義父とデートです。
ニューオリンズ・ブラスバンドのライブがあるので、
はてるま父をデートに誘いました。


ライブは17時STARTなんだけど、

この日は日曜日で、いつもの時間帯のバスがなく

孫娘のティーダちゃんが、昼ご飯のあとで義父をバス亭まで乗せてきてくれて
バトンタッチ。


ぴちぴち女社長のティーダちゃん、県外や海外で活躍してること多いですが、
時間ができると、こうやって、おじいちゃんおばあちゃんに顔を見せに帰ってきてくれる。

優しい、いい娘に育ちましたね。





日ごろは奥さんのおしゃべりに圧倒されているはてるま父、
さとこと二人のときは、すっごくお話します。


最近の旬の話題は、
「猪子さんが入院された」。


ご近所の、働き者で美人で後家の猪子さんは、
人気があって、婦人部なんかの活動の中心人物。

その彼女が働き過ぎて倒れてしまい、
部落みんなで協力して
猪子家の田んぼや畑を管理しているらしい。


癌と戦っていたご主人は2000年頃に他界され、

お姑さんを看取り

息子さんも病身で、


何十年も、

家族を自宅で看病しながら
一人、毎日休みなしで働いておられたから
今まで倒れなかったのが不思議なぐらい。


さとこの回り、頑張り屋さんが多くて、尊敬します。
見習ううなんて、とってもできないけれど。


そんな話題でエンドレスのやり取りをしながら、

カメラのキタムラやリサイクルショップで、
中古カメラをウインドウショッピング。


義父が行きたいところはないって言った場合は
人ごみを避けて郊外のハス園にでもお散歩にと思っていましたが

「ばーさんがな、天満屋の物産展で、たい焼きを買ってきてほしいそうだ」


ほほう。そりゃそりゃ。

ほんなら、ライブ開始まで、天満屋さんで時間つぶしをすることにいたしましょうか。


義父 「今日はどんなライブがあるだかいな?」

さとこ 「会場内を練り歩きながら聖者の行進とかされるやつですよ。ほら、さとこの母とぱにーニィさんと4人で一緒に観に行ったことあったでしょ」

義父 「おお!あれな!そうかそうか」





物産展会場で『全国うまいもの市』のチラシをチェックすると、
「クロワッサンのたいやき 愛知県はなとら」。

義母が欲しいの、これのことじゃないのかなあ。


粒あん・こしあん・クリーム・チョコ・キャラメル・抹茶・カレー・レアチーズ。

お店のひと 「冷めてもサクサクで美味しいから、温め直さないでね」


そうなんだ~。


いろんな種類があって、
後ろに行列出来ちゃったから、選ぶ余裕なく、
大急ぎで全種類注文してお土産購入完了。


人が苦手なさとこにしては、
大仕事をやり遂げてデカシタ!って気分ですよ。

やー。緊張したわ~。


お茶屋さんブースで抹茶オーレを買い(ここがまた行列で)、
椅子に腰かけてアツアツサクサクのクロワッサンたい焼きでティータイム。


義父 「今日はどんなライブだ?」

さとこ 「あの、前にね、さとこの母とぱにーニィさんと4人で一緒にライブ行ったでしょ。会場内を練り歩きながら聖者の行進とかされるやつね」

義父 「おお!あれな!そうかそうか」





その後、
LOFTや、100円ショップ、書店などを巡り、
間でベンチがあれば休憩しつつ。


フロアによっては、日曜日でも人がまばらなので、

さとこと義父がのんびり会話するには
天満屋さん、なかなかいいところです。


義父 「さとこさんよ、今日はコンサートホールだな?誰のライブがあるだ?」

さとこ 「前ね、K市に行って、椅子の間を練り歩きながら聖者の行進とかの演奏聴いたでしょ。ほら、ぱにーニィさんの運転で、里の母も一緒に。」

義父 「おお。そうだったなー」


このやりとりも、何度か繰り返すとスムーズですね。





コーヒーショップで挽きたてコーヒー飲んで
16時、コンサートホールに向かいました。

(BBBBさんオフィシャルホームページよりお借りしました)
bbbbさんホームページより

義父がいつも楽しみにしている、BBBBさんのライブですが。


とおるちゃんの音楽仲間に出会えて、挨拶してもらったり、

どんなグループだったかは忘れているから、
スマホでホームページ検索して一緒におさらいしつつ、開演を待ちます。


ノリノリな楽しい雰囲気の中で過ごせた記憶は残るみたいです。


演奏が始まると、

足でリズムをとり、手拍子を打ち
「とおるを思い出す」とハンカチを取り出して涙を拭く、
義父のいつもの姿。


ライブ後は回転ずしで夕飯を済ませました。


話題は、「入院した猪上さん」から「とおるちゃんが小さいときの音楽にまつわる思い出」に切り替わっていて
当分はこのエピソードが聞けそうです。


はてるまに義父を送り届けて、デート終了。


とおるちゃんとさとこの巣への帰り道はヘロヘロでしたが、

ストレス溜まっていた義父が嬉しそうにしていたので
良かったなー。


この日はとおるちゃんの7年と6か月目の月命日だったんですよ。


たいやきをお供えし、

先日、里の母を写したこの写真を、
はてるま父母に見せてみました。
 ↓
ぶり空き箱

里の母が抱えているのは、

とおるちゃんとさとこが結婚したての頃に
はてるま父母が、さとこの里に持ってきてくれた、ぶりが入っていた箱らしい。


義母「おお、あのころはじーさんが運転しとったけん、
港町に行ってこれ買って、そのままお母さんに届けに行っただなあ」


とおるちゃん、懐かしいね!
さとこは覚えてませんでしたが(;^ω^)


結婚に大反対だった里の母、

さとこの心に元気があった当時の方が
今より幸せだったと思ってるんだろうな。


さとことしては
あの頃の方が悩み事イッパイあった気がしますけんど。





翌日、はてるま母から電話で

「じーさんは今朝もニコニコ上機嫌だ。
さと、ありがとうな。
じーさんに聞いてもわからんが、昨日はどんなライブだっただ?」


笑。


義父母とも楽しくて良かった。

またライブ行こうね、義父。
スポンサーサイト
[2017/07/01 04:06] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ヤス伯父さん、ありがとうございました。
はてるま父の従兄、『ヤス伯父さん』95歳が亡くなった。


とおるちゃんが死んだとき、
ヤス伯父さんは

七日法要の席でも
四十九日の席でも

おうちにお邪魔した時も

さとこに向かって


「とおるはもう居らんし
あんたらには子供も居らん

こっから先、すべてあんたの人生だ

はてるまの家に縛られることはない

あんたの気持ちは
誰が反対しても
わしが守るから

さとこさんの好きなようにしなさいよ」


田舎の古い考え方の中には珍しく
伯父さんが繰り返しそんなことを言ってくださるもんで、


さとこの里の母側は大賛成し

多数派のはてるま側の人々は

「もー、おじさんったら酔いに任せて余計なことを言う」と
若干困った表情だったと記憶している。


当のさとこは

とおるちゃんの側にすぐに連れてってもらわなくちゃと焦っていて
それどころではなく


四十九日に
とおるちゃんが一人じゃぶじゃぶと三途の川を渡ってしまってからは

後追い3年計画の準備に忙しく


「はい、わたしはとおるさんのお墓に入りたいんです♡」と
ヤンワリかわすだけだったけど


とても感謝している。


何となく
いざとなればヤス伯父さんがいてくれる、みたいな
心の拠り所になっていたからね。


ヤス伯父さんのおうちは、はてるま父の薬を受け取る薬局のすぐ近くにあるから

お元気かなあといつも思いながら

はてるま父母と行くには話題がマズいし
ほかに訪ねる理由もなく。


日本酒が大好きで

宴会となれば
みんなが帰ったあとも一番最後まで呑んでいて
奥さんを困らせていた。


大戦中は
通信部に配属され

特攻機の出動を見守っていたことや
シベリアに抑留されていた時のことや


「わしは、死んでいったあいつらの分、100歳まで生きる」が口癖だった
伯父さんのお話が聞けないのは
かなり残念。


亡くなる日と、その前日の危篤の日、
はてるまの廊下のセンサーライトがずっと点いたり消えたり騒がしかったそうで


とおるちゃんが知らせたのか
伯父さん来てたのか


とおるちゃん、ヤス伯父さんと久々にお話できるよ。





訃報を受けてから

はてるま母はすぐに式典の準備や打ち合わせのお手伝いに行っていたけれど


さとこ、とおるちゃん以来、葬送の場は苦手で
取り乱したり
過呼吸になったり


でも、さすがに今回は避けられない。


かなり不安だったけど

出棺前のお別れのとき
伯母さんが

「おじいさん、いっつも財布はどこだーって騒いでたから、
はい、これ持って行きなさい」とか
「いつもより男前に仕上がっちょりますけん、
顔見てやってくださいよ」とか

真顔で言うもんだから

気持ちが和んだ。


伯父さんのおうちは、黄檗宗。


さとこは黄檗宗と全く接点がなかったのですが

初めて聴きましたが
まるで歌のようなお経です。


住職さんから、戒名の説明を聞く。


『永』は、長寿を全うされた方にしか授けられない尊い字でございます

翁や媼は、よいお年寄りさんにしか与えられない字でございます

『信』は、いつも自分の信じた道を進んでこられた方だから
これからも、信念を持って歩まれますように


ああ。とっても覚えやすい。


戒名は、仏教の戒律を授けた時に与える名前で仏の弟子になった事を示し、
もともとは生前に授かるものらしい。


さとこは
早く戒名を作ってもらって、
位牌と戒名板のとおるちゃんの隣に並びたいんだけど、

方丈さんから「まだ先でいいんじゃないか」と言われて延ばし延ばしに。


たしかに、仏教に帰依した人の証としてってことになると

お酒をよく飲み、おネギやニラをぱくぱ頂いて心乱れている不逞の輩さとこなんかには
ちょっと無理かなあ。


とおるちゃんも、戒名で呼んであげたことないけど、

ほんとは戒名の方が
修行気分がアップしていいのかもしれませんね。





別れの儀が終了した時にも

「今から、当主と住職は一緒にお茶をいただきますが
これは、かつて土葬だった時代には
死者の枕元に膳を供え、死者の霊がめしの中に宿り復活することを念じて共に頂いていたことの名残なのですよ

そして、
この枕元の一膳飯は、中身のご飯を取り出してお棺の中に一緒に入れて
お弁当にして持たせてあげましょう」


参列のみんなにも、
湯呑みのお茶がお盆から手渡された。

伯父さんの霊が復活しますように。


とおるちゃんの時、

里の母が部屋の隅にさとこを呼んで
「ちょっと、さとこ、茶托をつけないなんて非常識ですよ。なんで用意しないの」

そんなこと今言われても、とパニックになったさとこでしたが

こちらでも茶托がなかったので
この地方の葬送セレモニーには必要ないことがわかり

7年8カ月が経とうとしている今、ようやく安心した次第です。




ヤス伯父さん、ずっと在宅生活で

体調が悪くなって手術を受けて
成功はしたけど
その後、容態が悪化したって

95歳の体力でも手術を受けるってすごいけど
なんの手術?と思いながら

出棺に同行する。


火葬場は


…やっぱりつらいね。


でも、そのあとの葬儀式・告別式と初七日の時にも

心がホッとするお話を聴きました。


「死んだからといっても
今までと変わりません

台所の窓から覗いている親と一緒なのです

みんな、元気でたのしくやっておるかなと、
側で見守ってくださるのです。」


「これから四十九日までの、七日ごとに手を合わせますが
初七日は、ご家族の負担を減らすために、葬儀に続けて本日執り行いました。

これからの七週間、
わざわざ決まった場所で拝む必要はありません。

どこにいても故人を思い出して

みなさま、よい七週間を過ごされますように。」


ああ、すがすがしいですね。




なんと、義母、さとこまで七日法要の席の人数に入れており、
初めて自己紹介する人もいるような場に混じってしまった居心地悪さを感じつつ。


ヤス伯父さんの7人の子供が一堂に会するのは
十何年ぶりだそうで

ちょっとしたパーティーの盛り上がりでした。


ヤスおじさん、みんなが賑やかにしてるの
嬉しかったんじゃないのかなあ。


喪主の長男さんが
遺影に日本酒をなみなみと注いだコップを「ほい、じいさん、シッカリ飲みなさいよ」って。


喪主さんってほんと、大変だと思う。


長男を早くに亡くしたはてるま父母、もちろん傷心だけど

お母さん大好きのとおるちゃんの立場にしてみれば

お母さんを見送るという辛さを乗り越えなくてもよくてラッキーだったんじゃないかと思いたい。


残された方が
本人より辛いことが多いからね。


それにしても、
黄檗宗、いいなあ。


はてるまの家の曹洞宗は、
「死んだら無になる」と言われちゃって

どこに救いを求めたらいいの?って感じだし


沖縄の先祖崇拝の宗教観が一番近いかなと
今まで思っていたけれど、

さとこにしっくり合う気がする黄檗宗、
ちょっといろいろ知りたくなってまいりました。


ありがとうございます、ヤス伯父さん。

[2017/06/16 04:22] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
この頃、ビックリ多し!
ある日のさとこです。


さっき起きて時計を見て
「おっ。そろそろ5時か」と思って、あるけあるけの準備をはじめたら

あらっ。
もう9時になった!?

び、ビックリ。


実は

5時前と思ったのは、まだ、夜11時25分の勘違いで、

誤→5時前。誤 正 →5時前。正 (2)


9時前と思ったのは、11時45分の読み違えだったのでした。

誤→9時前。誤 正→9時前。正 (2)




また、ある日は、

父と祖母のお墓でご祈念していたら、

今まで、50年間暗記していた詞が、
どうしても途中から思い出せなくなり、

中断して帰宅。


そして、二十歳で金融機関に入社して以来、
30年以上、無意識にできていた、紙幣数えの手さばきも

突然できなくなっていて、


指をどう使って挟むかとか、
お札を広げる時の流れとコツが
全く思い出せない。


こりゃ、認知症外来に行かないといけないんじゃないか?


ぱにー二ィに相談したら、

「そりゃ、お兄さんに相談しなさい。でも、とりあえずは毎日おさらいすることだな。」


とおるちゃんが死んじゃってからは、
般若心経を覚えて毎朝唱えていたのですが、

般若心経は一旦やめて、
小さい時から馴れ親しんでいる拝詞のほうを、
車中とか朝勤行のときに読み上げるようにしました。


紙幣数えについても

さとこのお財布には、数えないといけないほどの札束は常駐していないので

ぱにー二ィが毎日スロットや競馬で稼いできては、
さとこんとこに持ってきて、
繰り返し数えさせる。


こうかな?
いや、こうだったか?

上下・表裏を替えながら、何度も練習です。


そうこうするうち、
数日後、また、技術習得の記憶回路が繋がったように
急に手が思い出しました。


さとこの頭ン中、
なんだか、
「ニューロンネットワークの情報伝達、電気工事中ですよ~」みたいになっとったんかな。

シナプス
(これはKOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイトから拝借しましたです ↑)


やー。
焦った焦った。


時計の針の読み方も、おさらいしなくっちゃ。





ハウスクリーニングが仕上がったので、

公民館活動の印刷物配りをして回ったら、
引き換えに、
嬉しいいただきものが。


会長さんの畑で穫れた新玉ねぎと、

なんと、シショーお手製の、出来立ての筍の煮しめ。
しかも、最も美味しいと言われる、穂先の部分ばっかり。

筍旨煮

わーい。ご褒美だあ。


早速、その足で、
○○ドナルドの税込み100円バーガーを購入しに
ドライブスルーに連れてってもらいました。


会長さんちの新玉ねぎをスライスし、

セロリ・きゅうり・ハンダマ・トマト・レタスも。

挟むお野菜をあれこれ並べて、
自分好みにカスタマイズいたしましょう。

筍・新玉パーティー

レリッシュの瓶詰も開封して

100円バーガー、お野菜盛り盛りバーガーにグレードアップです。


シショーの筍、
もしかして、
今まで食べた中でダントツの一位じゃないかっていうぐらい
美味しかったです。



「初物七十五日」って、初物を食べると寿命が75日のびるというけれど、
さとこの場合、
脳ミソの寿命がついていかないので

あんまり初物いただきすぎないように、気をつけなくてはいけませんね。

[2017/06/07 22:52] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
2017年のツワブキ狩り
つつじと藤と新緑の季節。

お花見してないから、
これ、何年か前のぱにーニィんちお隣の、お寺の藤棚の写真でも。
 ↓
満開の藤


日が長くなって、さとこ、車が少ない早朝に活動できてます。


だいたい3時ぐらいに起きるから
夕食終わったとたん、ぐーすか寝ちゃうんですが…。




六時半、朝もやの中を、
愛しの寺尾聡さまをカーステでガンガン鳴らしながら、朝のドライブ。


焼骨カルシウムとおるちゃんを連れて野良猫徘徊してた頃を
思い出しますなあ。


ぴよ子さん出勤前に、おうちにお届け物に行くつもりが

あらっ。
ナビ子には裏切られて、バイパスから降り損ね、
ぴよ子さんちを右手に見ながら行き過ぎてしまいました。


軽バンさとこ号のナビゲーションシステムは、新し目の道は入ってないので、
よく、こんなして遠くに連れ去られます…


バイパスに乗せられる意味ないじゃんと思いつつ大回りして、
この勢いで、ちょっくら里の母宅へ向かいましょう。




相変わらず、電話が通じない母、
生きてるかー?


里に到着したら、びっくりされました。
「あっちゃ、あんた。」

母、生きてましたね。


聞けば、これから、連合会のA教会の春季大祭に行くそうで
そんなら、さとこが送迎いたしましょう。


海沿いの古い町にあるA教会までは、国道を一時間半ぐらい。


お天気が良く、気持ちいいです。


母が 「あっちゃ!しまった。いつも大祭の帰りにツワブキ狩りして帰るのに、今日はなんも持ってきてないわ」と言うので、

母を送り届けた後は、
近くのガソリンスタンドさんで100均の場所を聞き、隣町までお買い物。


手袋・靴下・園芸鋏・クロックスサンダルなどを買いそろえた後は、
漁港で三線練習です。

練習ポイント


風がない、静かな海を独り占め。

漁港にて

あ、カモメさんいました。


淡い紫のお花。

ムラサキハナナかなあ。ダイコンかなあ。

大根っぽいお花


1サイクル練習して休憩してたら、
母から連絡があったので、


帰り道、神社がある小さな山の公園に行きました。


ツワブキいっぱい生えてます。

ツワブキ狩り1 葉っぱはリリース

かさばるから、葉っぱはその場で切って土に返す。


なんでこんな穴場的場所を知ってんだ?と思ったら、
幼稚園勤務だった頃に、園児たちを連れてちょくちょく来ていたらしい。


夢中でツワブキを採る86歳。

ツワブキ狩り2

おーい。
蛇が出るぞー。


買い物袋に2袋ほど収穫して満足したようですよ。




てなわけで、
いつもの持ち寄りゴハン食卓に
ツワブキの煮物増えてます。


さつま揚げと豆腐以外は野生

里の母作 わけぎのヌタ、きゃらぶき。

義母作 蕗と筍の煮物、大根と昆布の煮物

ぱにー二ィ作 納豆と魚肉ソーセージのお焼き、卵かけごはん、大根おろし、コシアブラとタラの芽の揚げ焼き


こんなにおかずあるから、
さとこは、切り昆布の炒め煮作って、
あとは写真撮るだけ。


ちょっと家族サービスっぽいことをしてみちゃっただけで
楽チンしてごちそう山盛りの
ラッキーな一日でした。


…早起きは三文の徳( *´艸`)

[2017/05/21 04:05] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
対にゃん歓喜症。
やっと冬物衣料の入れ替えに手をつけました。


仕事が変わって出番がなくなった服でも、

「これはとおるちゃんがお気に入りだった」とか、
「これ、一緒に選んで買った」とか
「これ着て一緒にあそこに行った」とか思い出して捨てないから、

いつまでたっても服が減らないんだよ!


そのうえ、
さとこの上着は子供服150cmなのに、
とおるちゃんのでっかい2L着ているから

一人暮らしとは思えないかさばりかた。


もともとの自分の服、衣装ケース一個までに減らすのが目標ですが。


故とおるちゃんがお気に入りだった、さとこの冬パジャマもしまいましょう。

にゃーさん4匹ついて、首回りと袖口がヒョウ柄なんです。
 ↓
お気に入りのパジャマ

あの世で着られるように、
さとこが死んだらお棺に入れてもらおーっと。




近所のコンビニのごみ箱付近に常駐しているにゃーさんは、
みんなからゴハンをもらい慣れているらしく、
駐車場に車が停まると、窓のそばにやってくる。


きっと、「今日もあのこが僕を待ってくれている」と思っている固定利用客が
たくさんいるんじゃないのかな。


ぱにー二ィもそのひとりで、
競馬新聞買うのも、公共料金支払うのも、
必ずそのコンビニです。


「みんなからゴハンもらっているにしても、毛玉対応のカリカリあげるのはワンだけだはず」って
わざわざ回り道してまでせっせと通っているらしい。


コンビニの従業員さんも、ごみを捨てに出てきて声をかけているから、
賞味期限が過ぎた人間のお弁当とか、もらっているのかも。


かりかり。 ん?

この耳折れにゃーさんがいちばん人懐っこくて

他に、
耳折れにゃーさんがゴハンをもらうと出てくる、臆病なガングロにゃーさんと、
耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんのゴハンを横取りする、近所の飼い猫らしい与太者にゃーさんがいるので、

耳折れにゃーさんとガングロにゃーさんがゴハンを食べ終わるまで、
与太者にゃーさんを遠ざけるのがけっこう忙しい。




こちらは、ぱにー二ィが通う税理士事務所にやってくるにゃーさんで、
顔見知りのぱにー二ィは、わりと近くまで来させてくれるらしい。
 ↓
顔見知りにゃーさん


この日は、ぱにー二ィも知らないお友だちが一緒に来てました。

お友達が一緒


お友だち、恥ずかしがりやさんみたいで、
目が合っただけで隠れちゃいましたね!

定位置


写真撮りながら夢中で話しかけてたら、

ぱにー二ィが
「さとやん、人間にはあんなにおどおどして挙動不審になる対人恐怖症のくせに、
ネコと見れば貼りついて、
対にゃん歓喜症だなあ」って。


にゃるほど、うまい表現だなあと思いましたにゃ。

[2017/05/20 23:04] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
| ホーム | 次のページ>>