スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
さとこよりもメカに対応できる頼もしい義母です。
だいたい、3時半頃に目が覚めるさとこ。


パソコン開いたりして静かにしていると、
5時15分に、お隣のお宅の目覚ましが鳴ります。


なんかの音楽みたいで
「タン タン タタタッ タン タタッ タタン ♫」っていうリズムの振動を繰り返してる。


タン タン タタタッ タン タタッ タタン ♫ が5回ぐらいで止まるので、
さとこも、それを合図にラスカリング(お洗濯)やゴトゴト物音を立てる行動を開始します。


二重サッシの窓を閉めていると、工場の機械音はほとんど聞こえないけれど、
アパート内の物音には効果ないから、
生活音や音楽鑑賞や楽器は自粛しないとね。




相変わらず、パソコンにやっつけられている日々です。


Yahoo!ニュースを開こうとしたらそのまま固まったり


画像データを整理中に、
クリックしたとたんに消えちゃって、勝手にゴミ箱に入ってるのは何でだ?


ブログ訪問で
「fc2.com に戻ることができませんでした。」が頻繁だし

シフトキーを押しながらランキングボタンをまとめてクリックするとかなりの確率でフリーズしたり、

グルグルマークが出て「fc2は応答してません」がしょっちゅう出るし、

固まったまま、待てども「寝てんのか?」状態だから、訪問あきらめて強制終了したり


右上の×マークの反応が遅くて、バックしすぎて、入力しかけのコメントが消えて挫折する日々。

カナ変換ができなくなったり

今日、初めての訪問なのに、「パチ済みです」になっちゃうのは、何でだろう?




そして、とおるちゃん用のケータイとして持っているスマホにしても。


さとこの寝ぼけた指先ではタッチパネルは扱いにくいから、

しょっちゅう行方不明になるさとこのケータイを呼び出すためにダイヤルするか、

写真を撮るぐらいしか使わないのですが、


すぐに本体が熱くなって、
自動で「操作終了」とかにもなっちゃうし、

先日、ブログに初めて写真をupできた!と思ったら、
今度は、カメラモードにする表示が、いなくなっちゃいました。


auショップさん、SОSです。


カメラマークは非表示になってたのをどっかから掘り起こしてもらって

本体が熱くなるのは、「Wifiがない場所でアプリを使うと、電池をいっぱい使って知恵熱が出ちゃうのかも」って。


で、インストール必要ってやつが130個だか溜まっていたそうで、
ダカスカやってもらいました。
  
「Wifiがなかったら、ひと月に二回ぐらいショップに来て、まとめて更新したらいいですよって。

そーかー。
知らん事ばっかりです。


またある日は。


パソコンへのケーブルを使った映像データ転送が突然できなくなって、

修理に出してもいいけど、データのバックアップがとれているかの確認方法がないって言われ(たいして大事なもんはないんだけど)、

「これ、もう3年使っておられるから寿命ですよ。
修理より買い替え時期ですね」って。


えっ。
こんな何万もするもの、みんな、そんなに早く買い替えるん?


でも、翌週、突然直りました。


なんでかわからんけど、良かった良かった。




そして、
寿命といえば、はてるま母が使っている『簡単ケータイ』。

だいぶんオンボロになったから、
誕生日プレゼントとして、買い替えることにしました。


注文してから2か月近く経った頃、auさんから「届きました!」とお知らせがあったから

義母と二人でお出かけです。


義母の今までの簡単ケータイは、240×320ピクセルの写真しか開けなくて、
メールに添付する都度のサイズ調整が面倒くさかったけど、

今度のは、撮影したそのまんまの480×800ピクセルで送れるらしいから、
さとことしても楽しみですよ。




孫のてぃーだちゃんが出勤前におばあちゃんをのせて出てきてくれるってんで、
はてるま父受診時に待ち合わせる、いつものバス停で待機。


普段、義父が一緒のときには、発作が起きないかと気を使って、
なかなかお化粧品とか選べないから

auショップ開店までの待ち時間に、
隣接のドラッグストアで、義母に似合う色の口紅を選んじゃったりしてね。


そして、新機種への交換手続きが完了したのですが

ちょっと困ったことに。


今までの機種のボタン1ポチ操作、(例えばマナーモードにするとか)に
「OKですか?」の確認画面が出るようになっていて、
ひとつひとつに『決定』を押さないと完了しなくなったため

何年も無意識にできていた義母、大パニック。


注文時の説明の時点では、操作ボタンが今までと変わることは了承していたが、
そんな話も忘れてしまうぐらいオロオロしている。


自在に扱えていたいCメールの存在もなくなっていて、
これにはさとこも慌て、再度ショップ内に飛び込んだ。


店員さん「今はどの機種もSMSになってるんですよ~」


…SMSって何だ?

試しに、さとこのケータイからCメールを送信してみたら、
漫画の吹き出しのやり取りみたいな画面が出た。


これ、スマホの画面で見たことあるわ。


簡単ケータイ、『ケータイ』って名前なのに
最近のは、中身はもうコンピュータなんですかね。


はてるま母が泣きそうになっている。

さとこも泣きたいです。


えらいことになりました。


義母 「簡単だなんて、全然簡単じゃねーがな!
わしは今までのがいい!
さと、もとにやつに戻してもらおう」


でも、お義母さん、今までのケータイはもう修理してもらえないし、
いつか交換するなら
1日でも早い方が慣れやすいでしょう?となだめる。


がっくり気落ちしている義母と、とりあえず回転寿司で昼食です。





はてるま母の両手の指、ぷっくり膨らんでいて、
どんどん動かなくなってきているのが気になります。


ケーキ食べるのにフォーク持つのは両手だし、
箸が持ち上がらず、コップに当たって倒れそうになったり。


ブラウスのボタンは、はてるま父に留めてもらっているそうな。


はてるま母の手は 白蝋病だとばかり思っていたけど、
『手腕の過剰な振動ばく露による疾病』ってやつを調べたら、
白蝋病だけではなかった。

綜合的に、『手腕振動症候群(HAVS)と手根管症候群』って言うらしい。


難しくて、ちょっと覚えられんな。


義母 「近所の○○さんも同じだけど、医者からこりゃ治らんって言われたげな。
手術なんて、わしは、ぜってー、嫌、だ!」
と言い切る。


内視鏡術とかもあるみたいだけど、
かかりつけのお医者さまは、紹介してくれないのかなあ。


お昼時の回転寿司は、2人だとカウンター席だから、
グツグツ焼けているホタテのバター焼き、もしもこぼしても、
とっさに対応できないなあと思って、ハラハラしましたよ。


このあとのお買い物でも、
財布のチャックが締められないから、
さとこにお財布管理当番がまわってきます。


さとこも、自分のお財布がスムーズに扱えないヨメなので、
お買い物って、けっこう大仕事だったりします。





さて、はてるまに帰って、
早速おニュー携帯の説明書を読む。


最近の説明書の字、ありんこの頭みたいに小さいね。
老眼のさとこには読めんわ!

今度、老眼鏡買って、はてるまにもひとつ置いておこう。


旧ケータイのSDカードに入れた写真データも移したいけど
非力なさとこ、新ケータイのふたを開けられません。


カッターとかでこじ開けると壊れそうだから、断念しました。

義妹一家の誰かにやってもらってね。


とりあえず、一通りの設定を終えた後、

SMSは使いにくそうなので、
この機会に、義母にe-mailの打ち方を特訓。


新規作成は無理としても、
返信だったらなんとかできそうです。


義母、その夜、取り扱いの復習していたらしく、
空メールがきたり着信があったりしていたのですが




なんと。
翌日の早朝。

「おはようございます昨日はありがとうなんとか使えるかな」


おおおお!?

負けず嫌いのはてるま母、わずか一晩にして、スゴすぎる進歩です。


仰天して電話したら、
珍しく弱々しい声が返ってきた。


夕べは、遅くなってから疲れ切って寝たんだけど
気になって3時に目が覚めて
そのあと、ひたすらe-mailの練習をしたそうです。


とりあえず、ひとつ解決しました。


それにしても、
75歳の意欲、素晴らしいです!

スポンサーサイト
[2017/05/24 03:02] | ・主な登場人物紹介 | page top
苦悩するひと、ぱにーニィ。
同じような生活を送っているつもりでも、けっこう毎日いろんなことが違うので、
あっという間に日々が過ぎていきます。


ぱにーニィ、お手伝いしているS県M市税理士事務所のことが、
いつも、心配の種。


税理士先生の本家が空家になっているんだけど、
そこのお庭の木々の枝切りを依頼されたことがあります。


引き受ける前に、様子を確認に行ってみたら、

本家1

四方が隣家やマンションや駐車場に面していて、
それぞれに大木がせり出している。

本家2

本家3


根が、周囲の敷地にも侵入して張ってるだろうし、

重機も人数も要るね。


ご近所さんに作業の日を予告して、
車を移動してもらったり

マンション敷地とかにも入らせてもらわないと


こりゃ、素人が手を出すもんじゃないでしょう。

本家4


しかも、このおうち、
税理士先生ったら、自分の持ち物でもないのに、何十年も固定資産税を払い続け。

取得時効成立して所有権があるにも関わらず、自分のものにはしたくないんだとか。


専門の庭師さんに依頼するよう、本家の方と相談してほしいって言ったんだけど、
翌日にはそのこと忘れてて、
「あんたら、ちょっと頼めんかなあ」と。


すみません、先生。

そんな困難事例には関われません。


レンゲ畑


さて、本業の税務のお仕事の方は。


今年の確定申告も、決算や月々の管理も、
高齢の税理士先生はほとんど関与されないので

個人のお客様は、ぱにーニィが顧問をしています。


税理士先生は顧客への費用の請求しないままだったりするのが、
今回はぱにー二ィが請求書も書いたそうで、
ちゃんと、税理士事務所への支払いもいただけそうですよ。


先方さんだって
請求書が来なかったら、年間の予算に税理士報酬を組みこめなくて、
不都合なんじゃないかと思いますが。




お客様が伝票を持ってこられたと連絡があったら、すぐに入力に行かないと
日にちが開くと行方不明になってしまう。


ぱにーニィが完成させた書類も、
受け取ったまま手続きを忘れて
再度確認をお願いしないと、それっきりになっちゃう。


先方さんも先生の変化に気づいておられて、
ぱにー二ィと直接相談したりができているのですが、

問題なのは、法人のお客様のお仕事です。


法人税は、
事業所と接点を持たないぱにーニィにはタッチできない部分があって責任が持てないから

「ワンは法人のお客様の申告はできませんので、断ってください」ってお願いするんだけど、

税理士先生、「石にかじりついても、せにゃならんのじゃ」の一点張り。


でも、ご自分では、
パソコンプログラムへのログインもできなくなっていて

「パスワードはpani○○○○です」って繰り返し電話口で説明しても、
虚しく時間が経つだけだったり

プログラム担当の会社にお願いしてリモート操作してもらったり

ぱにーニィが、ただプリントアウトだけのために高速飛ばして事務所に向かうこともある。


ぱにーニィ、「先生、ワンがいなかったら、仕事減らしていく気持ちになりなるかな」って、

月末の忙しい時分ですが、
沖縄旅行を決意しました。


5月末の沖縄については
また後日のご報告で…。


国道にオアシス

ケヤキ通りの新緑がきれいです。

国道の中央分離帯にケヤキが植えられていて、その緑のトンネルの間に川が流れています。


信号で停止したときにちらっと見えて、

交通量多いから、徒歩で見に行く勇気がないけど、
以前から気になっているスポットです。


さて、気晴らしに、いつものラーメン屋『RR亭』さんに向かいましょう。


ぱにー二ィ、この2月に義歯デビュー(ギッシーようこそ)し、
このパーツを『ギッシー』と名付けましたが、


「歯が弱ると、生物としてもうだめだな!」と肩を落とすぱにー二ィに、「義歯なんてブラジャーとおんなじだよ」と言ったのが気に入ったらしく

『ブラ』に改名。


ブラがフィットするまで、何度も歯医者さんに通って微調整してもらったから
歯茎に当たってただれることはなくなったようです。


歯がないと顔の筋肉が緩んでくるそうで、
毎日1回は装着しているけど

かみしめるには痛いから、
食べるときは外している。


外食前には車内でブラを脱ぎます。


さとこがウッカリ視線をそらさないでいると

ぱにー二ィ 「見ないでよ!失礼ね!ヽ(`Д´)ノ」


シツレイしました。


ぱにー二ィはラーメンと揚げ物のセット。

さとこは「旨辛麺の背脂なし」がマイブームで、

辛さが病みつきなので、
大抵のラーメンは半分が限度なのに、
麺をほぼ飲み切っちゃう(丸のみってやつ)おいしさ。

トッピングあれこれ

スープも単独で飲んじゃうのがもったいないので、
トッピングのメンマ・ワンタンやご飯にかけていただくのがうれしい。


以前は、ラーメン数口とお酒でしたが

梅と白鹿

ぱにー二ィにつられて
さとこ、食みが良くなりましたね。

[2017/05/22 05:02] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにーニィ、己が才能に酔いしれる。
3月も終わりに近づいてます。

夜のしずくが残ってますね。

Morning Dew


早朝から大活躍の赤や青のトラクター。

毎日大活躍の耕運機たち

どんどん黒い土が広がってます。


そして、
どんどんコウモリさん化している、ぱにーニィの生活。

虎の穴、最大活用 地獄の猛特訓?

左の写真は良いとして、
右の使用方法は、違うと思うの。


食べる前も食べた後も逆さまになってるし、
逆流して窒息したらどーするの。


もう、いつ何が起こるかわからないので、
さとこ、ほぼ毎日、深夜の巡回に向う。


夜中にごそごそ。

ほうほう。
深夜の蕎麦中ですか。

蕎麦ですね。


犯行現場を目撃されて気まずいぱにーニィ、
「忘れなさい。これは夢だから。」


なんぼ記憶が曖昧なさとこでも、
夢じゃないことぐらい分かるわっ。


ぱにーニィ、うかつだから、
よそ見して包丁や鋏を足元に取り落としたりして、
さとこから「刃物は使用禁止です!!」と怒られることになる。


この間まで、中華庖丁を欲しいなんて身の程知らずな願望を抱いていたけど、
さすがに、このときは「足を落とすかも」と実感したようで

それでも、
ことあるごとに「だって、厨房で闘えるんだよ!あるといいへん?」


どんな非凡な日常を送るつもりなんだろう。




沖縄旅行中、ホテルのお部屋を覗いた時には
椅子の上であぐらかいて泥眠していて。

この後転落

コッソリ忍び寄って、いびきとか録音してたら
このあと、椅子からくるりんと落っこちかけて、
慌てて起こしましたわ。





先日は、
練習のとき、ウクレレ弾きながら、なんだか顔をしかめていて

問えば、「手首を捻挫して痛いの」って言う。


出がけにトラップにかかって
バランスを崩し、ちゃぶ台に手を衝いて、くじいたらしい。


再現して見せてくれた。
再現1 再現2

左足で固定したティッシュの箱に
右足が引っかかって、躓いた模様。


ぱにーニィのアパートで現場検証しましょう。


これが犯人というか、被害者というか。  こんななったのね。⤵
   ↓       
被害者 再現3


外も中も、危険がいっぱい。

ぱにーニィ、自分の非凡さに陶酔している。
「ワンって天才だよね!」


いや。周りを見て歩かないからってだけだと思うけどなあ。


そういうさとこも
あれっ、またパソコンの画面がフリーズした?と思うときは
大抵、マウスの代わりにクロエを持っていたりする。

マウスのかわりにキャット

他人のこと、笑えないわ。

[2017/03/30 03:54] | ・主な登場人物紹介 | page top
キャラ。
先日、知恵熱?でダウンした時の事。


インフルエンザかもしれないと、外界との交流を遮断して安静に徹しておりましたが

更に、お蕎麦の差し入れが届き、
ぽっかぽかに温まって、
すっかり元気になったさとこ。


元気になると、今度は、ぱにーニィがどうしているか気になる。


逆さづりになって気絶しているんじゃないか

トイレで座ったまま気絶しているんじゃないか

お風呂で足を滑らせて気絶しているんじゃないか

しゃがんで冷蔵庫を覗いていて、上の冷凍室のドアに頭をぶつけて気絶しているんじゃないか


不安になりだすと落ち着かない、
安静4日目の明け方です。


シャワーを浴びて、落とせる限りのウイルスや菌を落とし
ぱにーニィんちへ向かう。


ごめんくださーい。


ベッドからごうごういびきが聞こえる。


良かった。
無事だね。


往復のたった800歩でくたびれ
更に爆眠。


ほんと、4日間、良く寝ました。





誰しも、「この本の登場人物わたしだ!」と思うこと、あるのでは。


さとこの場合は、これでした。
  ↓
まさに我が家

もー。

隠しカメラあるへん?って思うぐらい、
とおるちゃんとさとこにそっくしよ。

たまではなく日常だが


あとコカ・コーラのQooとかね。

まるで夫まるで妻

左はとおるちゃんだし、右はさとこ。


これ、さとこから着信があったときの、とおるちゃんのケータイの着信画面。
 ↓
夫の着信画面


先日発見したこの本、『もうぬげない』の主人公は
ぱにーニィそのものだ。↓
  
おっ。これは?

出版社からの紹介文は

「 ふくがぬげなくたって、なんとかなる!? 人生の悩みごとは、ヨシタケ流ユーモアでのりこえよう! ふくがひっかかってぬげなくなって、もうどれくらいたったのかしら。 このままずっとぬげなかったらどうしよう。 でも、なんとかなりそうな気もする・・・! さて、どうする?? ヨシタケシンスケ最新刊。 」


ぱにーニィ本人に見せたら
「実に強い同感をもって理解する」との意見表明であった。


てなわけで
それぞれが一冊ずつ買うことにして、レジに並ぶ。


ぱにーニィが晩ご飯を食べにフードコートに行くことにしたので、
じっくり眺めてみましょう。

フードコート貸し切りの贅沢
 (イオンの夜のフードコート、貸し切りで大好き!)


1ページ目から釘づけ

ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。

このままずっとぬげなかったらどうしよう。

このままおとなになるのかな。

ぬがないまま、工夫しながら生きる?

ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? 

あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて......


んで、やっぱり脱ごうと孤軍奮闘して
こんなこと。
  ↓
どうしてここまで似ているのか


改めて読んでも
激似。


いぶし銀を目前にした50代後半の男性が
これほどまでに似ているのはいかがなものかとも思うが


とりあえず、一冊はお母さんにお供えに決まりだ。


ぱにーニィのアパートのお母さんの写真に
「ハイ。あなたの息子さんの本、出てましたよ~」


ぱにーニィ 「いや、母はうちの息子はそんなじゃないって言うと思うよ」


いやいやいやいや。

いちばんよく分かっておられるでしょ。

だって、こんなポンコツなさとこに向かって
「あなたがついててくれるなら安心だわ」って言われくらいなんだよ!


そんなわけで、

ぱにーニィがこんななって困ってんじゃないかと心配になり

緊急事態

今日もヒタヒタと巡回に向かうさとこなのでありました。
[2017/03/13 05:53] | ・主な登場人物紹介 | page top
「お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しい」
バレンタインデーは祖母の命日でして。


駐車場は凍っているけど、大雪のピークも過ぎたし、
里に行くつもりで朝から準備していたところ、
里の母から連絡あり。


「小道が雪でふさがれているから、
あちこち渋滞しとるだと。
雪かきはお母さんはしないから、心配しなくて大丈夫。
どうせこの雪ではお墓には行かれないし、
あんた、そこでおばばに御祈念しなさい」だそうで。


へーへー。
ほんなら、翌月の月命日に一緒にお参りするだわねってことにして

巣のとおるちゃんの住処で、
お灯明とお抹茶をお供えしますた。


中津川市の伝統菓子、からすみを切る。
からすみ切って祖母命日

からすみは富士山のかたちに米粉を練り上げ蒸したお菓子で、
毎年、はてるまの親戚が送ってきてくださるのです。
今日のはヨモギ入り。

亡夫が写らないように桜の蝋燭


ほ。
落ち着いた。


と思ったら、それからしばらくして
またまた母から
「カレーと五目ごはん出来た。
お下がりを取りにおいで」だなんて

意味わからんわっ


さとこは、一回アイドリングが切れてしまうとお出掛けモードの電源がオフになるので、
却下です。


里の母の発言にはいつも振り回されがちですが、


そんでも、時々かわいいことを言ってくる。


「夢です。
さとこが炬燵の中から手のひらサイズの子猫を出してくれました!
おばばの家だったよー!
抱っこ抱っこして見せ見せしたよ


そらァ、エカッタね。


返信する。


「そげかね。
手のひらサイズの仔猫なら、踏まんように気をつけて。
寒いけん、また炬燵に戻してあげてね」


そんなやり取りをしていると、
すぐに、「○○を作ったから取りにおいで」の展開となる。


量的に極めて多いのは、

寿司飯と具が1:1割合のちらし寿司と
  ↓
ちらし寿司はゴハンと具が1:1


いっぺんにまとめて作る、肉まんです。


さとこは、包子も饅頭も、
ふわふわの皮でなくて、にっしり噛みごたえがあるのが好み。


さとこ地方に40年~30年ぐらい前にあった中華料理店のどっしりした肉まんが忘れられなくて、
近年、手に入る方法がわからないので
母製をもらうのです。


こんなふうに、うっかりしぼんでしまった肉まんでも、
ふかふかより美味しいと思っちゃうのですね。

膨らまなかった肉まんセット


さて、いざと連絡すると、どこにいるんだか音信不通。


とりあえず里へ向かう。


母、外出中のようですね。
入り口に置いてある包子を見つけて、「これ?」と写メを送ると

途中まで帰ったところで「そりゃちがう」と電話があり、
慌てて返却しようとUターン。


ただでさえ車の往来が激しい道路に面している上、
15時を回ると、ランドセルに背負われた学童たちが通学路ではしゃぎ始める。


ひいい。
コワイっす。


包子の箱を所定の位置に戻して、急いで帰路につくと
母から「帰ったよー」ののんびりメールが。


わああ。


またまた居り返す。


そんなして、命をかけて(←大げさ)もらって帰った本日の包子、

肉まんと長命草肉まん。
肉まん長命草肉まん

あと、柚子煮あん入り。
そんで、長命草入り生地の饅頭を、いくつか。
長命草ゆずあんまんマントウ


味見に一個ずついただきましたら

肉あんは白ネギとしょうががたっぷりで
シャクシャクの歯ごたえ。


長命草パウダーは苦辛いから、
塩味のあんより甘いあんの方が合うなあ。


いつもなら美味しい、にっしり包子なんだけど、

本日は、
ハードな肩こりが原因か、
ケンビキの歯の痛みで口が開かず、噛めません。


上顎裏や唇の口内炎に
柚子の酸味とねっとりがチョー滲みてむせび泣く。


非常食用に冷凍保存いたしましょーね。


里の母に「ンマイでー」とメールしたら

「ヨカッタヨカッタ」と上機嫌。


お母さんの機嫌がいいことが、こどもは一番嬉しいって、
どなたかのblogに書いてあって
小さい時、いつも母の様子をうかがっていたことを思い出したけど


大人になった今でも
ほんとにその通りだわ、と思います。
[2017/02/20 03:56] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。