雪の日の里の母と さとこと はてるま父母。
1月の半ば以降、次々と訪れる寒波


1月24日(旧暦12月8日)のムーチーの日もとっても寒く

「今年もムーチーできてるよ!」と沖縄料理店さんからお誘いいただいているにもかかわらず

なかなか伺うことができないままです。


ムーチー。


内地のお餅は米を蒸してから成型するのに対して、
沖縄のお餅(ムーチー)は成型してからクバの葉や月桃の葉に包んで蒸します。

ムーチーむき身


腐りにくいようにとの南国の知恵らしいのですが、

たしかに、さとこ、沖縄のホテルでムーチーを一週間近く常温で放置しておりましたが、
腐ったりカビが生えたりすることは全くありませんでした。


沖縄でも、ムーチーの日(旧暦の12月8日)を過ぎた頃から、寒さが厳しくなり、

この時期をムーチービーサー(鬼餅寒)と呼ぶそうですのよ。




数日前、里の母から野焼きをとりに来いと言われていたので
1月30日に、これから行きますと連絡したら

「わーん良かった。あんた、来るなら助けてくれる?倉庫で猫が死んどるにー」って泣きそうな様子。


倉庫に入ってみたら
石臼の陰に
白茶ブチの大人ネコさんの亡骸が横たわってました。


さとこの里付近は、

野良とか、いろんなおうちで違う名前で呼ばれているネコさんとかが
けっこう自由に歩いていて

動物大好きな里の母は、片っ端から呼びつけてご飯をやりたがるのですが


その遺体は見慣れないヒトだったらしい。


口元には赤い泡の跡があり

病気だったのか、まさか毒餌でも盛られたのか…。


さとこ、小さい時は、道路で轢かれているネコさんとかイヌさんのお墓を
防砂林のなかにいっぱい作っていたけど


この白茶ブチさんは、もしかして飼い主さんが探されてるといけないから


すっかり固くなった体を段ボールに移し、
市役所に連絡して迎えに来てもらいましたです。


寒いせいか、遺体の損傷はそれほど進んでいなくてホッとしました。


天国であたたかく暮らせますように。




2月3日の節分祭の日も

風が強くて

節分祭


軽バンさとこ号を久々に洗車してひかぴかに磨き上げた

翌日の立春には


ボタン雪が降ってきたと思ったら

降ってきた降ってきた


一気に、もう何も見えませーんってかんじになり

フロントガラスから1


あちこちで救急車のサイレン鳴りまくりなので

おとなしく引きこもります


大荒れの日だと
スーパーもお客さん少ないから
早めに安売りらしく


ちょっと前に ぱにーニィが買ってきてくれた半額握りなんか

9貫で300円弱

三口に分けて食べる、仰天のネタのでかさ


一個食べちゃってから写真撮ってないの思い出したんですけど

ちょっと奥さん、これが9貫で300円しませんのよ




さとこは、こんな幸せな冬ごもりですが

雪の季節の中山間地、はてるまの家あたりは大変です。


はてるま母は、毎日ひたすらせっせと雪かき


自分ち周辺だけでなく

高齢者独居さんのおうちも


車が敷地内に入って方向転換できるスペースを確保し

郵便屋さんが玄関のポストまでたどり着けるように


休むことなく飛び回って雪かきです


氷点下には慣れているはずの地区なのに

今年は特別寒いんですかね

あちこちの部落が断水で大変らしいんですよ


はてるま父母の仲良しの独居Kさんちも、
娘さんちに泊りがけの通院で市内に出ておられる留守の間に
水道管が破裂していて


雪かきに行って、じゃーじゃーと溢れる水を発見したはてるま母は、
近所の何でも屋さんに応急処置の手配をしたりと大忙し。


kさん、しばらくは水道管が直せないし、畑もお休みだから

帰ってくるのやめて、
このまま当分、市街の娘さんとこで暮らすそうな


雪かきしてない家には誰もいないだろうと、空き巣に狙われやすいので

留守宅ではあっても、ひたすらせっせと雪かきです。


はてるま父の方も、

自宅の雪かきは奥さんにお任せですが
よそのお宅の雪かきには燃えるタイプ。


ふたりとも、ほんと、すごいわ。


さとこがお金持ちなら小型除雪車を買ってあげたいところだけど…。

代わりに、段ボールにいろんなお菓子持って帰るぐらいでかんべんしてね。




はてるま父母の、こんなときの元気の素は栄養ドリンクでして。


義母は、少量でよく効く、とっておきのアリナミンⅤ。


義父の方は、とおるちゃんが生身だった頃からすでに
ドリンク剤に過剰依存していて

1日3本とか5本という単位で、
あればあっただけ飲んでしまうので


さとこは、買って帰ったら
こっそり義母に渡して管理してもらいます。


端井の義妹夫婦も、「ばーちゃん、いつも雪かきありがとう」って、
よく買って義父母二人にプレゼントしてくれるんですが


先日、空前にして絶後な大事件がありましたんですよ。


雪かきでへとへとにくたびれた義母が、自分へのご褒美にとっておきのドリンクを飲もうとしたところ


あらっ。

1本もない。

犯人は、夫、はてるま父でした。


端井夫がくれたリポビタンD、2ケースのうち、

義父は1ケースを自分用にもらっていたのですが、


それはすぐにすべて飲んでしまい
こたつの中に空き瓶ゴロゴロ


続いて、妻の分の1ケースにも手を出し

ご丁寧にも
飲んだ空瓶はまたきっちりと蓋を閉めて箱に返していたのでございます


義母が痺れて痛い手でようやく開けたら、
どれも空っぽなんですよ。


はてるま母、怒り心頭に発する
ごもっともでございます


義父のドリンク剤は
空き瓶に水入れて置いておくだけでもいいんじゃないかと

さとこは内心思っているんですけどね( ̄ー ̄)


立春ですが
我が家の中はブリザード


一日も早く
雪解けが訪れますように。

スポンサーサイト
[2018/02/04 23:39] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにーニィの心配事。

とおるちゃん&さとこの巣と、工場の間にあった水田に、
HK社の工場が建設されることになった。

(10月30日)
10月30日。


かえるちゃんたちがゲコゲコ歌う声が聴こえなくなるのは残念だが、


当面の課題として、

大型車両が砂利を運んでくる振動や、工事車輌のクラクションに
ビビりまくり。

(10月31日)
10月31日。


ネギ社のお仕事の時は
工事時間帯は外出しているので問題ないが


ベランダのすぐ横を人影やトラックが行き来するので
そのたびに過剰に慌ててしまう。


(11月1日)
11月1日。

休みの日にパソコンを開こうと思っても集中できず、

用事があってもスムーズに外出できるタイミングを逃して
毛布にくるまってしょんぼり過ごしていたら


ぱにーニィんちに回収され、保護監察 保護観察となりましたぁ~。





ぱにーニィにはお兄さんがいる。


お兄さん、受けなくてはならない手術があるのに、お仕事が忙しいのを理由に何年も先送りにしていたが、

とうとう手術が決まり、
入院したのが、お父さんの命日の日。


ぱにーニィ、心配のしようがハンパなく、
爪噛み行動がピーク。


歩いていても食べていても上の空だし、
挙動がめちゃ不穏。


少し落ち着け、ぱにーニィ。

さとこが言うのもなんだけど。


決定から手術当日を迎えるまでの約2カ月、
全身麻酔から無事に覚めるかの不安が頭から離れず、

すっかり爪が水ばんそうこうだらけになっている。

(ぱにーニィんちは、お父さんもぱにーニィ兄弟も、3名揃って見事な深爪です)


手術は成功し、予後も順調で、
思いの外早く、19日には退院されました。


メデタシ。




そして、心配事はほかにもたくさん。

そのひとつが、S県M市税理士事務所のこと。


税理士先生、夏にめっきり痩せられて
宅配のお弁当も、食べておられるのかおられないのか


日々、神棚にお供えする生魚が、その後ちゃんと調理されているのか


全くわからないのだけれど、


ぱにーニィは、鰻とか煮卵とかパンとかお芋とか
先生がお好きな物をせっせと届けていた。



ある日、仕事中にケアマネさんの訪問があった。


この間までは地域包括支援センターの方が来られていたが

新しく、『Оケアマネ事務所』に引継ぎが行われたようだ。


ぱにーニィ、
税理士先生の過去の歴史や、普段の生活状態や、不安に思っていることなどの情報提供を行う。


個人情報を話してもいい、信頼できる相手に相談できて、
やっと肩の荷が下りたね、ぱにーニィ。



事務所の書類も、先生が受け取るのではなく、
ぱにーニィと顧客さんとで直接やりとりができるように、税理士先生から承諾を得たので

受け取りに行くか、
ぱにーニィのアパートに郵送してもらうか。


おかげで書類が行方不明になる心配がなくなった。


生活面でも、
週に2回のへルパーさんも入って
ゴミ出しをしてもらえるから

さとこも安心して草取りができる。


先生がゴミ出し場所まで重い袋を運ばれると思うと、沢山雑草ごみを出すのも気が引けて、
駐車場の大量の草は、敷地すみっこに積み上げて、萎びるのを待っていたのです。

ほんと、助かるわ~。


ご近所ねこさん、チョウチョを捕るのに失敗するのを目撃してしまってごめんなさい。↓

ちょうちょ。 にゃっ。 逃した。


ケアマネさん、とっても良い方で
県外の長男さんとのやりとりもスムーズみたいだし

ぱにーニィがねぎ社のお仕事の日で、先生と電話が通じなくて不安でも、
ケアマネさんにお電話すると、「今朝お会いしましたよ」とか「きのうヘルパーさん入って、大丈夫でしたよ」とか教えてくださるのでありがたい。


ヘルパーさんもっと増やす必要があるから、介護申請する流れになっているそうで

良かったです。


先生、もうほとんど歩けないんだけど、杖も使ったことないので

リハビリに通ってくださるといいんだけどなあ。




そして、11月16日、ケアマネさんから連絡があった。


前日、S県M市税理士事務所を訪問したら、
先生が転倒されているのを発見したとか。


ケアマネさんが救急車を手配してくれて
その日のうちに、市立の遺跡隣病院に入院されました。


脱水か栄養失調でふらついただけならよいのですが。


命の恩人ケアマネさんのおかげで手遅れにならず、
幸い、骨折等の大きなけがもなく、

今のところ、点滴とリハビリの日々です。


ぱにーニィは、
税理士先生の長男さんに、先生入院中の留守宅に入る承諾をもらい、

税理士事務所と病院を一日何度も往復しながら

せっせと代理業務に励んでいる。


まあ、実質は今までもそうだったけどね。


今後の先生の生活の方向は
子供さんたちが決められるのでしょうが

さあ、どうなるのかなあ。

[2017/11/21 04:24] | ・主な登場人物紹介 | page top
ぱにーニィのお盆。
ぱにーニィは、実家に帰りたがらない。


管理するひとがいない静まり返った我が家に帰って
お父さんお母さんの仏壇に向かうのは
たまらない気持ちだろうと思う。


お盆にむけて
さとこも数回ついて行って

お墓やお家の回りを除草剤撒いたり
背の高さまで伸びた草を刈ったり
葛や道に張り出した庭木の枝を切ったりしていても

なんせでっかい敷地だから 追いつかないのよね。


10日には、お兄さんも帰っておられて
汗だか雨だかわからんぐらいぬれねずみになって
なぎ払った枝や草を、まとめて捨てる。


お寺さんが来られても大丈夫なぐらいにスッキリしました。





今年もまたボッカメバルの季節になり
もと自治会長夫妻から、ちょこちょこいただいてます。


おっきいボッカたんと中くらいのボッカたんとちっちゃいボッカたんを
全員まとめて煮付けたら、

フライパンが窮屈すぎて裏返せず、
四苦八苦しましたよ。


お皿からはみ出すボッカたん。
お皿からはみ出るぼっかたん

プリップリです。

胴体はぱにーニィにおまかせし、さとこは頭をいただきます。

目ん玉の回りがいっとう好きだけど、ボッカたんは舌が肉厚でスゴく美味しいですね。


そして、旬の味覚といえば、茗荷。


茗荷、3個で198円とかで売ってる高級品なのに、
ぱにーニィは、こんなしてガサガサ食べ放題で育ったらしい。
  ↓
茗荷が主菜


毎年しこたま収穫してたのに、
今年、あんまり気が乗らないみたいなのは

ブラ(義歯)が痛いせいもあるのかな。


いつも気になるみたいで、最近、ブラに注意が行ってしまって、
挙動不審だったりします。

ギリギリと噛み締めて、なんか怒ってるみたいな表情だし。


痛いのを確認しようと、さらにギリギリして歯茎を傷めてるから
早く慣れるといいね。


とおるちゃんにお供えしていた、里の母がくれたとうもろこしも、一粒ずつ指で外していただく。


ぱにーニィ 「美味しいわ。自分ではわざわざ茹でないし、お母ちゃんが亡くなってからはもう食べることないと思っとったけどなあ」


泣かせるなよぅ(涙)


ぱにーニィ のお母さんのフキの佃煮をいただいているのも、
先日、解凍しましたよ。

思い出の蕗の佃煮

いつまでも大事にし過ぎて、食感が変わって風味も落ちてしまうより、

少しずつ味わって、
美味しい記憶を残した方が

お母さんもうれしいんじゃないのかなあ。




ぱにーニィは、
13日の早朝から帰省し、
16日に日付が変わったところで、ご両親をお見送り。


安全運転で事故なく戻ってきて、さとこ、安堵。


お盆中、ぱにーニィもお兄さんもいない場所のドアが開く音がしたりしたそうです。


お母さん、二人の息子と過ごすのがうれしくて、
いそいそ忙しくされてたのかなあ。


家族揃ってのお盆。

親孝行されたね。

よかったね、ぱにーニィ。
[2017/08/23 01:53] | ・主な登場人物紹介 | page top
S県M市税理士事務所の夏。
首も膝も腰も脆弱なぱにーニィ、
どうしても手の力だけに頼るので、最近は手首も瀕死状態です。


ギター弾きが手首痛めちゃイカンだろう。


整列ッ

こんなカワイイの見上げてたくても、
首が痛くて肩がしびれるから、
長くは見ていられませんのよ。

かわいそうね。




蒸し暑い夜、夜明け前の一瞬は涼しい風も吹きますが、

すぐに無風。

無風の朝


朝方、少し降ったのかな?

うしさんうまさんのゴハン


ネギ社で重たいおネギの束と格闘している間に、
S県M市税理士事務所のお客様から着信が入っていた。


伝票とか資料とかが、
税理士事務所に届けられたあと行方不明になっちゃうのを回避するため

税理士先生の承諾を得て、
ぱにーニィが受け取りに訪問することにしています。


翌日、お客様のお宅経由でS県M市税理士事務所へ向いました。




お客様のご家族が要介護認定を受ける手続きをするから来てくれとか

全く知らない新規の宗教法人さんが資料を持ってこないとか、


税理士先生のお話の内容に、「え?」なことが増えてきた。


たぶん勘違いか言い間違いなんだと思うけど。


税理士先生は、もう一軒別にも税理士事務所を持っておられるので、
ぱにーニィは、そちらに仕事をスライドさせたほうがいいんじゃないかなと考えていて、

そちらと相談してみたら、と数か月前から先生に薦めているけど、


ご本人はその必要性を感じておられないみたい。


税理士さんて、定年退職はないんですって!


少しずつお客様は減ってはいて、

昔から友人関係にある顧客さんが、「先々のことどうするか、わしが話してみるわ」と言われるけど、
その後、まだ進展はないような。




県外と市内に居られる、先生の3人の子供さん達は、
どう思っておられるんだろう。


配食のお弁当はとっておられるけど、

若い時に癌やら肺炎やらの手術をされてから痩せられていたのが、

この夏はほんとにガリガリで


ぱにーニィは、思いつくと安否確認の電話をしたり、

M市に用事があるときには
煮卵やカットスイカを持って立ち寄ってみたり。


先生、新聞が来んって言われてたけど、
ポストにぎっしり入ってますよ。


電話が故障して通じなくても気にしない。


分別ゴミの袋のストック、いつから無いんだろう。


外部との接触の意欲が薄れたら、
一気に物忘れが進行しちゃうんじゃないか?(さとこみたいに)


さとこもついていって、道や駐車場やお庭の草とりをしたりするけれど、
暑すぎて、先生が心配して出て来られるので、
せいぜい2時間程度。


こんなちょこちょこやってたんじゃ、
葉っぱの成長に追いつけませーん。


空き家になってる税理士先生の本家の剪定を、専門の庭師さんに頼んだ時、
先生ん家のお庭もキレイにしてもらって、

その時は、
そりゃー見事に蘇っていたお庭、

あっという間にまたジャングルですよ。




生け垣をチョキチョキやってるさとこを見つけると、道向うの民生委員さんが時々様子を聞きにやってこられます。


民生委員さんも、最近の税理士先生のご様子に不安を感じておられて
今回は、ぱにーニィを外に呼び出して、お話してもらいました。


その後、
包括支援センターを通してヘルパー支援を受けられるように
話が進んでいるように聞いたけど。


一時、悩んで追いつめられていたぱにーニィも、
ちょっと安心したんじゃないのかな。



税理士先生を外食に誘ったけど、たいぎいからと言われ、
ウナギ買ってきました。

先生、スタミナつけて猛暑を乗り切られませんとね。




M市に来たら
ぱにーニィのお楽しみは
S県M市税理士事務所近くの『RR亭』さんのラーメンです。


RR亭、
情熱が込められすぎていて、さとこちょっと苦手でしたが、


最近は、駐車場に入っても、ドアを開けて待たれないからユックリ入れるし、

お見送りもないから、

焦って蹴躓いて血豆つくったりもしなくなりました。


ぱにーニィ、ここが好きで好きで

もうすぐスタンプカード一杯になったら
一か月ラーメン無料みたい。


どーするの?
毎日通うの?


「毎日なんか来んわッ。だって、顔覚えられたらヤだもん」


いやいや。

こんだけ通えば、
すでに今の時点で充分覚えられているでしょうや。
[2017/07/29 05:30] | ・主な登場人物紹介 | page top
さよならトヨタ号。そしてハイグレードな新車が仲間入り。
里の母が25年間乗っていたトヨタ号、今年5月が車検だった。


でも、走行距離がすごいことになっていて、
ディ―ラーさんに車検を引き受けてもらえない。


どっかから油が漏れ始めたし、
もう引退させてあげないと。


里の母、トヨタ号を最後の車にして乗り潰す!と言っていたが、
本人より先にお釈迦になりました。


よたよた歩きながら運転なんか無理なんだから
タクシー使ってほしいなあと思っていましたら


最近の車、スゴイんですね。


兄が母に選んだ車は、
スバルさんの『アイサイトとアドバンストセーフティパッケージ装備』の四駆です。


ホームページ見たら、

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が2016年度に行った安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」で、アイサイト(ver.3)搭載車*が最高ランクを獲得。
アイサイト(ver.3)の優れた予防安全性能が高く評価され、「予防安全性能評価 ASV++」を獲得しました。

だって!


じゃん。
こんなようなかんじのやつです。
スバル写真に落書き
(クルマ選びの総合支援ポータル オートックワンさんの画像にらくがきしました)


トヨタ号は25年も乗ってたら家族同様だから、
里の母、最初は「離れたくない!」ってダダこねてて


自分が会員になってる『板金塗装組合CARコン社』に相談したら

「トヨタ号はオークションに出す」とか
担当の兄ちゃんが「トヨタ号はいいクルマですね。車を買い換えてなかったら自分が乗ったのに」と言ってくれたとかなんとか。


まあ、今後のことも考えて、スバルさんに行くのが一番でしょう。


さとこは、視認性が高い黄色がいいと思ったけど
スバルさんに黄色はなかったです。





3月に予約し、
4月でトヨタ号とさよーなら。


めちゃくちゃ人気があって生産追い付かないみたいで、
トヨタ号の車検切れまでには間に合わないから、
しばらく代車を貸していただけるそうな。


ってことで、


さよならの日は、
里の母、お洒落して
早朝5時からトヨタ号であちこち走り回っていた。


とおるちゃんとさとこの巣にも、8時半にやってきて、
ビシバシ記念撮影。


そのあと、「13時に受け渡しだから、それまでに山道ドライブ行ってくる!」と。


この日は猛烈なPM2、5なのか、喉は痛いし、
山がどこにあるか見えないぐらいだったから

母、クルマもろとも転落してんじゃないかと気を揉みましたが


さとこは、はてるま母のケータイを替えに、auさんにデートの日だったから
ついて行けず…。


まあ、スバルさんと約束してるなら、連絡つかなかったら兄かさとこに報告があるだろう。


その夜、深夜になってから里の母の生存が確認できたが

なんと、山で濃霧に巻かれて身動きが取れなくて、
約束の時間に遅刻したらしい。


ひえー。

無事故で帰れたのが不思議ざます。





さて、新車を買っても、いつ届くかわからない状態だったので

本人、「今後3年も乗れんだろう」、と言っていて(3年のリース契約ってのがあるんですね)
こりゃ、新車乗らんままかもしれんな~なんて思ってたら、


そんでも、2か月後。

とうとうやってきましたよ、『アイサイト四駆アドバンストセーフティパッケージ装備』号。


さとこ、受け渡しに同行いたしますた。


お店に着いたら、里の母の新車は一目でわかった。
だってね。

スバル営業さん「ナンバー、トヨタ号とおんなじにしておきましたよ」

すごい。
今は、そんなことできるんだー。

しかも、トヨタ号の写真を額に入れてプレゼントしてくれた。


つまり遺影だね!


里の母、大喜び。
「まあ、ちょっと、ステキ!一生の宝物ですわ~」

ヨカッタねー、母。





使い方の指導を受けますよ。


まず、AT誤発進抑制制御。

前方の壁や生け垣などの障害物があると、
警報音と警告表示で注意を喚起。

同時にエンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。


バックの状態でアクセルの急な踏み込みも検知し、
エンジン出力を抑え、後退の飛び出しを抑制します。


そして、アイサイト。
アイサイトのステレオカメラ

バックミラーの裏のあたりについているカメラの情報を判断して、必要に応じて車両を制御する運転支援システム。

白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識して、

カメラさんの判断

衝突の危険があるとランプやブザーが警告表示して、ドライバーに注意を喚起。
回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。


あと、気が利いているのが
LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ。

カーブや交差点を曲がる時、正面だけでなく、ハンドル切った方角を照らしてくれる。

ハイビームアシストで、前方に障害物があると、自動でハイビームからロービームに切り替わる。


歩行者保護エアバッグがついて
エアバッグ歩行者保護

なんと、エアバッグ、全部で8個!





引き渡し手続きが終わり、それではドキドキの初乗車でございますよ。

スバル初乗車


まずは、交通量が少ない道を選んで、
警告の種類や効果を確かめなくてはね。


スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)。

見えにくい後側方から接近する車両を検知し、このLEDインジケーターが点灯します。
その状態でウッカリ車線変更しようとした場合は、点滅に変わる。

追い越しお知らせランプ


ステアリング操作をアシストし安全運転を支援するアクティブレーンキープってやつもついていて、
左右の区画線に寄り過ぎるとアラームが鳴ります!

ステアリング操作のアシストを行い、車線内中央付近の維持や車線逸脱抑制を行いますだって。

なるほどなるほど~。


スーパーのでっかい駐車場に入り、
バック駐車の練習。


センサー盛り盛り

ディーラー装着オプションで、
ディスプレイコーナーセンサー8個と、ナビにリヤビューカメラもつけてあるんですよ~。

駐車場などからの後退時、自車の後側方から接近する車両を検知し、
インジケーターの点滅と警報音でドライバーにお知らせします。


駐車スペースを変えて何度も出し入れしては、
カメラと目視の誤差を確認。


いつものセルフのガソリンスタンドで
初ゴハン給油も完了。


あと、キーレスエントリーに慣れてなくて
代車の時は車上狙いに遭っちゃったらしいから、

当分、運転だけでなく、施錠チェックも心配なところですね。


カメラ目線いただき

ご満悦な母の写真。


新車記念日、おめでとさん。
[2017/07/07 04:58] | ・主な登場人物紹介 | page top
| ホーム | 次のページ>>