかしないから、そのつもりで。


しょぼーん。
流れがゆっくりなのはウチの色だけど、臨機応変できないとだめだもんね。


ただでさえ、ハウスクリーニングの道具で足の踏み場がないけど、アンプやミキサー、買い足さないとだめかなー。


実行委員長さんにご挨拶に行ったら、「来年もぜひ。さらに磨いてもらって、こんどはコラボとか」と言われちゃったから、やっぱ、ダメだったんだなと、完全に打ちのめされる…。


やっぱ、さとこ、モノになりません(涙)
芸能を望まれても、対応できないからね。


終了後、半蔵さんとこに様子を見に行ったら、生きてた。
とりあえず安心。


翌日、風猫氏にも様子を確認。

「胃腸炎でした。
お祭り前日の夜通しの下痢と吐き気は土曜のお昼にはおさまったけど、熱が38度越え。
最初に行った病院では何もしてもらえず、夜に医師会館が開くのを待って、もう一度行きました。
深夜から熱が下がって、随分楽になりました。」


良かった。
さとこは、今日一日、ひたすら寝ます。
関連記事
[2015/08/03 18:11] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム |