FC2ブログ
ぱにーニィのエッセンス
ぱにーニィはバンドで演奏しているくせに五線譜が読めません。


練習中にD.C.(ダ・カーポ)とかD.S.(ダル・セーニョ)とかいう記号が飛びだすと
それはミシェールみたいなひとですかとか言っている。


五線譜の音楽記号は多分イタリア語だから
フランス人のミシェールさんはミケールと呼ぶんじゃないかな。(これで確認した→人名言語変化対照表


そういうこと話しながら
何気に運転席のぱにーニィを見上げると

鼻毛が出ていることが多い。


指摘すると

「ワン(俺)ってほら、カッコよすぎるから、
鼻毛でバランスをとっているのさ。」とか言っている。


いやいや。

バランスをそんなところで調整しなくても大丈夫。


ズボンのチャックが大抵上げ忘れてある時点で

バランスは十分とれているから心配ないよ。




ぱにーニィ、基本、裸族だからなのか


いつまでたってもズボンのチャックに慣れないもようなのです。


キーマー(毛深いこと)だから
体毛だけで十分暖かいらしくって

アパートではいつも原始人みたいに裸。


たまに服を着ていると
あれっ風邪でもひいたの?と心配になる。




そういえば、さとこの亡夫とおるちゃんも

パンツだけで過ごしていること多かったし

はてるまの家で家族4人いてもお風呂に着替えを持って行かない人で

お風呂からあがると全裸にスリッパいっちょで
2階の部屋まで帰ってきてた。


さとこの兄もキーマーで
毛皮を1枚着ているせいか、

夏に帰省している間、半裸状態でいる気がする。



ぱにーニィに至っては

そういう部族の出身なんですと言われたら納得するぐらい

きっちりと裸族生活の日々を営んでいる。


家から一歩出たら
気を引き締め

チャック確認は怠ってはなりませんよ。




すぐに汗だくになる毎日の衣生活、


お気に入りは

トライアルの紳士肌着コーナーに沢山吊るしてあった

バングラディシュ製の薄手の半袖シャツ、税込199円です。


これは
さとこも全カラー六色のMサイズを買っていて


白と赤はハウスクリーニング用、

黄緑がおネギ仕事用、

黒とグレーが着替え用。


紫は

ぱにーニィに「さとやんその色似合うね」って言われたから

199円なのにネット洗いのお姫様扱いで

旅行用として大事にしまってありますのよ。


ぱにーニィ言うところの
「お値段含めてお気に入り」です ( *´艸`)




チャックの上げ忘れだけでなく

注意事項をすっかり忘れてる事も良くあるぱにーニィ。


聞いてないって言うから「えっ、だってあの時ハイってお返事したじゃん」ってさとこがびっくりすると

ワン(わたし)のハイはヘリウムの如く軽いからね、なんて威張ってる。


ぱにーニィ、うかつだから

リバーサイド3階で空室の窓拭きしてる時だって

丸椅子から足を延ばして
近くにある空っぽの床頭台のスライドテーブルの部分に乗りかけちゃって

 〈この部分↓〉
スライドテーブルつき床頭台

「ダメーッ!落ちるからやめて」って


さとこ、ハラハラして一瞬も目が離せません。


こんなんでも装着しない限り、窓拭きはとっても危険。
  ↓
こういうやつをつけてほしい

まあ、これはこれで
ロープに絡まって落っこちちゃう気がしますけども (´・_・`)


リバーサイドはつばめさんの楽園で
フンや虫の食べかすだらけなので
つばめパラダイス


みんながどこか遠くの国へ旅立ったあと、どうやってお掃除しようかなと

目下 思案中です。




ある日のぱにーニィ、自分の靴下をつくづく眺めながら


このサピッポって見たことあるよね。なんかのパクリ商品かなあって
さぴっぽ。


なんのことはない


アディダスを逆さまから見ていただけのこと
サピッポでなくて


毎日が
こんなちょっとした勘違いに満ちてます。




6月あたりから

リバーサイドでのぽんこ2業務に励むぱにーニィに
変化が生まれました。


自分が関わることで怪我でもさせてしまったら大変と恐れるあまりに

高齢者さんご本人には
極力近づかないようにしていたのですが


100歳近い、車いす生活のF子さんから「オーイ、にいちゃん、頼むわー」と呼ばれると
「どちらまでですか~」と嬉しそうにイソイソと車いすを押すようになり。


というか、待ちきれなくて

頼まれる前から見込み発進で押しに行ったりもして


「これって過介護ってヤツだよね!」なんて、

新しく覚えた専門用語も使いたくてたまらない様子。




失語症で単語が出ないI美さんは、

やんやんと何かを訴えられるのを
スタッフがあれこれ想像して「テレビのチャンネル?」「トイレ?」とか聞くんですが


ある日、じれったさが昂じて

「やんやんやんやんやん やややややや ワー!」とオーバーヒートされるのを見て

ぱにーニィ 「あっ やんやん以外の言葉も言えるんだネ✨」
と感動する余裕も生まれたし


普段引きこもりがちなN夫さんがお部屋から出て来られるのを見張っていて


仕事を切り上げて

若い頃にやんちゃした話をせがんだりする。




朝、車の中で
「今日はN夫さんのお話聞けるかなあ」とか話しながらリバーサイドに出勤するのですが


さとこは


そういうのが楽しみな反面


必ずいつかは訪れるお別れを思うのが気が重いです。


ぱにーニィとさとこのチームぽんこ2が就労を始めてからも


いつも車椅子で静かに微笑んでいた片麻痺の男性と

最高齢で入退院を繰り返していたご婦人おふたりが


転院先の病院で生涯を閉じられたと聞きました。


親しくなればなるほど

今日のこの交流はあとどれくらい続けられるんだろうと


切ない想いですね。





お仕事のない日のガッツリごはんは

冷蔵庫で大切に大切に寝かしたお肉をステーキに。

ゴーヤーチャンプルーと熟成肉ステーキ

トースターで焼いて
さとこでも飲みこみやすいようにサイコロ状に切ってくれてます。


厚めに切った玉ねぎもお肉の傍で一緒に焼いて
とっても甘くておいしい!


ぱにーニィ 「ステーキはおうちごはんが一番だね」って

ほんとに
噛めば噛むほど濃厚なエキスがしみ出して


塩こしょうだけで味付けしたお肉ってこんなに美味しかったかなって
さとこも大満足です。




お魚はたいてい1パック単位。

キスの塩焼きもトースターです。
キスの塩焼き

キス、毎日でも飽きないと思いますが


お昼前に魚屋さんにキス買いに行ったら

焼きたてのおさかなたちが並んでたってことで


選べなくて結局両方買ってきてくれて
焼きたて青魚パラダイス

ええ、両方ともいただきましたよ。


キスはもちろん翌日に回しましたけどね。




食に対してはこのように貪欲なぱにーニィ、


ありがたいことに、


今日も元気に

窓から落ちずに無事に生きてくれてます。

スポンサーサイト



[2019/08/05 23:48] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにーニィ燃え尽きる寸前だった確定申告シーズンのこと。
昨年夏にS県M市税理士先生が永眠され


ぱにーニィは、
税理士先生の顧客だった方々に対して

別の税理士さんを紹介したり
自力でできるようにデータを揃えてアドバイスしたりして

大抵は手を離れた予定でした。


とはいえ
多忙で、すぐに面談できなかったりする新しい税理士さんに遠慮して

相変わらず、ぱにーニィに相談してこられる元顧客さん達が

1月末からやたら増え始め、


ぱにーニィ、結局、個人でプログラムを購入して


月々の経理処理が必要ない、年に一度の確定申告だけ依頼がある10数件の顧客さん達に関しては


例年通り、お仕事を受ける流れになっちゃいました。




ところが、肝心のパソコンが壊れて


リバーサイドから帰った日も、夜は毎日

データの移し替えをしたり
セットアップしたり
ソフトを更新し直したり


なんか、めちゃめちゃ大変そう…。




さとこは、
母の発表会のお手伝いで
休みの度に里に帰っていて


あれこれお野菜をもらうので

ぱにーニィがあんかけを作ってくれたり
190311あんかけ野菜


水菜と厚揚げを玉子とじした
あったかおうどんを作ってくれたり
水菜の玉子とじうどん


祖母の命日には
母と一緒に拝んで
19祖母命日玉串


お供えの白和えとカレーと茶わん蒸しを
籠一杯もらいました。
19祖母命日




そして、
ついて行ける日には、できるだけぱにーニィと一緒にS県M市へ。


ぱにーニィ、リバーサイドのお仕事の無い日は
全てS県M市に出かけていますのです。


S県M市税理士事務所、これまでは玄関前に駐車できていたけど、

お隣のおうちから苦情が出て以来

駐車スペースもなくて


さとこは車が動かせる状態で
ご近所にゃーさんを観察しながら待機。

190205ご近所にゃーさん

いつもあのタイヤのところにやってくるのでバッタでも捕まえているのかなと思ったら

どこかのご婦人がコッソリご飯をあげに来られるのでした。

190205-2 190205-1

満腹のご様子ですよ。

190205ごちそうさまでした




新しく、ぱにーニィのアパートを事務所にできるのが一番だと思うのですが


連絡を取り合っていた先生のご家族が
ここんとこずっと音信不通で

S県M市税理士事務所のパソコンを撤収する話が
中途切れになっているんだとか。


事務所の電話はすでに止められていて

蛍光灯も切れてそのままの状態。


ぱにーニィは卓上スタンドを持って行き、

うす暗ーい部屋でお仕事している。


暗いのはまだいいとして


暖房器具がないのがもっと困る。




強迫性障害のぱにーニィ、

電気ヒーターを持って行ってるくせに火事になるのが怖いからって

頑なに使用を拒否。


コンセント抜いて持ち帰るんだから大丈夫だよって言っても聞き入れず


仕事が終わると
吐く息までキンキンに冷たくなったような状態で
車に転がり込んでくるのです。


使い捨てカイロも持って行ってるくせに

何で使わないのか
寒がりのさとこにはサッパリわけがわかりませんわ。




そして、強迫性障害のぱにーニィ、


戸締りと火元が心配で、何度も何度も確認に戻る。


今までは
税理士事務所に電話をかけて呼び出し音が鳴るのを確認して

「火事になってない。大丈夫!」と確認できていたのが


電話が止められちゃったから


さとこが一緒についていけない日は、

もう自分のアパートまであと少しのところまで帰ってきていながら

またUターンしたりして


片道45分で済むところを

3倍近くの時間と走行距離をかけて帰ってくる始末。


いい加減、なんとかしたらどうなんだよッ!ヽ(`Д´)ノプンプン




毎年1~3月は
話しかけるのもためらわれる多忙ぶりですが

今年はまた格段です。


なぜって

 ・リバーサイド勤務中は顧客さんとのやりとりも問い合わせもできない。

 ・税理士がいないから電子申告が使えない。

 ・S県M市税理士先生が使ったパスワードがわからない(毎回変えるんだけどそのパスワードを先生ご本人が忘れてしまわれたので)から、予定納税の情報も取り出せない。

 ・処理の全てが手作業で
打ち込んだデータも反映されず照合できないから間違いに気づきにくい。

・休みなしで完成にこぎつけても
提出する前の最終段階に知り合いの税理士から承認印をもらわなくてはならないのが、先方も多忙で会えなくて悶々の日々。



ただでさえ強迫性障害のぱにーニィ、

もう、責任を抱えすぎて

しないといけないこと多すぎて


人相が変わり 心も崩壊寸前だったから



思案の末。


リバーサイド3月前半の勤務を


全てお休みにしてもらいました。






確定申告に没頭できるようになって

ぱにーニィの表情から険しさが薄れ


ちょっとホッとしたさとこ、
顧客さんちの前で
車を動かせるように待機中。


日向ぼっこしている、まあるい水鳥さんを眺めます。
190311-3


黒いヒト、ご夫婦でしょうか。
190311-1

オオバンっていうのかな?
「大」ってほど大きくないけど…


こちらもご夫婦っぽいけど色合いが地味だから
かるがもさんでしょうか。
190311-2


ようやく、静けさを楽しめる心のゆとりが出てきました。


190301-2

190301-1

190301-4

190301-3


そして、
顧客さんからも葉っぱをいただいて

新鮮なお野菜で疲労回復に努めるべし。
190307青菜炒め




ぱにーニィ、伝票入力が沢山あるときは
持って帰ってアパートでも入力作業をしていて


さとこがハウスクリーニングから帰ると
ささっと何か作って与えてくれます。


さとこが疲れている時に作ってくれる、大好きな納豆玉子。
LLサイズ。
納豆玉子

お赤飯があるのは、3月3日におばさんの四十九日法要があったから。


大黒物産のスパゲッティ―に、カリッと焼き直したホテルパンとスクランブルエッグまでつけてくれたから
これはもう、ワイン開けないとッ
190310ラムースパゲティランチ


ハウスクリーニングは
大抵のことはさとこひとりでもなんとかできるんだけど


エアコンのパネルのつけ外しや
堅いネジを外したり
2階のお部屋の網戸の取り付けは

ぱにーニィが助けに来てくれるんですよ。




税理のお仕事には
パソコンを2台使用するのですが


うっかりしてると
クロエがマウスになりすまして妨害することもあり

190306コンピューター2台マウス三個

パソコン2台にマウス3つで
どれがどれのやら
190306マウス3個


あっちで遊んでなさいって
遠くに投げられたら
19保護色

四十九日法要の引き出物と保護色で
探せなくて焦りました。




こんな感じで
怒涛の確定申告を乗り切ったぱにーニィ。


ほんと、お疲れさまでしたね!!

[2019/03/30 12:05] | ・主な登場人物紹介 | page top
S県M市税理士先生が天寿を全うされました。
8月25日、ぱにーニィと沖縄に向けて出発する前日。


準備をしているところに

S県M市税理士先生の子供さんから連絡があり


先生が鬼籍に入られたことを知りました。

夏の夕焼け


ぱにーニィは、だいたい二週間に一度くらいのペースで
入院先へお見舞いに行っていたのだけど


ごはんがミキサー食になり


点滴が24時間になり


モニターが設置され


ガリガリの骨だけの身体に5リットルの酸素マスクが痛々しくて

独りでお会いするには辛すぎるので


さとこもなるべく一緒について行っていました。


ベッドに寝たきりでも

ぱにーニィが声を掛けると目で追っておられたのですが


二週間前には
呼びかけても、眼球がうろうろしなくなり

肩をさすると脈が乱れるので、ああ、意識はあるんだなとわかるぐらい。


栄養補給が点滴のみになってからは

お別れの時期はそう遠くはないのではと


4人部屋の病室を覗いて

姿があることにホッとしてはいたけれど


痛みや苦しさを
あまり感じておられなければいいなと思ってた




県外に住む子供さんは
昨日、24日の夕方亡くなったそうです。最期に間に合いませんでした」と言っておられたけど

たぶん、税理士先生は気にしておられないんじゃないのかな。


この猛暑の夏を

独居のままで過ごしておられなくてよかったと思いますよ。



翌日26日がお通夜、
27日が告別式だそうで、


普段の交流を知らないご家族に代わって

税理士会や、関連方面に連絡をとったり


慌ただしく準備を済ませ


ぱにーニィとさとこは、
連絡いただいたその夜のうちに伺って

税理士先生にお別れすることができました。


那覇着の日が告別式。
前日の夜行バスなのでお通夜には間に合うけど、

旅行前に行くのも気が引けますし


それよりなにより


まずは少しでも早くお会いしたいから。





ぱにーニィ、とうとうこの日が来てしまったねえ。


背が高くて
でっかいお口で笑われる、S県M市税理士先生。


冷たい身体は
なんだか小さくなったけど

お口はいつもより更にでっかく


イビキをかいて寝ておられるみたいでした。


市内にすむ娘さんには、入院先の病院でお会いしたことがあるけど


息子さんたちは、別々の県外に居られ、
さとこは初めてのご挨拶。


とっても気さくな
良い方々でした。


税理業務関係の処理の相談をし

お片づけのときはお手伝いしますから呼んでくださいねと約束して

失礼しましたが


税理士先生の声、もう、聞けないんだなあ。


ぱにーニィのお仕事が終わると、
近所のラーメン屋さんで旨辛麺を食べるのも楽しみだったけど、


ここにももう、
なかなか来る機会がなくなっちゃうんだなあ。

旨辛麺


税理士事務所の玄関前で

先生はまだ帰ってこないの?って聞いているような

ご近所猫さん。

先生はどこですか?

四十九日は
10月12日ですから

税理士先生、それまでは多分おうちにおられますよ。




お元気なときは


京都やら美術館やら

ぱにーニィをお供に遠出されることも多かった、S県M市税理士先生。


顔を覆うマスクや管から
久しぶりに解放されて


ご自分のお葬式なんか放り出して

のびのび気分で、きっと、ぱにーニィにくっついて沖縄に同行されるに違いない。


さあ、税理士先生、明日が出発ですよ。
一緒に楽しみましょうね。


もうすぐ秋



[2018/09/08 04:13] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにめし。
病気オタクのぱにーニィ。

ロング足つぼマットで健康増進


ビョーキが寄りつかなそうな健康器具を見つけては
あれこれ駆使しております。

でこぼこ


こんなもんに全体重かけて乗っても平気なんて
どっかちょっとビョーキだへん?

いだだだだ


こんな分厚い皮の足に踏みつぶされるから
ティッシュはいつもぺったんこ。
スマートなティッシュ




さて本日は
ぱにーニィがつくるワイルドなおうちごはん、
ぱにめしを紹介したいと思う次第であります。


野菜と言えばレンチンが好き。

ナバナとか
明太子、サラダ、ぬた、ナバナ

プチヴェールとか。
カニかまサラダと蒸し野菜とワンタンスープ


ごはんと蕎麦とラーメンが大好きだけど、

それ以外の麺類も好き。


うちなーすばに
小葱増量うちなーそば風


麺が見えないけど長崎ちゃんぽん
長崎ちゃんぽん


皿うどんに
皿うどん


大黒物産のお惣菜コーナーのスパゲティ。
椎茸と青梗菜を追加してヘルシー志向っぽく。
きのこスパゲティ


この椎茸、お客さまんところで作っておられるやつだそうで
オーブントースターで炙ったら最高でした。
オーブントースターで


ぱにーニィと持ち寄りごはんをすることが多いさとこ。


おさかな好きのさとこではありますが
毎日欠かさずお魚をいただいているかと言えばそんなこともなく


今回は、
お魚無しの食卓が主に登場いたします。


さとこが好きな蓮根の甘酢あんかけ。
ちゃっちゃーっと作ってくれるんですよ。
蓮根甘酢


そして、トライアルとか行くと、
さとこにもお土産届けてくれますのよ
大好き散らし寿司


以前は、確かお芋は嫌いって言ってたはずなのに
お芋の美味しさに目覚めちゃって


特に里芋がお気に入りで
「買ってきてキレイに洗ったけどどうしたらいい?」って
ワクワクしながら待ってます
里芋もお風呂に ぐつぐつ茹でて

これをお鍋で塩ゆでするだけの衣かつぎ。

竹串がスッと通るまで茹ったら
塩を振って皮を剥いてパクリ
皮を剥いて 止まらん。

さとこは皮つきも可。
止まらんおいしさです。


残ったら
皮ごと甘辛く炒め煮にしてすき焼き風
すき焼き風に

洗ったときに毛はキレイにむしってあるから
これはぱにーニィも皮ごと食べてましたよ


ぱりっとニシッとした皮の食感、けっこう好きなんだな~




お味噌汁の具は、味が混じらない単品が好きなんですって。
ナバナ、ニラ、スナップエンドウ、大根、蒟蒻揚げ


時々、さとこの里の母から届く
さとこのソウルフードのひとつ、麩の煮しめ
菜の花


半蔵さんのカノジョちゃんからお土産にもらった明太チーズ天が主役のはずなんだけど
このサラダの存在感、すごくないか?
こぼれんばかりのサラダとめんたいチーズかまぼこ

一見、調理前に見えますが、
いんげんもアスパラも茹でてあるので
このままバカスカいただきました~


明太チーズ天、美味しかったけど
きれいに切れなかったから写真小さめで…
盛り付けでは表現できてないけど美味しかった


これもすごく美味しかった!
ぱにーニィ初挑戦、照り焼きおからハンバーグ。
おからハンバーグ肉野菜炒め、きぬさや味噌汁、もずく  

ぱにーニィは、もさもさ窒息系の食感が苦手なので、
お味見だけで投げ出しちゃって

自分用には、にんにくの芽の炒め物作ってました。


おからハンバーグは
もさもさ窒息系が大好きなさとこが
一人占めですーっ


ぱにーニィ、豆ごはんもあんまり好きじゃなくて

ご近所からのいただき物のえんどうごはん、
全てさとこのおなかの中へ…
豆たっぷりゴハン


お高いウナギは買わなくても
パック詰めの煮アナゴの端キレを沢山ごはんにのっけて

粉山椒とウナギのタレで十分幸せ
アナゴの端キレ丼 茄子と青梗菜茎とウドとはんぺん?

里の母がくれた、茄子と青梗菜の茎とウドとはんぺんかなんかをオリーブオイルで炒めたのも
コクがあって美味しかったデス


ゴーヤーが安くなると
ゴーヤーメニューが続きます。


ウインナと炒めたり、マーミーナー(もやし)と炒めたり
ソーセージとゴーヤー ゴーヤーとマーミーナー


炒り豆腐に入れてみたり
ゴーヤー炒り豆腐


今年の夏のヒット、ゴーヤーカレー
ゴーヤーカレー

一分つきのぼそぼそしたゴハンにめちゃめちゃ合うんです
ゴーヤーと鶏ひき肉のカレー


さとこの嫁ぎ先、はてるまの父はゴーヤーがきらいだから
苦くない白ゴーヤーってやつを植えてました。
白ゴーヤー炒り煮


こっちも苦くないサラダゴーヤー。
ゴーヤー中華風酢の物 ゴーヤーいりたま

生で食べるのに適しているんですね。
中華風酢の物でシャキシャキいただきました。

ゴーヤー炒り卵にしてみたら、子供でもゴーヤーと気づかない感じで、
水気たっぷり、マイルドなお味。




そして、最近のぱにーニィは肉食系。
豚さん玉ねぎさんとめかぶゴハン

ステーキはおうちでゆっくり食べるのがいいって
オーブントースターでジワジワ焼いてます。
お肉サイコー


肉汁で焼いた玉ねぎ、最高。
ステーキだっ


お肉もキッチンばさみで一口サイズにチョッキンしてもらって
さとこもパクリ。
ハサミでちょっきん


そんなわけで

人間は小さいままなのに


服のサイズは確実にワンランクアップしている

ぱにーニィとさとこなのでありました。

[2018/07/28 04:28] | ・主な登場人物紹介 | page top
田舎の噂話の効果
中山間地にある、さとこの嫁ぎ先のはてるま集落では

ひとの噂話が毎日のトピックスです。


何の病気でどの病院に通ってるとか、

何曜日が通院日で、
そのあと、どこのお店で何を買っているとか、

離れて暮らす親戚の家族構成や年齢や仕事、連休はいつごろかとか、


一軒一軒、一人一人の基本データに関して

ケアマネージャーの上を行く熟知ぶりで


集まるとそんな話題で意見交換が展開され

全員がほぼ同じ情報を共有するのです。




先日の事。


週二回の移動購買車が
演歌をガンガン鳴らしながらいつものコースを回っていて

通りから奥に入った雪子おばあさん宅に行ったのに
雪子さんは出て来られなかったそうな。


購買車運転手の近藤さんは、

変だなと思いながらも
雪子さん宅を後にし

次の巡回先、はてるま前に停留。


ここは

はてるまのお向かいさんのYさんと、とおるちゃんの妹一家端井と、はてるまの三軒が固まっているので

お気に入り商品を我先にゲットしようと、みんな待ち構えていて

白熱したバトルが
いつも展開されてます。




軽四貨物車の移動購買車の荷台には
日用品や乾物、日配食料品、冷蔵・冷凍食品、注文の品などがぎっしり。


担当職員の近藤さんが
開店準備をしながら


「今日は雪子さん留守かなあ。鍵が開いとるけど出てきならだったよ。
はてるまさん、なんか知っとる?」


「いんや。何も聞いとらんよ。
出掛ける予定はないはずなのに、そりゃ変だぞ。」


はてるま母は、買い物そっちのけで
坂を下ったところの雪子さん宅へ行ってみることにした。


雪子さんは96歳。
97歳のご主人が施設に入居されて、今は独居だ。


さとこがはてるま集落に嫁いだ頃には
雪子さん夫婦はすでに耳が遠くて

訪ねて行ってインターホンを押しても応答がないし

玄関口で絶叫しても全然気づいてもらえないおうちではあったけど


この日も
裏口や履き出し口やら、あちこちから声をかけても返事がなく


はてるま母は、思い切っておうちの中に侵入した。


雪子さんの名前を大声で呼んで回るが、
シーンとしている。


二階に上がると
布団が敷いてあった。


中は空。


隣の部屋の床に、乾いた入れ歯が落ちている。


雪子さーん!どこだあ!


トイレを覗くが雪子さんは居らず

トイレスリッパが
男子便所に片方、もう一方は女子便所前の廊下にひっくり返しで転がっていた。


はてるま母、いよいよ不安になり

浴室、台所、裏口、と片っ端からドアを開けるが


どこを探しても雪子さんはいない。


移動購買車の近藤さんも、もう一人にお店を任せて

追いかけてきて、不安そうに玄関で待っている。


はてるま母、同じところも繰り返し探した。


おかしい
家の中に居ないわけないのに、と

ふと、スチール戸棚の裏側のスペースが気になった。

戸棚と壁のその隙間には、
寝具や、ビニール袋に入ったオフシーズンの衣類や、衣装ケースなどが積み上げてある。


三つ折りの白いマットレスがあり、

何か挟まっているのか
折り目が不自然に大きく開いていて…


あっ!
あれは白髪じゃないか?!


反対側に回ると、

雪子さんが
マットレスに頭を突っ込んだ状態で倒れていた。


半裸の身体は紫色で固く冷たくなっている。


雪子さん!
雪子さん!


はてるま母が大声で呼ぶと、雪子さんの顔がわずかに動いた。


まだ間に合うぞ。


玄関で待つ近藤さんに、
「居たよー!生きてるよー!はよ救急車呼んで!」と叫ぶ。


そして、小さく干からびたような雪子さんを毛布で包んで

救急車が到着するまで
ひたすら呼び続け、身体をさすり続けた。


救急隊が到着すると

はてるま母、「雪子さんは血液の癌の治療で医大に通院しているから、医大に運んでっ」と頼み

あたりを見回して
布団の枕もとにあった保険証一式をつかんで、搬送に同行。


社会福祉課と警察にも通報して、
関東に住んでいる子供さんたちに連絡してほしいと伝えた。




雪子さんは緊急搬送から四日目に
無事、意識を取り戻しました。


癌の合併症の
高カルシウム血症による昏睡だったらしいです。


倒れた時と変わらず
認知症状もないままですが


もう独居は無理とのことで

退院後は高齢者住宅へ入居することが決まり、
只今手続き進行中。


雪子さん、

死を意識したことが無かったようで

自分がいなくなったあとの家の管理など

子供さんたちが聞いても何もおしえてくれなかったそうです。


今回の件で

どこの金融機関の通帳があるかとか
印鑑や家の権利書の在処などを初めて子供さんに明かし


子供さんたちは、はてるま母を「一家の恩人」と称賛しまくりだったって。


後日、

地元テレビ局の『まちのホットなニュース』のコーナーで

高齢化が進む地域での移動購買車の人命救助の活躍が放映されました。


はてるま母も取材を受けたんだけど

事前に知らされてなかったため


畠から戻ったばかりで

ほっかむりを脱いでぺったり貼りついた髪で

元の色もわからなくなっている作業シャツの胸元も大きくはだけた状態の

汗と枯草まみれのバストショットが


高画質なアップで放映されてしまいました。


その番組を、
とおるちゃんの妹、端井の夫が録画してくれていて


自分の姿を見た義母、

「わかっとったら眉毛ぐらい描いただに」と
ひどく気落ちしていたそうな。



はてるま集落の人たちが
日々、噂話の研鑽を積んでいたため


独居の雪子さんの生活状況も通院状況も把握でき、

早期発見、的確な処置が迅速に行われ

一命を取り留めたケースでした。


噂話って、大事ですね。




噂話についてのこんな記事を見つけたんですけど
  ↓
カラパイア


イタリア、パヴィア大学のナターシャ・ブロンディーノ博士の研究から

他人について話すことで、

脳内の愛情ホルモン、オキシトシンが分泌され、
情緒が安定し、精神的に安らぐことができるって書いてありました。


雪子さんを救った噂話、

はてるま地区の婦女連のみんなにも健康効果抜群。


噂話、万々歳です。 ヽ(^o^)丿 
[2018/07/21 23:24] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム | 次のページ>>