竜神マブヤーのDVDと、浜省のCDの影響でしょうか。
さとこの夢は、たいてい再就職から始まる。



元職場を辞めたのは、1年半前になる。


再雇用後、最初の仕事は、辞めていた1年半の間の記録を、遡ってカルテに書き写し、ご利用者の状態を把握すること。
果てしないなあ。

隣でお仕事しておられる課長、変わらずキレイで、てきぱきと鮮やかな仕事ぶり。


昼休憩、磯の空気を吸いに岩場に行った。

風穴を覗きこんだら、いきなり足元の岩場が爆破された。


きりもみ状態で態勢を整える。


人影に向かって両手に気を込めたら、エネルギー波が相手を吹き飛ばした。

へー。
わたし、いつの間にこんなことできるようになったかな?


さとこが次々繰り出すエネルギー波を軽やかなジャンプでかわす相手は、ナイスバデーなブルネットの美女。


傷つけたくない。
こんな好敵手に巡り合うなんて。


わたし、もう昼休憩終わるから、エネルギー波の出力を弱にして、当たった方が負けを認めませんか?


ここはさとこの地元。
地形を熟知しているぶん、さとこが当然優勢。


ごめんなさいね。
急いでるから、今日はこれで。


あわてて職場に戻ると、すでにみんな席についている。

「す、すみません…」
身が細る思いです。


認定調査の特記事項をまとめ、残業しての帰り、夜の海でひと泳ぎ。


星を見ながら背泳ぎしてたら、意外に沖合まで流されていた。


えっと、岸はどっちだっけ?

水平線から月が上る。

見えた!
やー、さすがに焦った。


ところが、岩場に上がろうとすると、崖にミサイルが撃ち込まれ、降り注ぐ瓦礫で上がれない。

移動しても、確実に威嚇してくる。

どっから監視されているんだろう。


河の船着場の船底伝いに這い上がり、服を着て素知らぬ顔で立ち去りかけたら、サーチライトで照らされた。


近くの集会所が夏祭り。
なんと、浜省が来ているらしい。

どおりで黒山の人だかり。
こんだけ人がいたら、さすがに追ってこないだろう。


あ、菜々子が東京から戻ってきてる。
久々の再会に大はしゃぎ。

「あたし、今、このツアーのメンバーだに。
あんた、明日、あたしと泳ぎに行かん?ダイビングの資格とったに。

バンドメンバーの○○さんがインストラクターで。

毎年来てて、今年も今日来たとこ。
四泊するけど、予定空く?」


あやー。明日あたり、生理になっちゃうかも。
今日誘ってくれれば行けたのにー。


ハウスクリーニングチームらすからーずの踏み台が、裏方に大好評らしい。

取っ手を持ち上げると自動的に畳める、プラスチックの軽くて便利な踏み台を、さとこは4つ全部貸し出していた。

これ、すごい便利。ツアー中貸しておいてくんない?

いいよいいよ。
浜省さんチームに気に入ってもらえるなんてうれしいなあ。

ナフコに売ってるから、買い占めるなら今のうちだよ。




早速、ぱにーニィに報告した。
「ぱにーニィ、ごめんなさい。チームらすからーずの踏み台、全部貸しちゃった。」


ぱにーニィ、「それも夢です。」


ちぇっ。仲良くなれたとおもったのにィ
関連記事
スポンサーサイト
[2015/06/26 06:49] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
最近、ふに(骨)マニア。
里の母が届けてくれた差し入れと、デッカイ鯛のアラ。

早速、塩焼きにして、菩薩様&とおるちゃんにうさぎる。
あつあつ兜焼

どどーん。
このサイズ。

比較するとこのサイズ

はてるまは、テレビを観ながら食事をする習慣だったから、とおるちゃんもはてるま一家も、面倒くさい骨付のお魚は苦手。

あじくんとかホッケとか、身の部分だけ食べて、フニや皮はさとこ任せだったから、おさかなは、ふたりでいつもはんぶんこ。
ちょうどぴったしの夫婦でした。


いつものように、フニを分解して楽しくいただいていたら、おや?今日の『鯛のタイ』は、まるでエンゼルフィッシュみたいにきれいな形。
エンゼルフィッシュ


「いつもとちがうフニがありましたー」と、元寿司職人さんだった近衛リーダーに見せたら、

「わ!これはすごい!よっぽどの板前さんじゃないと、このしっぽが欠けてしまうんですよ!俺もこんな見事なのは久しぶりに見ました。神棚にお供えするぐらい貴重ですよ!」


「え?そうなの?」


さっそく神棚にお供え。
…ちょっと生臭い(笑)


てなわけで、最近、さとこ、ちょっとしたフニマニアです。

あばさーのイエス様は、ぱにーニィのお父さんにお供えしてあるし、

見れば見るほど…


このあいだ、バイキングで『白身魚の老酒蒸し』というのがあって、一番乗りだったから、遠慮なく頭を もしってきたら、竜の頭と見返り美人を発見!

ほら、このヒト、おひげあったら、ぜったい竜神でしょ。

スズキかなあ 龍の頭
見返り美人?人魚のような、見返り美人のような…。

白身魚、スズキかなあ。


ふにコレクション、着々と増えつつあります。
関連記事
[2015/06/25 08:05] | ・キヅキ | page top
義父も義母もさとこも、もう少し落ち着けないの?
慰霊の日。

とおるちゃん月命日でもあり、はてるま父の通院日。


はてるま母も、近くの整形にくるぶし亀裂骨折の通院。

踵にひびが入ってるのに無理して山歩きしたり、ギプスをはめて畑仕事や草刈りに没頭するのはなぜ?

白蝋病で指先が利かんのに、全く手抜きせずにお料理するし。

それでも、最近はキャベツの繊切りは、袋入りを買うようになったけど。


父母とも同時に別々の病院で受付を済ませていたから、びっこびっこ歩く義母の送り迎えと義父の話し相手を、行ったり来たり~。


さとこ、大流血のため、浴室にへたり込んで立ち上がれない状況なんだけど、こんな日に限って、「7時のバスで出発します。」なんてメールが来るから、あたふた。

60日以上流血しなかったから、閉経したのかと感無量になってたら、ここんとこきっちり23日毎に訪れるようになり、目眩で腰が立たない。
むくみで顔が丸々し、足もパンパンで正座に違和感。


ま、しっこも果てしなく出るもんで、そーすっと、だんだん、しぼむんですけどね。



先日の義父内視鏡検査入院の様子を義母は知らないから、入院中の発作の報告のために、今日は同席が必要なんだよね。


リハパンが暑い季節、体調絶不調であります!

トイレに行った時、汗でくっついて縫い目がビリリッ。


だー。
焦ったッス。

やっぱ、リハパンも予備を持ち歩かないと不安だね~。


どんどんカバンの中身が増えるさとこなのでした。


義父、検査後十日目からまた痛みで苦しみだしたそうで、今度は毎日、一日中もんどりうって叫んでいるらしい。


どんな痛みなのか聞いても、「こんな感じ」と例えることができない。

ちくちくする?と聞くと「ちくちく痛い!」
絞られる感じ?と聞くと「ぎゅーっと絞るような」


聞いたらそのまま思い込むから、下手に聞けないのよね。


なんも聞かんと、「ぐーっときてガッとなって、な、わかるだろ。さとこさん。」

義父、残念ながらわかりません(笑)


さとこの前や、外出先では自制内だから、もしかして、義母や端井みたいに、素で居られる相手があると、気持ちが高揚して自分でコントロールできないんじゃないだろか。


とりあえず、腹部膨満の原因として考えられるビオフェルミンを中止して様子をみることになった。


通院が終わり、回転寿司が空くまで近くのシューズアイランドへ。
旧暦母の日(?)で義母に新しいサンダルがプレゼントできました。

義父も、「腹が痛くて食べるどころじゃないわ」と言っているわりに、生ガキなんかもぺろりとたいらげ、「こりゃーうまい。」


心療内科のお薬、もらえないのかな。


はてるまに帰ると、義母が、
「検査結果はいったいどうだっただ?じーさんは、先生はわしには説明してくれんだったというし、娘はなんもない!の一点張りだし、わしもじーさんにどう言ったらいいか困っとる。」


退院の時に義妹がきちんと説明したけど、どうやら、義父母とも理解できてないみたいで、もう一度図解して、若干脚色を付け加えて説明した。


あのね。
お父さんはどっこも悪くないよ。

癌も、ポリープっていうでっぱりもないけど、憩室っていうポッケが2個あるの。
憩室は日本人にはフツーにあるものだけど、ポッケの中に入った便は取れないからね。

検査の後、10日間痛みがなかったのは、検査の下剤で腸を空っぽにしたから、宿便が無くなって、腸の壁の滑りが良くなったのかな。
憩室の入口とかにひっかからなくなったから痛くなかったのが、毎日ごはんを食べると、腸がせっせと蠕動運動をするから、また前の状態に戻ったんだろうね。

また、痛くて痛くてやりきれなくなったら、腸の洗浄をしてもらったら、一時的には楽になるかもしれない。

でも、痛いのは、腸が活発に働いて、食べ物を栄養と老廃物に分けている証拠。

辛くても、一時的なものだから、生きてる証拠だと思って、少しの間だけ、乗り切ろうね。


義父母 「そうか!悪いところはないから、痛くても手術も薬もないだな。」


けろりと痛みが止まった(笑)


こんな説明で、いつまでもつかな(笑)
ま、気休めになったなら、いいか。


さとこのほうが、よっぽど問題だよ。

先日、美らかーぎードクター受診に向かってから、自立支援の手帳がないことに気づき大慌て。

手帳ファイル以外に入れることなんか、今までなかったのに。


探しに戻りかけて、もしかすると病院に預けてたりして、と思い直しUターン。


朝から同じ車がハザードだして路駐してるのが気になったり、そこら中が工事中だし、車線変更する勇気がなくて曲がり損ねたり、救急車をどこで追い抜かせるかパニクったりで、ぐるぐる蚊取り線香のように左折を繰り返し、どんどん病院から遠ざかる。

受診時間に遅刻した。


着いてホッとしたら泣けてきて、美らかーぎードクターに、「はてるまさんを見て、変な運転するとか誰も思ってないから、大丈夫よ」と慰められた。


新しい手帳は、病院で簡単に作ってくれました。
どうやら、前回の受診の時に、病院か薬局で二冊渡して一冊だけ受け取ったらしく、前年の分に票だけが二年分重ねて挟んであるのに気がついて、一安心。


さとこも義父も、終始、おどおど。


やっぱ、独裁的に判断してくれる家族が、うちには必要だよ、とおるちゃん。

関連記事
[2015/06/24 08:16] | ・お医者さまの管轄 | page top
せっかく紹介してもらったのに、夢かい!
列強の艦隊に、日本列島が完全に包囲された。


さとこがテレビを持ってないのを知っている谷和さんが連絡をくれて、初めて事態を把握する。
「逃げ場はないけど、身支度して!」

防災無線から臨時ニュースがないのは、電波ジャックされたのかな?


深夜、水平線に空母の姿が闇に浮かび上がって見えた。

時折、空が白く、赤く染まる。

ほどなく砲撃音が轟いた。


実家の母をアパートに連れてきた。
最期まで一緒にいたほうがいいだろう。

母、どこかの家族とはぐれたらしい幼い女の子と乳児を連れている。
この子たちは、なんとしても守り抜かなきゃ。

と、ぱにーニィのカノジョと名乗る女の子が、隣の部屋から出てきて、母や子供たちを見てくれた。
扱いに慣れている様子。

ありがたい。ナイスタイミング。


さとことぱにーニィは火炎瓶と水中銃とモリを用意。
とおるちゃんの発煙筒も山盛りある。


部屋の電気を消し、息をひそめた。


ところが、どんな交渉があったのか、明け方に包囲網が解かれた。

なにがなんだかわからんが、とにかく良かった。


事態が収拾したので、ぱにーニィのカノジョに改めて名前をきく。


なんと、カノジョ、とおるちゃんとさとこの巣に隠れ住んでいたらしい。

切り忘れたスイッチが留守中に切ってあったり、レンジから心当たりのない料理の匂いがしてたのは、なーんだ、そういうことだったのかー。


ぱにーニィ 「ごめん、ここなら、さとやんとどっちも見れて安心だから。ちょうど一年ぐらいかな」

こっちこそごめんなさい。
ぱにーニィがさとこから目が離せないから、カノジョさんに一年も不自由な生活をさせちゃったんだね。


もし構わなければ、さとこが居るときは一緒にゴハン食べませんか?





目が覚めたら一人だった。

あれ?


ぱにーニィに電話。
「カノジョちゃん、そっちいる?火炎瓶、気を付けてよ。」

ぱにーニィ 「ハイハイ…それは夢です!」

え? 
夢なの?


相変わらずの、ポンコツさとこでした。
関連記事
[2015/06/22 06:48] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
満身創痍ですが、湿布とコルセットで切り抜けます。
ぱにーニィが目が回るほど忙しかったので、さとこがひとりでハウスクリーニングを始め、困った時だけ助けてもらうようにしていたのですが、

鼻息荒く、初めて一人で取り組んだ物件は…。


鍵、カチャリ。
「さとこ入りまーす」


いきなり、スリッパがチカッとしたので、「ん?」て思って脱いで裏を見ると、折り捨てたカッターの刃が刺さってる。


天井から下に向かうのがお掃除の基本だけど、危ないので、まず床を掃除してみた。
カッターの刃、ポキポキ折ってあちこちに投げてあった。


一見、キレイだなーと思ったら、天井と壁が、全て張り替えてある。


クロス屋さん、養生せずに作業してるから、接着剤が鏡や窓や柱、床のいたるところに固まって飛び散っている。
ドアも窓も、のりだらけ。


こりゃ、よっぽど「やってらんねーよ」って感じだったんだろな~。


さとこたち、ハウスクリーニングがお仕事だけど、業者さんの後始末までは管轄外なんですけど…。


ぱにーニィと一緒でなくてよかった。
ぱにーニィ、99%の確率でカッター刃踏み抜くからね(笑)。


この間だって、お買い物に連れてってもらっってたら、ゴンと音がし、ねこばす氏の「あ」と小さく呟く声。

振り向くと、額の打ち身が膨らんでくるところだった。
無傷なときがない

パンコーナーで夢中になり、ひさしでぶつけたらしい。
「透明だから、当然だよね」


いやー。
当然…ではないよ。

他にもそんな人がいたら、注意書きがあると思うけどなあ。


そして、次の物件。
新築時から長く住んでおられたらしく、業者が入った形跡がない。


見た目キレイにお掃除してあるけど、カビがスゴい。

タバコのヤニで埃が固着しているから全体がネバネバ。

とっぷりと日が暮れても…

一か所ずつが手がかかり、3日かかって終わらず、お仕事が一段落したぱにーニィが見かねて助けに来てくれた。


ずんぐりむっくりなサナギちゃんみたいに可愛い塩パンを買ってきてくれたから、くまちゃんパンにくっつけて遊んで気晴らし。
さなぎぱん テディベア


それでも、いろんなお部屋を見られるのは楽しみ。

さあ、さなぎぱん食べたら、今日も出動といきますか!
関連記事
[2015/06/21 08:15] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
夢の記憶が溜まりに溜まったので、ちょっとずつ放出させていただきます。
網戸の向うのかえるさんの合唱を聞きながら、夢を見ました。



さとこは学生。
学祭の準備中。

今度のライヴは、キーボード担当。
楽器のセッティング終わりました。
あとはリハーサル待ちだね。

キーボードなら、音楽の箏の授業は受けなくていいや。


とおるちゃん来てるはずだけど、どこ?
スーパーカーの展示会があるから、一緒に行きたいのに。


車関係のブースは全部で3チーム。

あと二つは、アニメキャラクターのボディペイントと、エコカー。


ぴよ子さん達と楽しそうに喋ってるのをやっと見つけた。
誘ったら、「さっき行ってきた」と言う。


しょんぼり、さとこひとりで向かった。


会場は、一番遠い山腹にある。

着いたら、「ごめん、うち、今日じゃなくて最終日なの。絶対来てねー」
と悪がられた。


とおるちゃん、もう見たなんて、なんで嘘つくのかな。


とぼとぼと戻るが、みんながどのイベント会場に居るのかわかんない。

レストランをのぞくと、あ、みんなで食べてる最中。

終わりかけみたいだったから、邪魔にならないように、さとこは別なテーブルに離れて座る。


お会計を済ませて出ると、とおるちゃん、一人で歩いてた。

さとこ号で迎えに行き、「乗ってくれる?」と声をかけたけど、
友人に呼び止められ、すぐに降りちゃった。

「はむすけ、先に帰っていなさい」


でも、次、いつ帰ってきてくれるの?


大勢の中に半透明の人達が、行き来していて、ぶつかってもすり抜ける。
今日は学祭だから、死んでる学生さんも参加してるんだー。


そりゃ、とおるちゃん、知り合いが多いわけだわさ。



夜はお仕事。
どしゃぶりの中、夜勤に向かった。

里の母が「お母さん、用事ができたから、あんた、代わりに、お線香立てて回ってくれん?」


成仏されてない御霊のおられる場所には、かげろうが立っているから、それを目印にお線香を立てて回る。
道路端、電信柱の根本、新しいガードレールの下。

雨だから消えちゃうかな。


ぱにーニィが、「ここもだよ」

指差す場所を見ると、雨水溝の水が落ち込む堀に、金色の細かい気泡が立ちのぼっていた。


さとこ 「身を投げた人かな?母が知らなかったのに、ぱにーニィ、よく気づいたね。なんか覚醒した?」

ぱにーニィ 「とおるのせいで、いろんな方々とお知り合いになってしまったがな!」





寂しいにはちがいないけど、いつになく、ちょっと明るめの夢でした。
関連記事
[2015/06/20 19:13] | ・今朝も、スンゴイ大変だったんです(夢 奇稿 … カオス) | page top
シルバーさんの謎
ハウスクリーニングのお仕事来てるけど、
まだクロス屋さんの作業終わり待機なので、
今のうちに税理士先生宅の除草に行っちゃえー!


前回シルバーさんが入られて、除草剤を撒いてあるから、枯れ草をだかすかひっこ抜く。


ちょっと見晴らしがよくなったかな。

こんなもんで


良かった良かった。


夕方、帰りに現場を覗くと、クロス屋さんの車は無し。

ラッキー。
お仕事入っちゃえ~。


通風口に、蜂の巣七個。

やー。
今までで最多かも。


色んな生き物が、活発になる季節になりましたね!





そして、ハウスクリーニングが終了した週明けのこと。

除草の続きをしようと、
また税理士先生宅にお邪魔した。


そしたら、「昨日、シルバー人材さんが、市から派遣されて、庭木の剪定をしますと言って、四人で来られたんじゃ。
きれいになっとるじゃろう!除草もしてくれたよ」


確かに、生け垣の剪定は必要で、延びすぎた枝は少し揃えてあるけど、
そんなことよりも、先生、なんも依頼してないのに?

そういうもんなの?

ぐるりと回ってみる。

松の葉先が枯れかけてたから、肥料が入れてあった。


玄関までの石の通路の両端は除草がしてあった。

先週、時間切れでさとこができなかった裏庭は、そのまま放置。


ぱにーニィ「請求はいくら来たんですか?」

先生「4人だから4万じゃね。すぐ帰ったけどね。」

ぱにーニィ「どこをしてもらわれたんですか」


先生「いや、ワシ、見とらんのよ」

さとこがしたところ。

さとこ

シルバーさんが、昨日、4人がかりで植木をまんまるにされた後。

しるばーさん


悲しくなった。

さとこは、ぱにーニィが税務のお仕事をする間の雑務だから、相場的に時給なら800円くらいかなと思ってる。

それを、先生はヘーキで一回1万円とか渡そうとされるから、もー、断るのが大変。
うちのほうは、シルバーさんでさえ一人8千円なのに。

それをぱにーニィが交渉して、一回2千~5千円で妥協してもらうだけど、
頂きすぎるのはなんとも居心地が悪い。


そのうえに、さらに別に4万円も払っておられるなんて…。
「道をつくっとかんと、いざ来てほしい時には来てもらえんのじゃよ」

ぱにーニィ 「今日は止めておきましょうか」

先生 「いや、裏をお願いしたいなあ」


てなわけで、シルバーさんも手を付けていない、裏庭の除草をさせていただいた。

コンポストに入らない分は袋に詰める。

高齢の先生がごみ出し日に運ぶのが大変だから、あまり増やしたくないけど、結局5袋できちゃった。


裏庭の草刈ったから、またシルバーさん来られて、「裏の木の剪定しましょう!」とか言われちゃうのかな。


帰り道。
大回りして祖母の生家跡地の様子を見に行こうか、とぱにーニィが提案してくれたけど、
憂鬱なのでまっすぐ帰りました。


関連記事
[2015/06/15 05:55] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
ひとりでも だいじょうぶな さとこになりたい。
なんだか毎日色んなことがある。


仕事を辞めてからのほうが、どんどん用事が増えちゃって、身動きがつかない気がするのは、反比例してノーミソの処理能力が衰えてきているからなんだろうな。


義父退院翌日、ハウスクリーニング帰りに買い物に行って、店内で硬直した。

三日連続でカフェイン製剤に頼ったからなー。


ぱにーニィが、「さとやん、子どもの泣き声に硬直して座り込み、立たせても歩けなかったから、車椅子を取りに行った間に、転びかけていて焦ったよー。
間に合ってホントに良かったよ。」
と泣き出しそうだった。


店内に轟音が渦巻いていたようなおぼろげな記憶が、途切れ途切れに甦る。


騒動をひき起こしちゃったのかな。


ぱにーニィが車椅子で車に運んでくれたそうだ。
雨と風を感じた途端、「助かった」と思った。


翌日から、兄に勧められている、ぼーずのノイズキャンセリングヘッドホンやイヤホンを本気で検討し始めた。

同じ周波数を出して外音を遮断するんだけど、さとこ、その周波数に対応できるかが問題。


広島に行けば、ぼーずのお店で試聴できるらしいけど、このへんの電気屋さんでは取り扱っている店はないのかな?
だいたい、アップテンポなBGMに溢れ、活気のあるアナウンスがエンドレスな家電屋さんの雰囲気自体が、ダメージ大だし。

ダメもとで買ってみよう。


もし使えるなら、電話での会話も、買い物も、テレビも、打ち込みアリのライブも楽になるのかな。
レジの「わおん!」や、「イチマンエン ハイリマス」や、JR玄関の連続ピンポーンとかも、怖くなくなるのかな。


もしかすると、ライブの時、自分達の出番までに、他のグループのおねーさんの歌声に感動して、粉々に叩きのめされることも無くなるかも。
…。
そこんとこが、一番重要だへん?


関連記事
[2015/06/11 05:50] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
連日奔走していたぱにーニィ、食べ終わった途端 爆睡。
ぱにーニィの毎日。

税理士先生から頻回にお電話があり、データを見ないと内容が把握しにくいので、とりあえず行ってみるしかない。
毎日、高速道路を往復する。


お仕事以外にも、気になることがたくさん。


畳の表替えの相談のはずが、いつの間にか畳交換と更に台所の床の張り替えにまで契約が変わっていたり、植木屋さんが突然やってきて庭木の剪定をしたり。

奥さんの介護施設からの請求と勘違いして、危うく、振り込め詐欺の電話に応じるところを、たまたまぱにーニィが気づいて、寸前で止めたり。


どんどん色んな商品を勧められたりもするし、まるで、お砂糖に蟻が群がるよう。


やさしい先生、お仕事を引き受けても、報酬の請求書を作らないから、依頼会社の経理担当は困るしで、心配事が尽きない。


昨年、白蟻詐欺にかかった時に、ぱにーニィが相手会社に真っ向から苦情を言ってからは、先生、ぱにーニィには何かと契約の言い訳をするようになっちゃったから、ぱにーニィも、介入するのが悪い気がして、なるべく反対しないようになった。


身内じゃないから、深く関与できないけど、ぱにーニィもさとこも、やりきれない思い。

ぱにーニィ、高齢の先生を気遣って、仕事だけでなく、買い物や通院の運転までしてるから、家族より付き合いが濃厚だからね。
「だって、お世話になった御恩があるからね」


久々に明るいうちに帰ってきたから、ぱにーニィんちで一緒に夕御飯。

銀杏おむれつ
しらす&大根おろし
銀杏オムレツ
なーべーらーとハンダマのお味噌汁。


二転三転・修正を繰り返していたお仕事が終了した安堵から、珍しく夕食に焼酎で晩酌してる、と思ったら、そのまま倒れこみ、爆眠。


3年越しだったもんね。
つかの間の開放感だね。


お疲れさま。

関連記事
[2015/06/10 05:53] | ・主な登場人物紹介 | page top
やっぱ、お互いを思いやる気持ちがかみ合うと、居心地いいよね。
二日目。

夜間から下剤の効果は出始め、朝、本格下剤開始。


朝食が食べられないのがかなり堪えているけど、下剤がスポーツドリンク味でおいしいらしく、予定時間内に飲み切る。

下剤完飲記念写真、ぱちりこ。
こりゃ美味いわ

Vサインの元気はありませんが、便の状態は順調であります。


腹痛も背部痛も全くなし!


検査までの一週間用に痛み止めを出してくれた、診療所の先生、チョーどぅまんぎったらしい。
「なんで?入院?押さえても痛みないのに??」

あんな薬でよかったらお守りになんぼでも、ってなんと14回分もくれたらしいが、結局一個も飲まずにすんでる(笑)
お守り効果絶大です。


自動症の発作も、今はまだ出ないけど、午後の検査の時間は未定。

内視鏡検査が終わって食事が解禁になるまでが勝負です。


一方、はてるま母は、昨日は、仲良しの友達の訪問があり、ご機嫌だったらしい。


このすごく聡明なご夫婦、訪問のタイミングが絶妙なの。

義母、不安な気持ちが和らぎ、
「一人は安気でいいのぉ~♪楽しまにゃいけん。
じーさんの顔を見ん時間があった方がいいけん、わしは病院に行かんぞ」
と話していたらしい。



11時。
端井夫婦が交代に来てくれた。

バトンタッチし、さとこは巣に帰って、シャワーを浴びる。


ぱにーニィに連絡して、auへ乗せてってもらう約束なの。

液晶画面が壊れたまま修理に出せなかった義父のケータイを、同機種のとおるちゃんのと入れ替える手続き、この入院中こそがチャンス到来!

今まで、何度か来店までは試したけど、その都度、義父母とも手続き中が待てなくて、結局中断していたのが、ようやく実行できました。


とおるちゃん用には、とうとうスマホを買った。
電話には使わなくても、インターネットが見やすくなるもんね。


14時、無事にデータ差し替え処理が終わり、病院に戻ったら。


ちょうど発作の真っ最中。
しかも、そのタイミングで検査の呼び出しが来た。


絶食だけど、側頭葉てんかんの薬は急きょ服薬することになり、検査が2時間ずれ込んだ。


義父もつらいが、さとこもそろそろピンチです。

この病院、階段が暗証番号対応だから自由に使えなくて、エレベーターで行き来するのが恐怖。

話し疲れて眩暈もするけど、胃痛で吐き気も出始めたから、カフェイン製剤は今日はもうやめておこう。


16時半、改めて内視鏡検査開始となりました。

義妹と二人で検査室前で待機する。

検査準備室にはトイレがなくて、お尻を切り抜いた検査服で廊下を闊歩してトイレに向かう義父の後ろ姿に仰天。
あわてて病衣を借り、ガウン替わりに羽織ってもらいました。


検査はスムーズに終了。


Dr 「何もありませんね。憩室はありますが、問題ないですよ。痛みの理由はないけど、痛いとしたら、まれに憩室が化膿して発熱したりすると虫垂炎みたいな激しい痛みを伴うこともあるけど。ご本人にもそう説明しましたよ」

義妹とさとこ 「安心しました!ありがとうございます!」

そのあと、義父が青ざめて出てきた。
「脳の薬の副作用でガスが溜まっていけんらしい」

なんでそうなるかな(笑)


そのあとは早かった。
ソッコー 退院の身支度を終える。
義母に、「今から退院。夕飯準備乞う」と連絡。


また発作が起こらないよう、とりあえず食堂でパン2個とコーヒーを勧める。

二日間見守ってくれたとおるちゃんに、ご褒美のパンを買って端井に託けた。


ミニミニのカレーとチャーハンとパスタがあったから、巣でのお供えにはこれでーす。
お供え小


記念撮影してたら、義妹からメール報告。

「ただいま帰りました~♪

じいちゃん めちゃ元気です。
家の玄関前に到着した時 ばあちゃんがまだかと電話してきました(笑)

早速 仏壇にパンをお供えしてましたよ。
じいちゃんには
『ルゾット ホタル(通訳:リゾートホテル)に泊まれて、えへへ♪ 良かったですな~♪』
と舌が回っていませんでした(笑)

検査結果を
『憩室って部屋が腸にあって、そこに便が入り込んだりすると虫垂炎みたいに痛むことがあるけど それじゃないかなって言われた。
他には癌や潰瘍とか何の異常もナシ!』
…って説明したら

『ほんならこれから痛いって言っても 異常がなかったがな!ってほっときゃいいだな♪』

…とのたまうので、再度説明して、 説教もしておきました(笑)

さとねぇは元気に振舞ってたけど、きっと一番疲れたよなぁ。
ゆっくり休んでね。

ありがとうございました。」


翌朝も、
「おはようございます。
じいちゃんは夕べしっかり食べて、しっかり寝て、朝も早よから掃除機かけています。
ばあちゃんも普段通り畑やってました。」


みんな、おつかれちゃん。
さとこもくたくた。
でも、こうやって、一致団結して家族の心配ができるのは、ありがたいことだよね、とおるちゃん。
関連記事
[2015/06/07 02:10] | ・お医者さまの管轄 | page top
義父、リゾートホテル風病室でリフレッシュする。
7時前、義父が端井夫に送ってもらってきたので、10時の入院に向けて巣でしばらく時間潰し。

ぼちぼち出かけますか。


7階に案内され、あまりにもゴージャスな個室にびっくり。

リゾート気分 しゃわー使い放題 ドレッサーおしゃれ~

「こりゃ、ビールがありゃ、尚いいな」なんて言っている。
七階からの景色

今日は問題なさそうだ。


お昼ごはん、こんなかんじ~
前日ランチ

おー。とろみ系でハンバーグまでついてるよ。


検温・血圧測定・説明を受ける以外は特に何も無く、話をして過ごす。


前回受診から一週間、ぱったり痛みはない。


今までも、義妹が「この薬はすごく良く効く代わりにあまり飲めないからねって裸で渡した頭痛薬とかでも十分効果あったから、最悪ラムネでもいけると思うので明日でも買っとくわ。ミンティアってのが硬くて錠剤みたいなの。」

なんぼなんでも、お菓子はわかるへん?

義妹 「ばれん。
本人それどころじゃないもん♪
苦しんでても
はい!薬って出したら自分であれこれやって、また寝てから痛いって言うの。」


義父は、きっと「エライなあ病」。
エライことは、その時々で正反対の内容になったりする。


今は何がエラい?と聞くと、
「家と違って動かんから、ガスが溜まるのがエライ」と。

今、溜まってる?

「いいや。今はいいな。外に出れんのはエラいな。」

どんどん歩き回ったらいいんだよ。

「いや、まあ、やめとくわ」


運転手の仕事を何年もやっていた

座り仕事だから便秘になりやすい

そのために痔になったことがある

便秘になったらこわい

固形の便が出るのはこわい

て感じかな?


で、今はお腹はどう?
義父 「いいよ。エラいなあ。」

さとこ 「…そっかぁ。痛くなくてもエラいの?」


義父 「すれば怒られる。せにゃ怒られる。」
でも、今は奥さん、そばにいないのに。
「怒れる相手がいるんだから、お義母さんは幸せですよ」


確かに、さとこが一緒に暮らせない最大の理由はそれなんだよね。


それにしても、二人には全く妥協点がないのに、なぜ毎日同じいさかいをするんだろう。


食べきれないほどおかずが出るから、早く食べろと怒られ、残せばまた奥さんに怒られる。

トイレに入れば「3分も5分も座ったって、出んもんは出ん!30秒くらいが当たり前だ」と諭され、おちおちトイレで力むこともできない。


そして義父、お風呂も、14時くらいから炊き始めて、熱湯にしないと気が済まない習慣だから、義母、煮え湯に入れず毎日ぼやいてる。


二人が冗談を言って笑いあっている姿を、みたことがないぞ…。


義父 「運転できにゃ、ひとが離れる。
わしの病気を知った人は、それ以来、すれ違っても無視して挨拶もしない。」


慰めても代替案を出しても共感しても反論しても、エンドレスで会話は続く。


さとこ、カフェイン製剤三回目投与。


端井妹が心配して何度もメールをくれた。

大丈夫だよ。義父はね。
三時のおやつ食べてます。
うまいうまい

おやつのビスコ。クリームが挟んであり、びっくり。

けっこうごちそうだ、と思ったら、夕食はさすがにカボチャのポタージュだけだった。
かぼちゃポタージュ


ぱにーニィが差し入れのパンとドリンク剤とワンカップを持ってきてくれた。
ワンカップはお守りに(笑)

仕事帰りの端井夫が寄ってくれたので、交代して、ぱにーニィからの差し入れパンを食堂に持っていってつかの間、独りの時間。


腹部や背部痛みも発作も全く無し。

端井夫、「じーちゃん、これから毎月一回は外泊したほうがええで。家より元気じゃん」


さとこもそう思うわ。


就寝前に初下剤。
あっという間に寝、トイレに行き、また直ぐに眠りに入れる。

義父と二人のリゾートホテル初日はこうして終わりました。


関連記事
[2015/06/05 15:11] | ・お医者さまの管轄 | page top
沖縄観光しましょーねー。⑪ぱにーニィ、生きて地面を踏みしめる。

出発の朝。


ぱにーニィ、只今泥酔中。

「早朝ブルーシール行ってきますー」と伝えようと部屋を覗いたら、トイレに座ったまま泥眠してました(笑)

軽くゆすっても、ぐにゃぐにゃしてるから、ちょっと心配になって、ゆっさゆっさゆり起こす。


ぱにーニィ、意識が戻ったとたん、浴槽をまたごうとし、慌てて抱える。
「違う違う!」


全く覚えてないそうです。


ブルーシール、どこも開いてませんでした。残念。


今日は飛行機は12時10分発だけど、チェックアウトしたらまっすぐ空港に向かいます。


席はやはり、最後部。
トイレ近いしね。

荷物を預け、身軽になったところで朝ご飯。

持ってません


ぱにーニィ、初A&Wです。

AW初体験 ぶるしる上の空

大好きなルートビア、お代わりできるらしいのに、機内ではビールと安定剤飲まなきゃいけないから、残念だけど我慢。


さとこ希望のぶるしるも、結局、空港売店にふつーに売ってるクッキーバニラを食べました。
実は、一回、ぶるしるの直営店で、普段、カップでは見かけないフレーバーだのクレープだのに挑戦してみたかったのよね~。


いよいよ、ぱにーニィ搭乗しまーす。
あれに乗るの? 入った


ひたすら撮影に徹する。
気を紛らす1 気を紛らす2 気を紛らす3 気を紛らす4


動いた!

動いた1 動いた2 動いた3 動いた4 動いた5 動いた6 動いた7


アナウンスは一言も聞きもらさない。

「イシイ機長さんと、ヨシオカ副機長さんと、チーフアテンダントはイノウエさんだよ!」

これからの危機を共に乗り切る運命のパートナー的親近感を抱いているらしい(笑)


浮いたよ!
またあのハートが守ってくれる!

飛んでる
ハートが守ってくれてる


内地は雨。
窓、凍ってます。

着陸しましたー。

凍ってる 生還


さあ、今度は六月。
ぴよ子さんも一緒です。


ってことは、有人離島をまた一つクリアすることに…。
ぱにーニィ、 「ひこーきは、一回ずつしか乗らないからね!絶対、船にしてね!」


でも、ずいぶん慣れたじゃん。人生って、わかんないもんだねー。
さとこが言うのも なんですが。
関連記事
[2015/06/01 18:34] | ・沖縄紀行(古い順) | page top
| ホーム |