FC2ブログ
3月の風景やら 義父通院記録その他の覚え書き。
2020年2月18日

はてるま父、医療センターで胃カメラの日。


珍しく大雪が降りました。

気温が高いから
びしゃびしゃの雪です。


渋滞を見越して、

義父母と合流場所のバス停に
早めに向かいます。


義父母を乗せたバスも 案の定遅れて到着し

医療センターに着いた時には
締め切りの8:40を少し過ぎてたけど

受け付けてもらえました。


義父は胃カメラ検査を毎年1月か2月に受けていて
今年が6年目です。


悪天候と風邪やインフルエンザ蔓延のこの時期の病院行きは
なるべく避けたいところだけど


毎日多忙な義母が
畑の世話に追われない、この季節を希望するのです。


義母は膝が痛くて診察室や検査室の移動が大変だから、
1階ロビーで待機。

義父とさとこだけが2階と1階を行き来して検査を済ませました。


義父の検査結果は今年もどこも悪くなく

また一年、安心して暮らせますよ。


ピロリの再感染も無し。


よかったね、義父。




会計を済ませると12時。


昼食は屋根付き駐車場のあるイオンに決めました。


トイレ前にある200円の血管年齢測定マシンで
血管年齢を調べて遊びましたらば
血管年齢測定

高血圧のはてるま母を含め、
三人ともA判定が出ましたが


信頼できる数値なのかな~( ̄ー ̄)


あちこち買い物して
義父母を無事に送り届けたら、あっという間の17時。


帰り道の路面の凍結もなく

ほっとしました。






2月29日。

はてるま父、脳神経内科への定期受診。


世間は肺炎ウイルス感染対策の外出自粛ど真ん中なれど

診察なしで発作を抑えるお薬を貰うことはダメだそうで


こわごわ 
Y病院へ赴きました。


そしたらなんと、待合室の患者は義父だけでして


いつもならけっこう待つのに
あっという間に全行程終了。


お薬も、最大の30日分を出していただきましたよ。




義父は日頃から外出時にはマスクを常用しています。


義母は若いときの気管支炎以降、気管が過敏になっていて

湿度や気温の変化でしょっちゅう咳き込んでいるにも関わらず

今まではどこに行くにも頑なにマスクを拒否していました。


最近の義母は肺炎ウイルスのおかげで

マスク着用習慣がきっちり身につき

しかも、咳が出ると「咳してゴメン」と断るという、周囲への気遣いぶり。


思わぬ好影響に
大喜びのさとこであります。




この日は
義母の希望で、通院後のランチは蕎麦の『唐花紋』に行きました。


食材にこだわる唐花紋さんは、
おととしのお彼岸に行ったとき、義母の好みには合わなかったところで


それからも「あそこはイマひとつだったな」なんてときどき言ってるのに

そこにまた行こうって?


…だ、大丈夫かな…。(´・ω・`)




わしは何でもいい、という義父は
義母と同じ天ぷら蕎麦を注文しました。


待つのが苦手な義母は、厨房やあちこちの座席に視線を送りつつ


「わしらの方が早く入ったのに、
あとから来た衆に先に料理が出た。

じーさんが早く決めんからこんなことになる。

たったひとりで作っとんなるけん、
いつ来るかわからんぞ。

わしが厨房に行って手伝ったが早いだないか」って。



ひいい。


今日の義母、こええよー。



最近疲れが溜まっているからなのか、

ジリジリ、イライラ、落ち着かなくてずーっとお喋りし続けです。


こうなった義母の耳には、
気分転換に別な話題を振っても素通りなので


義父は「…別にいいがな。」と小さく呟き大人対応。


穏便に済ませたいさとこも
「おかーさんはいつもテキパキ忙しいもんね~」と適当に相槌を打ってやり過ごすだけです。




待ちに待った天ぷら蕎麦が到着し

箸をつけた義母、ん、と首をかしげる。


低い声で、でも、傍のテーブルを片付けている店員さんには聞こえるぐらいに


「味がない。水っぽい。
この前もだったが、今日はよけに不味いなあ」


そして箸を置いて店員さんを呼び止め、「醤油ください」って。


店員さんが厳選素材の自慢のかけつゆを追加で持ってきてくださったんだけど


再び味をみて首を振り「こんなもん、なんぼ入れたって薄まるだけだ。醤油じゃなけにゃ」

って、再度お醤油を催促。


困惑の表情で持って来てくださったお醤油をお蕎麦にかけて
「これで旨なった」って
ようやく落ち着いたわけですが

義母そりゃ高血圧になって当然ですわと、さとこは思いましたね。


居心地わるくて早く出たいんだけど

申し訳ないので
頑張っておつゆまで完食しましたよ。
20200229昼食
 (さとこのは山菜おろしそば。色は濃いけど、見た目よりは薄味です)


義父も、妻に「じーさんも醤油かけたほうがうまいぞ」と勧められてたけど遮り

えび天だけ食べて、お蕎麦にはほとんど手を付けずでした。


義父母がお店を出た後

ごめんなさい美味しかったんですけど、と断ってお支払いを済ませましたが


やっぱり、通い慣れてないお店は
なにか理由をつけて、避けた方が無難ですね、みんなの精神衛生上。


そのあと
種を買いに行った園芸店のトイレに貼ってあった、相田みつをさん。
トイレのあいだみつおさん

セトモノにならないように気をつけよう。






3月3日。

お彼岸前に、ぱにーニィの実家とお墓の様子を見に行きました。

20200303彼岸前

通り道でいつも見上げる、立派な岩がにょきにょき生えてる山。


なんて山なのかな。


いつもなら
このあと県境向こうのスーパーで買い物をして帰るんだけど、

時節柄、当分はとんぼ返りでしょうなあ。


さとこの町に戻っても
この辺は三密になる機会はあんまりありません。
20200303の風景2


ブロッコリーのお花畑が見頃でした。
20200303の風景3






3月9日。

はてるま父、内科受診日です。

内科は特に問題ないので2か月分のお薬をいただき、
しかも、次回受診に伺えない場合はお薬だけ出してくださるそうです。


ありがたい(・∀・)


これで当分安心です。


通院終了後、
開店と同時に入る、いつものケーキ屋さん。


食が細くなっている義父ですが、
赤くてキレイなケーキを選びました。
20200309義父の

コーヒーについてきたちっちゃなスイーツも完食でよかったです。


義母は、モンブランと、ソフトクリーム付きのコーヒーを注文したら
普通サイズのソフトがついてきた!
20200309義母の

もちろん義母も完食でございます。(゚∀゚)


こうやって義父母と過ごす度に
「ガソリン代だ」って言っておこづかいくれるのが心苦しいです。


さとこだけでなく、
甥や婿や孫や誰に送迎を頼んでも、必ずお小遣いあげる義母。


さとはウチの家族だけんな、とか言ってるわりにはよそよそしいよね。


気が引けるから

そのぶん、今まではそのお金で喜びそうなものを見つけて買って帰ってたんだけど


最近の義父、一層食が細くて、甘いものしか進んで食べてくれないし


一方 義母は
体重増加が、痛い膝に更に負担をかけるから


美味しいものばっかり買うのもまずいかなと悩んでます。


孫一家が突然帰ってくることが時々あるから

お土産に持たせる用の備蓄と思えばいいかのなあ。






3月12日。

里の母と、S県I市にある祖母実家のお墓掃除に行き


アイスが食べたいと言うのでオサレなアイスを買う。
20200312墓掃除


さとこの町のブロッコリはさらに成長しました。
20200313の風景


川土手も今が一番きれい。
2020328の風景2


時々寒い日があるので
山頂は融雪・冠雪を繰り返しております。
20200313の風景2


3月16日には 

明け方に激しい雷と突風と雪が降ってびっくりでございました。


この日、今年初めてツバメを見ましたよ。


リバーサイド通勤途中にトイレ休憩する道の駅では
19日にはもう卵を温めていて、

凍えちゃうんじゃないかと心配しました。






お彼岸は

17日と19日がリバーサイド勤務だから


3月18日に故とおるちゃんのお墓にお参りして


3月20日が
兄夫婦と母と4人で、父と祖母のお墓参り。


兄夫婦のお土産は蓬莱551のでっかい豚まん。
お土産は蓬莱の豚まん


と、それ以上にでっかい、まほろば大仏プリン。
まほろば大仏プリン


兄を乗せて遊べるぐらいでっかいので
兄が乗れるぐらいでかい 


それぞれがスプーンを握って
順繰りにひとさじずつすくっては、次の方どうぞ。
一口ずつ掬っては回す


551豚まんは 故とおるちゃんにお供えしましたよ。
20200320のお供え


帰り道、軽バンさとこ号のメーターがこんなことに。
20200320ー111111

222222になるとき、

世界はどんなになってるんかなあ。






3月28日。

はてるま父母のお誕生日が近づいていて

当日はさとこはリバーサイド勤務だから

ちょっと早めのお誕生会をしました。


予定では
義父母をお買い物に連れてって、外食する計画だったけど


時節柄、そうもいかなくなり

さとこが必要物品の買い出しをして、ランチとケーキを届けることに。


スーパーはお盆休みかゴールデンウィーク並みの人出で 

カートの2つの買い物かごいっぱいで清算を待つ家族連れがずらりと連なってます。



うわー。

さとこの町じゃないみたーい!



さとこ、車内の消毒、換気・手洗い・うがいは入念に行ってはいるものの

長時間一緒にいると、義父母に何かをうつしちゃう気がするんで


お昼を囲んだあとは
「さとこが出た後はしばらく換気してくださいね!」
と言い残して

はてるまの家を早々に出ました。

20200325ポプラ並木
 

はてるまからの帰り道の
誰もいない河川敷。

2020328-2.jpg

20200328の風景


来年の桜は


誰かと一緒に観られるかなあ。




スポンサーサイト



[2020/04/09 11:39] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ぱにーニィ確定申告中につき、珍しいさとこ飯の写真。
1月9日。

故とおるちゃんに夢で会えました。(≧▽≦)


とおるちゃんは

6階建ての介護施設で

水色のジャージを着て
襟元に黄色いスポーツタオルを巻く、いつものスタイルで立ってました。


ヤッター。会えたー。


でも、

次の瞬間にはまた居なくなるんでしょう?


わかっているのに
それでも探してしまう。


こんなして

時々姿を見せてね。


それだけでさとこは
当分、幸せ気分でいられますから。(*'ω'*)





パルガントンのファンデーションを年末に使い切ったので

新年からは明色の新しいヤツにしてみました!
おニューファンデーション

きっと、ぱにーニィに「どぉ?」って尋ねても
「顔のテカり具合の変化なんかわからん」って言うんだろなって思ってたら


ライブ中、ステージでさとこの顔をまじまじと見て


「さとやん、ハナミズ出てるよ。鼻の下キラキラしてる。」って。


違わっ o(`ω´ )o=3




ぱにーニィが確定申告で忙しいシーズンに突入したので


2月15日から1カ月、

リバーサイドの業務は休ませてもらっています。


ぱにーニィ、S県H市の税理士さんに相談したら
「おー、うちのパソコン使え使え」って言っていただき


S県M市より更に遠いんだけど、

申告期間中、そこの事務員さんたちに混じって事務所に通わせていただけるようになりました。


空き家になってるS県M市税理士事務所に入らなくてもよくなって
本当に安心しましたよ。




その間

さとこは普段おろそかにしていることをやってしまいましょう。


祖母の命日に
里で母と丸一日一緒に過ごすとかね。
2020祖母命日お供え2020祖母命日記念撮影

母、段々足がヨボヨボして、疲れてしまって

今回のお供えは手作りが少なかったです。


自分ひとりではなかなか運動する意欲が出ないから

公民館活動の社交ダンスに参加したいって言ってました。


だもんで、お茶を飲みながら
通販の屋内用ダンス靴を探したりして。

2020祖母命日ティータイム

靴は無事購入できましたが


この感染症の影響じゃあ

いつ公民館に行ける日が来るかなあ。




祖母命日の翌日も、

母、「鍼灸師さんとこに行く」って言うから送迎に行きました。


予約時間ギリギリに準備ができて、15分の遅刻。


施術は1時間なんですが

終了時間に路地で待機してたら


なんと、肌着の上にブラウスを引っかけただけの

なんか事件に巻き込まれた?みたいな姿の母が小走りに出てきて


さとこ仰天しました。


次の予約の方が早くから来て待っておられて、
もたもた着替えるのが悪いから、だったそうですが


鍼をしてもらった後だから

身体がすっかり楽になって


まー。しゃべるしゃべる。


いつも、会い始めは弱弱しくていい感じなのに

時間が経つにつれハツラツ度と声の張りがエスカレートしてくる母。


連続で会うとなると

もう二日目はパワー全開で


元気になった母は


始末に負えません。


相づちをうつのにヘトヘトになっているさとこなのでありました。




そのほかは、


はてるまの家に帰って義父母を買い物に連れ出したりとか

コーキングのお仕事いただいたりとか


ぱにーニィのアパートでごそごそしたりとかしてました。


これ、ぱにーニィが引っ越してきてくれた時、なるべく安くあげようと作った急場しのぎの物置。
突っ張り棒交換

100均のネットとハンガーと突っ張り棒で作りました。


すぐに壊れると思ったのに、もう7年近く ずっと使ってくれていて

棚の支柱にしていた突っ張り棒のバネが効かなくなっていたから交換してみました。


あと、
何年か前に期限切れになって固まっていた調味料を処分したりとかね。

調味料お片付け


苦手なお料理もしています。


毎年この時期のぱにーニィはケンビキで歯の痛みがひどいんで

柔らかいおかずは何かなあって

ポテトサラダをチーズ焼きにしてみたりとか

南瓜やお茄子を炊いたり。
南瓜煮付け 揚げ焼きなす


大量の春雨の酢の物と モチ麦雑穀米。
もち麦雑穀米とはるさめ酢の物

白米・雑穀米なら5合、玄米なら3合をまとめて炊いて冷凍して、
毎食チンして使ってます。


これはだいぶん前の写真ですが
ネギ社の捨てるネギをみじん切りにして炒めたのを冷凍していて、
ネギ一杯入れて

これにトマトジュース入れて

カレーにして玄米にかける。
ネギカレー

おかずは、ぱにーニィがにら玉あんかけ作ってくれました。

にら玉あんかけとカレー


そしてご飯終わったら

ゴリゴリに凝っているぱにーニィの背中にお灸をすえる。

お灸


2月9日には
バンド仲間と新年会をして
2020ジュールクニチー

よくお邪魔させていただくみのじさん(blogコチラ→空を見る余裕 )のちくわの生姜詰めを登場させたりして


翌日のリバーサイドのお弁当はその残りで2次会でした。
肉みそ、人参しりしり、鶏むね肉、ぽてとサラダ、パパイヤイリチー、菜の花、ごぼう (2)
(肉みそ、人参しりしり、鶏むね肉、ポテトサラダ、パパイヤイリチー、菜の花の浅漬け、酢ごぼう)


残ったちくわは
春菊・春雨・お豆腐と煮て卵とじにしてみたり、
「詰める」という楽しさに目覚め、酢ごぼうも詰めて、ごぼう竹輪。
春菊とちくわと春雨の卵とじ ちくわのごぼう詰め


ちらし寿司もまじめに作ってみました。

仲良くしていただいている山口のブロガーさんからいただいた干しシイタケを煮て、

さとこにしては大変珍しいことに、計量カップできちんと計って合わせ酢作りました。
ちらし寿司米酢2、砂糖1、塩 

米酢2、砂糖1、塩少々。覚えておこっと。


生姜、ごぼう、ちくわを混ぜる

ちくわに詰めた残りの酢しょうがを酢飯に混ぜこんでみたら

さとこにしては極めて珍しいことに、すっごく美味しいちらし寿司になって


さとこ本人もぱにーニィもびっくり。


やればできるもんだなあ。

ま、山口のブロガーさんの干しシイタケの実力なんだろうけど。


ちらし寿司の人参とシイタケの煮たヤツが残ったから
和風オムレツ作ってみて(右側)
真ん中は、みのじさんのだんなさまがお得意という『塩昆布でキャベツベーコンサラダ(またまたみのじさんとこコチラ)』。

くぎ煮、カブ漬け2種、ベーコンキャベツ、肉みそ、くずれた和風オムレツ、味噌汁
 (蕪の浅漬け2種とお味噌汁はぱにーニィ作)


このキャベツをぱにーニィが熱狂的に喜び

一度に半玉平らげます。


挙句に、ベーコンが在庫切れでもおねだりが続く日々。
肉みそ生揚げ、焼き豚、塩昆布キャベツ、大根おろし (2)
 (ベーコン無しバージョンの塩昆布でキャベツサラダ。左は厚揚げ&肉みそ。手前はグレープフルーツ割の焼酎♡)


ぱにーニィ、単品まっしぐらなので

次のお気に入りが登場するまでその食材を買い続けるんですよ。


冷蔵庫が当分キャベツに占領されてました。(・∀・)




新年会の酢の物用に茹でたそうめん瓜。
これまたとんでもない量になってしまい

一度は冷凍したんですが、

いろいろ試してみようと思って


厚揚げと煮浸しにしてみたり(真ん中のやつ)
マカロニポテトサラダ、そうめん瓜煮物、白菜漬け


いろんな食材を合わせて炒めてみたり。
そうめん瓜、揚げ、玉ねぎ、椎茸、ハム、ニンジン、もやしを用意 そうめん瓜炒め

どちらもしゃきしゃき感があって

予想外に美味しかったデス。


蓮根の水煮も、カリフラワーとウインナと炒めて無事消費。
アボカドと茗荷を和えて花ガツオと醤油で食べたら美味しいと書いてあったから、新年会用に食材揃えたけど準備が間に合わなくて、
後日、ぱにーニィに届けたら好評でした。
レンコン、カリフラワー、ウインナー 茗荷、アボカド、花かつお


はてるま母が採ってくれたきのこは
はてるま母のきのこ 


お澄ましにしました。 左はパパイヤイリチーです。
きのこのおすましとパパイヤいりちー


以前は沖縄でしか食べられなかったパパイヤが
さとこ生息地のショッパーズオカダでも入荷されることが時々あって

需要があるよ!と知ってもらうために
1個400円以上するけど買ってます。
フンパツしてパパイヤ

白い樹液が皮膚につくとかぶれるから
流水の中で皮を剥いて、種をとって、スライサーで千切りに。

充分晒してから、軽く塩をして絞り


ベーコン入れて麺つゆで炒めます。
ベーコンとパパイヤのイリチー

噛み応えが最高なんです。


厚揚げとかモヤシも入れてみたり。
ベーコンと厚揚げと炒めて モヤシとパパイヤのイリチー


こんな感じで

最近のさとこ、


割とまじめに食に向き合って生きております。(・∀・)


[2020/03/07 12:30] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
年の瀬のぱにーニィと、さとこがびっくりしたこと。
11月に入ってからの年の瀬の道路は
いたるところが工事中で


運転が苦手なさとこは
心臓が飛びだしそうであります。


「工事中につき右レーンに寄ってください」の立て看板で右車線の長蛇の列に混じっていたら

さとこが左折する交差点よりも向こうが工事中。


視界をふさいでいたトラックが左折して工事現場が見えた時には

さとこはもう車線変更ができない黄色車線にいるので


無駄に渋滞に混ざって通り過ぎ、
目的地まで大回りしたり。


「次の交差点より先、工事中につき右側に寄ってください」って書いてもらえると
助かるんだけどなー。


ある時は、

前方走行中の車が路肩に寄せてハザードを点滅させるから「先に行ってくれ」かと思って追い抜きかけたら

まさかの、いきなりバック。


左側の駐車スペースに入るつもりらしいです。


運転手さん、ハンドルを切りながら完全に入れきるまで
一切こちらを見ないので


一緒に乗っている義父や、運転したことない義母でさえも「うわあー!!」って


そんなこんなで
誰もが心に余裕がない年の瀬。


さとこ、大の苦手です。




ぱにーニィ、お兄さんからグローブをプレゼントされたそうで


ピカピカのグローブと硬球を車に積んでいて

暇を見つけては延々と球を受け止めてます。


誰も来ない橋の下にスーパーカブで出掛けて行って、
壁を相手にキャッチボールしたり。

キャッチボール1 キャッチボール2 キャッチボール3

グローブから伝わる振動の痛さが気持ちいいんだって。


運動する習慣ができたのはいいことですよね。




12月は


週2回のリバーサイド勤務の他に

ネギ社の仕事、コーキング、ハウスクリーニングと


休む間もなくお仕事が立て続けに入ってウホウホでした。


いつもこんなにお仕事あったら
沖縄旅行の費用、あっという間に貯まるんだけどなあ。


…まあ、県外に外出できる見通しは

今のところ、全く立ちませんけどね。



そう言えば、


ぱにーニィったら


ここんとこ一度も競馬が当たってなくて


「リバーサイドで働き出してからこんなことだよ。
やっぱり、ギャンブラーは定職なんかについちゃだめなんだよ!」


なんだって。( ̄ー ̄)




ぱにーニィ、12月は更に
年末調整のお仕事も入って来ます。


一昨年他界されたS県M市税理士先生の御家族と
ずっと連絡がとれないままで

事務所のパソコンやファックスやコピー機の移動手続きができないため


留守宅となっているS県M市税理士事務所に行かなくては
お仕事ができません。


駐車スペースが今はもうないので


駐車場の空きスペースに置いたぱにーニィ号をすぐに移動できるよう、

運転席で待機するのがさとこの役目です。


事務所の天井の電灯が切れているんだけど
無断で交換するわけにはいかず、

卓上スタンドライトで手元のみ照らす。


電気ストーブはあるけど、


火事が不安なあまり
今年も相変わらず、暖房なし。


コンセント抜いて帰れば大丈夫なんだけどなあ。


使い捨てカイロを渡してあるのに、毎回震えながら車に飛び込んできて
「あ、忘れてた」だって。


肺炎になっても知らんからね。(`へ´) =3


事務所を出てからは

お客様宅や外食や買い物で
三時間ぐらい事務所近隣を回りをうろうろして


出火がないのを確認してから、ようやく安心して帰るのが日課でございます。


確定申告シーズンを迎えるまでになんとか対策を練らないと、
これじゃあまずいよなあって


いろいろ思案しているようでございますよ。




お仕事が一段落すると モードTHE酒盛り。


精米歩合50%、日本酒度+5の純米吟醸『強力』を開封しました。


一升で3300円もする高級酒、
自分じゃ絶対買えません。
11月 山葵酢漬けと蕪汁 11月 蕪蕎麦とワサビ酢漬けと温泉卵

秘蔵の山葵の酢漬けと
蕪のすまし汁(左の写真)で乾杯しましたよ。


ぱにーニィの酢漬け、ぱにーニィのお母さんのとおんなじぐらいおいしいです。


そして、蕪のすまし汁と袋入りのゆで蕎麦(右の写真)の相性が

これまた すんばらしい。


蕪って、瑞々しいものよりもしなびているほうが、
更にいいおダシが出る気がする。


もー、日本酒が進み過ぎて困りますのよ✨


おかげですっかり中年太りのさとこです。




数年前までのさとこ、いつも大量流血で万年貧血気味だったのが、


閉経以来

子宮がごっそり引き抜かれるような腹痛&腰の鈍痛から解放されて


まるで生まれ変わったようなんですよ。


右下腹部で共存してきた、ダチョウの卵くらいの子宮筋腫のふくらみはなくなり、

代わりに、腰回り全体に
豊饒なぜい肉が、たゆんたゆんと揺れてます。


以前、腹部エコーで筋腫を指摘された時に
「閉経と共に萎縮する場合があるから手術をするしないは自由だよ」、と言われていたのが

お医者様の言葉通りになったようです。


3~4kgぐらいあるらしい筋腫がなくなっても体重が減らず

むしろ、見た目ずいぶん肉厚になったのは


身長が縮みつつあるためでしょうか。


骨粗しょう症予備軍ですね。


ちょっと運動せんと、マズいよな~。(ΦωΦ)




ある日のことです。


はてるま母から電話がありました。


「今な、おまえ宛の手紙を郵便屋さんが持って来とんなるだけど…
ちょっと変なだ。」


はて。
どう変なのでしょう。


とりあえず、はてるま母に受け取っておいてもらい

翌日、取りに行きました。


なるほど。
謎の宛先

宛先の名前はさとこなんだけど

住所は「さとこ県はてるま町」までで番地が無く


代わりに
隣のО県の地名らしきものが続けて書いてあります。


差出人は藤井○○○さん。


差出人住所は「温泉町」だけで
何丁目も番地も書いてない。


郵便屋さんが「どこかの施設のおばあさんかもしれませんなあ」と言われてたので

開封してみましたら


同姓同名の相手違いでございました。


さとこの住所がなんで書かれることになったのかは
さっぱり理由がわかりませんが


独居らしい藤井さん、

自分を顧みない親族に宛てて
1日もはやく会いに来て欲しいと 懇願と怨み言を綴っておられ


ご本人に送り返したいけど

住所がわからないのでどうしようもありません。


郵便局さんは当方では引き取れませんと言うし


本当の宛先らしい住所を検索してもわからないし


最初の数行に目を通しただけでも
思わず鳥肌が立つドロドロした内容っぽかったし


思い余って

藤井さん居住区域担当の地域包括支援センターに相談したけど

「そんなことで電話してくんな!」って感じだし(そらま、そうだけど…)


試しに


さとこの名前だけを差出人のところに書いて

番地がわからないまま、温泉町藤井様宛で投函してみました。




そしたらなんと。


宛先不明で

はてるまの家に返ってきましたです。


郵便屋さん、なんでさとこの住所がわかるの???(@_@;)


いやあ、もうビックリです。


さんざん悩んだあげく
藤井さんにお返しするのは諦めて


廃棄処分させていただきました。


それ以来、当分は

藤井さんのことが頭から離れませんでしたよ。


いつか、はてるま父母も里の母もいなくなって

子供がいないさとこは独居老人になるわけですが


さとこも


寂しさのあまり
恨みで心の中がいっぱいのおばあになるのかなあ。




カーステレオでラジオをつけたら


加山雄三の『夕日赤く』と『きみといつまでも』が流れてきてました。


故とおるちゃんの持ち曲だったから、
思わずスーパーの駐車場に入って最後まで聴きましたよ。


とおるちゃん、披露宴だか結婚祝賀会だかのときにも

このきみといつまでもを歌ったんです。


「死ぬまで 君を離さないよ。」ええ。その通りでしたとも。


「死んでも 君を離さないよ」だと

もっと良かったんだけど。


残念だなー。( ˘ω˘)




さて。
ぱにーニィが作るぱにめし&持ち寄りごはんコーナー。


ぱにーニィが餃子作ってくれました。

餃子1 

餃子2 餃子3

にんにくはさとこの胃には刺激が強すぎるので
代わりにニラがたっぷり。


すごーくおいしかったです。


福耳唐辛子、とっても好きだけどあまりに辛すぎて、
ぱにーニィのちゃんぽんめんにちょっとずつ載せていただいたら
よく合いました。
福耳、ちゃんぽん、白菜浅漬け

下に写ってる白菜漬けもぱにーニィ作なんですよ~。

1食あたり半玉、完食デス!


さとこも たまにはお料理します。
エノキと白菜と春雨と春菊の鍋と、パプリカとピーマン炒め。
エノキと春菊鍋とパプリカ炒め

料理って言ったって

鍋はちゃんこ鍋スープに具材切って突っ込むだけ。

パプリカは
切って炒めて塩振っただけなんですけど。


こちらはわりと家庭的に

ピーマンと茄子の炒め煮、お野菜と絹揚げのごった煮、炊き込みご飯、梨。
梨、ピーマンと茄子の炒め煮、高菜漬け、根菜煮物、かつお節と揚げの炊き込みご飯

サバ節とお揚げの炊き込みご飯は味が薄かったけど

ぱにーニィが漬けてくれた高菜漬けをザカザカ混ぜ込んでいただいたら


すごーくおいしくなりました。




とりあえず


今んとこ


寂しさのあまり
恨みと呪いにつぶされそうなおばあには


さとこはまだ

ならずに済みそうです。


[2020/03/06 12:16] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこの里の様子。
さとこの幼少期。


布教活動に熱心で収入が無い父と 母の間には 夫婦喧嘩が絶えず


二人の子供たちは 母に「お母さんは家を出るけど、あんたたちはどっちにつくの」と聞かれて


兄が「お母ちゃんと一緒に行く」と言えば さとこは残ると答えて「恩知らず」と怒られ


兄が「僕は残る」と言えば さとこは母を独りに出来ないと思ってランドセルに教科書を詰める日々の繰り返しでした。


しょっちゅうそんなで


さとこは その都度わんわん泣いてたんだけど


子供だから遊んでいるうちにすぐ忘れちゃって


出て行ったと思っていた母の姿が見え
つい「お母ちゃん、まだおってや」なんて言ったもんだから


あんたはお母さんが居らん方がいいだな、と半狂乱になって泣き叫ぶ母。


今も思い出す度、
あん時は悪いことしたなー、と 心が痛みます。




今年の父の命日は
リバーサイド勤務日だったんで


翌日、
ケーキを持ってお参りいたしました。


52歳で死んだ夫の跡を引き継いで
2代目教会長になっている母、


ちらし寿司やらお赤飯やら
いろんな御馳走をお供えして
2019父4命日


そして記念撮影。
写真撮る母


さとこの母はおしゃべりが得意です。


一つの文章を途中で切って繰り返し、その都度 同意を求める母の話し方は

絶え間が無くて


しかも話題と言えば

見通しが暗く、重く、心が挫けるような内容ばかりで


体力のないさとこは
果てしない時間、相づちを打ち続けることに疲れ果てるので

胃がぎりぎり痛んだり 吐いたり


母と会うのは、
大の苦手でした。


母が次第に老いて
感情的に熱弁を振るわなくなり


母娘の間で
会話の時間が成立するようになったのはこの1~2年。


ウオッシュレットトイレに憧れる母に

さとこの死亡保険金で 立派な家を建ててもらおうと思っとりましたが


さとこ、長生きしてしまって

どうやら間に合わん気がしますなあ。




さとこの母は高齢者ドライバーです。


2017年5月に
アイサイトとアドバンストセーフティパッケージ装備のスバルの四駆に買い替えていて


母号の後ろについて走ってみると

いかにも高齢者らしくヨボヨボ進んでいます。


だからといって、絶対安心なわけではない。


外出の機会はずいぶん減っては来ているけれど


教会の集会のために1時間半ぐらいかけて他の市に向うこともあり


とにかく
何事かが起こらないうちに


なんとか教会長を円満退職して

運転が必要ない生活に切り替えられるよう


神にもすがりたい気持ちのさとこなのでありました。




さとこが食が細かった時期には

北京ダックの口にエサを押し込むがごとく食料を与えられて
精神的に追いつめられていたけれど


背中がちいさくなってきた母が

食べたいものを作って楽しみ、

食べきれなくて困らないように


今は
なんでもかんでも沢山もらって帰ってます。


 ちらし寿司は
酢ジメの魚、蕗、山椒、甘い玉子焼きがいっぱい入った母のがいちばんですな。
 うさちゃんのホットケーキは
まあ…見た目ほど美味しくはありません。
山椒寿司 うさちゃんホットケーキ


 にょきにょき伸び放題で、1日経つと庭が大変なことになるアスパラ。
母は刻んで毎日せっせと食べ、飽きたから助けてと、
タッパーにぎっしり渡されました。
こんなふうにレンジでチンして塩振っただけでも、
美味しくて一気に消費するのにね。
野菜のしっぽたち アスパラ食べ放題


 さとこが青いトマトが好きなので見つけて買っておいてくれたから
エバラ浅漬けの素をかけて、
あっという間にいただき尽くしました。
青いトマト浅漬け 長芋、トマト浅漬け、じゃこあえ、べったら漬け


 ふきのとう味噌。
母、足が悪くて採りに行けないので、ふきのとうは買ってきて作るんだそうです。
さとこは、ふきのとう味噌とトマトの冷やし茶漬けにハマり、
ひとりだと、そればっかり食べてました。
 塩おむすび沢山と、里芋の煮物。
ごはんも、里のガス釜で炊いたお米は、つい食べ過ぎますね。
ふきのとう味噌のっけトマト丼 おむすびとごった煮


 大量に採れるゆずの果汁を酢代わりに使った南蛮漬け。
苦味があって、さとこは慣れてるから平気だけど、ぱにーニィは苦手です。
 右は、大量にいただくネギ消費のためのネギ焼きです。
食べかけでシツレイしました~。
南蛮漬け 畳んだネギ焼き


 リバーサイド出勤前に里に行った時なんか
予定外におかずを持たされて
お昼ご飯が大変な量に膨れ上がってしまったー!!
葡萄と一緒に渡されたおかず


 「あなたが死ぬ前に食べたいものは何ですか」って聞かれたら
さとこは、この、母のたくあんの古漬けって答えるかもしれんです。
母の味古漬け


美味しいのも

どっちかと言えばおいしくないのも

母が作らなくなったら口にできないものばかりだから


写真に収めておかないとね。




いつだったか
秋の大祭準備で

里から帰ったら

とおるちゃんとさとこの巣の玄関に、さとこの足跡が。

靴の底を見ると、べっとりと茶色いものがついてます。


…ンコ?


おそるおそる嗅いでみたら、

ちがうねえ。


…味噌?


水洗トイレで靴底を洗い
玄関もさとこ号車内も掃除して

里の母に電話して注意を促したら


里の母 「ああ。あれ、酒粕の古いやつ。
そういえば駐車場に投げて、後で捨て直そうと思ったんだったわ。
もっと大きかったけど、雨でだんだんちいさくなったねえ。
あら。そう言えば、ないわね。」


ばっきゃろー。

ンコでなかったら
踏んでもいいってわけじゃねーんだよっ o(`ω´ )o




まあ、駐車場の酒粕は片付けて


大祭も無事に終え

2019年秋季大祭


12月。


今度は

里の庭に
大根3
なんだ?クリスマスツリー?


大根が増殖していてびっくり。
大根1


盆栽のようなこんなちっちゃな植木にまで大根が。
大根2


風流なはずの石灯籠も、こんな残念な状態に。
石灯籠&大根


走行中の車がよそ見して事故したらどうするつもりでしょう。


とりあえず、
母のたくあんの古漬け、当分食べられそうで安心しました(゚∀゚)

[2020/01/27 18:20] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
自治会辞めました。
さとことぱにーニィは
2013年末から自治会に加入しています。


管理会社から
アパート住民は入る必要なしと言われていたんだけど


アパート100世帯に自治会の案内が送られて


そのとき、7世帯が加入しました。


でも
そのうち4世帯は

いつの間にか引っ越しちゃったそうで


役場勤務で実家が町内のH田さんを除いては


アパート住民は
ぱにーニィとさとこだけになりました。





自治会の話し合いや行事は大抵日曜日にあり


リバーサイドで働き出して
日曜日が出勤になってからは


さとこもぱにーニィも
全く参加できてません。


一斉清掃を欠席すると
協力費2000円を払わないといけないし、

地域の人との交流のせっかくの機会なので

なんとか参加したいんだけど


いつも
勤務希望が締め切られたあとに行事の案内が来る。


年間行事なんだから

1年分の開催日は年初に決めといて欲しいよなあ。




自治会の夏祭り。


久しぶりに日曜日がお休みだったので出かけました。

夏祭り2


毎年、焼きそば・フランクフルト・かき氷なんかの屋台を出すので

準備会議で
どの班がどの出店を担当するかを決めます。


さとこたちの班はビール担当らしい。


お手伝いできなかった代わりに
せっせと呑んで協力するぱにーニィです。




婦人部では、災害時用のストックのお米でカレーライスを作ります。

100円カレー

これがなんと100円。


甘口と辛口の二種類が用意されてました。


婦人部の活動も、

いつ、どんなかたちで決まるのか

さとこは知りません。


部長さんのおはなしでは


アパートはみんな同じでわかりにくくて

お誘い文書を投函しなくてごめんなさいね~

とのことでした。


お手伝いできなかった代わりに
せっせと食べて協力するぱにーニィとさとこです。

何杯目かのカレー


売れるペースが落ちると

売り子さんがお盆にのせて回って来られるので


7杯も買ってしまったわ。


4杯食べて

あとの3杯はさすがに持ち帰りましたよ(゚∀゚)




涼しい時間になると

夏祭り5


浴衣姿のかわいい子供たちが増えてきました。


盆踊りが始まり、さとこもぱにーニィも並びます。


夏祭り4


二重の円になった踊りの輪。


音楽が流れ、円が動き始めますが


スマホを構えるお母さんとポーズをとる子供たちで、

盆踊りの輪のあちこちが崩れています。


立ち止まって待ったり

避けたり

後ずさりしてくるのにぶつかったり。


お手本の先生を見ながら踊りたいけど

危なくてよそ見できません。




続いて

花火大会。


これがなかなかにスぺクタルです✨

点火1

点火2

点火3

夏祭り12

夏祭り13


危険と隣り合わせな打ち上げ花火の後は


子供たちの手持ち花火。


怖くて泣く子、振り回して大はしゃぎする子。

夏祭り14



お祭りのフィナーレ、万灯。

夏祭り15

夏祭16


声援や拍手はまばらで


花火や万灯を背景に

やっぱり我が子の写真撮影。


お祭りの楽しみ方も

なんだか変わってきているなあと感じましたよ。




さとこの自治会では
班長さんは2年任期です。


班長さんが変わるたび、

留守がちなさとことぱにーニィは電話番号を伝えて、

用事があるときに連絡を取ったりお家に伺ったりしていました。


自治会の名簿は、なぜか住所の書き写し間違いがあるようで


ぱにーニィもさとこも、

その都度

部屋番号や番地の訂正をお願いします。


そのせいか、

町報が配布されない月が数回あったため、


昨年度の班長のY根さんは特に気にかけてくださっていて


自ら届けてくださったり


日曜日の一斉清掃欠席の協力費や
集会の委任状を持って相談に行くと


環境衛生部や会計宛なのに気軽に預かってくださったり


そのまま話し込んだり


ずいぶん懇意にしていただいてました。




今年度は

年間行事予定表の各戸配布が廃止になったそうで


花壇の水遣りや集会所清掃の当番がいつなのか

案内が来ないままでした。


新班長のH川さんに電話番号をお知らせしたのですが

さとこ側には連絡先を教えていただけず


3月の役員交代時に集金に来られて以降は


接点がないままあっという間に半年が過ぎて




9月。


自治会だよりに

10月からは班がさらに細分化されて
組分け体制導入とありました。


防災訓練も組単位で実施されるようですね。


自治会費、班会費、共同募金等の集金がある月なので
早く払ってしまいたくて連絡を待つけど


なかなか来られません。


ある朝

7時にシャワーを浴びておりましたら、

チャイムが立て続けに押され


焦って出てみると誰もいない。


そしたら


今度は電話が鳴って


寝ぼけ声のぱにーニィから

「今、組長さんってひとが来られていて、あなたがいつもいないって」。


さっきのピンポンはそのひとだったのか、と電話を代わってもらったけど、


組長さんは自分は名乗られず、

さとこの連絡先だけ聞いて切ってしまわれました。


近々行われる防災訓練が垂直避難で

いつもの集合場所に避難せず


組長が組員の安否を電話確認しないといけないのだそうです。




ぱにーニィ「今の人、誰?」


いや、さとこに聞かれても。



自治会長さんに電話したら


ぱにーニィとさとこは同じ7組の組員で、

その人は7組組長のI倉さんだろう、とのことでした。




ぱにーニィがおもむろに口をひらきました。
「前々から考えていた。自治会を脱退しようと思う」


さとこもひとりで活動に参加する勇気はないので

一緒に辞めることにしました。


さとこの町では
昭和のままの古いしきたりやルールが今も生きていて


保険証が役場で手渡しだったり、


町指定のゴミ袋が
イオンやコンビニには取り扱ってなくて

公会堂や酒屋に買いに行かなくてはならなかったり、


防災無線の警報がけたたましく鳴り響き

ミサイル発射か?と身構えたら


「○○付近が火事です!」って


…それって、見に行けってことなの?


そんなふうに

現在の社会とはかけ離れていると感じることがよくあります。




歴代の班長さんたちはみんな揃って、

この町には新しい意見を言いにくい雰囲気があると

言っておられました。


班長さん以外にも
話しやすい方も何人か居られ


新年会などに参加できるのはうれしかったけど


町の重鎮さん方の中には
集まりの度に「アパートのもん等は…、」と言いかけて

さとことぱにーニィに気づいて言葉を濁す、ってことが何回かあったんで


いっそ、いない方が

みんな気兼ねなく発言できていいと思う次第です。




自治会長さんに脱退の意向を伝えたら


引き留められた上で「脱退を認めるか、みんなで検討します」と言われ、


その後は
なんの連絡もなかったけど


集金にも来られず

避難訓練の安否確認もありませんでしたので


さとことぱにーニィの自治会脱退は

スムーズに受理されたようでございます。


今頃、

だからアパートのもん等は、って言われてるかなあ。


でも、

きっと


ホッとしておられるんじゃないのかなあ。( ̄ー ̄)

[2020/01/15 09:29] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム | 次のページ>>