スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2017年のツワブキ狩り
つつじと藤と新緑の季節。

お花見してないから、
これ、何年か前のぱにーニィんちお隣の、お寺の藤棚の写真でも。
 ↓
満開の藤


日が長くなって、さとこ、車が少ない早朝に活動できてます。


だいたい3時ぐらいに起きるから
夕食終わったとたん、ぐーすか寝ちゃうんですが…。




六時半、朝もやの中を、
愛しの寺尾聡さまをカーステでガンガン鳴らしながら、朝のドライブ。


焼骨カルシウムとおるちゃんを連れて野良猫徘徊してた頃を
思い出しますなあ。


ぴよ子さん出勤前に、おうちにお届け物に行くつもりが

あらっ。
ナビ子には裏切られて、バイパスから降り損ね、
ぴよ子さんちを右手に見ながら行き過ぎてしまいました。


軽バンさとこ号のナビゲーションシステムは、新し目の道は入ってないので、
よく、こんなして遠くに連れ去られます…


バイパスに乗せられる意味ないじゃんと思いつつ大回りして、
この勢いで、ちょっくら里の母宅へ向かいましょう。




相変わらず、電話が通じない母、
生きてるかー?


里に到着したら、びっくりされました。
「あっちゃ、あんた。」

母、生きてましたね。


聞けば、これから、連合会のA教会の春季大祭に行くそうで
そんなら、さとこが送迎いたしましょう。


海沿いの古い町にあるA教会までは、国道を一時間半ぐらい。


お天気が良く、気持ちいいです。


母が 「あっちゃ!しまった。いつも大祭の帰りにツワブキ狩りして帰るのに、今日はなんも持ってきてないわ」と言うので、

母を送り届けた後は、
近くのガソリンスタンドさんで100均の場所を聞き、隣町までお買い物。


手袋・靴下・園芸鋏・クロックスサンダルなどを買いそろえた後は、
漁港で三線練習です。

練習ポイント


風がない、静かな海を独り占め。

漁港にて

あ、カモメさんいました。


淡い紫のお花。

ムラサキハナナかなあ。ダイコンかなあ。

大根っぽいお花


1サイクル練習して休憩してたら、
母から連絡があったので、


帰り道、神社がある小さな山の公園に行きました。


ツワブキいっぱい生えてます。

ツワブキ狩り1 葉っぱはリリース

かさばるから、葉っぱはその場で切って土に返す。


なんでこんな穴場的場所を知ってんだ?と思ったら、
幼稚園勤務だった頃に、園児たちを連れてちょくちょく来ていたらしい。


夢中でツワブキを採る86歳。

ツワブキ狩り2

おーい。
蛇が出るぞー。


買い物袋に2袋ほど収穫して満足したようですよ。




てなわけで、
いつもの持ち寄りゴハン食卓に
ツワブキの煮物増えてます。


さつま揚げと豆腐以外は野生

里の母作 わけぎのヌタ、きゃらぶき。

義母作 蕗と筍の煮物、大根と昆布の煮物

ぱにー二ィ作 納豆と魚肉ソーセージのお焼き、卵かけごはん、大根おろし、コシアブラとタラの芽の揚げ焼き


こんなにおかずあるから、
さとこは、切り昆布の炒め煮作って、
あとは写真撮るだけ。


ちょっと家族サービスっぽいことをしてみちゃっただけで
楽チンしてごちそう山盛りの
ラッキーな一日でした。


…早起きは三文の徳( *´艸`)

スポンサーサイト
[2017/05/21 04:05] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
対にゃん歓喜症。
やっと冬物衣料の入れ替えに手をつけました。


仕事が変わって出番がなくなった服でも、

「これはとおるちゃんがお気に入りだった」とか、
「これ、一緒に選んで買った」とか
「これ着て一緒にあそこに行った」とか思い出して捨てないから、

いつまでたっても服が減らないんだよ!


そのうえ、
さとこの上着は子供服150cmなのに、
とおるちゃんのでっかい2L着ているから

一人暮らしとは思えないかさばりかた。


もともとの自分の服、衣装ケース一個までに減らすのが目標ですが。


故とおるちゃんがお気に入りだった、さとこの冬パジャマもしまいましょう。

にゃーさん4匹ついて、首回りと袖口がヒョウ柄なんです。
 ↓
お気に入りのパジャマ

あの世で着られるように、
さとこが死んだらお棺に入れてもらおーっと。




近所のコンビニのごみ箱付近に常駐しているにゃーさんは、
みんなからゴハンをもらい慣れているらしく、
駐車場に車が停まると、窓のそばにやってくる。


きっと、「今日もあのこが僕を待ってくれている」と思っている固定利用客が
たくさんいるんじゃないのかな。


ぱにー二ィもそのひとりで、
競馬新聞買うのも、公共料金支払うのも、
必ずそのコンビニです。


「みんなからゴハンもらっているにしても、毛玉対応のカリカリあげるのはワンだけだはず」って
わざわざ回り道してまでせっせと通っているらしい。


コンビニの従業員さんも、ごみを捨てに出てきて声をかけているから、
賞味期限が過ぎた人間のお弁当とか、もらっているのかも。


かりかり。 ん?

この耳折れにゃーさんがいちばん人懐っこくて

他に、
耳折れにゃーさんがゴハンをもらうと出てくる、臆病なガングロにゃーさんと、
耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんのゴハンを横取りする、近所の飼い猫らしい与太者にゃーさんがいるので、

耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんがゴハンを食べ終わるまで、
与太者にゃーさんを遠ざけるのがけっこう忙しい。




こちらは、ぱにー二ィが通う税理士事務所にやってくるにゃーさんで、
顔見知りのぱにー二ィは、わりと近くまで来させてくれるらしい。
 ↓
顔見知りにゃーさん


この日は、ぱにー二ィも知らないお友だちが一緒に来てました。

お友達が一緒


お友だち、恥ずかしがりやさんみたいで、
目が合っただけで隠れちゃいましたね!

定位置


写真撮りながら夢中で話しかけてたら、

ぱにー二ィが
「さとやん、人間にはあんなにおどおどして挙動不審になる対人恐怖症のくせに、
ネコと見れば貼りついて、
対にゃん歓喜症だなあ」って。


にゃるほど、うまい表現だなあと思いましたにゃ。

[2017/05/20 23:04] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
春の行事。
里の母に会う度、背中が小さく丸くなったなあと感じる。


本人も気にしているから、バンザイして寝たらいいへん?と勧めたら、「一晩中降参しとるみたいになる」と言っていた。

なんとなく、姿が想像できる。


左右の膝の関節が、右寄りに変型し始めていて、
ズボンの上からでも膝の横の骨の出っ張りがわかるぐらいになった。


以前から足は痛いから、お店ではカートがないと困るんだけど、
そんな状態なのに、重くてかさばる商品をまとめ買いするのが好きで
わっせわっせとうれしげに買って帰っては
兄に送ったり、さとこに取りに来いと連絡よこしたり。


料理だって、いつも、大鍋に大量に作る。

3月、「チキンライス1升炊いた。取りにおいで」 とメールがあった日は、
お葬式があって行かれませんと断って

以降、パッタリと連絡がとれなくなった。


いつものこととはいえ、気になる。


気になりつつも、予定が詰まっていて、里に行く精神的ゆとりがなく、
んで、目が覚めると不安感で胸がざわざわして落ち着かない。





連日の予定が一段落した翌日、また震度4の地震があった。

明け方の空には沈みかけの満月。


早朝のあるけあるけなんかをするどころではなく

朝6時を待って、数回目の電話。


これはもう行って確認するしかないと、
車のエンジンを掛けたところへ、やっと折り返し電話があった。


あー。良かった。

みんないつかはいなくなるにしても、
さとこが死んでからってことでお願いしますよ。


チキンライス、まだ無事でした。
因幡の白兎のワニさんライス 2Lボトルのお茶とばくだん
数日続いた大量のチキンライスメニューの中から、

まんが日本むかしばなしの『いなばの白うさぎ』より
『仲間を集めたサメどん、淤岐ノ島から因幡の国まで一列に並ぶライス』。

このばくだんっていう重たいかまぼこも
何十個も買ったそうです。


今回は連絡とれたけど

こんな感じで、
早朝の車が少ない時間に
ブイーンと里までひとっ走り向かったりすること、時々あります。

今年もチューリップ


今春、里の教会の大祭は、

4月第一週のしーみーのウチカビ送金が終わって、翌日からすぐに御用に取り掛かったので
とっても順調でした。


母、徐々に出歩く回数が減ってきて
模様替えとか身辺整理なんかしちゃって、

ウチの中もかなりスッキリしてきているから、

以前のように、荷物を部屋から部屋へ移動する引っ越し騒動のような大掃除はしなくていいし、


1週間前には障子を貼り換え終わり。


様子を見に来てくれたぱにーニィに手伝ってもらって
何十年も使っているオンボロソファーの底布の交換もしちゃったりなんかして。


合い間にはハウスクリーニングやライブ練習も挟み、


兄から 「手伝いに帰れなくてスマンな」 とメールあったけど、
いんや~。全く問題ないぐらい、まことに順調よ。


車が行き来する振動や、選挙カーからの大声の名前の連呼は
普段なら航空祭の時期ぐらいしか耳にしない、戦闘機が頻繁に飛び回る轟音にかき消されている。


「おっ。半島情勢のスクランブルか?」と見上げるけど、
マッハ2.2とかで飛ぶようなもん、音がする方向に見えるわけないし。


見上げるといえば

最近、箒や掃除道具が
こんなふうにボロボロにされて道路に放り出されているらしい。
  ↓
カー子の仕業


隠しておいても、探し出して持ち逃げされちゃうそうで

ぷんぷん怒った母が、「どこのどいつの仕業だ!」と見上げた空を
うちのホーキをくわえたカラスが飛んでいたという


そんな場面に遭遇するなんて、
母、めっちゃラッキーやん。


母の在宅時間が多くなったから、

印刷物の準備やお供えなどの教会の御用、
毎日相談しながら少しずつ。

着々と進行する。


母の弱り加減が、丁度いい具合にさとこのペースとしっくりかみ合うので
さとこ、精神的疲労感が以前とは比較にならない。


ま、気を許して、ふたりで外食に行ったりなんかすると、
ハイテンションでしゃべり倒されて、

とおるちゃんとさとこの巣にたどり着くまでに
気が遠くなったりはするものの。


お野菜盛りあわせ、きのこをメインにしてみたそうです。↓
 しめじにエリンギに… 山の幸セット

童話に出てきそうなお供え。

遊び心あるなあ。





さて、大祭前日は土砂降りだったけど、
当日は予報通りの快晴で


揃って高齢化してきている信者さんや先生方も、
足元安心で、なによりですね。


祭典終了後は、
片付けは後日に回してもらって、

さとこは、納期が迫っているハウスクリーニングのお仕事に向かいます。


予定と予定との隙間が埋まっていく不安に追い詰められて
パニックになる時もありますが

こうやって、なんとか遣り繰りができていて

ごはんもガッツリ。
明日に備えてガッツリ

・お直会のお弁当
・ぱにーニィが買ってくれていたピザとおにぎらーずと天ぷら
・里の母の麩の煮しめ
・レンチン菜の花
・春菊をもらったから、はてるま母の冷凍きのこでおすまし
・猪肉をキムチ炒めにして

毎日が宴会の体。


くたくたですが、
こうやってひとつずつ行事を乗り越えると、ほっとしますね。
[2017/04/19 08:34] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
避難という名目の休日。
4月14日、深夜。
うとうとしてたら、ぱにーニィが迎えに来た。


「太陽節の2017年4月15日がXデーで、明け方が危険ですよ」ってコラム読んで、
さとこも、どうしようかなって思ってたんだけど、
明日から、ハウスクリーニングが2件入ってるからね。


ぱにーニィ 「お互い、一緒にいるほうが、なんかあったとき心配しなくて済むから。
明日は、お仕事やめてうちに居なさい。
ワンも税理士事務所、延期するから」

そーする。


てなわけで、故とおるちゃんのカルシウム共々、ぱにーニィんち預りとなった。


カルシウムとおるちゃん、久々の外出ですよ。





さとこ地方、実はけっこう重要なポイントだったりする。


原発、ちょい先だし

航空自衛隊基地、見た目、そうでっかくはないけど、
レーダーサイトとか機密情報満載な施設いろいろあるって話だし
嘉手納基地張りに無線の周波数多いらしいし。

クロレラ育ててます
 (いや、これは軍事施設でなくて、クロレラ工場ですけどね。)


ニッポン自衛隊の渡洋攻撃ミッションに地名上がってたし
ここんとこ、戦闘機ぎゅんぎゅん飛んでるしね。


テレビで話題になる地域には含まれていないけど、

ミサイルが日本のどこに落ちるかってコラムには、
日本のウィークポイントとして原発を狙ってくるかもって書いてあったし、

現代戦を考えるなら、最初に叩くべきリストに含まれてるんじゃないかって。


海の夜明け
 (とおるちゃんとさとこの巣から、2,7kmぐらい歩くと海。こんなきれいな日の出に巡り合うことも。)


お店に行ってないから、
備蓄食材をごそごそ引っ張り出して。


ぱにーニィ、さとこがマウスとクロエを間違えるのがツボにハマったらしく、
最近、こんなして遊んでます。
          ↓
誤。xでーのおひるごはん。 正。正しい配置。

撮り直して、右が15日の正しいおひるごはんの写真。

ガパオ炒めのレトルト、菜の花、タケノコの煮しめ、切り昆布と揚げの炒め煮、ニシンの甘露煮、夏ミカン、花巻。


カルシウムとおるちゃんとクロエのコンビ、似合うなあ。


そして、無事に迎えた夜ごはん。

菜の花、白飯、ぶりの子の煮つけ、ウインナとネギとえのきのレンチン。
  ↓
15日よるごはん。


やっぱり、クロエ、いじられてますが。


どこにも出かけず、時々パソコンでスカパーニュースを眺める一日でした。


午後から活動しようとも思ったけど、
ここんとこ連日予定があって、ちょっとくたびれてたから、
丸一日、何もせずに過ごし。


さあ、いつも通り、明日はやってくるみたい。


さとこ、元気に働くよッ!
[2017/04/16 04:05] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
さとこの、ある無理な日。
2014年、那覇で見上げた十五夜お月さま。

那覇の十五夜

沖縄再開するまでは骨格標本みたいだったさとこですが、

このお月さまの様に、
すっかりまんまるになってきました。


ズボンがきちきちで、膝が曲がらないから、
正座しようとしてコロンと倒れる。

足の指も土踏まずもぷっくりして、裸足で歩いているのに足裏にテープを貼っているように感覚が鈍麻。





ある日曜日、里の母から「ちらし寿司をつくる」とメールがありました。


刺激に過敏なさとこ、人出が多い日は、極力外出を避けたいのですが、

母には、どうしてもそれが理解できないみたいで、

なぜか、日曜日ごとに、「肉まんできた」「草餅できた」と完了形の連絡来ます。


交通量が多い日曜日、受けとりにいくなんて、無ー理ー。


しかも、この日は、ムシムシしてどんより悪天候で、
気圧の変動にへこたれやすいさとこは、不安感MAX。


「今日は動けないから、明日いきます」と返事を送る。


丁度、大量出血が始まったところで

症状として

・背中・腰・お尻のなかで鐘を叩かれているような、全身に震動が波紋の様に広がる痛み
・足腰が抜けるような痺れ
・吐き気と胃痛と目眩

が挙げられます。


ぱにーニィが車検で車を預けるのに、半蔵自動車まで送迎するつもり(代車で走るのは性格的に不安だから)だったけど
これまた、「無ー理ー。」で、

半蔵さんに乗せて送ってもらうようにお願いして


ぱにーニィんちの台所預かりとなって、転げ回っておりました。


①番、おっとりタイプのパナソニックリアルプロのリアリーは、
こんな時は役に立たない。

ひたすらガンガン叩いてほしいけど、
「フシュー」とか「グオーン」とか言いながらあれこれ設定を替えるから、
まどろっこしくてじっと座っていられないの。
 ↓
パナソニック リアルプロ 骨盤おしりリフレ EW-NA75
 ↗
②番のピンクのパナソニック骨盤おしりリフレも
力技のわりにはポイントを外すし。


こんなときこそ、③番、古式ゆかしい中山式快癒器の中山さん。
 ↓
古式ゆかしい中山式快癒器
  
はあああ♡


やっと、じたばたせずに寝られるようになってきました。





10分おきにトイレ通いが始まり、

股関節から爪先まで、豚足のろう細工みたいに真っ白でごろんとメリハリがなかった両足が、
みるみるしぼみ始めて、足首が形成されてきた。


同時に、自分の足の感覚がもどりはじめてきた。


なーんだ。
おデブになったんでなくて、ただの浮腫だったのか~。


高齢になってくると、流血前って、いろんな症状が出るものですね。


むくみがとれるにしたがって、不整脈の気持ち悪さや心臓の痛みや息切れがなくなり、ほっ。


やっと楽になったよ。


そしたら、里の母から電話。
「今、あんたんとこの玄関だけど、あんた、どこ?」


「ぱにーニィんとこで寝てる。」
「お母さん、そっちに行くから」


迎えに出て話すなんて無理!


動けないって言ってんのにィ

怖くて玄関から出ることができないからって
いつもあんなに言ってんのにィ


どうしてわかってもらえないのかなあ。

半泣きになりながら巣に向かう。


夕方の駐車場は活気にあふれてる。

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんを遊ばせるお母さん、
風を切って走り回るちびっこライダー達の自転車、
荷物を往復で運ぶ、買い物帰りの人と、エンジンかけっ放しの車。


痛みと恐怖心に過呼吸になりつつ、
運転したことないぱにーニィのインプレッサに転げ込んだものの。


ペダルに足が届かないけど、シート、どうやって前に出すの?
サイドミラー、どうやったら開くの?


町道や駐車場を行き交う車を何台も待って、ようやく巣に帰ったら、
里の母がイライラしながら立って待っていた。


里の母 「あんた、いたしくて寝てるんじゃなかったの」
さとこ 「寝てるよ。今日はダメだって言ったじゃん」

里の母 「だって、もうお米洗った後だっただもん。
あんたが動けんっていうから、お母さん、がんばって一生懸命持ってきてあげたんでしょうが。
なにが不満なの」


恐怖でガクガクして立っていられない。


出入りが激しいこの時間帯は、見送りも無理。

母はアパートに上がることもせず、不満げに大きなため息をついて、よたよたと帰って行きました。


なんでいつも思いつきなんだろう。
なんでいつも、よりによってこの時間帯なんだろう。


どうしたら、わたしが安心できることと苦手なことを理解してもらえるんだろう。


ぱにーニィんちを飛び出して来て、電気もつけっ放しだけど、

ぱにーニィが半蔵さんとこから帰って迎えに来てくれるまで、
もう、ひとりで行く勇気はないさとこでした。


気持ちの置き所がなくて、抗不安薬飲んじゃいました。





連絡したら急いで送ってもらってきてくれたぱにーニィと
一緒にちらし寿司をいただいていたら

里の母から、再度メールあり。
 
「はてるまにお供え渡しましたか」


しばらく前に、とおるちゃんへのお供えを預かってはてるまに届けたときのことだな。

さとこ 「はい」


怒りを含んだメールが重ねて届く。
「非常識。お礼の電話くらい、かけてよこすのが当たり前でしょう」

母が電話聞こえないだけなんじゃないの?


喉が詰って食べられなくなった。


もう、やめてくれー。


パニクるさとこを見て、ぱにーニィが激怒した。

「ワンが電話しちゃらか?お母さんのせいで、さとこさん切ってますよ」


切ってません!(笑)


宮古島 東平安名崎
(宮古島東平安名崎で、風を切って飛んでるつもりになってみた)

沖縄の空気を吸ったら、きっとエネルギー満タンになるだはずよ。


抗不安剤を飲んでいるので、
さとこ、食べ終わった記憶がありません。


気づいたのは、
ぱにーニィがお片付けもしてくれたあとでした。


ごめんなさいね

母のちらし寿司、大好きだけど、
今日のは、全く味を覚えていません。

ちょいと、もったいなことしました。
[2017/04/13 22:11] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。